GSCのここ1,2年の進展
三原建弘(理研)
GSC16台の較正実験終了
藤井M論
実験データに根ざしたレスポンス関数の作成
中島関数と、その中の理解
コリメータ試験
GSCU5台終了。 1台を残すのみ
チャージアップ発覚と全数調査
重症は2台(SN 005, 014) → 完全修理は難しい。
軽症4台(004, 010, 008, 009)
12台は送り出した。
スペアは 009, 007, 005, 014
全天監視のサイエンス
RXTE ASMの例から
COSPAR2005 India,
by Alan Levine,
Hale Bradt, Ed Morgan, Ron Remillard
and the ASM Team (MIT & GSFC)
RXTE ASM は MAXI GSCと比べて
2-12keV。
エネルギー帯はほぼ同じ
感度は低い。1/20
1次元Coded maskなので、
点源のみ。
銀河系内天体が中心
長期間のデータ、10年以上
運用
ASM ライトカーブのページ
http://xte.mit.edu/ASM_lc.html には488個が表示されている。
RXTE All-Sky Monitor
トランジェントの発見、速報
周期性の発見
たいていは軌道周期
少数の中性子星パルス
降着円盤の歳差運動
長期周期
1.ASMの解析方法
視野内の既知のX線源の強度を見積もる。
ASMカタログにない未知のX線源を探す。
検出感度には多数の要因があり、一律に
は言えない。
近隣のX線源の位置と強度による
観測時間による
X線源のスペクトルによる
outburstsの継続時間による
位置が既知なら感度上がる
検出可能なX線源の数
S(threshold; mCrab)
N(persistent) > S
Transients Active
1000
1
0.18
500
8
0.38
300
12
0.65
200
16
1.07
100
20
1.82
50
23
2.40
30
35
2.97
20
47
3.26
10
69
3.37
2.トランジェントX線源
93 個を検出
23 個は定常的に明るい。50 mCrab以上
6 個、ひんぱんに明るくなるもの
GX339-4, (BHC)
Aql X-1, X1608-522, X1630-472,
X1704+240, X1730-333, (LMXB)
3.周期探し
約30個の軌道周期
少数の中性子星の自転周期 (GX301-2な
ど)
長期周期
Her X-1, LMC X-4, SMC X-1
SS 433 (164 d)
XTE J1716-389 (99 d)
X1820-30 (176 d)
Cyg X-2 (but picture is still not clear)
AM Her (WD)の軌道周期(3.0h)
RXTE/ASMで発見された周期
XTE J1855-0237
X1908+075
X2206+54
X0726-260
XTE J1716-389
RX J0812.4-3114
6.0752 日
4.400 日
9.561 日
34.5 日 (orbital ?)
99 日 (quasiperiod ?)
~80 日
X線では初めて検出された周期
SS 433
13.1 日, 164 日
X0114+650 11.59 日, 2.74 時間 (??)
Cyg X-1
5.6 日
in the sense of this being the first
appearance in a PDS made from X-ray
data
Sco X-1
0.789 日 (tentative)
周期解析:その他の結果
周期精度の改善
X1624-490, SAX J2103.5+4545
probably some other periods
非周期的な長期変動
LMC X-3, X1705-440
トランジェントの再帰周期
X1730-333 (Rapid Burster), Aql X-1, X1608-522,
GX 339-4, X1630-47, …
定常X線源なら ~3 mCrab あればほぼ受かる。
非周期的な長期変動
トランジェントの再帰周期(1)
トランジェントの再帰周期(2) GX339-4
トランジェントの再帰周期(3)
その他の例: X線消滅
ハードネス解析 Circinus X-1
連星パルサーの長期変動(定常
源)
EXO 2030+375 拡大
連星パルサーの長期変動(トランジェント)
V0332+53の2004年12月のアウトバースト
→XTE/PCA, INTEGRALが観測、HETEにも受かってたらしい
A0535+26でも2005.6月、8月にアウトバーストを検出
→XTE/PCA, INTEGRAL, すざくが観測
将来のASM
Scanning Sky Monitor (Astrosat)
MAXI (Space Station)
モニタは重要
将来のX線観測者の手引きとなる必要がある。
性能の向上がサイエンスの発見につながるに違い
ない。
感度
時間カバー率
広帯域スペクトル
信頼度
MAXIでは、
感度が上がる
系内天体の暗いものへ → WD、star
系外天体へ → ブラックホール
スペクトルが取れる
無バイアスサーベイ ただし1mCrab
広がったX線源 ただし1.5度×1.5度
時間スケール 1時間から1年
必然的に大きいもの。。。。
巨大質量ブラックホール
コンパクト星の場合は、降着円盤・伴星活動
恒星の自転、連星公転、“11年周期”
ブラックホール以外はこれまでと違ったサイエンスに
なると思われる。
MAXI実験室の引越し2006/3/21
レスポンスと理研データの比較
ダウンロード

2年の進展のレビュー 三原建弘(理研)