内航船における自動操舵装置の適正使用へ向けて
 自動操舵装置は、適正に使用されれば船員の負担が軽減され、より安
全な航海当直を行うことができ、船舶の安全性の向上につながります。
 しかし近年では、明石海峡の多重衝突事故を始めとして、自動操舵装
置の適正な使用がなされずに事故に至った事例が複数発生しています。
 操船者の皆様は、このガイドラインを踏まえて自動操舵装置の適正使
用を図り、同種事故の再発防止と航海の安全性向上に努めてください。
自動操舵装置について
 自動操舵装置は、オートパイロットとも呼ばれ、船の進む
方位だけを制御します。航空機のオートパイロットのように、
地図上の指定したポイントを通過するように制御するもの
ではありません。
 したがって、右の図のように風や潮流の影響で、想定して
いた航路から外れる可能性があります。
○トラックコントロールシステム(TCS)
• 自動操舵装置には、上の図のように船の船首方位だけを制御するものの他、船の航路を制御す
るものもあります。これは、船の船首方位を制御する装置に加えて、電子海図表示装置などを用
いて船の航路を指示することで、予め指定された航路を航行するシステムです。
• このシステムでは、潮流などで流されている場合でも航路を維持できますが、その他の特性は変
わらないので、本ガイドラインに記載した留意事項に十分留意することが必要です。
手動操舵から自動操舵への切換える際の確認事項
 敏速な操船操作が必要となる他の船舶と危険な見合い関係が存在して
いないこと。
 周囲に座礁する恐れのある障害物や浅瀬などがないこと。
 霧などの影響で周囲の視界が制限されていないこと。
自動操舵装置を使用するに当たっての留意事項
 自動操舵装置で航行している際に手動で舵を取っても手動優先にはな
りません。このため、手動操舵・自動操舵の切換えの際にはスイッチを
操作する必要があるため、手動・自動の切換えスイッチの場所を予め確
認しておくこと。
 自動操舵へ切換えた際には、針路が安定するまでに時間が掛かる可能
性があるため、針路が安定したことを操船者が確認すること。
自動操舵装置の特性を踏まえた留意事項
 自動操舵装置で変針する場合に
(m)
30度
45度
60度
は、オーバーシュート角※があるこ
オ
ー
バ
ー
シ
ュ
ー
ト
75度
とに留意し、変針方向の海域に余
90度
裕を持った針路設定を行うこと。
進
行
方
向
※オーバーシュート角とは、目標とする針路を超
えて回頭する角度を言います。
(m)
 舵角リミッタは設定針路をできるだ
け正確に維持する必要がある場合
や潮流等の影響を強く受ける場合
には大きく設定すること。
 自動操舵装置の設定が不適切で
ある場合には、調整を行うこと。
(調整方法が分からない場合には、メー
30度変針(499満載-自動)
800
(m)
微分ゲインを大きくした場合:目標
600
針路に向くまで時間が掛かる
調整が適切な場合
400
カーに問い合わせること。)
微分ゲインを小さくした場合:蛇行する
200
0
0
200
400
600
(m) 800
ダウンロード

内航船における自動操舵装置の適正使用へ向けて(船内掲示用)