【被災地からの報告】
3・11後の自立へのススメ
株式会社デジタルニューディール研究所 代表取締役
金沢工業大学 客員教授
出口俊一
1975年3月:獨協大学経済学部卒、産経新聞社編集局入
社、編集局社会部、警視庁、都庁キャップを歴任。
「世界の建築家・丹下健三」でパリ、ニューヨークな
ど海外歴訪取材。日本工業新聞出向:編集局地球環境
室次長、電子メディア部長就任。
02年4月:経済産業研究所出向、大学発ベンチャー支援
サイトを開設。02年10月から毎週DNDメルマガを配信。
現在配信数全国に1万2千人規模、我が国最大の大学発
ベンチャー起業支援サイトの編集長。
出発・新幹線大宮ホーム
盛岡市内 盛岡→宮古→釜石
釜石→三陸高田→気仙沼
気仙沼→石巻
石巻市内・上盆の里
石巻→女川町→仙台市
仙台市→名取市→仙台
釜石港 8000tの中国船
気仙沼港-巨大タンカー座礁
サンマ漁船6隻陸に
気仙沼の足利さん、自宅前で
壊滅した女川町の高台から
石巻市内の寺の墓地
名取市の閖上に漁船
山田町駅前
三日三晩焼き尽くす
大槌町・無残
名取のカーネーション栽培
青ざめる編集長
現地報告1
• 釜石市の佐々木雪雄さん夫妻の家族力
◇3・11震災から一週間の物語
◇兄が妹とやってきて「お水ください」と。
◇被災者が被災者を助ける慈悲の行
笑顔の佐々木夫妻
両石町で壊された堤防
鵜住居地区
防災センターの悲劇
釜石市の野田市長と面談
現地報告2
• 仙台市宮城野区の鈴木英俊さんの奮闘
◇塩害、ヘドロに立ち向かうコメ作り名人
の型破り
◇周辺の批判を覚悟で、ポンプを整備し田
植えを敢行
◇地域の農家へアドバイスに奮闘
鈴木英俊さんと編集長
田んぼはガレキに埋まった状態
ヘドロと塩害でヒビ割れ
水の確保、独自で井戸を掘る
その2ヶ月後
7月9日再訪
総括
• 一身独立して一国独立す‐の教訓
• 3.11後の人生観をどう変えるか、自分で判
断し、他人のせいにしない。
三陸高田の1本松
越喜来の1本のポプラ
帰り 新幹線の車中
ダウンロード

名取市の閖上に漁船