Kimitsu city
報道発表資料
教 育 部
千葉県指定無形民俗文化財『大戸見の神楽』
おおと み
かぐら
大戸見の神楽は、稲荷神社の祭礼時に、神社拝殿脇にある神楽殿で演じられる
二人立ちの獅子舞で、江戸時代の天保7年(1836年)に灌漑用水が完成し、
地区の人々が喜び、五穀豊穣を祈願して奉納したのが始まりとされています。
大戸見の神楽は、人が成長していく過程を表現しており、演目は、「前かがり」、
「おんべの舞」
、
「鈴の舞」
、
「くるい」
「おくり」から構成され、なかでも「くるい」
は、若者が恋人に恋焦がれる様子を荒々しく豪快な動きで表現し、神楽も囃子も激
しく情熱的な、最高の見せ場となっています。
この神楽は、昭和36年6月9日に千葉県の無形民俗文化財に指定されています。
【期
日】
【場
所】
【行事予定】
【主
催】
【交通案内】
8月1日(土)
稲荷神社(君津市大戸見 3328)
午前9時:入れ込み
午前9時30分:式典・巫女舞・子ども
午前11時:神楽奉納・巫女舞
大戸見の神楽保存会
JR 久留里線上総松丘駅下車徒歩 20 分
【本件に関する問合せ先】
君津市教育部文化振興課 担当:野津山
電話:0439-56-1422 FAX:0439-56-1697
Kimitsu city
ダウンロード

千葉県指定無形民俗文化財 「大戸見の神楽」