か
ら
始
ま
る
随
筆
を
書
こ
う
。
「
冬
は
」
「
秋
は
」
「
夏
は
」
「
春
は
」
「
枕
草
子
」
を
お
手
本
に
、
随
筆
を
書
こ
う
し
ょ文
う章
。の
特
徴
を
つ
か
み
、
活
用
し
て
み
ま
節
でみ
すな
。さ
ん
と
学
習
し
た
「
枕
草
子
」
の
一
雨
な
ど
降
る
も
を
か
し
。
ほ
の
か
に
う
ち
光
り
て
行
く
も
を
か
し
。
ま
た
、
た
だ
一
つ
二
つ
な
ど
、
や
み
も
な
ほ
、
蛍
の
多
く
飛
び
ち
が
ひ
た
る
。
月
の
こ
ろ
は
さ
ら
な
り
、
夏
は
夜
。
紫
だ
ち
た
る
雲
の
ほ
そ
く
た
な
び
き
た
る
。
す
こ
し
あ
か
り
て
、
や
う
や
う
白
く
な
り
ゆ
く
山
ぎ
は
、
春
は
あ
け
ぼ
の
。
雨
な
ど
降
る
も
を
か
し
。
短
い
文
で
リ
ズ
ム
よ
く
進
め
よ
う
。
月
の
こ
ろ
は
さ
ら
な
り
、
や
み
も
な
ほ
、
二
つ
の
こ
と
を
“
ひ
と
い
き
”
で
書
こ
う
。
~
ほ
そ
く
た
な
び
き
た
る
。
現
在
形
で
文
を
終
わ
ろ
う
。
春
は
あ
け
ぼ
の
。
体
言
止
め
を
使
っ
て
言
い
き
ろ
う
。
枕
草
子
の
文
章
を
ま
ね
て
み
よ
う
①
白せふ
きてさ
灰みわ
がよし
ちうく
に。な
な い
り も
て の
わ を
ろ 挙
し げ
。 て
対
比
さ
炭み(
もよ季
てう節
渡。)
る に
も 合
い う
と と
つ い
き う
づ 書
き き
し 方
。 を
し
て
いよ「
とう~
小。が
さ よ
く い
見 。
ゆ 」
る と
は い
う
い 形
と を
を 使
か っ
し て
。 み
枕
草
子
の
文
章
を
ま
ね
て
み
よ
う
②
●
対「
比ふ
ささ
せわ
てし
みく
よな
うい
。」
も
の
を
挙
げ
て
●
を「
使(
っ季
て節
み)
よに
う合
。う
」
と
い
う
書
き
方
●
み「
よ~
うが
。よ
い
。
」
と
い
う
形
を
使
っ
て
●
●●●
短 う二 現 体
い 。つ 在 言
文
の形止
で
こでめ
リ
と文を
ズ
をを使
ム
“終っ
よ
ひわて
く
とろ言
進
いうい
め
き。き
よ
”
ろ
う
で
う
。
書
。
こ
枕
草
子
の
文
章
を
ま
ね
て
み
よ
う
(
ま
と
め
)
( 食 ( 植 ( 土 ( 自 ( 乗
( 心 ( 五
秋 べ 紫 物 松 地 山 然 車 り い楽
見 感
刀 物 陽
山
・ 物 )し
る
・
魚
花
・
船
い
・
海
・
・
京
・
・
聞
・
み
向
都
飛
寂
く
川
か
日
・
行
し
・
・
ん
葵
東
機
い
食
森
・
・
京
・
・
す
・
西
桜
・
自
美
・
空
瓜
・
北
転
し
触
)
・
椿
海
車
い
る
・
・
道
・
・
・
・
・
・
電
優
に
・
・
沖
車
し
お
)
・
縄
)
い
う
な
)
)
・
)
ど
悲
し
季
節
に
合
わ
せ
る
テ
ー
マ
(
例
)
よ
り
よ
く
伝
え
る
)
(
に
お
い
や
香
り
を
か
ぐ
こ
と
で
季
節
感
を
「
冬
は
か
ぐ
べ
し
」
(
食
す
こ
と
で
季
節
感
を
よ
り
よ
く
伝
え
る
)
「
秋
は
食
す
べ
し
」
(
聞
く
こ
と
で
季
節
感
を
よ
り
よ
く
伝
え
る
)
「
夏
は
聞
く
べ
し
」
(
見
る
こ
と
で
季
節
感
を
よ
り
よ
く
伝
え
る
)
「
春
は
見
る
べ
し
」
次
の
よ
う
な
構
成
が
考
え
ら
れ
ま
す
。
例
え
ば
、
「
五
感
」
を
用
い
る
場
合
は
、
ま
ず
、
何
を
テ
ー
マ
に
す
る
か
決
め
ま
す
。
文
章
の
例
を
示
し
ま
す
。
桜
の
美
し
さ
は
日
本
の
象
徴
。
体
言
止
め
を
使
っ
て
言
い
き
ろ
う
。
春
は
な
ん
と
言
っ
て
も
花
が
よ
い
。
て「
み~
よが
うよ
。い
。
」
と
い
う
形
を
使
っ
「
春
は
」
「
見
る
べ
し
」
例
自
分次
のに
随、
筆枕
を草
書子
いの
て文
い章
きを
まま
すね
。て
、
夏
に
は
夏
の
音
が
合
う
。
方「
を(
使季
っ節
て)
みに
よ合
うう
。」
と
い
う
書
き
夏
は
蝉
の
声
か
ら
始
ま
る
。
現
在
形
で
文
を
終
わ
ろ
う
。
「例
夏
は
」
「
聞
く
べ
し
」
と
く
に
秋
刀
魚
は
秋
の
味
だ
。
な
に
も
か
も
が
美
味
し
い
。
秋
は
実
り
の
季
節
だ
。
短
い
文
で
リ
ズ
ム
よ
く
進
め
よ
う
。
「
秋
は
」
「
食
す
べ
し
」
。
例
し
く
な
い
に
お
い
が
す
る
。
か
く
の
は
よ
く
な
い
。
冬
に
は
似
つ
か
わ
し
か
し
、
部
屋
を
暖
め
す
ぎ
、
汗
ま
で
比
さ
せ
て
み
よ
う
。
「
ふ
さ
わ
し
く
な
い
」
も
の
を
挙
げ
て
対
に
お
い
は
ほ
ん
と
う
に
良
い
も
の
だ
。
朝
、
ス
ト
ー
ブ
を
つ
け
る
と
き
の
炎
の
「
冬
は
」
「
か
ぐ
べ
し
」
例
ま
しで
ょは
う、
。み
な
さ
ん
も
挑
戦
し
て
み
「
春
は
」
「
夏
は
」
「
秋
は
」
「
冬
は
」
ダウンロード

随筆を書こう【スライド】(ppt 1.1MB)