近世文学
•
•
•
•
鎖
国
政
策
士
農
工
商
の
身
分
制
度
幕
藩
体
制
の
安
定
期
一
六
〇
三
年
ー
一
八
六
七
年
歴
史
的
背
景
ー
太
平
の
世
•
てみ 経 町
いな 済 人
くが 力 た
積ら を ち
極自 身 の
的ら に 文
なの つ 学
生文 け ー
き化 、 商
生
方を 業
活
。形 に
を
成楽よ
ししっ
て





庶
民
的
・
娯
楽
的
版 大教 経 盛く 中
木
育 済 ん民 世
印
の 力 に心 の
普 を なが 戦
刷
及 つ っ安 乱
の け た定 期
よ た 。し を
る 町
、脱
文し
読 人
学て
者
・よ
層
芸
の
能う
増
がや
ー近
町世
人文
の学
文概
学説
的町
な人
官の
能旺
の盛
世な
界経
済
活
動
や
享
楽
井
原
西
鶴
浮
世
草
子
ー
•
•

•



算代
用表
』作
:
『
好
色
一
代
男
』
『
世
間
胸
娯読 公
楽み 卿
な物 ・
僧
どで
侶
、
を
民
狙 な
衆
い ど
との が
し啓 仮
て蒙 名
で
い・
た教 書
。訓 い
・た
仮
名
草
子
ー
上
方
文
学
期
(
元
禄
文
学
期
)
上
期方
ー文
十学
八期
世(
十
紀
七
初
世
期
紀
)
初




•

服
部
土
芳
『
三
冊
子
』
俳
論
:
向
井
去
来
『
去
来
抄
』
部代
集表
『
冬作
の:
紀
日行
』
文
『
猿『
蓑奥
』の
細
道
』
俳
諧
七
豊松
か尾
な芭
も蕉
の(
と蕉
し門
て派
完)
:
成俳
さ諧
せを
た芸
。術
性
現西
を山
し宗
、因
内(
容談
の林
お派
か)
し:
自
み由
を軽
ね妙
らな
っ表
た
。
とし 松 俳
し、 永 諧
た俳 貞 ー
。諧 徳
を(
連貞
歌門
か派
ら)
:
独滑
立稽
し性
たを
文強
学調
上
期方
ー文
十学
八期
世(
十
紀
七
初
世
期
紀
)
初
•
•


『
曽
根
崎
心
中
』
『
冥
途
の
飛
脚
』
近
松
門
左
衛
門
:
義
理
と
人
情
浄
瑠
璃
ー
演
劇
ー
歌
舞
伎
、
浄
瑠
璃
上
期方
ー文
十学
八期
世(
十
紀
七
初
世
期
紀
)
初
•
•


•
•

•

•


本
居
宣
長
『
古
事
記
伝
』
賀国歌演与俳洒滝上読黄
茂学舞劇謝諧落沢田本表
真
伎
蕪
本馬秋
紙
淵
村
琴成
人『『
合
、
『
万
小
情南雨
巻
葉
林
本総月
考
里物
一
』
茶
滑見語
稽八』
本犬
伝
』
江
期戸
ー文
十学
九期
世(
十
紀
八
中
世
期
紀
)
初
•
•
•
•
•
泊軽
なみ
心ー
情も
の
に
と
ら
わ
れ
な
い
淡
さ を江 意 て通 精粋
び さ戸 気 失ー 神ー
社
ー すっ ー 敗遊
子 都 し里
交
閑
の 会 なの
的
寂
さ 風 い事
に
・
枯
っ に こ情
洗
ぱ
と
淡
洗
練
に
り
を
の
よ
練
さ
し
境
誇
く
さ
れ
た
地
り
通
れ
た
意
と
じ
享
た
気
すて
楽
地 、 るい
文
学
理
念
•
•
•
•
にて い 随
つお の 筆
いく で に
てと 、 つ
も良 主 い
整い な て
理。 作 問
し本 品 わ
て居 と れ
お宣 作 る
き長 者 こ
たの は と
い業 覚 が
。績 え 多
村俳
・諧
小で
林は
一、
茶松
が尾
中芭
心蕉
と・
な与
る謝
。蕪
が名 成 小
多・ が 説
作
い 中で
。者 心 は
名と、
をな井
答り原
え、西
るあ鶴
程とと
度は上
の作田
も品秋
の
中近
心世
でで
あは
る小
。説
と
俳
諧
が
出
題
の
学
習
の
ポ
イ
ン
ト
•
•
•
•
洒
落
本
読
本
ー
上
田
秋
成
『
雨
月
物
語
』
代浮
男世
』草
子
ー
井
原
西
鶴
『
好
色
一
仮
名
草
子
滑
稽
本
人
情
本
小
説
•
•
•
•
•
語語 丘 主
』』 尼 要
『』作
竹『
斎浮品
』世:
『
『
醒物可
酔語笑
記
笑』
『
』伊』
・
『
仁曾『
二
勢保人
物物
比
肯親 積 的文 た教 ど 仮 御
定し 極 学 も訓 の 名 伽
すま 的 性 の、 知 草 草
るせ な に で娯 識 子 子
生た 意 乏 あ楽 階 ー
し るを 級 貴
き。
義
現
方世 : い 。目 に 族
庶 ・ 的よ・ 仮
を民 実 とっ僧
名
用
積を
して侶 草
極文 的 て、
・子
啓
武
書
的学 ・
娯
蒙
にに 楽 か、士
れ な
仮
名
草
子
町
人
の
世
態
・
人
情
を
描
い
た
小
説
•
•
•
•
八
文
字
屋
本
も悲 町
の喜 人
で劇 の
あを 好
る現 色
。実 ぶ
にり
即や
し金
ても
書う
いけ
たの
浮
世
ー
「
現
世
」
、
「
好
色
生
活
」
浮
世
草
子
大 か今
晦
晩
日
の
定
床
め
は
な
ふ
き
ら
世
う
の
か
定
ふ
め
る
哉
ま
い
•



•
•
•
縁
組
も
銀
が
敵
の
浮
世
や
俳
風
ー
自
由
清
新
・
矢
数
俳
諧
西
山
宗
因
の
談
林
派
の
俳
人
貞
門
派
の
俳
諧
に
親
し
み
俳
人
と
し
て
の
井
原
西
鶴
井
原
西
鶴
•





た町
も人
の物
:
町
人
の
経
済
生
活
を
扱
っ
説 た武 た好 代 浮
話
家
色 表 世
物
物
物 作 草
:
:
: : 子
説
武
男 『 作
好
話
家
女
家
色
に
社
の
一
取
愛
会
代
材
欲
の
し
義
の 男
た
姿 』
理
も
を
を
の
描
扱
い
っ
井
原
西
鶴

•



•
•
•
用町 不雑 物武 代以 いリ 浮 た『
源
新
ア
っ
』人 孝話 語家 男後
世 氏
生ル の て
の
物 』物 』物 )
』
物
描
に
面
好
有
ー ー ー『
好色 を描 様 い語
『
西 『
武 色物 開い 、 た』
日 『
に
も
て
本 鶴 家 五: い と 倣
、い の
永 諸 伝 人『
た
諸 従う っ
代 国 来 女艶 。来
て
に 五
蔵 話 記』
大 の人
『
十
好鑑 小
』
』
』
『
『
『
世 本 武 色( 説 間 四
間 朝 家 一好 に の 章
胸 二 義 代色 は 好 に
算 十 理 女二 な 色 わ
を
』
な『
好好
男色 色
の一 物
生
涯代
男
』
ー
世
之
介
と
い
う
好
色
井
原
西
鶴
は及 現
及、 実
ばそ を
なの 見
か表 つ
っ現 め
た力 る
に目
お、
い人
て間
西性
鶴の
に追
•
•
•
•
気気
質質
』物
『ー
浮
世江
親島
仁其
気蹟
質『
世
』間
息
子
八 も西
文 の鶴
字
の
没
屋
後
で
出
、
西
版
鶴
さ
を
れ
模
た
倣
も
す
の
る
八
文
字
屋
本
•
•
•
後
期
読
本
(
江
戸
中
心
)
前
期
読
本
(
上
方
中
心
)
心口
の絵
読や
み挿
物絵
も
あ
っ
た
が
、
文
章
中
読
本




蛇語上 語主 傾怪 『 読 た中
古
も国
』
向
性』
異
な
本
田
(
今
の白秋
性
作
の のの
奇
淫峰成
白
始
・
品
伝
談
、、『
話
ま
ー
吉菊雨
奇
英
り
小
建
備花月
性
草
ー
説
部
津の物
に
子
都
の
綾
富 』 賀
の約語
影
足
釜、』
み
響
庭
『
『
浅
、
) 春
西
を
鐘
浪
茅雨
山
受
漫
が物
物
け
的
宿
、
前
期
読
本
•



•
•
•
教根 を雄 『滝 子『 読 黄 山
南
忠
的本 持大
沢 』
本 表 東
総
臣
な的 つな
馬
の 紙 京
里
水
作 や 伝
因な
構
琴
見
滸
家 洒
果思
想
ー
伝
落
応想
と 八『
犬
椿
』
本
複
報ー
『
伝
説
桜
の
雑
勧
』
姫
弓
作
な
善
全
張
家
筋
懲
り
伝
だ
の
悪
月
曙
っ
展
と
』
草
た
開
仏
後
期
読
本
(
江
戸
中
心
)
•
•
赤
本
ー
「
桃
太
郎
」
の赤
あ本
わ・
黒
せ
た本
も・
青
の本
・
黄
表
紙
・
合
巻
草
双
紙
•
•
•
•
•
•
はち 教 た寛 山 た洒 ら恋 初
長物 訓
政 東
落 、川 め
編、 の
の 京
や 大春 は
改 伝
滑 人町 子
化怪 意
革 『
稽 向『 供
し談 を
た物 こ
に 江
や け金 向
よ 戸
風 の々 け
。と め
なた
る 生
刺 も先 の
りも
干 艶
を の生 も
と栄 の
気
、の
渉
内
形や
成
樺
華
を
容
式、
っ
焼
夢
受
と
た
的敵
』
』
け
し
か
に討
黄
表
紙
•
•
•
•
源代
氏表
』作
(ー
将
軍柳
家亭
斉種
の彦
大『
奥偽
生紫
活田
)舎
郎合 も黄 たが 敵
膨討
強巻 の表
れち
紙
悪の
上物
を
物最
がの
何
語初
り流
冊
』ー
、行
式
か
筋に
亭
閉
はよ
三
じ
複
っ
合
馬
て
雑
わ
『
、
雷
に
せ
内
な
太
た
容
っ
合
巻
総優
まれ
がた
きも
』の
『ー
傾
城山
買東
四京
十伝
八『
通
手言
』
•
•
•
•
止寛
さ政
れの
た改
革
で
京
伝
の
作
品
が
禁
田 小び 遊
舎 説の 里
様を
老
や題
人
、材
多
遊
に
田
里、
爺
の客
『
風と
遊
俗遊
子
を女
方
描と
言
いの
』
た遊
洒
落
本
式
亭
三
馬
『
浮
世
風
呂
』
『
浮
世
床
』
十
返
舎
一
九
『
東
海
道
中
膝
栗
毛
』
•

舞
台
を
日
常
生
活
の
場
に
移
し
た
。


•




ユ
ー
モ
ラ
ス
後 伝手 主 教 行十
期 』談 な 訓 し八
滑 義 作 や た世
稽 』 品 風 談紀
風
: 刺 義半
本
ー 来 静 を 本ば
山観 託 の
人房 し 宝
好
『
風 た 暦
阿
流『 小 ご
志当 説 ろ
に
道世
流
軒下
前
期
滑
稽
本
ー
滑
稽
本
誉代
美表
』作
『品
春
色:
為
辰永
己春
園水
』
『
春
色
梅
児
会
話
主
体
の
口
語
体
•
•
•
•
曲
山
人
『
仮
名
文
章
娘
節
用
』
囲の 庶
気世 民
の界 の
中を 人
で、 情
描退 、
い廃 と
た的 く
に
作・
情恋
品緒
愛
的や
な情
雰痴
江
戸
下
町
の
庶
民
の
日
常
生
活
人
情
本
•
•
•
俳
諧
の
復
興
蕉
風
俳
諧
貞
門
の
俳
諧
談
林
派
の
俳
諧
俳
諧
霞
さ
へ
ま
だ
ら
に
立
つ
や
寅
の
年
い貞
と門
しの
、俳
和
歌風
的ー
な言
技葉
巧の
面
を白
多み
用を
しね
たら
門
下
ー
北
村
季
吟
•
の寅 現
だ年 代
ろだ 語
うか 訳
から :
。霞 春
ま霞
でが
もた
まな
だび
らい
て
にい
立る
つ。
•
•
ま
ざ
ま
ざ
と
い
ま
す
が
如
し
魂
祭
り




らの 現
っ様 代
し子 語
ゃは 訳
る、
よ亡 :
祖
うき 先
だ人 の
。が 霊
目を
前祭
にる
現魂
れ祭
てり
い
立松
を永
推貞
進徳
しー
た俳
諧
の
文
芸
と
し
て
の
独
貞
門
の
俳
諧
(
俳
諧
の
独
立
)
なて 現
っ眺 代
てめ 語
して 訳
まい :
った 桜
たの の
。で 花
、を
首一
の日
骨
が中
痛見
く上
げ
眺
む
と
て
花
に
も
痛
し
頸
の
骨
門
下
ー
井
原
西
鶴
•
•
行
水
の
捨
て
ど
こ
ろ
な
し
虫
の
声
•
•
•
•
•
いが う 現
と聞 と 代
いこ 思 語
うえ っ 訳
もて た :
の捨 が 行
。て 、 水
る四に
場方使
所八っ
が方た
見か水
つらを
か虫捨
らのて
な声よ
材し を 俳
た打風
・
用。
語滑 破 ー
形
に稽 し
式
こさ て
だや 新 化
し
わ洒 し
いて
ら落 俳
なを 諧 い
た
い重 を 貞
ん作門
じろの
、う格
題と式
西
山
宗
因
談
林
の
庶
俳
民
諧
化
(
)俳
諧
の
•



服
部
蘭
雪
ー
温
雅
な
句


俳
論
ー
向
井
去
来
『
去
来
抄
』

•
•
•
服
部
土
芳
『
三
冊
子
』
榎 み『
「
芭 蕉 行蕉 北 独 松
し
幻
本 )住 を蕉 風 』
風村自尾
『
其 庵 り芸 の 冬が 季 の 芭
角 の 」術 完 の確 吟 俳 蕉
ー 記「
細の 成 日立 ー 風 (
不
』
確
ー
を
さ
洒 』み
談
易
『
立
う
『
れ
脱 嵯」 奥
林
流
で 峨 )ー の た 派 ち 行
た
都 日 『
猿細 ーーて)
会 記 蓑道 『芭
野
た
的 『 』』
蕉
ざ
な 炭 (
庵
「
ら
句 俵 さ
し
』 び
紀
(
軽 」
蕉
門
俳
諧
(
俳
諧
の
完
成
)
•
•
•
•
猿し 現 げ初 音( 風 現
た
もて 代 なし 。ら に 代
蓑い 語 りぐ 侘い 翻 語
れ び) 弄 訳
がる 訳
住に さ :
ほと :
初
まポ れ 激
し、
猿
猿し
いが
も いタ る し
のポ 芭 い
こ ぐ
小
暴
感
と目 れ
タ
蓑
蕉風
に
傷
の
だ
落
を
の
入
(
山
。
ろ
ち
野
葉
っ
うた 中
るや分
ほ
。。 を
雨盥)
し
下
旅
、
く芭
夜蕉
か野
な分
し
て
盥
に
雨
を
聞
芭
蕉
の
俳
句
•
•
•
•
るが 現 け旅 がい 現
自夢 代 巡に ノる 代
と語
分に 語 る病 ッ
ト
、訳
見
ん
の 訳
差梅
で
る
姿 :
:
しの 早
旅
の
で
出
香
春
先
夢
は
あ
て
り
の
で
、
は
る
き
が山
枯
病
枯
。
た
野床
野 。漂 路
いを
をに
を
、歩
駆臥
朝
けす
駆
日い
て
巡身
山む
路め
かが
な香
に
の
つ
と
日
の
出
る
芭
蕉
の
俳
句
•
•
し旅 い 上 る あ 現
まそ ゆ に 年 り 代
うの く 一 も 、 語
。も 物 生 、 来 訳
のはをまて:
が、送たは月
終日り旅去日
の々、人りは
棲が馬で、永
去
旅
家 をあ 遠
っ
で
と ひるての
たあい。は旅
て船来人
っっ
てて老の で
、
て老 生 ふ 月
旅を 涯 年 日
をむ を も は
すか 浮 又 百
みふ か 旅 代
かる べ 人 の
と物 、 な 過
は馬り客
、の
に
。
日口船し
々とのて
旅ら上、
行
にへ
に
て か
し
『
奥
の
細
道
』
冒
頭
浪豊 俳
漫か 諧
的な の
な句 特
古、 色
典漢 ー
籍
趣 印
や
味 象
古鮮
典明
ので
教色
養彩
、
絵
画
で
身
を
立
て
た
天
明
の
中
興
の
代
表
的
な
俳
人
与
謝
蕪
村
(
よ
し
ゃ
ぶ
そ
ん
)
•
大
島
寥
太
•



•
•
横
井
也
有
ー
『
鶉
衣
』
な特
空色
想ー
趣清
味新
な
叙
情
性
や
耽
美
的
天
明
の
俳
諧
(
天
明
の
中
興
)
•
•
•
•
馬て 現
は交 代
霞替 語
にで 訳
消乗 :
える 旅
て。 の
ゆや 途
くが 中
。て 、
差馬
がを
で借
きり
、
(馬
寥借
太り
)て
か
は
る
ば
る
に
霞
け
り
のて 現
上、 代
に二 語
重三 訳
な片 :
っの 優
て白 美
いい な
る花 白
。弁 牡
が丹
黒も
い散
土っ
(牡
蕪丹
村散
)て
打
か
さ
な
り
ぬ
二
三
片
天
明
の
俳
諧
弟農
と家
のに
間生
のま
遺れ
産、
争家
い庭
不
和
、
異
母
代
表
人
物
ー
小
林
一
茶
•

を読 胆 俳
うみ に 句
ち、 用 の
立人 い 特
て間 て 色
た味 生 ー
。豊 活 俗
か感語
な情や
生を方
活率言
俳直を
句に大
•


焉俳
日文
記集
』ー
『
お
ら
が
春
』
『
父
の
終
さす 天
を普 明
欠及 中
きし 興
、た 以
低が 降
俗、 の
化内 俳
し容 諧
て的 ー
いに ま
っは
た新 す
しま
幕
末
の
俳
諧
是
が
ま
あ
終
の
棲
家
か
雪
五
尺
•
•
•
•
とこ 現
思れ 代
うが 語
と余 訳
た生 :
めを 五
息過 尺
がご も
わす 積
く住 も
。み っ
た
家雪
か。
ろ現
。代
こ語
こ
に訳
一:
や
茶せ
が蛙
つよ
い、
てし
いっ
るり
ぞし
。
痩
蛙
負
け
る
な
一
茶
是
に
あ
り
幕
末
の
俳
諧
(
小
林
一
茶
)
柄
井
川
柳
『
俳
風
柳
多
留
』
•
•
•
•
し町 で き が 季
た人 い 、 な 題
。の る う く ・
切
が
の
気
、
れ
世
ち
で
質
、態字
に、
軽笑・に
あ快い人
っさ・情制
て 風 約
、を刺のさ
広好 機れ
を
くむ 微る
普江含をこ
ん
及戸 つと
し川 雑
た柳 俳
も:
前
の
。句
付
け
の
付
け
句
が
独
立
川
柳
唐
衣
橘
洲
・
四
方
赤
良
・
油
煙
斎
貞
柳
•
•
•
•
着
想
奇
抜
で
洒
脱
滑遊
稽び
を文
読学
み:
込俗
ん語
だを
。使
っ
て
機
知
・
狂
歌
•
•
の古
本文
質辞
を学
学:
ぶ古
。語
荻を
生研
徂究
徠し
て
古
典
道古
徳義
を学
重:
仁
ん
じや
る愛
。を
伊中
藤心
仁と
斎す
る
•
•
•
•
•
折
衷
学
派
に古
帰学
る派
べ:
き直
接
孔
子
・
孟
子
の
教
え
陽
明
学
:
中
江
藤
樹
・
熊
沢
蕃
山
朱
子
学
学
者
:
新
井
白
石
・
室
鳩
巣
江
戸
幕
府
儒
学
・
朱
子
学
漢
学
•
•
•
•




詩広 詩梁 を頼 菅 漢 荻 初 た近
風瀬
川 試山 茶 詩 生 期 時世
星 み陽 山 作 徂 : 代:
淡
林
日
巌 た: : 者 徠
窓
風
羅
本
日
:
: ・
:
の
気
平
本 格
服 山
漢
概
坦
的 が
部 ・
木
詩
高
と
で
漢
南
下
文
味
迫
い
詩
郭 順
が
わ
力
文
庵
最
い
に
の
の
満
も
創
あ
ち
栄
造
る
た
え
漢
詩
文
•




山人 し
桜と き
花問 し
はま
ばの
朝や
日ま
にと
にこ
ほこ
ふろ
を
随
筆
『
玉
勝
間
』
語
学
(
『
詞
の
玉
の
緒
』
)
文
学
(
『
源
氏
物
語
玉
の
小
櫛
』
)
古
道
(
『
古
事
記
伝
』
)
本
居
宣
長
国
学
竹
田
出
雲
近
松
門
左
衛
並 門
木
宗
輔
•
•
•
•
桜『
菅
』
『原
仮伝
名授
手手
本習
忠鑑
臣』
蔵『
義
』経
千
本
人人
形形
操浄
り瑠
璃
:
浄
瑠
璃
節
、
三
味
線
、
劇
文
学
•


•



•
近
松
の
演
劇
観
:
「
虚
実
皮
膜
論
」
天『
歴 時
曽 美韻 義 世 代 立の
網根 し文 理 話 表 てで 史 代
島崎 い的 と 物 作 で、
上 物
忠
描 の
人
』
:
要
義事
『
『
い
情
女心
出
素
の件
中
て
の
殺
世
を
い清 や
』
葛
し『
景
取
る新
冥
伝
藤
油
清
り
。
を説
途
に
の
入
』
変に
『
悩
地の
れ
国
化取
飛
む
獄
、
姓
に材
脚
叙 町
』
爺
富し
』
情
人
『
合
んた
心
的 の
戦
だも
中
で 姿
』
筋
近
松
門
左
衛
門
•
•
•
•
•
•
•
•
廓河 怪鶴 江 上 物野
初竹 談屋 戸 方 か郎
買黙 』南 : : ら歌
市
坂
演舞
北
』阿
川
田
『弥
劇伎
:
青
生 団 藤 へ:
:
稿白
世 十 十 と容
花波
話 郎 郎 発色
紅物
『
本
展
彩
東 荒 和
位
『
し
画三
海 事 事 ての
道
』人
い見
吉
四
っ世
た
三
谷
若
衆
歌
舞
伎
女 お
歌 国
舞
伎
歌
舞
伎
ダウンロード

今晩の床はふらうかふるまいか 大晦日定めなき世の定め哉 縁組も銀が