日本語複合動詞の習得研究
―使用実態の調査を中心に
D3中間報告会(2007年9月29日)
コミュニケーション専攻
後期課程三年 陳 曦
本発表の流れ







本研究の対象と目的
先行研究とその課題
本研究の課題と方法
論文全体の構成
各章の概要と進捗状況
現在完成している部分の概要
これからの執筆計画
1.本研究の対象と目的
対象
1)「動詞連用形+動詞」
2)日本語を第二言語として学ぶ学習者

目的
1)学習者の使用実態の解明
2)教師側の教授意識の調査
3)教科書の扱いの考察
4)教育に即した意味提示法の探索
5)習得支援、指導法の提案

2.先行研究とその課題
複合動詞習得の先行研究
1)寺田(2001)
2)松田(2002a,2002b,2004)
3)陳(2004,2006,2007a)
 課題
1)使用実態の調査
2)教育現場での扱われ方の調査
3)教育に即した意味研究
4)習得支援、指導法に関する研究

3.本研究の課題と方法
課題1
使用実態の解明
コーパス
課題5
課題4
課題2
教授意識の調査
アンケート
課題3
教科書での扱い
教材分析
意味研究
習得支援
認知意味論
コーパス
指導法の
探索
4.論文の構成と進捗状況
<第一章> 先行研究と本研究の課題
<第二章>
学習者の複合動詞
使用実態
<第三章>
教師側の教授
意識調査
<第五章>
意味提示法の事例研究
<第四章>
教科書の扱われ方
の調査
<第六章>
意味提示法の教育への応用
<第七章> 習得支援、指導法の提案
5.現在完成している部分




話し言葉における使用状況の量的分析
書き言葉における使用状況の量的分析
教科書における取り扱い
意味提示の事例研究及び教育への応用
5.1(第二章 2.1)話し言葉における
使用状況の量的分析―その1
目的:
1)話し言葉における学習者の使用状況の解明
2)習得研究におけるコーパス利用の実証と考察
 方法:
学習者コーパスと母語話者コーパスの量的比較
 分析視点:
全体使用、後項動詞別、前項動詞別、レベル別、
母語別

5.1 (第二章 2.1)話し言葉における
使用状況の量的分析―その2
データの概要
学習者コーパス⇒KYコーパス
母語話者コーパス⇒上村コーパス
 処理手順
データの整形
『茶筌』で品詞情報を付与
複合動詞の抽出

5.1 (第二章 2.1)話し言葉におけ
る使用状況の量的分析―その3
結果
1)学習者全体で使用頻度も種類も少なく,特に「差し上げ
る」,「申し上げる」など敬語を表す用法が少ないこと。
2)使用頻度上位の複合動詞は多くが共通する一方,学習
者は「~あう」,「~だす」の使用は多いが,「~はじめる」,
「~つづける」などのアスペクトを表すものの使用は少な
い。
3)学習者の熟達度や学習者の母語の違いによっても使用
頻度と種類について有意な差がある。
4)現状のコーパスには表記のゆれ,属性情報の精緻化,
誤用情報の付加などに課題が残っている。

5.2 (第二章 2.2)書き言葉におけ
る使用状況の量的分析―その1
目的:
書き言葉における学習者の使用状況の解明
 方法:
学習者と母語話者による日本語作文の量的比較
 分析視点:
全体使用、後項動詞別、前項動詞別、母語別

5.2 (第二章 2.2)書き言葉におけ
る使用状況の量的分析―その2
データの概要
国研の『日本語学習者による作文と、その
母語訳との対訳データベース』
 処理手順
データの整形
『茶筌』で品詞情報を付与
複合動詞の抽出

5.2 (第二章 2.2)書き言葉におけ
る使用状況の量的分析―その3
結果
1)学習者全体で使用頻度も種類も少ない。
2)共通する後項動詞を使用する。学習者の
自他動詞の使い分けについての誤用が多
い。
3)前項動詞は母語話者と大きな相違がない。
4)学習者の母語の違いによる使用頻度と種
類について有意な差がない。

5.3(第四章)教科書における複
合動詞の扱い―その1
目的
1)教科書での扱いの実態と問題点の解明
2)実態調査の結果と比較し、指導する際の留意点
を考察
 課題
1)教科書で扱うべき複合動詞項目は何か
2)教科書の扱いの現状と問題点は何か
3)教科書でどう指導すべきか

5.3 (第四章)教科書における複
合動詞の扱い―その2
調査対象
総合中級教科書4種に現れた複合動詞と
関連する記述
 調査方法
1)複合動詞を抽出し、全体使用頻度、後項
動詞別、前項動詞別に集計。
2)話し言葉使用実態調査の結果と比較

5.3 (第四章)教科書における複
合動詞の扱い―その3
視点
「学習者」を「母語話者」
へ移行させることは教科書
のあるべき姿
 方法
使用実態の調査結果と比較
A~Gのグループごとに分析

B 母語話者
D 教科書
E
G
学習者
A
C
F
5.3 (第四章)教科書における複
合動詞の扱い―その4
調査結果
1)学習項目としての扱いは足りない。
2)教科書の扱いは母語話者の使用実態と
ずれがある。
3)結合条件、意味構造、本動詞との関連、
類義語との使い分けなどが説明不足

5.3 (第四章)教科書における複
合動詞の扱い―その5
日本語教育への提言(複合動詞指導)
1)母語話者の使用実態に合わせた複合動詞項
目を指導すること。
2)結合ルールの説明、本動詞との関連性、 類
義語との使い分け、自他動詞、名詞化に触れる。
3)「形式」、「意味」、「用法」の三つの面から
指導すること。

5.4(第五章)「~出す」を事例と
した意味研究―その1
目的
認知意味論に基づいた多義複合動詞の意
味提示と指導法について考察
 方法
『中日新聞』(1999~2003)により抽出した
実例をもとに、「出す」と「~出す」の例文、
名詞との共起を分析し、ネットワーク構造、
プロトタイプ的語義、イメージ・スキーマを
提示。

5.4 (第五章) 「~出す」を事例と
した意味研究―その2
ネットワーク構造(詳細省略)
「内から外への移動」⇒「移動・命令」⇒「発
生」⇒「開始」
プロトタイプ
1)「内から外への移動」
2)「発生・開始」

イメージ・スキーマ(詳細省略)

5.4 (第五章) 「~出す」を事例と
した意味研究―その3
日本語教育への提言(多義語指導)
1)多義語のプロトタイプ的意味から導入
2)多義語の持つイメージを絵や図式で提示
3)多義語の複数の異なる意味をネットワーク
図で提示

6.これからの執筆計画
これからの課題
1)使用実態の質的分析
2)教師側の教授意識調査の分析
3)意味構造とその提示法の再考
4)習得支援と指導法の提案
 執筆計画
1)11月上旬第一稿完成
2)12月20日までに論文提出

7.研究業績―公刊された論文と学
会発表
1)陳曦(2004)「中国人学習者における複合動詞の習得に
関する一考察―「~あう」と「~こむ」の理解に基づいて
―」『ことばの科学』第17号 pp59-80
2)陳曦(2006)「中国人学習者における複合動詞の習得に
関する一考察――学習者の作文産出に基づいて」『クク
ロス:国際コミュニケーション論集』第3号 pp1~15
3)陳曦(2007a)「日本語複合動詞の習得状況と指導への
問題提起―中国西安外国語大学における「~あう」「~こ
む」の調査を中心に」『国際開発研究フォーラム』第35号
pp93~102
4)陳曦(2007b)「学習者と母語話者における日本語複合
動詞の使用状況の比較――コーパスによるアプローチ」
『日本語科学』第22号(印刷中)
5)陳曦(2007)「話し言葉コーパスにおける複合動詞使用
状況の調査」日本語教育学会研究集会第三回予稿集
7.研究業績―投稿中論文
1)陳曦(2007)「認知意味論に基づいた多義語の
意味構造と日本語教育への応用」『世界の日本
語教育』第18号
2)陳曦(2007)「日本語複合動詞指導に関する一
考察――日本語中級教科書と日本語の使用実
態の調査をもとに」『日本語教育論集』第24号
3)陳曦(2007)「作文データベースを用いた学習者
と母語話者における日本語複合動詞使用状況
の比較」『小出記念日本語教育研究会論文集』
第16号
参考文献




寺田裕子(2001)「日本語の二類の複合動詞の
習得」『日本語教育』109,20-29
松田文子(2002a)「複合動詞研究の概観とその
展望―日本語教育の視点からの考察―」『言語
文化と日本語教育5月特集号 第二言語習得・
教育の最前線―あすの日本語教育への道しる
べ』,170-184
松田文子(2002b)「日本語学習者による『~こ
む』の習得」『世界の日本語教育』12,43-59
松田文子(2004)『日本語複合動詞の習得研究
―認知意味論による意味分析を通じて』 ひつじ
書房
ダウンロード

D3資料