手紙とコミュニケーション
東洋大学社会学部メディアコミュニケーション学科
今井 聡〔関谷ゼミ〕
問題提起
• 現代において様々なコミュニケーションツールが
存在する中で、「手紙」という原始的な伝達手段
が活躍しているのはなぜか?
• 「手紙」は、時代によって存在意義を変化させな
がら生き残ってきた。それぞれの特徴をまとめな
がら、現代における手紙の社会的意味を考えて
いきたい。
手紙の定義
• 「手紙」とは、特定の相手に対して情報を伝達するため
の文書のことである。「信書」、「書簡」などとも呼ばれ、
古くは「書状」、「消息」とも呼ばれた。
特定されている→「手紙」
不特定多数→「チラシ」
• 手紙に記される内容は礼状、招待状、ダイレクトメール、
ファンレターなど、様々である。手紙がコミュニケーション
手段として利用されるには、受信側・発信側双方の識字
率の高さ、用紙の入手のしやすさ、運搬者の確保などが
条件である。
日本の手紙事情
• 現代日本では、電話(携帯電話)やFAX、電子
メールの普及により、文書を直接渡す方式の手
紙の需要は低下している。しかし、各種契約など
の重要な事柄は書面原本でやりとりされること
が多く、その際には内容証明などの送達手段が
用いられる。
• はがきなどに季節の事物などの絵を描き、メッ
セージを添えた絵葉書や絵手紙も近年流行して
おり、これは情報を相手に伝えようというよりは
絵と文字で相手を楽しませるために送付する。
伝達手段の進化
• 通信は、情報をよりはやく、より大量につたえる
ことを目指して発達してきた。人間が言葉や文
字で情報を届ける時代から、電波で届ける時代
へと進歩し、今ではコンピューターの登場で、情
報を符号化して送ることが可能になった。通信
衛星や光ファイバーケーブルと結んで、通信の
ネットワークができた。
• 時代の変化とともに姿を消した瓦版やポケベル
といったメディア媒体がある一方で、新聞やラジ
オなどは現在でも大きな役割を担っている。
印刷媒体との比較①
• 新聞などの印刷媒体には大衆性がある。
⇔手紙は一般的に送り手と受け手が特定される。
• 文字を利用している点では共通しているが、書
かれる内容は全く異なる。
⇒利用される目的そのものが違う。
• どちらも紙を使用しているため、長期的にそのま
ま保存できる記録媒体である。
印刷媒体との比較②
• 新聞の誕生と郵便制度の発達は時期的に同じ
である。また原型である瓦版や飛脚の活躍時期
も大して変わらない。
しかし手紙には江戸より以前にも数多くの歴史がある。
• 政治が発達し、法律や制度を庶民が知るために
誕生した大衆向けの媒体とは異なり、手紙という
特定の送り手と受け手が存在するコミュニケー
ションツールはずっと昔からある。
テレビとの比較
• テレビには、メディアとしての
• 手紙には絵などの挿絵がある
影響力が大きい。大衆性とい
とはいえテレビのような映像能
う面では新聞などと同様だが、
力はないし、音声もない。しか
文字の他に映像や音声を使
しテレビとは違って手紙には
用するという点で、新聞などの
無限の可能性がある。
⇒そこに書かれた文字から、
印刷媒体とは違った特性を
もっている。テレビで放映され
受け手が内容を理解し想像し
た情報は瞬時に国民に広がり、
ていくことで、映像や音がなく
それが世の中の流行などを
ても、それ以上の伝達能力を
作っていく。
発揮する。
⇒テレビは現代を映す鏡なの
もちろん、このような伝達能力
ではないか。
が発揮できるのは、手紙という
コミュニケーションツールが、
特定された間でのやりとりだか
らである。
ラジオとの比較
• ラジオに関しては現在の存在意義を考えると、テレビと似ている部
分が大きい。それに加えた特徴としては、
①災害時などにその状況を知るための手段
②被災者が親戚に無事を伝えたりする為の伝言板
このような役割を担っている。
• また、日本ではラジオの発達当時今のようにラジオの概念がしっか
りとしていなかったので、電話のような特性としてもとらえられていた
かもしれない。
• 何よりここで比べていきたいのは、アメリカでは発達当初アマチュア
無線家たちの「ネットワーク」という側面のほうが中心だった。
⇒今のように不特定の大衆に向けて放たれる電波メディアではなく、
個人などの特定された間でやりとりがされていた。
これは手紙がもつ概念と似てる。
固定電話との比較①
• 固定電話は、器械から器械へと声が伝わってい
く。相手の声が直接聞こえる電話は非常に親近
感のあるコミュニケーションツールである。まるで
相手がすぐそばにいるような感じもする。
• 手紙は書いたものが送り手から受け手に直接届
く。文字などによって相手の雰囲気は伝わるが、
受け手の感じ方が大きく関係してくる。
固定電話との比較②
• 共通点・・・お互いに特定された相手とのコミュニ
ケーションである。
⇒利用する場合、誰に伝えるかは決まっている。
• そして、固定電話にはFAXといった手紙に似て
いる伝達手段がある。
⇒
固定電話は、すでに挙げた印刷媒体や大衆向
けメディアよりも手紙に近いメディアである。
携帯電話との比較①
• 電話機能については、固定電話の特徴と
ほぼ同じである。
⇒それに加えて、携帯電話ではいつでもど
こでも利用でき、持ち運びもできる。
• 他の機能については最近さまざまな付加
価値があり、TVなども見れるようになった。
携帯電話との比較②
• メールも手紙も個人に届くように住所やアドレスがあり、
それを利用すれば相手にちゃんと届く。しかし個人情報
が悪用されてしまい業者などから悪質な手紙やメールが
届くことがある。最近では法律が整備されたり、防犯の
機能が充実して、それらを回避できるようになってきたが、
まだ見直しが必要である。
• 携帯電話のメールでは、手紙の機能である文字によって
相手に情報などを伝える他に、絵文字やデコレーション
によって、より個性的なものへと変えることができる。
しかしながら、手書きの文書の温かみも、それらに負け
ないよさがあるのも確かだ。
人は手作りなどに親近感や情を感じやすいもの
である。
インターネットとの比較
• インターネットにもメール機能がついている。
⇒個人間の特定されたコミュニケーションができ
る。
• 手紙は古くからある伝達手段であるのに対して、
インターネットはごく最近発達したメディアである。
⇒その歴史からすれば、手紙の方が伝達手段・
コミュニケーション機能として重要だと感じるが、
インターネットの可能性は、はかりしれないもの
がある。
• 伝えたい情報を一瞬にして、個人や大衆に発信
できるインターネットは手紙だけでなく、すべての
メディア機能をもった集大成といえるだろう。
現代における手紙の意味
(1)なぜ誕生したのか
• 人類は、他の生物とは異なる成長をしてきた。
脳が発達し意志をもつようになり、それを相手に
伝えるために言葉や文字が誕生した。それは、
やがて現在の手紙という形に進化していく。
• なぜ誕生したかといえば、人類が文明をもつよう
になり、他人に伝える事が必要となった為、ある
意味必然と絵や文字が開発され文章に発展し、
それを相手にきちんと伝え、同じことを共有する
ようになったからである。
現代における手紙の意味
(2)なぜなくならないのか①
• 社会的な角度からみてみると、現代のビジネス
界はIT化が進み、情報がデジタル化されてやり
取りされるケースが多い。しかしながら、重要な
文書や契約書といったものは現在でも紙媒体を
通しておこなわれているのがほとんどである。
これはつまり、手紙のもつ信頼性や保存能力と
いったものを活かして利用している例といえる。
情報が大量にあふれている現代において、手紙
の持つ信頼性というのは個人間のプライバシー
を保護する上でも重要な役割を持っている。
現代における手紙の意味
(2)なぜなくならないのか②
• 年賀状や季節の挨拶など、形式的な手紙のやり
とりにおいて、携帯電話やインターネットが普及
した現在、手紙を利用するよりも早く安く簡単に
相手にあいさつする方法があるのになぜ手紙を
利用するのか。
⇒そこにはもはや、便利さといった概念はなく、
日本人の特徴でもある伝統や形式を大切にしな
がら守り、伝えていくという文化が存在する。
• 相手のことを考えながら自分の思いを文字に
して相手に手紙を送る。この行為から生まれた
手紙はもはや芸術品といっても過言ではない。
手紙に求められているもの
①
• 近代に入ると、新たな情報伝達手段やコミュニ
ケーションツールが登場してくる。それらの中に
は、手紙と同じような機能を果たし、手紙よりも
便利なものもある。しかしながら手紙というツー
ルは消えることなく、現代においても様々な場面
で役立っている。そこには、手紙の持つ情報を
相手に伝える機能の他に、社会的な信頼性や
保存性、相手とのつながりを感じられる不思議
な力があるのだろう。
手紙に求められているもの
②
• その不思議な力とは手紙を相手から受け取る
ことによって、その間に生まれる情報の共有や
相手との心の距離を感じ、送り手に対し親近感
を抱くことだと考える。送り手が受け手に対して、
手紙を書くために費やした時間や、手間を感じ
取れるので、他のコミュニケーションツールとは
違った良さがある。
• 自分宛に送られてきた過去の手紙を読み返すと、
ふと昔の記憶を思い出したりするし、手紙のもつ
隠れた力はすごい。
これからの手紙
• 手紙という伝達ツールは、日本において他国にはない
人々の心への密着をしていると思う。
現代において情報を伝えるという面では劣等生である
手紙も、思いを伝えるという点では優等生である。
年賀状やラブレターをもらったら嬉しいし、それはモノと
して残るだけでなく、心にも残るのだ。
• これからも手紙は時代に合わせて存在意義を変化させ
ながら、人々の生活に関わってくるであろう。
これほど素晴らしい価値をもち優れている
情報伝達ツールは過去にも未来にもない
かもしれない。
ダウンロード

手紙とコミュニケーション