Wave Former Pro
アナログシグナル操作ガイド
1
InterLink
概要




WaveFormer Proのアナログ信号の表記に3種類の表現があります。
下図の三つ信号は同じ値を持つ波形です。
一番上は、同一値を持つ区間を直接にバス値形式で表現したものです。
下の二つは[Analog Display]チェックボックスにチェックが入っており、
グラフ形式の表現であり、それぞれPWL形式と階段形式の表現です。
 PWL形式と階段形式の表現は、 [Use Straight Edges] ボックスの
チェックの有無によって変更することができます。
* [Analog Display]ボックスはSignal properties ダイヤログの内にあります。
* [Use Straight Edges] ボックスはSignal properties ダイヤログ内の[Analog Props]ボタンを
クリックして開かれる、[Analog Properties] ダイヤログ内にあります。
2
InterLink
表示サイズの変更と最小/最大値の指定
振幅の表示サイズの拡大はSignal properties
ダイヤログ内のSize Ratioボックスで行います。
通常のサイズは1で、2なら二倍、3なら三倍と
大きくなります。
Size Ratio1
Size Ratio3
実際のmin,max 値はSignal properties
ダイヤログ内上部の[Analog Props]ボタンを
クリックして開かれる、[Analog Properties]
ダイヤログ内のLogic High Voltage: と
Logic Low Voltageに入力します。
3
InterLink
マウス操作による
アナログ信号の描画
まず新しいシグナルを加え、5つのvalid segments描きます。
Signal properties ダイヤログを開き、
[Radix:プルダウンボックス]からrealを選びます。
[Label Eqn ボックス]に 1.5,1,5,4.5,4.5,0 と入力し
[Label Eqn]ボタンをクリックすします。
Analog Displayチェックボックスにチェックをし、
Size Ratio:ボックスに3を入力します。
[OK]または[Apply]をクリックします。
下図はAnalog Displayチェックボックスが、チェックされる前と後の波形を表しています。
前
後
4
InterLink
ステップシグナルの描画
(アナログ→ステップ)
・ドラッグ&ドロップによる変更
エッジをクリックしてセグメントの始点または終点までドラッグします。
(下図ではセグメント終点のエッジから始点へドラッグしています。)
もうひとつのエッジも同じように折りたたみます。
ステップ(階段状)へ変更できました。
5
InterLink
ステップシグナルの描画2
(アナログ→ステップ)
・[Use Straight Edge]ボタンを使っての変更
Signal properties ダイヤログ内上部の[Analog Props]ボタンを
クリックして開かれる、[Analog Properties]ダイヤログ内の
[Use Straight Edge]ボタンをチェックすることよって波形を
PWL形式からステップ形式(階段状)に変更できます。
ステップ(階段状)へ変更できました。
6
InterLink
ランプシグナルの描写
新しい信号を追加してSignal properties ダイヤログを開きます。
Size Ratioボックスに3を入力します。(波形を見やすくするため)
Label Eqn ボックスに Ramp(0,5,150,40)と
入力しLabel Eqn ボタンクリックします。
この式は0ボルトからスタート、5ボルトランプアップ、
終点が150ns,40ポイント(セグメント)を意味します。
図1のような波形が生成されます。
図1
さらにLabel Eqn ボックスに、Ramp(5,0,150,40)入力しLabel Eqn ボタンクリックすると
図2のようなランプ波形になります。
図2
7
InterLink
サイン波形の生成
サインシグナルは三つの機能、SinStart,Sin,SinEndから生成され、
それぞれ振幅の増幅過程、安定、減少過程を意味しています。
新しい信号を追加しSignal properties ダイヤログを開きます。Label Eqn ボックスに
SinStart(5,20,100)と入力します。これは、このサイン波形が振幅が5回,20ns周期で
100nsでその周期まで達すること意味します。
Label Eqn ボタンをクリックしてサイン波形を生成します。
下図ような波形が生成されます。
次にLabel Eqn ボックスにSin(5,20,100)を入力し生成すると波形が持続されます。
さらにLabel Eqn ボックスにSinEnd(5,20,100)入力し生成すると波形が減少します。
8
InterLink
キャパシタ充放電波形描画
新しい信号を追加してSignal properties ダイヤログを開きます。
*Analog Property設定でLow-Hiは0-5v と仮定
1)充電波形:Label Eqn ボックスにCapCharge(5,10,50)と入力します。
これは充電電圧が5v,時定数20nsの現象を50nsプロットするということ意味しています。
Label Eqn ボタンをクリックして波形を生成します。尚、50nsは時定数の5倍なので、
充電電圧の99.3%に達する事になります。
下図のような波形が描かれます。
2) 定電圧波形:50ns-100ns間 Hi (=5v:Analog Propertyで設定)の描画をを加えます。
3)放電波形:次にLabel Eqn ボックスにCapDischarge(5,10,50)と入力し生成します。
これは充電電圧が5v、時定数10nsの放電現象を50nsプロットするという意味です。
下図のような赤線部分の波形が足されて描かれます。
9
InterLink
アナログデータのインポート
 SPICEシミュレータ(HSpice, PSpice,…)、Mathematica、MATLABなどから
CSDF(Common Simulation Data Format)形式のアナログ・データ

アジレント社のオシロスコープ「Agilent Infiniiumシリーズ」の
データ・ファイル
10
InterLink
Agilent Infiniium オシロスコープ
観測データのインポート
・アジレント社の「Agilent Infiniiumオシロスコープ」の
データファイルのインポート例
Type:
raw
Points:
251
Count:
1
XInc:
2.000000000E-09
XOrg:
-2.44650847425E-07
XRef:
0
YData range: 8.53876E+00
YData center: 2.43000E+00
Coupling: DC
XRange:
5.00000E-07
XOffset:
-2.45011000000E-07
YRange:
8.00000E+00
YOffset:
2.43000E+00
Date:
22 JUN 2000
Time:
15:21:24:21
Frame:
54845A:US38450404
Acq mode: real time
~~~~~~~~~~~~~~~
生成されたアナログ波形
11
InterLink
Spiceデータのインポート
・Spice データのインポート例
メニュ[Import/Export]>[ImportTimingDiagramFrom]でダイアログを開きます。
[ファイルの種類]プルダウンメニューからファイルの種類Spice-(*.csd,*.tr0)を選び、
任意のCSDFファイルを選択しタイミングダイアグラム上に開きます。
SOURCE='HSPICE' VERSION='97.2 '
TITLE='$ autoselect mini mode'
SERIALNO='97.2 '
TIME='15:38:24' DATE='102/04/3'
ANALYSIS='TR' TEMPERATURE=' 2.50000E+01' SWEEPVAR='TIME'
SWEEPMODE='VAR_STEP' COMPLEXVALUES='NO' FORMAT='1 VOLTSorAMPS;EFLOAT'
XBEGIN=' .00000E+00' XEND=' 1.00000E-06'
NODES=' 8'
#N 'V(frosc)' 'V(posc)' 'V(vcc)' 'V(vss)' 'I(vcc)' 'I(vss)'
'I(vfrosc)' 'I(vposc)'
#C 0.
8 0.
0.
0.
0.
0.
0.
0.
0.
#C 2.5000000e-10 8 0.45000 0.45000 4.5000e-03 0.
取り込まれたされたアナログ波形
-4.5000e-09 0.
-4.5000e-07 -4.5000e-07
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
#C 1.0000000e-06 8 0.
0.
1.80000 0.
-1.8000e-06 0.
0.
0.
#;
12
InterLink
SPICEコードへのエクスポート
メニュー[Import/Export]>[Export Timing DiagramAs…]選び、
開いたダイアログの[ファイルの種類]プルダウンメニューからエクスポートする
ファイルフォーマット(Hspice source (*.Cir),Pspice source(*.fst) など)を選び
保存します。
信号波形はPWL(Piece Wise Linear)形式を用いてモデル化され、クロック信号は
PULSEステートメントを用いてモデル化されます。どのようなSpiceでも利用可能です。
*Spice signals generated by WaveFormer 32
*Spice signals generated by The Timing Diagrammer
VSIG0 $SIG0 0 PWL(
+ 0ps 2.5V
+ 0ps 5V
+ 50000ps 5V
+ 50100ps 0V
+ 90000ps 0V
+ 90100ps 5V
+ 180000ps 5V
+ 180100ps 0V
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
13
InterLink
SpiceアナログPWLの生成
WaveFormer Proは、タイミング・ダイヤグラムをアナログSPICEコードへエクスポートする
機能を持ちます。これはWaveperlスクリプトにより実現しています。信号波形はPWL
(PieceWise Linear)を用いてモデル化されます。クロック信号はPULSEステートメントを用いて
モデル化されます。
・Spiceアナログコードの生成例
上記波形をアナログSPICEテストベンチとしてエクスポート
+ 50100ps 0V
*Spice signals generated by WaveFormer 32
*Spice signals generated by The Timing Diagrammer
+ 90000ps 0V
VSIG0 $SIG0 0 PWL(
+ 90100ps 5V
+ 0ps 2.5V
+ 180000ps 5V
+ 0ps 5V
+ 180100ps 0V
+ 50000ps 5V
+ 240000ps 0V
~~~~~~~~~~~~~~~
14
InterLink
Spiceデジタル・データの生成
WaveFormerは タイミング・ダイヤグラムをデジタルSPICEコードへエクスポートする
機能を持ちます。アナログ信号と異なり値は0-1です。
・Spiceデジタルコードの生成例
上記波形をデジタルSPICEテストベンチとしてエクスポート
USIG0 STIM(1,1) $G_DPWR $G_DGND SIG0 IO_STM
USIG1 STIM(1,1) $G_DPWR $G_DGND SIG1 IO_STM
+ 0ps
+ 0ps
1
1
+ 50000ps
0
+ 30000ps
0
+ 90000ps
1
+ 53000ps
1
+ 180000ps
0
+ 107000ps
0
+ 240000ps
1
+ 137000ps
1
~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~
15
InterLink
InterLink
有限会社 インターリンク
231-0023 横浜市中区山下町 252 グランベル横浜9F
TEL:045-663-5940 FAX:045-663-5945
[email protected] http://www.ilink.co.jp
*本資料の無断複製・転載を禁じます。
16
InterLink
ダウンロード

InterLink