現生人類単一起源説と
言語の系統について
弘前大学人文学部教授
山本秀樹
概要
近年の遺伝学的研究によって「現生人類単一起源説」は
定説となったが、これまでのところ、言語学に対するイン
パクトはあまり見られない。しかし、これが言語学、特に
言語系統論にもたらす意味は、けっして小さくない。「現
生人類単一起源説」を前提にすれば、従来考えられてき
たよりもはるかに遠い言語の類縁関係の存在、果ては、
しばしば荒唐無稽と思われてきた「人類言語単一起源
説」の可能性も考えられ、言語学の世界で伝統的に同系、
非同系と言われてきたものは、実はすべて程度差にすぎ
なかったという可能性も浮上してくる。
人類の起源
• 人類がアフリカの類人猿と分岐した
時期=約600万年前
• 約180万年前に出アフリカ
cf. 現代人に直接つながる現生人類(ホモ・サピ
エンス)の出アフリカは約6万年前
多地域進化説と単一起源説
• 多地域(並行)進化説
100万年以上前にアフリカを出た人類から、各地
で並行的に進化 ― 主として形態人類学的見
地による1980年代後半まで有力であった説
• 現生人類(アフリカ)単一起源説
現代のすべての人類が約20万年前に生存した
たった1人のアフリカ女性(ミトコンドリア・イヴ)に
遡る ― 1980年代後半の遺伝学的研究(ミトコ
ンドリアDNAの分析)により有力となった説
ミトコンドリアDNAとY染色体
• ミトコンドリアDNA ― 母系。約20万年前にま
で遡り得る。もしミトコンドリア・イブが言語を持って
いれば、言語単一起源の可能性が高い。
• Y染色体 ― 父系。ミトコンドリアDNAよりも種
類が少ないため、遠い類縁関係を探るには有利。
しかし、せいぜい8万年前までしか遡れないため、
言語単一起源説には直接関係しない。
現生人類単一起源説が
言語学に対して持ち得る意味
• 人類言語単一起源の可能性
世界祖語の存在、言語の系統関係はすべて
程度差、従来考えられてきたよりもはるかに
遠い言語の系統関係の存在
*「人類言語単一起源説」成立の鍵
ミトコンドリア・イヴが言語を持っていたか否か
現生人類単一起源説に対する
言語学者たちの反応
• 多くの言語学者が無関心
*現生人類単一起源説に関する知識が稀薄
*言語単一起源につながり得る認識がない
*比較言語学による系統証明の限界が関係
基礎語彙における規則的音韻対応を中心とした伝
統的な系統証明の手法では、6千年前からせいぜい
1万年前までが限界。多くの言語学者は、それ以前
の系統関係には踏み込まない。(ノストラ大語族説、
大量比較法など、しばしば憶測的として批判の的)
新しい手法による言語の
遠い類縁関係の研究
最近の松本克己氏による研究[松本(2007,2010)]
• 言語普遍性にまでは至らず、基礎語彙以上に歴史
的な変化を被りにくく、言語の骨格にかかわる「遺伝
子型」とも言い得るような安定性の高い言語特徴を
選び出して、従来よりはるかに遠い類縁関係を探究
• 考察範囲を世界全域にまで広げて、広域の言語類
型地理論的な視点から系統を考察
人類の言語獲得時期
• ネアンデルタールの音声言語を調音する
能力に関する議論
声道の形状から見て、せいぜい幼児語レベルの単純な言
語しか話せなかった(Philip Liebermanによる1970年前後
の研究)
• 1990年前後から反証的研究が続々と出現
舌骨の形態、発達度 (Arensburg et al. 1989)、舌下神経管
の太さ(Kay et al. 1998)、脊椎神経の発達度 (MacLarnon
and Hewitt 1999)、母音空間の見直し (Boë et al. 2002) 等
言語単一起源説は成立するか?
• 現生人類が大脳で言語を操作する能力について、
言語単一起源説に関係し得る2つの研究
*古人類学者による研究 [Klein and Edgar (2002)]
約5万年前に急速な社会文化的進歩:大脳に起こった変異
による言語の獲得と関係? → もし言語の獲得が5万年前
であったとすれば、現生人類の出アフリカ後
*FOXP2(言語遺伝子?)の研究 [Lai et al. (2001),
Enard et al. (2002) ]
FOXP2が現代のような形になった時期=20万年前以降(10
万年前から1万年前の可能性が高い) → ミトコンドリア・イ
ヴの生存時期と一致するか?
むすび
今日、遺伝学的研究の進展によって現生人類の単一起源は、
ほぼ確実となった。しかし、それによって直ちに言語単一起源
説が成立するかというと、以前に比べ、その可能性が高くなっ
てきたとは言えるが、現段階では一つの仮説にとどまり、結論
を保留せざるを得ないかもしれない。ただし、近年、現生人類
がアフリカを出て種々の人種に分かれていったのが、せいぜ
いここ6万年程度に過ぎないと考えられてきていることに照ら
せば、少なくとも世界の大多数の言語が同系である可能性は
きわめて高いと言えよう。また、言語学者たちも、言語単一起
源説を単なる荒唐無稽な説と一笑に付すことなく、その可能
性は常に念頭に置いておく必要があるだろう。
ダウンロード

配布資料1 - 千葉大学文学部