Ⅱ 詳細版
6.都市アイデンティティ訴求の方向性 <ご提案>
(1)結果総括 都市アイデンティティ素案

素案1・素案2が高評価で、独自性および共感度は1・2位。意向(来訪、居住等)も上位。特に素案1は、市
政モニター結果で8割近い支持を得る。(◎)

素案3・素案6が中間の評価。独自性および共感度は3・4位。意向(来訪、居住等)も中位にとどまる。(○)

転入視点では素案7が高評価。市外からの居住意向で1位、来訪意向で3位を獲得。特に30代にササる。(△)
素案内容
5指標結果
(全体)
(基本属性別)
意向を高める
ポテンシャル
評価
◎
◎
素案
1
古いものと新しいもの、都
会と田舎、様々な融合が
魅力を生む街
居住意向以外、1・2位に位
女性や60代以上、市内から支
置する。市政モニターの共感度
持される。
は1位で、8割近い支持を得る。
来訪(特に県外)や居住の
意向を高める可能性あり。継
続居住意向は女性が高い。
素案
2
海と緑に囲まれながら、
本格的な文化・芸術・ス
ポーツを楽しめる街
全5指標で1、2位に位置。
女性や10~30代、市内から支
WEBモニターの独自性、共感度、 持される。特に独自性、共感度
継続居住意向で1位。
では、市内から8割超の支持。
来訪(特に30代)や居住の
意向を高める可能性あり。
素案
3
どこにも人を和ます空間
がある、市全体がひとつ
の大きな公園と言える街
WEBモニターの独自性、共感度、 女性や60代以上、市内から支
継続居住意向で6~7割の支
持される。また、子育て経験者
持を得るものの中間位にとどまる。 の継続居住意向が高い傾向。
居住の意向を高める可能性あ
り。継続居住意向は女性が高
い。
○
素案
4
飾らない、素朴な住民の
多い穏やかな街
市政モニターでは約6割(3
位)の共感度を得るが、WEB
モニターは全指標最下位。
女性、60代以上、市内から支
持される。市外からの居住意向
は10・20代が高い傾向。
居住意向を高める可能性はあ
るが、来訪意向は下がる可能
性がある。
×
素案
5
人が住み続けて一万年
の街
継続居住意向で6割を獲得し
ているが、他指標で下位に位置。
女性、市内から支持される傾向。 30代を除き、来訪意向は下
がる可能性がある。継続居住
意向は女性が高い。
素案
6
いろいろなライフスタイル
が生まれる街、マルチライ
フスタイル都市
WEBモニターの独自性、共感度、 女性、10~30代、市内から支
継続居住意向で6~7割の支 持される傾向。
持を得るものの中間位にとどまる。
素案
7
あなたをあなたらしく変える
街、自分らしい生き方が
見つかる街
独自性、共感度は下位に位置す 女性、市内から支持される傾向。 居住意向を高める可能性が
1位で、特に女性や県外。
るが、市外からの居住意向が1位。 居住意向では、10~30代から
支持を得る。
来訪(特に30代)や居住の
意向を高める可能性あり。
×
○
△
107
Ⅱ 詳細版
6.都市アイデンティティ訴求の方向性 <ご提案>
(1)結果総括 千葉市の素材




「幕張メッセ」が代表格。5指標すべてで1位で、知名度も高いことから、代表格に位置づく。
独自性は「千葉モノレール」「ビーチ」「大賀ハス」「加曽利貝塚」。モノレールとビーチ等が独自性ありと認められる。
一方で、好意度や来訪意向等の評価は下がる。
「千葉市動物公園」が全般的に評価が高い。独自性は6位だが、他指標では2~3位と高い。多くの層で受け入
れやすい素材と言える。
市内は「ショッピング」、市外は「観光農園」等。市内からは日常の暮らしに欠かせないショッピングが高評価。市外
からは観光農園が高評価。
素材
5指標結果
(全体)
来訪意向(市外)を
高めるポテンシャル
(基本属性別)
素材1
千葉氏
5指標すべて10位以下。知名度が課題。
60代以上、市内からは支持。
男性60代以上。
素材2
加曽利貝塚
独自性は5位。他の指標は中位以下。
女性、60代以上、市内から高く支持。
30代。
素材3
蘇我副都心
5指標すべて10位以下。
特に、10・20代から支持。
30代。
素材4
幕張メッセ
知名度があり、5指標で1位。
女性、市内から高く支持。
トップであり、特に県外。
素材5
千葉市美術館
5指標すべて10位以下。
女性、60代以上、市内から支持。
女性30代。
素材6
プロスポーツ
継続居住4位。他指標は中位以下。
10~30代、市内から支持。
男性、30代、県内。
素材7
千葉市動物公園 独自性は6位だが、4指標で2・3位。
女性、10~30代、市内・県内から支持。
女性30代。
素材8
千葉モノレール
独自性2位・好意度6位。
女性、10・20代、市内・県内から支持。
10~30代。
素材9
大賀ハス
独自性4位・好意度5位
女性、60代以上、子育て経験者、市内から支持。
女性、60代以上、県外。
素材10
昭和の森公園
独自性中位。好意度、来訪は高位。
女性、子育て経験者、市内から支持。
県外。
素材11
ビーチ
独自性が3位、来訪(市外)は4位。
女性、子育て経験者、市内から支持。
県外。
素材12
アウトドア
5指標がすべて中位。
女性、10・20代、市内から支持。
10~30代。
素材13
サイクリング
5指標すべて10位以下。
女性、市内から支持。
ー
素材14
ショッピング
独自性下位。来訪(市内)・継続居住2位。
女性、10・20代から支持。
10~30代。
素材15
観光農園
独自性中位、好意度3位、来訪(市外)2位。
女性、市内からの支持。
30代、子育て経験なし、県外。
Ⅱ 詳細版
6.都市アイデンティティ訴求の方向性 <ご提案>
(1)結果総括 都市アイデンティティ素案と千葉市素材の組み合わせ
評価の高い都市アイデンティティの素案1および素案2について、組み合わせの相性の良い千葉市素材を整理した。


素案1は、独自性として『歴史・まちの蓄積』と『土地らしさ』、共感度・好意度として『都市・施設』と『土地らし
さ』が印象づいている。なお、独自性は客観的に市全体を捉えており、一方、共感度・好意度は主観的に生活
に近づけて捉えられている様子が伺える。
相性の良い千葉市の素材としては、加曽利貝塚、大賀ハス、千葉氏等の歴史的素材と、千葉モノレール等の
都市的素材のイメージが近く、素案1が意図する新旧のイメージを獲得できている。なお、蘇我副都心とのイ
メージも近いが、この素材は歴史的、都市的、両方のイメージを持ちあわせている。
素案2は、独自性として『都市・施設』、共感度・好意度として『ライフスタイル』が印象づいており、ここでも独
自性≒客観、共感度・好意度≒主観の捉え方が表れている。
相性の良い千葉市素材は、幕張メッセやプロスポーツ等のイメージが近い。
素案
独自性
(素案の位置づけ)
(相性のよい素材)
共感度・好意度
(素案の位置づけ)
(相性のよい素材)
素案
1
古いものと新しい
『歴史・まちの蓄積』
もの、都会と田舎、
『土地らしさ』
様々な融合が魅
のイメージ
力を生む街
・加曽利貝塚 *
・大賀ハス *
・千葉氏
・蘇我副都心 等
『都市・施設』
『土地らしさ』
のイメージ
・加曽利貝塚 *
・大賀ハス *
・千葉氏
・蘇我副都心
・千葉モノレール * 等
素案
2
海と緑に囲まれな
がら、本格的な文
化・芸術・スポー
ツを楽しめる街
・幕張メッセ *
・プロスポーツ * 等
『ライフスタイル』
のイメージ
・プロスポーツ *
・幕張メッセ 等
『都市・施設』
のイメージ
*印は特に関係が強い素材
109
Ⅱ 詳細版
6.都市アイデンティティ訴求の方向性 <ご提案>
(2)訴求の方向性のご提案
<都市アイデンティティ素案の候補案>
 素案4・素案5をのぞく素案1・素案2・素案3・素案6・素案7が今後の候補として位置づけられる。
 特に、素案1および素案2の評価が高い。
<素案と素材の組み合わせによる訴求>
 素案1は、主に千葉市の『土地らしさ』をイメージでき、独自性として『歴史・まちの蓄積』、共感度・好意度として
『都市・施設』のイメージが印象づく。新旧のイメージを獲得できる素案といえる。代表的な千葉市素材との相性
も良く、歴史的素材として加曽利貝塚や大賀ハス、都市的素材として千葉モノレールとの関係が強い。また、知
名度はこれからであるものの、千葉氏や蘇我副都心との関係も強く、これらを活かしてのPRが効果を発揮する可
能性がある。
 素案2は、独自性として『都市・施設』、共感度・好意度として『ライフスタイル』のイメージが印象づき、生活や暮ら
しをイメージしやすい素案として捉えられているといえる。こちらも代表的な千葉市素材との相性が良く、代表格で
ある幕張メッセや、プロスポーツ等との関係が強く、これら都市の暮らしのイメージを活かしたPRが効果を発揮す
る可能性がある。
 また、いずれの素案でも居住促進を目指す場合は、居住意向での評価の高い素案7を参考に、ライフスタイルの
楽しみ・遊びのイメージを盛り込むことが効果的と考えられる。
 さらに、公園や街路樹の緑・自然のグリーン(淡い~中間程度)や稲毛、幕張の海や空のブルー(淡い)が市
のイメージと合致していることから(FGI結果)、それらイメージカラーとの組み合わせも検討していく必要がある。
<特徴的素材の活用>
 千葉氏は、歴史的素材として特に高年齢者層への訴求が効果的。ただし知名度に課題があり、歴史的な出来
事やゆかりの地を中心とした周知が必要と考えられる。
 加曽利貝塚は、歴史的素材としてとして、特に女性や高年齢者層、市内から評価される。ただし、比較的、好
意度が低いことが課題。PRとして、展示施設を中心とした学習の場の魅力や活用方法の発信や、オリジナル
キャラクターを活用した興味・関心の間口を広める取り組みが必要が考えられる。
 蘇我副都心は、歴史および都市の両面のイメージで捉えられている。素材1の新旧のイメージへの活用が考えら
110
れるが、一方でイメージがばらつく可能性も想定される。イメージの焦点を明確にして訴求することが求められる。
ダウンロード

6.都市アイデンティティ訴求の方向性 <ご提案> (1)