営業の職業
職業紹介
ここで紹介する職業は以下を含んでいます。
飲食料品販売営業員
化学品販売営業員(医薬品を除く)
医薬品営業員
機械器具販売営業員
通信・情報システム営業員
金融・保険営業員
不動産営業員 など
(出所:「厚生労働省編職業分類」小分類より)
家庭、企業、事業所などを訪問し、商品の販売、サービスの勧誘、値段の交
渉などの業務を行います。
例えば、OA機器の営業マンの場合は、担当する行政機関や企業などを定期
的に訪問し、納入したコピー機などの調子を確認します。また、新しい機器を販
売する商談を行い、カタログを提示したり、新製品を実際に使用してもらうなど
してセールスポイントなどを説明します。
交渉によって値引きをするなどして契約を結びます。また、商品を納入する
手続きを行い、代金の請求書を送付します。倉庫に保管してある部品や消耗
品などを直接届けて、代金を回収することもあります。
(出所:労働政策研究・研修機構(2004)『職業レファレンスブック』より、「商品
販売外交員」)
代表的な「営業の仕事」(保険外交員)
労働者数:170,760人(男性:36,390人、女性:60,720人)
平均年齢:男性42.5歳、女性47.5歳
平均勤続年数:男性9.1年、女性10.6年
所定内実労働時間:142時間/月(20代:男性153時間/月、女性141時間/月
超過実労働時間:1時間/月 (20代:男性2時間/月、女性2時間/月)
平均賃金: 311,900円/月 (20代:男性300,900円/月、女性189,550円/月)
(出所:厚生労働省「平成26年賃金構造基本統計調査」より、「保険外交員」(企業規模
10人以上の数値)。上記調査では、営業の仕事に該当する職業として、「自動車外交販
売員」「家庭用品外交販売員」もあるが、労働者数が最多の「保険外交員」を掲載。 )
販売士
(運営主体:日本商工会議所)
※厚生労働省 教育訓練給付
制度「専門実践教育訓練」認
定資格
ここでは代表的な営業の職業を取り上げます。
医薬品営業職:医師などが使用する医薬品(医療用医薬品)を製造・販売し
ている製薬会社などに勤務します。医療機関は全国にあるため、一定の地域
を担当してその中の医療機関を訪問する、または大学病院を担当するなど
担当生をとることが多いです。
住宅・不動産営業職:勤務先は、住宅・不動産会社(宅地建物取引業者)、
住宅メーカー、建設会社などとなっています。お客の都合に合わせて、日曜、
祝日に訪問したり、現地に案内することが必要なので、労働時間・休日は不
規則です。休日はウィークデイの火曜、水曜にとるところが多くなっています。
(出所:ハローワークインターネットサービス「医薬情報担当者」及び「住宅・不動産営
業員」 https://www.hellowork.go.jp/doc2/D34301iyakujouhoutanntousya.pdf
https://www.hellowork.go.jp/doc2/D34701juutakufudousanneigyouinn.pdf)
0/●
若手社員
Q.
情報通信業
学生時代のご経験と就職した経緯について教えて下さい。
スポーツ・教育関連の仕事に就きたいと思っていた
学生時代は、ボランティア活動に熱心に取り組みました。東日本大震災によって外で遊べない子供達
を招いて、2011年の夏に愛知県内でリフレッシュキャンプを実施し、その後の夏と冬にキャンプを実施
しました。
営業の職業
[プロフィール]
Kさん 女性(20代)
チームサポート事業部所属
入社2年目(2013年3月 スポーツ学科卒)
[経歴]
2013年4月入社。入社初年後の12月に、偶然に
も、現在のチームサポート事業部が創設され、異
動となる。
そうした経験や、大学がスポーツ科ということもあり、スポーツに携わりながら教育現場で働きたいと漠
[現在の主な業務内容]
然と考えていました。ただ、実際に就職活動を経験し、内定をもらったのが現在のIT企業でした。入社
ITツール等を用いた、高校生アスリートのコン
初年の12月に転機があり、現在は、元々やりたかったスポーツ関連、教育関連の仕事に就けています。 ディショニング指導に従事。現場の指導者や保護
者に営業を行っている。大会の時などに出向い
て、指導者に直接営業をかけることもある。
管理栄養士のコーチがおり、食事指導と測定を
行い、コーチが選手にフィードバックをする際の
営業の職業には、どのような人が向いていると思いますか。
アドバイザー的な役割も担っている。
Q.
失敗を笑顔でカバーできるような愛嬌がある人
営業職には、愛嬌がある人が向いています。失敗を笑顔でカバーできるような愛嬌があり、お客さんに
気に入ってもらえるような愛されるキャラクターの人が向いていると思います。
その点では、学生時代のゴルフ場でのアルバイト経験が活きています。年配の男性の方との話し方や
接し方などを自然と身につけることができました。
また、話の引き出しの多さも大事になります。大学で部活をやっていたというだけで、指導者との会話
が広がります。また、私の出身は長野県ですが、大学は愛知県内でしたので、そうしたことでも地元の
指導者とはコミュニケーションができます。
1/●
若手社員
情報通信業
営業の職業
1日の仕事のスケジュールを教えて下さい。
Q.
9:00
8:30
出社
9:00
朝礼
10:00
9:15 社内打合せ
11:00
前日に訪問した学校での様子や、営業活動の状況などを振り
返りながら、メンバーで情報共有を行う。
学校の先生からの質問に対する回答なども考える。
12:00
12:00 お昼休み
13:00
13:00 営業のプレゼンテーション資料作成
14:00
15:00
14:00 訪問校の生徒へのフィードバック資料作成
18時まで練習を見学して、選手の様子を観察し、フィードバッ
クの内容や方法などを考える。
16:00
17:00
お客さんである学校の部活動の練習に訪問。
16:00 商談内容を受けて、資料作成
顧問の先生やコーチなどともコミュニケーションを図り、選手
個々人や、チーム全体のコンディションを把握する。
18:00
18:00すぎ 自宅へ直帰
2/●
若手社員
Q.
情報通信業
営業の職業
働くなかで感じるやりがいと、苦労していることを教えて下さい。
挑戦することで成長を感じさらに挑戦できる/短期間での必要なスキルの習得が求められる
<仕事で感じるやりがい>
指導をしている選手が成長することです。アドバイスやフォローをするに従って、選手の表情が変化してきます。目標に向かっている姿や達成する姿を
みるのが嬉しいですね。
<苦労していること>
学校の先生にアプローチしたいところですが、「営業職」に対して偏った見方がされ、教育現場にはなかなか入りにくいことが苦労している点です。
また、高校生に伝えるには技術がいると思います。知っている情報を全て伝えるのではなく、選んだ情報をわかりやすく整理して伝えなくてはいけませ
ん。知識面を充実させることに加えて、人に説得的に伝える力が必要ですね。
Q.
学生時代に学んだことと現在の職業の関係性について教えて下さい。
突然、大学で学んだことが活きる機会が訪れるときがある/アルバイトは大人と関わる機会
学生時代はスポーツ科に所属していましたが、食事とスポーツは関連して勉強しませんでした。学生時代は、現在のこうした仕事に就いているとは
思っていませんでしたし、何を勉強すれば役に立つのかわからなかったというのが正直なところです。
今思えば、学生時代に資格をとっておけば良かったと思います。具体的には、栄養士の資格や健康運動指導士です。もう少し視野を広げ、興味をもっ
て勉強しておけば良かったと思いますね。
3/●
若手社員
Q.
情報通信業
営業の職業
将来のキャリアイメージを教えて下さい。
結婚/出産に伴い、転職の可能性もあるが、営業職で身につけたスキルは別の仕事でも活かすこと
ができる
直近として数ヶ月後に、転勤することが決まっています。どの都道府県にも高校はありますし、新たな地でがんばろうと思っています。
また、10年後には、結婚して子どもがいる状態が理想です。ただし、結婚や出産を経験しても、仕事は続けていきたいと思っています。現在とは全く違
う仕事をしている可能性もありますが、営業職で身につけた人とコミュニケーションをとるスキルは別の仕事にも活かすことができると考えています。
Q.
学生の皆さんに対してメッセージをお願い致します。
やりたいと思ったことには取り組むべき
様々な経験をしておいた方が良いと思います。自分でやりたいと思っていたことはやっておくべきです。
私自身、大学生活の当初は部活動が生活時間の大半を占めていました。しかし、このまま部活動だけの学生時代はもったいないと思い、愛知県の学
生団体に入りました。そこで活動をしている中で、ラオスに病院を作るためのサポートをしたり、ホームレスの研究活動や自分で勉強会の開催もしまし
た。こうした経験を通して、やりたいと思ったことはやれると感じましたし、興味があることは学生時代に是非取り組むべきです。
また、様々な経験を積む過程で、多くの知り合いができると思います。そうした人との繋がりも大事にしてほしいです。
4/●
中堅社員
Q.
製造業
学生時代のご経験と就職した経緯について教えて下さい。
「目に見えるものを扱いたい」という想いからメーカーを志望
大学卒業後、アパレルメーカーに3年間勤務後、現在の会社に転職をしました。業界への強いこだわり
はありませんでしたが、「目に見えるものを扱いたい」という想いから、メーカーを志望して、現在の会社
に入社したという経緯です。
「目に見えるものを扱っていない」ような業種に対しても、仕事での関わりを通して、彼らの必要性や重
要性、得意分野を知ることができました。これは5、6年間働く中でわかったことです。
Q.
同じ職業の若手社員との違いとして、どのようなことが
ありますか。
営業の職業
[プロフィール]
Tさん 男性(40代)
大阪営業課 係長
入社13年目(中途入社 法学部卒)
[経歴]
高校卒業後、一度就職し、その後大学進学。大
学卒業後、3年間アパレルメーカーに勤務し、
2001年に現在の会社に転職。
[現在の主な業務内容]
大阪営業課のチーフとして営業課の経営管理責
任を担い、また現場営業担当者として客先
(ディーラー)に対して、自社製品の拡販活動を
行う。
また、広報委員長として、メディア対応やHP、カタ
ログの作成、新製品説明会の企画・運営にも携
わっている。
オーダーメイドの研修プログラムを作成
当社では、確立された研修マニュアルやプログラムではなく、所属部署のニーズ、その人の特性を考え、
研修内容をカスタマイズすることで、充実したものとなっています。
一般的な企業のように営業ノルマを課すのではなく、営業チームとして目標に対する結果責任を負うと
いう姿勢を若手社員も持つ必要があります。
また、若手社員の成長のために、仕事の量と難易度を斜め割りし、量だけを数多くこなすのではなく、
難易度の高い仕事にも取り組むことで、自分で考え、どう振る舞うかといった力を身につけていってもら
うようにしています。
5/●
中堅社員
Q.
製造業
営業の職業
働くなかで感じるやりがいと、苦労していることを教えて下さい。
相手のニーズと自分たちのニーズが合致したときにやりがいを感じる
<仕事で感じるやりがい>
販売する製品群はニッチなものですが、奥が非常に深いです。競合他社も同じような製品を扱っています。その中で相手の得は何か?ということを考
えて行動し、メーカーとしての違いを理解され、それが成果として現われたときは特に満足感を感じるときですね。
<苦労していること>
こちら側の想いと顧客側の想いが違うときや、状況も刻々と変化することにより、変化への対応や判断力も求められます。大変ではありますが、それで
嫌になるというわけではなく、失敗をしたらその失敗を次の機会に活かそうという想いで取り組んでいます。
他にも大変なことはありますが、本当に良いものを製造しているメーカーだという強い自負があるので、やりがいを感じながら仕事ができています。
Q.
学生時代に学んだことと現在の職業の関係性について教えて下さい。
営業職において、物事の考え方や理解する力は、大学できちんと学んだかどうかが出る
私自身、大学ではほとんど勉強をしなかった身なので何も言えないのですが、やはり、営業職である以上は、最低限の経済学や経営理論、世の中の
情勢や、政治などは、その成り立ちや現在の状況を学ぶ必要があったと思います。
大学できちんと学んだ人と、そうではない人では、仕事で関わったときに、物事の考え方や理解する力、学ぶ姿勢などで、歴然とした差が出てしまい、
人としての幅の違いを感じます。
6/●
中堅社員
Q.
製造業
営業の職業
将来のキャリアイメージを教えて下さい。
日々成長していきたい
青臭いですが、日々成長していきたいと思いますね。今日も良かったけど、明日もっと良くなって、明後日はさらにもっと良くなっていたいと思います。
常に変化していく自分を楽しみながら、もっと働いていきたいと思っています。
Q.
学生の皆さんに対してメッセージをお願い致します。
毎日、真剣に学んで、遊んで、その中でたくさんの「出会い」や「気づき」を経験してほしい
自分が就職活動をしたときは、バブルがはじけ、いわゆる就職氷河期でした。そんななかで、就職活動では特に何も考えもせず、「とりあえず就職をし
て、嫌だったら辞めればいいか」程度にしか考えておらず、力を入れて就職活動に取り組まなかったことに後悔があります。
ですが、就職は人生の非常に大きな転換期の一つであり、現実として、アルバイトと違って、「気に入らなければ次に行こう」とはなりません。
そうした大きな転換期を前にして、“就職用の自分像”を作るのではなく、“自分は一体どうしたいのだろう”、“どのようなことをするとハッピーになれる
のかなぁ”ということを素直に考えてみると良いと思います。「冒険的な人生を送りたい」、「“安定”という言葉が何よりも好き」、「人の役に立ちたい」、
「同じ場所でじっくりと腰を据えたい」、「世界中を飛び回りたい」など自分はどんな人間なのかを考え、その上で「就職」という道が適していると思えば、
その道を選択するという考え方が良いと思います。このような「気づき」を学生の皆さんにはできるだけ早く経験してほしいです。
そのためにも、大学1,2年生は、就職は先のことで考えられない人がほとんどだと思いますが、それで良いと思います。私自身もそうでした。ただし、講
義はきちんと受けて、遊ぶときには目一杯遊び、バイトも楽しむ、というようにメリハリをつけて、どの活動にも真剣に取り組めば、そのなかでの色々な
「出会い」や「気づき」があり、興味や自分が惹かれることが出てきて、それが数年後の進路選択の際に財産になる、と今になって思います。
7/●
ベテラン社員
Q.
情報通信業
就職した経緯について教えて下さい。
IT業界が魅力的な時代、未経験者採用の企業を探していた
10年前はITバブルの時代であり、東京からUターンを考えていたところに、漠然と魅力的な業界だと感
じていたIT業界に絞って就職活動をしました。IT業界は、中途採用の場合は即戦力が求められると聞
いていましたが、未経験者でも受け入れてくれる企業があり、運良く採用されました。
IT業界というと、専門知識があって、プログラムをかけないとやっていけないイメージがありましたが、そ
れは全く異なります。むしろ中途であっても、社会人としての基礎力が重要になってきます。
Q.
同じ職業の若手・中堅社員との違いとして、どのようなことが
ありますか。
営業の職業
[プロフィール]
Tさん 男性(30代)
チームサポート事業部 マネージャー
アクティブサポート事業部 マネージャー(兼任)
入社9年目(中途入社 専門学校卒)
[経歴]
専門学校卒業後、映像に関わる仕事がしたいと
思っていた。東京で、勤めていた会社が倒産して、
地元である名古屋にUターンしてきた。
[現在の主な業務内容]
事業部のマネージャー(部長)として、新たな事業
部の立ち上げに従事。現在は新たな業態で、営
業のマネジメントを行っている。
高校性アスリートのコンディショニング指導を業
務とするところの営業を担当している。
営業は、練習試合の会場で先生に挨拶するとこ
ろからはじまる。強豪校を狙っていく。団体競技
が主であり、チームを応援するスタンスでやって
いる。
事業計画立案と責任、メンバーのモチベーション向上
マネージャーになれば、事業計画を立案し、その計画を遂行する責任があります。
それを、自分一人ではなく、如何にしてメンバーを巻き込んで、メンバーがモチベーションをもってどうや
るかを常に考えています。
若手・中堅社員との違いは、自分がプレイヤーとしてパフォーマンスを上げるのではなく、メンバーのパ
フォーマンスを上げてチームとして成果を出すことが求められることです。そのために、若手社員には
成長機会を作ってあげることも必要です。それがやりがいにも繋がっています。
8/●
ベテラン社員
Q.
情報通信業
営業の職業
働くなかで感じるやりがいと、苦労していることを教えて下さい。
やりがいも苦労も、メンバーのパフォーマンス次第
<仕事で感じるやりがい>
思い描いたビジョンにそってメンバーが一丸となって動いているときは、本当にやりがいを感じるときです。
<苦労していること>
逆に、思い描いていることが伝わらず、メンバーが動いてくれないときには苦労します。
マネージャーの場合、やりがいも苦労もメンバーのパフォーマンス次第であると痛感しています。
Q.
学生時代に学んだことと現在の職業の関係性について教えて下さい。
日常生活の中での疑問を、仮説検証して解決する習慣が活きている
どんな経験も活かされていると感じています。
学生時代もそうですが、映像を作る仕事は、人をセッティングする段取りなどの大事さを身につけました。関係者の調整や、配慮の仕方などは、今も活
きています。
また、学生時代には、いろいろなことに疑問を持っていました。時間も多くあったので、日常の生活でも、疑問点があれば仮説をたてて検証する癖がで
きていたと思います。人気店の行列の理由を考えてそれを検証してみたり、そのような習慣は今の営業職でも活きていると感じています。
9/●
ベテラン社員
Q.
情報通信業
営業の職業
将来のキャリアイメージを教えて下さい。
会社と自分のキャリアを重ね合わせる
自分のキャリアを発展させることが、会社のキャリア発展になっている印象です。会社と自分のキャリアを重ね合わせて考えています。
会社の中期目標を達成させることが、当面の自分のキャリアにもつながっていて、会社は2020年には200名体制を目指しているので、事業の柱も自
分自身が育てていきたいと考えています。
そのために、メンバーがより前向きに、気持ちよく働ける会社にしていきたいと思っています。
Q.
学生の皆さんに対してメッセージをお願い致します。
楽しい経験をして、プライベートを充実させる人が、社会でも伸びる
学生時代は時間があると思います。若いうちに楽しい経験をして、プライベートが充実している方が、社会に入ってからも伸びていると感じます。
様々なアルバイトなどもして、社会との接点も作ってほしいと思います。世の中に無駄な仕事はありません。アンテナを高くして様々な経験をして良く考
えることです。
また、若いうちから人前で話す機会は積極的に作った方が良いと思います。ゼミやサークル、団体を仕切っていた人材は成長が速いです。
10/●
ベテラン社員
Q.
製造業
就職した経緯について教えて下さい。
前職(商社)時代に、メーカーの強みを実感していた
大学卒業後、専門商社に新卒入社して、3年間在籍しました。しかし、ほとんど休みもない状況であり、
結婚などのタイミングも重なったこともあり、体のことも考えて仕事よりもプライベートを重視したいという
想いから転職をしました。
転職活動では、前職の商社時代に仕入れメーカーと関わるなかで、業界に関係なくメーカーの強みを
実感しており、特に自社独自のフィルム製造メーカーという点に惹かれ、現在の会社への転職を決めま
した。
Q.
同じ職業の若手・中堅社員との違いとして、どのようなことが
ありますか。
営業の職業
[プロフィール]
Yさん 男性(40代)
営業課 課長代理
入社19年目(中途入社 商経学部卒)
[経歴]
大学卒業後、専門商社で3年間勤務したのち、現在の
会社に転職。
[現在の主な業務内容]
営業職として現場営業及び、課長代理として、九州営
業所の経営管理を担当している。
また、職制会議である製販連携委員会の議長として、
メンバーとともに製造部門、営業部門から上がってくる
要望についての調整や会社との協議をしている。
さらに、職制会議である地域営業会議のメンバーとし
て、営業に関わる内容について会社との協議や、他
営業所課との協議を実施している。
鳥瞰的に物事を考えて、リーダーシップを発揮すること
会社全体を経営者の目線で見なければならず、ある一点だけではなく、鳥瞰的に物事を考えなければ
ならないことが、大きな違いだと思いますね。
営業所のことだけを考えるのではなく会社全体のこと、客先のトップ・キーマンとの関係強化、経営者と
の協議、戦略の立案、会社の方針の検討、企業理念をメンバーに伝えて引っ張っていくといったリー
ダーシップを発揮することが求められていると認識しています。若手の頃は、営業所の売上のことだけ
を考えていれば良い部分がありましたが、年次を重ねていくうちに変化してきた点ですね。
11/●
ベテラン社員
Q.
製造業
営業の職業
働くなかで感じるやりがいと、苦労していることを教えて下さい。
仕事のやりがいに、会社の大小は関係ない
<仕事で感じるやりがい>
前職の会社は約1,500人の社員がいる会社でしたが、あまり面白みを感じることはなかったです。そうした環境から、入社時点では100人に満たない現
在の会社へ転職してきましたが、経営者と直接話ができるアットホームな部分に驚きを感じ、また自分の成長と会社の成長を共に感じることができたと
いう点で非常にやりがいを感じました。その気持ちは今も変わらず、仕事のやりがいに会社の大小は関係ないと思っています。
<苦労していること>
会社も大きくなり、後輩が増えてくるなかで、若手の指導、営業所の管理等、求められることが多くなってきました。自分の立場に見合うような振る舞い
ができているかどうかは自問自答の毎日ですね。それだけ、責任ある立場に成長したんだなと実感しています。立場に見合う当たり前の苦労をしてい
るという認識です。
Q.
学生時代に学んだことと現在の職業の関係性について教えて下さい。
アルバイトの経験などは、営業職に活かされているかもしれない
大学の授業で学んだ内容が、直接的に仕事に活きたことはあまりなかったですね。強いていえば、経済学をもっと学んでおけば良かったと後悔してい
ます。ただし、人との繋がり、人との関わり方、親友と呼べる仲間との出会い、アルバイトでの商売の経験、企業での上下関係などは、学生時代にしか
できないかけがえないものでしたし、営業職の仕事に私の場合は間接的には活かされているのかもしれません。
12/●
ベテラン社員
Q.
製造業
営業の職業
将来のキャリアイメージを教えて下さい。
上位役職を目指すよりも、仕事の質を上げていきたい
より上位の役職へのチャレンジという点では、今の役職に対する責任を全うしている最中であり、上位の役職へのこだわりは特にないです。ただし、仕
事の内容については、今のままで良いというわけにはいかないのは当然であり、自身のスキルアップを積み重ねていこうと思っています。役職というよ
りも、仕事の質を上げていきたいという想いの方が強いです。そして、周りから認められる存在になっていくことを今は目標としています。
Q.
学生の皆さんに対してメッセージをお願い致します。
仕事の面白さや満足感を見出すことにより、長く働きたいと思えるようにする
新卒のときは、周りの友人や親戚などの目線、親の意向・体裁などから、誰もが知っている大企業に入社したいという気持ちは強いと思います。私自
身もそうでした。しかし、大企業=自分にとって良い会社とは限りません。知名度や給与面だけではなく、仕事の面白さや満足感などを感じることがで
きなければ長く働き続けることはできないのではないだろうかと私個人としては思っています。
一方で、私の場合、前職(商社)での営業職の経験が、現在の会社でも営業職として働く上で、非常に役立っていることには感謝をしています。商社の
営業職とメーカーの営業職では、仕事の内容(求められる振る舞い、スタンスなど)に大きな違いはありません。ただし、やはりメーカーは自分たちでモ
ノを作っていることに最大の強みがあります。私はそこに惹かれました。ただし、個々人の考えには様々あるでしょうから、一概に商社が悪いというわけ
では決してありません。
会社に入ってみなければ分からないことも多々あると思いますが、情報収集に努めて、そのなかで給与や福利厚生だけではない部分にも目を向けて
ほしいと思います。仕事でのキャリアを重視したいのか、私生活とバランスをとった働き方をしたいのか、よく考えてから、進路の選択をすることも一つ
の手段としても良いと思います。
加えて、営業職では、お客さんに出す提案資料の作成のスキルを身につけておけば絶対的な武器になります。大学のレポートなどを活用して、見やす
く、わかりやすい資料を作るスキルを習得しておくことをお勧めします。
13/●
ダウンロード

営業の職業 - 厚生労働省