器具・容器包装の規格基準検査(昭和34年厚生省告示第370号) 材質別規格及び標準料金一覧
株式会社静環検査センター
2013年10月15日現在
1. フェノール樹脂、メラミン樹脂又はユリア樹脂を主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装
項 目
材質
試験
カドミウム及び鉛
重金属
フェノール
溶
出
試
験
ホルムアルデヒド
規 格
使用温度100℃以下
溶 出 条 件
使用温度100℃を超える
使用温度100℃以下
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
標準溶液の吸光度より大きくてはならない(5μg/ml以下)
対照液の呈色より濃くてはならない(約4μg/ml以下)
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
ヘプタン 25℃ 1時間
酒類
30μg/ml以下
上記以外 pH5を超える
の食品 pH5以下
料 金(税抜)
10,000
油脂及び脂肪性食品
蒸発残留物
使用温度100℃を超える
20%エタノール 60℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
3,000
5,000
6,000
7,000
4,000
4,000
4,000
2. ホルムアルデヒドを製造原料とする合成樹脂製の器具又は容器包装(フェノール樹脂、メラミン樹脂又はユリア樹脂を除く)
項 目
材質
試験
カドミウム及び鉛
重金属
ホルムアルデヒド
溶
出
試
験
規 格
使用温度100℃以下
溶 出 条 件
使用温度100℃を超える
使用温度100℃以下
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
酒類
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
対照液の呈色より濃くてはならない(約4μg/ml以下)
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
上記以外 pH5を超える
の食品 pH5以下
過マンガン酸カリウム消費量
ヘプタン 25℃ 1時間
30μg/ml以下
10μg/ml以下
1 SEIKAN
料 金(税抜)
10,000
油脂及び脂肪性食品
蒸発残留物
使用温度100℃を超える
20%エタノール 60℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
3,000
6,000
7,000
4,000
4,000
4,000
3,500
3. ポリ塩化ビニルを主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装(PVC)
項 目
カドミウム及び鉛
材
質
試
験
ジブチルスズ化合物
クレゾールリン酸エステル
塩化ビニル
重金属
規 格
使用温度100℃以下
蒸発残留物
使用温度100℃を超える
使用温度100℃以下
使用温度100℃を超える
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
標準溶液のピーク面積より大きくてはならない(1000μg/g以下)
標準溶液のピーク面積より大きくてはならない(1μg/g以下)
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
4%酢酸 60℃ 30分間
150μg/ml以下
4%酢酸 95℃ 30分間
ヘプタン 25℃ 1時間
酒類
20%エタノール 60℃ 30分間
30μg/ml以下
上記以外 pH5を超える
の食品 pH5以下
過マンガン酸カリウム消費量
10μg/ml以下
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
溶 出 条 件
フタル酸ビス(2-エチルヘキシル) ※1
規 格
材質試験
使用してはならない(0.1%以下)
溶出試験
溶出してはならない(1ppm以下)
料 金(税抜)
10,000
標準溶液のピーク面積より大きくてはならない(50μg/g以下)
油脂及び脂肪性食品
溶
出
試
験
溶 出 条 件
ヘプタン 25℃ 1時間
15,000
15,000
15,000
3,000
7,000
4,000
4,000
4,000
3,500
料 金(税抜)
15,000
15,000
※1 油脂又は脂肪性食品を含有する食品に接触するものに限る(器具若しくは容器包装又はこれらの原材料一般の規格の7)
4. ポリエチレン(PE)及びポリプロピレン(PP)を主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装
項 目
材質
試験
カドミウム及び鉛
重金属
溶
出
試
験
油脂及び脂肪性食品
蒸発残留物
規 格
使用温度100℃以下
溶 出 条 件
使用温度100℃を超える
過マンガン酸カリウム消費量
使用温度100℃を超える
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
150μg/ml以下
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
ヘプタン 25℃ 1時間
20%エタノール 60℃ 30分間
30μg/ml以下
10μg/ml以下
2 SEIKAN
料 金(税抜)
10,000
30μg/ml以下
酒類
上記以外 pH5を超える
の食品 pH5以下
使用温度100℃以下
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
3,000
7,000
4,000
4,000
4,000
3,500
5. ポリスチレンを主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装(PS)
規 格
項 目
使用温度100℃以下
カドミウム及び鉛
材
質
試
験
溶 出 条 件
使用温度100℃を超える
使用温度100℃以下
使用温度100℃を超える
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
料 金(税抜)
10,000
スチレン
トルエン
エチルベンゼン
揮発性物質
イソプロピルベンゼン
合計5,000μg/g以下
但し、発泡ポリスチレン(熱湯を用いるものに限る)は、
合計が2,000μg/g以下でスチレン、エチルベンゼンが
それぞれ1,000μg/g以下
11,000
プロピルベンゼン
重金属
溶
出
試
験
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
油脂及び脂肪性食品
蒸発残留物
4%酢酸 60℃ 30分間
酒類
4%酢酸 95℃ 30分間
ヘプタン 25℃ 1時間
240μg/ml以下
20%エタノール 60℃ 30分間
30μg/ml以下
上記以外 pH5を超える
の食品 pH5以下
過マンガン酸カリウム消費量
10μg/ml以下
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
3,000
7,000
4,000
4,000
4,000
3,500
6. ポリ塩化ビニリデンを主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装(PVDC)
項 目
カドミウム及び鉛
材質
試験
バリウム
塩化ビニリデン
重金属
溶
出
試
験
規 格
使用温度100℃以下
溶 出 条 件
使用温度100℃を超える
使用温度100℃以下
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
6,000
標準溶液のピーク面積より大きくてはならない(6μg/g以下)
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
酒類
4%酢酸 60℃ 30分間
上記以外 pH5を超える
の食品 pH5以下
過マンガン酸カリウム消費量
4%酢酸 95℃ 30分間
ヘプタン 25℃ 1時間
30μg/ml以下
10μg/ml以下
3 SEIKAN
料 金(税抜)
10,000
油脂及び脂肪性食品
蒸発残留物
使用温度100℃を超える
20%エタノール 60℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
15,000
3,000
7,000
4,000
4,000
4,000
3,500
7. ポリエチレンテレフタートを主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装(PET)
項 目
材質
試験
カドミウム及び鉛
重金属
アンチモン
ゲルマニウム
溶
出
試
験
規 格
使用温度100℃以下
溶 出 条 件
使用温度100℃を超える
使用温度100℃以下
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
3,000
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(0.05μg/ml以下)
標準溶液の吸光度又はピーク面より大きくてはならない
(0.1μg/ml以下)
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
30μg/ml以下
上記以外 pH5を超える
の食品 pH5以下
過マンガン酸カリウム消費量
10μg/ml以下
5,000
5,000
ヘプタン 25℃ 1時間
酒類
料 金(税抜)
10,000
油脂及び脂肪性食品
蒸発残留物
使用温度100℃を超える
20%エタノール 60℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
7,000
4,000
4,000
4,000
3,500
8. ポリメタクリル酸メチルを主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装(PMMA)
項 目
材質
試験
カドミウム及び鉛
重金属
メタクリル酸メチル
溶
出
試
験
規 格
使用温度100℃以下
溶 出 条 件
使用温度100℃を超える
使用温度100℃以下
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
標準溶液のピーク面積より大きくてはならない(15μg/ml以下)
酒類
4%酢酸 60℃ 30分間
上記以外 pH5を超える
の食品 pH5以下
過マンガン酸カリウム消費量
4%酢酸 95℃ 30分間
20%エタノール 60℃ 30分間
ヘプタン 25℃ 1時間
30μg/ml以下
10μg/ml以下
4 SEIKAN
料 金(税抜)
10,000
油脂及び脂肪性食品
蒸発残留物
使用温度100℃を超える
20%エタノール 60℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
3,000
10,000
7,000
4,000
4,000
4,000
3,500
9. ナイロンを主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装(PA)
項 目
材質
試験
カドミウム及び鉛
重金属
カプロラクタム
溶
出
試
験
規 格
使用温度100℃以下
溶 出 条 件
使用温度100℃を超える
使用温度100℃以下
使用温度100℃を超える
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
標準溶液のピーク面積より大きくてはならない(15μg/ml以下)
10,000
4%酢酸 60℃ 30分間
酒類
4%酢酸 95℃ 30分間
20%エタノール 60℃ 30分間
油脂及び脂肪性食品
蒸発残留物
料 金(税抜)
3,000
10,000
ヘプタン 25℃ 1時間
7,000
20%エタノール 60℃ 30分間
4,000
30μg/ml以下
上記以外 pH5を超える
の食品
pH5以下
過マンガン酸カリウム消費量
10μg/ml以下
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4,000
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
4,000
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
3,500
10. ポリメチルペンテンを主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装(PMP)
項 目
材質
試験
カドミウム及び鉛
重金属
油脂及び脂肪性食品
溶
出
試
験
規 格
使用温度100℃以下
溶 出 条 件
使用温度100℃を超える
使用温度100℃以下
使用温度100℃を超える
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
10,000
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
7,000
20%エタノール 60℃ 30分間
4,000
蒸発残留物
上記以外 pH5を超える
の食品
pH5以下
過マンガン酸カリウム消費量
30μg/ml以下
10μg/ml以下
5 SEIKAN
3,000
ヘプタン 25℃ 1時間
120μg/ml以下
酒類
料 金(税抜)
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4,000
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
4,000
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
3,500
11. ポリカーボネートを主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装(PC)
項 目
カドミウム及び鉛
材
質
試
験
規 格
使用温度100℃以下
使用温度100℃を超える
ビスフェノールA ※1
500μg/g以下
500μg/g以下
重金属
使用温度100℃以下
トリエチルアミン及びトリブチルアミンの合計が1μg/g以下
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
4%酢酸 60℃ 30分間
ビスフェノールA
2.5μg/ml以下
上記以外 pH5を超える
の食品 pH5以下
20%エタノール 60℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4%酢酸 60℃ 30分間
油脂及び脂肪性食品
蒸発残留物
4%酢酸 95℃ 30分間
ヘプタン 25℃ 1時間
酒類
30μg/ml以下
上記以外 pH5を超える
の食品 pH5以下
過マンガン酸カリウム消費量
10μg/ml以下
※3
20,000
15,000
3,000
※4
4溶媒で 30,000
4%酢酸 95℃ 30分間
ヘプタン 25℃ 1時間
酒類
料 金(税抜)
10,000
油脂及び脂肪性食品
※1
使用温度100℃を超える
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
ジフェニルカーボネート
アミン類 ※2
溶
出
試
験
溶 出 条 件
20%エタノール 60℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
7,000
4,000
4,000
4,000
3,500
※1 フェノール及びP-tert-ブチルフェノールを含む。
※2 トリエチルアミン及びトリブチルアミン。
※3 個別料金はビスフェノールA 15,000円、ジフェニルカーボネート 15,000円。 2項目同時で 20,000円
※4 1溶媒のみ15,000円、2溶媒で20,000円、3溶媒で25,000円、4溶媒で30,000円。
12. ポリビニルアルコールを主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装(PVA)
項 目
材質
試験
カドミウム及び鉛
重金属
溶
出
試
験
溶 出 条 件
規 格
使用温度100℃以下
使用温度100℃を超える
使用温度100℃以下
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
蒸発残留物
上記以外 pH5を超える
の食品 pH5以下
4%酢酸 60℃ 30分間
過マンガン酸カリウム消費量
4%酢酸 95℃ 30分間
ヘプタン 25℃ 1時間
30μg/ml以下
10μg/ml以下
6 SEIKAN
料 金(税抜)
10,000
油脂及び脂肪性食品
酒類
使用温度100℃を超える
20%エタノール 60℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
3,000
7,000
4,000
4,000
4,000
3,500
13. ポリ乳酸を主成分とする合成樹脂製の器具又は容器包装(PLA)
項 目
材質
試験
溶
出
試
験
カドミウム及び鉛
規 格
使用温度100℃以下
溶 出 条 件
使用温度100℃を超える
使用温度100℃以下
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
重金属
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
総乳酸
標準溶液のピーク面積より大きくてはならない(30μg/ml以下)
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
ヘプタン 25℃ 1時間
酒類
20%エタノール 60℃ 30分間
30μg/ml以下
上記以外 pH5を超える
の食品 pH5以下
過マンガン酸カリウム消費量
10μg/ml以下
料 金(税抜)
10,000
油脂及び脂肪性食品
蒸発残留物
使用温度100℃を超える
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
3,000
15,000
7,000
4,000
4,000
4,000
3,500
14. その他の合成樹脂製の器具又は容器包装(合成樹脂一般規格)
項 目
材質
試験
溶出
試験
カドミウム及び鉛
重金属
規 格
使用温度100℃以下
溶 出 条 件
使用温度100℃を超える
使用温度100℃以下
使用温度100℃を超える
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
過マンガン酸カリウム消費量
10μg/ml以下
料 金(税抜)
10,000
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
3,000
3,500
15. ガラス製の器具又は容器包装
項 目
料 金(税抜)
カドミウム
鉛
0.05μg/ml以下
0.5μg/ml以下
4%酢酸 常温 暗所 24時間
加熱調理用
器具以外の 容量600ml以上3ℓ未満のもの
もの
容量3ℓ以上のもの
0.5μg/ml以下
1.5μg/ml以下
4%酢酸 常温 暗所 24時間
0.25μg/ml以下
0.75μg/ml以下
4%酢酸 常温 暗所 24時間
0.25μg/ml以下
0.5μg/ml以下
4%酢酸 常温 暗所 24時間
10,000
10,000
10,000
10,000
液体を満たすことのできない試料もしくは液体
を満たしたときにその深さが2.5cm未満である
試料
0.7μg/c㎡以下
8μg/c㎡以下
4%酢酸 常温 暗所 24時間
10,000
加熱調理用器具
容量600ml未満のもの
溶
出
試
験
溶 出 条 件
規 格
7 SEIKAN
使用温度100℃以下
使用温度100℃を超える
16. 陶磁器製の器具又は容器包装
項 目
加熱調理用器具
溶
出
試
験
規 格
溶 出 条 件
料 金(税抜)
カドミウム
鉛
0.05μg/ml以下
0.5μg/ml以下
4%酢酸 常温 暗所 24時間
10,000
使用温度100℃以下
使用温度100℃を超える
容量1.1ℓ未満のもの
加熱調理用
器具以外の 容量1.1ℓ以上3ℓ未満のもの
もの
容量3ℓ以上のもの
0.5μg/ml以下
2μg/ml以下
4%酢酸 常温 暗所 24時間
10,000
0.25μg/ml以下
1μg/ml以下
4%酢酸 常温 暗所 24時間
10,000
0.25μg/ml以下
0.5μg/ml以下
4%酢酸 常温 暗所 24時間
10,000
液体を満たすことのできない試料もしくは液体
を満たしたときにその深さが2.5cm未満である
試料
0.7μg/c㎡以下
8μg/c㎡以下
4%酢酸 常温 暗所 24時間
10,000
17. ホウロウ引きの器具又は容器包装
項 目
溶
出
試
験
規 格
溶 出 条 件
料 金(税抜)
カドミウム
鉛
加熱調理用器具であって容量が
3ℓ未満のもの
0.07μg/ml以下
0.4μg/ml以下
4%酢酸 常温 暗所 24時間
10,000
加熱調理用器具以外のものであって
容量が3ℓ未満のもの
0.07μg/ml以下
0.8μg/ml以下
4%酢酸 常温 暗所 24時間
10,000
0.5μg/c㎡以下
1μg/c㎡以下
0.7μg/c㎡以下
8μg/c㎡以下
0.5μg/c㎡以下
1μg/c㎡以下
液体を満たすことのできな 加熱調理用器具
いもの又は、液体を満たし
たときにその深さが2.5cm 加熱調理用器具
未満のもの
以外のもの
液体を満たしたときにその深さが2.5cm以上の
ものであって容量が3ℓ以上のもの
8 SEIKAN
使用温度100℃以下
使用温度100℃を超える
10,000
4%酢酸 常温 暗所 24時間
10,000
10,000
18. ゴム製の器具又は容器包装(ほ乳器具は除く・塩素系)
項 目
材質
試験
カドミウム及び鉛
規 格
使用温度100℃以下
フェノール
溶
出
試
験
ホルムアルデヒド
使用温度100℃を超える
使用温度100℃以下
使用温度100℃を超える
15,000
陰性
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
6,000
対照液の呈色より濃くてはならない(約4μg/ml以下)
15μg/ml以下
4%酢酸 60℃ 30分間
60μg/ml以下
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
酒類、油脂及び脂肪性食品
4%酢酸 95℃ 30分間
20%エタノール 60℃ 30分間
上記以外 pH5を超える
の食品 pH5以下
3,000
5,000
標準溶液の吸光度より大きくてはならない(5μg/ml以下)
亜鉛
料 金(税抜)
(シリコーンゴム)
16,000
(シリコーンゴム以外)
10,000
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
2-メルカプトイミダゾリン
重金属
溶 出 条 件
7,000
4,000
4,000
4,000
19. ゴム製の器具又は容器包装(ほ乳器具は除く・非塩素系)
項 目
材質
試験
カドミウム及び鉛
重金属
フェノール
溶
出
試
験
ホルムアルデヒド
亜鉛
規 格
使用温度100℃以下
溶 出 条 件
使用温度100℃を超える
使用温度100℃を超える
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
3,000
5,000
標準溶液の吸光度より大きくてはならない(5μg/ml以下)
6,000
対照液の呈色より濃くてはならない(約4μg/ml以下)
15μg/ml以下
4%酢酸 60℃ 30分間
60μg/ml以下
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4%酢酸 60℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
4%酢酸 95℃ 30分間
20%エタノール 60℃ 30分間
9 SEIKAN
料 金(税抜)
(シリコーンゴム)
16,000
(シリコーンゴム以外)
10,000
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(100μg/g以下)
酒類、油脂及び脂肪性食品
上記以外 pH5を超える
の食品 pH5以下
使用温度100℃以下
7,000
4,000
4,000
4,000
20. ゴム製ほ乳器具
項 目
材質
試験
規 格
カドミウム及び鉛
重金属
ホルムアルデヒド
亜鉛
料 金(税抜)
(シリコーンゴム)
16,000
(シリコーンゴム以外)
10,000
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(10μg/g以下)
標準溶液の吸光度より大きくてはならない(5μg/ml以下)
水 40℃ 24時間
対照液の呈色より濃くてはならない(約4μg/ml以下)
水 40℃ 24時間
3,000
5,000
6,000
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(1μg/ml以下)
水 40℃ 24時間
7,000
水 40℃ 24時間
6,000
比較液の呈色より濃くてはならない(1μg/ml以下)
フェノール
溶
出
試
験
溶 出 条 件
蒸発残留物
4%酢酸 40℃ 24時間
40μg/ml以下
21. 金属缶
項 目
フェノール
ホルムアルデヒド
pH5を超える
ヒ素
溶
出
試
験
pH5以下
カドミウム及び鉛
溶 出 条 件
規 格
pH5を超える
pH5以下
使用温度100℃以下
使用温度100℃を超える
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
標準溶液の呈色より濃くてはならない
(二酸化ヒ素として0.2μg/ml以下)
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
標準溶液の吸光度又はピーク面積より大きくてはならない
(カドミウム 0.1μg/ml以下、鉛 0.4μg/ml以下)
水 60℃ 30分間
標準溶液の吸光度より大きくてはならない(5μg/ml以下)
対象液の呈色より濃くてはならない(約4μg/ml以下)
5%クエン酸 60℃ 30分間 5%クエン酸 95℃ 30分間
水 95℃ 30分間
5%クエン酸 60℃ 30分間 5%クエン酸 95℃ 30分間
エピクロルヒドリン
標準溶液の吸光度より大きくてはならない(0.5μg/ml以下)
ペンタン 25℃ 1時間
塩化ビニル
標準溶液の吸光度より大きくてはならない(0.05μg/ml以下)
エタノール 5℃ 24時間
油脂及び脂肪性食品
蒸発残留物
酒類
上記以外 pH5を超える
の食品 pH5以下
ヘプタン 25℃ 1時間
30μg/ml以下 ※2
20%エタノール 60℃ 30分間
水 60℃ 30分間
水 95℃ 30分間
4%酢酸 60℃ 30分間
※1 乾燥した食品[油脂及び脂肪性食品を除く]を内容物とするものを除く
※2 天然の油脂を原料とする塗料であって塗膜中の酸化亜鉛の含量が、3%を超えるものにより缶の内面を塗装した缶を試料とする場合であり、かつ、ヘプタンを
浸出溶液として用いたときの蒸発残留物の量は、90μg/ml以下でなければならない。この場合、水を浸出用液として用いたときの蒸発残留物の量が
30μg/mlを超える場合、クロロホルム可溶物の量を求めるとき、その量は30μg/ml以下でなければならない。
※3 検査料金の他に、はく離処理(前処理)を別途5,000円申し受ける場合があります。
※4 試料採取料は別途見積ります。
10 SEIKAN
料 金(税抜)
5,000
6,000
8,000
10,000
15,000
15,000
7,000
4,000
4,000
4,000
ダウンロード

器具・容器包装の規格基準検査(昭和34年厚生省告示第370号) 材質別