NRO計算機の事業報告
2013年7月24日
NRO ユーザーズミーティング
NRO 高橋 茂
1
NRO計算機グループ
高橋(茂)[責任者] 専門研究職員(100 %)
(高野)、(大島)
助教
宮澤(和)
技師
前川
専門研究職員(金曜はALMA)
大矢、畳谷
専門研究職員(100 %)
(衣笠)
(諸隈)
研究員
(西谷)
研究支援員
畠山[事務]
事務支援員
2
2013 計算機リプレース
今までで、仕様が一番大きく変わるリプレース?
•メールサービスのMTK 移行(nao.ac.jp)
•メーリングリストサービスの廃止
•Web サービスの縮小
•天文台内のアクセス規制(現在設定中)
•持ち込みPCの接続認証機構の導入
•共同利用観測時における各種変更
3
計算機リプレース後の共同利用
1.
2.
3.
4.
観測アカウント
obstable の作成
観測時
観測終了後のデータ解析
4
1. 観測アカウント
従来
• 観測者が申請、発行
• プロジェクト名を自由に申請
今後
• プロポーザル採択後、観測アカウントをNROで
発行
• プロジェクト名の指定(prj001,prj002,..prj005)
• 有効期限?
5
2.Obstable の作成
従来
•ssh ゲート経由で、obstableマシンにログイン、作成
今後
•VPN接続してobstableマシン にログイン、作成
•Linux, Mac, Windows のVPNアプリを用意
•インストール方法などはWeb にて(秋公開)
•Save and send し直してください
6
3.観測
観測場所
•45m,MTK(リモート、将来は各大学からも?)
観測システム&データ
•Linux 化
•Web による手動&スクリプトによる自動ダウン
ロード
•解析は各個人のノートPC
•小規模な一時的なデータ解析サーバも用意
•データは持ち帰りOr MTK にコピー
7
4.観測終了後のデータ解析
• 各自のPC環境でのデータ解析
• MTK共同利用解析端末でのデータ解析
– MTK アカウントが必要(各自申請)
• 過去データの入手
– MTKに設置する NROデータベースからのダウン
ロード
– 詳細はWeb でお知らせ(秋以降)
8
利用形態
共同利用観測時
COSMOS
NRO VPN
P
個人PC
obstable
MTK VPN
NRO一時サーバ
共同利用終了後
MTKサーバ
個人PC
9
アナウンス
• 共同利用観測前にWeb ページに目を通してく
ださい(秋に公開予定)
• an01u, an02u のデータを持ち帰ってください
10
ダウンロード

NRO計算機