限界集落と綾部市
3年 岸本可奈子
限界集落とは




過疎が極端に進み、共同体として存在す
ることが困難な集落のことを指す。
半数以上が65歳以上の高齢者
冠婚葬祭や農業に関する作業などで社会
的共同生活の維持が困難、が定義。
全国に2000以上あるという。
限界集落2
名称
定義
内容
存続集落
55歳未満の人
口比50%以上
跡継ぎが確保されており、共同体の機能を
次世代に受け継いでいける状態
準限界集
落
55歳以上の人
口比50%以上
現在は共同体の機能を維持しているが、跡
継ぎの確保が難しくなっており、限界集落の
限界集落
65歳以上の人
口比50%以上
高齢化が進み、共同体の機能維持が限界
人口0
かつて住民が存在したが、完全に無住の地
消滅集落
予備軍となっている状態
に達している 状態
となり、文字通り集落が消滅した状態
京都府綾部市とは
・京都府のほぼ中央に位置する
・由良川
・面積 377.11㎢
・77%が山林
・人口
5万3235人(‘55)→3万7755人(‘05)
外部経済効果
森林の多面的機能による外部経済効果
→75兆円
水源涵養機能 27/75兆円

水
源
地
守
る
人
×
限
界
集
落
の
消
滅
水
源
涵
養
機
能
劣
化
保経二
全済七
補効兆
修果円
の
・
保 外
護 部
水源の里条例



H19年に綾部市水源の里条例を施行
5年間の期限付き
全国初の限界集落に関する条例
4つの対策
(1)U・Iターン者の定住対策
→空き地・空き家の有効活用
定住促進事業の開催の提案
水源の里条例2
(2)都市との交流
→交流イベントやオーナー制度の導入など、
水源の里と都市との接点作りの提案
(3)地域産業の開発と育成
→集落がかつて生業としていた産業に注目
特産品の開発や直売所の設置
水源の里条例3
(4)集落の環境の整備
→インターネットや携帯電話の未普及解消
合併浄化槽の設置
U・Iターン者が快適に暮らせる設備を整える
対象地域の条件
●綾部市役所からおおむね2 5 km.以上離れて
いること。
● 高齢者比率が6 0%以上であること。
●世帯数が20 戸未満であること。
●自治会が水源地域に位置していること。
具体的な地域





栃(とち)→人口23人・高齢者比率61%
大唐内(おがらち)→人口30人・高齢者比率
63%
市茅野(いちがや)→人口12人・高齢者比率
100%
古屋(こや) →人口7人・高齢者比率86%
市志(いちし)→人口23人・高齢者比率100%
後継者が同居している世帯数3/56
限界集落の取り組み
@古屋
特産品 50本の栃木が自生→トチモチ
But シカの食害が年々深刻化
水源の里連絡協議会(水源の里条例に伴う)
トチの周囲をネットで囲む
限界集落の取り組み
@市志
特産物 ふきのとう・ふき
収穫体験ツアーを旅行会社と連携して開催
120人を超える人数が参加
今後の予定

水源の里条例を詳しくみる

今年の4千万予算の使い道
ダウンロード

限界集落と綾部市