「サービス提供のプロセスと管理」
和洋女子大学
坂 本 洋 一
目
1 サービス提供の基本的な考え方
2 サービス提供のプロセス
(1)相談支援時の状況把握
(2)アセスメント
(3)個別支援計画の作成
(4)個別支援計画の実施
(5)中間評価と修正
(6)終了時評価
次
3 サービス提供における管理
(1)支援会議の運営
(2)サービス提供職員に対する
マネジメント
(3)サービス内容のチェック
1.サービス提供の基本的な考え方
サービス提供の基本的考え方
・ 本人の意向や家族の要望に基づく到達目標を設定して
サービスを提供する。
・ 利用者のできないことだけでなく、できること、強さに着
目する。
・ 到達目標を達成するための個別支援計画を作成する。
・ エンパワメントを高める。
・ 必要に応じて、関係機関との連携を図りながらサービス
を提供する。
※個別支援計画の作成は、利用者、サービス管理責任者、
実際にサービスを提供する職員の三者間の協働で行う。
2 政治的活動
経験の希薄性
1 経済的不安定
3 情緒的
接触の欠如
7
意欲の
欠如
パワレスな状態とは?
6 学習された
絶望感・無用感
4 批判的・
抽象的思考訓練
の欠如
5
身体的・情緒的
ストレス
エンパワメントとは
○ 経済的状況、性別、国籍、障害
等によって、社会的に否定的な
評価を受けている
○ 取り巻く環境によって、権利が
侵害されている
○ 利用者とともに環境
に働きかける
○ その視点は、エンパワメ
ントであり、利用者のもっ
ている力を引き出し、
強化する
環境への働きかけ
エンパワメント
=アメリカにおける
セルフヘルプ活動への参加も
マイノリティ(黒人等の
考慮しよう
社会的に抑圧された人々)
が失っている力を強化していく
ことで、生活が弱体化、無力化している人々を本来もっている力を回復・強化
していく援助
エンパワメントの実践目標
B.Solomon,Black Employment:Social Work in Oppressed Communities, Columbia University
Press,P.6、1976
1 クライエントが自分の問題解決を目指していくとき、自
分自身が主導者であることを自認できるように援助する。
2 クライエントが活用できる知識や技術をワーカーが保
持していることを、クライエントが自認できるように援助
する。
3 ソーシャルワーカーはクライエントにとっての協力者、
パートナーであることを、クライエントが認めるように援
助する。
4 ソーシャルワーカーが威圧的な社会制度の負の影響
を減少させる働きをしていることを、クライエントが認め
るように援助する。
サービス提供の基本的考え方
(利用者中心のサービス提供)
どのような支
援があれば
達成できる
かの分析
初
期
状
態
(
現
在
の
状
況
)
利用者の意向
利用者の望む生活が実現す
るよう、支援を組み立てる
(個別支援計画の作成)
達
成
す
べ
き
状
態
(
実
現
し
た
い
状
況
)
2.サービス提供のプロセス
サービス提供のプロセス
(
(
(
(
(
(
1
2
3
4
5
6
)
)
)
)
)
)
相
談
支
援
時
の
状
況
把
握
ア
セ
ス
メ
ン
ト
個
別
支
援
計
画
の
作
成
個
別
支
援
計
画
の
実
施
中
間
評
価
と
修
正
終
了
時
評
価
①
初
期
状
態
の
把
握
②
基
本
的
ニ
ー
ズ
の
把
握
支
③
課
題
の
整
理
①
到
達
目
標
の
設
定
援
②
個
別
支
援
計
画
の
作
成
会
①
支
援
計
画
の
中
間
評
価
議
②
支
援
計
画
の
修
正
(1)相談支援時の状況把握①
支援プロセスで、紆余曲折するので、
インテークで安易な励ましは、過度の依存、
利用者の不信を招くことを考える
○ 課題が生じて不安がある
○ 将来の展望がみえない
○ 課題の解決方法がわから
ない 等
援助者と利用者の信頼関係
(ラポール)の形成の第一歩
○
○
○
○
○ 安易に問題解決を
請け負ってしまわない
○ 問題解決の主人公は
利用者である
まず、傾聴する
不安を和らげる
課題を明らかにする
対応できる課題
かどうか
このサービス提供機関
が、はたして対応してく
れるか?
(1)相談支援時の状況把握②
・事業の対象や提供するサービスの内容について情報を提供する
・一連のサービスの流れについて説明する
・必要に応じて、関係機関との調整を図る
・利用にかかる経費を説明する 等
専門用語を使わないで
平易でわかりやすい言葉を用いる
実施方法
・
・
・
・
各事業における利用者の対象像、提供するサービス内容について情報を提供する
他の事業やサービスなど選択肢などを説明
アセスメント→到達目標の設定→評価など一連のサービスの流れについて説明
サービス提供は、利用者との合意のもとで作成することや契約の内容に盛り込むことを
説明
・ 必要に応じて他の事業者、市町村など関係機関と連携をとる
・ 個人情報の管理については慎重に行う
必要なツール
・相談支援受付表(あるいは調査表・プロフィ-ル表)
(2)アセスメント
アセスメントの過程は資料の収集と分析である。
相互理解の場
利用者の主訴を十分に傾聴する
医師、教員、
心理判定員等の
専門家
からの情報入手
専門家に依頼するときは
利用者の了解をとる
利用者の生活歴、
家族状況、直面し
ている課題に対す
る対応、課題がも
たらす不安や葛藤
(2)‐アセスメント
①初 期 状 態 の 把 握
・身体状況や精神・心理状況など状態像の客観的な把握に努める
・分野別に項目を立てて把握する
実施方法
・
・
・
・
信頼関係の確立を基礎として、面会などを通して把握する
アセスメントの意味をよく説明して同意を得る
移動関連、生活関連、コミュニケーション関連など分野別に評価項目を設定する
初期状態は今後の支援のベースラインとなり、中間評価・最終評価の際比較検討する
情報となることから、数量化など、できるだけ客観的な把握に努める
・ 必要に応じて医師、PT、OT、STや心理職などを活用する
・ 初期状態を記録しておく
必要なツール
・初期状態把握表(アセスメントシートNo1)
各事業の評価項目の例
初期状態
把握表の例
・ 分野別評価項目は、各事業者ごとに設定。
区分
移
動
・
動
作
関
連
項
目
身
辺
関
連
項
目
項 目
寝返り(体位変換)
起き上がり
座位保持
両足での立位保持
歩行
移乗(車いすとベッド間)
移動(室内)
立ち上がり
片足での立位保持
洗身(入浴行為以外)
えん下
食事摂取
飲水
排尿
排便
口腔清潔
洗顔
整髪
つめ切り
上衣の着脱
ズボン、パンツの着脱
調理(献立を含む)
生
活
関
連
項
目
社
会
生
活
関
連
項
目
就
労
関
連
項
食事の配下膳(運搬)
入浴の準備及び後片づけ
調理以外の家事
買物
交通手段の利用
薬の内服
電話の利用
金銭の管理
社会性・協調性
活動参加
時間管理(遅刻・欠勤)
計算能力
計量・計測
金銭理解
読み書き
情報利用
状況判断
指示理解
修正能力・判別能力
作業の正確性
作業の持続性
作業のスピード
できる
見守り等
一部介助
全介助
特記事項
(2)アセスメント
②基本的ニーズの把握
・利用者(必要に応じて家族)の意向を把握する
・訓練や就労状況、置かれている環境などの状況を把握する
・利用できる社会資源や関係機関を把握する
実施方法
・ 信頼関係の確立を基礎とし、面会などにより把握する
・ コミュニケーションの障害を有する障害者については、
解りやすい言葉で意向などを把握する
・ 必要に応じて家族の意向なども把握する
・ 訓練や就労状況、環境などの状況を把握する
・ 今後利用できる社会資源や関係機関との連携の状況について把握する
・ 利用者の基本的ニーズの状況を記録しておく
必要なツール
・利用者のニーズに把握表(アセスメントシートNo2)
(2)アセスメント
③課 題 の 整 理
・利用者の初期状態や基本的ニーズの把握から、課題を整理する
・課題の整理に当たっては、全体の課題と各分野別の課題を整理する
・課題の整理にあたっては、優先順位を設定する
実施方法
・ 利用者の初期状態や基本的ニーズから、支援者の気づきなどを踏まえ、
解決すべき課題を整理する
・ 解決すべき課題を、全体の課題と各分野別の課題に整理する
・ 各分野別の課題については、支援計画を作成するときの優先順位のために
重要度・緊急度などを考慮しておく
・ 課題の整理を記録しておく
必要なツール
・課題の整理表
課題の整理表の例
分野別課題
移動・動作関連
身辺関連
生活関連
社会生活関連
就労関連
コミュニケーション関連
医療関連
問題行動関関連
全体的課題
課 題 の 整 理 表
①初期状態の評価 ②意向等ニーズ評価
③支援者の気づき・推測
④解決すべき課題
(3)個別支援計画の作成
個別支援計画の作成は、支援の実施過程を
立案することである。
① 明らかに
なった課題をリ
ストアップする
② 到達目標
を設定する
③ 解決すべき課
題の優先順位を利
用者と決める
④ 社会資源と
ニーズのマッチン
グを検討する
⑤ 個別支援計画
書を作成する
⑥ 利用者の最終
同意を得る
(3)個別支援計画の作成
○ 利用者や家族の立場から
・質の高いサービスを提供してくれるか。
・利用者の意向を汲んでほしい。
○ 職員の立場から
・的確な支援の方向づけ
・支援の効果を自己評価し、今後の計画を検討する。
○ 施設経営者の立場から
・支援の質の向上を目指す。
・効率的・効果的に施設運営できる。
(3)個別支援計画の作成
①到達目標の設定
・利用者の支援の課題に基づき到達すべき目標を定める
・到達目標は、サービスの到達目標である主目標と個別到達目標などからなる
・現行の支援を見直すとともに、新しい支援を考える
実施方法
・ 個別支援計画の作成に当たっては、本人の意向を尊重すること
・ 到達目標は、就労移行支援事業などサービスの到達目標が予め明確であり主目標と
成る事項と具体的な個別の到達目標が考えられる
・ 時間(支援期間)と領域(支援内容)という2つの観点から設定
・ 支援課題が複数にわたる場合、緊急性の高い課題など優先順位を設定
・ 到達目標は、時間軸をとおして段階を踏んで達成される
・ 目標の達成度の評価方法についてもあらかじめ決めておく
・ 個別支援計画を記録しておく
必要なツール
・ 個別支援計画表
自立訓練(機能訓練)の達成目標の例
対象者像
・ 病院等を退院し、一定
の訓練が必要な身体障害者
・ 特別支援学校等を卒業し、
一定の訓練 が必要な身体障
害者
達成目標
【サービスの達成目標】
・一定期間にわたり訓練を行うことを通じて、
利用者が地域において自立した日常生活及び
社会生活を営むことができるようにする。
(心身の機能の回復・向上を目的とした訓練の
実施)
【主目標】
・1年で、在宅での生活をほぼ可能にする
【個別目標】
・ADL、IADL(食事、排泄、調理、
買物、洗濯、車いすによる移動等)の習得・回
復・向上
・社会活動への参加(スポーツ、趣味的
活動、パソコン等)
(3)個別支援計画の作成
②個別支援計画の作成
・主目標や個別目標が達成されるような個別支援計画を作成する
・日課、週間、月間のプログラムとする
・支援方法については、個人に合うよう工夫する
実施方法
・
・
・
・
・
時間軸(段階)を意識した個別支援計画とする
支援の頻度やスケジュールについては、本人の同意を得て作成する
具体的な支援方法などを個別支援計画に反映させる
個別支援計画においては担当者の役割を決めておく
個別支援計画を記録しておく
必要なツール
・ 個別支援計画表
個別支援計画書の例
個別支援計画書
利用者氏名
担当職員名
生年月日 ( 歳)
男・女
サービス管理責任者名
○年○月○日
利用者の
状態像
利用者の
ニーズ
主目標
個別的
目標
達成時期
達成時期
個別支援
内容
支援に当
たって留
意事項
本人への説明 年 月 日
本人サイン
週間個別支援計画表の例
利用者名 4:00
6:00
8:00
午
前
9:00
10:00
11:00
12:00
13:00
午
後
14:00
15:00
16:00
17:00
18:00
19:00
夜
間
20:00
22:00
0:00
2:00
4:00
月曜日
週間個別支援計画表
様
火曜日
作成年月日 水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
日曜日
年
月
日
支援上の留意点など
(4)個別支援計画の実施
・設定された目標を、効率よく達成することに努める
・個別支援計画に則り、適切にサービスを提供する
・支援のペースやスケジュールは、利用者とよく話し合って決める
実施方法
・
・
・
・
・
・
・
支援スタッフの役割を明確にする
支援スタッフはお互いに情報交換しながら支援を実施
時間軸(段階)を意識した支援に努める
支援のペースやスケジュールについては、本人の同意を得て実施する
個別支援の実施に当たって支援の責任者を決めておく
他の支援方法の導入など工夫を怠らない
個別支援計画の実施を記録しておく
必要なツール
・ 個別支援計画実施表
【自立訓練(生活訓練)の標準的な支援内容(例)】
① 長期入所者・入院患者
退所・退院早期
通所期・訪問導入期
訪問期
(訓練準備期)
(生活習慣修得期)
(定着期)
(フォロー期)
12ヶ月間
6ヶ月間
6ヶ月間
12ヶ月間
日 中 通 所
○
○
○
-
訪
△
△
○
○
期
間
問
長期入院・入所
者の特記事項
○施設又は病院が準備したグループホーム等において訓練
○地域移行した際に活
用の可能性のある福祉
サービスに係る情報を提
供
○具体的な地域生活の理解と動機
付け(例:視覚的にわかりやすい
情報提供や極めて短期的なグルー
プホームの体験)
○実際の移行先の調整
○環境の変化に伴う心理的
不安を解消
ADL,IADLの向
上
○生活リズムの確立
○食事、排泄等の基本動作の習得
○着脱衣、洗面等の身辺処理の習
得
○洗濯、調理、買い物、掃除
などの日常生活関連動作
の習得
○日常生活関連動作に
ついて直接的な支援
から、本人の自主的
な取り組みを促す支
援の方法に切り替え
る
○訪問により食事、服薬、掃除、
洗濯、身だしなみの状況確認
や相談に応じる
社会経済活動参
加能力の向上
○コミュニケーション能力を身につけ
る
○本人の地域生活のルール
(安全管理)、マナーの習
得
○適切な人間関係の構築を
図るための基礎を習得
○社会生活全般に関する習
慣の習得
○金銭管理
○交通機関、電話の利用
○社会生活に関する習慣
の定着
・ 対人関係を築く
・ 生活上の社会経済
活動への参加のため
の訓練
○訪問により福祉サービ ス利
用、金銭管理等の状況確認や
相談に応じる
○必要に応じて、事業者、利
用者と圏域(地域)でのコー
ディネーター等との協力・連携を
図ることにより、地域生活
の安定が図れるよう協力す
る
※ 地域の社会資源の状況から通所することが困難であるなど、一定の条件に該当する場合、施設入所も可能。
支援経過記録表の例
支援経過記録表
平成 年 月 日
利用者氏名 様
月日
支 援 内 容
経 過
記録者
(5)中 間 評 価 と 修 正
①個別支援計画の評価
・ 時期(段階)ごとに、到達目標達成度を評価
・ 同時に、サービスの実施内容など個別も評価
・ 利用者にサービスが適切に提供されているかを評価
実施方法
・
・
・
・
・
・
・
到達目標の達成度を評価するための情報を収集する
情報を時期(段階)ごとに、達成度を評価する評価と比較して
達成度は、主目標及び個別目標の観点から評価
状態の評価は、初期状態と比較してどれだけ変化したかをベースに評価
併せて、利用者の意向や環境の変化なども評価
個別支援計画に沿ってサービスが提供されたかを評価
分析を記録する
必要なツール
・中間評価記録表
(5)中 間 評 価 と 修 正
1 利用者の権利が守られているか
2 サービスについて利用者は満足
しているか
3 新たにニーズが発生しているか
4 設定されている目標が達成され
ているか
(5)中 間 評 価 と 修 正
②個別支援計画の修正
・到達目標に達成するために個別支援計画(個別支援)プログラムを微調整する
・提供されるサービス内容を微調整する
・利用者に修正や変更の同意を得る
実施方法
・ 目標達成度を評価した結果、例えば、到達目標に達成していない場合、
○利用者や家族の要因によるも
○ スタッフの要因によるものか
○事業所のシステムによるものかなどについて
詳しく分析する
・分析の結果、必要に応じて個別支援計画を修正
・修正にあたっては、 時間軸と支援(サービス)内容の観点から修正・変更
・ 個別支援計画の修正・変更に当たっては、利用者に説明し同意を得る
・ 個別支援計画の修正・変更とその結果を記録する
必要なツール
・個別支援計画の修正・変更記録表
中間評価による個別支援計画の修正
原
因
の
分
析
等プ
のロ
変グ
更ラ
ム
到達すべき状態
実際の到達点
初
期
状
態
到
達
す
べ
き
状
態
初期評価
第1期評価
到
達
す
べ
き
状
態
第2期評価
個別支援計画の中間評価表の例
個別支援計画の中間評価
利用者名
到達目標
達成状況の評価
1
達成 ほぼ達成 未達
成
2
達成 ほぼ達成 未達
成
3
達成 ほぼ達成 未達
成
4
達成 ほぼ達成 未達
成
5
達成 ほぼ達成 未達
成
6
達成 ほぼ達成 未達
成
達成されない原因の分析
今後の対応(支援内容・方法の変更等)
(6)終 了 時 評 価
・到達目標達成度を含めた個別支援計画全体を客観的に評価
・利用者の状態の変化・満足度などの観点から評価
・次回の個別支援計画作成に評価を生かす
実施方法
・到達目標に達したかを評価
・目標に達成されなかったらどの段階まで達成されたか評価
・サービス提供はスムーズに行われたか評価
・スムーズでなかった場合どこに原因があったか評価
・サービス提供を受けた利用者はどのように変化したか
・利用者は提供されたサービスについてどのような気持ちをもっているか
(満足度はどうか)評価
・次の目標を設定を含め個別支援計画を作成するときにフイードバックする
必要なツール
・終了時評価表
中間評価から最終評価
個別支援計画全体を評価し次期の計画につなげる
中間評価
最終評価
全体的評価
個別的目標の
中間評価
・主目標の到達度
・個別目標の到達度
・関係機関の連携度
・本人の満足度
次期の
個別支援計画
に生かす
○ 主目標
○ 個別的目標
終了時評価について
サービス提供プロセスの全体を評価
初
期
状
態
評
価
中
間
評
価
中
間
評
価
終
了
時
評
価
次
期
目
標
設
定
終了時評価表の例
終了時評価表の例
利用者名 様
到達目標
達成状況の評価
1
達成
ほぼ達成
未達
成
2
達成
ほぼ達成
未達
成
3
達成
ほぼ達成
未達
成
4
達成
ほぼ達成
未達
成
5
達成
ほぼ達成
未達
成
6
達成
ほぼ達成
未達
成
全体的評価
利用者の満足度等意見
次の目標設定への意見等
プログラム及びサービスに対する満足度調査(例)
1 このプログラムの質はどの程度でしたか。該当するものに○印をつけてください。
① とてもよかった ② よかった ③ どちらともいえない ④よくなかった
2 友人がこのプログラムを受けたいと希望したら、このプログラムを推薦しますか。
① 積極的に推薦する
② 推薦する
③ どちらともいえない ④ 推薦しない
3 プログラムを受けた量に満足はしていますか。
① とても満足している ② 満足している ③ どちらともいえない ④ 満足していない
4 このプログラムは、役立ちましたか。
① とても役に立った ② 役に立った ③ どちらともいえない ④ 役に立たなかった
5 全体的にこのプログラムに満足しましたか。
① とても満足している ② 満足している ③ どちらともいえない ④ 満足していない
6 もしこのプログラムがもう一度あったら、このようなプログラムをもう一度受けたいと思いますか。
① 積極的に受けたい ② 受けたい ③ どちらともいえない ④ 受けようと思わない
3.サービス提供における管理
(1)支援会議
・個別支援計画の作成等のために定期的に支援会議を実施する
・利用者やサービス提供職員の他、必要に応じて利用者、関連機関の職員と開催する
・サービス管理責任者は支援会議が効率的に運営されるようマネジメントする
実施方法
・ 支援会議はチームアプローチの場であり、サービス提供職員と個別支援計画を
実現していく場であることを認識する
・ サービス提供職員と個別支援計画を協働して検討し作成していく
・ サービス管理責任者は適時、指導・助言を実施する
・ 担当した個別支援計画の説明などサービス提供職員の教育の場でもある
・ 他の支援方法の導入などチームでサービス提供の工夫を凝らす
・ 支援会議運営マニュアルなどを作成しておくと効果的な運営が可能となる
・ 支援会議の内容を記録しておく
必要なツール
・ 支援会議記録表
支援会議の意義
野中 猛 氏「ケアマネジメント実践のコツ」P.83より修正
サービス利用者の
支援に役立つ
(個別支援計画の作成、
中間評価、最終評価など
を行う場で、様々な視点を
もつ人の意見や知恵、
力を合わせるチーム)
他領域の知識を得
ることができる
(他の人の実際的な視点
や知識に触れ、事態の
理解や対処法について
行き詰まり打開の発想が
広がる)
サービス提供職員間のコミュニケーションを
高める
(活動の場をともにし、理解を共有することで、
お互いの立場や実情、能力がわかり、
日常の実践においてコミュニケーションを高める)
支援会議で行われるべき事柄
野中 猛 氏「ケアマネジメント実践のコツ」P.84より
役割分担
客観的情報の交換
(家族歴、生活歴、生活全
般、行動特性、地域特性、
制度の実情など具体的に
とらえ、情報を広く集め、
固定した見方を避ける)
(支援方針に基づき、
サービス提供職員の
役割分担を具体的
に決定する)
当面の支援方針決定
(会議の結論は、真実の
追究より当面の一歩を
踏み出す行動目標)
主観的感情の交流
(関係者の正直な想いは、
良くも悪くも貴重な情報源、
話しやすい雰囲気作り
見立てや手立てに関する
発想の交換
(前半は見立てを、後半は
手立てを集中して意見交換)
支援会議の運営作業
1.目的に沿って参加者を選択する
2.支障のない場所と時間を設定する
3.大変な事例から選択する
4.情報を整理した資料を準備する
5.運営上の役割を定めておく
6.見立てと手立ては時間的に分けて議論する
7.最後の結論を確認する
野中 猛 氏「ケアマネジメント実践のコツ」P.85~86より
支援会議で行うべきでない注意点
野中 猛 氏「ケアマネジメント実践のコツ」P.87より
担当者の不備を責める
その場にいない人や
機関を悪者にする
結論が出ない
まま終了する
記者や裁判官の
ように真実を追究する
納得しないまま
「お説拝聴」をする
(2)サービス提供職員に対するマネジメント
・チームマネジメントが基本であること
・利用者の権利擁護などの幅広い視点を伝えること
・高度な専門的知識・技術の獲得のための研修などの企画・運営
実施方法
・
・
・
・
・
・
・
・
・
大きな成果は良好なチームワークで生まれることの徹底
チームの共通目標を設定し課題を共有すること
チームメンバーのやる気を引き出すこと
情緒的コミュニケーションと課題的コミュニケーションを図る
メンバーの役割を明確にし、適材適所に心がえる
チームのルールは、明確にしておく
コーチング技法を身につける
成果主義の導入
育成方法の検討
初心者に対するスーパービジョン
1.対人支援の原則を伝える
2.全体像をとらえる
3.支援の方向を示す
4.価値や意義を指摘する
5.実践技術を伝える
6.問題解決を示唆する
7.他者との役割分担を示唆する
8.関連する情報を伝える
9.限界を設定する
10.才能を発見して強化する
野中 猛 氏「ケアマネジメント実践のコツ」P.78~80より
コーチング技法の導入
コーチングとは
「会話によって相手の優れた能力を引き出しながら、
前進をサポートし、自発的な行動を促すコミュニケー
ション・スキル」です。
それは、「答は、その人の中にある」ということが前
提になります。答えをもっていると信じているからこ
そ、前進をサポートでき、自発的な行動を促すことが
できるのです。
播摩早苗「今すぐ使える!コーチング」PHPビジネス新書、P.14
4つのコーチング力
B
働きかける力
コメント
力
質問力
コーチング=聴く力
理解力
分析力
受容する
人間力
A
受け入れる力
(3)サービス内容のチェック
(
1
)
相
談
支
援
時
の
状
況
把
握
(
2
)
ア
セ
ス
メ
ン
ト
・相談支援時の情報
が整理されているか
・事業所として利用者
のニーズに応えられ
るか
・サービスの選択と利
用契約内容は適切
か
・初期状態の把握は
適切にできているか
(
3
)
個
別
支
援
計
画
の
作
成
・到達すべき目標の
設定は妥当か
・サービスの期間設定
や利用領域は適切
か
・ニーズの個別支援計
画への反映は十分
か
・利用者への十分な説
明と合意が得られてい
るか
(
4
)
個
別
支
援
計
画
の
実
施
(
5
)
中
間
評
価
と
修
正
・主となる標準的な支援モデ
ルとそれに基づく個別プログ
ラムが明確に設定されてい
るか
・他系事業活用の必要性があ
る場合は、利用者とも合意
ができているか
・定期的な中間評価に基づく
対応(支援内容のズレや不
足に対する修正)や記録は
妥当か
・関係機関との連携は十分か
(
6
)
終
了
時
評
価
・目標は達成され
たか
・利用者は満足し
ているか
・契約は履行され
たか
・サービス提供職
員の意見
・次の目標への準
備はできている
か
ダウンロード

PowerPoint