今後の名古屋港
名古屋市立大学経済学部
川端ゼミ
2014年度中部経済学インターゼミ
2014年12月6日
富山大学
1
研究の背景と目的
国際経済を学んできた中で、地元名古屋で
世界各国と関わっている名古屋港について
研究することにした。
日本一の規模を誇る名古屋港、その設備や
システム、また独自の特徴がないか調べ、
現状とその問題点を明らかにすることで、
改めて『名古屋港』の実力、未来を再認識
する。
2
目次
Ⅰ 名古屋港の現状
 規模・設備から見る名古屋港
 データから見る名古屋港
 工業港としての魅力
Ⅱ 問題点とその解決
 No.1だからこその…
 問題解決
Ⅲ 考察
3
Ⅰ名古屋港の現状
4
1.規模・設備から見る名古屋
港
・広さ
陸域 4215万㎡ 、水域
→日本最大規模
8185万㎡
・設備
金城ふ頭、飛島ふ頭など19のふ頭
13バース28基のガントリークレーン
IT自動化コンテナターミナル
5
4基の火力発電所
6
2.データから見る名古屋港
五大港比較(貿易額)
億円
約13.5兆円
貿易額(2011年)
7
名古屋港は全港湾の貿易黒字の約6割を担う
5大港の場所
東京港
横浜港
名古屋港
神戸港
大阪港
8
工場立地
工場立地件数(上位3都道府県)
2007
2008
2009
2010
2011
1位
静岡(124)
静岡(144)
兵庫(54)
群馬(50)
兵庫(56)
2位
愛知(98)
兵庫(102)
茨城(50)
愛知(47)
愛知(43)
3位
群馬(98)
愛知(98)
愛知(47)
兵庫(44)
静岡(37)
〔〕は工場立地件数
9
(2011年)
10
経済波及効果(名古屋港の)
 合計約37兆円
 →内、愛知県内約31兆円

愛知県外約6兆円
 愛知県生産額約79兆円の
40%に相当
 県税
1830億円(県税の約33%)
11
雇用創出効果(名古屋港の)
 合計146万人
 愛知県内 約111万人
 愛知県外 約35万人
(愛知県の人口
→約740万人)
12
名古屋港の日本一
 総取扱貨物量
1億8600万トン 〔2位:横浜港1億2,100万ト
〔2002年から10
年連続〕
〔2位:横浜港8,080万トン〕
 外貿取り扱い貨物量 1億2950万トン
〔2000年か 〔2位:東京港4,467万トン〕
ら12年連続〕
 外貿コンテナ貨物量
4614万トン 〔2位:東京港12兆8,500億
〔2011 〔2位:横浜港3兆2,400億円
年より〕
 貿易額(港湾)
13兆4500
〔2位:横浜港71万台〕
億円
〔2010年
から2年連続〕
13
 貿易黒字額
4兆6800万
平成25年 名古屋港貿易概況
 H.22年以来4年連続日本一
 全国では過去最大の貿易赤字
 一方でH.10年以来16年連続の貿易黒字額日本一を記
録
14
港湾別貿易額ランキング
(2012)
(単位:億円)
順位
港湾名
総貿易額
輸出額
輸入額
1位
名古屋
143,151
96,764
46,387
2位
京浜 東京
131,462
46,877
84,585
3位
京浜 横浜
104,444
67,784
36,659
4位
阪神 神戸
76,334
50,098
26,236
5位
阪神 大阪
69,200
27,468
41,732
出典:財務省「貿易統計(2012)」より国土交通省港湾局計画課作成
15
順位
港湾取扱貨物量ランキング
(2012)
港湾名
総貨物量
輸出
輸入
1位
名古屋
20,256
5,483
8,467
2位
千葉
15,204
821
8,187
3位
横浜
12,139
3,313
4,478
4位
苫小牧
9,941
87
1,609
5位
北九州
9,884
695
2,567
16
3.工業港としての魅力
17
2.工業港としての魅力




シーアンドエアー
自動車の輸出入
世界の21の国や地域、93の港と結ばれている
日本初の自動化ターミナル
 名古屋港は日本の全港湾の貿易黒字の約6割を担
う
 輸入から加工、生産、輸出まで一括しておこなう
18
シーアンドエアー
 航空輸送と海上輸送の連携による輸送形態
19
シーアンドエアー
20
ど真ん中のメリット
 シーアンドエアー
 港内を走る高規格幹線道路
→陸・海・空の最適輸送選択が可能となった。
→コスト・時間削減
“名古屋港だけの優位性”
21
自動車の輸出
名古屋港の取扱貨物 輸出品(平成24年)
22
Ⅲ抱える問題とその解決
23
②コンテナ
①定期航路の
維持・拡大
ターミナル機
能の拡充
③陸上輸送
④港湾物流シ
ステムの高度
化
ネットワーク
機能の確保
⑤集中管理ゲー
ト運用に伴う問
題への対応
24
①地域産業を支えるインフラとしての役割
②ソフト・ハード両面からの施策展開
③既存ストックの有効活用
④ボトルネックの移動
⑤災害時における対応
25
日経2014.10.12
「エネ・穀物輸入10港に集中」
・政府主導の大型港湾集中整備
・輸入コスト4割削減を目標
・世界的に大型化する
貨物船に対応した拠点港に
・税制優遇や財政投融資
による低利融資可能に
26
解決策
 時間通りに仕事が出来なくなるので、ジャ
ストタイム方式ではなくリードタイムで仕
事をこなし、またIT自動化ターミナルを整
備
 アジアの成長を取り込み、日本の経済と産
業の成長を牽引する『国際産業ハブ港』を
目指す→国際競争力強化
 防潮堤、防潮水門、耐震強化岸壁(災害対
策)
27
解決策(続き)
 港湾計画の変更
自動車物流の効率化のため
→完成車の保管能力UP!
金城ふ頭を埋め立てて用地確保
(日本経済新聞10月7
日)
28
考察
現在でもかなりの実力を誇っているが、国際
強争力強化などの対策をしているので
名古屋港の未来は明るく
世界を獲る日はそう遠くないと感じる。
つまりは、こういうことだ…
29
最強の
港
30
ダウンロード

今後の名古屋港 - 中部経済学学生コンソーシアム