第37回全国英語教育学会山形研究大会
2011年8月20日 山形大学子白川キャンパス
英語授業の「楽しさ」を構成する要因と
その相互作用に関する研究
英語授業学研究からのアプローチ
鈴木政浩(西武文理大学)
はじめに
• 英語授業学研究
表1 高等教育における「英語授業学」関連研究の経緯
年
著作等
1983年
若林(1983:186-187)
1984年
若林他共編(1984)
1990年
若林俊輔教授還暦記念論文集編集委員会編(1990)
1991年
松畑(1991)
2001年
『「英語教育の推進について」の検討素案』(2001)
2004年
「田辺メモ:大学英語教育の在り方を考える」(報告)
大学英語教育学会授業学研究委員会発足
2007年
大学英語教育学会授業学研究委員会編著(2007)
2010年
大学英語教育学会第二次授業学研究委員会発足
山岸他編著(2010)
鈴木(2011a:54)より
「よりよい英語授業」の要因を、授業者と学習者の視点から体系化することを目的とした学問
問題の所在と研究の目的
鈴木(2011c)より
(英語)授業研究のアプローチ
(従来のアプローチ)
授業者の視点からの授業計画
参観・ビデオ視聴
個々の授業のすぐれた点の指摘(授業者)
英語授業学
(本研究)のアプローチ
体系化された
「よりよい英語授業」の要因
授業実施
省察(授業者+学習者)
授業の成果検証・要因の再検証
部分的な知恵の共有
個人的知見 → 「達人」技
誰もができる
「よりよい英語授業」実践
3
4
「よい英語授業」に取り組みたい
「よい英語授業」
ってどんな授業?
英語授業学研究:
「よい英語授業」
ってこんな授業
学習者・授業者双方の視点
「よい英語授業」の指針
「よりよい英語授業」の要因
鈴木(2011c)より
要因(暫定的分類)
1
授業環境
2
指導技術
3
学習者把握
4
授業構成
5
授業内コミュニケーション
6
人格形成
7
授業者の専門的知識
8
内省的取組
9
コミュニケーション
安心して参加できる
意欲を引き出す
わかる
おもしろい
自発性
雰囲気がいい
知的好奇心
向上心
充実感
発見・感動
好きになる
興味・関心
期待感
ためになる
自発性
満足感
できる
ニーズ
自ら学ぶ
役に立つ
英語授業における「楽しさ」
(以下「楽しさ」)とは何か
言語文化観
10 「授業者」が指摘する要因は、大学英語教育学会(JACET)授業学研究委員会編著(2007)をもとに、学習者要因は大学生に
対するアンケート調査から要因を抽出した。
8
問題の所在
• 「楽しさ」の要素
– 森住(1980)
練習問題ができる、文法や語法の理屈がわかる、雰囲気、ゲームやことば遊び、
評価を気にしない、参加の実感、向上を実感、変化に富む→「よい授業」への要
因
– 鈴木(2011b)の9要素
1. 居場所のある楽しさ 2. わかる楽しさ 3. できる楽しさ 4. 知り
たいと思う楽しさ 5. 成長する楽しさ 6. 参加・表現できる楽しさ
7. 個別に取り組む楽しさ 8. 変化に富む楽しさ 9. 成績と関係な
い楽しさ↓
質問紙調査による5因子構造の提案(鈴木,2011c)
質問紙調査による英語授業における「楽しさ」
5因子構造(鈴木,2011)
表 2 因子名、各因子名、内容、因子を構成する項目数
因子名
内
第1因子
参加表現因子
個人、グループの発表や英語で表現する楽しさに
関わるもの
6
第2因子
言語文化的知識因子
海外の文化、国々、語源、表現を学ぶ楽しさに関わ
るもの
4
第3因子
教科書外因子
教科書で学ぶ以外のことを学ぶ楽しさに関わるも
の
3
第4因子
熟達因子
できるようになる楽しさに関わるもの
2
第5因子
多様な学び因子
ビンゴやパソコンを使った多様な学びの楽しさに関
わるもの
2
別紙資料2
容
項目数
「英語の授業に関するアンケート調査」参照
研究1 目的
英語授業における「楽しさ」5因
子構造モデルの適合度を検証す
ること。
方法
• 対象者
– 関東近県の中学生・高校生・大学生1060名(うち欠損値
のあるケースを省いた888名のデータを使用)
• 実施期間
– 2011年4月から5月
• 方法
– 英語授業における「楽しさ」要因(鈴木, 2011c)の確証
的因子分析
別紙資料3 「5因子構造のパス図」 参照
結果
図1 5因子構造からなるパス図
適合度 GFI = .909, AGFI = .872, CFI = .943 RMSEA = .045
すべてのパスは.001%で有意 (CMIN = 2097.284, p < .000)
表3 因子相関行列
因子
1
2
3
4
5
1
1.00
0.65 ***
0.72 ***
0.64 ***
0.56 ***
2
0.65
1.00
0.74 ***
0.51 ***
0.54 ***
3
0.72
0.74
1.00
0.61 ***
0.56 ***
4
0.64
0.51
0.61
1.00
0.37 ***
5
0.56
0.54
0.56
0.37
1.00
"因子抽出法: 主因子法
回転法: Kaiser の正規化を伴うプロマックス法"
表4 因子名、各因子を構成する項目数および因子ごとの信頼性係数
因子名
項目数
信頼性係数
第1因子
参加表現因子
6
0.92
第3因子
教科書外因子
3
0.86
第5因子
多様な学び因子
2
0.78
因子名
項目数
信頼性係数
第2因子
言語文化的知識因子
4
0.89
第4因子
熟達因子
2
0.81
中高大の比較
表5 モデル適合度の比較
GFI
AGFI
CFI
RMSEA
AIC
中学 (n=180)
0.897
0.856
0.915
0.048
2063.39
高校 (n=410)
0.904
0.865
0.940
0.046
2127.799
大学 (n=298)
0.904
0.865
0.940
0.046
2037.164
全体 (n=888)
0.909
0.872
0.943
0.045
1504.748
表6 因子負荷得点分散分析による平均値の差
多様な学び因子(第5因子)
平均値の差
高校
中学
0.22*
大学
0.12
* p < .05
楽しい英語授業の諸相
このスライドはハンドアウトにありません!
いずれかの要因に焦点を当てた
英語授業づくり
複数の要因を組み合わせた英語
授業づくり
楽しい英語授業
いろいろな内容を(自主教材)を使って
(教科書外因子)
研究2 「楽しさ」因子と熟達度の関係
目的
「楽しさ」因子と熟達度の関係を検証すること
対象者 研究1の対象者のうち、4月授業開始時点で英検抜
粋問題を実施した埼玉県内の大学1年生101名
期間
2011年4月から5月
方法
熟達度を従属変数に、各因子の平均値を独立変数
とした(探索的)重回帰分析
変数増加法:投入可能な変数を1つずつ増やして行く分析手法
結果1
R2:矢印の左側にある変数が右側の
変数を説明する割合(ここでは、7%)
パス係数:及ぼす影響の強さ
.07
教科書外因子
.28 **
熟達度
** p < .01
図2 熟達度を従属変数にした重回帰分析のモデル
「楽しさ」が英語学力につながらない現状(斉藤,2002)
結果2
教科書外因子
参加表現因子
言語文化的知識因子
.24 †
.34
.25 *
熟達因子
.24 †
† p < .1 * p < .05
図3 熟達因子を従属変数にした重回帰分析のモデル
考察
• 学習者からみた「楽しさ」の要因の構造がある程度明ら
かになった。
– 授業案作成と「楽しさ」→どの「楽しさ」を取り込むか
– 授業実施前後のアンケート調査による授業の効果検証の可能性
• 「楽しさ」要因は熟達度に直接影響を与えていない。
– 「楽しさ」要因と熟達度の間には別の要素が関係
(授業が楽しくても、放っておいたら勉強するとは限らない)
※ 熟達度の測定方法の問題等の要素
配布したハンドアウトに若干修正を加えました。
本研究の限界と課題
• 「楽しさ」と熟達度を媒介する要因は何か?
変化する要因
(授業者要因・学習者要因)
普遍的要因
(実態)
成功体験の積み重ね
原田・牛田(訳)(2006)
楽しいテスト
楽しい暗唱
難行苦行
川島・安達(2004: 94)
「楽しさ」要因1
「楽しさ」要因2
家庭学習
「楽しさ」要因3
授業中の練習
「楽しさ」要因4
その他
「楽しさ」要因5
熟達度等による違いの可能性
図4 「楽しさ」要因と熟達度の仮想モデル
熟達度
ホームページ等の情報
• 鈴木政浩のホームページ: http://msuzuki.sakura.ne.jp/
• メールアドレス: [email protected]
[email protected]でメールをお願いします。
• メーリングリスト: [email protected]
[email protected]手続きが完了します。
「よりよい英語授業」に関する研究や実践に関する交流をお願いできる方はご
連絡下さい。
参考文献
大学英語教育学会(JACET)授業学研究委員会編著(2007)『高等教育における英語授業の研究
-授業実践事例を中心に』松柏社
原田信之・牛田伸一(訳)(2006)「ヒルベルト・マイヤー教授来日記念講演 すぐれた授業のスタ
ンダード Lecture by Prof. Dr. Hilbert Meyer in remembrance of his visit to Japan.
Standards of Good Instruction.」『岐阜大学教育学部研究報告 人文科学』第55巻第1号,
183-194.
川島隆太・安達忠夫(2004)『脳と音読』講談社
森住衛(1980)「楽しい授業とは何か」『英語教育』4月号, 56-57 大修館書店
中島英博・中井俊樹(2005)「優れた授業実践のための7つの原則に基づく学生用・教員用・大学
用チェックリスト」『大学教育研究ジャーナル第2号』pp.71-80
小塩真司(2008)『はじめての共分散構造分析 Amosによるパス解析』東京図書
斉藤英二(2002)「楽しければそれでいいのか」『語研ジャーナル』(3), 93-96
鈴木政浩(2011a)「『英語授業学』研究の今日的課題 — 英語「授業研究」と比較して —」『言語教
育研究』創刊号 55-65 桜美林大学
鈴木政浩(2011b)「大学における『楽しい』授業の創り方」『新英語教育』No.501, 10-12
鈴木政浩(2011c)「英語授業の『楽しさ』を構成する要因に関する研究 英語授業学研究からのア
プローチ」関東甲信越英語教育学会第35回神奈川研究大会(口頭発表)
飛田ルミ・阿久津仁史・鈴木政浩(2011)「学習者の自尊感情を重視したHumanistic Approach
によるコミュニケーション活動」 全国英語教育学会第35回山形研究大会
関連文献等
「楽しさ」に関わるもの
神林裕子(2005:30)「『雪まつり』での国際交流活動の有効性-子どもの『楽しさ』や『英語で相手とコミュニケーションを図ること
の慣れ』の観点から-」『北海道教育大学紀要,教育科学編』, 55(2):27-33.
竹村雅史(2007)「函館高専に於ける英語多読指導の試み-最終報告-」『函館高専紀要』41, 113-117.
星野百合子・川島聡史・大兼敦子(2004) 「実践的コミュニケーション能力の育成 : 『学ぶ楽しさ』を実感できる授業への改善を
通して」『宇大付属中研究論集』 52, 80-93.
小磯かをる(2005)「日本人英語学習者の動機付け-JGSS-2003のデータ分析を通して-」『JGSSで見た日本人の意識と行動 :
日本版General Social Surveys研究論文集』 4(JGSS Research Series No.1), 79-91. 大阪商業大学
菅原栄子(2004)「教師中心の英語授業から相互交流的な英語授業へ:相互交流活動は生徒の学習にどのような効果がある
か」『岩手大学英語教育論集』 第6号, 35-54.
長碕政浩(2010)「外国語教育におけるReading Workshop導入の試み」『高知工科大学紀要』7(1), pp143-151.
兼重昇・藤井浩美(2004)「チャットシステムを利用した英語ディスカッションの試み」『鳴門教育大学情報教育ジャーナル』1, 2735.
倉八順子(1996)「英語学習の学習意欲の発達」『名古屋大學教育學部紀要』43, 2-7.
小林友宏(2009)「英語を通して何を学ぶか-カナダ国際交流研修旅行を通して-」『大阪教育大学紀要』第57巻第2号 21-29.
星野百合子・川島聡史・大兼敦子(2003)「『学ぶ楽しさ』を実感できる授業の実践」『第48回(平成15年度)公開研究発表会外国
語科(英語)発表要項』 』87-98.
中井俊樹・中島英博(2005)「優れた授業実践のための7つの原則とその実践手法」『名古屋高等教育研究』(5) 283-299.
原田信之・牛田伸一(訳)(2006)「ヒルベルト・マイヤー教授来日記念講演 すぐれた授業のスタンダード Lecture by Prof. Dr.
Hilbert Meyer in remembrance of his visit to Japan. Standards of Good Instruction.」『岐阜大学教育学部研究報告
人文科学』第55号第1号 183-194.
齋藤栄二(2002)「英語教育改革試案 A Tentative Plan for Improving English Language Teaching」『関西大学外国語教育研
究』 4, 1-35.
齋藤栄二(2004)「英語教育改革試案 A Tentative Plan for Improving English Language Teaching」『語研ジャーナル』 (3)
93-96.
ダウンロード

パワーポイント - 鈴木政浩(西武文理大学)