CIP4 2008(Tokyo)
JDFチュートリアルへ
ようこそ
チュートリアルセッション講師
• Optimus
Henny van Esch
• Heidelberg社
Rainer Prosi
JDFとは(1)
• JDFはグラフィックアート業界のジョブチケット
データ交換フォーマット仕様
- JDFはアプリケーションやシステムではない
• JDFは XMLベース
• コンテンツは埋め込み型ではなく、参照型
• JDFは拡張可能
• JDFは本来下記の意味構造に基づく:
– Adobe PJTF
– CIP3 PPF
• JDFフレームワークの決定
= JDFジョブ定義+JMFメッセージ+JDF機能+ICSドキュメント
JDF とは(2)
- 目的と必要条件 • なぜJDF?
– 工程自動化により効率アップ
– デジタル情報によりミスを低減(紙ベースでの作業と比較)
– 情報に基づく決定が可能
– 紙ベースの管理ワークフローとデジタルコンテンツのワークフローを併用
– 改善の余地有り
• JDFでできること
– 下記の点からグラフィックアート業界のジョブを確立:
• テクニカルアプリケーション
• 管理情報システム
• 顧客
– 「川上」から「川下」までのジョブに関するデータを収集
• ビジネスデータ
• テクニカルデータ
JDF とは(2)
- 目的と必要条件 • なぜJDF?
– 工程自動化により効率アップ
– デジタル情報によりミスを低減(紙ベースでの作業と比較
– 情報に基づく決定が可能
– 紙ベースの管理ワークフローとデジタルコンテンツのワーク
フローを併用
– 改善の余地有り
JDF とは(3)
- 目的と必要条件 • JDFでできること?
– 下記の点からグラフィックアート業界のジョブを確立:
• テクニカルアプリケーション
• 情報管理システム
• 顧客
– 「川上」から「川下」までのジョブに関するデータを収集
• ビジネスデータ
• テクニカルデータ
• リアルタイムでジョブを追跡
• グラフィックアーツの広範なエリアを包括的に記述
JDFに対する顧客の要求事項
顧客は、最終の顧客でも、ビジネスパートナーでもよい!
• 最終製品または要求されたサービスについての記述
•
•
•
•
•
非常に大雑把な事柄から非常に詳細な事柄に変わっていく
価格と契約の交渉を可能にする
ジョブの追跡
容認できる周期の管理
オーダーの変更管理
JDFに関して知る必要のないこと1
<JDF ID="n1" Status="Waiting" Type=“Product" Version="1.2“/>
<ResourcePool>
<Layout Class="Parameter" ID="r112" Status="Unavailable">
<Signature>
<Sheet SurfaceContentsBox="0 0 1842.5197 1417.3228">
<Surface Side="Front">
<MarkObject CTM="1 0 0 1 42 66" Ord="0"/>
%PDF-1.3
%âãÏÓ
1 0 obj <</Type /Page /Parent 9 0 R /Resources 3 0 R /Contents 2 0 R
/BleedBox [ 0 0 635 881 ] /TrimBox [ 0 0 627 873 ] /Thumb 37 0 R >>
endobj
2 0 obj<</Length 698 /Filter /FlateDecode>>
stream
H‰ìSMk1ýþ:¦‡q,Ëöxzk6H¡ì„B(aºùêîB³¡ÿ¾’å™
@sï!büÞÓ³4úmžÀx‚œ=
1 – ただし、JDF開発者は除く
CIP4 リファレンスモデル
販売担当者
各工程へ
カスタマー
サービス担当者
顧客
プリント
バイヤー
値段交渉
& 見積
JDF
インテント
作成
ドキュメント
作成
専門家
生産
スケジュール
顧客
プリプレス
プリプレス
作業者
製品内容詳細
プリプレス
各工程へ
製品内容
詳細
(概算)
製品内容詳細
(実値)
プレス
責任者
見積
受注入力
プレス
各工程へ
プレス
作業者
プレス
基本MIS
応用MIS
ポストプレス
責任者
印刷会社
責任者
仕事の発生
プリプレス
責任者
ポストプレス
ポストプレス
作業者
印刷会社の管理
印刷会社
ポストプレス
JDF
ワークフロー
コンテンツ作成
JDFジョブチケット作成ツール
PDF作成
管理納品
各種ポストプレス
製本
埋め込みJDFジョブチケット作成
仕事の発生
Eコマースフロントエンド方式
断裁
丁合
Postpress
ポストプレス
梱包
&
Delivery
&納品
アセット・
トランスファー
管理、見積
報告、トラッキング
プレス
グラビア印刷
枚葉印刷
フレキソ印刷
輪転ト印刷
デジタル印刷
JDFジョブチケット作成
アセット・トランスファー
プリプレスワークフローソフトウェア
プリプレス装備ソフトウェア
ポストプレス
プリプレス
ワークフ
ロー
RIP
CTP(ダイレクト刷版)
校正
プロジェクト管理
部門コントローラ
ジョブトラッキング/プリフライト
PDF作成
レイアウト/面付け/トラッピング
MISにおけるJDF
• 管理
– 全ワークフロー工程に指示を伝達
• ジョブトラッキング
– ジョブの追跡 (複数デバイスに配信可能)
– デバイスの追跡 (複数ジョブを処理可能)
• 原価計算
– 作業実績ベースの原価計算
• JMF
• Audits (JDFファイル内の実績データを記録する要素)
• 見積
– 前回のジョブの原価計算フィードバックをベースに見積
• レポート
– 複数ジョブとデバイスの統計データレポートを作成
Postpress
&
Delivery
ジョブ発生時におけるJDF
Postpress
&
Delivery
• ページ内容決定
– 表紙
– PDFデータ3ページ目が冊子本体の17ページにあたる
• 製品仕様決定
– 使用媒体(用紙)
– 製本方法
–色
• 制作作業の所要時間を算出
• 納期決定
アセット・トランスファーにおけるJDF
(データ送信)
Postpress
&
Delivery
• 受信コンテンツファイルをユーザジョブへリンク
– ファイル名規則の変更
– PDFデータ3ページ目が冊子本体の17ページ
– 雑誌Yの広告X
• プリフライト情報の維持
– プリフライト概要 (確認事項)
– プリフライト報告 (結果)
– プリフライト概要と文書ドキュメントの変更
プリプレスワークフローにおけるJDF
• ジョブ進捗状況の追跡
– 全ページの承認
– 全版の用意
– …
• 色指定
• 校正
• スケジューリング
• (請求用)作業時間記録
• 紙面レイアウト決定 – 面付け
Postpress
&
Delivery
プレスにおけるJDF
• ジョブ進捗状況の追跡
– 全用紙の印刷
• 使用色の決定
• コーティング方法決定
• 媒体(用紙)決定
– 印刷会社が用意するか、または出版会社が用意するか
• 生産量、または消費量の追跡と決定
– 損紙枚数
– 過剰生産枚数
• スケジューリング
Postpress
&
Delivery
ポストプレスにおけるJDF
• ジョブ進捗状況の追跡
– 折丁
– 綴じ完了
• 折り方法の決定
• 綴じ方法の決定
• 生産量、または消費量の追跡と決定
– 不良品量
– 過剰生産量
• スケジューリング
Postpress
&
Delivery
納品におけるJDF
Postpress
&
Delivery
• ジョブ進捗状況の追跡
– 納入製品
• 梱包の決定
– パレット
– ダンボール
– 箱
• 生産量、または消費量の追跡と決定
– 複数の製品を異なる組み合わせで複数の納品場所に納める場合にも
対応できる
– 各納品物の把握
• スケジューリング
ワークフローの中のMIS
MISとは?
ソフトウェア関連略語:
– MIS: 管理情報システム(Management Information System)
– ERP: 企業資源計画(Enterprise Resource Planning)
– MES: 製造遂行システム(Manufacturing Execution System)
– PPS: 生産計画システム(Production Planning System)
– …
• 印刷MISシステムは上記を網羅
– 印刷業務に特化
– 経営者に情報を提供
MISとは?
• 「MIS」とは(おそらく)誤った表現
– MISとは1つの役割であって、必ずしも1つのシステムとは限らない
– 主要業務:
• 顧客への見積書提示
• 顧客からの受注の処理
• 生産ジョブとジョブチケットの作成
• 生産計画を立てる
• マテリアル(材料)・ロジスティクス(在庫、購買)の処理
• 進捗追跡および原価計算の実行
• 請求書の作成・発送、会計
MIS導入前
• すべて手作業
• 紙ベースの作業指示
• 生産情報の提供は紙ベース
• 作業完了時に書類を保管
JDF導入前
• MISがジョブに関する情報を管理、追跡
• 従来と同様、紙ベースのジョブチケットが主流
• 生産情報の提供は紙ベース
• リアルタイムに原価計算情報を把握するためには、専用のデータ収集
端末が必要
• 作業完了時に書類を保管
• 作業現場のデータ収集システムによって得られたデータは、MISによっ
て保管/管理される
• MISが保管、管理する印刷会社データ収集によりデータ掌握
• MISは、生産システムが管理、追跡した情報を把握できないことも多い
MIS中心のJDFワークフロー
• MISは既知のデータをJDF対応生産システムへ送信
• JDF対応生産システムはJDFチケットに更に多くの情報を追加
– 生産パラメータ
– 原価計算データ
– 一般情報
• JDFチケットがMISへ戻る
• スムーズな情報伝達を確立
比較: MIS vs. 統合システム
• 2つの導入戦略
– MIS主導型
• MISは各デバイスを直接コントロール
– 統合システム主導型
• MISは各デバイスのコントロールを統合システムへ依頼
• 統合システムが各デバイスをコントロール
• 結論
– MISに生産コントロール機能を追加するか
– 生産コントロールシステムにMISの機能を追加するか
テクニカル・アプリケーションとデバイスに対する
JDFの要求事項
• デバイスへの情報
– デバイスへの明確なセットアップデータ
– リピート・ジョブのための、マシン依存のセットアップデータ
の容器(または参照)
– 全自動のセットアップ
– オペレータの介入が可能(オペレータの判断で作業や内容
を変更できる)
– 実行中のジョブを動的に変更(ジョブの中断、再開など)
テクニカル・アプリケーションとデバイスに対する
JDFの要求事項
• デバイスからの情報
– 作業現場のデータ収集
– 将来のリピート・ジョブのための、マシン依存のセットアップ
データの容器(または参照)
– オペレータの介入の追跡が可能(オペレータの判断で変更
した作業や内容を追跡)
– デバイスやオペレータの判断で変更したジョブのパラメー
ターを追跡
JDFのデータ表現
• XMLを利用
• URI/URLを使用した外部参照
• データ型定義にXMLスキーマを利用
• XML名前空間を使用した拡張性
<JDF ID=“N1" Type="Product" Status=”Waiting" Version=“1.3">
<ResourcePool>
<NodeInfo Class="Parameter" Status=”Available“ ID="Link0001" />
<SomeInputResource ID="Link0002" Class="Parameter"
Status=”Available"/>
</ResourcePool>
<ResourceLinkPool>
<NodeInfoLink rRef="Link0001" Usage=”Input"/>
<SomeInputResourceLink rRef="Link0002" Usage=”Input"/>
JDFフレームワークの構築
• JDFノード
– 工程(Process)、工程グループ(Process Group)、グレイボックス(Gray
Box)、製品仕様の記述
• JDFリソース
– パラメータセット、物理エンティティ(実態)記述
• JDFリソースリンク
– JDFノードとJDFリソース間のリンク
• JDF機能記述
– JDFインターフェース制限
• JMFメッセージ
– リアルタイムデータ交換フォーマット
• ICSドキュメント
– 各目的に合わせたJDF制限仕様
JDFノード
• 包括的な工程の記述JDFの「動詞」
– 与えられた時間内に何かを実行する
– スケジュールや作業実績の構造化された記録場所
• 1つのJDFノードタイプが製品仕様と製造工程の両方に対応
JDF
ノード
入力 (リソース)
出力 (リソース)
スケ
ジュール
時間
開始
終了
JDFノード
• ジョブのルートノードでは、おおまかな製品仕様
• ルートとリーフの間のノードでは、抽象的な「プロセスグループ
(Process Group)」ノードか「グレイボックス(Gray Box)」ノード
• リーフノードでは、個別の詳細工程または結合された
(Combined)工程
JDF
ノード
入力 (リソース)
出力 (リソース)
スケ
ジュール
時間
開始
終了
製品仕様 vs. 製造(工程)設計
• 製品仕様(プロダクトインテント)記述の目的
– 要求する「もの」に対する、顧客の視点
– 契約交渉
– 工程に依存しない
冊子
内容
表紙
モノクロ
ページ
カラー
ページ
MISとグレイボックス
• MISは工程の細かな情報まではわからない
• MISから見ると
– コストに関連するプロセスのみ重要
– コストに関連のないパラメータは重要ではない
• 製造詳細事項をすべて把握することはできない
– プリプレスは「版の作成(platemaking)」として見え
る
• RIP、カラーマネジメント、トラッピングなどは細かすぎる
• 面付け作業は大まかには判る
– 面付け数
– 用紙サイズ
製品仕様 vs. 製造(工程)設計
• 工程モデルの目的
– MISと生産のインターフェース
– 工程連携
– 製造指示詳細
Audit オブジェクトとは
• ジョブの実行結果を記録する
– 実時間
• 作業開始時間
• 作業終了時間
• ジョブの段階
• 仕様変更履歴を記録する
– リソース
• 例:用紙の変更(80g/㎡ の用紙ではなく85g/㎡の用紙を使用)
• 例:ロール紙在庫の456番ではなく123番を使用
– 消耗品:
• 生産量、消費量、損紙の実際の値
• 状況の概要
• イベントログ
JDFノード – ノードタイプ
• 各工程の種類と各リソースの定義(例):
– インタープリティング(RIP)
– トラッピング
– 従来の印刷
– デジタル印刷
– 裁断
– 折り
– 検品
– 納品
– …
JDFリソース - 詳細
• 複数パートの特別処理:
– シート(折丁)(Sheets)
– 分版(Separations)
– 損紙(Waste)
– タイル(Tiles)
– バージョン(Versions)
• リソース内の一部だけを再実行
– シート17番の表面の黄版のみ
• 分割リソースの並行処理
• デバイス/オペレータの選択
JDFノード – ノードタイプ
• 各工程の種類と各リソースの定義(例)
– 11概略プロセス(例):
• 検品(Verification)
• バッファー(Buffer)
– 35プリプレス プロセス(例) :
• インタープリティング(Interpreting)
• イメージセッティング(ImageSetting)
– 3プレス プロセス(例) :
• 従来の印刷(ConventionalPrinting)
• デジタル印刷(DigitalPrinting)
– 49ポストプレス プロセス(例) :
• 折り(Folding)
• 断裁(Cutting)
• 綴じ(Stitching)
• 98 JDF 1.3 で予め定義されているプロセス(使用しなくなったプロセスも含む)
JDFノードの結合
• 複数の工程をまとめて一つの工程として扱う場合、既存の工程の代用とし
て新しく工程の種類を定義しないこと
• 複数の定義済の工程を結合し、一つの工程にする:
• オンライン仕上げ = 印刷 + 折り + 裁断
• RIPトラッピング = トラッピング + リッピング
• 3種類の統合ノード
– 結合(Combined)ノード: 内部インターフェースへはアクセス不可能
• スマートマルチファンクションデバイス
– 工程グループ(ProcessGroup)ノード: 内部ノードへはアクセス可能
• サブ要素がない場合 (グレイボックス(Gray Box))
– MISの視点
• サブ要素がある場合
– 各部のワークフローグループ
– 外注
結合(Combined)ノード
vs. 工程グループ(ProcessGroup)
•結合(Combined)ノードまたは
グレーボックス(Gray Box)
結合ノード
リソース
リソース1 リソース2
リソース
•工程グループ(ProcessGroup)
工程グループ
リソース
リソース1
リソース2
リソース
JDFリソース
• 下記パラメータの仕様
– 製品インテントの記述
– 論理要素(RIPパラメータ、面付け設定など)
– 物理要素(用紙、デバイス、版など)
• Adobe PJTFおよびCIP3 PPFに準拠
– 製品インテントノードのためのインテントリソース
– プリプレス: Adobe PJTF
– プレス、仕上げ: CIP3 PPF
• JDF内部、または明確に定義されたフォーマットへの外部
リンク
– サムネイル、プレビューファイル、ICCプロファイル、コンテンツデータ
JDF RunListリソースの一例
<RunList ID="Link0003" Class="Parameter"
Status=”Available“ PartIDKeys=“Run”>
<RunList Run=“1” Pages="0 ~ 10">
<LayoutElement ElementType="document">
<FileSpec URL=”File:///File1.pdf”
MimeType="application/PDF"/>
</LayoutElement>
</RunList>
<RunList Run=“2” Pages=”2 ~ -1">
<LayoutElement ElementType="document">
<FileSpec URL=”File:///File2.pdf”
MimeType="application/PDF"/>
</LayoutElement>
</RunList>
</RunList>
JDFリソース – インテントリソース
• パラメータは属性ではなく、以下のような特徴を持つ
Span要素を用いて表現する:
– レンジ: 許容値のリスト
Book
• 名前
Contents
Cover
•数
• 数/ストリングの範囲
Color
Pages
– オファーレンジ: 予め指定された複数の値のリスト
– プリファード: 優先値
– アクチュアル: レンジまたはプリファードから選択された値
B/W
Pages
JDFリソース – 分割(Partitioning)
• 1つのリソースが複数の要素を決定する場合もある
• 複数の分割(Partition)タイプレベル(シート(Sheet)、サイド(Side 表裏)、
分版(Separation)など)
• 相続モデル
– 共通属性の定義は一回のみ
– 各属性/要素を上書き
• 各パートまたは複数パートをリソースリンクで選択
分割(Partitioned)リソース共通パラメータ
シアン色 分版(Separation)パラメータ
マゼンダ色 分版(Separation)パラメータ
イエロー色 分版(Separation)パラメータ
分割(Partitioning)とノード
分割(Partitioned)リソース
一致する分割(Partition)キーが結び付けられている
=
=
J
D
F
ノ
ー
ド
ル
ー
ト
出
力
リ
ソ
ー
ス
シ
ー
ト
S
1
シ
ー
ト
S
2
=
=
ル
ー
ト
入
力
リ
ソ
ー
ス
シ
ー
ト
S
1
シ
ー
ト
S
2
分割(Partitioned)インクリソースの例
<Ink ID=“InkID" Brand=”ProcessBrand" Class="Consumable"
Status=“Available" MediaType="Coated"
PartIDKeys="Separation">
<Ink Separation="Cyan">
<Color CMYK="1 0 0 0"/>
</Ink>
<Ink Separation="Magenta">
<Color CMYK="0 1 0 0"/>
</Ink>
<Ink Separation="Yellow">
<Color CMYK="0 0 1 0"/>
</Ink>
<Ink Separation="Black">
<Color CMYK="0 0 0 1"/>
</Ink>
<Ink Brand=”SpotBrand" Separation="Heidelberg Spot Blau">
<Color CMYK="0.7 0.7 0.3 0.7" ColorantUsage="spot"/>
</Ink>
</Ink>
リソースリンク(ResourceLink)
• ノードに対してリソースを結び付ける
• リソースの使用方法を定義 (入力または出力)
• リソースのサブセット/パートへのリンク
– 例えば、シート1番の表面のシアン版
– 数量の決定
• 複数の工程によって、リソースの再使用が可能
– 1つのリソースが、複数のリソースリンク
で指定される場合もある
• リンクにより工程のネットワークを決定
子ノード 1
親ノード
リソース 1
子ノード 2
リンク
リソースリファレンス(ResourceRef)
• 別のJDF要素内のリソースをリファレンスとして使用
• 個々の区分(partition)を選択するための部分
(Part)要素を含む場合もある
• リファレンスリソースは、インラインで記述されている
リソースと同等に扱われる
• 名前付けルール: リソース名+「Ref」
リソースリファレンス(ResourceRef)による
JDFランリスト(RunList )リソースの一例
<RunList ID="Link0003" Class="Parameter"
Status=”Available“ PartIDKeys=“Run”>
リソース
リファレンス
<RunList Run=“1” Pages="0 ~ 10">
<LayoutElementRef rRef=“L1”>
</RunList>
<RunList Run=“2” Pages=”12 ~ -1">
<LayoutElement ElementType="document">
<FileSpec URL=”File:///File2.pdf” MimeType="application/PDF"/>
</LayoutElement>
</RunList>
</RunList>
インライン
リソース
<LayoutElement ID=“L1” ElementType="document“ Class="Parameter"
Status=”Available“>
<FileSpec URL=”File:///File1.pdf” MimeType="application/PDF"/>
</LayoutElement>
リファレンス
リソース
ジョブ/顧客情報
• CustomerInfo 要素
– 受注先の顧客情報を詳細に記述。あらゆるJDFノードに記
述できる
– 顧客ID
– 住所(納品先、請求書送付先など)
• NodeInfo 要素
– スケジュール
– 納期
– 作業時間見積
一般印刷のJDFノードの例
刷版
(ExposedMedia)
用紙
(Media)
ノード情報
(NodeInfo)
•開始予定時間
•終了予定時間
検査プール(AuditPool)
インキ
インキゾーン
プロファイル
パラメータレイアウト
(印刷管理マーク)
実リソース使用方法
実時間概要
一般印刷
リソース
リンク
刷了紙
(Component)
(数量を含む)
JDFノードの一例
<JDF ID=“N1" Type="Product" JobID="HDM1" JobPartID=“p1”
Status=”Waiting" Version=“1.3">
<ResourcePool>
<NodeInfo Class="Parameter"
Status=”Available“ ID="Link0001" />
<SomeInputResource ID="Link0002" Class="Parameter"
Status=”Available"/>
<Component ID="Link0003" Class="Quantity"
Status=”Unavailable" DescriptiveName="SomeOutputResource"/>
</ResourcePool>
<ResourceLinkPool>
<NodeInfoLink rRef="Link0001" Usage=”Input"/>
<SomeInputResourceLink rRef="Link0002" Usage=”Input"/>
<ComponentLink rRef="Link0003" Usage=”Output"/>
</ResourceLinkPool>
<AuditPool/>
</JDF>
JDFノード – 実行のための要求事項
• 要求された入力リソースがすべて有効であればノード
は実行可能
– 連続 (Serial)処理– 標準
– 並行(Parallel)処理– 部分的リソース
– オーバーラップ (Overlapping)処理– パイプ
– 反復(Iterative)処理 – ドラフトリソース
• ノードを相互依存させることで工程を配置できる
– 印刷ノードの作業に必要な顧客承認を校正ノードが作成
ノードの実行可能性
リソース
リソースリンク
JDFノード
無効
(Not Available)
実行不可能
有効
(Available)
有効
(Available)
リソース
リンク
ノードの実行可能性
リソース
リソースリンク
JDFノード
有効
(Available)
実行可能
有効
(Available)
有効
(Available)
リソース
リンク
ノードの実行可能性とネットワーク
有効
(Available)
待機状態
無効
(Not Available)
リンク
実行不可能
有効
(Available)
有効
(Available)
無効
(Not Available)
有効
(Available)
リンク
ノードの実行可能性とネットワーク
有効
(Available)
実行中
無効
(Not Available)
リンク
実行不可能
有効
(Available)
有効
(Available)
有効
(Available)
有効
(Available)
リンク
ノードの実行可能性とネットワーク
有効
(Available)
完了
有効
(Available)
リンク
実行可能
有効
(Available)
有効
(Available)
有効
(Available)
有効
(Available)
リンク
JDF Iがサポートするジョブ記述モデル
• 製品仕様定義
冊子
– 工程情報なし
本文
– 顧客の視点
表紙
– 製品コンポーネント別区分
モノクロ
ページ
• 連続(Serial)処理
RIP
印刷
製本
カラー
ページ
JDF IIがサポートするジョブ記述モデル
• 並行(Parallel)処理
折り
製本
印刷
折り
• オーバーラップ
(Overlapping)
処理
刷版
印刷
製本
JDF IIIがサポートするジョブ記述モデル
• 反復(Iterative)処理
– ドラフトリソースによる非定型反復処理
– JMFメッセージによる定型反復処理
編集
校正
レイアウト
JDF – 分割(Spawning)と
統合(Merging)
• 独立した処理を行うためにJDFツリーの各ノードを分割
(Spawn)
– 並行処理
– 外注
– 分割処理(Partitioning)をサポート (例:シート1番のみ)
• 処理後に統合(Merge back)
– 情報源のコンテクストを保持
• 検査(Audits)
• 変更されたリソース
分割(Spawning)と統合(Merging)
マスターJDF
実行可能な
サブJDF 1
ステップ1 分割(Spawning)前
実行可能な
サブJDF 2
分割(Spawning)と統合(Merging)
マスターJDF
実行可能な
サブJDF 1
実行不可能な
サブJDF 2
ステップ2 -
分割(Spawning)後、
実行前
分割後の
実行可能な
サブJDF
分割(Spawning)と統合(Merging)
マスターJDF
実行可能な
サブJDF 1
実行不可な
サブJDF 2
ステップ3 分割(Spawning)後、
単独実行後、
統合(Merging)前
分割後・実行済
サブJDF
分割(Spawning)と統合(Merging)
マスターJDF
実行可能な
サブJDF 1
ステップ4 -
実行後、
統合(Merging)後
統合済
サブJDF 2
JMFメッセージング
• 準リアルタイムのデータ交換フォーマット
– 小さなXML構造
– 通信プロトコルとしてHTTPを使用
– 使用目的:
• ジョブ/デバイスの状態をスナップショット
• 動的にジョブの情報を更新 (オーダーの変更)
• ジョブの提出とキュー/キューエントリー (リスト)の操作
• プラグ&プレイによる立ち上げ(将来)
– 一般的にイントラネットで使用される
JMFメッセージグループ
• 6種類のJMFメッセージ
– 指令(command)
• レシーバは実行あるいは変更の指示を受ける
– 照会(query)
• レシーバは情報の返信指示を受ける。実行や変更は行わない
– 応答(response)
• 指令や照会の結果を即時返信。
• メッセージの同時送信 – 指令/照会や応答を同時にオープン接続
で交換
JMFメッセージグループ
• JMFメッセージの分類(続き)
– 確認(acknowledge)
• 指令からの指示後、しばらくしてコマンド結果を返信する
• メッセージ非同期送信 –コマンドの指令を受けた同じコネクションで空の応
答を即時返信。確認応答を後に送信する。
– 信号(signal)
• イベント通知の送信やステイタスの変更を行う
• 一般に信号内のサブスクリプションによる照会結果
• サブスクリプションが継続的な経路を設定
– 登録(registration)
• 指令を要求する
• 三角関係となるワークフローの設定に使用される
• (例) MISがプリプレスに、プレスへの指令を送信するよう指示を出す
SubmitQueueEntryメッセージの例
<JMF DeviceID="SP013" SenderID="MIS1“
TimeStamp="2006-05-05T12:32:48-06:00">
<Command ID="m3829"
Type="SubmitQueueEntry">
<QueueSubmissionParams
URL="http://jobserver/getJob?job=10047"
ReturnJMF="http://jobserver/jmfservice"
Priority="50"/>
</Command>
</JMF>
JMF ステータス シグナル
• 全工程に渡って、デバイスの状態を完全に追跡
• デバイスは以下の時にJMFを送信:
– 電源投入時
– 状態が変化した時 (新たな段階(phase)が始まった時)
• アイドル [-> セットアップ] -> 生産 [-> 洗浄] -> アイドル
– シフトが変わった時, オペレータが変わった時
– 長時間のジョブに対する“心臓の鼓動”
• N秒毎に
• M枚生産される毎に
– デバイスの電源断(の直前)時
JMF と Auditsの比較
JMF
Audit
•JDFチケットのリファレンス
•JDFチケットのー部
•(準) リアルタイム
•ジョブ完了後
•現在の状態
•状態の要約
•ジョブまたはデバイスのコンテ
クスト
•ジョブのコンテクストのみ
•非生産時間も追跡可能
•ジョブを完結する
•完結しない可能性あり
–ネットワークのダウン
•非生産時間は追跡できない
JMFメッセージの種類
• JMFメッセージの例は6種類
– 指令(command)
• SubmitQueueEntry, AbortQueueEntry, ReturnQueueEntry,
HoldQueue, ResumeQueue
– 照会(query)
• KnownControllers, KnownDevices, Status
– 応答(response)
• 多様な指令/照会に関連
– 確認(acknowledge)
• 多様な指令/照会に関連
– 信号(signal)
• Status, Resource, Occupation
– 登録(registration)
• Resource
相互運用性(Interoperability)とは?
機能を知らなければ
「相互運用」は不可能
相互運用性(Interoperability)とは?
しかし、機能を知っていれば
正しいツールを使うことが可能
機能の使用目的
• 印刷会社の生産する製品を決定
– JDFインテントの作成が可能 (製品記述)
• 印刷会社が利用できる装置を決定
– MISシステムはJDFインテントから生産方法を決定し、ジョブを作成
する
• ユーザ・インターフェースを作成し、各装置やアプリケーショ
ンのジョブの処理を構築する
• JDF消費者が処理をする前にJDFをプリフライトする
PPDおよびスキーマとは?
PPD(ポストスクリプト・プリンタ・ドライバ)
• プリンタに関する基本的な機能情報を提供する
• 一部のポストスクリプトを特定することによって、プリンタオプ
ションの設定が可能
• ユーザ・インターフェースの制約メカニズムを提供する
• コントロールをローカライズする
(ただし、一般的に「詳細」ダイアログに対してのみ)
PPDおよびスキーマとは?
スキーマ
• JDFの全体的な機能を記述する (工程とリソース)
• 制約の定義はサポートしない
• ローカライゼーションはサポートしない
• デバイスに全体的な機能のサブセットを特定させない
では機能とは?
• XMLベース
注:
スキーマはJDFの
全体的な機能を特
定するのみ
– 当然のことながら
– 機能の記述はJDF構造を直接反映している
• スキーマに対するデバイスの導入を制約
– JDFスキーマまたは拡張スキーマは、
– 作業で使用するスキーマを必要としない
機能理論
JDFは下記に基づく機能モデルを定義する
– デバイスとはJDFノードを実行する「もの」である
– JDFノードは「リソース+リソースリンク」により定義される
• 例:プレスは各々の許容媒体とプレスパラメータを有する
機能理論
JDFパラメータとは
• 各々が独立している。または
• 独立した許容装置の一覧として表現される。
(例:1000dpiグレイスケールまたは500dpiカラーでスキャンできるスキャナ)
• 論理(ブール)式によりさらなる制約が可能
– デバイスで両面印刷が可能
– デバイスでスライド印刷が可能
– 両面印刷とスライド印刷の同時実行は制限される
機能理論
• 性能を特定できる
– 最大値 + 平均値
– ジョブパラメータに依存
• 現行の永続的な機能を特定できる
• デフォルトおよびサポートする特徴/サポートしていない特徴を
定義する
• 異質環境におけるプラグ&プレイに対するJMFメッセージ
• ローカライゼーションを特定する
デバイスパラメータ空間
デバイス機能内の領域
有効パラメータポイント
無効パラメータポイント
制約領域
立体に対する制限は表示目的のみ
PrintTalk – www.printtalk.org
• JDFは生産予定の製品を記述する
• PrintTalkは製品の業務状況を記述する
– 見積要求
– 見積
– 発注
– インボイス
– 変更依頼
• PrintTalkは価格情報の管理も行う
CIP4 オープンソース開発ツール
•
•
•
•
XMLスキーマ
C++ API
Java API
JDF Editor
– JDF + JMFの視覚化
– メッセージの送信
– JDF + JMFの更新・検証
• Elkプロジェクト, Bambi
– リファレンスデバイスの実装
• Alcesプロジェクト
– リファレンスマネージャー
• Web ツール: http://www.cip4.org/JDFUtility/
– CheckJDF ? JDF検証ウェブサービス
– FixJDF - ? JDF更新ウェブサービス
相互運用性適合仕様
• 相互運用性適合仕様(Interoperability
Conformance Specifications)の定義 – ICS
– 「JDF適合」とは、任意の2つのアプリケーションが情報を交
換していることを直接に示すものではない
• RIP指示を折り機に送信することは有用ではない
– 任意のICSに適合している2つのアプリケーションが有用な
方法で情報交換する
– 製品認証はICSコンプライアンスをベースとしている
• 互換性がなく重複するJDF専門用語は使用しない
なぜICSが必要か?
JDF A
製品 A
ICS
製品 B
JDF B
相互運用性適合仕様
ICS 仕様書
• 認証(certification)のための基礎を提供
• 製品が、特定の状態を、読む(read) /書く(write) /
受諾する(accept)ことを確実にする
– アプリケーション間の相互運用性
• 初期のICSのバージョンは機能が限られていた
– 追加機能はオプションで、認定できない
– 複数のレベルがある
– 今後のICSのバージョンでは、機能が追加される
ICS仕様書の構成
MIS
MIS
MISから から
MIS
レイアウト プリプレス から
一般
ウェブ /
から オフィス 統合
から プリプレス
作成者
新聞 用紙供給仕上げ デジタル デジタル 製本
ICS
一般
から
印刷
ICS
ICS
印刷
印刷
ICS
印刷
面付け
ICS
ICS
ICS
ICS
ICS
MIS ICS
JMF ICS
基本ICS(Base ICS)
JDF仕様
読み – 書きの適合性
• JDF仕様: パラメータの有効基数(cardinality)をJDFインスタンスやJMF
インスタンスに記述する
• ICS: アプリケーションやデバイスの適合必要条件を特定
– W: 書き込み必須。パラメータを書き込む時に、アプリケーションのみが常に適
合する。
– W?: 書き込み可。適合の必要条件ではない。
– W : 状況に応じて書き込む。アプリケーションに対して、書くことを要求する
外部条件が存在する場合。
– !W : 書き込み禁止。パラメータを書き込むと、アプリケーションが適合しない。
– R: 読み込み必須。情報は 「構文解析し、適切に処理するべき」
– R : 状況に応じて読む。サポートを必要とする条件が存在する場合
– R?: 読み込み可。適合の必要条件ではない。
• Default: R? / W?
CIP4の製品認証
•特定のICSを認証
•製品のJDFインターフェー
スの性能詳細
•認証済アプリケーションの
相互運用性を保証
•CIP4の代理として
PIA/GATFが認証を担当
JDFの沿革
アドビ社、アグファ社、マンローランド社、ハイデルベルグ社がGATを設立。グラフィック
アート業界のジョブチケットの定義およびMISの統合を目指す。
2000: CIP3が規格の所有権を獲得
2001: JDF 1.0を発行
2002: JDF 1.1を発行
– 導入時の不明瞭な点や誤りを削除
– 新工程を追加
– 矛盾箇所を訂正し、一貫性を追及
2004: JDF 1.2を発行
– 新工程を追加を追加
2005: ICS仕様書の初版を発行
JDF 1.3を発行
– 新工程を追加を追加
2006: ICS仕様書に作業を集中
– 最初の製品が認定される (レイアウト作成/インポジション)
2007: 最初の JDF 1.3 ICS 仕様書を発行、
– JDF 1.4 、および 製品認証に作業を集中
2008: JDF 1.4, ICS, 認証
JDFの現状 – 長所
 グラフィックアート業界においてジョブデータを特定する際の共
通言語となる
 生産、顧客、MISを統合する
 生産、顧客、MISに対して複数の視点を持つことができる
 生産ネットワークを定義する
 工程を統合する
 データ構造だけではなく、伝達プロトコルを定義する
 モデルを拡張する
 グラフィックアート業界の他の規格と相互に作用しあう
JDF現状 – 課題/問題点
 グラフィックアート業界の工程数
 ジョブの発生
 プリプレス
 プレス
 仕上げ
 発注処理
 規格の複雑さ
 仕様のサイズ
 抽象的な構想を具体的に実現する
 仕様の適応性
 デバイスとのインターフェースにおいて生産ネットワークの役割は明確ではない
 個々の拡張
 抽象的なコーディネートシステムの定義
 従来のシステムの寿命
ICS仕様書
• 認証のための基準を提供する
• 製品が特定条件を必ず読み/書き/受領するようにす
る
– 各アプリケーションの相互運用性
• 初版のICS仕様書は機能が制限されていた
– 追加機能は選択できるが確実ではない
– レベルが複数に及ぶ
– 今後のICS仕様書には機能をさらに追加する予定
JDF 1.4: 概略
•「最終指示」2008年秋
(互換性テスト)
– フォスターシティ
•最終版:
–2008年春
•発行:
–2008年秋
•コンテンツの作成
•動的マーク
•改善された自動面付け
•梱包とラベリング
–ダイカットのためのCAD
•JMFセキュリティ
–信頼性
–認証(Authentication)
•…
JDFチュートリアル
ご静聴ありがとうございました
ダウンロード

JDF ノード