センターニュース
No.66
平成 22 年 12 月 14 日発行
発行
奈良大学情報処理センター
編集
奈良大学情報処理センター
学生スタッフ広報班
目次
頁
1.自習利用に関する注意事項
1
2.卒業論文の印刷について
1
3.平成 22 年度第 2 回はやうちタイピングコンテスト結果発表
4.知っていると便利な小技講座(ショートカットキー編:その1)
3
5.情報処理センター新規学生スタッフ紹介
4
3
1.自習利用に関する注意事項
①自習利用簿について
情報処理センターではこの利用簿をもとに利用者統計を作成しており、この
統計を作るにあたって正確な情報が必要となりますので、丁寧な字で記入して
いただきますようよろしくお願いいたします。
②飲食および携帯電話の利用について
電算実習室内では飲食は禁止しています。
特に、紙パック類の飲み物の持ち込みはキーボードにこぼす恐れがありますの
で、飲み終わってからの使用をお願いします。
また、携帯電話の使用は他の利用者の迷惑にもなりますので、情報処理セン
ター内では、マナーモードもしくは電源を切ってください。
以上のことが守られない場合は、利用をお断りさせていただく場合がありま
すのでご了承ください。
2.卒業論文の印刷について
・注意事項
提出期限間際に来られますと、混雑し提出時間に間に合わないことがありま
す。先日、情報処理センターのシステムに障害が発生して、急にパソコンが使
えなくなるということがありました。時間に余裕をもって印刷に来ていただき
ますようお願いいたします。
学科によって、用紙の指定などがありますので、お間違いのないようにお願
1
いいたします。
情報処理センターのパソコンで専用用紙を利用した場合の印刷手順
①書式設定
B5(縦書き・横書き)のページ設定例
1. デスクトップ上から
をダブルクリックし、起動します。
2. ツールから「ページレイアウト」→「余白」→「ユーザー設定の余白」をク
リックしてページ設定の画面を出します。
3. ページ設定画面の「用紙サイズ」を『B5』に設定します。
4. 本文・注釈の余白、文字数と行数の設定は下の表をご覧ください。
本文の書式設定
上
B5 横書(下部注釈) 22mm
B5 縦書(上部注釈) 64mm
A4 横書(下部注釈) 22mm
下
65mm
22mm
73mm
余白設定
左
23mm
23mm
26mm
右
23mm
23mm
26mm
文字数
行数
30
40
32
15
10
25
注釈の書式設定
余白設定
上
下
左
右
B5 横書(下部注釈) 200mm
25mm
24mm
24mm
B5 縦書(上部注釈) 25mm
200mm
24mm
24mm
A4 横書(下部注釈) 226mm
25mm
28mm
26mm
※ 卒論本文と注釈のファイルは、別々に保存してください。
本文のページ数に関係なく、注釈の必要なページのみ作成してください。
②印刷方法
本文と注釈の作成が完成したら、印刷を行います。先に本文を印刷し、後か
ら必要な部分に注釈を再度印刷する方法で仕上げます。手順は次の通りです。
① 「ファイル」⇒「印刷」をクリックし、カラープリンターcpi102(第 2 電
算実習室の場合)を選択、「プロパティ」をクリックし、印刷設定画面を
出します。
② 印刷設定画面で、用紙が B5 になっていることを確認し、トレイを手差し
にします。
2
③ 印刷の方向が「縦」になっていることも合わせて確認をし終えたら「OK」
をクリックします。
④ 元の画面に戻ったらプリンタに用紙をセットし、印刷命令を出すための最
後の「OK」ボタンをクリックしてください。
3.平成 22 年度第2回はやうちタイピングコンテスト結果発表
11月24日(水)、25日(木)の二日間にわたって、第2回はやうちタイ
ピングコンテストが開催されました。このコンテストは10分間で、出来るだ
け正確に2000文字を打つことを目標に正答入力数を競うものです。
今回のコンテストの結果及び入賞者は、以下の通りです。
学科・学年
優勝
正答入力数
文化財学科
1年次生
1,740文字
第2位
現代社会学科
3年次生
1,714文字
第3位
史学科
1年次生
1,705文字
史学科
1年次生
1,683文字
現代社会学科
2年次生
1,619文字
文化財学科
1年次生
1,584文字
現代社会学科
2年次生
1,533文字
努力賞
※タイピングコンテストの参加資格は奈良大学の学生(院生含む)であるこ
とと、過去の大会で優勝経験がない。この二つです。
4.知っていると便利な小技講座(ショートカットキー編:その1)
ショートカットキーとはマウスを使わずに、キーボードの入力でちょっとし
た操作ができるものです。使いこなすとキーボートから手を離すことなく操作
できるので便利で効率的です。
ここでは基本的なショートカットキーを紹介します。
F1 F2 F3 F4 F5 F6 F7 F8 F9 F10 F11 F12
1
Tab
Shift
Ctrl
2
3
4
5
6
7
8
9
0
=
~
|
BackSpace
Q
W
E
R
T
Y
U
I
O
P
`
{
Enter
A
S
D
F
G
H
J
K
L
+
*
}
Z
X
C
V
B
N
M
<
>
?
_
Alt
Alt
Home
PageUp
Delete
End
PageDown
Shift
Ctrl
3
Insert
↑
←
↓
→
多くの場面で共通して使うことができるショートカットキー
「Ctrl」+「C」:コピー
「Ctrl」+「X」:切り取り
「Ctrl」+「V」:貼り付け
「Ctrl」+「A」:全体選択
「Ctrl」+「S」:保存
「Ctrl」+「P」:印刷
「Ctrl」+「F」:検索と置換
「Ctrl」+「Z」:戻る(前の状態に戻す)
「Ctrl」+「Y」:進む(戻した状態から戻す前の状態に戻す)
「Ctrl」+「W」:現在のウィンドウを閉じる
「Ctrl」+「左クリック」:離れた複数の項目を選択
「Shift」+「十字キー」:隣接した複数の項目を選択
5.情報処理センター新規学生スタッフ紹介
前回のセンターニュース発行以降に加わったスタッフの紹介です。
奥田
彩乃
国文学科
2年次生

明治文学が好きです。特に森鴎外や、夏目漱石が好きで近頃読み漁ってます。
インターネットで色々と調べ物したり,作品をホームページ等に載せたりな

どしています。
少しでもパソコンの知識を増やして、自分のものにしたいと思っています。

管谷



雅紀
国文学科
2年次生
文学では、主に夏目漱石が好きです。しかし源氏物語にもとても興味があり
幅広く文学を勉強したいです。
レポート作成やインターネットでオークションに参加したりと活用してい
ます。
利用者の方々に気持ち良く使っていただけるように<笑顔><丁寧><明快>を
モットーに頑張りたいと思います。
辰野



智之
史学科
2年次生
日本史近現代、特に大正時代後半以降の軍部の動向に注目しています。
主に戦史に関するサイトの討論に参加したり、ブログの更新をしたりしてい
ます。
少しでも早く仕事に慣れ、パソコンの知識も増やしていきたいです。頑張り
ます。
4
谷口











史学科
2年次生
佳貴
地理学科
1年次生
ときに活用しています。
早く仕事を覚え、利用者の方々に気持ち良く使っていただけるように努力し
ます。
遼
地理学科
2 年次生
地理学科生ではありますが生物学に興味があります。
インターネットを使って動画を見たり、レポートの作成に活用しています。
パソコンを扱うのは苦手なので、知識を増やしつつ得意になれるよう頑張っ
ていきたいです。
桃井

良春
地理学科の 1 年次です。旅をすることが好きなのですが、大学生のうちにイ
ンドのデカン高原とイタリアのポンペイに行ってみたいです。
パソコンは、主にネットショッピングやオークションに利用したり、調べる
木村

2年次生
日本史近代の全般に興味があります。特にその時代の人々の生き方にも興味
があります。
インターネットで動画を見たり、レポートの作成などに使うくらいです。
パソコンの知識は少ないのですが、頑張っていきたいです。
岩崎

史学科
現代史に興味があり、特に池田勇人に興味があります。
インターネットで動画を見たり、様々なことを調べたりしてます。地元の友
達とテレビ電話などもします。
パソコンはそれほど得意ではないですが、頑張りたいと思います。
前山

晟良
飛鳥
文化財学科
1 年次生
文化財学科の1年次です。ローマ史と古代エジプトが好きです。
Word を使ってレポートを作成したり、インターネットを利用して調べ物を
したり、動画を見たりして活用しています。
パソコンは苦手ですが、この機会を利用して得意になりたいです。一生懸命
頑張ります。
5
6.情報処理センター学生スタッフHPについて
2010 年 4 月からリニューアルした情報処理センター学
生スタッフHPを公開しています。私たち学生スタッフ
の自己紹介から情報処理センターの利用方法に至るまで、
内容の濃いものとなっていますのでぜひご覧ください。
http://www.nara-u.ac.jp/about/facilities/ipc/ststaff/index/index.htm
《奈良大学 HP からのアクセス方法》
奈良大学ホーム→「大学案内」→「附属施設」→「情報処理センター」→「学
生スタッフの活動報告」→広報班の作業内容からリンク
編集後記
今回は、一・二年生が主体となって作り上げたセンターニュースです。小ネ
タや卒論の印刷方法などを主に書きましたが、参考になったでしょうか?
皆さんの役に立つ情報をこれからも書いていきますので、センターニュース
を手に取って頂けると嬉しいです。まだまだ、至らないこともありますがこれ
からもどうぞよろしくお願いします。
6
ダウンロード

センターニュース No.66(2010.12.14)PDF(約371KB)