-総合技術資料-
2015年1月改訂版
目 次
1.ポリカーボネートプレートの概要············1
(5) 化学的特性···························································· 15
(5)−1 耐薬品性······················································15
2.タキロン·
ポリカーボネートプレートの品種············2
(5)−2 吸水・吸湿特性···········································19
(1)
ポリカーボネートプレート····································· 2
(5)−5 アウトガス··················································20
(2)
ポリカーボネート制電板········································ 2
(3)
ポリカーボネートプレート表面硬化板・難燃グレード・その他····· 2
(4)
タキロンポリマー製品············································ 2
(5)−3 ガス透過性··················································20
(5)−4 毒性······························································20
(6)
光学的性質···························································· 21
(7)
耐候性··································································· 24
(5)
ポリカーボネートプレート耐候板・その他············ 3
(8)
音響透過損失························································ 26
(6)
ポリカーボネートプレート光学用·························· 3
(9)
他材料との特性比較(文献値)····························· 27
(7)
ポリカーボネートインナーシリーズ······················ 3
3.タキロン·
ポリカーボネートプレートの特性············4
4.タキロン·
ポリカーボネートプレートの加工法······28
(1) 冷間加工································································ 28
(1)−1 折り曲げ······················································28
(1)
一般物性·································································· 4
(1)−2 曲げ加工······················································28
(2)
機械的性質······························································ 5
(1)−3 その他··························································29
(2)−1 引張降伏応力、引張破壊呼びひずみ
および引張弾性率·········································5
(2)
熱加工··································································· 29
(2)−2 圧縮強さ、およびポアソン比······················5
(2)−1 温度条件······················································29
(2)−3 曲げ強さ、および弾性率·····························6
(2)−2 加熱方法······················································30
(2)−4 衝撃強さ························································6
(2)−3 曲面加工······················································32
(2)−5 クリープ特性·················································7
(2)−6 疲労特性························································7
(3) 機械加工································································ 33
(3)−1 穴 あ け··················································33
(2)−7 耐擦傷性························································8
(3)−2 打 抜 き··················································33
(3) 熱的性質·································································· 8
(3)−3 旋盤加工······················································33
(3)−1 耐熱性····························································8
(3)−4 形削り加工··················································34
(3)−2 ガラス転移点(二次転移点)および
(3)−5 フライス加工···············································34
(3)−6 剪断および切断···········································34
溶融温度(一次転移点)·······························9
(3)−3 脆化温度(耐寒性)·····································10
(3)−4 比熱および熱伝導率···································10
(4)
溶 接··································································· 34
(4)−1 溶接時における発泡···································35
(3)−5 熱貫流率······················································10
(4)−2 押 圧······················································35
(3)−6 線膨張率······················································10
(4)−3 溶接温度······················································35
(3)−7 燃焼性··························································11
(4)−4 溶接効率······················································35
(4) 電気的性質···························································· 13
(4)−5 未乾燥溶接··················································36
(4)−1 絶縁破壊電圧···············································13
(4)−6 溶接の注意点···············································36
(4)−2 体積抵抗率··················································14
(4)−3 制電プレート電気特性·······························14
(5) 接 着··································································· 37
(5)−1 溶剤接着······················································37
(5)−2 接着剤接着··················································38
目次- 1
(3)−2 ポリカーボネートプレート ·
(6) 真空成形································································ 39
(6)−1 真空成形の原理···········································39
腰板等納まり参考図···································53
(6)−2 真空成形の特長···········································39
(6)−3 基本的成形法···············································39
(6)−4 ポリカーボネートの乾燥···························40
7.タキロンポリカーボネートプレートの·
使用上の注意事項···································53
(6)−5 クランプ······················································40
(6)−6 加 熱··························································40
(6)−7 真空吸引······················································41
(6)−8 真空成形の問題点とその対策····················41
(7) 塗装・印刷···························································· 42
8.建築基準法での規制について·················54
(1) NFNN-9932 認定について···································· 55
(2) 建築基準法第63条及び同法施行令第136条の·
2 の 2 第1号について············································ 56
(7)−1 ポリカーボネートの塗装・印刷の基本事項···42
(7)−2 塗装方法······················································42
(7)−3 塗料······························································43
9.耐衝撃性 参考資料································57
(7)−4 印刷方法······················································43
(7)−5 インキ··························································43
10.熱線カット性能 参考資料···················65
(7)−6 ポリカーボネートに対する溶剤の挙動····44
5.タキロン·
ポリカーボネートプレートの設計··········45
(1) 板厚およびサッシ深さの設計手順························ 45
(2) たわみ量の計算····················································· 46
(2)−1 平板の場合··················································46
(2)−2 円筒板(曲面板)の場合···························47
(3) サッシ深さの計算················································· 49
(3)−1 平板と円筒板の円弧に沿った境界の場合····49
(3)−2 円筒板(梁間側)の場合···························49
(4) 平板のサッシ深さ・呑込み代の早見グラフ·········· 50
6.タキロン·
ポリカーボネートプレートの施工··········51
(1) 取付方法の留意事項·············································· 51
(1)−1 ビスまたはボルトにて直接取付ける場合·····51
(1)−2 押え板やサッシにはめ込む取付けの場合····51
(2) その他の留意事項················································· 51
(2)−1 パッキン材··················································51
(2)−2 シーリング材···············································51
(2)−3 マスキングフィルム···································52
(2)−4 自重たわみについて···································52
(3) 納まり断面参考図················································· 52
(3)−1 ポリカーボネートプレート ·
上屋 側壁等納まり参考図··························52
目次- 2
1.ポリカーボネートプレートの概要
ポリカーボネートプレートは、プラスチックの中で耐衝撃性において優れた材料です。また、ガラスに匹敵
する透明度を兼ね備え、透明材料は壊れやすいという常識を打破したプラスチックです。その他、耐熱性、耐
寒性、機械的強度、電気的特性など、優れた特性を数多く備えており、広範囲にわたる用途に使用されています。
<タキロンポリカーボネートプレートの特長>
① 透明プラスチックの中では抜群の耐衝撃強度
衝撃強度はアクリルの約 40 倍、硬質塩化ビニルの約 20 倍という透明プラスチック材料中、最高クラスの耐
衝撃強度を有しています。このような高い衝撃強度により、防災、防盗、防護などの安全性の面で広い分野に
寄与します。
② 透明性に優れています
透明板 5 ㎜厚の光線透過率が 85%以上と優れ、高級板ガラスと同等の透明性を有しています。
③ 熱伝導率が低い材料です
熱伝導率がガラスの 1/5 と小さく保温性に優れ、断熱効果が期待できます。
④ ロングライフに耐える耐候性
直射日光、風雨、気温などによる影響を受けにくい樹脂です。
⑤ UL 規格に適合したものもあります
UL 規格の燃焼試験で認定を受けているグレードもあります。
⑥ 食品衛生法適合グレードもあります
食品衛生法(平成 18 年 3 月 31 日「厚生労働省告示 201 号」、平成 24 年 12 月 28 日「厚生労働省告示 595 号」)
に適合するグレードを用意しています。
⑦ 軽量で寸法安定性が良く、成型・加工が容易です
軽量で、荷重変形(クリープ)が小さく、切断・穴あけ・切削などが容易です。また、熱による曲げ加工、
真空成型もできます。常温下で曲面(ゆるやかな曲面)に曲げるコールドフォーミング工法ができます。
⑧ 耐熱・耐寒性に優れ – 40℃~ +120℃の広い範囲で使用できます
実使用温度領域が-40℃〜+ 120℃と広い温度域で使用でき、真夏の強烈な日光で軟化変形したり、厳冬の
脆化による亀裂が生じにくくなっています。
⑨ 優れた電気絶縁性
耐電圧が 1 ㎜厚当たり 3 万ボルトですので電気絶縁材料にも適しています。
⑩ 防火地域、準防火地域または法 22 条区域における屋根用途(不燃性の物品を保管する倉
庫等)に使用できます
国土大臣認定品 認定番号 DW-9054(厚さ 2 ㎜以上 8 ㎜以下のもの)
-1-
2.タキロンポリカーボネートプレートの品種(2015 年 1 月現在)
*:受注生産品
注)○印内の数字は1ケース当たりの入枚数です。
G印:カット用として在庫
(1) ポリカーボネートプレート
品 種
品 番
色 相
PC1600
厚さ(mm)
2.0
3.0
4.0
5.0
910×1,820
⑥
④
③
③
1,000×2,000
⑥
④
③
1,220×2,440
⑥
④
1,220×3,000
G
サイズ(mm)
透 明
PC
0.5
0.8
1.0
1.5
2,000×3,000
G
G
6.0
8.0
10.0
12.0
15.0
③
②
①
①
①
①
②
②
①
①
G
G
G
G
(2) ポリカーボネート制電板
品 種
PCNDL
(制電)
PCEND
(エミカ)
品 番
色 相
厚さ(mm)
3.0
5.0
1,000×2,000
④
③
1,220×2,440
④
②
サイズ(mm)
78610
透明
78810
ブラウンスモーク
1,000×2,000
④
③
78910
グレースモーク
1,000×2,000
④
③
57610
透明
(制電電磁波シールド)
1,000×2,000
④
③
(3) ポリカーボネートプレート表面硬化板・難燃グレード・その他
品 種
PCMRMS
(表面硬化)
PCMR(表面硬化)
PCMU
PCNT(低発煙・難燃)
品 番
61600
色 相
サイズ(mm)
厚さ(mm)
透明
(屋内用)
1,000×2,000
56610
透明
(屋外用)
1,000×2,000
PZ600
透明
(UL94V-0)
1,000×2,000
PY610
透明
(UL94V-0)
1,000×2,000
22350
アイボリー(片面マット)
1,000×2,000
1.0
1.5
*
2.0
*
⑥
*
*
3.0
4.0
5.0
④
③
④
③
④
*
③
*
*
*
6.0
*
*印:受注生産品 基本ロット 2,000kg(詳細はお問合せください)
PCMU PZ600 1.5mm 2.0mm はUL認定された原材料を使用しています。
品 種
PCEG
品 番
色 相
4602
透明
4925
グレースモーク
4932
ブラウンスモーク
1609A
透明
(ノングレア)
PCP(切削用)
厚さ(mm) 2.0
15.0
20.0
25.0
30.0
40.0
50.0
1,000×1,000
①
①
①
①
*
*
1,000×2,000
①
①
①
①
*
*
サイズ(mm)
1,220×4,000
1,220×2,000
G
G
1,220×4,000
1,220×2,000
5.0
G
G
1,220×4,000
G
*印:受注生産品 基本ロット 2,000kg(詳細はお問合せください)
PCP1609Aの1,000×1,000については1,000mmを切る場合があります。
(4) タキロンポリマー製品
品 種
PCET(切削用)
厚さ(mm) 10.0
品 番
色 相
15.0
20.0
25.0
30.0
40.0
50.0
60.0
80.0
90.0
1600
透明
500×1,000
①
①
①
①
①
①
①
①
①
①
1900
ブラック
500×1,000
①
①
①
①
①
①
①
①
サイズ(mm)
-2-
(5) ポリカーボネートプレート耐候板・その他
品 種
品 番
色 相
サイズ(mm)
PCSPPCSP
厚さ(mm)
2.0
1,000×2,000
660T
1,000×3,500
耐候
(両面)
透明
PCSPPCSP
耐候
(両面)
グレースモーク
1,000×2,000
⑥
1,000×3,500
G
2,000×4,000
1,000×2,000
⑥
1,000×3,500
G
693T
耐候
(両面)
ブラウンスモーク
PCSPPCSP
PCSP
G
G
④
③
G
G
④
③
G
G
1,000×2,000
⑥
1,000×3,500
G
④
③
耐候
(両面)
乳半
2,000×4,000
G
G
642T
耐候
(両面)
ガラス色透明
2,000×3,000
G
G
K6600
耐候(両面)透明片面マット
1,250×3,000
G
R6600
耐候(両面)透明両面マット
1,250×3,000
G
R6920
耐候(両面)グレースモーク両面マット
1,250×3,000
G
R6930
耐候(両面)ブラウンスモーク両面マット
1,250×3,000
F6600
耐候(両面)透明両面すりガラス調マット
1,070×3,000
G
G
G
G
F6400
耐候(両面)ガラス色両面すりガラス調マット
1,070×3,000
G
G
G
G
36600
耐候
(両面)
透明型板
1,250×3,000
G
G
36400
耐候(両面)グリーン透明型板
1,250×3,000
G
G
G
G
G
G
G
2,000×3,000
1,000×3,500
G
G
1,000×3,000
G
G
1,200×3,000
G
1.2
1.5
2.0
G
厚さ(mm)
品 種
品 番
色 相
3.0
5.0
PCSPTL
(両面光触媒)
A6420
光触媒処理(両面)ガラス色
1,000×3,000
G
G
PCSPRTL
(片面光触媒熱線カット)
B9940
光触媒処理(片面)熱線カット
ブラウンスモーク
1,000×3,000
G
サイズ(mm)
G
G
1,250×3,000
耐候透明ガラスクロス貼り(片面)
G
G
1,000×3,500
K9000
G
G
耐候
(両面)
クリアスモーク
C6600
G
10.0
G
900T
PCSPDR
8.0
G
G
G
1,000×3,500
耐候
(両面)
ブラウンスモーク
耐候
(両面)
クリアスモーク
片面マット
6.0
G
677T
994T
PCSPR
(熱線カット)
③
2,000×3,000
2,000×4,000
5.0
G
PCSPPCSP
4.0
④
2,000×3,000
2,000×4,000
692T
3.0
(6) ポリカーボネートプレート光学用
品 種
品 番
色 相
透明(銘板用)
PCSM
PS610
PCMA
K3250
PCMAMR
HM861
透明(PC/PMMA複層板)両面ハードコート
PCDSC
4780
乳半
(一般拡散板)
PCDSP
Q730
幅(mm)
長さ(mm)
915
厚さ(mm)
0.5
1,830
⑳
0.8
⑩
2,000
⑳
⑫
⑩
⑧
⑥
1,500~2,400
*
*
*
*
*
*
930
1,830
*
*
*
*
*
*
1,000~1,500
800~2,500
*
*
乳半
(プリズム拡散板) 1,000、1,220
800~2,500
1,000
透明(PC/PMMA複層板) 1,000~1,040
*
(7) ポリカーボネートインナーシリーズ
品 種
ペアカーボ
1.0
厚さ(mm)
品 番
色 相
4.0
6.0
10.0
610
クリア
2,100×3,900
G
G
G
650
クリアフロスト
2,100×3,900
G
G
710
オパール
2,100×3,900
G
G
サイズ(mm)
-3-
3.タキロンポリカーボネートプレートの特性
(1) 一般物性
試 験 法
単 位
特 性 値
JIS K 6735
規 格 値
重
JIS K 7112
-
1.2
-
力
JIS K 7161-2
MPa
63
55以上
引 張 破 壊 時 呼 び ひ ず み
JIS K 7161-2
%
90
60以上
引
率
JIS K 7161-2
MPa
2250
2200以上
評 価 項 目
比
機
引
張
降
械
張
伏
弾
応
性
的
圧
縮
降
伏
応
力
ASTM D 695
JIS K 7181
MPa
78
-
剪
断
破
壊
応
力
JIS K 7214
MPa
65
(厚さ3mm)
-
力
JIS K 7171
MPa
91
-
率
JIS K 7171
MPa
2300
-
さ
JIS K 7160
kJ/m2
シ ャ ル ピ ー 衝 撃 値
JIS K 7111
kJ/m
ロ ッ ク ウ ェ ル 硬 度
JIS K 7202
-
M-67
R-125
-
JIS K 7191-2A
℃
139
130以上
JIS K 7206
℃
150
145以上
曲
げ
性
曲
引
げ
張
応
弾
衝
性
撃
強
質
荷
重
た
わ
み
温
度
2
220
150以上
(厚さ3mm) (厚さ<4mm)
84
(厚さ3mm)
-
13
6以上
(厚さ5mm) (厚さ≧4mm)
熱
的
ビ カ ッ ト 軟 化 温 度
性 質
脆
化
温
度
ASTM D 764
℃
-100以下
-
熱
伝
導
率
ASTM D 177
W/m・K
0.19
-
数
JIS K 7140-1
℃-1
6.5×10-5
-
比 誘 電 率 ( 6 0 H z )
ASTM D 150
-
2.95
-
比 誘 電 率 ( 1 M H z )
ASTM D 150
-
2.90
-
ア
抗
ASTM D 495
sec
110
-
率
ASTM D 542
-
1.587
-
率
JIS K 7361-1
%
線
膨
張
電気的性質
ー
ク
光学的性質
屈
全
係
抵
折
光
線
透
過
85以上
90
(厚さ3mm) (厚さ3mm)
※試験片の厚さが記載されていない場合の記載数値は、試験片厚さ 5 ㎜の実測値であって保証値ではありません。
-4-
(2) 機械的性質
(2)- 1 引張降伏応力、引張破壊時呼びひずみおよび引張弾性率
強伸度曲線
B
σB
M点:降伏点
B点:破断点
M
σM
σM:降伏応力(58〜68MPa)
σB:破断応力(63〜68MPa)
εM:降 伏 歪(5%)
εB:破 断 歪(80〜100%)
εM
εB
試験片を引張ると、上記のようにまず降伏点 M でいったん応力が下がります。更に引張ると、破断点Bまで
徐々に増加します。M 点から B 点までが長いのがポリカーボネートプレートの特長であり、このことから、伸
び率(引張破壊時呼びひずみ)の良いことがわかります。
引張降伏応力というのは降伏応力のσMのことをいいます。
温 度 特 性
引
張
降
伏
応
力
(MPa)
引張弾性率温度特性
引張降伏応力
100
3000
引
張 2000
弾
性
率
1050
50
(MPa)
0
-50
0
50
100
150
温 度(℃)
0
-50
0
50
100
150
温 度(℃)
(2)- 2 圧縮強さ、およびポアソン比
ポリカーボネート圧縮強さは、他の熱可塑性プラスチックと大差ありませんが引張り降伏応力と同様に、広
い温度範囲にわたって大きな変化がないことが特長です。
ポリカーボネートプレートの圧縮応力一歪曲線
圧縮速度
900
800
圧
縮
応
力
700
2a/x
ポ ア ソ ン 比
0.35 ± 0.07
16aφ×32ar
物体に外力が作用すると、その力の作用方向(縦方向)に
伸び(縮み)を、その力の直角の方向(横方向)に縮み(伸び)
を生じます。この割合を表したものをポアソン比(ν)、そ
の逆数をポアソン数といい、その値は材料によって一定の値
をとります。
600
500
400
(MPa)
300
200
100
0
ポアソン比(ν)=
0 10 20 30 40 50 60 70 80
歪 (%)
-5-
横の歪(ε')
縦の歪(ε)
=
1
ポアソン数
(2)- 3 曲げ強さ、および弾性率
ポリカーボネートプレートの曲げ強さは、他のプラスチックと比べて、特に大きいとはいえませんが、曲げ
角度が 80 〜 90°に達しても破断しないことが大きな特長です。
このことから、ポリカーボネートプレートは、熱をかけずに冷間でも曲げ加工ができることがわかります。
温 度 特 性
曲げ弾性率温度特性
曲げ応力温度特性
150
4000
曲
曲
げ
げ
100
弾
応
性
力
率
(MPa)
3000
2000
(MPa) 1000
50
0
0
-50
0
50
100
-50
0
50
100
150
温 度(℃)
150
温 度(℃)
(2)- 4 衝撃強さ
衝撃値に関しては透明プラスチック中、最高の値を示します。
アイゾット式でノッチなしの場合では 300kgf- ㎝ / ㎝以上でも破断せず、折れ曲がるだけです。
・厚さと衝撃値の関係(V ノッチ式)
シャルピー(Vノッチ式)衝撃試験
90
80
シ
�
ル
ピ
�
衝
撃
強
さ
(kJ/m2)
60
20
2
3
4
5
6
7
8
9
10
厚 さ(mm)
上記から明らかなように、Vノッチ付シャルピー衝撃試験ではポリカーボネートの破壊には延性破壊と脆性
破壊とがあり、その転移厚さは 4 〜 5 ㎜の範囲に存在します。
一般に、薄物は延性破壊を示すので衝撃値が大きくなります。
-6-
90
・温度と衝撃値の関係
シ
�
ル
ピ
�
衝
撃
強
さ
右図の様に、低温においては脆性破壊を示し
ますが、低温での衝撃強さの変化はそれほどあ
りません。
80
3mm
60
5mm
20
(kJ/m2)
-100
-50
0
温 度(℃)
(2)- 5 クリープ特性
ポリカーボネートの 23℃および 100℃におけるクリープを下図に示します。
歪
歪
1.8
%
4.5
%
4.0
1.6
295 kgf/cm2
1.4
1.2
3.0
2.5
263 kgf/cm2
1.0
2.0
228 kgf/cm2
202 kgf/cm2
0.8
156 kgf/cm2
1.5
0.6
1.0
0.4
0.5
0
195 kgf/cm2
3.5
100 200 300 400 500 600 700 800 900 1000
78 kgf/cm2
39 kgf/cm2
0
100 200 300 400 500 600 700 800 900 1000
時 間(hr)
時 間(hr)
ポリカーボネートのクリープ(23℃)
ポリカーボネートのクリープ(100℃)
(2)- 6 疲労特性
60
許
容
40
応
力
(MPa)
20
105
106
107
108
荷重の繰返回数
常温における疲労強度(実線が実測範囲 ASTMD-671)
-7-
50
(2)- 7 耐擦傷性
ポリカーボネートプレートの耐擦傷性について試験を行ない、その結果を他の材料と比較して下記表に示し
ます。
試 験 項 目
試
験
方
法
単 位
ポリカーボネート ポリカーボネート ポリカーボネート
PC1600
PCMR56610
PCMRMS61600
ガラス
アクリル
JISK6735
テ ー バ ー
CS-10F・
摩 耗 試 験
500g 100回転
H
36.6
10.0
5.8
0.2
23.2
-
4B
F
HB〜F
8H
2H
TYPE4
鉛 筆 硬 度
JISK5600-5-4
(3) 熱的性質
(3)- 1 耐熱性
ポリカーボネートは合成樹脂中、熱変形温度が最も高い部類に属しており、しかも荷重の大小によって大幅
に変化しないのが大きな特長です。
実用使用最高温度(連続)
使用条件、材料の種類などによって異なりますが、一般に空気中で使用の場合は熱変形温度から約 15 〜
20℃差し引いた温度が実使用最高温度(連続)となります。
このことからポリカーボネートの乾燥空気中での実使用最高温度(連続)は約 120℃となります。
熱劣化試験
ポリカーボネートプレート(厚さ 3 ㎜)を 100℃± 3℃の恒温乾燥機中に放置し、各時間ごとに取り出して試
験片作成後試験を行ないました。
80
100
70
引
張
降
伏
応
力
90
80
60
70
60
50
(MPa)
40
50
( )
タキロンポリカーボネートプレート 3mm
100±3℃
2
40 (kJ/m )
30
は遷移域
20
30
10
0
100
200
300
400
500
600
700
耐 熱 時 間(hr)
ポリカーボネートプレートの熱劣化
-8-
シ
�
ル
ピ
�
衝
撃
強
さ
800
900
1000
(3)- 2 ガラス転移点(二次転移点)および溶融温度(一次転移点)
熱膨張法(Dilatometry)によるポリカーボネートのガラス転移点 Tg は約 150℃であり、溶融温度 Tm は約
240℃です。
0.92
比
容
( cc/gr )
0.90
0.88
0.86
0.84
Tg
100
ポリカーボネート
150
温 度(℃)
200
ポリカーボネートの温度 比容曲線
0.94
ポリカーボネート
0.92
降温
0.90
比
容
Tm
0.88
昇温
0.86
( cc/gr )
0.84
0.82
0.80
150
200
250
300
温 度(℃)
結晶性ポリカーボネートの温度 比容曲線
ガラス転移点は一般に分子運動が凍結される温度とされており、これを越えると分子運動が始まって容積、
誘電率、屈折率、圧縮率、熱伝導率などの物理特性が急激に変化します。また、溶融温度は分子量、結晶化度
などによって異なり、また高分子物質では明瞭に認められ難く、普通ある範囲をもちます。
プラスチックのガラス転移点および溶融温度
種 類
ガラス転移点
(℃)
溶 融 温 度
(℃)
ポ リ カ ー ボ ネ ート
150
240
ナ
66
47
250〜265
ポリア セター ル
-
264
硬 質 塩 化ビニル
70〜77
-
アクリル( M M A )
60〜105
-
イ ロ
ン
高 密 度 ポリエ チレン
-21〜-24
105〜115
ポ リプ ロピレン
-35
160〜170
ポ リ ス チ レ ン
80〜105
230
-9-
(3)- 3 脆化温度(耐寒性)
ポリカーボネートの脆化温度は、-100℃以下です。
このことからポリカーボネートは、用途によっては- 100℃以下でも十分使用できます。また低温でも機械的
強度の低下が少なくなっています。
(3)- 4 比熱および熱伝導率
一般工業材料の比熱と熱伝導率
種 類
比 熱
熱 伝 導 率
K J/( k g ・ K )
W /( m ・ K )
ポリカーボネート
1.26
0.19
ナ
1.67
0.22∼0.24
イ
ロ
ン
66
ポ リ ア セ タ ー ル
1.47
0.25
硬 質 塩 化 ビ ニ ル
0.84∼1.26
0.15∼0.17
アクリル(MMA)
1.47
0.21
ポ リ プ ロ ピ レ ン
1.93
0.12
1.34
0.10∼0.14
1.26∼1.67
0.25
ポ リ ス チ レ ン
A
B
S
鋼
0.46
53.3
銅
0.38
376.6
ア ル ミ ニ ウ ム
0.88
209.2
(3)- 5 熱貫流率
ペアカーボ
(W/m2・K)
厚 さ
ポリカーボネートプレート
(W/m2・K)
4
5.4
3.8
6
5.1
3.6
10
4.6
3.2
(3)- 6 線膨張率
線膨張率は結晶性や配向によって異なるが、ポリカーボネートの線膨張係数は 6.5 × 10 -5℃-1 です。
他のプラスチックの線膨張率もほぼ同程度ですが、金属材料に比べると 4 〜 5 倍の値ですから、高温度差雰
囲気で金属材料と組み合わせて使用する場合は設計上の注意が必要です。
ポリカーボネートと他建築材料の線膨張係数比率
種 類
線膨張係数(×10−5 ℃−1)
ポリカーボネート
6.5
ガ
0.90
ラ
ス
鋼
鋳
1.08
鉄
1.2
銅
亜
1.8
鉛
2.8
ス テ ン レ ス 鋼
1.7
ア ル ミ ニ ウ ム
2.32
- 10 -
(3)- 7 燃焼性
ポリカーボネートは、炎が常に接触していない限り燃えないという燃焼性を有しています。
種類
ポリカーボネート 硬
単位
性質
各
種
材
料
の
燃
焼
性
質
塩
ビ ポリプロピレン ポ リ エ チ レ ン A
B
S 試
験
法
酸素指数
−
26
45
17
17
18
ASTM D−2863
引火温度
℃
522
391
343
343
366
ASTM D−1929
発火温度
℃
550
454
388
349
466
ASTM D−1929
燃 焼 熱
(J/kg)
30500
18800
43900
46000
35000
−
① 酸素指数
酸素と窒素の混合気体中で材料が燃え続けることのできる酸素の最低濃度を酸素指数と言い、指数が大きい
程燃えにくくなります。
② 燃焼時に発生するガス
ポリカーボネートプレートが燃焼したときに発生するガスは下記のとおりであり、刺激性の有毒ガスを発生
しません。
各燃焼温度範囲におけるポリカーボネートプレートの生成物
生
炭
成
酸
物
ガ
<475℃
ス
一 酸 化 炭 素
475∼ 500℃
90
60
10.3
14.6
500∼ 550℃
550∼ 1000℃
Total
(mg/g)
133
997
1280
60
248
333
14.2
ン
2.25
2.48
5.69
3.75
ン
0.09
0.31
0.39
0.33
1.12
ン
0.057
0.19
0.36
0.12
0.73
プ ロ ピ レ ン
0.095
0.17
0.085
0.026
0.37
プ
メ
エ
タ
チ
エ
レ
タ
ン
0.022
0.067
0.03
−
0.12
メ タ ノ ー ル
0.093
0.43
0.36
0.14
1.02
アセドアルデヒド
0.092
0.10
0.06
0.085
0.34
1 − ブ テ ン
0.062
0.038
0.008
0.042
0.15
ブ
ロ
パ
ン
0.001
0.004
0.001
0.004
0.01
ベ
ン
ゼ
ン
0.045
0.077
0.72
1.06
1.90
ト
ル
エ
タ
ン
0.066
0.19
0.46
0.18
0.90
エチルベンゼン
0.013
0.088
0.21
0.17
0.48
ス
0.006
0.008
0.014
0.036
回
残
チ
レ
収
留
ン
0.06
59%
41%
物
物
- 11 -
③ 難燃規格
米国 UL 規格に適合した材料を使用しています。
UL 規格とは ・・・ 米国の保険業者が材料、製品を火災などの事故から人命、財産を守
ることを目的として設立された試験機関です。
UL(Underwrites Laboratories)
米国の多くの州で販売される製品は UL 規格承認取得が法律で義務
付けられており、輸出する際は UL 規格取得が不可欠です。
UL 規格 承認製品
品 種
PC
PC-
イエローブックFile No.E57478
UL 規 格 登 録
品 番
0.41
(f)
(G)1( c)
(c)
(c)
PCSP6( c)
(c)T
PCSP-
PCSP-6( c)
(c)T
PCP
(f)
( c)
( c)
( c)
( c)A
PCSM
(f)PS( c)
( c)
( c)
PCNDL
品種・品番
PY(c)
(c)
(c)
PCNDL(c)
(c)
(c)
(c)
(c)
(j)
1.5
0.41
0.44- 2.0
厚さ
(mm)
PC1600
2.0、
3.0、
4.0、
5.0、
6.0
8.0、
10.0、
12.0、
15.0
PC-1600
2.0、
3.0、
4.0、
5.0、
6.0
8.0、
10.0、
12.0、
15.0
PCR1610
3.0、5.0
PCK1600
3.0、5.0
(f)1( c)
(c)
(c)
(f)
(e)1( c)
(c)
(c)
PCSP
PCMU
該当タキロンプレート
最小厚さ
(mm)
PCSP-660T
3.0、5.0
PCSP660T
2.0、3.0、5.0
PCSP642T
3.0、5.0
PCSP-692T
2.0、3.0、5.0
PCSP692T
2.0、3.0、5.0
PCSP-693T
2.0、3.0、5.0
PCSP693T
2.0、3.0、5.0、8.0
PCSP-677T
2.0、3.0、5.0
PCSP677T
2.0、3.0、5.0
3.0
PCMUPY610
3.0、5.0
PCNDL78610
3.0、5.0
透明
PCNDL78810
3.0、5.0
ブラウンスモーク
PCNDL78910
3.0、5.0
グレースモーク
CNPC7810
3.0、5.0
ブラウンスモーク
CNPC7910
3.0、5.0
グレースモーク
CNPCUL(c)
(c)
(c)
(c)
3.0
CNPCUL7650
5.0
PCEND
PCEMI
1.5
PCEND57610
3.0、5.0
PCMA(g)
(c)
(c)
(c)
( c)
乳半
0.5、0.8、1.0、1.5、2.0 透明
CNPCUL
2.6
PCNDU610U
4.6
PCMAK3250
0.8
HB
ブラウンスモーク
1.5
1.5
UL94
燃焼クラス
グレースモーク
PY特注品
1.5
PCMA
ガラス色透明
15.0、
20.0、
25.0、
30.0 透明
CNPC(c)
(c)
(c)
(c)
&
PCNDU(b)
ー
透明
PCSMPS610
2.0
ラ
透明
PCP1609A
CNPC
PCNDU
カ
透明
V-2
V-1
V-0
HB
HB
透明
V-0
3.0
透明
V-1
5.0
透明
V-0
0.8、1.0、1.5、2.0
透明
HB
HB
(注)(b):数字等が入ります (c):0〜9までの数字 (e):1〜3までの数字
( f ):PC、PC-、PCSP、PCSP-、PCSM、PCPの文字です。 (G)
:RあるいはK ( j )
:UV安定剤の含有量によってはAが入ります。 &:ブラウンスモークとグレースモークは透明色です。
CNPCUL、
PCNDUは特注対応です。
(注) 該当タキロンプレートの厚さについてはUL登録の最小厚さ以上でタキロンで製造できる特注厚さであれば承認製品となります。
(注) PCMUの厚さ1.5mm・2.0mmのV-0対応品についてはP.2「(3)
ポリカーボネートプレート表面硬化板・難燃グレード・その他」をご覧ください。
〈ULデーターベースの利用〉
UL(Underwriters Laboratories Inc.)よりプラスチック
認証材料のデータベースが開設されております。
UL登録材料の確認手段として、また他材料の
検索等に御利用ください。データベースは、日毎に新
規改訂されていますので、常に最新情報の取得をお願
い致します。
アドレス:http://www.ul.com
注意)
¡ULデータベースは、希につながらない時があります。
しばらく時間をおくか、日を改めてアクセスしてください。
¡ULデータベースは、日毎に新規改訂されています。
<アクセス方法>
①アドレスにてULのホームページを開く。
②画面内のOnline Certification Directoryをクリック。
③ Company Name or UL File Number どちらかをクリック。
¡ Company Name の場合、takironと打ち込みSEARCHする。
¡ UL File Number の場合、e57478と打ち込みSEARCHする。
¡Search resultsの下記Link to Fileをクリックする。
QMFZ2.E57478 (Canada向けの場合 QMFZ8.E57478)
TAKIRON UL登録リストが表示される。
- 12 -
(4) 電気的性質
電
気
評 価 項 目
的
特
性
の
概
要
試 験 方 法 (A .S .T .M)
特 性 値
絶 縁 破 壊 電 圧(AC) D−149
6.4kV/0.02mm
(DC) D−149
15.0kV/0.02mm
〃
D−257(乾燥状態)
体 積 抵 抗 率
2∼5×1016Ωcm
2.95
比 誘 電 率( 商 用 周 波 数 )
(1 0 0 H z )
2.95
(3 0 0 H z )
2.95
(
1 kH z )
2.94
(
3 kH z )
2.94
( 1 0 kH z )
2.94
D−150(乾燥状態、常温)
( 3 0 kH z )
2.93
( 1 0 0 kH z )
2.93
( 3 0 0 kH z )
2.92
(
2.90
1 MH z )
5.0×10−4
誘 電 正 接( 商 用 周 波 数 )
(1 0 0 H z )
5.0×10−4
(3 0 0 H z )
5.0×10−4
(
1 kH z )
(
3 kH z )
8.0×10−4
1.3×10−4
D−150(乾燥状態、常温)
( 1 0 kH z )
2.2×10−4
( 3 0 kH z )
3.4×10−4
( 1 0 0 kH z )
5.0×10−4
( 3 0 0 kH z )
6.8×10−4
(
9.0×10−4
1 MH z )
ア ー ク 抵 抗
D 4 9 5 − タ ン グ ス テ ン 電 極
110∼120 sec
ス テ ン レ ス ス チ ー ル 電 極
10∼ 11 sec
上記より、各項目の各々については、すべての樹脂よりも特に優れているというわけではないことが言えます。
しかしながらこれらの特性が、周波数および温度変化に対して安定であり、かつ耐熱性が高く、機械的強度が
大であるという点を結びつけるならば、他の樹脂に比べて非常に優秀な電気材料であることがわかります。
(4)- 1 絶縁破壊電圧
ASTM D-149 に基づくポリカーボネートプレートの絶縁破壊電圧(短時間昇圧、常温)は 1 ㎜厚で約 31 〜
33kV/ ㎜であり、他の樹脂と比較して大きな値をもっています。
プラスチックの絶縁破壊電圧
種 類
絶 縁 破 壊 電 圧 kV/mm
ポ リカ ー ボ ネ ート
31〜33
ナ
15〜20
イ
ロ
ン
66
硬 質 塩 化 ビ ニ ル
25〜35
ア ク リ ル( M M A )
20以上
低 密 度 ポリ エ チレン
18〜20
ポ リ プ ロ ピ レ ン
20〜26
ポ リ ス
A
フ
チ レ ン
B
ェ
ノ
ー
13.8〜19.7
S
12〜16
ル
15〜20
エ
ポ
キ
シ
16〜20
メ
ラ
ミ
ン
12〜16
- 13 -
温度と、絶縁破壊電圧との関係を下図に示します。
60
絶
縁
破
壊
の
強
さ
50
2.0 mm厚
40
1.5 mm厚
( kV )
1.0 mm厚
0.5 mm厚
30
20
20
40
60
80
温 度(℃)
100
120
ポリカーボネートプレートの絶縁破壊の強さの温度特性
上表は油中 12.5 φの球状電極の間に試料を挾入し、6kV/sec 昇圧した場合の試験値です。これより言えるこ
とは一般にプラスチックは温度上昇に伴って破壊値が低下する傾向があるが、ポリカーボネートプレートは広
い温度範囲にわたって、あまり影響を受けないことがわかります。
(4)- 2 体積抵抗率
16
ASTM D-257 に基づくポリカーボネートプレートの体積抵抗率(乾燥状態、常温)は 2 〜 5 × 10 Ω・㎝であり、
この値もエポキシ樹脂、ポリエチレンとならんでプラスチック中では大きい部類に入ります。
また下表に示すとおり、温度の影響に対しても比較的安定で、他の電気的特性と総合して優れています。
温 度
体 積 抵 抗 率
-30〜-3℃
cm
>1017Ω・
23℃
cm
2〜5×1016Ω・
125℃
cm
<1015Ω・
(4)- 3 制電プレート電気特性
項 目
単 位
PC制電板
PCプレート
測定法
表面抵抗率
Ω/□
106〜109
1016以上
JIS K 6911
体積抵抗率
Ω・m
1017〜1018
1018以上
JIS K 6911
- 14 -
(5) 化学的特性
(5)- 1 耐薬品性
ポリカーボネートプレートは一般にアルコール、塩類、弱酸等に比較的安定であり、弱アルカリ、強酸にも
ある程度耐えますが、強アルカリ、芳香族炭化水素には溶解します。また耐薬品性を論じる場合に注意しなけ
ればならないのは温度と応力による影響であり、常温で安定であっても高温になると影響の出る薬品や、応力
の存在する状態で接触させるとクラックを発生させる薬品も数多くあります。
このようにポリカーボネートプレートの耐薬品性は他の樹脂に比べて必ずしも優れているとはいえませんの
で、使用に際しては薬品の種類、濃度、使用条件(温度、圧力、応力、期間など)を充分吟味する必要があります。
試
験
結
果
試験片:1mm 3号ダンベル いずれも一週間浸漬後の値です。
( ○:抵抗性あり △:抵抗性に限度あり ×:抵抗性なし )
薬 品 名
無
機
温度(℃)
酸
塩
酸
10%
10%
20
な
し
○
70
な
し
○
80
な
し
○
20
な
し
○
70
な
し
△
80
硝
酸
ン
ロ
ム
褐色斑点生ず
△
10%
70
黄
変
△
20%
20
な
し
○
70
黄
変
△
20
な
し
○
酸 (冷飽)
70
な
し
○
酸
10%
20
な
し
○
1%
80
クラック
×
5%
20
クラック
×
5%
80
白
×
10%
80
酸
硼
ク
判 定
酸
硫
リ
外 観 変 化
100%
無 機 ア ル カ リ
苛
性
ソ
ー
ダ
濁
白濁、クラック
×
水 酸 化 カ ル シ ウ ム ( 5% )
70
白
濁
×
(冷飽)
70
クラック
×
- 15 -
薬 品 名
無
機
温度(℃)
外 観 変 化
判 定
塩
塩 化 ナ ト リ ウ ム( 冷飽 )
70
な
し
○
塩 化 カ リ ウ ム( 〃 )
〃
な
し
○
塩 化 カ ル シ ウ ム( 〃 )
〃
な
し
○
塩 化 マ グネシウム( 〃 )
〃
な
し
○
塩
化
第
二
銅( 〃 )
〃
な
し
○
塩
化
第
二
錫( 稀 )
〃
な
し
○
鉛 (冷飽)
〃
な
し
○
硫 酸 ナ ト リ ウ ム( 〃 )
〃
な
し
○
酸
銅( 〃 )
〃
な
し
○
ア
ル ミ( 〃 )
〃
な
し
○
硝 酸 カ リ ウ ム( 〃 )
〃
な
し
○
臭 化 カ リ ウ ム( 〃 )
〃
な
し
△
塩
化
硫
硫
酸
亜
重 ク ロ ム 酸 カ リ( 〃 )
〃
な
し
△
過 マ ン ガ ン 酸 カリ ( 18% )
〃
な
し
○
過 塩 素 酸 カ リ ( 1% )
〃
な
し
○
炭
ダ(冷飽)
〃
な
し
△
亜 硫 酸 ソ ー ダ( 〃 )
〃
な
し
△
硫
酸
ソ
ー
ダ( 〃 )
〃
塩 素 酸 ソ ー ダ( 〃 )
〃
な
し
硫 化 アン モ ニ ウ ム ( 〃 )
〃
粉
化
×
20
な
し
○
20
な
し
○
化
有
ソ
ー
機
酸
ギ
酸
息
香
乳
蓚
ピ
有
ク
リ
機
×
○
酸
酢
安
わずかに白濁
ン
溶
酸
10%
70
クラック
×
50%
20
な
し
△
100%
20
白
濁
×
50%
70
クラック
×
100%
20
な
し
△
0.06%
70
な
し
○
1%
70
な
し
×
10%
20
な
し
×
酸 (冷飽)
70
な
し
○
酸( 〃 )
70
な
し
○
酸( 〃 )
70
な
し
○
やや白濁
△
媒
ノ
ー
ル
20
タ ノ
ー
ル
20
な
し
○
70
やや白濁
×
イソ プ ロ パ ノ ー ル
70
な
し
○
n -ブ タノ ー ル
20
な
し
○
70
やや白濁
×
20
な
し
○
メ タ
エ
エ チレングリコー ル
70
な
し
△
エ チルエ ーテル
20
白
濁
×
ア
白
濁
×
ン
20
メチ ル エ チ ル ケトン
20
四
塩
化
炭
素
20
白
濁
×
二
硫
化
炭
素
20
白
濁
×
セ
ト
- 16 -
白濁,粉化
×
薬 品 名
温度(℃)
外 観 変 化
判 定
石油系炭化水素
ベ
ン
ゼ
ン
20
膨潤、溶解
×
ト
ル
エ
ン
20
膨潤、溶解
×
石 油 ベ ン ジ ン
20
な
し
○
ガ
ン
20
な
し
×
油
20
な
し
○
80
な
し
○
20
な
し
○
ソ
リ
灯
重
油
100℃×3hr
な
し
○
ト
ラ
ン
ス
油
20
な
し
○
シ
リ
コ
ン
油
20
な
し
○
フ レ オ ン ガ ス
20
な
し
○
プ ロ パ ン ガ ス
20
な
し
○
都
20
な
し
○
市
ガ
ス
文 献 値
無
機
物
酸 20%
○
三 塩 化 アンチ モン
○
硝 酸 アン モ ニ ウム
○
フ ッ カ 水 素 酸 20%
○
三
ン
×
炭 酸 水 素 ナトリ ウ ム
○
炭
水
○
オ キ シ 塩 化 リ ン
×
硫 酸 水 素 ナトリ ウ ム
○
カ セ イ カ リ 5 %
×
硫 酸 ナ ト リ ウ ム
○
亜 硫 酸 水 素 ナトリウム
○
ア ン
水
×
硫
カ リ ウ ム
○
次 亜 塩 素 酸 ナトリウム
○
塩 素 化 石 灰 ペ ー スト
○
硫 酸 マ グ ネシウム
○
臭 素 酸 カ リ ウ ム
○
塩素化石灰溶液2%
○
硫
鉄
○
チ オ シ アン 酸 カリウ ム
○
K , A l - ミョ ウ バ ン
○
硫
酸
マ ン ガ ン
○
フッ 化 アン モ ニ ウ ム
×
ク ロ ム ミョ ウ バ ン
○
硫
酸
ニ ッ ケ ル
○
過 酸 化 水 素 30%
○
塩
鉄
○
硫
鉛
○
石
銅
○
硫 酸 アン モ ニ ウム
○
硫
ヒ
塩
酸
モ
ニ
ア
化
化
第
一
塩
酸
化
リ
酸
酸
亜
塩 化 ア ルミニ ウ ム
○
過 硫 酸 カ リ ウ ム
○
ホ
塩 化 第 二 水 銀
○
硫 化 アン モ ニ ウム
×
硫
塩
ス ズ
○
硝 酸 カ ル シ ウ ム
○
塩 化 アン モ ニ ウム
○
硝
銀
○
化
第
有
プ
一
機
ロ ピ
酸
こ
ウ
化
水
う
○
黄
○
砂
○
素
×
物
オ ン
酸
×
塩
化
エ
チ レ ン
×
シ クロ ヘ キ サ ノ ー ル
△
20%
○
塩
化
メ チ レ ン
×
ア クリ ロ ニトリ ル
×
酸
×
グ
リ
ル
○
ピ
ン
×
酸
○
ニ ト ロ ベ ン ゼ ン
×
デ カ ヒド ロ ナ フ タリン
○
ト リ ク ロ ル 酢 酸
○
ブ ロ ム ベ ン ゼ ン
×
エ
×
イソ アミル ア ル コ ー ル
○
ク ロ ル ベ ン ゼ ン
×
エ チレンクロルヒドリン
×
ベ ンジンア ルコ ー ル
×
キ
シ
レ
ン
×
リ
ン
○
プロパルギルアルコール
○
ペ
ン
タ
ン
○
メタ クリ ル 酸 メ チ ル
×
ア セト ア ル デ ヒド
×
フ
ェ
ノ
ー
ル
×
ス
ン
×
ホ ル マ リ ン 30%
○
ク
レ
ゾ
ー
ル
×
塩 化 ス ル フ リ ン
×
ジ メ チ ル ホ ル ム アミド
×
シ ク ロ ヘ キ サ ン
○
テト ラ ヒド ロ フ ラ ン
×
ジ
ン
×
シ ク ロ キ サ ノ ン
×
チ
ム
類
×
シ ク ロ ヘ キ セ ン
×
油
○
コン プレッ サ ー 油
○
鉱
油
○
ス ピ ン ド
○
パ
油
○
ガ ソ リ ン( 低芳香族 )
○
精
ン
油
○
×
変
ポ ン プ
油
○
〃
酪
オ
レ
イ
オ
ク ロ
鉱
キ
ロ
車
サ
ル
軸
デ ィ ー
潤
ゼ
ル
滑
シ リ コ
真
ホ
油
ン
空
ー
〃
コ
ー
ル
油
(高芳香族)
- 17 -
リ
チ
ジ
ル
グ
ロ
チ
オ
物
ラ
ア ミ ン
イ
レ
フ
ェ
ン
×
加
熱
油
○
フ ィ ン
圧
器
油
○
度
○
油
○
食
品
類
ビ
ー
ル
○
ケ
イ
皮
油
○
食
シ ロ ッ プ
○
タ
ラ
肝
油
○
サ
油
○
コ
ぎ
○
コ
オレ ン ジ ジ ュ ー ス
○
リ
ミ
膚
○
牛
濃 厚 ト マト ジ ュ ー ス
○
チ
ョ コ
マ
果
物
オ
リ
ー
玉
ブ
ね
カ
そ
ン
の
セ
メ
ニ
ャ
ー
キ
ッ
ヒ
ュ
○
ダ
油
○
ム
○
油
○
品
ク
○
ラ
ー
○
ナ
タ
ネ
ル
○
ブ
ド
ウ
酒
○
乳
○
ヒ
マ
シ
油
○
ー ト
○
グレープフルーツジュース
○
ー
レ
酢
ラ
他
○
ア
油
○
ガ
洗 剤( 非 イ オ ン 系 )
○
アマ ニ 油 標 準ワニス
○
カ
〃(
ア ニ オン 系 )
○
床
み
が
き
○
チ
ョ
ウ
絶
プ
○
フ
レ
オ
ン
×
ニ
ク
ズ
ん
○
縁
石
ン
テ
ト
ー
け
ニ
ラ
ス
ラ
パ
テ
○
油
○
ジ
油
×
ク
油
×
シ
各種プラスチックの耐薬品性比較
( N:侵されない、R:耐える、SA:いくらか侵される、
A:侵される、S:溶ける、D:分解する )
吸 水 率( % )
弱 酸
強 酸
弱アル
カリ
強アル
カリ
有 機 溶 媒
0.3
R
SA
SA
A
芳香族、塩素化炭
S( 化水素に
)
1.9〜3.3
R
A
N
N
N
ポ リ ア セ タ ー ル
0.12
N
A
R
A
R
硬 質 塩 化 ビ ニ ル
0.07〜0.4
N
N
N
N
R
ア
ル
0.3〜0.4
N
A
N
A
ケトン、エステル、
S( 塩素系に
)
ポ リ プ ロ ピ レ ン
0.01以下
R
A
N
R
R
チ レ ン
0.03〜0.05
N
A
N
N
S(芳香族、塩素系に)
S
0.01〜0.3
N
A
N
N
S(ケトン系に)
S
0.2〜0.3
N
A
N
N
S(ケトン系に)
脂
0.0
N
N
N
N
N
塩 素 化 ポリ エ ー テ ル
0.01
N
A
N
N
R
フ ェ ノ ー ル 樹 脂
0.1〜0.2
-
-
N
D
N
尿
0.4〜0.8
N
D
N
D
N
ポ リカ ー ボ ネ ート
ナ
イ
ロ
ク
リ
ポ リ ス
A
ン
B
A
フ
ッ
素
素
樹
樹
66
脂
- 18 -
(5)- 2 吸水・吸湿特性
ポリカーボネートプレートの特長の一つは吸水性が低いことです。これは分子末端の OH 基を除いて親水性
のグループが全く存在しないためです。試験結果では相対湿度 52%の雰囲気中の最大吸湿量は僅かに 0.16%で
あり、23℃の水の中に浸漬し、7 日後の吸水量についても 0.4%に過ぎません。
この値は沸騰水中に 1 週間浸漬してもそれほど大きな変化はなく重量変化は 0.4%でした。(ポリカーボネー
トの文献値は沸騰水中における重量増加は、0.58%となっています。)
また吸水による寸法変化は、いずれの場合でも 0.1%以下でした。
次に平衡吸湿量、吸水曲線、吸水による寸法変化を示します。
0.4
平
衡
吸
湿
量
(%)
沸 騰 水
0.6
吸
水
率
0.3
0.2
(%)
0.1
0.5
0.4
水(室温)
0.3
0.2
50% R.H.(室温)
0.1
0
0
20
40
60
80
0
100
0
50
100
相 対 湿 度 (%)
150
時 間(hr)
平 衡 吸 湿 量
吸 水 曲 線
0.012
膨
張
率
( cm/ cm)
水中 100℃
0.008
ポリアセタール
空気中50%RH
22℃
ポリアミド
水中 22℃
0.004
空気中50%RH
22℃
水中 100℃
0
水中 22℃
0
ポリカーボネート
0.8
1.6
吸 水 率 (%)
吸水による寸法変化
- 19 -
2.4
200
250
(5)- 3 ガス透過性
ポリカーボネートプレートのガス透過率は比較的低く、一般にポリスチレン、ポリエチレンより少ないが、
ポリエステルよりは大きくなります。ただし、ガス透過率は厚さによってかなり異なります。
次に 0.02 ㎜厚さのフィルムを用いた時の透過恒数および厚さと水蒸気透過度との関係を示します。
60
透 過 恒 数
10-9g/cm・hr・mmHg
水
素
1.35
炭酸ガス
0.75
酸
素
0.13
窒
素
0.01
空
気
0.04
厚
40
さ
(μ) 20
10
20
30
40
50
60
水蒸気透過度(g/m /day)
2
水蒸気透過度の厚さによる変化
各種プラスチックのガス透過恒数
膜 厚 0.3 mm
換 算 値
透過度 ASTM D1434-58
g/m2・24hr・atm、20℃ dry
ポ リ カ ー ボ ネ ー ト
a)
セ
ロ
ハ
ン
高密度ポリエチレン
低密度ポリエチレン
b)
軟 質 塩 化 ビ ニ ル ポ リ プ ロ ピ レ ン
透過度 JIS 20208
g/m2・24hr
O2
N2
CO2
H2 O
0.1〜1.5
0.1〜1
4〜6
13〜16
4〜16
5〜8
-
<0.3
1〜1.5
3〜4
0.2〜8
-
1〜7
0.5〜5
20〜30
70〜80
10〜40
25〜36
40〜50
大
5〜10
16〜22
25〜90
8〜12
a)相対湿度の増大とともに著しく増大する。
b)可塑剤の種類、量により異なる。
(5)- 4 毒性
ポリカーボネートプレートには、食品衛生法(平成 18 年厚生労働省告示第 201 号、平成 24 年厚生労働省告
示第 595 号)に基づく『ポリカーボネートを主成分とする合成樹脂製の器具または容器包装』の試験に合格し
たグレードもあり、食品衛生面でも安心して使用できます。
食品衛生法適合製品(厚生労働省告示第201号・第595号)
材質
品種・品番
色 相
201号
595号
PC
PCSM PS610
透明
○
−
PC
PC1600/PC-1600/PC K1600/PC R1610
透明
−
○
PC
ヨーセツボーPC9061
透明
○
−
PC
PCSP 11930/PCSP 91560/PCI 11930
ブラウンスモーク
○
−
PC
PCSP 11920/PCI 11920
グレースモーク
○
−
PC
PCSP 677T/PCSP-677T
乳半
−
○
PC
PCNDL 78610
透明(制電)
○
−
PC
PCSP 692T/PCSP-692T/PCSP R6920
グレースモーク
−
○
PC
PCSP 693T/PCSP-693T/PCSP R6930
ブラウンスモーク
−
○
(注)食品用途で使用される時は、お問い合わせください。
(5)- 5 アウトガス
ポリカーボネートプレートからの発生ガス分析結果
品種・品番
分析結果
PC 1600
顕著な発生ガス成分は確認されず
PCSP 660T
顕著な発生ガス成分は確認されず
- 20 -
(6) 光学的性質
ポリカーボネートプレートの各種光学特性を以下に示します。
ポリカーボネートプレート 一般グレード
品 種
PC
品 番
160 0
色 相
厚 さ
(mm)
全光線 透過率
(%)
日射透過率
(%)
日射反射率
(%)
透明
15.0
12.0
10.0
8.0
6.0
5.0
4.0
3.0
2.0
87
87
88
89
89
89
89
90
90
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
厚 さ
(mm)
全光線 透過率
(%)
日射透過率
(%)
日射反射率
(%)
8.0
6.0
5.0
3.0
2.0
5.0
3.0
5.0
3.0
2.0
8.0
5.0
3.0
2.0
5.0
3.0
2.0
5.0
3.0
10.0
8.0
6.0
5.0
4.0
3.0
5.0
3.0
5.0
3.0
5.0
3.0
5.0
3.0
5.0
4.0
3.0
2.0
5.0
4.0
3.0
2.0
88
89
89
89
90
85
87
38
34
33
34
35
32
34
37
42
48
88
87
86
88
86
88
89
88
38
35
35
33
91
92
88
88
93
93
93
94
88
88
89
91
79
79
80
82
83
77
80
49
47
47
42
44
46
49
31
39
44
77
79
74
74
77
77
77
79
47
47
43
46
77
78
75
77
76
76
78
78
73
75
76
77
9
9
9
9
9
8
9
6
6
6
6
6
6
6
15
21
27
7
8
7
7
7
7
7
7
5
5
6
5
8
8
7
8
7
7
7
8
7
7
7
8
ポリカーボネートプレート 耐候グレード
品 種
品 番
色 相
660T
透明
642T
ガラス色
692T
グレースモーク
693T
ブラウンスモーク
677T
乳半
K660 0
透明
片面マット
R660 0
透明
両面マット
PCSP
R6920
R6930
グレースモーク
両面マット
ブラウンスモーク
両面マット
3660 0
透明型板
3640 0
グリーン透明型板
F660 0
透明
両面すりガラス調
マット
F640 0
ガラス色
両面すりガラス調
マット
- 21 -
ポリカーボネートプレート MR(耐擦傷)耐候グレード
品 種
品 番
色 相
厚 さ
(mm)
全光線 透過率
(%)
日射透過率
(%)
日射反射率
(%)
PCMR
56610
透明
5.0
3.0
93
93
84
85
5
5
厚 さ
(mm)
全光線 透過率
(%)
日射透過率
(%)
日射反射率
(%)
5.0
3.0
2.0
5.0
3.0
2.0
5.0
3.0
2.0
24
26
27
72
71
71
67
68
70
19
22
23
55
56
54
46
51
51
5
5
5
7
7
7
6
6
6
厚 さ
(mm)
全光線 透過率
(%)
日射透過率
(%)
日射反射率
(%)
5.0
3.0
3.0
86
87
21
78
81
18
7
7
5
ポリカーボネートプレート 耐候熱線カットグレード
品 種
PCSPR
品 番
色 相
994T
ブラウンスモーク
90 0T
クリアスモーク
K90 0 0
クリアスモーク
片面マット
ポリカーボネートプレート 光触媒グレード
品 種
品 番
色 相
PCSPTL
A6420
ガラス色
PCSPRTL
B9940
ブラウンスモーク
ポリカーボネートプレート クロス貼り採光プレート
品 種
品 番
色 相
厚 さ
(mm)
全光線 透過率
(%)
日射透過率
(%)
日射反射率
(%)
PCSPDR
C660 0
白
5.0
3.0
27
26
22
23
29
33
厚 さ
(mm)
全光線 透過率
(%)
日射透過率
(%)
日射反射率
(%)
10.0
6.0
4.0
6.0
4.0
6.0
4.0
80
84
88
81
81
50
52
66
70
73
70
72
43
46
9
12
13
12
12
18
22
ペアカーボ(中空ポリカーボネートプレート)
品 種
ペアカーボ
品 番
色 相
610
クリア
650
クリアフロスト
710
オパール
- 22 -
ポリカーボネートプレート 高機能タイプ
品 種
品 番
色 相
78610
透明
78810
78910
ブラウンスモーク
グレースモーク
PCEND
57610
透明
PCMRMS
6160 0
透明
PZ60 0
透明
PY610
透明
4602
透明
4925
グレースモーク
4932
ブラウンスモーク
PS610
透明
PCNDL
PCMU
PCEG
PCSM
厚 さ
(mm)
全光線 透過率
(%)
日射透過率
(%)
日射反射率
(%)
5.0
3.0
5.0
5.0
5.0
3.0
5.0
3.0
2.0
1. 5
5.0
3.0
5.0
5.0
2.0
5.0
2.0
0. 5
0. 8
1.0
1. 5
2.0
86
86
32
35
63
63
91
91
89
89
85
88
88
53
54
61
58
90
90
90
90
90
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
分光光度曲線
100
80
透 60
過
率
(%)
40
20
0
300
500
700
900
1100
1300
1500
波 長(nm)
- 23 -
1700
1900
2100
2300
2500
(7) 耐候性
ポリカーボネート樹脂は紫外線により分子構造が変化し黄変劣化します。ポリカーボネートプレートの表面
に耐候層を設けた耐候グレードは、黄変劣化が抑制され長期間屋外使用に耐えうる性能を有しています。現在
は耐候層として、耐候剤を添加したポリカーボネート樹脂を積層する方法が主流となっています。
耐候グレードの断面図
ポリカーボネートプレート
耐候層
(ポリカーボネート+紫外線吸収剤)
タキロン網干工場 暴露試験場で行なった屋外暴露試験結果を次に示します。
20
70
引張降伏応力
引
張
降
伏
応
力
黄変度
一般グレード 透明 3mm厚
一般グレード 透明 3mm厚
耐候グレード 透明 3mm厚
15
黄
変
度
60
10
耐候グレード 透明 3mm厚
(△YI)
5
(MPa)
0
1
3
5
7
0
10
1
暴露耐候年数(年)
5
7
10
暴露耐候年数(年)
引張破壊時呼びひずみ
100
引
張
破 100
壊
時
呼
び
ひ 50
ず
み
3
耐候グレード
透明 3mm厚
一般グレード
透明 3mm厚
全
光
線
透
過
率
全光線透過率
一般グレード 透明 3mm厚
耐候グレード 透明 3mm厚
50
(%)
(%)
0
1
3
5
7
10
落錘衝撃強さ(質量 2kg、高さ 3m)
耐候グレード 透明 3mm厚
強
度
保
持
率
50
(%)
一般グレード
透明 3mm厚
0
1
3
5
7
1
3
5
7
暴露耐候年数(年)
暴露耐候年数(年)
100
0
10
暴露耐候年数(年)
- 24 -
10
サンシャインウェザオメーターによる耐候性の促進試験結果を以下に示します。
黄変度経時変化
30
一般グレード 透明 3mm厚
25
20
黄
変
度
(△YI)
15
10
耐候グレード 透明 3mm厚
5
0
0
1000
2000
3000
照射時間(hr)
- 25 -
4000
5000
(8) 音響透過損失
一般に透過損失の値を用いて遮音性能を評価する目安としています。ポリカーボネートプレートの中心周波
数(Hz)による透過損失は次の図表のとおりですが、周波数によって遮音性能が急に低下することはありません。
透過損失は質量法則によるものとされており面密度(m2 あたりの重量)の大きい材料の方が透過損失が大き
く、遮音材としては良好であるとされています。
ポリカーボネートプレートの周波数別音響透過損失(dB)
板厚(㎜)
2.0
5.0
8.0
10.0
12.0
面密度(kg/ ㎡)
2.4
6.0
9.6
12.0
14.4
125
13
16
20
21
25
160
12
17
20
21
24
20 0
13
20
23
25
27
250
12
20
23
25
26
315
14
20
23
25
26
40 0
15
22
25
27
28
29
中心周波数
(Hz)
50 0
16
23
26
28
630
18
25
28
30
31
80 0
20
26
29
31
32
10 0 0
21
28
31
33
33
1250
23
30
33
35
35
160 0
24
31
34
35
36
20 0 0
26
33
36
37
38
250 0
28
35
38
39
40
3150
31
37
39
39
37
40 0 0
32
38
38
34
29
50 0 0
34
39
32
28
34
70
60
50
音
響
透
40
過
損
失
30
(dB)
2.0㎜
5.0㎜
8.0㎜
10.0㎜
20
12.0㎜
10
0
125 160 200 250 315 400 500 630 800 1000 1250 1600 2000 2500 3150 4000 5000
中心周波数(Hz)
ポリカーボネートプレートの音響透過損失
- 26 -
- 27 -
光
学
的
性
質
化
学
的
性
質
電
気
的
性
質
質
性
的
熱
質
性
的
械
機
げ
曲
強 さ
強 さ
78.4
94.1
MPa
MPa
−1
kV/mm
電
酸
誘
耐
△
1.59
0.24
89∼90
%
%
光 線 透 過 率
率
率
性
×
△
透 明
明
剤
四
段
階
2.90
31∼33
2∼5×10
0.19
6.5
<−100
180∼190
137∼142
120
性
折
水
透
溶
屈
吸
耐
耐 ア ル カリ 性
性
率
(10 6 )
Ω・cm
圧
電
率
耐
導
体 積固有抵抗
伝
−5
℃
W/mK
度
10 ℃
温
熱
化
( 4.6 kg)
℃ (18.6 kg)
℃
16
84.3
13
78.4∼98.1
1.9∼2.5
90
kJ/m 2
線 膨 張 係 数
脆
荷重たわみ温度
耐熱温度(連続)
M80∼100
1.17∼1.2
アクリル
6∼8
◎
◎
○
0.03∼0.05
○
◎
○
0.3∼0.4
90∼92
透 明
ポリエチレン
ポリプロ
(高密度∼ 低密度) ピレン FRP
94
2.54
ガ ラス
100∼130
ブリンネル
7.86∼7.96
一 般 鋼
180∼240
65∼85
80∼150
10
14
1.53
8.4
○
○
×
3.3∼3.6
15.4
10 ∼10
13
0.24
−
0.1∼0.3
△
○
◎
2.7∼4.7
12∼16
10
1.54
<0.01
△
◎
○
2.3∼2.35
18∼20
>10
0.42
16
12∼14
7∼13
0.01∼0.36
16
−70∼−80
60∼80
43∼40
100∼120
−20
90∼100
80∼84
60∼95
6.9
63.7∼127.5 49.0∼88.3
6∼8
22.1
17.7∼55.9
89.2
4.9∼
7.8∼98.1
0.4∼1.0
15∼100
19.6∼58.8
14.7∼49.0
1.8∼2.9
25∼40
9.8∼14.7
3.9∼13.7
1.2∼2.8
60∼300
93.2
10.8∼98.1
5.9∼13.7
0.5∼2.0
588.4∼
1176.7
アクリルの
約 1/10(落球)
49.0∼78.4
3
>10
1.48
0.03
△
◎
○
2.2∼2.6
20∼26
16
0.12
10∼12
0∼−20
95∼110
57∼65
120∼130
0.8
720∼730
10
不透明
−
0.01∼1.0
○
△
○
3.5∼5.5
19∼22
14
90∼91
透 明
1.52
0.25∼0.33 0.67∼1.26
1.2∼5.0
150∼180
41.2∼54.9 68.6∼274.6 39.2∼78.4
37.8∼54.9 98.1∼196.1
4.9∼7.8
2.9∼7.8
1.1∼1.6
200∼700
60.7
1.3
206.9
30∼35
58.8∼83.4 35.3∼58.8 21.6∼37.3 29.4∼38.2 98.1∼196.1 32.4∼79.4 372.6∼470.7
透∼不透明 半∼不透明 透∼不透明 透∼不透明 透∼不透明
1.48∼1.50 1.52∼1.55
25∼35
2.8∼3.1
>10
2.2∼3.2
>10
16
17∼21
15
ABS
1.09∼1.14 1.04∼1.07 0.94∼0.96 0.90∼0.91 1.5∼2.1
D60∼70
M70∼120
R100∼118 R90∼115 (ショアー) R85∼110 R122 −20∼−40 −30∼−50
61
60∼65
117.7
88.3
3.9
3.4
3.4
80
73.5
1.45
M76
R121
塩化ビニル
ナイロン66
(透 明)
0.17∼0.25 0.16∼0.17
5∼9
70∼100
60∼90
82.4∼117.7
75.5∼127.5
2∼2.9
2.2∼2.7
2.4∼3.4
2∼7
58.8∼68.6 54.9∼75.5
1.20
M 78
R123
ポリカー
ボネート
kJ/m 2
mg/1000
Tabor
サイクル
耐摩耗性
縮
圧
アイゾット
衝撃強さ
シャルピー
衝撃強さ
GPa
%
引張破壊
呼びひずみ
引 張 弾 性 率
MPa
樹 脂 名
引張降伏 応力
物性 比
重
理 的質 ロックウェル硬度
性 質(単位)
2.69
3.12∼3.97
112.6
2∼2.3
205.1
12.7
1.5∼2.0
7.13
鉛
1.2
70.6
35
98.1∼196.1
17∼44
亜
15.9
193.2
55
578.6
B80
7.8
ステンレス アルミニウム
(9) 他材料との特性比較(文献値)
4.タキロンポリカーボネートプレートの加工法
タキロンポリカーボネートプレートは加工に制限がある品種があります。
品種
冷間加工
熱加工
機械加工
溶接
接着
PC
○
○
○
○
○
PCSP
○
○
○
○
○
○
○
PCNDL
○
PCEND
○
PCMRMS
○
PCMR
PCMU
○
○
PCNT
○
○
○
○
PCEG
○
○
PCP
○
○
○
○
PCET
○
○
○
○
○
○
○
○
○
PCSPR
○
○
PCSPDR
○
PCSPTL
○
PCSPRTL
PCSM
○
○
○
○
PCMA
○
PCMAMR
○
PCDSC
○
○
PCDSP
○
○
タキパターン
○
(1) 冷間加工
ポリカーボネートは冷間加工ができますが、これは他の樹脂にみられない優れた性質の一つです。この方法は、
冷間加工に対する金属の技術を応用することによって、極めて速い加工速度が得られ、また溶融させないので、
材料の乾燥、加熱、冷却などの行程を省くことができます。さらに、加工によって機械的性質の向上する場合
もあるなどの利点があります。
(1)- 1 折り曲げ
ポリカーボネートの冷間折り曲げ加工にはハゼ折り機やプレスブレーキを使用します。スプリングバックの
ため所定の角度が合わせにくく、また使用温度が常温になると復元がはじまるので実用的には限定された用途
の加工法として利用されます。
冷間折り曲げ可能板厚は直角曲げで 12 ㎜厚が限度です。それ以上の板厚では R の外側にサケ目を生じ、ま
た R の内側はかなりシャープに仕上るので応力のかかるところに使用した場合にはノッチ効果で割れることが
あるので注意が必要です。
(1)- 2 曲げ加工
常温でアーチ型に曲げ加工する場合、目安として一般グレード品では板厚の 180 倍以上の曲率半径をもたせ
てください。
- 28 -
(1)- 3 その他
イ 常温で絞りや圧延を行なっても、透明性は変化しません。
ロ 絞りを行なう場合、スプリング・バックを考慮した型を使用しないと、所期の形状が得られません。
ハ 冷間加工したものの温度を上げると、収縮を起こすので注意が必要です。特に 150℃以上にすると、ほと
んど原型に戻ります。また、100℃程度で 30 分くらい加熱すると数パーセントの変形(原型の方向に近づく)
を起こしますが、これ以上の時間ではほとんど変形の進行はみられません。
(2) 熱 加 工
ポリカーボネートは塩化ビニル、アクリルなど一般の熱可塑性樹脂の加工法と同様の考え方で熱加工を行な
うことができますが、一般のものに比べて加工温度が高く、高温になると発泡することから、水分の予備乾燥
が前提条件であることなどが特に異なります。このポイントを押えれば一般の熱可塑性樹脂の加工法を応用し
て、ポリカーボネートに適した加工ができます。
水分の予備乾燥は加工時間のロス、加工費の増加などに影響するので、できれば未乾燥で加工するにこした
ことはありませんが、ポリカーボネートの未発泡領域で加工可能な温度域は 150 〜 195℃と狭いため、加熱条
件を均一にしなければ、加工に必要な板の柔軟性が不足し、発泡が生じやすく、製品ロスが発生しやすいので
注意が必要です。
簡単な型押し、曲げなどは、均一加熱すれば未乾燥で熱加工できます。真空成形では、成形温度が発泡温度
以上であるため、予備乾燥が必要です。
(2)- 1 温度条件
温度
(℃)
140 145 150 155 160 165 170 175 180 185 190 195 200
未乾燥品
クレ ー ジ ン グ
乾 燥 品
クレ ー ジ ン グ
熱曲げ
型 押し
熱
型
発
曲 げ
押 し
泡
真空成形
250
300
溶
接
溶
接
① ポリカーボネートの熱変形温度は 140℃付近であり、曲げ加工はそれ以上の温度が必要です。120 〜 140℃
の軟化域では、分子運動が活発化し応力が加われば緩和しようとするためクレージングが発生しやすくな
ります。従って曲げ加工においては、歪を与えた状態で軟化点近くまで温度を上げると、歪が大きければ
クレージングが発生するので注意が必要です。
② 図のように曲率 R で曲げ加工する場合は、
(a)のように R を初期に与えて昇温し、
歪をなくすという方法は加工上都合は良いですが、①のような問題が残ります。
(a)
このような場合は、板の軟化に従って型に沿わすか〔(b)〕、板の温度を上げて型
R
押し〔(c)〕、または真空成形してください。
また、冷間加工をしたものや初めに所定の形状に曲げたものの歪取をする場合
は、100℃程度で長時間行なう方が、熱変形、クレージング発生の点から無難です。
(b)
③ 予備乾燥したものでは、樹脂が分解発泡する温度までの広範囲で加工できますが、
プレス
160 〜 180℃の範囲が適当です。
④ 未乾燥のものでは、165℃以上では発泡するので、145 〜 165℃の狭い範囲でしか
(c)
熱加工できず、また熱加工温度が高い一方で、冷めやすい特長があり、板の剛性
をとりもどしやすくなります。加工温度は 150 〜 165℃が適当です。
⑤ 熱加工においては、成形に歪を伴わないので、アニールする必要はありません。
- 29 -
(2)- 2 加熱方法
加熱方法については、予備乾燥したものでは発泡しないのでどのような方法でも良く、160 〜 180℃の温度に
板を軟化させ、型などに沿わせれば所定の形状を容易に得ることができます。
未乾燥のものは発泡するため注意が必要です。以下に未乾燥の加熱方法と注意点を記します。
A パイプヒーター(鋭角な折り曲げに使用)
この系統のヒーターは、ヒーターとプレートが線接触するた
ポリカーボネート
パイプヒーター
め、熱の移動量が少ないので両面加熱(ヒーターでポリカーボ
ネートをサンドイッチにする)が必要です。パイプヒーター両
面加熱をすると、5 ㎜程度の板厚まで曲げることができます。
(a) うまく曲げることができる
角ヒーターは板との接触が小さいため軟化しにくく好ましくあ
りません。
ヒーターの表面温度が高すぎると、ポリカーボネートとの
接触部が潰れたり、発泡したりするので、適切な温度(180 〜
(b) 曲げにくい
200℃)にしてください。
片面加熱〔(b)〕は、放熱が大きいので曲げにくく、また次のような欠点があります。
① 線加熱のための時間がかかる。
② 放熱が大きいためプレートの温度が上がりにくい。
③ 熱伸縮を起こすため、プレートがヒーターから離れようとする。薄板では特に加工しにくい。
④ 局部線加熱のため、ヒーターからプレートを離すと、プレート温度が下がりやすく、剛性回復が大きいの
で所定の曲げ加工を行い難い。
⑤ 表面を加熱しやすく、部分的な発泡が起こりやすい。また曲げ面が潰され外観が悪くなりやすい。
この種のヒーターの長所は、手頃であり、曲げがシャープにできる点にあるが、板厚が大きくなると、充
分な軟化を得ずして曲げやすく内部歪を残す場合があるので、注意が必要。
B 電気ヒーター(丸味のある折り曲げに使用)
電気ヒーターとしては、ニクロム線ヒーター、石英管ヒーター、シーズヒーターなど種々考えられますが、
両面加熱を原則とします。この種の長所は比較的簡単に装置が得られ、しかも充分な熱量を板に与えることが
できることであり、精密な温度制御を行なえば、未乾燥でもかなりの板厚まで熱加工できます。
- 30 -
30 ℃
170±5 ℃
330
ヒーター容量 9.3 w/cm(上、
下共)
ポリカーボネートプレート 未乾燥
300
反射板ナシ
.0
10
mm
150
140
プレート温度(℃)
加熱時間(秒)
2. 0
160
270
240
210
180
130
120
110
100
90
150
80
120
70
60
90
赤外線ヒーター
60
ポリカーボネートプレート
台
50
温度条件-図4-1-Aに同じ
40
30
0
mm
170
mm
室
温
雰囲気温度
8.0
360
4.0
mm
6.0
mm
390
温度測定-プレート中央部は熱電対埋込
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
0
1
2
板 厚(mm)
3
4
5
6
7
加熱時間(min)
図4-1-A 板厚と加熱時間の関係
図4-1-B プレートの昇温
図 4-1-A は石英管ヒーターを使用した場合の板厚と加熱時間の関係を示しています。未乾燥プレートの加
熱時の注意事項としては次の通りです。(①〜⑤)
① 急激な加熱をしないこと。
雰囲気温度は適正曲げ温度付近にする。高温雰囲気にすればするほど発泡するまでの余裕時間が少なくな
る。高温になる場合は、ヒーターとプレートの間に金網等マスキングをして、クッション作用を持たすと
よい。厚物になる程、加熱に時間をかけ均一加熱するようにする。
② 板の両面にかかる熱量を同じにする。
外観的には両面加熱であっても、プレート表面において熱量が異なっていては、6 ㎜程度の厚物になると、
片面は発泡、片面はまだ固いという現象が生じかねないので注意する。
③ プレート端部から発泡しやすい。
プレート端部は、プレート中央部より熱量がかかりやすいので、発泡は端部から起こりやすい。この様な
場合は、端部にマスキングを施せばよい。
④ 発泡までの時間を予め知っておき、発泡に対する余裕時間を必ず残しておく。
⑤ ヒーター強度は 10W/ ㎝程度は必要である。反射板取り付けなどで、熱損失を少なくするとよい。
C 油 加 熱
流動パラフィンを使用して、曲げ加工する場合の温度-時間-板厚の関係を図 4-1-Bに示します。油の選
択については、ポリカーボネートの劣化に結びつかぬものが必要で、植物性油が安全と考えられます。エチレ
ングリコールやグリセリンは白濁、膨潤の傾向にあり、適していません。未乾燥の場合の油浴加工上の注意点
は次の通りです。(次頁①②)
- 31 -
① 油浴温度は、あまり高温にしない。
油温度が 175℃以下の場合、プレートが軟化して発泡を起こすまで、時間的な余裕が充分あり 175℃におい
ても発泡は起こしにくくなっています。しかし 185℃になると板厚にかかわらず、板端部から発泡を起こ
します。
時間的には加熱開始後約 1 分であり、185℃においては 6 ㎜プレートの曲げに必要な時間が約 1 分であるか
ら、それ以上の厚さのものは発泡の点で避けた方が無難です。高温になると、油の板に与える影響、製品
の寸法精度にも関係するので油温度は、160 〜 170℃にするのが適当です。
② 加工製品の熱容量と、油浴容量により温度と時間の関係は、多少変化する。
(2)- 3 曲面加工
以上は直接折り曲げ加工を主体としてきましたが、曲面加工においても、注意点や、温度と時間の関係は大
体同じです。曲面加工においては、普通は予備乾燥をし成形しますが、未乾燥状態でも成形できます。
ただし、平面的であるので、温度制御が正確でないと、温度むらにより部分的な発泡を起こしやすく、また、
一枚一枚の成形時間も異なってくるので、発泡による製品ロスが生じやすくなります。加熱雰囲気温度は高い
程成形サイクルが短くなりますが、あまり高すぎると厚物では、プレート表面に、乗せ台や成形型の跡が残っ
たりするので注意が必要です。未乾燥成形の場合、雰囲気温度は、6 ㎜程度までは 180 〜 200℃、6 ㎜以上では、
160 〜 180℃で加熱するのが適切です。
一般的に、温度管理を精密に行なうのはかなり難しいので熱加工する場合はトライアルを行ないその加熱炉
の性質を握むことが必要です。
加熱炉のヒーターにはどんなものを使用しても実際には支障ないですが、次のグラフのようにポリカーボネー
トもまた 3.5μm 近辺の熱線吸収量が大きく、その点シーズヒーターが理想的といえます。ただし、未乾燥で加
熱する場合、波長の長い磁器製ヒーターを使用する方が軟化から発泡までの余裕時間が得られるために作業が
しやすく実用的です。
反面、波長の短い石英管ヒーターなどは熱的効率は高いですが、高温のためにポリカーボネートが発泡しや
すく、加熱ムラを生じやすいので厳密にはあまり好ましくありません。
ABS
ナイロン-6
吸
収
量
ポリエチレン
ポリスチレン
4.0
赤
外
線
電
球
0
1
製ヒ
ータ
ー
2
3
4
5
6
波 長(μm)
分光分布曲線
ポリプロピレン
2.5 3.0
磁器
ー
タ
ー
ヒ
ズ
ー
シ
酢酸センイ素
分 100
光 80
エ
ネ 60
ル 40
ギ
� 20
(%)
5.0
波 長(μm)
熱可塑性プラスチックの熱線吸収曲線
- 32 -
7
8
9
(3) 機械加工
ポリカーボネートは、普通に鋼で使用している切削工具で機械加工を行なうことができます。
ポリカーボネートは剛性、靱性があり、軟化点が高いので、切削中に材料がやわらかくなったり付着したり、
カケが発生するということはほとんどなく、外観は綺麗に加工できます。
しかし熱可塑性プラスチックであるので切削加工中に切刃や刃底との摩擦熱により被削材に残留応力を生じ、
クラックを生じたり、あるいは物性を落としたりするので、充分注意して加工しなければなりません。
また、加工時には破片が飛び散る場合がありますので、保護具等を着用してください。
(3)- 1 穴 あ け
標準鋼切削用ドリル(ポイント角 118°、すくい角 5°くらい)がポリカーボネートの穴あけ加工に用いられ
ます。プラスチック用として市販されているドリルは、使用しても利点がありません。なお、ドリルは特に切
味のよいものを使用してください。
ドリル径が太くなるに従って、回転数が大きいとくい込み現象が認められるので、低速回転の方がよいよう
です。送り速度は、あまり遅いと、切削中に熱の発生が甚だしくなり、切削面に残留応力が残ります。
切粉がスムーズに出てくるようであれば、よい加工条件と判断されるので、これを目安にドリルの回転数や
送り速度を選んでください。
穴
あ
け
加
工
条
ドリルの直径
(mm)
ドリルの回転数
(rpm)
6 以下
800
6.1以上
300
件
送り速度
(mm/1回転)
0.2∼0.4
(3)- 2 打 抜 き
ポリカーボネートプレートの打抜き加工は、熱硬化性樹脂のようにワレの心配がない反面、ダレ,返り,破
面の荒れなどの問題があります。
一般にパンチ・ダイスによる打抜きでは、切口外観はクリアランスを小さくする程、また打抜き速度を速め
る程良くなります。一方、ダイス内径と製品直径の寸法差は、加工速度が遅い程小さく、クリアランスが板厚
の 5%程度の時最小になります。
さらに良好な切口外観と高い精度を得るには、ナイフ刃ポンチを使用すると良くなります。
下敷きの溝にはポリウレタン、または ABS を充填し刃先の摩耗を防ぐ必要があります。
ポンチの形状
切口外観
切り刃
○
SKS-3
Hrc > 60
ポリカーボネートプレート
△
×
下 敷
(3)- 3 旋盤加工
旋盤加工も、鋼標準工具(すくい角 0°、逃げ角 3°)のバイトを使用して 550rpm の回転で加工できます。こ
の場合、必要とする表面状態、残留応力のチェックの結果によって、回転速度をより上げることは可能です。
- 33 -
(3)- 4 形削り加工
工具はすくい角 5°、逃げ角 0 〜 5°のバイトを使用して、138 ストローク / 分、切込み深さ 1.2 ㎜送り 0.05 ㎜、
1.8 ㎜ / ストロークでもよい結果が得られますが、送りは必要とする表面状態により小さくしてください。
(3)- 5 フライス加工
20 ㎜のエンドミルで 2 ㎜の切削では、425rpm で 55 ㎝ / 分の送り速度を与えてよい結果を得ています。
(3)- 6 剪断および切断
0.5 ㎜厚のシートは、普通の紙切断用カッターで剪断できます。一般の切断は丸鋸およびハンドソーを使用し
てください。
ハ サ ミ
手 押 切
シャーリング
・直線又は
曲線
・直線切断
・直線切断
・打ち抜き
・直線切断
・直線切断
0.5∼1
○
○
○
△
○
△
△
2∼3
×
△
○
○
△
○
○
4∼
×
×
○
○
×
○
○
方法
加 工
丸
鋸
ケ ガ キ
適 正
板厚(mm)
ハンドソー
糸 の こ
・半径の大き ・曲線切断
い曲線切断
・曲面成形品
の切断
・角穴の切り
ぬき
(4) 溶接
ポリカーボネートは、熱可塑性樹脂であるので、溶接が可能です。溶接には熱風溶接、高周波溶接、超音波溶接、
加熱治具溶接、摩擦溶接などの方法があります。
熱風溶接は、他のプラスチックにおいてもごく一般に行なわれている方法であり、ポリカーボネートにも適
した方法です。高周波溶接は、ポリカーボネートの透電率、力率が低いので適当ではなく、加熱治具溶接は、
その都度、治具を準備せねばなりませんが、一定の作業には便利な場合もあります。また摩擦溶接は、すべて
の溶接方法の中で最もよい結果を与えますが、接着端が筒状のものでないとできません。
熱風溶接
熱風溶接は、一般に塩化ビニル板の突き合わせ溶接を行なっているような方法で行なえます。装置は普通の
Hot jetgun を使用しますが、ポリカーボネートの溶接に必要な温度まで空気(またはガス)の温度が上がらな
い場合があるので注意が必要です。
予備乾燥する場合は、2 ㎜プレートで、溶接母材、溶接棒とも必要であり、120℃、3 時間を基準として、厚
さが 1 ㎜増すごとに乾燥時間を 2 時間程度長くしてください。
- 34 -
(4)- 1 溶接時における発泡
ポリカーボネートを予備乾燥すれば、溶接時の発泡の心配はありませんが未乾燥では、発泡が起こります。
ポリカーボネートで作製したものの溶接部分だけ、または全体を乾燥させることは至難です。未乾燥のまま
溶接する場合が多いと思われますが美麗な製品を得るためには、予備乾燥が必要です。
(4)- 2 押 圧
3 ㎜φ溶接棒を基準にした場合、押圧そのものは非常に小さく、適正温度条件では 350 〜 700gr です。温度
が低い場合(特に未乾燥の場合)押圧は大きくなります。
(4)- 3 溶接温度
溶接温度は、熱風温度,風量,押圧等により異なりますが、溶接速度と熱風温度との関係は、図 4-2 のよ
うになります。
速度限界としては、30 ㎝ /min 程度で、それ以上では溶接がしにくくなります。
400
熱
風
温
度
300
(℃)
200
10
20
30
溶接速度(cm/min)
図4-2 溶接速度と熱風温度 ノズル先端1cmの所の温度計の指示温度
(4)- 4 溶接効率
乾燥材においては、適正溶接温度(樹脂温度)は 300 〜 400℃であり作業しやすい温度は 330 〜 350℃です。
この範囲では、80%以上の効率が充分得られ、板厚と効率の関係は図 4-3 のようになります。
- 35 -
100
溶
接
効
率
90
乾燥
80
70
未乾燥
(%)
60
50
0
5
10
板 厚(mm)
図4-3 板厚と溶接効率 乾燥-400℃ 未乾燥-280℃(ノズル先端1cm)
(4)- 5 未乾燥溶接
① 未乾燥溶接においては、温度が低すぎると、溶接棒が腰折れ状態になり発泡は起こりませんが、外観は凹
凸を生じ強度も良くありません。強度を得るためには多少の発泡は無視しなければなりません。
溶接作業性,外観,強度を考慮すれば、適正溶接温度は 260 〜 280℃であり、溶接部の発泡はやや見受
けられる程度です。この状態では、図 4 - 3 のように約 70%の効率が得られます。発泡がほとんど起こら
ないように溶接した場合には約 10%程度効率が低下し、溶接部の破壊は、板とのはずれが多くなります。
② 発泡は板の表面および溶接棒内部において発生しやすくなりますが、溶接棒の発泡を押えるよう注意する
と共に、板とのはずれを少なくするため、熱風を板の方に多く当てるとよいでしょう。
発泡
また、発泡を溶接内部に残さないよう、押圧を充分加えて、溶接部から押し出し
ます。多層盛りの場合は発泡を外部に出すことは困難ですが、この時は溶接棒と板
との境界面に発泡を残す(図 4 - 4)よりも、溶接棒上に泡を移動させる(図 4 - 5)方が好ましいでしょう。
図4-4
図4-5
③ 未乾燥溶接には、発泡現象が伴うので、溶接のバラツキが大きくなりやすく、発泡状態により強度が異なっ
てくるという不安定要素がありますが、使用条件が苛酷でない場合は利用できます。
(4)- 6 溶接の注意点
① 乾燥材料を使用する場合、発泡せず、分解温度も高いので、溶接温度域は広くなります。板にかける熱風
割合は溶接棒より多くするとよいでしょう。
② 熱歪について
溶接棒二番手には、溶接熱による、熱歪が発生し、溶接温度が高い程歪は大きくなります。従って溶接棒、
母材の熱歪化の点からも、必要以上に温度を上げないことが大切です。
使用環境が悪い場合は溶接部をアニール処理する必要があります。アニールにより歪を完全に取ること
はできませんが 100 〜 120℃で 1 時間程度行なえば歪は少なくなります。溶接機(ホットジェット)で、
溶接部をアニールしても、歪が分散するだけで大きな効果は得られません。
- 36 -
(5) 接 着
接着には溶剤接着と接着剤接着とがありますが、ポリカーボネートに対しいずれの接着法も適用可能です。
ポリカーボネートの溶剤接着、接着剤接着において溶剤の選択には特に注意を要します。使用する溶剤の種
類が不適当な場合は、クラック(微少な亀裂)、ブラッシング(白化現象)、反り、材質の劣化などを発生し、
ポリカーボネートの優れた性質が充分に発揮できなくなります。
また、成型品などで残留歪がある場合には、接着によるクラックを生じるので、120℃ 1 時間ぐらいのアニー
リングが必要です。
(5)- 1 溶剤接着
ポリカーボネートは、メチレンクロライド(ジクロロメタン)単独またはポリカーボネートを数%溶かした
溶液で接着できます。
イ.接着面が油等で汚れている場合には予めエタノール等で洗浄します。
ロ.メチレンクロライドは蒸発が早く(沸点 40.1℃)作業性も良好です。
ハ.ポリカーボネートを 1 〜 5%含むメチレンクロライドは接着面が粗雑で、空隙がある場合に有効です。
ポリカーボネートをこのような溶剤で接着するとき、溶剤はなるべく少量使用することが肝要です。接着面
でない部分に溶剤が付いた場合その部分が白濁することがありますが、これは溶剤の付いたハケまたはネルで
軽く拭くときれいになります。溶剤の使用量が多すぎたり圧力が少ない、あるいは圧縮の時間が短いと接着面
に泡や結晶を生じやすくなります。圧力をかけてのち室温で 24 〜 48 時間乾燥後はじめて最高の強度(35 〜
50MPa)を示します。この間、蒸発する溶剤の蒸気を取り除くため、充分な換気が必要です。
相手となる他材料がメチレンクロライドに溶ける場合(酢酸ビニル、塩化ビニル、アクリル、ポリスチレン、
セルロース系)は互いに接着可能です。但し、他材料の中に可塑剤や滑材などが含まれていると、ポリカーボネー
トの性質を劣化させたり、接着強度を低下させる原因となりますので、できるだけ使用を避けてください。
また、ポリカーボネートの接着で強度を要するコーナーなどの部分はポリカーボネート溶接棒(3 ㎜φ)を
使用し補強するとさらに効果があります。
- 37 -
(5)- 2 接着剤接着
ポリカーボネートの接着剤接着で注意すべきところは接着剤によってソルベントクラックを起こす点です。
従って接着剤の選択では接着強さだけでなく、ソルベントクラックについても事前に検討しておく必要があ
ります。
ポリカーボネートに適した接着剤の主なものは以下の通りです。
商 品 名
メ
アロンアルファ
ー
カ
ー
商 品 名
東 亜 合 成( 株 )
SC970
15 3 0
7 7 21
メ
カ
ー
デ ク セ リ ア ル ズ( 株 )
S C10 8
( 株 )ス リ ー ボ ン ド
ー
ハードロック
電 気 化 学 工 業( 株 )
VP2000
コ ニ シ( 株 )
7786
ポリカーボネートに適したシリコンシーラントは以下のものです。
商 品 名
メ
ー
カ
ー
トスシール380
モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン合同会社
トーレシリコーンSE960
東 レ ダ ウ コ ー ニ ン グ シ リコ ー ン ㈱
シーラント72
信
シリコーンシーラント8051N
セ
越
メ
化
学
ダ
工
イ
業
ン
㈱
㈱
接着部に応力がかかったり、製品に残留応力が存在する場合はクラックを発生することがありますので注意
が必要です。また、上記銘柄はさらに新しいものに変更になっている可能性もあり、使用にあたっては事前に
調査および予備試験を行った上で使用することをお勧めします。
その他溶着法として、超音波・高周波・回転摩擦による方法があります。これらは溶着機を用いて溶着しますが、
超音波溶着法が多く利用されています。
- 38 -
(6) 真空成形
(6)- 1 真空成形の原理
真空成形は従来から行なわれていた吹込み成形、絞り成形、プレス成形などの方法を合理化し、能率的にし
たものです。
この成形法の概略はまず材料をクランプ枠に挟み、ヒーターで軟化させたのち型を突上げ、型に設けられた
真空孔より型と材料との間の空気を真空吸引し、大気圧で材料を型に密着させ、冷却硬化させて所望の製品を
得ることができます。
(6)- 2 真空成形の特長
① 真空成形の長所
イ.設備費が低廉である。
ロ.生産性が良好である。
ハ.型素材が多く、安価である。
ニ.薄肉の成形、大型の成形が容易にできる。
ホ.エンボスしたもの、バックプリントしたものが成形でき、装飾保護仕上げが容易である。
へ.新製品の試作・設定に時間がかからない。
② 真空成形の短所
イ.部分的な肉厚の変化ができない。
ロ.中空成形のように口のせまいビン状の容器は成形できない。
ハ.後加工および仕上げが必要であり、スクラップが多量に発生する。
(6)- 3 基本的成形法
(1)ストレート成形
加
熱
吸
引
加
熱
型上昇
(2)ドレープ成形
(3)プラグアシスト成形
- 39 -
吸
引
(6)- 4 ポリカーボネートの乾燥
ポリカーボネートの成形にあたり最も重要なことは、プレートの充分な乾燥です。
乾燥が充分行なわれていなければ、加熱時に気泡が発生します。
ポリカーボネートに限らず、成形前に乾燥を必要とするものには、ABS 樹脂,ブチレート樹脂などがあります。
ポリカーボネートの乾燥条件はプレートの厚さによって異なり、普通 120 〜 130℃の熱風乾燥器中で次表の
時間だけ行ないます。また、乾燥温度が 100℃以下では長時間行なっても充分な乾燥ができず、反対に 135℃
以上になるとポリカーボネートが変形するので注意を要します。
また、乾燥時には、マスキングフィルムの固着や糊残りの可能性がありますので、マスキングフィルムを剥
がして乾燥することを推奨します。
ポリカーボネート板厚み
乾 燥 時 間
乾燥されたポリカーボネートは空気中に 30 分も放置す
1 mm
1 〜
2 時 間
ると、再び発泡する状態に吸湿するので、乾燥器から取り
2 mm
3 〜
4 時 間
出したらすぐ成形してください。これはポリカーボネート
3 mm
6 〜
7 時 間
の温度が上がっているので、成形時の加熱時間が短縮され
4 mm
8 〜 10 時 間
5 mm
10 〜 13 時 間
乾燥したポリカーボネートは静電気のためにゴミが付着
6 mm
15 時 間 以 上
していることがあるので、注意して取り去らなければ成形
るという利点もあります。
品にキズを残します。
(6)- 5 クランプ
クランプはポリカーボネートが加熱および成形時に脱落しないよう保持するのに充分なものでなければいけ
ません。
そのためクランプにゴムやスポンジを貼り付けて摩擦抵抗を増したり、クランプに突起を設け、ポリカーボ
ネートに食込ませるなどの工夫が必要です。
また、クランプ枠にアングルを使用する場合には、加熱時に熱が遮断されないように、立上りを外側になる
よう作成してください。
その他、連続使用中のクランプはかなり温度が上がるのでクランプを筒状とし、中に冷水を通してクランプ
の昇温を防ぐ方法は全自動機には欠かせない技術です。
(6)- 6 加 熱
ポリカーボネートの真空成形温度は 170 〜 200℃の範囲で、約 180℃が良好です。
実際の目安としては加熱されたポリカーボネートが 30 ㎝角で約 5 ㎝くらいたれ下がった時が成形最適条件です。
容量の少ないヒーターを使った場合、長時間加熱すれば 5 ㎝以上たれ下がりますが、成形温度には達せず成
形できません。加熱方式としては両面加熱が好ましく、ヒーターとクランプ間のすき間はアルミ板などでカバー
し、できるだけ熱の損失を防いでください。
ヒーターの種類は石英管ヒーター,シーズヒーター,磁器製ヒーターなどがありますが、多くのプラスチッ
クは 3 〜 3.5μm の赤外線の吸収率が高いことなどから、シーズヒーターが理想的です。
ヒーターは各々電圧調節ができ、ポリカーボネートの中央と周辺の温度調節ができるものをお勧めします。
必要に応じて金網などでマスキングを行ない、ポリカーボネートの均一加熱、および加熱コントロールを行
なってください。
金網の代りに加熱後ポリカーボネートをエアーで部分的に冷却して、温度コントロールを行なう方法もあります。
ポリカーボネートを成形する場合のヒーター容量はヒーター間隔によっても違いますが、大体 4 〜 5W/ ㎝必
要です。
ポリカーボネートは加熱した際にたれ下がりが大きく、特に面積が大きな場合は成形に支障をきたすことが
あるのでブローなどでポリカーボネートの水平を保つことが行なわれています。
- 40 -
(6)- 7 真空吸引
型の真空孔は吸引されたポリカーボネートが最後に接触する位置につけなければなりません。穴の大きさは
1.0 ㎜φ以下のものを使用してください。
真空孔が長い場合には排気能力が劣るので、3 〜 5 ㎜φのバックドリルを設けてください。
真空ポンプは高真空度より高排気量のものの方が成形上重要です。
(6)- 8 真空成形の問題点とその対策
現 象
発
原 因
泡
型 再 現 不 良
ひ
き
ウ
つ
ェ
り
ブ
①予備乾燥を行なう
①ポリカーボネートの吸湿
②両面ヒーターの使用、およびヒーター
②ポリカーボネートの過熱
間隔の調整
①加熱不足 ②真空孔の不足
①加熱時間の増加 ②真空孔の増加
③真空度不足 ④ポリカーボネート厚みの
③アキュムレータタンクの容量増加
厚過ぎ ⑤成形法の不適当
④厚み変更 ⑤成形法の変更
①ポリカーボネートの過熱 ②真空操作の
遠すぎ ③型相互の間隔不適 ④型および
(ブ リ ッ ジ)
プラグデザインの不適 ⑤板厚の薄すぎ
ドラグライン
空
孔
痕
は
肉
だ
荒
き
離
れ
ず
型
不
良
成形後の変形
吸引速度を緩和する ③型間隔を充分に
とる ④デザインの再検討 ⑤板厚の厚
いものを使う ①〜⑤グリッドを使う
①型およびプラグ温度の調整
温度差 ②型のすべり不良
②型表面をなめらかに仕上げる
③型およびプラグの移動速度不調
③移動速度の調整
①真空孔を小さくし、孔数を増やす
②ポリカーボネートの過熱
②加熱時間の短縮 ③吸引速度の調整
③吸引速度の速すぎ
偏
①成形温度を下げる ②真空孔を減らし
①ポリカーボネートと型およびプラグとの
①真空孔の過大
真
対 象
①加熱不均一 ②ポリカーボネートの過熱
①ヒータの周囲をカバーしたり、マスキ
③成形法の不適 ④プラグ温度およびプラ
ングで温度分布を調整する ②成形温度
グ速度の不適 ⑤型およびプラグデザイン
を下げる ③成形法の変更 ④プラグの
の不適
調整 ⑤デザインの検討
①ポリカーボネートの過熱 ②型表面の荒
①成形温度を下げる ②型表面を仕上げ
れ ③抜きテーパーの不適 ④ポリカーボ
る ③抜きテーパーを大きくする
ネートおよび型にゴミの付着
④清浄にする
①型設計の不備 ②型の過熱 ③抜きテー
①デザインの再検討 ②型の冷却を計る
パーの不適 ④離型エアーの不足 ⑤型の
③テーパーを大きくする ④真空孔を増
仕上不良
加する ⑤型の表面を仕上げる
①離型時の温度が高すぎる
①冷却時間の延長
②成形温度の低すぎ
②成形温度を上げる
- 41 -
(7) 塗装・印刷
ポリカーボネートプレートは物性面では非常に特長ある優れたものですが、場合によっては商品価値を更に
高めるために塗装が必要になります。
塗装の目的はポリカーボネートの保護と装飾の二点ありますが、全く美装のみを目的とする場合と保護を目
的として耐擦傷性、耐薬品性および耐溶剤性を賦与する場合があります。
またポリカーボネートは各種用途に使用する際、印刷を必要とすることもあります。
塗装、印刷は目的、方法等は異なりますが、ポリカーボネートに対する塗装、インキの密着性およびポリカー
ボネートの耐溶剤性が基本的な問題であり、これらに対する考慮なくしては実施し得ず、要求される性質、ま
たは実施方法に応じて方法を考えていく必要があります。
ここで注意すべきことは、塗装不良品の手直しが不可能であることと、帯電による『ゴミ』が非常につきや
すいので塗装環境を充分によくする必要があります。
(7)- 1 ポリカーボネートの塗装・印刷の基本事項
ポリカーボネートの塗装、印刷にとって重要な点はまず密着性のよい樹脂を選択し、これらの樹脂に対し良
溶剤であり、ポリカーボネートを劣化させない溶剤を選択することです。
(7)- 2 塗装方法
① 内部歪の除去
ポリカーボネートを成形したり、切断・穴あけ等の加工をすると内部に大きな歪が発生することがあるため
塗装前に 120℃で 2 時間以上、製品をアニール処理して歪を除去する必要があります。
② 塗装面の洗浄
塗装する前にエタノールや 200 倍程度に希釈した中性洗剤等で表面に付着した油や汚れを除去してください。
③ 溶剤の影響
ポリカーボネートはエステル系(酢酸エチル等)
、
ハロゲン化炭化水素系(メチレンクロライド等)
、
ケトン系(MEK
等)
、芳香族炭化水素系(ベンゼン等)の溶剤に対して溶解したり、低応力下でクラックを発生することがあり
ますので、これらの溶剤が含まれる塗料を使用する場合には塗装条件や乾燥条件を考慮して塗装してください。
④ 塗装方法
一回の塗布量は過多にせず溶剤を充分に揮散させ吹き付け距離も大きめにとってください。
⑤ 乾 燥
通常室温で 10 〜 15 分乾燥しますが、ソリやクラック対策のためにはできるだけ時間を長く取ってください。
⑥ 焼付け
焼付け温度は 120℃までで行なってください。
物性
引張降伏応力
(MPa)
引 張 破 壊
呼びひずみ%
未 処 理
57
68
90℃30分
57
60
塗装焼付条件の影響によるポリカーボ
100℃30分
56
58
ネートの物性変化。
120℃30分
55
45
135℃30分
53
42
焼付条件
- 42 -
(7)- 3 塗料
ポリカーボネートに対する適性
塗 料
使
用
可
能
アクリル系・アクリルアルキット系
アミノアルキット系
左記は目安ですので使用に際しては予備
溶剤の種類により
使用可能
ウレタン系・アクリルウレタン系
使
不飽和ポリエステル系
用
不
可
テストをして確認してください。
エポキシ系・塩ビ酢ビ共重合系
ポリカーボネートに適する塗料
品 名
メ ー カ ー 名
110M
藤 倉 化 成( 株 )
4800FM
プラネットSV-1 2
オ リ ジ ン 電 気( 株 )
Vトップ
大 日 本 塗 料( 株 )
メーカーにおいて、品種の改良、変更等がありますので
購入の際には必ずポリカーボネート用と指定してください。
(7)- 4 印刷方法
① 印刷面の洗浄
表面はマスキングフィルムで保護されていますので、このマスキングフィルムを剥がせば、印刷前の洗浄な
しで直ぐに印刷可能です。
ただし、マスキングフィルム除去後時間が経過し表面に油や汚れが付着した場合はエタノールや 200 倍程度に
希釈した中性洗剤等で除去してください。
② 溶剤の影響
ポリカーボネートは溶剤に対して溶解したり、クラックを発生することがありますので、溶剤の選択・印刷
条件や乾燥条件を考慮して印刷してください。
③ 乾 燥
通常室温で乾燥しますが、印刷後曲げあるいは絞り加工を行なう場合には特に充分な乾燥が必要です。
60℃以上ではインキが変質したりマスキングフィルムが剥離しにくくなりますので注意してください。
(7)- 5 インキ
ポリカーボネートに適するインキ
品 名
メ ー カ ー 名
CAVメイバン
(株)セイコーアドバンス
セリコール 1 3
セ リ コ ー ル VG
SS 8 0 0 0
帝 国 イ ン キ 製 造(株)
東 洋 イ ン キ 製 造(株)
各メーカーから多種類のインキが販売されていますが、インキの密着性、ポリカーボネートのクラック発生
等の問題がありますので、予備テストやインキメーカーの指導を受けてください。
- 43 -
(7)- 6 ポリカーボネートに対する溶剤の挙動
塗料、印刷インキに通常使用される有機溶剤類は脂肪族炭化水素、芳香族炭化水素、アルコール類、ケトン類、
エステル類、セロソルブ類および塩化炭化水素類、水などがあります。
ポリカーボネート成型品にある程度残留応力がある場合、使用溶剤の如何によっては溶剤が接触するとクラッ
クが生じます。
応力の存在する状態のポリカーボネートに対する溶剤の影響即ち溶剤の限界応力を知っておくことが必要で
す。
溶剤の挙動は甚だ複雑であり、簡単な規則性はありませんが、溶剤の限界応力は、温度と時間に依存します
ので、使用に際しては予備テストを行ない十分に注意を払ってください。
溶 剤 の 限 界 応 力( 時 間 1 0 分 )
限
界
応
力
MPa
-15℃
10℃
30℃
60℃
白 化 の
有 無
エ
タ
ノ
ー
ル
19
16
14
9
無
ブ
タ
ノ
ー
ル
26
17
12
5
〃
28
18
14
5
〃
イ ソ プ ロ パ ノ ー ル ペ
ン
タ
ン
20
17
14
-
無
ヘ
キ
サ
ン
20
17
14
9
〃
ヘ
プ
タ
ン
23
19
17
12
〃
-
28
14
シ ク ロ ヘ キ サ ン <5
〃
酢
酸
エ
チ
ル
<5
5
9
14
有
酢
酸
ブ
チ
ル
<5
<5
9
14
〃
<5
<5
<5
5
〃
<5
<5
<5
-
酢 酸 イ ソ ブ チ ル メ チ ル セ ロ ソ ル ブ 5
エ チ ル セ ロ ソ ル ブ 9
5
<5
<5
-
ブ チ ル セ ロ ソ ル ブ 13
10
5
<5
-
7
13
-
セロソルブアセテート
<5
<5
メチルエチルケトン
<5
<5
11
15
有
メチルイソブチルケトン
<5
<5
<5
10
多少白化
<5
<5
<5
13
有
<5
<5
<5
7
無
<5
12
有
6
13
〃
9
-
ア
セ
ト
ン
シ ク ロ ヘ キ サ ノ ン ベ
ン
ゾ
ー
ル
-
<5
ト
ル
オ
ー
ル
<5
<5
キ
シ
ロ
ー
ル
<5
<5
<5
symテトラクロルエタン
<5
<5
<5
9
有
1.2-ジクロルエタン
<5
9
12
23
(有)
ク
ロ
ロ
ホ
ル
ム
m-ク
レ
ゾ
水
ー
ル
9
12
17
有
クラック生ぜず
クラック生ぜず
クラック生ぜず
(有)
<5
メ チ レ ン ク ロ ラ イ ド クラック生ぜず
13
6
5
12
-
-
クラック生ぜず
クラック生ぜず
クラック生ぜず
無
(注)測定判定法は四分の一橢円法による。
RE Zeigler, Journalco12(1954)参照。
- 44 -
5.タキロンポリカーボネートプレートの設計
(1) 板厚およびサッシ深さの設計手順
設計荷重の設定・算出
割付変更
板サイズの割出し
No
板厚を
変更
Yes
板厚の設定
※自重、積雪荷重および風圧力のみを伝達することとして
設計されていること。
※建築基準法
○施行令第84条の4 建告1458号
○施行令第86条(積雪荷重)
第1第3号・第3第2項第2号
上記の規定により算出した最大値を使用する。
【平板】
板 厚:t
長辺長さ:a
短辺長さ:b
【円筒板(曲面板)】
板 厚:t
弦 長:a
梁間隔:b
半 径:R
※一様な厚さを有するもの。
※開口部を設けない。
※全周を支持され、見付け面積(円筒板は弦を含む平面
への投影面積)は10m2以下とする。
※厚さの範囲2〜15mm
(防火規制に関する適用を受ける場合は8mm以下)
※グレードによる標準厚さのチェック
たわみ量の計算
No
○計算式とデーターは後述参照
平 板 P46
円筒板 P47
短辺長さ
(梁間隔)
の1/15以下
Yes
押さえ縁方式
(サッシ嵌め込み)
※許容たわみ量は、平板の短辺および円筒板の梁間長さ
の1/15以下。
ボルト貫通固定
No
ルーズホールの径、縁端距離、ピッチ
(施工方法 P51参照)
Yes
サッシ深さの計算
サッシ深さは
決まっている
○計算式は P49参照
No
Yes
No
サッシ深さは
計算値より大きい
Yes
板厚決定
- 45 -
計算値より取り付け部材の
検討・決定
(2) たわみ量の計算
(2)- 1 平板の場合
板
厚:t[cm]
長 辺 長 さ:a[cm]
短 辺 長 さ:b[cm]
荷
重:P[GPa]
曲げ弾性率:E[GPa]
Pb4
a
×
b
Et4
<計算条件>
※a/b>3の時 a=3b
※形状が長方形でない場合は、外接長方形にて計算する。
※2.3GPa( 2300MPa)
を計算して、下のたわみ表よりδ/tを求め、
板厚t[cm]を乗じてたわみ量δ[cm]を算出する。
ポリカーボネート板のたわみ(δ/t)
a/b
1.00
1.10
1.20
1.30
1.40
1.50
1.60
1.70
1.80
1.90
2.00
2.20
2.50
3.00
20
0.82
0.96
1.09
1.21
1.31
1.41
1.50
1.58
1.65
1.72
1.78
1.89
2.03
2.22
50
1.52
1.75
1.94
2.11
2.26
2.40
2.52
2.63
2.74
2.83
2.91
3.07
3.26
3.51
100
2.32
2.60
2.85
3.08
3.28
3.45
3.61
3.76
3.89
4.00
4.11
4.30
4.55
4.86
200
3.40
3.77
4.10
4.39
4.65
4.88
5.09
5.27
5.44
5.59
5.72
5.97
6.27
6.66
( P b 4 / E t 4 )×(
1000
500
7.77
5.47
8.49
6.02
9.12
6.50
9.66
6.91
10.14
7.28
10.55
7.60
10.91
7.89
11.24
8.14
11.52
8.36
11.78
8.57
12.01
8.75
12.41
9.08
12.90
9.48
13.52
9.99
a/b)
2000
10.96
11.91
12.74
13.45
14.07
14.60
15.06
15.46
15.82
16.14
16.42
16.92
17.51
18.26
5000
17.18
18.57
19.75
20.76
21.61
22.34
22.97
23.52
24.00
24.42
24.79
25.43
26.18
27.10
10000
24.10
25.92
27.47
28.77
29.86
30.79
31.58
32.26
32.85
33.36
33.81
34.57
35.45
36.50
20000
33.75
36.15
38.17
39.84
41.24
42.40
43.39
44.22
44.93
45.55
46.09
46.67
47.98
49.14
50000
52.64
56.07
58.90
61.22
63.12
64.69
65.98
67.05
67.95
68.72
69.37
70.42
71.50
72.78
中間値は線形補間する。
<計算例>
板
厚:0.6[cm]
長 辺 長 さ:200[cm]
短 辺 長 さ:100[cm]
荷
重:1×10-6[GPa]
( 1000Pa)
曲げ弾性率:2.30[GPa]
辺比
a
200
=
=2
b
100
Pb4
a
×
=
b
Et4
1×10-6×1004
2.30×0.64
×2=671.0
たわみ表より 辺比2.0の時 上式の500のδ/tの値は 8.75
1000のδ/tの値は 12.01
これらの値より線形補間にてδ/tを求める
(671.0-500)
δ/t=(12.01-8.75)× +8.75=9.86
(1000-500)
よってたわみ量δは
δ=9.86×0.6=5.92[cm]
許容たわみ量b/15=6.67[cm]以下で許容範囲内で
あり、板厚6mmは設計板厚として適当である。
この結果のたわみ量により、サッシ深さを計算して確認する。
- 46 -
(2)- 2 円筒板(曲面板)の場合
形状および大きさの制限
※ 熱間曲げ加工または常温曲げ加工によるもので、弧の中心角は 90°以内とする。
※ 常温曲げ加工により円筒板として使用する場合には、たわみ量の計算により求めた板厚の 15%増しの板厚
とする。
※ 著しい非対称荷重が想定される箇所にあっては、その影響を考慮して対処する。
※ 長期荷重時のたわみの算出に際しては、荷重を 1.5 倍として計算する。
※ 弦を含む平面への投影面が長方形であるものに限って適用できる。
板 厚:t[cm]
弦 長:a[cm]
梁 間 隔:b[cm]
半 径:R[cm]
荷 重:P[GPa]
曲げ弾性率:E[GPa]
<計算範囲>
180≦R/t≦1500
0.5≦a/b≦3
(3を超える場合は3とする)
0.75≦R/a≦4
次の各値を求める。
a R R
b a t
求めた値により次ページのグラフの縦軸の数値[Y]を読み取り、
次式によりたわみ[δ]を求める。(中間値は線形補間をする)
b
4
δ=Y×
×P×10
E
<計算例>
板 厚t:5[mm]
計算に使用する板厚は5 / 1.15 = 4.35[mm]
弦 長a:2500[mm]
梁 間 隔b:1000[mm]
半 径R:3750[mm]
風短期荷重P:2×10-6[GPa]
(2000Pa)
曲げ弾性率E:2.3[GPa]
a / b = 2500/ 1000 = 2.5
R / a = 3750/ 2500 = 1.5
R / t = 3750/ 4.35 = 862
a=
25
グラフa / b =2より縦軸の値Y2は
Y2=4.3
グラフa / b =3より縦軸の値Y3は
Y3=3.8
a / b =2.5で線形補間とすると
00
0
75
=3
R
(2.5-2)
+3.8=4.05
Y=(4.3-3.8)×
(3-2)
たわみ量δ[cm]は
100
×2×10-6×104=3.5[cm]
δ=4.05×
2.30
許容たわみ量b/15=6.67[cm]以下で許容範囲内であり、
板厚5 mmは設計板厚として適当である。
この結果のたわみ量により、サッシ深さを計算して確認する。
- 47 -
00
10
b=
円筒ポリカーボネート板のたわみ
70
60
R/a=0.75
a/b=0.5
R/a=1.00
50
R/a=1.25
40
R/a=1.50
30
20
R/a=2.00
R/a=4.00
10
0
0
250
500
750
1000
1250
35
1500
R/t
R/a=0.75
30
a/b=1.0
25
R/a=1.00
20
R/a=1.25
R/a=1.50
R/a=2.00
15
10
R/a=4.00
5
0
0
250
500
750
1000
1250
25
R/a=1.00
15
R/a=1.25
R/a=1.50
R/a=2.00
R/a=4.00
10
5
0
20
18
16
14
12
10
8
6
4
2
0
R/t
R/a=0.75
a/b=2.0
20
1500
0
250
500
750
1000
1250
1500 R/t
R/a=0.75
a/b=3.0
R/a=1.00
R/a=1.25
R/a=1.50
R/a=2.00
R/a=4.00
0
250
500
750
- 48 -
1000
1250
1500 R/t
(3) サッシ深さの計算
サッシまたはフレームに取り付ける場合は、荷重たわみによるずれ量と熱伸縮を充分に考慮し、脱落しない
ようにサッシ深さを決定しなければならない。
(3)- 1 平板と円筒板の円弧に沿った境界の場合
板のたわみによるずれ量Δx[cm]は
(角度はラジアン)
δ:ポリカーボネート板のたわみ[cm]
b:ポリカーボネートの辺の長さ[cm]
r:たわんだ時の曲率半径 [cm]
ここで必要呑込み代(かかり代)X[cm]は
X = Δ x × S F 温度差による伸縮量Δ1[cm]は
Δ1=K×ΔT×b / 2 必要なサッシ深さΔL=[cm]は
ΔL=X+Δ1
K:ポリカーボネート板の線膨張係数
6.5×10-5[cm/cm/℃]
ΔT:温度差[℃]
実状によるが50℃以上とする。
r
サッシ深さ
Δ1
SF:安全係数(通常3以上に設定)
δ
⊿X
b
※長方形については短辺・長辺の両方について確認を行う。
(3)- 2 円筒板(梁間側)の場合
元の弧の長さ1'x[cm]と元のたわみ(弓形高さ)Δは
1'x=2Rsin-1(a/2R)
Δ=R-√(R2-a2/4)
a:円筒板の弦の長さ[cm]
R:曲率半径 [cm]
(角度はラジアン)
荷重によりさらにδ[cm]たわんだ時の新しい半径r[cm]は
a2+4(Δ+δ)2
r=
8(Δ+δ)
新しい弧の長さ1x[cm]は
a
1x=2rsin-1( )
2r
δ
Δ
1'x
この時のズレ量Δxは
r
Δx=(1x-1'x)/2
a
温度差による伸縮量Δ1[cm]は
Δ1=K×ΔT×1'x/2
必要なサッシ深さΔL[cm]は
1x
ΔL=Δx×SF+Δ1
- 49 -
R
膨張クリアランス
b
b
Δx=r・sin-1( )- 2r 2
b2+4δ2
r=
8δ
呑込み代
(4) 平板のサッシ深さ・呑込み代の早見グラフ
ポリカーボネートプレートをサッシや押え縁により固定する場合、荷重たわみによるずれ量と熱伸縮を考慮
して、脱落しない呑込み代とサッシ深さの設計が必要です。
サッシ深さ・呑込み代の早見グラフ
40
35
サッシ深さ
30
呑込み代
25
20
15
サ
�
シ
深
さ
・
呑
込
み
代
[mm] 10
5
0
600
800
1000
1200
1400
1600
1800
2000
短辺長さ [mm]
上記グラフは、許容たわみ量(短辺長さ /15)発生時の長辺に沿った境界の、必要量を示しています。設計
荷重に対してや、短辺に沿った境界の必要量は、グラフの値より小さくなりますが、安全側となるグラフを目
安とするか、別途計算にて確認してください。
円筒板の梁間側の場合は、参考としないでください。グラフより大きくなり計算での確認が必要です。
- 50 -
6.タキロンポリカーボネートプレートの施工
ポリカーボネートプレートの取付方法は、四辺(全周)支持が基本であり、前述(1 頁)の大臣認定を受け
た構造設計基準に規定されています。方法として、ボルト等によりフレームに直接取付ける方法と、押え板や
サッシに嵌め込む方法と 2 通りあります。いずれの場合も、構造設計基準により確認された板厚を使用し、た
わみが生じても脱落しない適切な取付方法をとる必要があります。
(1) 取付方法の留意事項
(1)- 1 ビスまたはボルトにて直接取付ける場合
① ボルト間隔
応力集中を防止するため、次の間隔以下とする必要があります。
板厚 3 ㎜以上 300 ㎜以下
板厚 3 ㎜未満 200 ㎜以下
② ビス・ボルトの種類
使用する径は、M5 〜 M12 相当
JIS 六角ボルトの強度区分 4.6 以上相当
腐食に対して配慮した処理または材質
③ 座 金
局部的な応力集中を避けるため、できる限り径の大きなもの
④ ルーズホール
熱伸縮を考慮して、ボルトの公称軸径に 2 〜 4 ㎜を加えたボルト孔とします。
⑤ 縁端距離
たわみ・熱伸縮による引張り・せん断応力に耐えるため、ビス孔またはボル
ト孔の中心から縁端までの最小寸法は孔径の 2.5 倍以上とします。
1 ≧ 2.5d
1
d
1
1≧2.5d
1=縁端距離
d=ボルト孔径
(1)- 2 押え板やサッシにはめ込む取付けの場合
① サッシ深さ
設計基準にて計算した、脱落しない十分な呑込み代と、熱伸縮に対応した膨張クリアランスを取ります。
② ボルト間隔
押え板を止めるビスまたはボルトの間隔は 500 ㎜以下として径は M5 〜 M12 相当を使用します。
(2) その他の留意事項
(2)- 1 パッキン材
① パッキンはポリカーボネートプレートと金属との接触を避け、熱伸縮に対し効果的であり、シーリング材
のバックアップ材になり、目地幅の確保にもなります。
② ポリカーボネートに対して腐食性のない材質を選びます。
(EPT:エチレンプロピレンゴム・CR:クロロプレン等)
③ シーリング材と併用する場合は、シーリング材への影響についても考慮します。
(2)- 2 シーリング材
① 水密性の要求される用途には、シーリング材を施せる納まりにする必要があります。
② シーリング材を使用される場合は、下記のポリカーボネート専用シリコンシーラントを使用してください。
商 品 名
メ
ー
カ
ー
トスシール380
モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン合同会社
トーレシリコーンSE960
東 レ ダ ウ コ ー ニ ン グ シ リコ ー ン ㈱
シーラント72
信
越
化
学
工
業
㈱
シリコーンシーラント8051N
セ
メ
ダ
イ
ン
㈱
プライマーや酢酸シリコン等、ほかのシーリング材を使用されますと、ポリカーボネートの表面が侵され
たり、クラックが発生します。また、高温になると変色する恐れがあります。詳しい仕様については、シー
リング材メーカーにお問い合わせください。
- 51 -
(2)- 3 マスキングフィルム
ポリカーボネートプレートは、標準的に両面共マスキングフィルムにて傷や汚れから保護されて出荷されま
す。施工の時、取付けにかかる部分を剥がすか、切り取って取付けてください。施工完了後はできるだけ早く
マスキングフィルムを剥がしてください。特に直射日光の当たるところは、1 週間以内に剥がしてください。
剥がれにくくなったり、糊の成分が板に転写して汚れとなってしまいます。
また、乾燥時には、マスキングフィルムの固着や糊残りの可能性がありますので、マスキングフィルムを剥
がして乾燥することを推奨します。
(2)- 4 自重たわみについて
屋根材としてポリカーボネートプレートを平板で使用する場合、自重たわみによって逆勾配とならないよう、
屋根自体に適当な勾配を設けてください。
(3) 納まり断面参考図
(3)- 1 ポリカーボネートプレート 上屋 側壁等納まり参考図
テクスビス@500以下
FB
2.3t曲げ加工
EPTパッキン
シーリング材
ポリカーボネートプレート
下地材
曲げ加工品
露受け材
連続部 納まり参考図
テクスビス@500以下
FB
2.3t曲げ加工
EPTパッキン
シーリング材
シーリング材
バックアップ材
ポリカーボネートプレート
下地材
曲げ加工品
露受け材
- 52 -
端部 納まり参考図
枠材
両面シール
(3)- 2 ポリカーボネートプレート 腰板等納まり参考図
ポリカーボネートプレート
ビス
シーリング
スモールパイプ
ビス
バックアップ材
スモールパイプ
枠材
両面シール
リボンテープ
リボンテープ
ポリカーボネートプレート
シーリング
バックアップ材
片面シール
枠材
ポリカーボネートプレート
ビス
シーリング
バックアップ材
スモールパイプ
7.タキロンポリカーボネートプレートの使用上の注意事項
■保管上のご注意
¡保管場所が、溶剤等の雰囲気がある所では、表面が侵されたり、クラックが入るおそれがありますので、その
ような場所での保管は避けてください。
枠材
¡マスキングを貼ったまま直射日光の当たる屋外や高温(40℃以上)状態で長期間放置しますと、マスキングが
片面シール
はがれなくなる可能性や糊の成分が板に転写して汚れとなってしまいます。保管は直射日光、高温を避け、施
工後はすぐにマスキングをはがしてください。
¡プレートは水平に置いてください。たてかける場合はたわみのないように置いてください。たわんだ状態で長
期間保管すると反りが発生することがあります。
¡工事現場での仮置き
屋外での仮置きはゴミ・ホコリの付着の原因となる可能性があるので、やむを得ない場合はシートがけをして
ください。シートがけをする場合は熱のこもらない日陰の風通しの良い場所に置き、密封は避けてください。
また、製品の上に物を置かないようにしてください。変形やキズの原因になります。
■取扱上のご注意
¡表面は、ガラスなどより傷がつきやすいので、傷がつかないように注意してください。取り付け後に建築物の
内装外装工事がある場合は、フィルム等でポリカーボネート製品をカバーし、保護してください。
¡塗料や溶剤等の雰囲気がある所では、表面が侵されたり、クラックが入るおそれがありますので、そのような
場所でのご使用は避けてください。施工時の塗装作業でも、塗料が充分に乾いてから取り付けを行なってくだ
さい。
¡表面が汚れた場合は、水洗いまたは水で 200 倍程度に薄めた中性洗剤を浸した柔らかい布で軽く拭き取ってく
ださい。原液のままでは、クラック発生のおそれがあります。クレンザーやアルカリ性洗剤、タワシや硬い布
は絶対に使用しないでください。キズやクラック発生の原因となります。
¡無理にたたいたり上に乗るなどの危険な行為および使用は避けてください。脱落したり、破損するおそれがあ
ります。
¡帯電防止材はポリカーボネートプレートが白化する場合がありますので、使用に際しては事前に予備テストを
行い十分に注意を払ってください。
- 53 -
8.建築基準法での規制について
屋根用途に使用する場合には、建築基準法 63 条及び同法施行令第 136 条の 2 の 2 第 1 号の規定に適合するものとし
て、ポリカナミイタ・ガラスネット強化ナミイタ S・畜産ナミイタ・厚さ 2mm 以上 8mm 以下の一般ポリカーボネー
トプレート・ポリカ折板が該当します。
用途
¡防火・準防火地域の屋根で不燃性物品を保管する倉庫に類する用途に使用できます。(ただし、屋根以外の主要構
造部が準不燃材料であることが必要です。)
¡ 高い開放性を有する簡易建築物に使用できます。
タキロンの製品での該当品一覧
分 類
適応部位
その他これに類する運動施設
ポリカーボネートプレート スケート場、水泳場、 ・テニス練習場
・ゲートボール場
スポーツの練習場
(DW-9054)
※ポリカ折板含む その他これに類する ・スポーツ専用で収納可燃物
がほとんどなく、見通しの
運動施設
ポリカ折板ハゼタイプ
よい用途
(DW-0110)
不燃性の物品
を保管する ポリカナミイタ
倉庫等の屋根 (DW-0009)
不燃性の物品を取り
扱う荷捌き場
その他これと同等以
上に火災の発生の恐
れの少ない用途
ガラスネット
強化ナミイタS
(DW-9009)
畜産ナミイタ
(DW-9040)
延焼のおそれの
ある部分以外の
屋根以外の主要構造部を
部分
準不燃材料とする
(ポリカーボネート板の場合)
その他これらと同等以上に火
厚さ8mm以下
屋根
災の発生の恐れの少ない用途
(ポリカーボネート折板の場合)
・通路、アーケード、休憩所
見付面積に対する等価厚さに
・十分に外気に開放された停
換算し8mm以下
延焼のおそれの
留所、自動車車庫(床面積
ある部分
30m2以下)、自転車置き場
面積制限無し
・機械製作工場
畜舎、堆肥舎並びに水産物の増殖場および養殖場
自動車車庫(150m2未満)
ポリカーボネートプレート
簡易な構造の
建築物
(開放的簡易
建築物)
JISK6735
認定ポリカナミイタ
(32波)
スケート場、水泳場、
スポーツの練習場その他これに類する運動施設
ガラスネット
強化ナミイタS
不燃性の物品の保管
その他これと同等以上に火災の発生する恐れの
少ない用途
畜産ナミイタ
畜舎、堆肥舎並びに水産物の増殖場および養殖場
厚さ8mm以下で、間仕切り壁を
有しないもので階数1
かつ3000m2以内まで可
(法84条の2、
延焼のおそれの
令136条9, 10)
ある部分以外の
屋根、部分
※建築物の部分にあっては、
壁
準耐火構造の壁、
又は令126条の2第2項に
規定する防火設備で区画する
延焼のおそれの
不可
ある部分
【防火材料、防火設備等】
コード
NM
NE
材料・設備等種別
不燃材料
外部仕上げ用
QM
QE
準不燃材料
RM
RE
難燃材料
防火・準防火地域 法22条指定地域 その他
外部仕上げ用
コード
DR
DW
UR
UW
材料・設備等種別
防火地域又は準防火地域における屋根
不燃性の物品を保管する倉庫等
法22条区域における屋根
不燃性の物品を保管する倉庫等
外部仕上げ用
- 54 -
(1) NFNN-9932 認定について
2008年11月27日、建築基準法第68条の26第1項(同法第88条第1項において準用する場合を含む)の規定に基づき、同法
施行令第108条の3第1項第二号の規定に適合するものとして、認定番号【NFNN-9932】の大臣認定を取得しました。
以下、
「ポリカーボネート(PC)板を用いた建築物における主要構造物の構造方法」を満たせば耐火・準耐火建築物に使用
可能となりました。
●適用範囲
本構造方法は、建築物の屋根の全部又は一部を日本工業規格JIS K6719及びK6735に適合した厚さ8mm以下のポリカーボ
ネート板を用い、建築基準法施行令136条の2の2第一号に規定する基準を満たす構造とした建築物(不燃性の物品を保管
する倉庫等その他これに類するもの)。
●用語の定義
※ポリカーボネート板等の部分
屋根及び外壁のポリカーボネート板で造られた部分ならびにこれを支持し、又は補強するための取付金具その他これ
らに類する部分。
※ポリカーボネート板屋根部分
ポリカーボネート板等の部分を有する建築物の部分で、その他の部分と床又は壁若しくは戸で区画された部分、又はポ
リカーボネート板等の部分を有する建築物の全体をいう。
ポリカーボネート
(PC)板を用いた建築物における主要構造物の構造方法
構 造
PC板屋根部分
(開放型)
2.2の基準により外周部が
外気に開放されているもの
で、右記に掲げる用途その
他これらと同等 以 上に火
災の 発 生のおそれが少な
い用途に供するもの
1/2
防火上の措置
用 途
設置できる床からの最低高さ
A−①
・水泳場 ・テニスの練習場
・スケート場
これらと同等以上に火災の発生の恐れ
の著しく少ないスポーツ練習場
A−②
・通路 ・休憩所
A−③
・自転車置場
PC板厚み
1.5mm ≦ t < 2mm
2mm ≦ t < 3mm
3mm ≦ t < 5mm
5mm ≦ t < 8mm
8mm
最低高さ
3.7m
3.5m
3.3m
2.9m
2.7m
A−④
・不燃性物品を取り扱う作業場
A−⑤
・遊技 ・イベント会場
A−⑥
・停留所 ・バイク置場
PC板厚み
1.5mm ≦ t < 2mm
2mm ≦ t < 3mm
3mm ≦ t < 5mm
5mm ≦ t < 8mm
8mm
最低高さ
7.5m
7.0m
6.5m
5.5m
5.0m
備 考
(註)
2.2の基準 ⇔ 以下の
(1)
から
(3)
の基準に適合すること
(1)
ポリカーボネート板屋根部分の常時外気に開放されている開口部
(開口部の上端が天井面又ははりの下端の高さに設けられ、
かつ開口部の大きさが高さ方向に2.1m
(天井面
又ははりの下端が床面から2.1m未満の高さにある場合はその高さ)
以上確保されているものに限る。以下
(2)
において同じ)
の面積の合計が、当該ポリカーボネート板屋根部
分の外壁又はこれに代わる柱の中心線
(軒、
ひさし、
はね出し縁その他これらに類するものがある場合においては、
その端。以下同じ。)
で囲まれた部分の水平投影面積の1/6
以上であること。
(2)
常時外気に開放された開口部の幅の総和が外壁又はこれに代わる柱の中心線の長さの合計の1/4以上であること。
(3)
ポリカーボネート板屋根部分から、
(1)
及び
(2)
の基準を満たす開口部に至る水平距離が30m以内であること。
構 造
PC板屋根部分
2/2
(閉鎖型)
右 記に掲げる用途その 他
これらと同 等 以 上に 火 災
の発生のおそれが著しく少
ない用途に供するもの
防火上の措置
用 途
設置できる床からの最低高さ
B−①
・水泳場 ・テニスの練習場
・スケート場
これらと同等以上に火災の発生の恐れ
の著しく少ないスポーツ練習場
PC板厚み
1.5mm ≦ t < 2mm
2mm ≦ t < 3mm
3mm ≦ t < 5mm
5mm ≦ t < 8mm
8mm
最低高さ
3.7m
3.5m
3.3m
2.9m
2.7m
B−②
・通路 ・収納可燃物の少ないロビー
PC板厚み
1.5mm ≦ t < 2mm
2mm ≦ t < 3mm
3mm ≦ t < 5mm
5mm ≦ t < 8mm
8mm
最低高さ
7.5m
7.0m
6.5m
5.5m
5.0m
- 55 -
備 考
ポリカーボネート
板等の部分が延焼
のおそれのある部
分以外の部分に設
けられていること
構 造
PC板屋根部分
以外の部分の
構造
PC板屋根部分とPC板屋根部分以外の部分の区画
1・PC板屋根部分以外の主要構造
部は耐火構造とすること
2・PC板屋根部分におけるPC板
等の部分以外の主要構造部は
耐火構造とすること
ポリカーボネート板等の部分から上部90cm以
内における外壁の開口部には法第2条第九
号の二ロに規定する防火設備を設置
PC板等の部分から上部90cm以内における外壁の開口部には法第2条第九号の二ロ
に規定する防火設備を設けること。
ただし、PC板屋根部分以外の部分のうちPC板屋根部分に隣接する部分を通路、
収納可燃物の少ないロビーその他これらと同等以上に火災の発生のおそ
れの少ない用途に供する場合については、この限りではない。
図1∼図3の例示の記載あり
ポリカーボネート板等の部分から上部90cm以
内における外壁の開口部には法第2条第九
号の二ロに規定する防火設備を設置
ポリカーボネート板等の部分
ポリカーボネート板等の
部分
ポリカーボネート板の部分
ポリカーボネート板屋根部分
<通路等>
ポリカーボネート板屋根部分
防火区画
ポリカーボネート板屋根部分
防火区画
<通路等>
防火区画の追加措置なし
図1 開放型の例
図2 閉鎖型の例
・延焼のおそれのある部分は設置不可
図3 開放型で、
ポリカーボネート板屋根部分に
隣接する部分を通路等の用途に供する例
※上記内容は、
当社で纏めたものであり、
最終判断は各自治体の建築主事にご確認頂きたくお願い申し上げます。
(2) 建築基準法第 63 条及び同法施行令第 136 条の 2 の 2 第 1 号について
建築基準法が改正となり、波板、
ポリカーボネート板に関する改正の主な内容は準難燃と38条認定(関係法令:東住指発第409
号・東住街発第111号)
が廃止になりました。
従来、
波板で法の適用のあったものは準難燃、
ポリカーボネート板では準難燃と38条認定になり、
新法では建築基準法第63条及
び同法施行令第136条の2の2第1号(防火地域又は準防火地域内の建築物の屋根
“不燃性物品を保管する倉庫等の屋根に
使用できる構造”
)
の規定に適合するものとして、
以下の大臣認定を受けております。
この大臣認定を受けたものについては、法第22条第一項・法第25条・法第63条による屋根において、屋根以外の主要構造部を
準不燃材料として不燃性の物品を保管する倉庫その他これに類する用途について使用可能となります。
製品名
※不燃性の物品を保管する倉庫その他これに類するものとして国土交通大臣が
大臣認定番号
ポリカーボネートプレート・ポリカ折板
DW-9054
ポリカ折板ハゼタイプ
DW-0110
ポリカナミイタ
DW-0009
ガラスネット強化ナミイタS
DW-9009
畜産ナミイタ
DW-9040
定める用途(建設省告示第1434号)
の解釈については、
日本建築行政会議によ
り以下の内容でその解釈を公開しています。
【参考資料】 日本建築行政会議(JCBO)
ニュース 平成14年5月30日 日本建築行政会議 “建築物の屋根をポリカーボネート板
等でふく場合”
「不燃性の物品を保管する倉庫に類する用途(平12建告第
1434号)
に該当するものは以下のものとする」
一号:スケート場、水泳場、
スポーツの練習場その他これらに類する運動施設(※)
●使用可能な範囲
(※)
その他これらに類する運動施設とは、
テニスの練習場、
ゲートボール
区分:法第22条第一項・法第25条・法第63条により要求される
屋根
用途:不燃性の物品を保管する倉庫その他これに類するものと
して国土交通大臣が定める用途
[国土交通大臣が定める用途(建設省告示第1434号)]
一 スケート場、水泳場、スポーツの練習場その他これら
に類する運動施設
二 不燃性の物品を取り扱う荷捌き場その他これと同等
以上に火災の発生のおそれの少ない用途
三 畜舎、堆肥舎並びに水産物の増殖場及び養殖場
構造:屋根以外の主要構造部が準不燃材料
場等スポーツ専用で収納可燃物がほとんどなく、見通しのよい用途
を言う。
二号:不燃性の物品を取り扱う荷捌き場その他これと同等以上に火災の発生
のおそれの少ない用途(※)
(※)
その他これらと同等以上に火災の発生のおそれの少ない用途の例
として以下に掲げる用途が考えられる。
①通路、
アーケード、
休憩所
②十分に外気に開放された停留所、
自動車車庫(床面積が30㎡以
下のものに限る)
、
自転車置き場
③機械製作工場
三号:畜舎、
堆肥舎並びに水産物の増殖及び養殖場
- 56 -
9.耐衝撃性 参考資料
ポリカーボネートプレートの耐衝撃性は、極めて優れていますが、耐久限度に関する要素として
(1)
歪 速 度 ・・・・・・・・・・・・ 衝撃物体の速度・衝突角度
(2)
支持条件 ・・・・・・・・・・・・ 自由・固定・面積
が相互に関連しており、単純エネルギー計算は、特に高速で実用に耐えるデータが少なく困難な点もあります。
また、計算上の数値を実用に供する判断がしにくい点もあります。
下記衝撃実験例を示します。
① 物の落下に対する衝撃強度
試験a-1…高さ36mからの落下
[試験方法]
φ11孔(M10ボルト止め)
2m
L-50×50×6
高
層
住
宅
︵
14
階
︶
2m
36m
36.6m
試験材料
0.6m
架台
60cm
14階ベランダより、
種々の物を自由落下させ、
地上に設けた架台上の試験材料に衝突させた。
[試験結果]
材 料
板 落下物
ポリカーボネート
プレート
厚
3mm
アクリル 塩
5mm
ビ
5mm
A B
S
F
3mm
R
P
ネット(TW)
#14
25mm目
5mm
へこみ
ビ ー ル 瓶 0.63kg
固
○
半 ×
半
○
半
○
半
×
植
3.0kg
固
○
半 ×
半
×
半
固
×
○
半
○
固 10 cm
固 15 cm
レ ン ガ 1 個 1.9kg
半
○
-
×
固
○
固
○
固 20 cm
〃 4 個 7.6kg
半
○
-
-
-
固
○
-
〃 8 個 15.2kg
重
錘 0.5kg
(半径5cm)
〃
1.0kg
半
○
固
×
木
鉢
(〃6.2cm)
〃
(〃7.9cm)
2.0kg
半
半
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
固
○
-
-
固
○
固
○
半……………万力で押える
固……………ボルト固定
○……………割れず
×……………割 れ
- 57 -
-
-
固 10 cm
-
-
×
固 30 cm
☆ 落下物の状態(自然落下の方程式)
落下時間:t=
2h
g
t:落下時間(秒)
h:落下距離(36m)
2×36
t= =2.71(秒)
9.8
衝撃速度:v=g・t= 2gh
v:衝撃速度(m/sec)
h:落下距離(36m)
v= 2×9.8×36
g:重力加速度(9.8m/sec2)
≒26.6m/sec
(96km/hr)
ポリカーボネートプレートは、落下物の重量や形状に最も安定性があり、板自体の破損は見られず、ボルト
穴の伸びによる架台からの外れにおいても架台から取外すと平板に回復し、強靱なことが確認されました。
(日本住宅公団東京支所市街地住宅設計課共同試験による。)
試験a-2…鋼球の落下
[試験方法]
2kg鋼球
試験片寸法50×150 mmとし150 mmの両端を25 mmずつ保持器
で水平に押さえ、ポリカーボネートは5 mの高さから、アクリ
h
ルは1.2 mの高さから鋼球を垂直に自然落下させ、試験片の破
損の有無を調べた。
保持器
[試験結果]
種 類
P
C
透
板 厚
明
5mm
〃 両 面 マット
3mm
ア クリ ル 透 明
5mm
鋼球重量
2kg
落下距離
結 果
5m
破れず
5m
破れず
1.2m
破壊した
m:落下物質量(kg)
※各4回の試験結果を示す。
h:落下距離 (m)
位置エネルギー:E=m・h・g
g:重力加速度(9.8m/sec2)
E=2×5×g=10g(ポリカーボネート)
E=2×1.2×g=2.4g(アクリル)
- 58 -
試験a-3…鋼錘の落下
[試験方法]
L-65×65×6
50 cm
8 cm
50 cm
10 cm
5kg鋼錘
90°
h=5m
5kg鋼錘
37 cm
内寸 370 × 370 ㎜の鉄製枠に試験品をボルト固定し、5 ㎏の鋼錘を高さ 5m から中央部に自然落下させ、試
験品の破損の有無を調べた。
[試験結果]
材 料
鉄
板 厚
板
破
状
況
0.7 mm
大
1.6
中
2.0
破 壊 せ ず
1.5
貫 通
貫通せず
板
状
況
破 れ る
変形凹み
大
2.0
ポリカーボネート
プレート
壊
3.0
中
4.0
小
5.0
破 壊 せ ず
貫通せず
破 れ る
変形 小
1.5+1.5
ポリカーボネート
プレート
2枚重ね
1.5+2.0
2.0+2.0
破 壊 せ ず
貫通せず
変形 小
3.0+3.0
m:落下物質量(kg)
h:落下距離 (m)
位置エネルギー:E=m・h・g
E=5×5×g=25g
g:重力加速度(9.8m/sec2)
- 59 -
② 投てきに対する衝撃強度
試験 b−1…硬式野球ボール等の投てき
[試験方法]
ポリカーボネートプレート
ポリカーボネートプレート
衝撃体
2000
1100
1100 × 2000 ㎜の鉄枠にシャコ万力でサッシュに嵌め込んだポリカーボネートプレートを取付け、種々の物
体を力いっぱい投げつけ、ポリカーボネートプレート,サッシュ,ビードおよびシーラントの状況を調べた。
供試体
サッシュ材質
ア
ル
ミ
工 法
ビ
ー
ポリカー ボ ネ ート内 ノリ寸 法(mm)
板 厚(mm)
1 1 0 0×8 0 0 5
7 7 0×3 3 0
3
ド
押
ブ
チ
シリコーンシーラント
鉄
[試験結果]
供試体
投
衝撃物
てき
距離
アルミサッシュ
1100×800
5 (mm)
鉄 サ ッ シ ュ
770×330
3 (mm)
異常認めない
異常認めない
痕跡(キズ)入る
痕跡(キズ)入る
ソ フ ト ボ ー ル 4m
硬 式 野 球 ボ ー ル 4m
サ ッ カ ー ボ ー ル 4m
鶏卵大の石(1.1kg) 3m
ナス型 鋼 球( 3 k g ) 3m
※1. 同一供試体に表に記した順に投てきした。
2. いずれの衝撃物も3回投てきの結果を示す。
- 60 -
③ 振り子式に対する衝撃強度
この試験は、アメリカの建築用透明安全ガラス規格試験(USAS Z-971-1966)に準じた方法で行なった。
内障子
外枠
プレート
E
b
外枠
h=300
ポリカーボネート
900
600
2500
a
1100
2000
[試験方法]
サッシュを試験装置に垂直に固定し鋼球を振り子状
振り子重錘
(重量50kg)
につるし、落差300、600、900 mmの高さからポリカ
ーボネートプレート中央部に衝撃を加えた。
φ228.6
[試験結果]
サッシュ
落 差
0.3 m
(147J)
0.6 m
(294J)
ポリカーボネートプレート板厚5mm ポリカーボネートプレート板厚8mm
サッシュ内面大きさ
サッシュ内面大きさ
1728×873(mm)
1728×988(mm)
ポリカーボネートプレート、サッシュ共
ポリカーボネートプレート、サッシュ共
異常を認めない。
異常を認めない。
ポリカーボネートプレートの破損は
認めないがサッシュ枠からポリカー
ボネートプレートが一部はずれる。
ポリカーボネートプレート、サッシュ共
異常を認めない。
ポリカーボネートプレートの破損は
認めないがサッシュ枠からポリカー
ボネートプレートが一部はずれる。
0.9 m
(441J)
E=m・h・g E=50×0.3×g=147[J]
(h=300mm)
- 61 -
④ 銃による実射試験
試験 d-1…ボーガン射撃試験
755
弓
510
弦
漁射用矢概略図
本体
ボーガン概略図
ポリカーボネートプレート
射撃距離
[試験方法]
ポリカーボネートプレートは、大きさ1100×800( mm)板厚3mmと5mmを使用
枠と固定方法は、アルミサッシュ ビード工法
[試験結果]
射撃距離
4 m
6 m
3 mm
矢をはね返す
矢をはね返す
5 mm
〃
〃
ポリカーボネートプレート
木部
510
840
350
鉄矢尻
※1 矢は漁射用を使用
2 各々3回射撃を行った
3 ポリカーボネートプレートは、矢の当った部分がキズになり、
ふくれた状態になる
- 62 -
羽根
試験 d-2…ピストル射撃試験
500
[試験方法]
内寸500×500mm周囲ボルト固定のポリカーボネートプレート標的に、スミス&ウエスソン(S.W.)38 , 45で
10m , 23mの距離より射撃を行なった。
使用銃の種類
S.W. 45
S.W. 38
口 径(mm)
11.4
9.6
銃 身 長 さ(mm)
140
102
弾 質 量(gr)
20.8
15.1
初 速(m/sec)
246
227
[試験結果]
弾 種 類
練 習 弾
口 径
38
45
38
執 行 弾
45
距 離
PC 板厚(mm)
3
5
8
×
○
−
×
○
−
10
−
−
○
23
−
−
○
10
−
−
○
23
−
×
○
23 m
練習弾………鉛 製 ○………貫通せず
執行弾………真ちゅう製 ×………貫通した
練習弾と執行弾の形状は同一ですが弾のつぶれ易さによりポリカーボネートプレートの破壊状況が異なる。
1
運動エネルギー:E= mυ2
2
m:衝撃物質量(kg)
υ:速 度(m/sec)
0.0208×2462
E= =630[ J]
2
g:重力加速度(9.8m/sec2)
- 63 -
試験 d-3…ライフル・散弾射撃試験
500
10m
[試験方法]
内寸500×500mm周囲ボルト固定のポリカーボネートプレート標的に、10mの距離より射撃を行なった。
銃の種類
ラ イ フ ル
散 弾
22 口 径
30 口 径
径 (mm)
5.7
7.8
5.0
弾 質 量(gr)
3.3
4.5
1 弾 32
0.6/1ヶ
弾 丸
400
初 速(m/sec)
350
[試験結果]
銃 の 種 類
ポリカーボネートプレート板厚
(mm)
別 離
22 口 径
ラ イ フ ル
30 口 径
10 m
散 弾
超ジュラルミン
5
10
2.7 mm
−
○
−
−
×
×
○
−
−
○………貫通せず
×………貫通する
☆ 散弾による他材料射撃試験結果
材 料
板 厚 (mm)
射 撃 距 離 10 m
A
B
S
5
×
F
R
P
6
×
ビ
5
×
ル
5
×
強 化 ガ ラ ス
5
×
網入りガラス
6.8
×
塩
ア
ク
リ
ポリカーボネートプレートの破壊エネルギーと影響因子
1)板 厚:同一厚味でも重ね合わせの方が、単板より耐性に優れる。
2)支持方法:自由支持の方がたわみ易すいため、衝撃力が緩和され耐性に優れる。
ただし、取付け枠から脱落しないような止め方が必要。
3)温 度:低温・高温になると、常温とは異なる。
4) 歪 :内部歪が大きい程、耐性が劣る。
5)衝 撃 体 :材質………固い程破壊力が大きい。
形状………先端が鋭い程貫通しやすい。
衝突角度………大きい程耐える。
- 64 -
10.熱線カット性能 参考資料
ポリカーボネートプレート熱線カットタイプは、太陽光に含まれる熱エネルギーをカットし、温度の上昇を
抑制します。
① 熱線カットの原理
熱線カット率 53%
太陽光による熱線
太陽放射エネルギー
100%
屋外
再放熱 48%
反射 5%
日射吸収率 72%
再放熱 24%
熱線カットシリーズ
顔料
顔料による
熱線吸収
熱線カット板 PCSPR 994T
日射透過率 23%
屋内
熱線吸収剤による
熱線吸収
熱線透過率 47%
熱線吸収剤
※数値は実測値であり保証値ではありません。
② 鉄板温度比較(参考)
[測定方法]
屋外施工試験 温度比較(12:00∼15:00 平均温度)
天候:晴れ
平均気温:34℃(12:00∼15:00)
場所:兵庫県たつの市
60.0
55.0
南面
150mm
7.1℃
13.2℃
7.3℃
10.9℃
温
50.0
度
PC板
鉄板表面
PC板表面
(℃)45.0
3寸勾配
40.0
鉄板
35.0
660T
3 寸勾配をつけた試験台に PC 板(2mm
900T
994T
693T
677T
※グラフ・数値は測定値であり保証値ではありません。
厚)を止めつけ、150mm 離れた位置に鉄
板を置き、鉄板及び PC 板表面の温度変化
を観察した。
品 番
試験値
PCSP 660T
PCSPR 90 0T
PCSPR 994T
色
透明
クリアスモーク
タイプ
一般
熱線カット
熱線カット
PCSP 693T
ブラウンスモーク ブラウンスモーク
PCSP 677T
乳半
一般
一般
4 8%
全光線透過率
91%
72%
27%
34%
熱線カット率
14%
33%
52%
36%
46%
鉄板表面温度
57.1℃
50.0℃
43.9℃
49.8℃
46.2℃
熱線カット効果※
−
7.1℃
13.2℃
7.3℃
10.9℃
※熱線カット効果 :PCSP 660T(透明)の鉄板表面温度との差
- 65 -
参 考 文 献
田 中 武 : 工業材料
堀 口 博 : 公害と毒・危険物<腐蝕防錆編>
奥 田 聡 : 防蝕技術ハンドブック
奥 田 聡 : 化学装置の材料と設計
宮崎義隆・山崎昇: プラスチックによる防蝕設計とその応用
宮 崎 義 隆 : プラスチック防蝕構造設計
ポリカーボネート板工業会:屋根等にポリカーボネート板を用いた建築物
※規格は平成 27 年 1 月現在のものであって
変更することがあります。
※ 物 性 値 は、 代 表 値 で あ っ て 保 証 値 で は
ありません。
昭和 56 年 4 月 21 日 初版
平成 27 年 1 月 1 日 改訂
編集
発行
(無断転載を禁ず)
- 66 -
東 北 支 店 〒980-0811 仙台市青葉区一番町3-1-1(仙台ファーストタワー) 住環境営業グループ TEL(022)266-2171 FAX(022)266-2176
東 京 支 店 〒108-6031 東京都港区港南2-15-1(品川インターシティA棟) 住 設 資 材 営 業 部 TEL(03)6711-3720 FAX(03)6711-3741
採 光 建 材 営 業 部 TEL(03)6711-3721 FAX(03)6711-3742
高 機 能 材 営 業 部 TEL(03)6711-3730 FAX(03)6711-3732
北海道営業チーム 〒060-0042 札幌市中央区大通西9-1-1(大通公園ビル)
TEL(011)242-2433 FAX(011)242-2455
中 部 支 店 〒461-0004 名古屋市東区葵1-19-30(マザックアートプラザ) 住環境営業グループ TEL(052)979-2960 FAX(052)937-3866
高機能材営業グループ TEL(052)979-2963 FAX(052)937-3877
大 阪 支 店 〒530-0001 大阪市北区梅田3-1-3(ノースゲートビル)
住 環 境 営 業 部 TEL(06)6453-3941 FAX(06)6453-3954
高 機 能 材 営 業 部 TEL(06)6453-3951 FAX(06)6453-3956
中 四 国 支 店 〒730-0032 広島市中区立町2-27(NBF広島立町ビル)
住環境営業グループ TEL(082)248-1581 FAX(082)249-0778
九 州 支 店 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前3-25-21
住環境営業グループ TEL(092)413-5581 FAX(092)413-5582
(博多駅前ビジネスセンタービル)
東 京 本 社 〒108-6031 東京都港区港南2-15-1(品川インターシティA棟) 採 光 建 材 事 業 部 TEL(03)6711-3722 FAX(03)6711-3742
高 機 能 材 事 業 部 TEL(03)6711-3726 FAX(03)6711-3736
●タキロンホームページ
http://www.takiron.co.jp
■製品に関するお問い合せ・ご相談は
お客様相談センター
携帯・PHS・OK
0120-877-115 (
受付時間
平日 9:00∼17:00
)
※土・日・祝日・年末年始・お盆は休みをいただいております。
2015年1月現在 第2版
21952
2015.1(1)S
ダウンロード

ポリカーボネートプレート技術資料