第6回
我々が見ているのはありのままの現実か?
−知覚心理学−
1 イリュージョンが教えてくれること
<実習1>
タテとヨコ、同じ長さなのはどれ?
水平-垂直錯視
垂直線は水平線より長く知覚されやすい
ミューラー・リヤーの錯視
ミューラー・リヤーの錯視
物理と心理、
間違っているのはどっちか?
2 分かっているのに見えない
(1) 幾何学的錯視
ポンゾの錯視
ポンゾ錯視の遠近説
反証
ミューラ・リヤー錯視の遠近説
反証
ツェルナーの錯視
オービソンの錯視
フレーザーの螺旋
エビングハウスの錯視
ジョバネッリの錯視
(2) 日常生活の中の錯視
アイスクリームの錯視
(2) 日常生活の中の錯視
月の錯視
知覚はどこで生じるか?
<実習2> 盲点を探せ!
知覚はどこで生じるか?
眼球の神経構造
知覚はどこで生じるか?
脳!
<実習3> 運動残像を体験しよう!
<VTR1>
回転運動と傾きの知覚
<VTR2> 動きが見えない人
3 ないものが見える
(1) 主観的輪郭 カニッツァの三角形
3 ないものが見える
(1) 主観的輪郭 カニッツァの曲線
3 ないものが見える
(2)
ベンハムの円盤
「ものには色はない」(I. Newton)
4 分かっていれば見える
4 分かっていれば見える
4 分かっていれば見える
4 分かっていれば見える
5 見たいものだけ見える
(1) 図地反転図形
5 見たいものだけ見える
(1) 図地反転図形
5 見たいものだけ見える
(1) 図地反転図形
5 見たいものだけ見える
(1) 多義図形
5 見たいものだけ見える
(1) 多義図形
5 見たいものだけ見える
(1) 多義図形
2
A 3 C
4
5 見たいものだけ見える
(1) 多義図形
6 結論
我々は脳(心)でものを見ている
「私は明るさや色調を見ているのではない。
空を、木を見ているのだ」(M.Wertheimer)
7 哲学的問題提起
「見えること」と
「存在すること」は同じか?
ダウンロード

第6回 我々が見ているのはありのままの現実か?