日本語のアクセント
2005.9.15
国分芳宏
[email protected]
日本語のアクセントは
声の高さの違いである。
高い音と低い音の2段階である。
高い音を ■
低い音を ■
であらわすことにする
アクセントの型
「は」と「し」の2字で表される言葉を考えてみる
端が ハシガ
平板型
橋が ハシガ
尾高型
箸が ハシガ
頭高型
先頭の音と2拍目の音は必ず高さが違う。
高い音から低い音に移る直前の音をアクセント核という。
アクセントの形は拍数+1 種類ある。
アクセント核の移動
複合語を作るとアクセントが移動する。
都立
トリツ
都立高校 トリツコー
コー
高校 コーコー
「熱帯」
「亜熱帯」
「熱帯圏」
「亜熱帯性」
「亜熱帯圏」
「ネッタイ」
「アネッタイ」
「ネッタイケン」
「アネッタイセー」
「アネッタイケン」
「熱帯」
「ネッタイ」
「亜熱帯」
「アネッタイ」
「熱帯圏」
「ネッタイケン」
「亜熱帯性」
「アネッタイセー」
「亜熱帯圏」
「アネッタイケン」
変わらない例
「社会一般」 「シャカイ」「イッパン」
「シャカイイッパン」
意味によるアクセントの違い
渋谷
「シブヤ」地名
渋谷
「シブヤ」人名
本会議 「ホンカイギ」 正式な会議
本会議 「ホンカイギ」 出席している会議
絵を書く人「モデル」
車の
「モデル」
活用形による違い
活用形によってもアクセント核が移動する
青かろう
アオカロー
青かった
アオカッタ
青く
アオク
青い
アオイ
青ければ
アオケレバ
活用形による違い
活用形によってもアクセント核が移動する
青かろう
アオカロー
青かった
アオカッタ
青く
アオク
青い
アオイ
青ければ
アオケレバ
助数詞の読み方とアクセント
1本
2本
3本
4本
5本
6本
7本
8本
9本
10本
助数詞の読み方とアクセント
1本
2本
3本
4本
5本
6本
7本
8本
9本
10本
イッポン
ニホン
サンボン
ヨンホン
ゴホン
ロッポン
ナナホン
ハッポン
キューホン
ジュッポン
アクセントの記述方
アクセント核の直後に ’ (アポストロフィー)を付けて指定
することにする。
平板型では核がない。
端が
橋が
箸が
ハシガ
ハシガ
ハシガ
平板型
尾高型
頭高型
ハシガ
ハシ’ガ
ハ’シガ
アクセントとイントネーション
イントネーションとアクセントを加えた高さで
発音される
ダウンロード

アクセントとは