1
アリ スト テ レス以来 、行 為論 は帰 責 の根拠 を中 心課 題と し て、心身 論 、自由 論 、他我 論と 密接 にか
ン の 立 言 を め ぐ っ て、 行 為 の理 由 と 動 機 と 原 因 の 関 係 を 明 ら か に す る 分 析 哲 学 的 な 理 論 が 活 発 な 論 争
か わ る 領 域 を 形 作 って き た が 、 と く に 近 年 、 ﹁
行 為 の 理 由 は 行 為 の 原 因 で あ る﹂ と いう デ ィ ヴ ィ ド ソ
田
良
(
金沢大学 )
正
状 況 を 形 づ く って い る 。 こ う し た 状 況 に 対 し て 、 古 典 哲 学 の 視 点 、 ま た 現 象 学 的 な 視 点 か ら も 検 討 を
加 え 、 行 為 論 の現 在 を 明 ら か に し た い。
柴
(1 ) 扉 を 開 け る と いう 行 為 に 扉 が 開 く と いう 出 来 事 が 伴 っ
方 に反対 し てこう述 べて いる。
為 と 単 な る 身 体 運 動 と の 区 別 を 両 者 の原 因 の相 違 に 求 め る考 え
行 為 論 の 本 流 と な った か の よ う に 思 わ れ る 。 例 え ば 野 矢 は 、 行
行為 の因果説と心 の非法則性
<
シ ンポ ジ ウ ム "行 為 論 の 現在 >
あ れか これ か ?
はじめ に
以 来 、 行 為 論 の主 流 は 行 為 の因 果 説 と な った 、 と いう 話 は 今 は
の心 的 で き ご と な いし 状 態 が 生 じ て い る の だ ろ う 。
て いた よ う に 、 腕 を 伸 ば そ う と 意 志 す る こ と に 伴 っ て 、 何 ら か
デ ィ ヴ ィ ド ソ ン が 一九 六 〇 年 代 に行 為 の因 果 説 を 復 活 さ せ て
むか し。 現在 ではむ し ろ、 理由 によ る行為 の説明 は因果 的説 明
(2 ) そ し て 、 そ の 心 的 で き ご と な い し 状 態 が 原 因 と な って 、
で は あ り え な い、 と す る 解 釈 主 義 的 反 因 果 説 が 認 知 科 学 に お け
る コネ ク シ ョ ニズ ム の台 頭 と 手 を た ず さ え て (
? ) 再 び (?? )
1
の生起 に関 す る因果的
私 の 立 場 と 本 稿 の 展 開 を あ ら か じ め 明 ら か に し て お こう 。 私
(
科 学 的 ) 説 明 で は な か ろ う 、 と いう わ
は 、 行 為 と いう 存 在 者 に コ ミ ット す る 限 り 信 念 や 欲 求 と いう 命
れ わ れ の直 観 で あ る 。
(3 ) と こ ろ が 、 そ の 心 的 で き ご と な いし 状 態 は や は り ﹁
私
題 的 態 度 の存 在 に コ ミ ット せ ざ る を え な いと 考 え る が 、 さ ら に 、
﹁
私 は腕 を伸 ば す
私 の 腕 が 伸 び る と いう で き ご と を 引 き 起 こ し 、 だ か ら こ そ 、
が 原 因 で﹂ 生 じ た の であ ら ね ば な ら な い。 さ も な け れ ば 、 自 然
命 題 的 態 度 の存 在 の 因 果 的 働 き が 行 為 を 産 出 す る 、 と 主 張 す る
﹂ と言 われ る のであ る。
れ が 原 因 で 腕 が 伸 び る こ と に な る が 、 こ れ で は 痙 攣 に 類 す るも
現 象 的 に 私 の心 にな に が し か の で き ご と な い し 状 態 が 生 じ 、 そ
行 為 概 念 に 忠 実 で あ る 限 り 、 因 果 性 と 合 理 性 と いう こ の 二 つ の
行 為 の反因 果説 にも荷 担す る。要点 は 、わ れわ れが自 分 たち の
属 原 理 は も っぱ ら 合 理 性 だ と いう こ と を 承 認 す る 点 で は 、 私 は
点 で 行 為 の 囚 果 説 に荷 担 す る 。 し か し 同 時 に 、 命 題 的 態 度 の帰
(4 ) か く し て 、 再 び 問 題 は 先 送 り さ れ た に す ぎ な い (
野矢
の にな って し ま う だ ろう 。
t.九九四 ﹄
、 。八 〇 頁 以 下 )。
.
的 に行 為 音 の内 部 に 生 じ よ う と な ん ら 問 題 は な い﹂ と 直 ち に応
れ た な ら そ れ は 行 為 であ り 、 そ の 信 念 や 欲 求 が い か に 自 然 現 象
と 信 念 と が 原 因 と な って 然 る べき 仕 方 で 身 体 運 動 が 引 き 起 こ さ
較 的 容 易 で あ る 。 因 果 説 論 者 は 、 (3 ) を 拒 絶 し 、 ﹁適 切 な 欲 求
行 為 の 因 果 説 に と っ て こ の種 の無 限 後 退 論 法 に 対 処 す る のは 比
(
同 、 ]八 、
、
、
頁 ) と いう 筋 の 議 論 に 向 か う わ け だ が 、 も ち ろ ん
明 が ど のよ う に し て な お 因 果 的 説 明 で あ り う る の か 、 と いう .
吋
る (III節 )。 そ し て最 後 に (IV 節 )、 そ の よ う な 素 朴 心 理 学 的 説
ど ま る 限 り で 、 最 近 の反 因 果 説 の 、 つに や や 詳 細 な 反 駁 を 試 み
し て の素 朴
節 と、次 い で 、 因 果 的 要 素 と 合 理 的 要 素 の 混 在 し た シ ス テ ム と
ド ソ ン の非 法 則 的 .元 論 の 挫 折 を お さ ら いす る こ と に す る (H
ヒ 学 の レ ベ ル で こ の 二 つ の要 素 を 和 解 さ せ よ う と し た デ ィ ヴ ィ
な いだ ろ う 、 と いう こ と で あ る .
。そ こ で 以 下 で は 、 ま ず 、 形 而
い か な る 概 念 分 析 も そ れ ら の .方 の 消 去 や他 方 へ の 還 元 は でき
酬 す る こ と が で き よ う 。 野 矢 の議 論 の 直 接 の タ ー ゲ ット は 行 為
能 性 を 探 る 。 本 稿 の狙 い は 控 え H で あ り 、 残 念 な が ら 結 果 も は
要 素 は 互 いに 衝 突 し 合 お う と な か ろ う と 確 か に共 在 し て お り 、
の 因 果 説 で は な く 基 礎 行 為 論 で あ る が 、 そ のあ り ふ れ た パ タ ー
な ば な し いも の で は な い 。 し か し 、 本 稿 に何 か 見 所 が あ る と す
こ の ア ポ リ ア か ら 逃 れ る た め に 野 矢 は ﹁⋮ ⋮ 行 為 の 可 能 性 は そ
ン を 形 成 し て い る のは 、 わ れ わ れ の行 為 概 念 に 潜 む お 馴 染 み の
も そも 原 因 の探究と は無 縁 のレ ベ ルで論 じら れる べきだ ⋮⋮﹂
反因果 的 な要素 であ る、
。そ れ は 、 行 為 の 理 解 に と って 原 因 の詮
れ ば、 それ は、 最近 の心 的因果 性
(
ment
a
lcausa
t
i
on) に 関 す る
(
常 識 )心理学 的説 明を 確 認し 、そ のシ ス テムにと
索 は 必要 でも レ分 でも なく 、ま た理由 に よる行 為 の説明 は行為
2
点 であ ろう .
.そ の視 点 は 、 エピ フ ェノ メ ナ リ ズ ム の 不 安 が 実 践
議 論 を 一種 の脅 迫 観 念 に捕 わ れ た 物 理 主 義 者 の病 いと 見 な す 視
な く 、 む し ろ 物 的 性 質 の み が 因 果 的 な 働 き の .切 を 引 き 受 け て
の心的性 質 のゆえ に
(
i
n vi
r
t
ue of
)何か を引 き起 こす わけ で は
的 レ ベ ルで解消 す ること を浮 彫 にし てくれ る のであ る。
(
喉 の 渇 き を 満 た そ う と いう 欲 求 ) が あ る 結 果
い る の で は な い か 、 と いう 疑 いが 生 じ て こ よ う 。 と いう の も 、
あ る心的 出来事
(コ ップ へ の 手 の 動 き ) を 引 き 起 し た と し て も 、 そ れ は 、 ︿欲
デ ィ ヴ ィ ド ソ ン の非 法 則 的 、元 論 の 困 難 さ は 、 多 く の論 者 の
ろ う か ら で あ る 。 こ の事 情 は 、 ド レ ツキ の 憂 慮 が 見 事 に 示 し て
来 賢 と し て の﹀ 私 の欲 求 に よ って 引 き 起 こ さ れ た こ と に な る だ
非 法 則 的 、元 論 の 苦 境
(
ca
¢s
巴 e
白ca
2 ) の問
H
指 摘す るよう に、心的 性質 の因果的 効力
求 と し て の ﹀ 私 の 欲 求 に よ っ て で は な く 、 ︿神 経 生 理 学 的 な 出
題 と し て 集 約 的 に 現 れ てく る 。 デ ィ ヴ イ ド ソ ン に よ れ ば 、 心 的
ソ プ ラ ノ 歌 手 の歌 声 が グ ラ ス を 粉 々 に 砕 いた 。 そ の歌 声 の 意
いる.
、
(
物 心 の因果 的相
で あ ろ う 。 グ ラ ス の 破 壊 を 説 明 す る の は 歌 声 の音 響 的 な 性 質 で
味 は ﹁助 け て ! ﹂ だ った か も し れ な い。 し か し そ れ が 他 の意 味
出来 事と 物的 出来事 は相互 に因 果 関係 に立ち
事は (
心 的 に記述 され るが ゆえ に )そ の生起 を支配 す る厳格 な
あ って 、 意 味 で は な い.
、同 じ よ う に 、 行 為 理 由 の意 味 は 、 歌 声
互 作 用 )、 因 果 関 係 に 立 つ出 来 事 は 物 的 に 記 述 さ れ た 限 り で 厳
法則 をも ちえ な い (
心 的 な も の の非 法 則 性 ) (
Da
vi
ds
on ︻
1
97
0︼p.
の 意 味 が グ ラ ス の破 壊 に と っ て そ う で あ る よ う に 、 行 為 に と つ
だ った と し ても 、 グ ラ ス が 砕 け 散 る こ と に は 変 わ り が な か った
208)。 つ ま り 、 心 的 出 来 事 と 物 的 出 来 事 を 結 ぶ 厳 格 な 法 則 は 存
て 説 明 上 関 連 が な いか も し れ な い (
Cf.
Ba
ke
r 1
991
︼
,Dr
et
s
ke
格 な 法 則 に 包 摂 さ れ る が (因 果 性 の法 則 論 的 性 格 )、 心 的 出 来
在 せ ず 、 そ れ ゆ え 心 的 出 来 事 は 何 ら か の物 的 出 来 事 と ト ー ク ン
ロ㊤○。㊤]
)。
問 題 を 単 純 化 し て 言 え ば こう で あ る 。 非 法 則 的 ]元 論 に は 、
的 に 同 一で は あ る が 、 タ イ プ 的 に 同 一と は な り え な い こ と に な
る 。 こ れ が 、 形 而 上 学 説 と し て の非 法 則 的 一元 論 の 主 張 であ る .
、
る (
9 E<ni
ne ロ8 二 chao●㊤)。 ]つは 因 果 性 であ り 、 も う 一つ
形 而 上 学 説 と し て 互 い に 相 容 れ な い 、.つ の 要 素 が は ら ま れ て い
は 合 理 性 で あ る 。 行 為 を 含 め た 出 来 事 の 全 体 を ]つ の 世 界 へと
し た が って 、 理 由 で あ る 出 来 事 が 行 為 であ る 出 来 事 を 引 き 起 こ
結 合 す る の は 因 果 性 で あ り 、 ト ー ク ン 同 一性 に よ って 因 果 性 は
す と き 、 因 果 関 係 に 立 つそ の 二 つ の出 来 事 は 物 的 に 記 述 さ れ た
限り では 因果法 則を 例化 し て いるが、 心的 に記 述さ れた 限り で
物 理 主 義 への 道 を 開 く 。 そ れ ゆ え 因 果 性 は 、 心 的 な も の を 物 的
は そ う で は な い。
す る と 直 ち に 、 こ の枠 組 み の 下 で は 、 心 的 な 出 来 事 は 実 は そ
3
因 果的説 明 でも あ ると主張 し始 め るとき であ る.
、な ぜ な ら 、 因
理 由 が 行 為 の原 因 で あ る の み な ら ず 、 理 由 に よ る 行 為 の説 明 は
が 緊張 関係 に入 る のは、 デ ィヴ イド ソンが行 為 の因果 説を 唱え 、
的 な構成 原 理を主 張す る解 釈主 義 であ る。 それ ゆえ、 この両者
合 理 性 が も た ら す の は 、 心 的 な も の に つ い て の非 法 則 的 で自 律
ら で あ る 。 合 理 的 な 連 関 が 因 果 的 な 法 則 性 に 還 元 さ れ な い以 上 、
と の 合 理 的 な 連 関 と いう 全 体 論 的 な 制 約 に よ って 決 定 さ れ る か
た 命 題 的 態 度 の内 容 は 、 当 人 が も つ他 の (
す べ て の) 心 的 内 容
す る 。 と いう のも デ ィ ヴ ィ ド ソ ン に よ れ ば 、 信 念 や 欲 求 と い っ
理 性 は 、 心 的 な も のを 因 果 的 な 法 則 性 と は 無 縁 な レ ベ ル で構 成
な世 界 の中 に住ま わ せるた め に必要 とさ れ る。し かし他 方 で合
果 的 説 明 で は あ り え な い。 そ の よ う な 説 明 は せ いぜ い のと こ ろ 、
為 の説明 ば かり ではな く、 心的 性質 に訴 え る いかな る説明 も因
な け れ ば な ら な い。 こ の道 に 従 う 者 に と って は 、 理 由 に よ る 行
成を 保持 す るな ら、心 的性 質 に因果 的効 力を 求 める ことは 諦め
し た の で あ る 。 他 方 、 後 者 の路 線 に 従 い、 心 的 内 容 の合 理 的 構
ロ⑩㊤ω︼)、 形 而 上 学 説 と し て の 非 法 則 的 一元 論 は 正 確 に は 破 綻
え て心 的 性 質 の 因 果 的 効 力 を 救 お う と し た と き
そ れ ゆ え 、 デ ィ ヴ ィ ド ソ ン自 身 が ス ー パ ー ヴ ィ ー ニ エン ス に 訴
線 の最終 目標 は合 理性 の自 然化
と も に 心 理 学 的 法 則 の存 在 を 唱 え る フ ォ ー ダ ー が いる 。 こ の路
生 さ せ る﹂ 道 で あ り 、 そ の 延 長 線 上 に は 、 多 く の機 能 主 義 者 と
み な し 、 心 的 性 質 の因 果 的 効 力 を 物 的 性 質 の 因 果 的 効 力 に ﹁寄
解 釈 的 パ タ ー ンを 提 供 す る に す ぎ な い。 し か し こ の種 の道 具 主
デネ ッ ト の言 う よ う に 、 わ れ わ れ の 行 動 の 予 測 の た め の便 利 な
(
一
)帥
邑 ω8
(
因 果 法 則 へ の還 元 ) で あ る 。
果 的説 明は法 則 的説 明 でなけ れば なら な いとす る直観 に従 えば 、
非 法則 的な 心的内 容 には 、因 果的 説明を 構成 す る資格 が最 初 か
義 の 先 に は 、 志 向 的 現 象一 般 に 関 す る 消 去 主 義 が 待 って いる 。
呼 び出 され る解釈 装置 にす ぎな い以上 、そ れら はもと もと 因果
ら 拒ま れ て いるから であ る.
、非 法 則 的 な 心 的 内 容 は 、 そ れ が ど
的 世 界 の 中 に 実 在 す る も の で は な く 、 志 向 的 な ﹁語 り 方 ﹂ が
信 念 や欲 求 と い った 命 題 的 態 度 が 当 人 の 因 果 的 状 態 と 無 関 係 に
し た が っ て 、 デ ィ ヴ イ ド ソ ン の 形 而 上 学 的 枠 組 み の下 で は 、
人 々 の 問 で ﹁は や ら な く な る ﹂ と いう 理 由 だ け で 姿 を 消 さ ざ る
う あ ろ う と 出 来 事 の 生 起 に 無 力 な のだ か ら 、 ど う し て 行 為 と い
心 的性 質 の因果 的効 力と 心 の非法 則性 を調 和す る千 だ てはな い
を え な いか ら で あ る 。
う 出来事 の因果 的説 明を 与え る ことが でき よう か。
よ う に 思 わ れ る 。 こ の難 局 を 乗 り 切 る に は 、 非 法 則 的 、元 論 を
てる か、も しく は逆 に、心 の非法 則性 を救 う ため に心的 性質 の
III 因 果 性 と 合 理 性 の混 在 と し て の行 為 概念
解 体 し 、 心 的 性 質 の 因 果 的 効 力 を 救 う た め に 心 の非 法 則 性 を 捨
因 果 的 効 力 を 放 棄 す る か のど ち ら か に し か 道 は な いよ う に 見 え
る。前 者 は、 心的性 質を 脳状 態 に スーパ ーヴ ィー ンす るも のと
4
れ が デ ー タ と し て受 け 入 れ る べ き 事 実 だ と 思 う 。 そ の よ う な シ
因 果 性 と 合 理 性 を 混 在 さ せ た シ ス テ ム だ と いう こ と は 、 わ れ わ
方 し か 存 在 し な いと いう こ と で は な い。 む し ろ 、 素 朴 心 理 学 が
で あ って 、 素 朴 心 理 学 的 説 明 に こ れ ら 、二つ の 要 素 の いず れ か 一
明 が も つ 二 つ の要 素 、 因 果 性 と 合 理 性 は 和 解 困 難 だ と いう こ と
デ ィ ヴ ィ ド ソ ン の 形 而 上 学 的 枠 組 み のな か で は 素 朴 心 理 学 的 説
そ れ ゆ え 、 行 為 論 の分 析 が こ の レ ベ ル で終 始 す る な ら ば 、 そ の
果 説 も 、 同 様 に 合 理 性 の概 念 か ら し っ ぺ返 し を 食 う で あ ろう 。
神経 生理 学的 な因 果連 鎖 に還元 され る﹂ と主張 す るタ イプ の因
果性 の概念 か ら反 駁 さ れる であ ろう し、 ﹁
行 為 は自 然 種 と し て
と す る タ イ プ の反 因 果 説 は 、 素 朴 心 理 学 の 中 に 折 り 込 ま れ た 因
張 し て 、 行 為 の 説 明 や 正 当 化 の 領 域 か ら 因 果 概 念 を 、掃 し よ う
し た が って 、 コ
行 為 の 理 由 は 行 為 の 原 因 で は あ り え な い﹂ と 主
理 学 の改 作 で も 行 わ な い限 り 、 受 け 入 れ ざ る を え な い で あ ろ う 。
こ の 玉 虫 色 の 判 定 は 個 人 的 に は 極 め て 気 に 入 ら な いが 、 素 朴 心
ス テ ム が 存 在 し て い る こ と の根 拠 は 、 わ れ わ れ が お お よ そ に お
し か し そ れ に も か か わ ら ず 、 以 上 の こ と が 示 し て いる の は 、
いて合 理的行 為者 であ り、 し かも そ のような 行為者 が 因果 的 に
形而 上 学的 な整 合 性 はど う あ れ、 ﹁
行 為 の理由 は行 為 の原因 で
う こ と が で き る 。 そ こ で 以 下 で は 、 素 朴 心 理 学 の概 念 レ ベ ル で
あ り 、 理 由 に よ る 行 為 の合 理 化 は 同 時 に 因 果 的 説 明 であ る﹂ と
し の 上 に 立 った シ ス テ ム で は な い し 、 そ の必 要 も な い 。 ま た そ
可 能 と な る 行 為 の 因 果 説 を 擁 護 す る た め に 、 こ の レ ベ ル で提 出
生 み 出 す 行 為 に 関 し て 、 日 常 的 な 要 求 に 応 え う る程 度 に 実 践 的
れ は、行 為 や心的 状態 に関 し て科学 理論 と して説 明を 与え よう
さ れ た 限 り で の信 原 ﹃ 九 九九 ﹂ の 反 因 果 説 を 、 そ れ が わ が 国
な 予 測 説 明 シ ス テ ム が 必 要 だ と いう こと で あ る 。 そ う で あ る 以
と し て いる の で も な い。 そ も そ も わ れ わ れ は 、 素 朴 心 理 学 を 改
に お い て最 近 現 れ た 画 期 的 な 労 作 であ る が ゆ え に 、 少 し 丁 寧 に
いう デ ィ ヴ ィ ド ソ ン的 テ ー ゼ は 、 そ れ な り に妥 当 な も の だ と 言
良 し て精 密 な 理 論 を ﹁
仕 立 てし よう とす る理論 家 では なく 、む
上 、 素 朴 心 理 学 は 、 因 果 性 と 合 理 性 の関 係 に 関 し て 完 全 な 見 通
し ろ そ の 説 明 の使 い手 、 つま り 単 な る ﹁消 費 者 ﹂ で あ る に す ぎ
因 果説 によ れば 、理由 が行 為 を説 明す るとき 決定 的 に重 要な
反 駁 し た いと 思 う 。
な い。
な がら も行 為者 は別 の理由 b か ら そ の行 為 を な し た かも し れ
いう 点 で あ る 。 と い う の も 、 行 為 の た め の あ る 理 由 a を も ち
な い か ら で あ る 。 そ の場 合 、 理 由 a は 、 行 為 を な し た 当 の 理
こ と は 、 行 為 者 が そ の 理 由 ﹁の ゆ え に ﹂ そ の行 為 を な し た 、 と
だ ろ う か 。 も し 行 為 の 分 析 が も っぱ ら 概 念 分 析 の レ ベ ル で行 わ
さ て 、 行 為 を め ぐ る 諸 概 念 が こ の よ う な 素 朴 心 理 学 の圏 域 に
れ る な ら 、 行 為 の 因 果 説 と 反 因 果 説 の争 い は 、 いず れ も が 他 を
由 で は な いが ゆ え に 行 為 を 説 明 し な い であ ろう 。 そ し て 、 行 為
属 す る と す れ ば 、 そ こ か ら 行 為 の哲 学 に 関 し て は 何 が 帰 結 す る
排 除 す る よ う な 形 で 決 着 が つく こと は な いだ ろ う と 思 わ れ る 。
5
う 事 情 で あ る 。 つま り 理 由 が 行 為 を 説 明 す る の は 、 理 由 が 行 為
上 げ す る の は 、 ま さ し く 、 そ の 理 由 が 行 為 の 原 因 で あ った と い
のた め の 単 な る 理 由 を ﹁そ れ ゆ え に 行 為 を な し た 理 由 ﹂ へと 格
るだ ろう 。
新 た な 欲 求 を 加 え た B は 再 び 太 郎 の行 為 を 合 理 化 す る こ と に な
いを し た いと いう 欲 求 も も って いる こ と が 分 か った な ら 、 こ の
これ に対 抗 す る信 原 の基 本戦 略 で は、 ﹁
行 為 のた め の理由 ﹂
か は 、 そ の欲 求 と 信 念 が そ れ ら だ け で 考 え た 場 合 に そ の 行 為 を
﹁こ う し て 、 あ る 欲 求 と 信 念 が あ る 行 為 の 理 由 と な る か ど う
を引 き起 こした からな のである 。
を ﹁行 為 を な し た 理 由 ﹂ と す る のは 、 こ のよ う な 因 果 性 に 関 す
照 ら し て み ても な お そ の 行 為 を 合 理 化 す る か ど う か に よ って 決
ま る よ う に 思 わ れ る 。 あ る 行 為 を 合 理 化 す る ふ た 組 の欲 求 と 信
合 理 化 す る だ け で は な く 、 行 為 者 の他 のす べ て の命 題 的 態 度 に
念 が あ る と き 、 そ の う ち ど ち ら が そ の 行 為 の理 由 と な る か は 、
る事 情 ではな く、 そ の理由 が行 為を包 括 的 に合理化 す るか どう
理 化 で は な く 、 行 為 者 の他 のす べ て の命 題 的 態 度 や 行 為 を 考 慮
か と いう 事 情 だ け で あ る 。 ポ イ ント は 、 そ の 合 理 化 が 単 な る 合
し た 上 で の ﹁包 括 的 な 合 理 化 ﹂ で な け れ ば な ら な い、 と いう 点
の 誕 生 日 を 勘 違 い し て い て、 誕 生 日 の 前 日 に バ ラを 贈 った つも
的 態 度 を 含 め た 包 括 的 合 理 化 の考 察 で あ る 。 例 え ば 、 彼 が 花 子
で わ れ わ れ が 行 う の は 因 果 的 な 考 察 で は な く 、 太 郎 の他 の命 題
贈 った 理 由 は A と B の ど ち ら で あ ろう か 。 信 原 に よ れ ば 、 こ こ
祝 い に な る と も 信 じ て いた の で あ る 。 で は 、 彼 が 花 子 に バ ラ を
(B ) 太 郎 は 花 チ の 誕 生 日 を 祝 いた いと 思 い、 バ ラ を 贈 れ ば お
ラを 贈 れ ば 花 子 が喜 ぶだ ろう と信 じ て いた 。し か し 同時 に、
合 、 単 な る 合 理 化 説 に 対 す る 因 果 説 の主 張 が 、 そ っく り そ のま
括 的 理 由 が 存 在 す る こ と は 十 分 にあ り う る か ら で あ る 。 そ の場
括 的 ﹂ の意 味 か ら す れ ば 、 同 一の行 為 に 対 し て 、.
組 の異な る包
いな い。 と いう のも 、 信 原 も 認 め て い る よ う に 、 こ こ で の ﹁包
包 括 的 合 理 化 説 は 、 単 な る 合 理 化 説 の 難 点 を ま った く 解 決 し て
ろ う か 。 残 念 な が ら う ま く い っ て いな いと 思 う 。 ま ず 第 .に 、
よ って 、 信 原 は 因 果 説 の論 点 を う ま く か わ す こ と が で き た であ
さ て、 単 な る合 理 化 で はな く 包 括 的 合 理化 に訴 え る こと に
下)
を 合 理 化 す る か に よ って 決 ま る 。﹂ (
信 原 ﹁一九九九﹂、 四 〇 頁 以
ど ち ら が 行 為 者 の他 のす べ て の命 題 的 態 度 に 照 ら し て そ の行 為
ア ント ニ ー の例 を 改 作 し た 信 原 自 身 の 例 で は 、 太 郎 は 花 子 に
にあ る。
バ ラ を 贈 る が 、 太 郎 は そ う す る た め の 二組 の欲 求 と 信 念 を も っ
り であ った と す れ ば 、 B は 太 郎 の 行 為 を 合 理 化 し な い で あ ろう 。
ま 包 括 的 合 理 化 説 にも 当 て は ま る こ と は 容 易 に想 像 が つく であ
て いる 。 一方 で は 、 (A ) 太 郎 は 花 子 を 喜 ば せ た いと 思 い 、 バ
し か し 、 さ ら に 太 郎 が 誕 生 日 の前 日 に あ ら か じ め 誕 生 日 のお 祝
6
ろう
(
例 えば 、太郎 は ただ単 にAと B の理由を もち 、 誕生 日に
る。
(
i
ner
t) で あ った 、 と いう こ と
む し ろ 逆 に 、 素 朴 心 理 学 は 明 ら か に 、 信 念 や欲 求 と いう 心 的
状 態 がたま たま 因果 的 に不活 性
バ ラ を 贈 った と せ よ )。 こ れ に 対 し 信 原 は こ う 答 え る 。 ﹁そ の 場
合 、 さ ら に ど ち ら か .方 だ け が 行 為 の 理 由 であ る と いう 可 能 性
を 事 実 と し て 認 め て い る よ う に 思 わ れ る 。 例 え ば 、 ﹁車 の キ ー
キ ー を 持 っ て いこ う と し て い つも の場 所 を 捜 し て し ま う こと や 、
は 食 堂 の テ ー ブ ル の 上 に あ る よ ﹂ と つ いさ つき 聞 か さ れ た の に 、
冷 蔵 庫 か ら ビ ー ルを 取 り 出 そ う と し て 歩 いて いる う ち に 書 き か
の で あ れ ば 、 ど ち ら も そ の行 為 の 理 由 な の で あ る ﹂ (
同 、四 ▲
頁 )。 し か し 、 な ぜ そ の 可 能 性 が な い の だ ろ う か 。 信 原 が 与 え
はも は やな いよう に思 われ る。 どち らも包 括的 な合 理化 を行 う
て いる 説 明 は 、 行 為 者 が 合 理 的 で あ る 限 り 包 括 的 に 合 理 化 さ れ
け の論 文 が 気 に な り 始 め 、 冷 蔵 庫 の前 ま で 来 た と き に は 自 分 が
ま った 、 と いう よ う な こ と は そ う 珍 し い こ と で は な い。 信 原 は 、
何 を し よ う と し て いた の か 分 か ら な く な って 部 屋 に 戻 っ て し
こ の よ う な .見 し て 明 ら か に 因 果 的 な 考 慮 が 働 く 場 面 に お いて
(
同 、 四 二頁 )。 し か し 、 こ の 説 明 が 解 決 と な る に は 、 理 由 に
よ って 包 括 的 に 合 理 化 さ れ る 行 為 を 必 ず 行 為 者 が な す な ら 、 そ
も 、 一貫 し て、 鍵 を 握 る の は 包 括 的 合 理 化 だ と 主 張 す る 。 し か
る 行 為 を 行 わ な いと いう こ と は あ り え な い、 と いう も の であ る
の理 由 が 別 々 の複 数 のも の で あ っても す べ て ﹁行 為 を な し た 理
例 え ば 、 先 の 車 の キ ー の場 合 、 い つも の 場 所 を 捜 す 行 為 に 対
し包括 的合 理化 を行 為 の必要 十分 条件 とし て押 し通 そう とす る
由 ﹂ で な け れ ば な ら な い、 と いう 前 提 が 必 要 で あ る 。 し か し 、
し て は そ れ を 包 括 的 に合 理 化 す る 理 由 は 存 在 し な い。 と いう の
こ と は 、 ]方 で 、 確 か に 行 為 と 見 な さ れ る べき も の か ら 行 為 の
は 初 め か ら 拒 ま れ て い る だ ろ う )。 つま り 、 理 由 の 包 括 性 か ら
も行為 者 には キー の場所 に関す る信念 がた とえ 潜在 的 にせ よ持
一組 の包 括 的 理 由 が 因 果 的 に 有 効 で あ る と き に は ︿必 ず 同 時
合 理 的 行 為 者 の行 為 産 出 の 必 然 性 が た と え 導 か れ る と し ても 、
続 的 に あ った と 想 定 さ れ る の で 、 そ の 信 念 の存 在 が 包 括 的 合 理
に ﹀ 他 の 包 括 的 理 由 も 因 果 的 に有 効 で あ る 、 と いう よ う な 議 論
そ う し た 複 数 の理 由 の す べ て が ﹁行 為 を な し た 理 由 ﹂ で な け れ
化 を 阻 む か ら で あ る 。 す ると こ のよ う な 行 為 は 、 そ れ を 包 括 的
も 行 為 の資 格 を 与 え て し ま う であ ろう 。
ば な ら な いと いう こ と は 出 て こ な いし 、 ま た 、 そ の よ う な 導 出
に 合 理 化 す る 理 由 が 存 在 し な い が ゆえ に行 為 で は な い と いう こ
身 分 を 剥 奪 し 、 他 方 で 、 直 観 的 に は 行 為 と 呼 べ な い身 体 運 動 に
を 保 証 す る 言 語 的 直 観 も 素 朴 心 理 学 の中 に は 見 当 た ら な い 。 理
で も 与 え ら れ な い 限 り 、 こ の前 提 を 受 け 入 れ る べき 理 由 は 存 在
由 の包 括 性 と 行 為 産 出 の 必 然 性 は 、 因 果 説 を 反 駁 す る た め の新
と に な る だ ろう 。 し か し こう し た 場 合 でも 、 直 観 的 に は 、 行 為
しな い (
そし てそ のよう な議 論 は、包 括 的合 理性論 者 の信原 に
た な 根 拠 を 、 単 な る 合 理 化 説 に つけ 加 え た わ け で は な い の で あ
7
者 は そ れ と 知 り な が ら 自 分 の最 上 の判 断 に 逆 ら って な ぜ か 行 為
ら か であ る 。 さ ら に 、 ア ク ラ シ アと いう 希 な ケ ー ス で は 、 行 為
で は な く と も ) そ れ な り の 理 由 か ら 行 為 し た 、 と いう こと は 明
者 は 単 な る く し ゃみ に 類 す る 運 動 を な し た の で は な く (
包 括的
い で あ ろ う 。 そ れ に対 し 信 原 は 、 先 ほ ど と 同 様 、 包 括 的 合 理 化
か し、包 括 的合 理化説 ではそ れを そも そも 問題 とさえ な しえ な
悩 み の種 で あ り 、 そ れ が 決 定 的 に解 決 さ れ た わ け で は な い。 し
も ち ろ ん 、 ア ク ラ シ ア も 逸 脱 因 果 も 行 為 の因 果 説 に と っ て は
し て し ま う が 、 こ の よ う な 場 合 で は い っそ う は っき り と 、 包 括
る か も し れ な い。 そ の前 提 と は 、 ﹁行 為 を 包 括 的 に 合 理 化 す る
る よ う な 因 果 的 メ カ ニズ ム ﹂ (
同、 四 六頁 ) の存 在 で あ る。包
欲 求 と 信 念 が 存 在 す れ ば 、 必 ず そ の 行 為 が 遂 行 さ れ る こと に な
説 が 前 提 す る 因 果 的 メ カ ニズ ム に訴 え て こ れ ら の事 例 を 処 理 す
シ ア は 確 か に 行 為 者 が 合 理 的 で な い仕 方 で行 為 す る 典 型 例 で は
的 合 理 化 説 は 行 為 者 か ら 行 為 を 奪 って し ま う で あ ろう 。 ア ク ラ
あ る が 、 行 為 者 は な お そ れ な り の 理 由 か ら 行 為 を な し て いる の
と を 示 さ ね ば な ら な い。 し か し そ の メ ヵ ニズ ム の要 請 は 、 そ れ
少 な く と も 、 合 理 性 の 考 慮 が 因 果 性 の考 慮 に 優 先 す る と いう こ
括 的 合 理 化 説 は 、 そ の よ う な 因 果 的 メ カ ニズ ム の存 在 に よ って 、
他 方 、 逸 脱 因 果 の 場 合 で は 、 あ る 欲 求 と 信 念 が 原 因 と な って
を 示 す ど こ ろ か 、 む し ろ 包 括 的 合 理 化 説 の弱 点 を さ ら け 出 す よ
である 。
行 為 が 生 じ る が 、 そ の原 因 連 鎖 の あ り 方 は そ れ を 行 為 と 呼 ぶ の
ま ず 第 一に 、 そ の メ カ ニズ ム が 何 ら か の 原 因 で 機 能 不 全 を 起
う に思 われ る。
を た め ら わ せ る の に 十 分 で あ る 。 例 え ば 、 復 讐 のた め に相 手 の
大 事 に し て い る 花 瓶 を 壊 そ う と 思 った 人 が 、 そ の考 え に急 に 自
分 で 恐 ろ し く な り 、 手 が 震 え 、 持 って いた 花 瓶 を 落 と し て 割 っ
の破 壊 は ﹁彼 の 行 為 ﹂ だ 、 と いう こ と に な ら ざ る を え な いと 思
な る だ ろ う 。 つま り 包 括 的 合 理 化 が 行 為 の 十 分 条 件 な ら 、 花 瓶
は 相 手 に 復 讐 し よ う と いう 理 山 で 花 瓶 を 壊 し た ﹂ と いう こ と に
理性 に関す る考慮 は因 果性 に関 す る考慮 と基 本的 に同 じ優 先権
し か し 、 第 二 に そ の メ カ ニズ ム が 順 調 に 働 い て いる な ら ば 、 合
例 か ら 行 為 を 切 り 出 す た め に因 果 的 要 因 に訴 え ざ る を え な い。
え ば 、 あ る 出 来 事 が 行 為 か 単 な る 身 体 運 動 か の基 準 は 、 境 界 事
因 果 性 に 関 す る考 慮 に 優 先 権 を 譲 ら ざ る を え な い であ ろ う 。 例
へ降 り て い か ね ば な ら な い。 そ の場 合 、 合 理 性 に 関 す る 考 慮 は
わ れ る 。 そ れ ど こ ろ か 、 彼 が 花 瓶 を 壊 そ う と し た 瞬 間 にと つ ぜ
を 持 つだ ろう が 、 し か し そ の場 合 、 包 括 的 理 由 を な ぜ 行 為 の原
こした とき 、行為 説明 は 、合理 化 の レベ ルから 因果性 のレ ベル
ん 脳 梗 塞 に 襲 わ れ て 花 瓶 を 床 に 落 と し て し ま った と し ても 、 花
て し ま った 、 と いう よ う な ケ ー ス で あ る 。 こ の よ う な 場 合 、 行
瓶 を壊 すた め の包括 的な 理由 が彼 にあ る限 り、包 括 的合 理化説
因 と 考 え て は い け な い の か が 分 か ら な く な る 。 と いう のも こ の
為 者 が 花 瓶 を 壊 す だ け の包 括 的 な 理 由 を も って いる 限 り 、 ﹁
彼
は 、 逸 脱 因 果 の 場 合 と 同 じ 結 論 を 下 さ ざ る を え な いで あ ろ う 。
8
解釈 を覆 すだ け の特別 な理 由を 素朴 心理 学 のレ ベ ルの中 に見出
だ か ら で あ る 。 そ れ ゆ え 包 括 的 合 理 化 説 の弱 点 は 、 こ の自 然 な
原 因 と な って 当 の 行 為 が 引 き 起 こ さ れ る と いう も の に な る は ず
のだ か ら 、 そ の メ カ ニズ ム の最 も 自 然 な 解 釈 は 、 包 括 的 理 由 が
場合 、包 括的 理由 が存在 す ると き は必ず当 の行為 が産出 さ れ る
う と し た 、 つ の失 敗 し た 試 み と 見 る こ と が でき る . し か し わ れ
法 則 的 、元 論 は 、 こ の 二 つの 主 張 を 物 理 主 義 の 下 で 整 合 さ せ よ
ら の ア プ ロー チ は ひ と ま ず お く と す れ ば 、 デ ィ ヴ ィ ド ソ ン の 非
よ う な 説 明 を 与 え ら れ る の か と いう こ と で あ る 。 行 為 の 科 学 か
て の こ の 二 つ の 主 張 に対 し て 、 行 為 の 哲 学 と 行 為 の 科 学 が ど の
的 因 果 関 係 に お い て 閉 じ て い る と いう 描 像 に あ ま り に多 く のも
わ って いる ほ と ん ど す べ て の物 理 主 義 者 に と って 、 世 界 が 物 理
問 題 は 、 デ ィ ヴ ィ ド ソ ン 、人 に 限 ら ず 、 心 身 因 果 の論 争 に 関
わ れ は 、 そ の失 敗 か ら ど こ に 向 か う べ き か 、
離 散 的 で 意 味 論 的 に 解 釈 可 能 で な お か つ因 果 的 に有 効 な 状 態 ﹂
の が 詰 め 込 ま れ て い る 、 と いう 点 に あ る と 思 わ れ る 、
.この描像
(R
S卿G ﹁
1
991﹂) が 指 摘 す る よ う に 、 素 朴 心 理 学 が ﹁機 能 的 に
す の は 困 難 だ と いう こ と で あ る .
.む し ろ 逆 に 、 ラ ム ジ ー ら
と し ての命題 的態 度 に コミ ットし て いる限り 、命 題的態 度 が原
の 下 で は 、 将 来 の 完 成 さ れ た 物 理 学 の み が 捉 え う る ミ ク ロ物 理
定 す る 。 し た が って 、 ミ ク ロ物 理 学 的 因 果 説 明 だ け が ﹁完 全 で
因 と な っ て行 為 が 引 き 起 こ さ れ る と いう 行 為 の因 果 説 は 、 素 朴
独 立 し た 説 明 ﹂ で あ り 、 ﹁い か な る 出 来 事 に も 完 全 で 独 立 し た
心 理 学 的 行 為 概 念 か ら ご く 自 然 に導 き 出 さ れ る の で あ る 。 信 原
さ れ る 、 と いう よ う な メ カ ニズ ム の 可 能 性 を 指 摘 し て い る 。 し
説 明 は た か だ か 一つ し か 与 え ら れ な い﹂ (
屋∋ ﹁一
98。9﹂ O.
2ω9)
学 的 な 因 果 過 程 が ま ず 存 在 し 、 そ れ が 世 界 の す べ て の事 実 を 決
(
例 え ば 、 コネ ク
のであ るか ら、化 学 や神経 生理 学 のみな らず 社会 学 や経済 学ま
は 、 理 由 が 行 為 の 原 因 であ る こ と な し に 当 の 行 為 の産 出 が 保 証
シ ョ ニズ ム ) を 持 ち 込 む た め に な さ れ た 議 論 と いう べ き で あ り 、
か し そ れ は 、 行 為 論 の 中 に 他 の レ ベ ル の観 点
で の 一切 の説 明 は 、 そ の説 明 の 力 を ミ ク ロ物 理 学 の法 則 か ら 吸
果 的説 明を構 成す る には 因果的 効力 をも たね ば ならず 、 因果 的
い上 げ て こ な け れ ば な ら な く な る 。 つま り 、 マ ク ロ な 性 質 が 因
﹁だ か ら 直 ち に 誤 り だ ﹂ と いう こと に は な ら な いが 、 素 朴 心 理
エピ フ ェ ノ メ ナ リ ズ ム な ん て 恐 く な い
学 の範 囲 に お い て は 強 い説 得 力 を も つこ と は でき な い であ ろう (
一
IV
し か し 、 世 界 の す べ て の因 果 過 程 が 物 理 的 に 決 定 さ れ て いる
ン (
付 随生起 ) しな けれ ばな らな いのであ る.
、
効力 を も つため には 、 ミク ロな物 理学的 性質 にスー パー ヴ ィー
行 為 の 因 果 説 と 心 の 非 法 則 性 の主 張 は 、 と も に直 観 的 な 擁 護 を
と いう 物 理 主 義 的 直 観 と 、 世 界 の す べ て の事 実 が 物 理 的 事 実 の
こ のよう に、行 為 論が素 朴 心理 学 の概念 圏域 にと どま る限 り、
得 られ る よう に思わ れ る。問 題 は、素 朴心 理学 上 のデ ータと し
9
結 合 の強 さ の み で あ る よ う に 思 わ れ る だ ろ う 。 そ れ ゆ え 理 由 に
げ て く れ る の は 、 心 的 な も のと 物 理 的 な も の と の 形 而 上 学 的 な
り 、心的 性質 の因果的 不活 性 の問題 であ る。 そ の恐怖 を やわら
理 的 因 果 の優 先 性 に 由 来 す る 心 的 出 来 事 の因 果 的 な 無 力 さ で あ
懸 念 さ れ る エピ フ ェノ メ ナ リ ズ ム へ の恐 怖 が あ った 。 そ れ は 物
あ る。物 理主 義者 に はもと もと 、因 果過 程 の物理 的決 定性 から
主 張 だ か ら で あ る 。 こ の 二 つが 容 易 に 混 同 さ れ た の に は 理 由 が
主 張 で あ る の に 対 し 、 後 者 は 説 明 と いう 認 識 的 実 践 に つ い て の
と いう の も 、 前 者 は 世 界 の 因 果 的 推 移 に つ い て の 形 而 上 学 的 な
物理 主義 者 の主張 は 同じ では な い (
柴 田 ﹁一九九 六 a﹂参 照 )。
単 な る 集 積 に よ って ︿説 明 さ れ る ﹀ と す る 、 いわ ば 説 明 還 元 的
の ﹁上 に 乗 る ﹂ マク ロ的 性 質 の ど れ が 因 果 的 効 力 を も つ の か を
ら か で あ ろ う 。 ス ー パ ー ヴ ィ ー ニ エ ン ス 関 係 は 、 ミ ク ロ的 性 質
が 引 き 起 こす 行 為 に 因 果 的 に 関 与 し て いな い のは 直 観 的 に は 明
パ ー ヴ ィ ー ン さ せ て い る と し よ う 。 こ の と き 、 嘔 吐 感 rは P
在 す る あ ら ゆ る 可 能 世 界 に お い て 意 図 q と 嘔 吐 感 rを ス ー
あ りう る だ ろう 。例 え ば、 あ る神 経 生 理 学 的 状態 Pが そ の存
と し て も 、 そ のす べ て が 因 果 関 係 に 関 与 す る も の で な い こ と は
学 的 性 質 に 強 く ス ー パ ー ヴ ィ ー ンす る マク ロ な 性 質 が 複 数 あ る
そ の筋 道 は 容 易 に想 像 が つく で あ ろう 。 要 す る に 、 ミ ク ロ物 理
し て の詳 し い議 論 は べ ー カ ー
(
毛 Qり)﹂ さ え 満 足 す る こ と は で き な い の で あ る 。 第 一の 点 に 関
ンス (
Cω)L を 満 足 し て も 、 ﹁弱 い ス ー パ ー ヴ ィ ー ニ エ ン ス
(
Ba評e﹁ ﹁
一
㊤⑩3﹂) に 譲 る と し て 、
よ る 行 為 説 明 の身 分 が 問 わ れ た と き 、 そ れ が 因 果 的 説 明 で あ る
の で あ る 。 と いう のも 、 因 果 的 仕 事 のす べ て は ミ ク ロ物 理 学 的
ロ的 性 質 にも 期 待 さ れ る よ う な 因 果 的 効 力 を 実 は 与 え て い な い
レ ベ ル で 一切 な さ れ て し ま う の で 、 そ れ 以 外 の いか な る 因 果 関
区 別 し え な いば か り か 、 さ ら に 悪 い こと に 、 そ も そ も ど の マ ク
パ ー ヴ ィ ー ンし て い る の か と いう 形 而 上 学 的 問 題 に ご く 自 然 に
係 も 、 そ れ こ そ 化 学 や 神 経 生 物 学 レ ベ ル の因 果 関 係 で さ え も 結
か ど う か は 、 そ の 説 明 に登 場 す る 心 的 性 質 が 因 果 的 効 力 を も つ
す り 変 わ って し ま った の で あ る 。 し か し 、 因 果 的 説 明 の問 題 を
か どう か、 す なわ ち 、行 為 理山 が いか に物 理 的出 来 事 に ス ー
因 果関係 に関す る形 而上学 的 な観点 か ら解 決し ようと す る のは、
(
窓ヨ
局 は エピ フ ェ ノ メ ナ ル 因 果 に し か な ら な い か ら で あ る
言 う よ う な ﹁強 い ス ー パ ー ヴ ィ ー ニ エ ン ス (
。。ω)﹂ を 仮 定 し て
態 が 地 球 と 宇 宙 の 片 隅 と で 異 な っ た 内 容 の ﹁水 ﹂ (
H2
Oと
ず 、 バ ト ナ ム の双 生 地 球 の 例 が 示 す よ う に 、 同 一タ イ プ の 脳 状
理 学 的 状 態 に 弱 く ス ー パ ー ヴ ィ ー ン す る こと も あ り え な い。 ま
第 二 に 、 命 題 的 態 度 は 、 いく つ か の決 定 的 な 点 で 脳 の神 経 生
[19㏄ら﹂ ℃.93)。
望 みな き道 だと 思わ れ る。
具体 的 に言え ば、 スーパー ヴ ィー ニエン スの戦略 は、 目下 の
も 、 そ も そ も 因 果 的 効 力 の問 題 は 解 決 し な い。 そ し て 第 二 に は 、
わ れ わ れ に と って 、.
重 の意 味 で 役 に ㍍ た な い。 第 一に 、 キ ム の
命 題 的 態 度 と し て の 心 は 、 た と え ﹁全 域 的 ス ー パ ー ヴ ィ ー ニ エ
10
XYZ) 信 念 を も ち う る 。 信 念 や 欲 求 と そ れ が 向 か う 対 象 と の 志
の分 類 が 、 神 経 生 理 学 的 な 分 類 と ぴ った り 重 な る 必 然 性 は な い。
的証 拠 にある なら 、合 理性 を導 きと した心 的概 念 によ る脳状 態
合 理 性 が 因 果 性 に 還 元 さ れ な い 限 り 、 こ の 両 者 のズ レ は 心 の 非
向 的 関 係 性 は 、 そ も そ も 脳 状 態 の み に よ って 完 全 に 決 定 さ れ る
こ と は な いだ ろ う 。 し か し 、 問 題 は も っと ﹂般 的 で あ る 。 非 心
法則 性 の不可避 的 な結 果 であ る (
柴 田 [.九九六 bL)。
な い。 と いう のも 、 あ る 、万 円 札 や マ チ ス の ﹁プ リ マ ベ ー ラ﹂
そ れをと りま く環 境全 体 の物理 的性質 を考 慮す る なら 、よ ほど
え る こと が で き よ う 。 つま り 脳 状 態 の物 理 的 性 質 だ け で は な く 、
くと も、 全域 的な スーパ ーヴ ィー ニエンスは成 立 し て いると考
しかし こ のよう に弱 いスー パー ヴィー ニエン スが満 足さ れな
理 学 的 な 性 質 、 例 え ば ﹁一万 円 札 で あ る ﹂ や ﹁マチ ス の絵 画 で
の 分 子 レ ベ ル で の 複 製 は 、 偽 札 も し く は コピ ー で し か な いか ら
遠 く の 二 元 論 的 可 能 世 界 で も 考 え な い限 り 、 心 的 性 質 は そ の環
あ る ﹂ で さ え も 、 当 の 対 象 の物 理 的 状 態 に ス ー パ ー ヴ ィ ー ン し
で あ る 。 そ れ ど こ ろ か 、 あ る =署 ウ ィ ル ス と 分 子 レ ベ ル で
境 プ ラ ス 脳 状 態 に ス ー パ ー ヴ ィ ー ン す る と 言 って よ いで あ ろ う 。
け に も な ら な い。 と いう の も 、 説 明 が 現 に 行 わ れ て いる 実 践 で
ヴ ィ ー ニ エ ン ス に よ っ て与 え よ う と す る 試 み に と って は 何 の助
慰 め に は な っ て も 、 マ ク ロな 因 果 的 説 明 の 正 当 性 を ス ー パ ー
し か し 、 こ の こ と は 物 理 主 義 者 の存 在 論 的 直 観 に対 す る 多 少 の
そ っく り で あ って も 火 星 か ら 持 ち 込 ま れ た も の で あ る な ら 、 そ
(
Qっ鉱Ch卿 富 ロ﹁
enCe ﹁1
996」 O.
れ が 地 球 の H署 ウ ィ ル ス と 進 化 上 の 歴 史 を 共 有 し て い な い 限
り HI
Vウ ィル スではな いであ ろう
関 係 的 性 質 ﹁タ ク シ ー であ る﹂ を 本 質 的 に前 提 す る が ゆ え に 、
18。2)。 し た が っ て ま た 、 ﹁タ ク シ ー を 止 め る ﹂ と いう 行 為 も 、
行 為 者 の身 体 の物 理 的 状 態 に は ス ー パ ー ヴ ィ ー ン し な い 。 と い
の 現 在 の実 践 の ど れ が ま と も で ど れ が ま と も で な い か を 判 別 す
る 基 準 と し て 働 か な け れ ば 有 難 み は な いか ら であ る 。 た と え 、
あ るか ら には、 スー パー ヴ ィー ニ エンス関係 は少 なく とも 、そ
そ の関 係 を 元 に 、 新 た な マ ク ロ因 果 法 則 を 作 り 出 す よ う な 芸 当
う の は 同 一タ イ プ の 脳 お よ び 身 体 状 態 が 実 現 し て も 、 タ ク シ ー
は な ら な いか ら で あ る 。 そ し て 最 後 に 、 心 の非 法 則 性 が あ る 。
制 度 の な いと こ ろ で は ﹁タ ク シ ー を 止 め る﹂ 行 為 を し た こ と に
これ によ る スーパ ーヴ ィー ニエン スの破れ は、心 的機 能 を下支
例 え ば ﹁悪 貨 は 良 貨 を 駆 逐 す る ﹂ の 一事 例 が ス ー パ ー ヴ ィ ー ン
パ ー ヴ ィ ー ニ エン ス が 提 供 で き る 見 込 み は な い。 と いう のも 、
す る は ず の ミ ク ロ物 理 学 的 出 来 事 の全 体 は 、 時 空 的 に 途 方 も な
が で き な く と も 。 し か し 、 そ の よう な 判 別 の 基 準 を 全 域 的 ス ー
満 た さ れ て い る に も 関 わ ら ず 、 同 ]タ イ プ の脳 状 態 に 同 一タ イ
え す る メ カ ニズ ム の 機 能 不 全 の場 合 と も 、 ま た 単 な る 帰 属 の 誤
プ の命 題 的 態 度 が 対 応 し な く な る 場 合 であ る 。 心 的 概 念 の出 自
く 巨大 なも のであり 、そ れが まと もな 因果 的説 明 であ るかどう
り の場 合 と も 異 な る だ ろう 。 そ れ は 、 命 題 的 態 度 の帰 属 基 準 が
が そ も そ も 内 観 に よ る 脳 状 態 の 不 完 全 な 把 握 と 外 的 行 動 の観 察
11
か は 結 局 、 現 実 世 界 の ︿探 索 不 可 能 な ほ ど 巨 大 な 部 分 ﹀ が 、 し
ス ー パ ー ヴ ィ ー ニ エ ン ス は 、 わ れ わ れ が 扱 いう る ロー カ ルな も
の レ ベ ルで 説 明 され な い限 り、 決定 しえ な い こと にな ろう 。
事 に は た か だ か エピ フ ェノ メ ナ リ ズ ム の位 置 し か 与 え ら れ な い
物 理 主 義 的 一元 論 を 採 用 す る な ら 、 形 而 上 学 的 に は 、 心 的 出 来
と し て 問 題 に さ れ る べき であ る 。 と いう の も 、 穏 健 な 形 であ れ
学 的 と いう よ り は 、 む し ろ 日 常 的 な 現 象 レ ベ ル で の 因 果 的 説 明
行 為 説 明 と 、 こと に エピ フ ェノ メ ナ リ ズ ム の 問 題 は 、 形 而 上
締 め く く り た いと 思 う 。
の でな け れ ば 、 マ ク ロな 因 果 的 説 明 の 説 明 力 を 説 明 す る こ と は
か も ︿い つ到 達 さ れ る か 分 か ら な い完 成 さ れ た ミ ク ロ物 理 学 ﹀
で き な い。 し か し 命 題 的 態 度 と し て の 心 は 、 脳 状 態 に 対 し て 弱
果 的 力 を 心 的 出 来 事 に 認 め る と す れ ば 、 直 ち に 二 元 論 の疑 惑 を
か ら であ る。な ぜな ら、 物理 的出 来事 系列 に干 渉す る独 立 の因
心 的 性 質 の 因 果 的 効 力 を ス ー パ ー ヴ ィ ー ニ エ ン ス に よ って確
に 際 し て 十 分 反 復 的 に 、 自 ら の欲 求 や 信 念 を 行 為 の 原 因 と し て
招 き寄 せ るか らであ る。 そう だと す れば、 もし われ われ が行 為
い形 で も ロー カ ル に は ス パ ー ヴ ィ ー ン し え な い の で あ る 。
保 し よ う と す る 試 み は 、 基 本 的 に 方 向 を 誤 って い る よ う に 思 わ
に 干 渉 す る こと に よ って結 果 と し て の 他 人 の行 為 を 操 作 で き る
直 接 に感 知 し
れ る 。 ﹁因 果 的 効 力 ﹂ と は ミ ク ロ 物 理 学 的 性 質 に ス ー パ ー
ヴ ィ ー ンす る 性 質 の み が も つ ﹁性 質 ﹂ だ と す る な ら 、 心 的 性 質
(
柏 端 ﹁一九九 六﹂参 照 )、 ま た 他 人 の欲 求 や 信 念
は 因 果 的 効 力 を も た な い。 し か し 、 む し ろ疑 わ れ る べき は 、 説
的 議 論 の再 構 築 で あ ろ う 。 し た が って 、 心 の哲 学 に お い て は 、
科 学 理 論 や 日 常 的 な 説 明 実 践 に 即 し て与 え る こ と の で き る 哲 学
あ ると すれ ば、 必要 な のは、 因果 的説 明 に関す る十全 な 説明を
上 の 意 味 を も た せ て は いな いが 、 し か し 、 因 果 的 説 明 が 第 、義
COn
h
rol 6es
t
)﹂ と 呼 ぶ そ の 基 準 に 、 彼 女 自 身 、 暫 定 的 な 試 み 以
分 条 件 の .つと し て 提 案 し て い る 。 彼 女 が ﹁制 御 テ ス ト
件 法 的 な 関 連 を 、 科 学 的 お よ び 日 常 的 な 因 果 的 説 明 の た め の十
べ ー カ ー は 、 現 象 の こう し た 操 作 レ ベ ル で 成 立 す る 反 事 実 条
な ら ば 、 も は や わ れ わ れ は 原 因 に 到 達 し て い る と 言 う べき で あ
理 由 に よ る行 為 の説 明 が スー パ ー ヴ ィ ー ニ エ ン スな し に いか に
的 に は 科 学 の独 占 物 で は な く 、 む し ろ 日 常 的 な 説 明 と 操 作 の実
り 、 エピ フ ェ ノ メ ナ リ ズ ム に悩 む 必 要 は な い の で あ る 。
因 果的 説明 であ りう るか を示す ことが 、 ディヴ ィド ソンの挫折
践 的 な 要 求 に 応 え る も の で あ る こと を 、 そ れ は よ く 捉 え て い る
明 と いうわ れわ れ の認識 的実 践を 形而 上学 的な 描像 から 理解 し
を 乗 り 越 え る 一つ の 道 で あ る と 思 わ れ る 。 し か し 残 念 な が ら 、
と .
弓つこ と が でき よ う 。
よ う と す る 説 明 還 元 型 物 理 主 義 の 思 い 込 み の方 で あ る 。 そ う で
い ま の と こ ろ 私 は 、 こ の点 に関 し て の十 分 な 回 答 を も ち あ わ せ
(
C7
て は い な い 。 と は い え 、 そ の方 向 に 向 け て 、 こ れ ま で の議 論 が
行 為 論 に 関 し ても つ意 味 を でき る だ け 明 ら か に し な が ら 本 稿 を
12
的 だ った で あ ろ う 。 (
Baker [
1995﹂ p.122。) (
こ こ で、 C は、誰
ま た (β ) C に お い て F が 生 じ た と し た ら 、 G の生 起 は 不 .司 避
か った な ら ば 、 C に お い て G は 生 じ な か った で あ ろ う し 、 か つ
明 す る の は 次 の場 合 で あ る 。 (α) C に お い て F が も し 生 じ な
C T ;C に お け る F の生 起 が C に お け る G の生 起 を 因 果 的 に 説
、万 mm札 と そ れ を 構 成 す る 物 理 的 素 材 と の ト ー ク ン 同 .性 程 度
よ る行 為 の説 明 は 因 果 的 説 明 で あ る .第 、.に 、 信 念 と 脳 状 態 と
的 態 度 に よ る 行 為 説 明 に 関 す る 限 り 、 (C T ) に よ り 、 理 由 に
も の だ と 考 え て よ いだ ろ う 。 そ れ ゆえ 、 そ の よ う な 場 合 の命 題
は 、 理 由 と 行 為 の結 び つき は こ の (C T ) を 満 足 す る ほ ど 強 い
え ず 、 合 理 性 と 因 果 性 の ズ レ が 生 じ な いす べ て の場 合 に お いて
に 値 引 き さ れ る こと に な ろう 。 と く に 、 脳 状 態 の神 経 生 理 学 的
の ト ー ク ン同 .性 は 、 ス ー パ ー ヴ ィ ー ニ エ ン ス の破 れ に よ り 、
な 記 述 か ら そ の 信 念 のす べ て の 特 性 を 法 則 的 な 仕 方 で 引 き 出 す
か が あ る タ イ プ の 現 象 F の 生 起 を 制 御 す る こ と に よ って 別 の タ
ろ ん 、 F の生 起 は G の 生 起 と は 時 間 的 に 異 な り 、 G の 生 起 を 論
イ プ の 現 象 G の生 起 の 制 御 を 行 いう る よ う な 状 況 で あ る 。 も ち
理 的 に含 意 し た り は し て いな い。)
13
こと は で き な い。 脳 状 態 は 、 理 由 に よ って あ る 行 為 が な さ れ る
お 依 然 と し て 、 因 果 的 に 制 御 す る こ と に よ って 行 為 を 制 御 し う
際 の 環 境 や 身 体 込 み の志 向 的 な マ ク ロ現 象 の 一部 分 を 、 脳 に お
る よ う な 、 極 め て重 要 な ]部 分 で あ る と し ても 。 そ し て 最 後 に 、
い て 物 理 的 に構 成 し て い る に す ぎ な い こと に な ろう 。 そ れ は な
事 実 条 件 法 的 な 結 び つき は 、 こ の (
C T ) よ り 弱 い ﹁お お む ね
素 朴 心 理 学 そ れ 自 体 の 評 価 と いう 問 題 が な お 残 って いる 。 べ ー
最 後 に、 こ の (
C T)と の関連 で三 つのことを 述 べて おきた
そ う で あ ろ う ﹂ と い った も の に な ら ざ る を え な い と 思 わ れ る
カ ー の言 う よ う に
い 。 ま ず 、 心 の非 法 則 性 を 深 刻 に受 け と め る な ら 、 F と G の反
(
柴 田 ﹁一九九六 a﹂)。 日 常 的 な 因 果 的 説 明 の 場 合 の (
C T) の
中央大学出版部
(
Ba
ker ﹁1
995﹂)、 さ ま ざ ま な レ ベ ル の 理 論
反 事 実 条 件 法 の強 さ は 改 め て問 題 に す べ き だ が 、 し か し と り あ
(価 格 は 税 別 で す)
﹁
近代化﹂
論の転回と歴史叙述
金原 左門 著
一九 六 〇 年 代 に 華 々し く 登 場
し 、 旋 風 を 巻 き 起 こ し た ﹁近 代 化 ﹂ 論 の 情 況
を 洗 いだ し 、 そ の 論 理 の 組 み替 え の全 貌 を は
じ め てあき らか にし た力作 。本 体 二五〇〇 円
南 原
︱博 著
ハイ デ ッ ガ ー が ﹁何 ﹂で あ っ た
か で は な く ﹁い か に ﹂あ っ た か を 追 究 す る こ と
に よ り 、 二 十 世 紀 の 政 治 思 想 が いか に フ ァ シ
ズ ム と 親 し か っ た か を 解 明 。 本 体 一一六 〇 〇 円
/振 替00180-6-8154
電 話0423(74)2351
政 治 変 動 下 の ひ と つの 史 学 史
ハイ デ ッガ ー の迷 宮
二十 世 紀 の政 治 思 想 1
〒192-0393東 京都八土f市 東中野742
や 説明 は自 律 的 で あ り、ま た ス テ ィ ッチ の言 う よ う に
(
st
i
ch
(
open-ended
﹁
19
96﹂)、 そ れ ら は ミ ク ロ物 理 学 的 説 明 に よ っ て 駆 逐 さ れ な い
ど ころ か 次 々 に新 た に生 ま れ 出 てく る と し て も
pl
uras
l)
m
i、 素 朴 心 理 学 が そ の よ う な 理 論 で あ る の か ど う か に
は 疑 問 の余 地 が あ る 。 (C T ) を 少 な く と も 満 足 し 、 素 朴 心 理
学的行 為 説明 と競 合す る、 より良 い説明 が出 現す る可能 性 は ア
ニズ ム が 認 知 の実 現
(
i
mp
l
ementan
t
)iで
oは な く ア ー キ テ ク
プ リ オ リ に は 排 除 で き な い。 そ れ ど こ ろ か 例 え ば 、 コネ ク シ ョ
チ ャ の モ デ ル と し て 正 し いな ら 、 現 在 の素 朴 心 理 学 が 全 体 と し
て 大 幅 な 改 変 も し く は 消 去 を 余 儀 な く さ れ る 、 と いう こ と も あ
る か も し れ な い。 そ の よ う な 可 能 性 は こ の さ き 行 為 の科 学 が ど
う 進 展 し て いく の か に 大 き く 依 存 し て い る で あ ろう が 、 行 為 の
科 学 が 行 為 論 に ど う 関 与 し て く る の か と いう 問 題 は 、 本 稿 で は
ま った く 取 り 上 げ る こ と は で き な か った 。 コ ネ ク シ ョ ニ ス ト の
言 う如 く にも し素 朴心 理学 が消去 さ れるな ら 、行為 論 の対象 で
あ る行 為 も ま た わ れ わ れ の 理 解 し て いる 姿 に お い て は 消 去 さ れ
て い る の だ 、 と 居 直 る こ と は 多 少 の言 い訳 に は な っ ても 、 行 為
論 の未 来 を 論 ず る に 際 し て 、 行 為 の科 学 と 素 朴 心 理 学 の 身 分 の
問題を 避 け て通 ること はも はや できな いこと だと 思わ れる。
(1 ) 例 え ば 、 ス タ ウ ト ラ ンド 、 ホ ン ダ リ ック 、 キ ム、 ソ ー サ 、美 濃
注
正 な ど を 直 ち に数 え る こ と が でき る ,
へ2) 私 自 身 も 以 前 に美 濃 正 の批 判 に応 じ て 非 法 則 的 一元 論 の擁 護 を
試 み た こと があ る が 、 そ の擁 護 は 正 確 に は デ ィ ヴ ィド ソ ン の 枠 を
は み 出 す も の であ り 、 ま た そ の議 論 の 一部 には 誤 り も 含 ま れ て い
たと 考え て いる (
9 柴 田 [一九九 六 a]、 [一九 九 六 b]、美 濃 [.
九九 五]、 柏 端 [、九 九六])。
主 張 を 受 け 入 れ 、 因 果 性 の法 則 論 的 性 格 を 否 定 す る。 私 も 、 こ の
(3) 菅 [.九九 .
八] は デ ィ ヴ ィ ド ソ ン の心 身 因 果 と 心 の非 法 則 性 の
原 理 が そ の肥 大 化 さ れ た 解 釈 にお いて 問 題 を 引 き 起 こし て いる と
思 う が 、 菅 の よう に .元 論 を 捨 て る 必 要 は な いと 考 え る。
(4) 例 え ば 、A ntony[1989].Sega&
l So
eb
r[1991]ら の試 み を 参 照 .
、
(5) キ ム の診 断 で は 、 非 法 則 的 一元 論 は 非 還 元 的 唯 物 論 と し て は 安
論 も し く は 消 去 主 義 に いた る か 、 唯 物 論 と し て 還 元 主 義 に いた る
定 し た 主 張 に はな り え な い.
、結 局 そ れ は 、 非 還 元 主 義 と し て 二 元
か の いず れ か の道 し か残 さ れ て いな い (Kim
[1993] p.
28
4)。 と
(g
oi
bal︶ ス ー パ ー ヴ ィ ー ニ エ ン
いう の も 彼 に よ れ ば 、 心 の 非 法 則 性 と 整 合 す る ﹁弱 い ス ー パ ー
ヴ ィ ー ニ エ ン ス﹂ も ﹁全 域 的
ス ﹂ も 物 理 E義 を 満 たす に は 弱 す ぎ る し 、 か と い って物 理 主 義 を
いほ ど に強 す ぎ るか ら で あ る 。
満 た す ﹁強 い ス ー パ ー ヴ ィ ー ニ エ ン ス﹂ は 心 の非 法 則 性 を 許 さ な
(6) 現 在 の消 去 主 義 者 の代 表 者 の 、人 、 チ ャ ー チ ラ ンド は 皮 肉 に も 、
が根本 的 に誤 り であ るが ゆ え に消去 さ れ ると 論ず る
(
Chur
ch-
素 朴 心 理 学 的 説 明 が 因 果 的 説 明 であ る こと を 強 調 し た 上 で 、 そ れ
(RS&G [1991]) が 、
言う よ う に、 素 朴 心 理 学 の前 提 す る ﹁機 能 的
land [1981]), し か し コネ ク シ ョ ニ ズ ム の 本 領 は 、 ラ ム ジ ー ら
に 離散 的 で 意 味 論 的 に解 釈 、可 能 でな お か つ因 果 的 に 有 効 な 状 態 ﹂
と し て の 命 題 的 態 度 、 つま り 命 題 的 モ ジ ュ ラ リ テ ィ (pop
rosi-
いが ゆ え に 消 去 さ れ る運 命 に あ る 、 と 症 張 す る と こ ろ に あ る だ ろ
to
i
nalmodula
yr
)i
がtコネ ク シ ョ ニス ト ・モ デ ル では 存 在 し え な
、
つ
ろ で ア ント ニー は 、 こ の事 例 を 捌 く こと が で き る と こ ろ に因 果 説
(7 ) 信 原 [一九 九九 ]、 三 六 頁 。 Cf
.A nton
y [1989]pp.157f.
fこ
と
14
の長 所 を 見 て いる 、ま たRS&G [1991
]も、素朴心 理学的説明 に
て いる (S
t
i
ch[1996] cha
p.6)
ひ と 昔 前 の論 理 実 証 主義 者 によ る有 意 味 性 基 準 の空 し い追 求 に 似
り 方 が あ り う る が 、 こ こ で は 、 最 も 直 観 的 で 分 か り やす いも のを
(10 ) ス ー パ ー ヴ ィ ー ニ エ ン ス関 係 の定 式 化 に つ いて は さ ま ざ ま な や
よ れ ば .、
組 の 理 由 のう ち 事 実 と し て ど ち ら か 、方 だ け が 因 果 的 に
有 効 であ った と いう 場 合 も あ り う る 、 と いう こと を 議 論 の出 発 点
選んだ
彼 ら に よ れ ば 、 コネ ク
む し ろ 彼 ら が攻 撃 す る のは 、 そ の説 明 が前 提 し て い
にし て い る
る命 題 的 モ ジ ュ ラ リ テ ィ の 存 在 で あ る
にもあ る .
(11 ) 同 様 の指 摘 は 、 McLa
gh
ul
in[1983].Le
op
r
e &Loe
wer[1989]
異 な ら な い.
、
て異 な ら な い..つ の対 象 は 、他 の す べ て の性 質 に お い ても
S S ⋮ 任 意 の .可 能 世 界 に ま た が って 、 す べ て の物 理 的 性 質 に お い
な ら な い,
異 な ら な い..つ の対 象 は 、他 の す べ て の性 質 に お いて も 異
WS⋮ある.
可能 世 界 の中 にお いて 、す べ て の物 理 的 性 質 に お い て
他 のす べ て の性 質 にお いても 異 な ら な い
G S ⋮ す べ て の物 理 的 性 質 に お い て異 な ら な い ..つ の .明 能 世 界 は 、
し かし、彼らに対 し
シ ョ ニス ト ・モ デ ルが .
止 し いな ら 、 。、組 のう ち の どち ら が 行 為 を
な し た 理由 か 、 と いう 問 い に は 意 味 が な い
(
Clark
て ク ラ ー ク は 、 コネ ク シ ョ ニス ト ・モ デ ル のあ る高 階 の記 述 に お
[1990])
(primacy)は 物 理 学 的 説
い て は 、 命 題 的 モ ジ ュラ リ テ ィ が 回 復 さ れ ると 主 張 す る
(8 ) オ ウ ェンズ も ま た 、 ﹁物 理 学 の優 先 性
る
明 の ヘゲ モ ニー を 含 意 し な い﹂ (Owens [1989] p.60) と 豆 張 す
(9 ) こ の 点 で は 、 ﹁信 念 のあ り か ﹂ な ど に 関 す る いく つ か の 論 点 を
(12 ) こ の こと は 、 治 療 的 な 意 味 で も っと 強 調 さ れ て よ いと 思 わ れ る ,
15
除 け ば私 は べ ー カ ー の立 場 に 基 本 的 に賛 成 であ る . ま た 、 消 去 ・
モ
義 の立 場 に いる と 思 わ れ る ス テ ィ ッチ も 、 ス ー パ ー ヴ ィ ー ニ エン
の解 消 を 形 而 上 学 的 な 因 果 関係 の あ り 方 に 求 め る の は お 門 違 い な
東京大学出版会
物 理 主 義 に コミ ット し た 段 階 で 、 エピ フ ェ ノ メ ナ リズ ム へ の不 安
[お問 い合 わせ ・お 申し込 み]
電話03-5485-5513
スを 含 め た自 然 主 義 化 の試 み が す べ て失 敗 し ても 、 そ れ だ け で志
[場所]青 山ブ ックセ ンター
本店(表参道駅徒歩5分)
の であ る。
[日時]3/31(金) 松 浦寿 輝 氏
4/7(金) 佐 藤良 明 氏
4/14(金) 小 林康 夫 氏
4/21(金) 蓮 實重 彦 氏
いずれ も午後7時 より
(午後6時 半 開場)
&au
Lec
r
ne [1996]と ス テ ィ ッチ の診 断 で
定員 各150名 。受 付 終rの 場 合 は
ご容 赦 くだ さい)。
[1993].[1995].S
tc
ih
化 論 の 現 在 」を行 い ます(無 料 ・
向 的 な 説 明 が 無 に 帰 す る わ け で は な いと 論 じ て い る 。 (
Baker
●2 月 20 日 刊 行 開 始 、
,
/
内 容見 本送 呈
スク ー ル [
全墓
A5判/ 三二〇〇円
記 念 して,連 続 講 演 会 「
表象文
は 、志 向 性 の自 然 主 義 化 を や み く も に追 求 す る最 近 の 哲 学 傾 向 は 、
小 林 康 夫 ・松 浦 寿 輝 編 、
表 象 の一
胃
構造 と出来事
格税別
http:/www.utp.or.jp.価
既 存 の 諸 分 野 に ゆ る や か に 侵 入 し 、 新 た な 知 の 光 景 を 現 出 さ せ る ﹁表 象 文 化 論 ﹂。
FAXO3-3812-6958
TELO3-3811-8814
東大 構 内
京区 本 郷7-3-1
〒113-8654文
国 士衣 一象
︿執筆 者 ﹀
小 林康 夫 / 高 橋哲 哉 / 東 浩紀 / 伊 東 乾 /杉 橋 陽 一
河 合 祥 一郎 / 田 中 純 / 高 辻 知義 / 岩 佐 鉄 男/ 竹 森佳 史/ 渡 邊 守章
︿続 刊﹀/ 回 テ ク ス ト 危 機 の言 説 (
3 月刊 )/ 回 身 体 皮 膚 の修 辞 学 、
,
/回 イ メ ー ジ 不 可 視
な る も のの 強度 (4月 刊)/ 圖 メ デ ィ ア 表 象 のポ リ ティク ス,
/囹 創 造 現 場 か ら 、/現 場 へ
「表 象 の デ ィスクール」のfll行 を
文献表
ぎ 89
L'
人 ㊤。。㊤ ".
.
ぎ 。ヨ ぎ ⊆ω ζ 。巳 善
ζ ①ロ琶
p巳
ヨ e 零 。三 eヨ 。h 穿 9 率
9 二ω巴 8 .
.
人 = =e= 俸
ζ ①δ
ε Q 閃o﹁8 、
.
'§ 鳥き § の愚 ミ § 、さ ミ§ し ○
。
︼
W"犀e5 ﹂こ 一㊤㊤一 ∴.
O﹁e房 パe oコ 樽
ゴ① 国×℃一
鋤コ讐 OJ、 菊〇一
e Oh じσe一
一
eh、
・き ㍗
こも ミ § 、9 ミ § る も。
ロ8 2
1-. 6 8 ".
.
ζ e母 9 琶 。。・ 餌巳
8 昌巴 ﹀茸 鼠 eω.
.
.冒 ミ§ ミ ミ き § 防愚 ミ 為 ・。
﹀` 6 ㊤O∴.
∩o目 ¢68 三 。。{ 峯 巳 。。、
.
人 コ ζ ①& 8 巴α 卸
エミ § 砺 自ミ
窪 § 登
O×♂ a
⊂三 くe﹁。。ξ
る
鷲 。ω。。鴇
評 喜 ミ 、
§
ロ O器 ﹂
・柴 田 訳 、 勤 草 書 房 V
ζ ①& 8 巴α
ーー -人 り㊤臼 ξ 、
ミ ミ 亮 エ ミ ミ 魯 ∼ ∩き き ﹁乙
α
qe ⊂ 三くe﹁ωξ 写 eω。。
9 ξ 。三 鋤巳 . ℃●
ζ` お・
。ゴ .
.
票 ∋ ぎ 巴 <e ζ 弩 ﹁藝 ω∋ 餌巳 9 e 零 。℃。ω甲
Ω 餌葺
ロ8 ヨ
§
冨 く乙 ω。戸 U●
人 箋 O ".
.
ζ 2 琶 野 e三 ω.
.
人 コ O 鋤く& ωoコ = OO。O﹂
ーー -人 ㊤。。O"穿 の§
(
﹃行 為 と 出 来 事 ﹄、 服 部
9 =ω①。・、
、
・き 駄
§ 9 ミミ
.
.
i人 ④㊤ω u.
卓 旨 写 彪 9 =ωeω.
.
人 昌 =e= 卿 ζ e冨
一
)﹁①齢
ω窄 .閃●
人 ㊤・。㊤".
菊 窪 ω。器 鋤乙
勺﹁
①ωω (宮 島 昭 、.
訳 、 ﹃デ ィ
﹀・ζ 巴e へ巴 ω
・
)人 8 も。 "ミ 鴨ミ ミ 9 § ミ ご ミ人 ㊤Oも。
ヴ ィ ド ソ ン ﹄、 勤 草 書 房 )
国く三 P Qっ; 一㊤㊤一日b ◎蓉 ミ b◎ミ魯 § . ℃〇一
凶
受
=巴 し ・
し 巳
九 九 六 年 、 ﹁心 的 出 来 事 の 因 果 的 効 力 を め ぐ る .連 の 問
菅 豊 彦 、 一九 九 八 年 、 ﹁心 を 世 界 に 繋 ぎ と め る ﹂、 勁 草 書 房
柏 端 達 也 、
ロ ¢¢G。﹂
9 =ω匿 (
)
昌.
.
人 コ δ ∋
ζ 畢 e﹁。・.
.
・
℃﹁e。・ω
穿 6ぎ ωδ コ、
、
人 昌
⊂三 くe﹁ωξ
磐 α 穿 ℃鼠コ讐。受
Qりξ ①芝 e三 ①三
題 を 些 末 化 す る ﹂、﹁年 報 人 間 科 学 ﹂ 第 17号 、 大 阪 大 学 人 間 科 学
部
屋 ∋
・ ち 。。¢".
.
ζ e。冨 三 。。∋ . 寄 6 0ωp
ロ 8 ω﹂
δ ヨ .﹂・
人 ㊤。。督 .
.
国且 喜 e8 ∋ ①コ巴 ①巳
⋮⋮
--.
-人 ㊤④ω "⑦§ ミ 竃 ミ 鳴ミ 偽§ 織 ミ § タ 9 ヨ げ& 究
冨 ℃(
)﹁
ρ 国こ 磐 α じσ●8 ①幕 門人 ㊤。
。O ∴.
ζ ○﹁e 。コ ζ 鋳 ぎ ひq 屋 巳
§ 人 刈
●ζ "。ユ。屋 冠
O
き § 偽
魯 ミ § 、ξ
ζ 鋤a 8 巴鼻 O b 巳
oσ訂o写 e=
ω露℃e⊇ e巳e三
(
eαω●
)人 ㊤㊤曾 9 ミミ鳴ミ § 蹄ミ
ζ 岳 夷 叢 p じσ●
人 ㊤。。ωH、
.
国くe葺 Q。唇 。⊇ ①巳 e昌。e 9。巳
一九 九 五 年 、 ﹁非 法 則 的
じu帥ω臨
9 ⊆ω鋤-
一元 論 と 心 の 因 果 性 ﹂、﹁ 人 文 研 究 ﹂
二8 .
、
.§ 鳴恥§ § ミ 誉 ミ ミミ 庶 き § 。・愚 ミ b 卜
。
47 巻 、 大 阪 市 立 大 学 文 学 部 紀 要
美 濃 正 、
一九 九 四 年 、 ﹁行 為 者 性 と 意 図 ﹂、﹁人 文 科 學 科 紀 要﹂ 第 103
信 原 幸 弘 、一 九 九 九 年 、﹁ 心 の 現 代 哲 学﹂、 勁 草 書 房
輯 、 東 京 大 學 教 養 學 部 人 文 學 科
野 矢 茂 樹 、
国.Q。。げe﹁人 ㊤㊤ゴ 、
夢
(
霧 俸 O ). ち ヨ ∴.
∩。き e& 〇三 ωβ
① 6磐 ω巴 南n 6帥畠
。h9 三 e三 、
.
.き 凡
ミ
閃⊆ε ︻e 。; 。野 ℃。・鴇 ぎ δ 堕 、
、
人 5 ζ 鋤巳 。琶 α
磐 ユ ﹄● O霞 8
O≦2 ρ O .
人 ㊤○。O ∴.
冨 くe﹃ 9 穿 豆 き 巴 8 .
.
リミ 篤
ミ る 9 Zo・
ω○。㊤
簿巳
の愚 ミ § 、9 ミ § 曽①ω
ρ
卸 ζ 餌a 8 巴α ロ ㊤8 ﹂
雲 三 8 辞
三 ωヨ き 会 冨
寄 ヨ 。。eざ ≦ . Qっ.Q。二筈
Q。彊 鉾
.元 論 の 擁 護﹂ 、
げ た﹂ を 因 果 的 説 明 と
﹂ 第 16 号
Z 9。ε 邑 剛
。。∋ .
.
人 コ
牢 e。・。。
一元 論 と エ ピ フ ェ ノ メ ナ リ ズ ム ﹂、
行 動 科 学 科 篇
非 法 則 論 的
柴 田 正 良 、 一九 九 六 年 a、 ﹁﹁怒 っ た の で 手 を上
﹁金 沢 大 学 文 学 部 論 集
す る い く つ か の 理 由 に つ い て︱︱
九 九 六 年 b 、 ﹁非 法 則 論 的
餌巳
乙 ⊂弓 ①﹁ωξ
28 号 、 中 部 哲 学 会
き .
ミ る 誉
。∩●冨 ξ 窪 ∩e人 ㊤8 ∴.
巨 e三 δ 邑 身
。∩人 OO① 6 § 叢 、§ 謙.
鑓 §
﹁中 部 哲 学 会 紀 要 ﹂ 第
︱ ︱一
。。二3
Q。9 ゴ ロ 8 ①﹂
。。辞
喜 . 。。人 巳
16
Summary
This or That
? : Causal
Theory
of Actions
of the Articles
and Anomalism
of Mind
Masayoshi
SHIBATA
The crisis of Davidson's anomalous monism means a turning point for theories of actions because it
is supposed to show that we have a strong incompatibility when we insist both the causal efficacy of
mental properties and the anomalism of the mental.
the following two ways ;
Therefore it seems that we can take only one of
(a) a causal theory of actions in view of reduction of rationality to causality
or (b) interpretivism of rationalization of actions at the cost of giving up belief/desire
action explana-
tions as causal ones.
This paper tries to show that the two elements irreducibly reside in our folk psychology,
which
have to be treated as a kind of data by philosophy and science of actions. In order to secure a space
for both causality and rationality in action explanations, I rebut Nobuhara's comprehensive rationalization thesis as a new brand of radically anti-causalist theory.
On the other hand, the usual causalist strategy to appeal to supervenience
(following Kim) , which
aims to endow mental properties with the causal power, is hopeless because, as Baker pointed out,
the supervenience relation is neither sufficient nor necessary to the causal efficacy of the mental. I
suggest that we should dismiss the idea of reducing every kinds of explanation to the ultimate physical one and find a proper account of causal explanation as our everyday practice if we want to have a
deeper understanding of human actions and action explanations.
Handlung
und
Erfahrung•\die
Aktualitat
der
heutigen
Handlungstheorie
Mahito
KIYOSHI
Der Simmels Begriff "das personliche Apriori", der sich eng mit seiner Kritik an Kant verbindet,
druckt einen bedeutsamen Wendepunkt in der Geschichte der Handlungstheorie
aus. Nach ihm mui3
die Handlung des Individuums jetzt nicht in der Dimension des reflexiven vernunftigen Willens, wie
bei Kant, sondern in der tieferen das ganze Sein des Individuums umfassenden existentiellen Dimension problematisiert werden. Solch einer Gesichtspunkt wird bei Sartres Versuch der "existentiellen
Psychoanalyse" vertieft. In dieser Gedankensentwicklung
handelt es sich schliePlich um den Zusam-
menhang zwischen der Handlung des Individuums und seinen Grunderfahrungen,
(300)
aus denseine
exis-
ダウンロード

あ れ か こ れ か ? 行 為 の 因 果 説 と 心 の 非 法 則 性