1
チームによるケア提供に必要な研修の受講
 業務指針の策定
 指導する看護師→介護職員への指導体制
づくり
 医師の指示の明確化
 看護職員のアセスメント力、判断力の向上
 緊急時の対応方法の策定
など

2
特養施設において、看護職員と介護職員と
の協働により実施可能となる、口腔内に貯留し
た唾液、痰等の分泌物など、身体に不必要な
物質を機械的陰圧(吸引器)を用いて、体外
に排除する行為について実施するためのプロ
セスをまとめたもの
3
STEP 1
STEP 2
STEP 3
STEP 4
STEP 5
STEP 6
STEP 7
安全管理体制確保
観察判断
実施準備
ケア実施
結果確認
片づけ
評価記録
4
対象者の全身状態や口腔内の病変の有無を
観察し、吸引の適応性を確認する。
・ 看護職員が実施する必要のある対象者の目安
口腔内に損傷がある
口腔内に出血がある
開口が困難である
嘔吐反射が強い
経管栄養を行っている
気管切開している

5
口腔内および全身状態を観察
口腔内の状態(出血や損傷の有無)
咳嗽反射の有無
義歯の状態(総義歯か部分義歯か、装着状況)
全身状態(意識レベル、覚醒の状況、呼吸状態)
対象者の訴え
・ 吸引の必要性と担当者の確認
看護師と介護職の協働か、看護師のみか

6

吸引に必要な物品
①吸引器
②吸引びん
③ディスポ手袋
④プラスチックエプロン
⑤マスク
⑥酒精綿
⑦サクションチューブ
⑧水道水
⑨コップ(水道水を入れる)
7
①口腔内吸引の部位は可視範囲とする。
②舌根部、咽頭後壁、口蓋扁桃部を刺激して咽頭反射を
おこすことがないよう注意する。
③吸引圧は100~200mmHg。
④カテーテル挿入の目安は5~10cm。
⑤吸引時間は10秒以内。
⑥吸引中の呼吸状態(息を止めていないか、苦しそうでな
いか)・顔色(白っぽくないか、赤くないか)・口唇色(紫色
になっていないか)を観察しながら行う。
⑦1回で吸引できない場合は患者の呼吸が落ち着いてか
ら再度行う。
8
①吸引カテーテルを親指で押さえて折り曲げ吸
引圧がかからないように、口腔内にゆっくり入
れる。
②入れたら吸引カテーテルを押さえていた親指
を離し、気道粘膜を傷つけないようにカテー
テルの先端を動かしながら吸引する。
③吸引が終わったらカテーテルを回転させなが
らゆっくり抜く。
9


対象者の吸引前の状態と吸引後の状態変化
(顔色、呼吸状態、脈、口唇の色など)を観察
する。
吸引した痰の量、性状、色(白色、黄色、緑色
ピンク、血性)などの異常の有無を観察する。
10


吸引びんの排液量が70~80%に
なる前に排液を捨てる。
使用物品を後片付けする。
11
ケア実施の証明及び今後のケアプラン
に活用できるように記録しておく。
(記録の内容)
 施行時刻
 吸引した内容物の種類や性状・量
 特記事項
 施行者名
12
痰貯留部位の確認(聴診・X線写真)
 水分摂取
 体位ドレナージ(痰貯留部位を高く)
 用手的排痰手技
スクイージング・バイブレーションなど

※パーカッション(タッピング)は不整脈、
骨折をおこす。
13

口腔ケアの目的
1.誤嚥性肺炎の予防
2.口腔疾患の予防
3.QOLの向上
・口腔ケアの内容
1.食物残渣の除去
2.歯垢の除去
3.舌苔の除去
4.口腔内マッサージ
5.舌の運動

口腔ケアの効果
1.口腔および咽頭の細
菌数の減少
2.発熱の回数・期間の
減少
3.歯肉炎・口腔粘膜の
炎症の減少
4.口臭の軽減および摂
食量の増加
5.誤嚥性肺炎の予防
14
ダウンロード

スライド 1