日本人の使命
2050年92億人の人類と地球の共存に向けて
平成21年2月26日(木)
新宿中央倫理法人会
なぜ殿下は黒姫を訪問したか
• 日英外交関係樹立150周年記念
• 前日10/29 奈良 東大寺・シャープ中央
研究所
• 黒姫 環境と健康をテーマ訪問
• アファンの森 (CWニコル氏理事長)
• 黒姫和漢薬研究所
• 有機農法実践者との交流
英国皇太子殿下基調演説より
• 金融システムの現在の混乱と、それが世界
全体に及ぼしている直接的な悪影響を考え
ると、‘信用危機’は本当に最も大きな関心事
です。しかし、皆さん、私たちはあえて危険を
冒して、気候変動から目を離しています。世
界経済の底力によってもう一度立ち直ること
を私たちは願い、祈っていますが、気候変動
の影響は一時的なものではなく、実際のとこ
ろ取り返しのつかないものとなるでしょう。
黒姫和漢薬研究所の環境理念
(株)黒姫和漢薬研究所は、
和漢薬事業を通して地球生命体
に貢献し、滋味豊かな地球環境
を守り次世代につないでいく実
践をしつづけます。
温暖化グラフ
• 世界の人口は、1分に150人、1日20万
人、1年で8千万人増えています。世界
中で1年に6千万人が亡くなり、1億4千
万人が産まれます。
• 貧富の拡大、温暖化など問題が山積で、
石油の枯渇が近づき、表土と森が失わ
れています。アフリカなどで水と食料が、
病院と学校が不足しています。
人口増と地球温暖化がもたらす結果
•
•
•
•
•
•
砂漠化進行による食糧不足
雨は増える地域もあるが、洪水・嵐が増える
水不足
マラリア等の熱帯地方の病地域の拡大
シベリア凍土の解凍による不明病発生
22世紀は、食糧と水の争奪戦争と病が人類
を襲う。
日本の大都市は皆焼け野原
子供達も健気に生きた
苦難に耐えて引き揚げた
食糧増産のための開拓
日本人の使命
忘れてはならない志
• 朕は帝国と共に終始東亜の解放に協力せる諸盟邦に対し
遺憾の意を表せざるを得ず帝国臣民にして戦陣に死し職域
に殉じ非命に斃(たお)れたる者及びその遺族に想いを致せ
ば五内(ごだい=五臓→心臓、肝臓、肺臓、腎臓、脾臓)為
に裂く且戦傷を負い災禍(さいか)を蒙(こうむ)り家業を失い
たる者の厚生に至りては朕の深く軫念(しんねん=天子の御
心)する処なり惟(おも)うに今後帝国の受くべき苦難は固(も
と)より尋常(じんじょう)にあらず爾臣民の衷情(ちゅうじょう
=うそいつわりのない心)も朕善(よ)く之を知る然れども朕は
時運の趨(おもむ)くところ堪(た)え難(がた)きを堪え忍(し
の)び難きを忍び以て万世(ばんせい)の為に太平を開かん
と欲す
現代世界の人口
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
1位 中国 13.2億人(世界の20%)
2位 インド 11.0億人(17%)
3位 アメリカ 3.0億人
4位 インドネシア 2.2億人
5位 ブラジル 1.9億人
6位 パキスタン 1.6億人
7位 ロシア 1.4億人
8位 バングラデシュ 1.4億人
9位 ナイジェリア 1.3億人
10位 日本 1.3億人(2%)
世界平均の寿命は65才
《女性》
• 1位 日本85.49才
• 2位 香港
• 3位 スペイン
• 4位 イタリア
《男性》
• 1位 香港 79.0才
• 2位 アイスランド
• 3位 スイス
• 4位 日本 78.53才
★平均寿命の短い国
•
•
•
•
•
•
•
(02年国連統計)
1位 シェラレオネ 34.0才
2位 レソト 35.7才
3位 ジンバブエ 37.9才
4位 スワジランド 38.8才
5位 ザンビア 39.7才
※内戦,エイズ,高い乳幼児死亡率などによる
なぜ、今倫理を学ぶのか
• 修身・斉家・治国・平天下
• 世界平和(平天下)」は、国を治めること(治
国)によってもたらされ、「治国」は、家(家族)
をととのえること(斉家)によってもたらされ、
「斉家」は、自分自身の身を修めること(修身)
によってもたらされる。
ダウンロード

資 料