H16.9.29
コスト構造改革について
コスト縮減のこれまでの経緯
平成9年4月4日 関係閣僚会議において行動指針を決定
~行動指針を踏まえ、公共工事担当省庁16省庁が行動計画を策定
平成12年9月1日 関係閣僚会議において新行動指針を決定
~新行動指針を踏まえ、公共工事担当省庁16省庁が新行動計画を策定
平成13年3月30日 省庁再編に伴い、運輸省、建設省及び北海道開発庁の新行動計画を統合し、
国土交通省における具体的施策を盛り込んだ新行動計画を策定
平成15年3月31日 新行動指針及び新行動計画に加え実施すべき施策をとりまとめた
「国土交通省公共事業コスト構造改革プログラム」を策定
平成15年9月18日 政府における「公共事業コスト構造改革プログラム」を策定
平成15年10月10日 「社会資本整備重点計画」閣議決定
平成15年12月5日 「平成16年度予算編成の基本方針」閣議決定
工事コスト低減の推移(H8=100)
工事コスト低減の推移 (H8=100)
100%
3.5
3.2
6.7
5.9
95%
11.9
9.9
[国土交通省・関係公団等]
15.9
10.5
18.4
11.7
21.3
13.6
指数
90%
85%
80%
施策効果
による低減
実際の工事
コストの低減
75%
70%
H8年度
H9年度
H10年度
H11年度
年度
H12年度
H13年度
H14年度
公共事業コスト縮減の経緯
H9
H11 H12
行動指針
H9~H11
H14 H15
H19 H20
公共工事コスト縮減対策に関する新行動指針
H12~H20
公共事業コスト構造改革
プログラム
H15~H19
コスト構造改革
※H19に15%コスト縮減(H14基準)
○平成15年度より、現行動指針を継続実施することに加え、公共事業の全てのプロセスを
コストの観点から見直す、「コスト構造改革」の取り組みに着手
○「コスト構造改革」の施策プログラムとして、「公共事業コスト構造改革プログラム」を策定
コスト構造改革について
平成15年度:コストの観点から公共事業のすべてのプロセスを見直す「コスト構造改革」の取組を開始
国土交通省公共事業コスト構造改革プログラムの策定(平成15年3月)
位置付け
対 象
内 容
フォローアップ
数値目標
①「公共工事コスト縮減対策に関する新行動計画」(平成13年3月)に加え、「改革」として取り組むべき施策
をとりまとめたもの
②直ちに実施できる施策のみではなく、検討、試行、他省庁との調整を行った上で 実施に移行する施策を含む
③必要に応じて施策を追加、変更し、プログラムを更新する
基本的には国土交通省直轄事業、国土交通省所管の公団等が行う公共事業
①公団等は、独自の施策を実施可能
②所管補助事業等において同様の取り組みを促す
③関係省庁と連携して実施
①事業のスピードアップ(8施策)
②計画・設計から管理までの各段階における最適化(14施策)
③調達の最適化(12施策)
合計34施策
毎年度、施策実施状況と数値目標についてフォローアップを実施
平成15年度から5年間で、平成14年度の標準的な公共事業コストと比較して、15%の総合コスト縮減率を達成する。
H14年度における標準的な工法・基準
(H15以降のコスト縮減額に含まない)
H9 H10 H11 H12 H13 H14
※毎年度、施策実施状況と数値目標について
フォローアップを実施
コスト構造改革
13.6%
H15
(5年間)
H19
15%
従来の工事コストの縮減に加え以下の項目も評価
①規格の見直しによる工事コストの縮減
②事業のスピードアップによる事業便益の早期発現
③将来の維持管理費の縮減
国土交通省公共事業コスト構造改革プログラム【具体的施策】
(1)
ス事
ピ業
ーの
ド
ア
ッ
プ
(2)
計
画
各・
設
段計
階か
にら
お管
け理
るま
最で
適の
化
(3)
【1】 合意形成・協議・手続
きの改善
1. 構想段階からの合意形成手続きを導入、推進する
2. 「協議・手続きの総点検」に基づき、関係省庁とも調整し、協議・手続きの迅速化・簡素化を図る
【2】 事業の重点化・集中化
3. 事業評価を厳格に実施し、事業箇所を厳選する
4. 完成時期を予め明示するなど事業の進捗管理を徹底するとともに、総事業費管理の導入を検討する
【3】 用地・補償の円滑化
5.
6.
7.
8.
地籍調査を促進するとともに、計画段階から土地情報を把握する
土地収用法を積極的に活用するとともに、補償金仲裁制度の活用を図る
代替地情報提供システムの活用等により生活再建対策を推進する
用地取得業務に民間活力を活用する
【1】 計画・設計の見直し
9. 基準類の性能規定化を推進するとともに、限界状態設計法への移行を図る
10. 営繕事業に関する技術基準を統一する
11. 地域の実情にあった規格(ローカルルール)の設定を促進する
12. 技術革新等により計画・設計を大胆に見直す
13. 設計VEにおいて、必要に応じて専門家の活用を図る
14. 平成15年度に設計の総点検を行う
【2】 新技術の活用
15. 新技術活用を促進するための環境を整備するとともに、数値目標の設定等の取り組みを実施する
16. 必要な技術開発テーマを公表すること等により民間の技術開発のリスクを低減する
17. ライフサイクルコストを縮減する技術開発を推進するとともに新技術を活用した維持管理を推進する
【3】 管理の見直し
18. 地域住民等の参画による維持管理を推進する
19. ITを活用した施設管理等を推進する
20. 地域の実情等に応じ管理水準を見直す
21. アセットマネジメント手法等、ライフサイクルコストを考慮した計画的な維持管理を行う
22. 既存ストックを有効活用し、適正な管理を推進し、新設・更新費を低減するとともに、早期の効果発現を図る
【1】 入札・契約の見直し
23. 国庫債務負担行為の積極的活用を推進する
24. 工事発注の手続き期間の短縮により適正な発注ロット設定を妨げない環境を整備する
25. 民間の技術力の結集を目的とし、提案と対話による技術力競争を重視した調達方式を試行する
26. 総合評価落札方式等の技術力による競争を一層推進する
27. 優れた企業による競争を推進するため、企業の持つ技術力(=工事成績、工事の技術的難易度等)を適正に
評価し、業者選定に当たり技術力を評価できる環境を整備する
28. 発注者責任を明確化し、確実に遂行するための環境を整備する
29. 電子調達を推進する
30. 民間の資金・能力を活用する多様な社会資本整備・管理手法の導入を検討し、推進する
31. コスト意識の向上等のための支払方法を改善する
【2】 積算の見直し
32. 「積み上げ方式」から歩掛を用いない「施工単価方式」への積算体系の転換に向けた試行を行う
33. 市場単価方式の拡大を図る
34. 資材単価等について見積徴収方式を積極的に活用するとともに、資材単価等の市場性の向上について検討
する
調
達
の
最
適
化
コスト縮減率はそれ自体が目的には成りえない。
①工事の効率性を向上させる。
②仕事の進め方を時代のニーズに合わせる。
ことにより、結果的に縮減率が向上する。
◇手抜き工事が増加。
◇下請けがしわ寄せを食う。
⇒このようなことを前提とした取り組みではない。
⇒このようなコスト縮減はカウントされないシステム。
具体事例
公共工事コスト縮減対策に関する新行動指針
①工法の工夫・新技術の導入
②規格の見直し
③材料の見直し・リサイクル
④エネルギー負荷の軽減
などなど
「公共事業コスト縮減対策に関する新行動指針」
【 施策名: (1) 工事コストの低減 1)工事の計画・設計等の見直し ③設計方法の見直し 】
竹割り型構造物掘削工法の採用によりコスト縮減
工事名:萩・三隅道路飯井第一橋下部工事
概 要:(従来)
(新)
切土掘削+法面保護工
⇒ 竹割り型構造物掘削工法
効 果
① 地山の掘削面積を最小限に抑えられるため、自然環境に与える影響が小さく
できる。
② 長大な人工斜面の維持・管理費が不要。
■ 急傾斜地における橋梁下部工事費を、181百万円から170百万円に縮
減。
(縮減額 11百万円、縮減率 約6%)
(従来工法)
(新工法)
リングビ-ム
吹付コンクリ-ト
国土交通省
中国地方整備局
山口河川国道事務所
「国土交通省 公共事業コスト構造改革プログラム」
【 施策名: (2) 計画・設計から管理までの各段階における最適化 【1】計画・設計の見直し 】
高規格幹線道路における追越区間付き2車線構造の導入
概 要:将来の計画交通量が少ない2車線の道路において、必要なサービス速度(例えば80km/h)を確
保する構造基準を新たに導入
○ 追越区間付き2車線構造の導入
(サービス速度を確保するために、必要に応じ追越しのための付加車線を設置)
○ あわせて、インターチェンジの簡素化、最大縦断勾配や最小曲線半径の緩和を図る
効 果:
◆道路整備のスピードアップ
•工期が短縮され、効果が早期に得られる。(2~3割短縮)
◆コスト縮減
• 車線数を少なくすることにより用地費、盛土・切土量等のコストが
削減(2~3割削減)
• 線形が緩和されることにより、トンネル・橋等のコストのかかる構
造物が減少する(3~4割縮減)
注)括弧内は試設計結果
4車線に対する比率
4車線の断面構成
路
肩
車線
中央帯
車線
路
肩
【従来の構造】
【地域に応じた構造】
コストのかかる
トンネル・橋等を減少
分離2車線の断面構成
路
肩
中
車線 央 車線
帯
路
肩
4車線→2車線
国土交通省
「公共工事コスト縮減対策に関する新行動指針」
【 施策名:(3)ライフサイクルコストの低減 Ⅲ②施設の省資源・省エネルギー化 】
遠赤外線を用いた歩道融雪施設による電気料金の縮減
工事名:橋本二丁目歩道融雪施設設置工事
概 要:(従来)
(新)
「電熱線方式」 ⇒「遠赤外線方式」を活用。(NETIS登録技術)
効
果:
• 従来の発熱電線に加え、アルミ合金メッシュを布設し加温されるアルミ合金から放
射される赤外線エネルギーが融雪効果をもたらすため、赤外線のエネルギー分だけ
電力消費量を抑えることが可能となった。
• 電熱線方式250W/m2-遠赤外線方式200W/m2=50W/m2消費電力縮減
• 電気料金が1シーズン(800時間・2,456m2)で1,400千円縮減(20%縮減)
電熱線
〔電熱線方式・250W/m2〕
電熱線
アルミ合金
〔遠赤外線方式・200W/m2〕
国土交通省
東北地方整備局
青森河川国道事務所
「公共工事コスト縮減対策に関する新行動指針」
【 施策名: (4) 工事における社会的コストの低減 Ⅳ②工事における環境改善 】
他事業への連携により浚渫土砂の土捨て費用を縮減
工事名:三河港 泊地(-12m)(埋没)浚渫工事
概 要:
(従来)
(変更)
土砂処分場へ揚泥 ⇒ 深掘跡に直投
効
果:
① 他事業の埋土事業との連携により、土砂処分場への揚泥費が削減できる。
(縮減額 135百万円)
② 従来の浚渫工事に比べ工事費を約1/2に縮減できるため、航路泊地の早期
完成が可能となり、便益の早期発現が期待できる。
(変更)
(従来)
揚泥費を削減
浚渫土砂を揚泥
浚渫土砂を直投
国土交通省
港湾局
「国土交通省 公共事業コスト構造改革プログラム」
【 施策名: (1) 事業のスピードアップ 【1】合意形成・協議・手続きの改善 】
公共事業の構想段階における住民参加手続きガイドラインの概要
目的
○構想段階からの情報公開・提供の
努力、住民参加の促進
○事 業 者 、 住 民 、 そ の 他 関 係 者 が
各々の役割を認識した上で責任を
果たしつつ、住民等との協働の下
で事業の公益性及び必要性につい
て適切な判断を行うなどにより事
業を円滑に推進
対象の考え方
○国土交通省所管の直轄事業及び公
団等事業は右の手続きを活用
○特 に 大 規 模 で 影 響 が 大 き い 事 業
は、右の一連の手続きを基本とし
て実施
構想段階
基本となる住民参加手続き
複数案の作成、公表
当該事業を行わないこととする案が含まれていることが望ましい
住民等の意見の把握のための措置
複数案について、HPへの掲載等インターネットの利用、説明会・公聴会の開催、意
見書の受付け等により、住民の意見を十分に把握
○案の各々につき、提示した背景及び理由、案の内容、メリット・デメリットなど住
民等の比較検討・判断をする上で必要かつ十分な情報を公開・提供
○住民の意思形成に十分な時間を確保
○手続きの内容・スケジュール等も決定ごとに速やかに公表
手続きの円滑化のための組織の設置(事業の特性・事案の性質上、必要な場合)
〇学識経験者等及び事業に関係のあ
る関係者からなる意見の集約・調
整のための組織【協議会】
○学識経験者等からなる住民参加手
続きの内容又は複数案の検討方針
等について客観的な助言を求める
ための組織【第三者機関等】
取組みの充実
○各事業における実績の積み重ねを
踏まえ、今後もガイドラインを整
備、充実
把握した住民意見を踏まえ、事業者は一の案に決定
住民の意見概要、意見に対する事業者の考え方など、案の決定過程を公表
○ 地方公共団体に対し、本通知の趣旨を周知
計画段階
○ 美化清掃、修景などの施設管理において
も、事案に応じ、地方公共団体と連携し、
住民参加の取組みを充実
事業実施(着工)
都市計画法等に基づく情報公開・住民参加手続き
計画案検討→計画決定
ガイドラインによる
標準的な手続き
国土交通省
大臣官房技術調査課
「国土交通省 公共事業コスト構造改革プログラム」
【 施策名: (2) 計画・設計から管理までの各段階における最適化 【2】新技術の活用 】
トンネル換気設備の制御方式の見直しによる電力量の削減検討
概
要:従来の換気制御は、トンネル坑内環境をもとに換気制御を行うため、後追い制
御となっていた。新方式では、簡易交通量計とファジィー理論の組み合わせで、
坑内環境の悪化を予測して制御することで、管理目標値に近い最適な換気を行う。
効
果:
① 坑内環境に合わせて、効率的で最適な換気を行うことにより、電力量が削減
でき、コスト縮減になる。
② 消費電力量約70%縮減(南但馬トンネルの実験結果による試算)。
■電力料金を年間840万円から370万円に縮減。
(縮減額 470万円、 縮減率 約56%)
○イメージ図
○消費電力量の比較
過去3年平均
過去3年最小
実証試験
月間電力量 [kWh/月]
50000
40000
30000
20000
10000
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
月
国土交通省
近畿地方整備局
豊岡河川国道事務所
「国土交通省 公共事業コスト構造改革プログラム」
【 施策名: (2) 計画・設計から管理までの各段階における最適化 【3】管理の見直し 】
道路構造物の効率的な管理手法によるコスト削減
概
要:道路構造物の劣化予測や最適な補修工法の選定を行うことにより、道路構造物
の使用期間中に必要な管理コスト(LCC:ライフサイクルコスト)を最小化
する効率的な管理手法を構築
従来)状態の悪いところから手当てを行う対処療法的な管理手法
今後)中長期的視点からLCCを最小化するような管理手法
効
果:
○老朽化が増加する道路構造物に必要な管理コストの平準化とトータルコストの削減
○道路構造物の延命化により、社会的影響の大きい大規模補修や更新の最小化
○社会インフラの道路管理者として、説明責任の客観性を確保
管理計画策定
管理計画策定
劣化予測
劣化度予測曲線
n 今後の劣化の進み方と、様々
な種類の補修工事を実施した
場合の性能の変化を予測する
対策 A :小規模補修を短サイクルで実施したイメージ
対策
対策BC
:性能劣化に伴い補修、改良を実施したイメージ
対策 C
:限界性能まで補修をしないで更新するイメージ
対策 A
対策 C
対策 B
性
能
対策 C
対策 C
経年
n 道路の 使用期間 における対象
構造物の総補修 費用(LCC:
ライフサイクルコスト)を 最
小化するという視点で、もっ
とも相応しい工法 及び補修・
更新時期を選定する
総
費
用
対策 B
対策 A
n 右図の事例の場合、LCCが
最小となる対策Aで管理計画
を策定する
経年
日本道路公団
「国土交通省 公共事業コスト構造改革プログラム」
【 施策名:(3)調達の最適化 【1】入札契約の見直し 】
出来高部分払い方式の導入に向けた試行の実施
従来の一般的な方式
前払金
40%以下
着手
出来高部分払方式
完成
前払金
40%以下
着手
短い間隔で出来高に応じて支払 完成
(当初20%まで)
期待される効果
○ より双務性の高い設計変更
○ 受発注者のコスト意識の向
上
○ 請負者・下請業者への
工事代金の速やかな流通
による経済効果の早期発現
○ 受注者の財務状況の改善
○ 工事の品質の向上
○ 受発注者の技術力の向上
:支払、
:設計変更協議
主なフォローアップ結果
※ 平成15年度末までに完成した試行工事(85件(うち
H14年度完成工事:18件 H15年度完成工事:67件))
○『品質・技術力の向上』
発注者側約5割、請負者側約6割が、工事の品質が向上する傾向にあると回答
○ 『受注者の財務状況の改善』
元請約4割、下請約3割が、本方式により、借入金の削減、資金計画が立てやすくなり
財務状況の改善効果があると感じていると回答
○『単価合意』
発注者側約6割、請負者側ほぼ全てが、単価合意を行ったほうが良いと感じていると回答
○『既済部分検査の作業量』
発注者側約5割、請負者側約6割が、作業量が増加したと回答
発注者側約3割、請負者側約4割が、作業量は変わらないと回答
出来高部分払方式の効果と課題について得られた具体的な意見の一例
・「施工の区切り毎に部分払を行うことで、工事進捗の遅れに対する意識が高まった」(積算担当者)
・「出来高精算することにより、銀行への借入れが発生しなくなり資金繰りが楽になった」(経営者)
・「元請から現金で受け取ることで安心でき、二次下請に現金で支払うことで信用不安がなくなる」(下請)
・「既済部分検査時の指摘はその後の施工において是正され、最終的には品質及び出来ばえの向上が期待できる。」(検査官、現場代理人)
・「効果をあげるには、本方式を十分理解し、元請・下請共に全社挙げて取り組むことが必要」(下請)
等
概 主な課題
要:
○効率的な検査方法への改善
等
対応策
フォローアップ結果を踏まえ、検査の一層の効率化を図るための
「既済部分検査技術基準(案)」を策定(平成16年3月30日通達)
国土交通
「国土交通省 公共事業コスト構造改革プログラム」
【 施策名:(3)調達の最適化 【2】積算の見直し 】
ユニットプライス型積算方式について
ユニットプライス型積算
現行積算
カルバート
カルバート 30m
30m
鉄筋
鉄筋 15t
15t
現行積算は、資材価格調査のように取引Cを押さえている
ユニットプライス型積算では、契約の当事者である取引A を押さえる
発注者
取引A
元請業者
取引B
取引
B
コンクリート
コンクリート 211m3
211m3
労務費調査
(人 )
◎材料費
40
30
歩掛
単価
1.03×37,000円 = 38,110円
鉄筋
◎労務費・機械費
20
10
鉄筋工
合計(1t当たり)
~3 3 ,0 0 0
~3 0 ,0 0 0
~2 7 ,0 0 0
~2 4 ,0 0 0
~2 1 ,0 0 0
~1 8 ,0 0 0
~9 ,0 0 0
~1 5 ,0 0 0
~6 ,0 0 0
供給者/労働者
取引C
供給者/労働者
取引
C
供給者/労働者
(円 )
取引A
取引A
取引A
取引A
(A工事) (B工事) (C工事) (D工事)
・・・
89,110円
+
型枠工
型枠工
◎労務費
資材調査
15 t×89,110円/t
= 1,336,650円
1×51,000円 = 51,000円
0
~1 2 ,0 0 0
取引C
下請業者
鉄筋工
鉄筋工
50
4
3
15.7人×18,100円/人 = 284,170円
503m2×5,930円/m2
= 2,982,790円
10.0人×13,900円/人 = 139,000円
・・・
5
型枠工
普通作業員
あ
あ
6
・・・
合計(100m2当たり)
2
実績データDB
593,000円
+
1
コンクリート工
コンクリート工
3, 350
3, 300
3, 250
3, 200
3, 150
3, 100
0
3, 050
各
種
調
査
(
一
般
的
に
取
引
C
)
下請業者
カルバート
カルバート 30m
30m
単価(円/m3)
コンクリート
0.54人×13,900円/人 = 7,506円
・・・
0.40人×17,600円/人 = 5,840円
普通作業員
・・・
特殊作業員
◎機械経費
5人
5人
138,000円
+
~
4人
30m×510,000円/m
0.10日×71,490円/日 = 7,149円
合計(10m3当たり)
~
4.
211m3×13,800円/m3
= 2,911,800円
・・・
期待
される
効果
~
5人
3人
~
3.
~
5人
2.
~
2人
~
~
1.
5人
1人
ポンプ車
・機械損料調査
・諸経費調査
・市場単価調査
510,000円/m
10.2×10,900円 = 111,180円
◎労務費
歩掛調査
40
35
30
25
20
15
10
5
0
~
◎材料費
合計
15,300,000円
合計
15,300,000円
①より適切に把握できる市場価格である工種単位毎の合意単価を用いる→価格の透明性・説明性が向上
②適用するユニットの条件を明示→設計変更協議が円滑となり、契約上の双務性が向上
③目的物単位の工事費の把握が容易→出来高が明確になる
④発注者は機能もしくは物を買う積算→民間の活力が期待される
⑤積算の合理化が図られる→多大な労力を要している精緻な積算を省力化
国土交通
設計の総点検 説明資料
「設計の総点検」実施結果 段階別の点検数
段階別・点検数
点検の結果見直しを行ったもの
点検の結果見直しを行ったもの
点検の結果見直す必要のなかったもの
点検の結果見直す必要のなかったもの
点
検
業
務
数
900
800
700
600
500
400
300
200
100
0
826
756
649
571
547
290
269
74
予
備
設
計
詳
細
設
計
発
注
段 階
施
工
「設計の総点検」実施結果 総点検によるコスト縮減効果の見込
段階別・コスト縮減率
12.0
10.4
10.5
10.0
縮
減
率
(
%
)
9.4
8.0
6.0
5.0
4.0
2.8
2.0
0.0
予
備
設
計
詳
細
設
計
発
注
段 階
施
工
全
体
「設計の総点検」実施結果 設計の見直しの概要
見直しの概要・コスト縮減率
15.0
12.6
縮
減
率
10.0
(
%
5.0
)
10.0
9.5
6.8
7.5
5.1
5.2
仮
設
の
見
直
し
そ
の
他
0.0
周
と辺
の事
関
業
係
調 ・
施
整
設
設
技
計
術
基 ・
施
準
工
見
条
直
件
し
、
規
構
格
造
・物
形
式の
形
見
状
直
し ・
新
工
技
法
術
の
採 ・
適
用
切
見直し区分
材
料
の
見
直
し
H16.9.27
新しい積算方式
ユニットプライス型積算方式
1.公共工事の予定価格制度について
H16.9.27
予定価格は、会計法令により定められたルールにより作成、決定するもので、現行と同様
でありユニットプライス積算方式になっても変わらない
工事の契約金額を決定する手続きに関する法令等
会計法(抜粋)
(契約の相手方)
第29条の6 契約担当官等は、競争に付する場合においては、政令の定めるところにより、契約の目的に応じ予定価格
の制限内で最高又は最低の価格をもって申込みをした者を契約の相手方とするものとする。
予算決算及び会計令(抜粋)
(予定価格の作成)
第79条 契約担当官等は、その競争入札に付する事項の価格(中略)を当該事項に関する仕様書、設計書等によって予定し、そ
の予定価格を記載し、又は記録した書面をその内容が認知できない方法により、開札の際これを開札場所に置かなければなら
ない。
(予定価格の決定方法)
第80条 予定価格は、競争入札に付する事項の価格の総額について定めなければならない。ただし、一定期間継続してする
製造、修理、加工、売買、供給、使用等の契約においては、単価についてその予定価格を定めることができる。
2 予定価格は、契約の目的となる物件又は役務について、取引の実例価格、需給の状況、履行の難易、数量の多寡、
履行期間の長短等を考慮して適正に定めなければならない。
【予定価格】
・労働力や資材、機材の調達から施工までの標準的なプロセスを想定し、適正かつ合理的な価格として算出した契約予定金
額
【契約金額】
・入札参加者個々の技術力や企業努力等が反映された競争の結果として決定
【予定価格の上限拘束性】
・競争入札により予定価格の制限内での最低価格で入札した者を契約相手とし、その価格を契約金額とすることと定められ
22
ているため、
予定価格が契約金額の上限
1
2.現行積算(積上)方式の仕組みと課題
a.現行積算の仕組み(設計単価等の決定方法)
H16.9.27
現行積算は膨大な単価調査等の作業を必要としている。
現行積算(積上げ方式)は詳細な作業や個々の機
械の運転に関する歩掛に、機械損料・資材単価・労
務単価を乗じて単価表を作成し、これらの単価表を
積上げるものである。
歩掛調査
規格
規格
単位
単位
単価
単位
単価
RC-40 t=300
㎡
㎡
㎡
㎡
単位
単価
RM-40 t=200
粗粒度AS 再生t=100
単価
密粒度AS 再生t=50
単価
1,026
785
1,765
971
…
単価表を構成する歩掛・機械損料・資材単価・労務
単価は膨大な調査を基に決定される。
工事区分・工種・種別・細別
舗装
下層路盤
舗装工
名称
モータグレーダ運転 アスファルト舗装
普通作業員
ロードローラ運転路盤材
名称 下層路盤
規格
名称
上層路盤 規格
タイヤローラ運転
モータグレーダ運転
運転手(特殊)
運転手(特殊)
基層 規格
名称
単位
燃料費 ロードローラ運転
表層
燃料費 機械損料タイヤローラ運転
運転手(特殊)
諸雑費
燃料費 機械損料
諸雑費
諸雑費
機械損料
諸雑費
労務費調査
機械損料調査
資材調査
(人 )
平均値
6
平均値
最頻値
5
40
4
30
3
20
2
(円 )
・年1回調査を基本とするが、急激な単価変動
が生じた場合は年2回の調査を実施
・調査対象:50職種(都道府県別)
・平成15年度調査有効標本数128,662人
3, 350
3, 300
3, 250
3, 200
3, 150
3, 100
3, 050
~3 3 ,0 0 0
~3 0 ,0 0 0
~2 7 ,0 0 0
~2 4 ,0 0 0
~2 1 ,0 0 0
~1 8 ,0 0 0
~1 5 ,0 0 0
~1 2 ,0 0 0
0
~9 ,0 0 0
・モニタリング調査を毎年実施
・調査対象:116工種
・建設機械損料調査として、所有する
・モニタリング調査のうち、施工合理化調査を毎
建設機械等の取得費用、稼働実績、
年実施し、施工実態を踏まえ歩掛を適宜改訂
処分実績等を2年に1回調査
・調査対象: 20~25工種
・調査対象:400分類(4000機種)
1
0
~6 ,0 0 0
14 0
00
17 0
00
20 0
00
0
00
11
80
00
10
00
~5
人
~3
人
~1
人
50
80
60
40
20
0
50
40
20
0
平
均
値
単 価 (円 /m3)
・使用頻度が高く、価格変動が多い資
材は毎月調査。使用頻度が低く、価格
変動の少ない資材は年数回調査。
・調査対象資材:約6~7万規格
2
2.現行積算(積上)方式の仕組みと課題
H16.9.27
b.現行積算における課題
①価格の根拠が不明確
下請企業と資機材供給者及び労働者との取引を聞き取り等により労務単価、
材料単価を調査
②民間活力が導入しにくい
発注者が施工のプロセスを想定して作成した積算参考図書を示すため、受
注者は創意工夫の意欲が低下
③契約上の協議が難航
単価合意をしないため、施工量が増減した場合等の契約変更額が不明確
発注者が必要と考える事項について条件明示するため、明示のない条件が
変わった場合に変更協議が難航
④工事目的物の価格が不明確
直接工事費と間接工事費が別々となっているため、工事目的物と価格との
関係が不明確
⑤積算業務に労力がかかる
積算業務や労務単価等の調査に労力・時間がかかる
3
3.ユニットプライス型積算方式導入の背景
H16.9.27
a.調達の改革の中でのユニットプライス型積算方式の位置付け
公共調達の改革
良質な社会資本を適正な価格で整備するために、発注者と受注者がそれぞれの
責務を十分に果たすことのできる仕組みを構築しようとするもの
発注者
技術・品質・価格等
を細かく規定
受注者
規定どおりに施工
公共調達改
革
①技術力を適切に評価
②民間の能力を最大限に引き出す
③発注者が責任を持って品質確保に取り組む
積算
発注者
技術の評価、監督・
検査を重視
受注者
技術・品質・価格等
のノウハウを活用
(受注者が算出する施工単価の実績[合意
単価]を基にした積算への移行)
ユニットプライス型積算方
式
入札・契約
(民間技術力等を活用する
多様な入札・契約方式の導入)
技術提案、総合評価落札方式
等
監督・検査
(適正な品質を確保する監督・検査の実施)
品質管理の重点化等
4
3.ユニットプライス型積算方式導入の背景
H16.9.27
b.ユニットプライス型積算方式導入に至る調達の取り組みの
流れ
公共調達に関する様々な取り組み(ソフト)の流れの中で、コンピュータの進歩
(ハード)などと相まって、ユニットプライス型積算方式を導入するものである。
【積算業務の問題点】
■透明性・客観性・
妥当性の確保、向上
■積算業務の効率
化、合理化
→ 誰が積算しても
標準化された同様の
ものとなる積算にする
■関連図書における
相互の統一性、一貫
性の不足
→ 図書類(数量総
括表、仕様書等)を一
貫した統一のとれた
形態にする
【積算の合理化】
<積算大系>
(試行)
~工事工種
の体系化
~
■数量算出要領
<システム>
~積算大系に準拠した
新土木積算システム~
■対話形式、マ
■施工管理基準
ニュアルレス化
■共通仕様書等
■積算上のミスの
削減
平成8年度~
■メンテナンス作
業の容易化
平成8年度~
総 ITインフラ
の整備
価
契
単価収集
約
の容易化
単
価
合
意
調
方
達
式
方
の
式
の
試
改
行
平成13年度~
積算の研究
平成3年度~
革
ユ
ニ
ッ
ト
プ
ラ
イ
ス
型
積
算
方
式
5
4.ユニットプライス型積算方式とは?
a.ユニットプライス型積算方式の概要
H16.9.27
受注者(元請企業)と発注者がユニット毎に合意した価格を、発注者がデータベース化し、ユニット毎に実
績のデータベースを基にした単価(ユニットプライス)を用いて積算を行う
発注者
現行積算は、資材価格
調査のように取引Cを押
さえている
取引A
元請業者
取引B
下請業者
取引C
供給者/労働者
下請業者
取引C
供給者/労働者
供給者/労働者
ユニットプライス型積算方式
現行積算(積み上げ)方式
カルバート 30m
ユニットプライス型積算
では、契約の当事者であ
る取引Aを押さえる
カルバート 30m
鉄筋 15t
コンクリート
211m3
鉄筋工
歩掛
◎材料費
◎労務費・機械費
各種調査
(一般的に
取引C)
取引A
単価
1.03×37,000円 = 38,110円
鉄筋工
1×51,000円 = 51,000円
合計(1t当たり)
取引A
取引A
・
合意された単価(諸経費込み)
89,110円
型枠工
◎労務費
15 t×89,110円/t
= 1,336,650円
取引A
(A工事)(B工事)(C工事)(D工事) ・・
+
15.7人×18,100円/人 = 284,170円
型枠工
普通作業員10.0人×13,900円/人 = 139,000円
・・・
・・・
・労務費調査
・資材調査
・歩掛調査
・機械損料調査
・諸経費調査
・市場単価調査
鉄筋
合計(100m2当たり)
503m2×5,930円/m2
= 2,982,790円
実績データDB
分析・解析
593,000円
+
コンクリート
工
◎材料費
コンクリート
◎労務費
特殊作業員 0.40人×17,600円/人 = 5,840円
普通作業員 0.54人×13,900円/人 = 7,506円
◎機械経費
ポンプ車
10.2×10,900円 = 111,180円
条件区分毎に価格を設定
211m3×13,800円/m3
= 2,911,800円
510,000円/m
・・・
・・・
0.10日×71,490円/日 = 7,149円
合計(10m3当たり)
30m×510,000円/m
138,000円
+
合計
諸経費
15,300,000円
合計
15,300,000円
8
4.ユニットプライス型積算方式とは?
H16.9.27
a.ユニットプライス型積算方式の概要②
現行積算(積上)方式
ユニットプライス型積算方
式
これまでの積算方式は、各工事の各工種毎に、施工プロセスを想定し、
必要な材料費・労務費などを一つずつ積み上げています。
新しい積算方式は、受注者(元請企業)と発注者が総価で契約した後、ユ
ニット毎に合意した価格を、発注者がデータベース化していき、ユニット毎
に実績のデータベースの単価(ユニットプライス)を用いて積算します。
9
4.ユニットプライス型積算方式とは?
H16.9.27
b.設計内訳書イメージについて
現行積算方式では、設計内訳書の下に1次単価表、2次単価表、など膨大な枚数の単価表を作成し
ていたが、ユニットプライス型積算方式においては、設計内訳書のみで単価表は不要となる。
ユニットプライス型積算方
式
設計内訳書
現行積算(積上)方式
設計内訳書
工事区分・工種・種別・細別
規 格
単位 数量
単価
金額
摘要
舗装
工事区分・工種・種別・ユニット区分 プライス条件/プライス条件区分 単位 単位 数量 単価
舗装
舗装工
舗装工
アスファルト舗装工
下層路盤
アスファルト舗装工
m2
再生クラッシャラン40-0 t=25cm
1,260
776
977,760 単-1号
1,260 1,027 1,294,020 単-2号
上層路盤(車道部)
厚さ区分150以上200未満 mm
基層(車道部)
厚さ区分50以上60未満 mm
再生粒度調整砕石40-0 t=15cm
m
基層
粗粒度(20) t=50cm
m2
1,260 1,210 1,524,600 単-3号
表層
密粒度(20) t=50cm
2
1,260 1,333 1,679,580 単-4号
道路付属物施設工
区画線工
名 称
規 格
世話役
特殊作業員
普通作業員
m
●
●
●
単位
数量
単価
100
金額
人
0.08 22,500
1,800
人
0.23 18,200
4,186
人
0.38 15,000
5,700
密粒度(20)
t
12.57
8,300
104,331
タックコート
㍑
43
45
1,935
直接工事費
アスファルトフィニッシャ運転
ホイール型1.4~3.0m
日
0.08 89,380
搭乗式 コンバインド型3~4t
日
式
7,150 単-25号
振動ローラ運転
0.08 30,290
2,423 単-26号
共通仮設費
砂散布費
式
1
式
1,913
諸雑費
式
1
式
133,265
1m2当たり
3,826
式
2次単価表
1,333
式
人
工事価格 特殊運転手
工事費計
機械損料
諸雑費
計
1
m
2
1,260
m
2
1,260 1,350 1,701,000
m
2
1,260 1,623 2,044,980
m
2
1,260 1,962 2,472,120
922 1,161,720
軽油1,2号
㍑
ホイール型1.4~3.0m
日
式
1.75 39,000
68,250
5
●
●
●
100
アウトプット
305
30,500
●
●
●
直接工事費(ユニット)
諸経費(ユニット)
1
共通仮設費1
式
1
1,564,590
共通仮設費2
式
1
849,620
共通仮設費3
式
1
2,258,970
式
1
29,241,071
1
摘要1
式
●
●
●
m
規格仕様区分15cm
1
1
1 19,400 式19,400
23 75 式 1,725
溶融式区画線
1
1
式
工事原価 単-25号 アスファルトフィニッシャ(ホイール型1.4~3.0m)運転1日当たり単価表 名 称
規 格
単位
数量
単価
式金額
一般管理費等
燃料費
消費税相当額
式
区画線工
※必要な諸経費を含んだ単価
24,500
●
●
●
瀝青材料
計
共通仮設費(率計上)
245
摘要
アスファルト混合物
現場管理費
厚さ区分50以上60未満 mm
1
「表層(車道部)」・・・・・・1,962円/m2
1次単価表
2
純工事費
表層(車道部)
1
式
摘要
道路付属物施設工
溶融式区画線
実線(白)15cm t=1.5mm
単-4号 アスファルト舗装工(表層)100m
・1層当たり単価表
●
●
●
厚さ区分250以上300未満 mm
2
上層路盤
m
下層路盤(車道部)
式
金額
1
1
1
式
1
24,567,891
式
1
4,673,180
ユニットプライスDB
工事原価
・内訳書における単価は、ユニットプライス
式
1
3,618,929
一般管理費等
式
1
32,860,000
工事価格 DB(過去の合意単価を分析したもの)によ
消費税相当額
るため、単価表は不要
工事費計
式
1
1,643,000
式
1
34,503,000
89,380
10
4.ユニットプライス型積算方式とは?
H16.9.27
c.ユニットプライス型積算方式(舗装)の積算体系
○当面は仕様規定発注なでのレベル4を基本とする。
○性能規定発注の場合は原則としてレベル3とする。
現行積算(積上)方式大系ツ
レベル2
レベル1
レベル3(種別)
レベル4(細別)
リー
(工事区分)
(工種)
舗装
道路土工
舗装工
ユニットプライス型積算方式大系ツ
ユニット区分
レベル2
レベル1
リー
(工事区分)
(工種)
レベル3(種別)型
レベル4(細別)型
レベル5(規格)
掘削工
掘削(土砂)
掘削(軟岩)
掘削(硬岩)
【 - 】
【 - 】
【 - 】
路体盛土工
路体(流用土)
路体(発生土)
路体(採取土)
路体(購入土)
【 - 】
【 - 】
【 - 】
【 - 】
舗装準備工
不陸整正
【補足材種類,補足材規格,補足材
整正厚】
橋面防水工
調整コンクリート
橋面防水
【コンクリート規格,敷厚】
【防水工種類】
舗装
道路土工
掘削工
掘削
路体盛土工
工区外運搬
路体盛土
レベル3型で積算する場合
(性能規定発注に使用)
舗装工
舗装準備工
盛土材料
土砂等運搬
積込
不陸整正(車道部)
調整コンクリート
橋面防水工
アスファルト舗装工(車道部)
アスファルト舗装工(歩道部)
アスファルト舗装工
アスファルト舗装工
下層路盤(車道部)
上層路盤(車道部)
下層路盤
上層路盤
路盤
基層
中間層
【路盤材種類,路盤材規格,仕上り厚】
【材料種類,材料規格,舗装厚】
【材料種類,材料規格,舗装厚】
基層(車道部)
中間層(車道部)
表層
【材料種類,材料規格,舗装厚】
表層(車道部)
【路盤材種類,路盤材規格,仕上り厚】
【路盤材種類,路盤材規格,仕上り厚】
レベル4型で積算する場合
(仕様規定発注に使用)
下層路盤(路肩部)
基層(路肩部)
表層(路肩部)
下層路盤(歩道部)
表層(歩道部)
11
※太字:単価収集時のユニット区分
4.ユニットプライス型積算方式とは?
H16.9.27
d.ユニット定義集の作成イメージ
ユニットプライス型積算方式においては、発注者・受注者双方における共通的な認識が得られるように、ユニットの
契約内容を定義しておくことが重要になる。
現行積算(積上)方式
新土木工事積算大系用語定義集
名 称
記載順序
「土工」、地盤改良」等の工種順(積算基準書の記載順序に近い)
総括表用単位 m2
積算用単位
m2
表 層
【用語の定義】
アスファルト舗装における表層・基層の舗設作業で、以下の費用を含む。
記載内容
・アスファルト合材敷均し・締固め費
・アスファルト乳剤散布費
工事区分(レベル1)工種(レベル2) 種別(レベル3) 細別(レベル4)
・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・
表層・基層
舗装
舗装工
アスファルト舗装工表層・基層
・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・
表層・基層
土木工事標準積算基準書
名 称
工事区分:舗装
ユニット(レベル4)の名称
工 種:舗装工
種 別:アスファルト舗装工
ユニットコード:
ユニット区分:
契約単位:
施工面積 m2
表層(車道部)
契約変更対象の条件明示
項目を新規に追加
【条件明示検討項目】
今後の条件明示を検討する主な項目は以下のとおりである。
なお、条件明示検討項目の区分は下表を参考とする。
歩掛区分
労務費
機械費
車道部舗 ・敷均し及 ・敷均し及
装工
び締固め び締固め
に必要な に必要な
労務費
機械費
材料費
・アスファルト
材料
・瀝青材
(タックコート・
プライムコート)
・砂
諸雑費
・瀝青材料・
砂の散布、
舗装用器
具、型枠材
料、加熱燃
料等の費用
人力舗装
工
・アスファルト
材料
・瀝青材
(タックコート・
プライムコート)
・砂
・瀝青材料・
砂の散布、
舗装用器
具、型枠材
料、加熱燃
料等の費用
・瀝青材飛
散保護に要
する費用
・敷均し及
び締固め
に必要な
労務費
ユニット定義集(ユニットプライス規定集(仮称)を予定)
体系ツリーの出現順序とする
・厚さ区分
【表層に係る費用内訳】
記載内容
ユニットプライス型積算方
式
・敷均し及
び締固め
に必要な
機械費
ここでの費用は標準的な契約内容を想
定したもので、これと異なる費用につい
ては当該工事の特記仕様書で明示する。
【費用内訳】
・アスファルト舗装工における表層(車道部)のアスファルト合材敷均し・締固め・ア
スファルト乳剤散布の他、砂の散布、舗装用器具、型枠材料、加熱燃料、瀝青材
飛散保護等、その施工に要する全ての費用を含む。
【条件明示検討項目の区分表】
項目
単位
厚さ区分
mm
区分
①40以上50未満
②50以上60未満
③60以上70未満
④各種
12
4.ユニットプライス型積算方式とは?
H16.9.27
e.諸経費の取り扱い
・諸経費(共通仮設費、現場管理費、一般管理費等)は、「直接工事費ユニット区分」と「諸経費ユニット区分」に計
上される項目に分かれる。
・直接工事費ユニット区分に計上
現行積算で率計上項目となっているもので直接工事費の数量に連動する項目
・諸経費ユニット区分に計上
①現行積算(積上)方式で積み上げ計上となっている項目
②現行積算(積上)方式で率計上項目となっているもので直接工事費の数量に連動しない項目
③一般管理費等は、企業の継続運営に必要な費用であり、個々の工事の直接工事費に連動するものではない
【 ユニットプライス型積算方
式】
直接工事費ユニット区
【 現行積算(積上)方式 】
直接工事費
工種A
工種B
工種C
ユニット工種A
直接工事費
分
ユニット工種B
ユニット工種C
直接工事費
直接工事費
共通仮設費(積上げ分)
例:安全費(交通誘導員等)
技術管理費(特別な品質管理)
共通仮設費(率分)
例:安全費(安全管理費)
営繕費(建物費)
技術管理費(品質管理費等)
現場管理費
共通仮設費
例:安全費(安全管理
費)
技術管理費(品質
管
理費等)
現場管理費
共通仮設費
例:安全費(安全管理
費)
技術管理費(品質
管
理費等)
現場管理費
共通仮設費
例:安全費(安全管理
費)
技術管理費(品質
管
理費等)
現場管理費
諸経費ユニット区
分
諸経費分(共通仮設費)
例:安全費(交通誘導員等)、技術管理費(特別な品質管理)、営繕費(建物費)
一般管理費等
その他諸経費
13
4.ユニットプライス型積算方式とは?
f.ユニットプライス型積算方式におけるデータの流れ
H16.9.27
契約後にユニット毎に合意した単価の実績をデータベース化し、地域格差の分析、条件明示項目の検討
等を行い、ユニット毎に次回以降の積算に用いる単価(ユニットプライス)を設定する。
事務所レベル(積算の実施、実績データの収集)
設計
積算
契約
積算用データDBに基づく
ユニットプライス型積算
単価合意
設計変更
総価契約の内訳として
ユニット毎に単価を合意
合意単価を基にした
変更金額の算定
合意単価
次回以降の積算に使
用
地方ブロックレベル
(実績データ等の蓄積)
全国レベル
(データの分析等)
積算用ユニット
プライスDB
完成
変更後の合意単価(新規工種等)
実績データDB
データの分析
・地域別データ分析
・条件区分の検証
等
14
4.ユニットプライス型積算方式とは?
H16.9.27
g.現行積算(積上)方式とユニットプライス型積算方式の集計方法の
違い
市場の取引実績をベースに予定価格を算出するという点で、現行積算(積上)方式とユ
ニットプライス型積算方式とは、集計の仕方が違うだけで、基本的に同じ構造となっている。
予定価格は、会計法等により取引の実例
価格に基づき設定されることになっている。
従来方式は、取引C(市場単価はB)を調査
し、代表値を用いて積算している。
ユニットプライス方式は、取引Aを調査して
代表値を用いる。
企業A
・ユニット
A=\○○○
・ユニット
B=\△△△
・ユニット
C=\□□□
・ユニット
A=\○○△
・ユニット
B=\△△□
・ユニット
C=\□□○
企業C
発注者
企業B
・ユニット
A=\○△□
・ユニット
B=\△○□
・ユニット
C=\□○△
・ユニット
A=\○□△
・ユニット
B=\△□○
・ユニット
C=\□△○
調査対象
発注者
取引
A
ユニットプライ
ス
型積算方式
発注者
企業‥
バラツキ持った
合意単価を収
集・分析し、プ
ライスを設定す
る。
元請業者
取引B
現行積算
(積上)方式
下請業者
取引C
供給者/労働者
下請業者
取引C
供給者/労働者
供給者/労働者
実際の施工
材料 労働力 歩掛
積算の仕方の転換
材料、労働力、歩
掛のバラツキを内
在している。
15
4.ユニットプライス型積算方式とは?
H16.9.27
h.現行積算(積上)方式とユニットプライス型積算方式のデータ幅の
比較
●ばらついたデータを、無理に条件区分としてまとめている訳では無く、データとしてのま
とまりが 確認出来る程度(現行積算(積上)方式が持つ変動係数)まで分析し、その条件
を試行時の条 件明示区分として設定する。
条件明示区分3データの
追加条件明示項目における分布
2,000
2,000
1,800
1,800
1,600
1,600
直工費単価(円/㎡)
直工費単価(円/㎡)
単価収集時の条件明示検討項目におけるデータ分布
データのまとまりを
1,400
確認できる程度ま
1,200
で価格の影響要
因を分析 1,000
1,400
1,200
1,000
800
800
600
600
区分1
区分2
区分3
区分4
条件区分
大まかな傾向は見られるが、データ
としてのまとまりは明確ではなく、条件
区分1、2・・・のみでは、条件明示区
分としては適当ではない。
材料区分
区分A
区分B
区分C
条件区分
区分3についてさらに詳細に分析
データとしてのまとまりは明確であり、
条件区分A、B、Cを、条件明示区分
として追加設定する。
16
5.ユニットプライス型積算における契約
a.総価契約単価合意方式について
H16.9.27
総価で契約後、工事を工種(ユニット区分)単位に分け、発注者と受注者の間で各ユニット
区分ごとに単価を合意する。(総価契約単価合意方式)
合意単価
は、
合意単価の流れは、
①ユニットの適用条件が、取引対象の定義になる。
②単価合意することによりユニットに対応した取引が成立す
る。
合意単価
実績データDB
データの分析
次回以降の積算へ
③取引の当事者であるので自動的にデータが得られる。
総価契約単価合意方式とは、
工事区分・工種・種別・ユニット区分
当初積算
当初契約
単価協議・合意
変更契約
新規等の契約変更項目
に関する単価協議・合意
(新規等の契約変更項目がある場合)
単位
数量
単価
金額
舗装
総価契約で数量と総
額のみを契約
ユニット請負代金内
訳書の内容を甲乙
間にて協議し、総価
契約の内訳として単
価を合意
舗装工
アスファルト舗装工
厚さ区分250以上300未満mm
m2
1,100
・・・
上層路盤(車道部)
厚さ区分150以上200未満mm
m
2
1,100
・・・
基層(車道部)
厚さ区分50以上60未満mm
m2
1,100
・・・
表層(車道部)
厚さ区分50以上60未満mm
m2
1,100
・・・
80
・・・
下層路盤(車道部)
区画線工
区画線工
溶融式区画線
・
・
※出来高部分払は、
単価合意後に実施するこ
とで、協議等の作業が円
滑化
精算変更
完成
ユニット請負代金内訳
書
契約
プライス条件/プライス条件区分 単位
合意単価を基に
金額を算出
規格仕様区分15cm
・
・
m
・
・
・
・
・
・
直接工事費(ユニット)
式
1
諸経費(ユニット)
式
1
共通仮設費1
式
1
・・・
共通仮設費2
式
1
・・・
工事原価
式
1
一般管理費等
式
1
工事費計
式
1
・・・
工事価格
17
H16.9.27
5.ユニットプライス型積算方式における契約 b.設計変更について(概要
ユニットプライス型積算方式では、明示している各ユニットの数量やプライス条件が変更となった場合、及びユニッ
トが新たに追加される場合等において、以下の方法で積算・設計変更が行われる。
① 施工数量が増減するユニットの場合
(条件区分の変更がない場合)
施工数量5 0 0 m 3 →5 5 0 m 3 に変更
工事区分・工種・種
別・ユニット区分
○○○○
合意単価を適用して積算
(※合意単価=発注者と受注者が当初契約後に単価協議で合意した
単価)
② 条件区分が変更するユニットの場合
条件区分
単位
平均幅員2.5m
以上4.0m未満
m3
条件区分
単位
平均幅員2.5m
以上4.0m未満
m3
工事区分・工種・種
別・ユニット区分
○○○○
条件区分
単位
土砂
m3
条件区分
単位
軟岩
m3
○○○○
(※条件区分=ユニットプライス規定集に規定されるユニット区分の条
件)
③ 新規追加されるユニットの場合
工事区分・工種・種
別・ユニット区分
○○○○
500
数量
金額
450
単価
550
225,000
金額
450
247,500
単価
数量
100
金額
310
単価
数量
100
31,000
金額
320
32,000
新規ユニッ トを追加
工事区分・工種・種
別・ユニット区分
既存ユニットA
新規ユ ニット
新規追加ユニットの単価を用いて積
算
単価
条件区分: 土砂→軟岩に変更
工事区分・工種・種
別・ユニット区分
変更になった条件区分に対応する単価
を用いて積算
数量
既存ユニットB
条件区分
単位
数量
単価
金額
軟岩
m3
100
320
32,000
平均幅員
2.5m未満
m3
50
1,900
95,000
平均幅員2.5m以
上4.0m未満
m3
550
450
247,500
設計変更(請負代金額の変
18
6.ユニットプライス型積算方式への転換による効果
H16.9.27
19
6.ユニットプライス型積算方式への転換による効果
6.ユニットプライス型積算方式への転換による効果
a.導入効果①:価格の透明性・説明性が向上
H16.9.27
従来、下請企業と資機材供給者及び労働者との取引を聞き取り等により、労務単価・資
財単価を調査していたが、ユニットプライス方式では、発注者と受注者(元請企業)の取引価
格をベースに、発注者が直接、施工単価(ユニットプライス)を調査することができる。
合意単価データを公
表
ユニットプライス型積算方式の意
義
合意単価DB
取引Aにおいて、発注者は取引の当事者であり、より適切に
取引価格が把握でき、全ての契約から取引情報が得られるた
め、説明性・透明性が向上する。
※取引B・Cは、発注者にとっては取引の当事者でなく、対象
者からの聴き取り等によらざるを得ず、全ての取引情報を把
握することに限界がある。
→資材価格調査のように取引C(一部はB)を押さえている
取引
A
元請業者
取引B
下請業者
取引C
供給者/労働者
下請業者
取引C
供給者/労働者
→発注者と元請業者間の取引Aを押さえようとする
発注者
取引
A
元請業者
取引B
下請業者
取引C
供給者/労働者
下請業者
取引C
供給者/労働者
供給者/労働者
供給者/労働者
現行積算(積上)方式
収集
単価合
意
ユニットプライス型積算方式
現行積算(積上)方式
発注者
単価
ユニットプライス型積算方式
20
6.ユニットプライス型積算方式への転換による効果
b.導入効果②:民間の活力が期待される
H16.9.27
目的物に必要な性能を規定して発注することから、工法・材料等の選択に自由
度があり民間の持つ有用な技術の活用が期待出来る。
護岸基礎ブロックによる導入効果例
現行積算(積上)方式の発注
仕様規定
特記仕様書、図面において以下の項目を規定して発注
○基礎砕石の厚さ、材料の規格
○基礎ブロックの形状、コンクリートの材質
○基礎ブロックの鉄筋使用量、配筋
ユニットプライス型積算方式での発注
性能規定
特記仕様書、図面において目的物に必要な性能を規定
○法長、堤防高
○法勾配
○河川の最大流速 等
施工者の判断によ
りプレキャスト基
礎ブロックを施工
場所打ちコンクリー
トにて指定施工
基礎ブロック
25% 工期短縮
基礎ブロック
10% 利益率向上
21
6.ユニットプライス型積算方式への転換による効果
H16.9.27
c.導入効果③:契約上の双務性が向上し、設計変更協議が円滑
となる
適用ユニットの条件を明示することにより、契約の前提となる条件が変更となった場合は、
契約変更の内容が明確となり契約上の双務性が高まる。
ユニット定義集
ユニットに含まれ
ている費用の明
示
工事区分:舗装
工 種:舗装工
種 別:アスファルト舗装工
ユニットコード:
ユニット区分:
ユニットプライス単価合意内訳書
表層(車道部)
契約単位:
施工面積 m2
摘要
アスファルト舗装工
下層路盤(車道部)
厚さ区分250以上300未満 mm
m2
1,260
上層路盤(車道部)
厚さ区分150以上200未満 mm
m2
1,260 1,330 1,675,800
2
1,260 1,600 2,016,000
2
1,260 2,000 2,520,000
厚さ区分50以上60未満 mm
m
厚さ区分50以上60未満 mm
m
規格仕様区分15cm
m
930 1,171,800
道路付属物施設工
・厚さ区分
区画線工
なお、条件明示検討項目の区分は下表を参考とする。
【費用内訳】
・アスファルト舗装工における表層(車道部)のアスファルト合材敷均し・締固め・ア
スファルト乳剤散布の他、砂の散布、舗装用器具、型枠材料、加熱燃料、瀝青材
飛散保護等、その施工に要する全ての費用を含む。
【条件明示検討項目の区分表】
厚さ区分
金額
舗装工
表層(車道部)
今後の条件明示を検討する主な項目は以下のとおりである。
単価
舗装
基層(車道部)
【条件明示検討項目】
項目
工事区分・工種・種別・ユニット区分 プライス条件/プライス条件区分 単位 単位 数量
区分
単位
mm
①40以上50未満
②50以上60未満
③60以上70未満
④各種
変更となる
溶融式区画線
条件の明
示
100
300
30,000
発注者・受注者双方における共通的な認識
が得られるように、各ユニットの条件明示項
目や費用内訳を定義しておくことで、設計変
更が円滑になる。
これらの定義は、ユニット定義集としてとり
まとめられ、契約図書に位置付ける予定であ22
6.ユニットプライス型積算方式への転換による効果
d.導入効果④:出来高が明確になる
H16.9.27
合意単価は、工種毎に直接工事費と間接工事費(諸経費)が一緒になっているため、工
事目的物と価格の関係が明確になる。
ユニットプライス合意内訳書
工事区分・工種・種別・ユニット区分 プライス条件/プライス条件区分 単位 単位 数量 単価
金額
摘要
舗装
合意単価×出来形数量=出来高
舗装工
アスファルト舗装工
下層路盤(車道部)
上層路盤(車道部)
基層(車道部)
表層(車道部)
厚さ区分250以上300未満 mm
m2
厚さ区分150以上200未満 mm
2
m
1,260 1,330 1,675,800
厚さ区分50以上60未満 mm
2
m
1,260 1,600 2,016,000
厚さ区分50以上60未満 mm
2
m
1,260 2,000 2,520,000
規格仕様区分15cm
m
1,260
930 1,171,800
道路付属物施設工
区画線工
溶融式区画線
100
300
30,000
・途中変更があった場合でも発注者、受
注者ともコスト管理が容易になり、計画
的な執行が可能。
直接工事費ユニット区分
直接工事費分
共通仮設費
合意単
価
※必要な諸経費を含んだ単
現場管理費
価
間接工事費分
・出来高が明確化することで、部分払を
行う場合、金額の算定・決定が明確にな
る。
23
6.ユニットプライス型積算方式への転換による効果
H16.9.27
e.導入効果⑤:多大な労力を要している精緻な積算を省力化
現在の積上げ方式では、標準的な工法や施工プロセス等を想定し、別途調査した機労材
単価を用いて積算を行っているが、ユニットプライス型積算方式では、合意単価により積算を行う。
よって、工種毎の積上げ積算は不要なため、積算業務の労力が軽減され、労務単価等の調
査も不要となる。
入力条件が簡素化される
単価表が不要となる
工事区分・工種・種別・細別
現行積算内訳
書 規 格
単位 数量
単価 金額
摘要
舗装
ユニットプライス積算内
訳表 プライス条件/プライス条件区分 単位 単位 数量 単価
工事区分・工種・種別・ユニット区分
舗装
舗装工
舗装工
アスファルト舗装工
アスファルト舗装工
下層路盤
再生クラッシャラン40-0 t=25cm
上層路盤
再生粒度調整砕石40-0 t=15cm
基層
粗粒度(20) t=50cm
表層
密粒度(20) t=50cm
m2 1,260 776 977,760 単-1号
m2 1,260 1,027 1,294,020 単-2号
下層路盤(車道部)
厚さ区分250以上300未満 mm
上層路盤(車道部)
厚さ区分150以上200未満 mm
m2 1,260 1,210 1,524,600 単-3号
m2 1,260 1,333 1,679,580 単-4号
基層(車道部)
厚さ区分50以上60未満 mm
表層(車道部)
厚さ区分50以上60未満 mm
道路付属物施設工
区画線工
1次単価表
名 称
規 格
世話役
特殊作業員
普通作業員
共通仮設費
単位 数量 単価
●
●
●
100 245
金額
人
0.08 22,500
1,800
人
0.23 18,200
4,186
人
0.38 15,000
5,700
12.57 8,300 104,331
密粒度(20)
t
タックコート
㍑
アスファルトフィニッシャ運転
ホイール型1.4~3.0m
日
0.08 89,380
7,150 単-25号
振動ローラ運転
搭乗式 コンバインド型3~4t
日
0.08 30,290
2,423 単-26号
43
式
1
諸雑費
式
1
式
1
Q 条件3
材料規格
文字入力
式
1
Q 条件4
舗装厚
Q 条件5
施工方法
Q 条件6
m2 1,260 922 1,161,720
m2 1,260 1,350 1,701,000
m2 1,260 1,623 2,044,980
m2 1,260 1,962 2,472,120
2次単価表
規 格
工事価格 特殊運転手
軽油1,2号
ホイール型1.4~3.0m
●
●
●
100 305 30,500
アウトプット
●
●
●
直接工事費(ユニット)
式
1
2区分
1回
35区分
2回
―
3回
2区分
4回
機械施工費
①計上しない
②機械施工費
2区分
5回
Q 条件7
人力施工費
①計上しない
②人力施工費
2区分
J条件1
舗装厚
実数入力 40m m
―
J条件2
歩車道区分
①車道及び路肩
②歩道
2区分
施工幅区分
①1.4≦b≦3.0m
②3.0m<b
①有
②無
実数入力 40m m
式 1
4,673,180
ユニットプライスDB
式
1
1,564,590
共通仮設費2
式
1
849,620
共通仮設費3
式
1
2,258,970
式
1
29,241,071
1
㍑ 23 75 式 1,725 1
日 1.75 39,000 68,250
式
1
5
89,380
工事原価
条
件
入
力
の
流
れ
・内訳書における単価は、ユニットプライスDB
式 1
3,618,929
一般管理費等
式
1
32,
860,000
工事価格(過去の合意単価を分析したもの)によるため、
式
1
1,
643,000
消費税相当額
単価表は不要
工事費計
式
1
J条件3
J条件4
瀝青材料散布の有無
J条件5
瀝青材料の種類
34,503,000
【舗装厚さ:4 0 m m 、施工幅員:3 .5 m 、使用材料:密粒
度アスコン(2 0 )の場合】
-
①機械
②人力
24,567,891
共通仮設費1
単位 数量 単価 式金額 摘要1
人 1 19,400 式19,400 1
式
●
●
●
m
規格仕様区分15cm
1,333
式
一般管理費等 名 称
計
1
式 133,265 1
1
諸雑費
式
諸経費(ユニット)
1
機械損料
①密粒度アス コン(20)
②密粒度アスコン(13)~各種
1
工事原価 単-25号 アスファルトフィニッシャ(ホイール型1.4~3.0m)運転1日当たり単価表 式
工事費計
材料種類
3,826
1,913
式
消費税相当額燃料費
歩車道区分
Q 条件2
1,935
式
砂散布費
1m2当たり
45
溶融式区画線
●
●
●
瀝青材料
現場管理費
①車道及び路肩
②歩道
Q 条件1
区画線工
※必要な諸経費を含んだ単価
24,500
摘要
アスファルト混合物
計
共通仮設費(率計上)
純工事費
摘要
1
ユニットプライス型積算方式
ユニット区分 : 表層(車道部)
6回
プライス条件1
平均厚区分
2区分
7回
プライス条件2
平均施工幅区分
2区分
8回
①タックコートPK-4(標準)
②タックコート(各種) →単価登録
③プライム コー トPK-3(標準)
④プライムコート(各種) →単価登録
4区分
9回
2区分
10回
11回
プライス条件3
材料区分
「表層(車道部)」・・・・・・1,962円/m2
2
直接工事費
金額
現行積算方式
レベル4:表層
式
道路付属物施設工
溶融式区画線
実線(白)15cm t=1.5mm・1層当たり単価表 m
単-4号 アスファルト舗装工(表層)100m
●
●
●
項目
単価算出レベル
【舗装(表層) 14項目→3項
目】
J条件6
砂散布の有無
①無
②有
J条件7
アスファル ト混合物
(車道及び路肩)
①密粒度アス コン(20)
②密粒度アスコン(13)~各種
~
35区分
J条件8
アスファル ト混合物
(歩道)
①密粒度アスコン(20)
②密粒度アスコン(13)~各種
~
23区分
J条件9
締固め後密度
①標準
②標準以外(実数入力)
2区分
12回
J条件10
ロードロー ラ規格
①排出ガス対策型
②普通型
2区分
13回
J条件11
タイヤ ローラ規格
①排出ガス対策型
②普通型
2区分
14回
J条件12
振動ロー ラ規格
①排出ガス 対策型
②普通型
2区分
①40m m 以上50m m 未満
②50m m 以上60m m 未満
③60m m 以上70m m 未満
④各種
4区分
1回
①1.4m未満
②1.4m以上
2区分
2回
①再生密粒As(20・13)
②密粒As(20・13)
③改質As密粒Ⅱ型(20)
④各種
4区分
3回
単価算出
【ユニットプライス型積算方式による効果】
・入力条件数が約1/5に削減→入力条件の簡素化
・単価表の出力が不要(内訳書のみの出力)
→ペーパーレス化
単価算出
入力条件数
単価表枚数
14回
約11枚
(=1次単価表0.5枚+2次単価表1枚+3次単価表1枚+4次単価表8枚)
3回
0枚
(単価表不要、内訳書のみ)
2
7.積算方式の転換における懸念への対応
H16.9.27
a.ユニットプライス型積算方式になると下がり方が大きくなるのではな
いか?
A.収集したユニット単価データについては、特異値や物価変動状況などについても十分
考慮し、慎重な分析・検討を加え、積算で用いる 単価を検討、決定していく。また、ユ
ニットプライスの妥当性を監視・検証し、市場の取引が適正に反映されていない場合に
は補正を行う。
具体的には、
①特異値等は棄却
・総価での分析
・各ユニットでの分析
③物価変動状況を補正
・例えば、資材単価が急激に変動し、収集し
たユニット単価をそのまま積算に用いること
が適当でない場合にも、対応できるような物
価補正を行う予定。
②代表値の採用方法を慎重に行う
・データの分布状況も踏まえたうえで、最頻値
を 基本としつつ検討を行い、代表値を決定
する。
最頻値:最も手に入れやすい価格であり、現行の資材単価調査など
でも広く用いられる方法である。
また、市場の取引が適正に反映されているか、という観点から、
●ユニットプライスの妥当性を監視・検証し、必要に応じ補正
・ユニットプライスの動向を監視し、長期間にわたり変化が見られないものや、急激な変化等(機労
材単価等に比べて、ユニットプライスだけが大きく下落等)を示すものが現れた場合には、別途、例
えばコストの積み上げ等を行ってみるなどの方法により、ユニットプライスの妥当性の検証を行い、
市場の取引が適正に反映されていない場合には補正を行う。
25
7.積算方式の転換における懸念への対応
H16.9.27
b.ユニットプライス決定までの手順(収集データの分析・特異値等棄却等の
方法)
合意単価収集
◆棄却の判断基準
平均値 最頻値
94.8% 98.1%
H 15年度国交省発注工
事(港湾・
空港工事除く)
頻度
落札率データより
1σ
データ数:
約1万2千件
68.2%
正規分布
総価で
の分析
総価(落札率)で一定の
幅を超えるデータの棄却
最頻値から1σの範囲から外れたデータは棄却
・正規分布では1σの範囲に68.2%のデータを包括。
1σ
91.8%
σ(標準偏差):平均値からの離れ(偏差)の2乗を平
均し、平方で開いた値
棄却
⇒
棄却
棄却
落札率
落札率
100%
落札率
条件区分3
◆条件区分の定義
各ユ
二ット
での分
析
価格に与える条件区分
の分析
収集データを様々な条件で分析し、価格に対する影
響が大きい条件を条件区分とする
ユニットプライスの決定
● ●
外れ値
外れ値
●
×
● ●●
条件区分2
条件区分1
条 件
統計的手法による特定
個別の要因による外れ値の分析・棄却
外れ値:統計処理に用いない方が適切なデータ
検定式:|データ-平均値|/ 標準偏差 > 有意
点
(スミルノフ・グラブス検定の場合)
(例) ・本工事に限り材料を安価に調達可能
・特殊な材料の指定(単価収集調査時)等
各条件区分における収
集データ分布幅の分析
×
● ●
●●
◆外れ値の棄却
◆判断基準
●
収
集
デ
ー
タ
変動係数:データの分布状況を相対的に表す係数
変動係数(%)=σ/平均値×100
各条件区分のデータが一定幅以下に収まっているか
・従来の資材単価データ、歩掛データが有していた
程度のばらつき(変動係数)を考慮して判断。
収
集
デ
ー
タ
●●
変動係数
●●
●● ●●●
●
◆データの分布状況から代表値を決定
代表値に平均値を採用す
る分布例
最頻値
代表値としては、最頻値を基本的に採用
・最頻値は最も手に入れやすい価格であり、現行の資材単
価調査
等でも広く用いられているもの。
頻
度
代表値に最頻値を採
用する分布例
単価
平均値
頻
度
単価
26
7.積算方式の転換における懸念への対応
H16.9.27
c.試行時ユニットプライスの決定(物価変動状況の補正)
●例えば、資材単価が急激に変動し、収集したユニット単価をそのまま積算に用いることが適
当でない場合にも、対応できるような物価補正を行う予定。
ユニットプライス補正の一手法(例)
舗装工における機・労・材の価格構成比
材 料
その他
アス合材
40.5%
41.4%
生コン
5.2%
その他
24.7%
機労材それ
ぞれの内訳
工事
全体で
は約
30%
普通作業員
骨材
12.9%
労 務
44.3%
特殊運転手
14.8%
舗装工(レベル1)における機労材構成比
実績データ~より
A S フィニッシャ
24.4%
その他
50.5%
※2)グラフは市場単価、処分費等を除いた機労材合計を、100%とし
た
もの。
ユニットプライスの補正
資材
単価
1.15倍
積算ユニット
プライス
7,500
5,000
アスファルト合材
ユ
ニ
ッ
ト
プ
ラ
イ
ス
特殊作業員
16.2%
機 械
※1)積算実績データベースによる工事コストの分析~平成13年度
積算
アスファル
ト合材
41.4%
H17.4
H17.10
ダンプトラック
14.4%
バックホウ
10.7%
工事価格に占める割合が大きい「アスファルト合材」を指標にした場合では、
アス ファル ト合材の単価推移と時系列指数
17年度
4月
5月
6月
7月
単価
5,000 5,400
5,800 6,300
価格指数
100
108
116
126
単位(円/t
)
8月
6,700
134
9月
10月
7,000
7,500
140
150
・物価資料等の掲載価格から 各費目の価格指数を設
定
・構成比に対応した補正率
もしアスファルト合材が、
6ヶ月で50%上昇した
場合には?
補正率=[代表指標構成比]×[「価格指数」の変動
150-100
率]
100
= 30% ×
= 15%
27
7.積算方式の転換における懸念への対応
H16.9.27
d.ユニットプライスの妥当性検証・必要に応じた補正
ユニットプライスの動向を、機労材単価指標などにより監視し、妥当性の検
証を行い、必要に応じユニットプライスの補正を行う。
機労材単価指標の設定
ユニットプライス動向の把握
◆ ユニットプライスに占める割合の大きい材料・
労務・機械の単価を、指標として設定する。
妥 当
性 検 証
◆ ユニットプライスの時系列変動状況を把握す
る。
機労材単価指標の変動
◆ ユニットプライスが、長期間にわたり変化が見
られないものや、急激な変化等(機労材単価
等に比べて、ユニットプライスだけが大きく下
落等)を示す場合に妥当性を検証する。
(例えば 右図参照)
ユニットプライスの変動
100
100
100
急激な変化等
平成17年
平成18年
平成17年
70
平成18年
例えば、ユニットプライスが、機労材単価指標の変動に比べ、急激な変
化等を示している場合など。
市場の取引が適正に反
映されていないと判断さ
れた場合など
ユニットプライスの補正
このほか、施工形態動向調査結果、落札率、など様々な視点も加えて検証
※補正方法の一例
◆機労材単価指標などの変動を踏まえたユニットプライスの補正。
◆コストの積み上げなどによるユニットプライスの補正。
等
28
8.ユニットプライス型積算方式の試行について
a.試行の目的
H16.9.27
新しい積算方式の導入であり、また「単価合意 → データ収集 → 分析等」という
新たな流れを導入することとなるため、「制度の浸透」と「本運用に向けた確認」を
試行を通して行っていく。
1.制度の浸透
①制度の周知
②手続の周知
2.本運用に向けた確認
机上検討では想定出来ていないケースがあり、問題が発生することが考えられため、
試行を通して課題を抽出・修正する。
①条件明示内容及び方法の検証
②補正方法の検証
③プライスの更新手法の確認
④妥当性検証方法の確認
⑤単価合意及び契約変更方法の確認
⑥積算手順の確認
30
8.ユニットプライス型積算方式の試行について
b.舗装、道路改良、築堤・護岸の選定理由
H16.9.27
効果の観点から、件数が多い上位3工事区分(全体の約半数)を、当面の試行の対象とし
た。
この内、先行して準備を進めている舗装について、平成16年度下半期から試行を予定し
ている。
●契約件数の多い道路改良、築堤・護岸、舗装の上位3工事区分で全体の44%を占め、まず、この
3工事区分から始めることとした。
●その他の工事区分についても、順次、進めていく予定である。
工事区分(レベル1)別の件数及び直接工事費
今
回
の
対
象
0
500
1,000
1,500
道路改良
1,406
790
道路維持
1,318
445
958
193
橋梁下部
642
516
鋼橋上部
300
コンクリート 橋 上 部
電線共同溝
269
砂 防 ダ ム
175
樋門・ 樋管
172
691
846
件数( 件)
直接工事費( 億円)
679
222
179
167
136
95
共同溝
57
ト ンネ ル ( N AT M)
52
その他
1,490
755
道路修繕
流路
1,732
1,319
舗装
2,500
2,309
1,827
築堤・ 護岸
河川維持
2,000
平成13年度積算実績データベースより
件数=12,569件、直接工事費合計=9,493億円
*件数は、各工事区分(レベル1)の使用件数であり、
1工事に2種類以上使用されることがあるため、工
事件数とは異なる。
216
597
472
1,036
31
ダウンロード

PPT2000