笑顔が溢れる
未来のために
政治は、未来の創造
選挙は、未来の選択
小山 宣彦
一
歩
前
に
進
む
。
2
理
想
の
向
こ
う
岸
に
到
達
す
る
か
を
考
え
、
ど
の
よ
う
な
橋
を
か
け
、
私
は
、
未
来
に
大
き
な
夢
を
描
い
て
、
出
来
る
も
の
も
出
来
な
い
。
だ
が
、
出
来
な
い
理
由
を
並
べ
れ
ば
、
不
満
と
出
来
な
い
理
由
を
並
べ
る
。
多
く
の
政
治
家
は
、
理
想
と
現
実
を
つ
な
ぐ
夢
の
架
け
橋
。
政
治
は
、
選挙とは
 理念と政策を訴えて、
有権者に信を問うもの。
決して過去を問うものではないし、
断じて対立候補を誹謗中傷してはならない。
 政治理念・政治姿勢・未来政策。
3
まずは、お読みください
日本国憲法
地方自治法
公職選挙法
4
 まぐれで勝つことはあっても、
理由なく負けることは無い。
 政治家という立場は手段に過ぎない。
政治家になって何をなすか、
信を問うに足る理念と政策が整った
なら、
臆することなく、奢ることなく
胸を張って有権者に信を問え。
5
 候補者の器に応じた人・物・金・票が集ま
る。









6
戦机
略上
やで
戦選
術挙
をを
展論
開ず
する
るこ
上と
では
雲で
泥き
のな
差い
がが
出基
る礎
。的
知
識
が
あ
る
か
無
い
か
で
、
だ
が
、
選
挙
は
生
き
物
で
一
つ
ひ
と
つ
異
な
る
。
選
挙
は
、
国
政
も
地
方
も
首
長
選
も
大
都
市
も
田
舎
も
基
本
は
同
じ
で
あ
る
。
をにこ
願政こ
っ治で
て活は
記動選
しを挙
た展と
。開政
す治
るの
こ基
と礎
で的
有な
能考
なえ
候方
補を
が整
当理
選し
し、
、よ
政り
治効
が果
前的
進・
効
す率
る的
事
とも治ん中
ま政・でで
が策政いも
なも策た、
い無にに政
も治
。いつ
い関家
のて
に不わと
街勉らし
頭強ずて
でな、の
手た選資
をめ挙質
振に戦を
っ支略有
た持やし
だが戦、
け得術理
で が念
当ら未や
選れ熟政
しなで策
たか苦は
十
候っ
た杯二
補候を
な補な分
ど、めに
列一た研
挙方人鑽
に理、を
い念政積
の二
人十
が一
選世
挙紀
にの
挑日
戦本
し、
たそ
。し
て
地
方
政
治
は
課
題
が
山
積
し
て
い
る
。
過
去
、
多
く
が立
あ候
る補
。に
こは
のそ
両れ
者ぞ
をれ
紐に
解出
と馬
くの
と大
勝義
利が
へあ
の
戦り
略、
一
・
戦方
術有
が権
生者
まに
れも
る投
。票
の
大
義
選
挙
に
立
候
補
す
る
人
は
、
数
票
し
か
獲
得
せ
ず
落
選
す
る
候
補
も
い
れ
ば
、
い 有 選
こ 。 権 挙
の
者 は
両
は 「
理
者
「
理 念
が
民
念 と
主
と 政
政 策
主
策 を
義
で 訴
の
誰 え
原
に て
点
投 、
に
票 有
立
す 権
ち
る 者
、
行
か に
動
を 信
す
選 を
る
択 問
う
こ
」
し
と
も
な
に
の
く 」
よ
て で
っ
て
は あ
政
な る
治
ら 。
が
な
大
量
得
票
す
る
候
補
も
い
る
。
前
進
す
る
。
あなたは、
今の政治に満足されていますか?
子供たちの将来に不安はありませんか?
老後を安心して迎えることができますか?
未来に夢や希望が描けますか?
あなたは今、幸福ですか?
お答えがNOでしたら、
政治の責任です。
7
未来の選択
 大きな政府・大きな行政にして、
国民負担を増やす。
 小さな政府・小さな行政にして、
国民負担を少なくする。
 大きな政府・大きな行政にして、
国民負担は少なくして、
次世代に借金を払わす。
 あなたは今、どれを選択しますか?
8
変える勇気
 今は、過去が原因。
今は、未来の原因。
原因は、我が身にあり。
 今を変えるには、リスクが伴う。
変えなければ、
未来により大きなリスクが伴う。
9
Change For the future
 政治家が変われば、
政治が変わる。
政治が変われば、地域が変わる、
暮らしが変わる、未来が変わる。
 政治は、私たちの一歩踏み出す勇気で、
変えることができる。
10
定義すれば、
物事の本質が見える。
人間とは
国家とは
11
政治とは
政治の目的とは
政治の責任とは
12
経 済 と は
福 祉 と は
教 育 と は
文化・芸術とは
13
幸福が解れば、幸福になれる
幸福とは
14
世界の人口
15
政治の目的
 世界の人口は70億人を超えた。
 2050年、世界の人口は93億人に達する。
 1日1ドル以下で生活する絶対的貧困層は、12億人。
 1日2ドル未満で生活する人は、30億人。
 世界の死亡原因の第一位は、【飢餓】
 人の営みが太陽と地球からの恵みを超えている。
 政治の目的は、地球と人類を未来永劫に存続させること。
 国民1人ひとりの幸福を実現させること。
【絶対的貧困=人間が生きていくために必要な最低限の衣食住に欠けていること。】
16
政治の手段
 善を為すに易く、
悪を為すに難き社会を作る。
 諸権力・諸集団の
間に生じる利害を調整する。
 富の分配・富の創造
17
政治の役割
 137億年前、宇宙が誕生し、46億年前、地球が誕生した。
 そして、太陽と地球の距離が絶妙で、空気が、水が誕生した。
 39億年前生命が誕生し、400万年前、猿人が誕生した。
 広い宇宙の中にポツンと1つの地球と言う星が浮かんでいて、
そこに人類がいないと意味がない。
人類が存在してこその地球である。
 地球と人類を未来永劫に存続させる責任を、政治が負わなくて誰が
やる。それは経済でも、科学技術でも、文化でも、教育でも、医療や
福祉でも果たせない。
 それぞれの分野をリードして政治がやらねばならない。
18
幸福社会
 人が心を授かっているのは、人を愛するためである。
 人は、人から愛されることによって生きる力を得て、
 人は、人を愛することによって生きる意味を知る。
 人は互いに支え合い、競い合い、感性を磨いて、物事の本質を見極
め、
未来に大きな夢を描いて前進することで幸福を実感することができる。
 日本は「物の豊かさ」を求め、人間の原点である「心の豊かさ」を蔑ろ
にしてきた。
 理念が欠如している日本の政治によって、責任を取らない日本の政
治によって、国民は未来に夢や希望が描けなくなった。
19
幸福の5つの要素
 夢と希望⇒
家族と友人・知人とともに未来に描く夢や希望に向かって、前進することで幸福が実感できる。
 育む力⇒
人は誰しも、生き物を育むことで幸福になれる。
子供は勿論のこと、動物や植物を育むこと。
 仕事⇒
仕事が充実し、生甲斐があること。そして、仕事によって、生きるために必要な経済的基盤を確立し
て、物の豊かさを実現すると心が豊かにな。
 人間関係⇒
強い信頼と深い愛情で繋がる、家族・友人・隣人との人間関係が大切である。互いに支え合い・競
い合い、切磋琢磨すること。
 身体⇒
目的に向かって前進するために「心と身体」の健康が大切。
20
大義と動機
 何故、出馬するに至ったかの動機は、
心の内側のこと、過去のこと。
 何故、この政策に取り組むかの大義は、
市民への責任、未来への責任。
 理念と目的のない人は、過去と動機を語り、
大義のある人は、未来を語る。
21
あなたの
目指す目的地は
出馬の大義は
22
23
目的が無ければ
手段は無い、
道は無い。
目標が無ければ、
努力は無い、
結果は無い
。
期限が無ければ、
あるのは時間の経過だけ。
責任がなければ、
誰も何もしない。
24
勝
利
へ
の
戦
略
と
戦
術
を
構
築
す
る
事
。
25
補
の
現
状
を
明
確
に
把
握
し
て
、
今
、
何
処
に
位
置
し
て
い
る
か
、
自
分
と
対
立
候
最
後
に
、
【
位
置
】
む
か
を
明
確
に
し
た
組
織
で
取
り
組
む
こ
と
。
そ
れ
ぞ
れ
の
活
動
に
、
誰
が
責
任
を
持
っ
て
取
り
組
第
四
に
、
【
責
任
】
に
す
る
こ
と
。
そ
れ
ぞ
れ
の
活
動
の
目
標
を
達
成
す
る
期
限
を
明
確
第
三
に
、
【
期
限
】
そ
れ
ぞ
れ
の
活
動
の
目
標
数
値
を
決
め
る
こ
と
。
の
目
標
を
決
め
る
こ
と
。
自
分
が
ト
ッ
プ
に
立
つ
た
め
に
、
何
票
得
票
す
る
か
第
二
に
、
【
目
標
】
を
明
確
に
描
け
。
自
分
が
目
指
す
目
的
地
、
即
ち
ど
の
山
に
登
る
か
第
一
に
、
【
目
的
】
櫓を漕ぐ
 皆さんは櫓を漕いだことがありますか?
 私は高校生の時、初めて櫓を漕いだ。
 櫓がどのように海水をかいているのか、どうしたら効率良く漕
げるか、と櫓の動きに細心の注意を払いながら一生懸命に漕い
だ。
 だが、いくら漕いでも船は同じところをぐるぐる廻り、全く前
に進まない。
 すると友人が「しっかりと目標地点に視点を合わせて漕げ、手
元や櫓を見るな」と。
 するとなんてことはない、船は目的地に向かって進み始めた。
真っ直ぐに。
26
選挙を定義する










選挙とは
選挙運動とは
後援会長とは
選対本部長とは
後援会活動とは
後援会名簿とは
戸別訪問とは
街頭演説とは
集会とは
広報とは
27
民主党の大義






数年前の都議選で、民主党代表の演説は、自民党の批判ばかり。総理がダ
メだから、都知事が悪いから、民主党候補に投票して欲しいと繰返す。
先日、ある女性に、「お前の付き合っている男は馬鹿だから俺と付き合え」、
と言ったら股間に強烈な蹴りを入れられた。
「確かに、私の付き合っている男は立派では無いが、あなたに私の付き合っ
ている男をとやかく言われる筋合いはない。仮に彼が悪いとしても、貴方が
良いとは限らない。悪口を言う貴方が大嫌い」、とさ。
反省した私は、別の女性を口説いた。「何故、私を口説くの」と聞かれ、「大森
幹事に口説けと言われたから」と動機を答えた。
すると「私を口説くなら、私と二人でどのような未来を描いて、共に人生を歩
むのかを言え!人に言われたからなんて・・」とまたまたゲンコツが顔面に飛
んできた。
選挙と女性は、動機より大義だと学んだ。
28
定 義
 教育とは=国家なり
どのような国家を創造するかによって、どのような教育をするのか、どのような日本人をつくるか
が決まる。北朝鮮のような国家を目指すなら、北朝鮮のような教育が必要となる。
日本は平成7年、科学技術創造立国という法案を成立させた。
ならば、日本の向かう方向、日本人の育成・教育はこの方向だ。
 福祉とは=弱者救済
高齢者福祉・児童福祉の名の基に、有権者に迎合する政策は国家が破綻する。
65歳を過ぎると公共施設の入場料は無料だが、ベネッセの福武總一郎氏もダイソーの矢野博
丈氏もそれを必要としていない。



農業とは=命なり。
食とは=心と身体のエネルギー。
文化・芸術とは=思考のエネルギー。
 あなたの定義は???
29
責任を果たす
市民の責任【投票・監視・意見】
政治の責任【実現・説明・結果】
行政の責任【説明・指導・遂行】
30
政治の悲しい現実
新宿駅に降り立つと人・人・人の波。新宿エリアの駅の乗降客は1日360万人。政治は、新宿を訪れる全ての
人に安全・安心の責任がある。しかし有権者は24万人。区長選の投票率は25%前後。わずか3万~5万票で
新宿の未来が決まる。
スタジオアルタを通り過ぎるとそこは風俗の街・歌舞伎町。都知事と区長の違法風俗撲滅作戦でここは一昔前
の面影は無い。賑わっていた蟹道楽は閉店。風俗店の出て行ったビルは空室が埋まらず所有者はビルを手放
す。空きビルは中国人マフィアが買い取り、撲滅させたはずの違法風俗は、歌舞伎町から大久保や渋谷・池袋
に移っただけ。私たちは、パフォーマンス政治はいらない。
都のアンケートで「これまで自殺したいと考えたことがある」と回答した人は、35・9%。こんな日本に、こんな
東京に誰がした。
岡山市の人口は70万人で7千億円の借金、新宿は30万人だから2千億円の借金かと思えば、借金は無く、
あるのは多額の預金。田舎と新宿の地域間格差は大きく、限界集落と新宿の格差は想像の域を超えている。
岡山県は二つのゴルフ場を作り、破綻した。県民の誰もが県営のゴルフ場など求めていない。経営感覚皆無
の行政ゴルフ場は閑古鳥が鳴き売却。損失は県民の税金だ。あの知事がいなければ・・・・あの県議がいても歪
んだ県政は正せなかった。岡山市のホテル経営は、民業圧迫以外の何物でもない。誰も市営のホテルを求めて
いない。岡山市は、2001年アクションスポーツパークを作った。
年間50万人を予想した入場者は、年間3万~8万人と低迷。運営委託を受けていた会社は破綻。
31
豊島から政治の責任
90万トンを超える戦後最大の産業廃棄物不法投棄・豊島事件。
住民の訴えを無視した香川県庁。
処理費用約500億円~1000億円は全て税金で支払う。
犯罪者は罰金50万円だけ。政治・行政の責任者には罰則なし。
ごめんと言えばそれでOKの日本の政治。
政治と行政は、目的と目標と期限と責任を明確にし、結果責任を取ら
せるようにしよう。
 責任を取らなくて良いから、責任ある仕事をしない。
 行政マンは、基本的には有能な人が多い。
 だからこそ、行政にも競争原理を取り入れて、責任を明確にし、
成果を評価すれば、責任ある仕事を果たす。






32
政治理念のある奴・無い奴
 多くの政治家は、社会的弱者をどのよ
うに救うかを考える。
 生きるための努力をしない偽装弱者
が増える。
 心ある政治家は、社会的弱者を生み
出さない政治を実現する。
33
理念無き、迎合政治屋
 多くの政治家は、今を良くするために借金を
作る。
 次の世代の今が悪くなる。
 心ある政治家は、次世代に責任を果たす政治
が大切だと考える。
34
目的の無い政治屋
 多くの政治家は、自己保身と前例踏襲と支援者
のための政治を貫く。
 政治が、民主主義が前進しない。
 心ある政治家は、全体の利益を優先する政治、
住民の幸福を実現する政治を推進する。
35
政治は信頼の上にのみ成り立つ
中央調査会
信頼できない
⇒
どちらとも言えない
⇒
信頼できる
解らない
自衛隊
2.0
4.5
29.9
41.4
18.9
3.2
医療機関
2.8
5.5
34.7
44.9
9.9
2.2
裁判官
4.6
9.6
41.4
32.1
6.8
5.6
銀行
5.0
11.6
46.2
29.6
5.6
2.0
教師
5.8
14.9
45.8
26.8
4.4
2.3
警察
6.7
19.4
37.0
30.6
4.6
1.7
大企業
5.5
14.5
53.3
20.7
2.2
3.8
マスコミ
15.3
26.8
41.9
13.0
1.3
1.8
官僚
30.5
26.8
33.0
6.8
0.7
2.2
国会議員
32.9
29.6
31.4
5.0
0.2
0.9
36
悲鳴が聞こえる
 次世代に巨額の借金を押し付け、未来に夢や
希望が描けない社会にして、誰も責任を取ら
ない、取らなくても良い日本の政治。
 政治に、「理念・哲学」と「責任」と「信頼」が欠
如している。
 1票の為には奔走するが、政策の実現に命を
かけない政治家に、私たちの未来は託せない
。
37
私たちが選んだ政治家が創った現
状








完全失業者数は、280万人。
非正規労働者数は1733万人、全雇用に占める非正規の割合は、32.5%
耕作放棄地は、40万ha。
児童虐待相談件数は、10万件。
小中高の不登校は、17万人。いじめ30万件。暴力行為は、6万件。
行方不明者は、8万人。
公立小中高の病気休職者数は、8,660人。(精神疾患5,458人)
生活保護受給者は、216万人を超えた。
でもあの娘は何故か、生活保護を貰いながらキャバクラで働いている。



生活保護の基準を下回る低所得は、230万世帯。
高齢者への虐待相談件数は、2万5,000件。
介護殺人・介護心中・介護戦死は、年間100件。これは氷山の一角。
38
都道府県別将来人口
1,000人
地
域
全
北
海
青
森
岩
手
宮
城
秋
田
山
形
福
島
茨
城
栃
木
群
馬
埼
玉
千
葉
東
京
神 奈 川
新
潟
富
山
石
川
福
井
山
梨
長
野
岐
阜
静
岡
愛
知
国
道
県
県
県
県
県
県
県
県
県
県
県
都
県
県
県
県
県
県
県
県
県
県
平成22年
(2010)
127,176
5,513
1,386
1,342
2,334
1,094
1,178
2,039
2,935
2,006
2,001
7,082
6,108
12,906
8,962
2,366
1,090
1,155
807
872
2,155
2,083
3,771
7,367
平成47年
(2035)
110,679
4,413
1,051
1,040
1,982
783
925
1,649
2,451
1,744
1,699
6,258
5,498
12,696
8,525
1,875
880
960
676
739
1,770
1,761
3,242
6,991
率
地
87.0%
80.0%
75.8%
77.5%
84.9%
71.6%
78.5%
80.9%
83.5%
86.9%
84.9%
88.4%
90.0%
98.4%
95.1%
79.2%
80.7%
83.1%
83.8%
84.7%
82.1%
84.5%
86.0%
94.9%
域
三
重
県
滋
賀
県
京
都
府
大
阪
府
兵
庫
県
奈
良
県
和 歌 山 県
鳥
取
県
島
根
県
岡
山
県
広
島
県
山
口
県
徳
島
県
香
川
県
愛
媛
県
高
知
県
福
岡
県
佐
賀
県
長
崎
県
熊
本
県
大
分
県
宮
崎
県
鹿 児 島 県
沖
縄
県
平成22年
(2010)
1,854
1,401
2,629
8,736
5,564
1,389
994
596
717
1,942
2,842
1,444
788
991
1,429
771
5,034
850
1,431
1,809
1,186
1,127
1,708
1,394
平成47年
(2035)
1,600
1,341
2,274
7,378
4,799
1,104
738
495
554
1,677
2,393
1,103
622
802
1,127
596
4,440
712
1,117
1,510
971
912
1,389
1,422
率
86.3%
95.7%
86.5%
84.5%
86.3%
79.5%
74.2%
83.1%
77.3%
86.4%
84.2%
76.4%
78.9%
80.9%
78.9%
77.3%
88.2%
83.8%
78.1%
83.5%
81.9%
80.9%
81.3%
102.0%
39
岡山県の市町村別
将来推計人口
2010年
岡
山
県
2035年
率
2010年
2035年
率
1,942,000
1,677,000
86.4%
岡山市
697,914
632,924
90.7%
和気町
15,631
12,135
77.6%
倉敷市
471,577
430,949
91.4%
早島町
11,956
10,848
90.7%
津山市
109,948
99,057
90.1%
里庄町
10,717
9,213
86.0%
玉野市
65,540
51,912
79.2%
矢掛町
15,149
11,651
76.9%
笠岡市
55,731
44,726
80.3%
新庄村
965
708
73.4%
井原市
43,883
35,381
80.6%
鏡野町
13,407
9,959
74.3%
総社市
66,315
59,091
89.1%
勝央町
11,020
9,239
83.8%
高梁市
37,135
28,097
75.7%
奈義町
6,352
5,525
87.0%
新見市
34,791
27,284
78.4%
西粟倉村
1,603
1,184
73.9%
備前市
39,252
31,126
79.3%
久米南町
5,409
3,890
71.9%
瀬戸内市
38,252
31,524
82.4%
美咲町
15,863
11,839
74.6%
赤磐市
43,337
36,715
84.7%
吉備中央町
13,313
9,682
72.7%
真庭市
50,068
39,807
79.5%
美作市
31,023
23,295
75.1%
浅口市
36,491
29,290
80.3%
40
岡山県民が選んだ、国会議員・知事・県議・
市町村長・市町村議が創った岡山の現在地
項目
岡山県の数字
人口
幸福度
財政
2035年
良い順
実はどこにあるかわからない都道府県
17位
えっっっ
カッコイイ人が多いイメージのある県ランキング
27位
えっっっ 俺がいるのに・・・
項目
岡山県の数字
借金総額
全国の順位
1兆4080億6400万円
県民一人あたりの借金
備考
22年度
723,838円
平均寿命
男
79.22歳
10位
長寿順 2005年
平均寿命
女
86.49歳
4位
長寿順 2005年
米消費量
都道府県別肥満比率
下水道普及率
食料自給率
行政
2010年
1,667,000人
24位
県民所得
医療福祉
1,957,000人
高齢者のみの世帯
253万4千円
26位
2008年
66.82kg
47位
2008年
32.50%
13位
えっっっ
60.40%
26位
2010年
40%
27位
2009年
10.70%
12位
情報公開度ランキング
ワースト4位
休職教員数
2010年
79人
H23年11月現在
問題児童行動
2,504件
ワースト 1位
いじめ認知件数
1,123件
ワースト17位
千人当たり
(国公私立・小中高特別支援・平成21年) (1000人当たり認知件数)
小中の不登校児童生徒数
全国
高校の不登校
教育・子育て
千人当たり
26位
2010年
37位
2010年
不登校による小学校長期欠席児童比率
4.12%
ワースト 8位
不登校による中学校長期欠席生徒比率
30.38%
ワースト 10位
65人
ワースト 24位
2010年
不登校生徒数
2,271人
ワースト 3位
2010年
児童虐待相談件数
1,069件
ワースト 9位
2010年
校内暴力行為認知件数
2,309件
2010年
9.9人
ワースト 10位
2010年
24,097件
16位
2010年
刑法犯検挙率
30.60%
ワースト 12位
2010年
少年犯罪検挙人数
17.22人
ワースト 7位
14歳~19歳 千人当たり
少年犯罪検挙・補導人数
1875人
交通事故発生件数
866件
ワースト 7位
10万人あたり 2010年
交通事故死者数
5.6人
ワースト 11位
10万人あたり 2010年
放火認知件数
15件
24位
2010年
火災報知機普及率
59.10%
40位
2010年
ゴミのリサイクル率
26.00%
3位
2009年
温室効果ガス排出量
35.315.299t
5位
2008年
熱中症救急搬送者数
1187人
2位
2010年
下水道普及率
60.40%
26位
2010年
刑法犯 認知件数
環境
ワースト 4位
学力テスト(公立中学校)
青少年の非行率
安全
ワースト 1位
1,295人
学力テスト(公立小学校)
待機児童数
犯罪
2,341人
2010年
41
美味しそう。俺も市長になりたい
人口
1
札幌市
1,880,863
4
61,440,000
10
35,635,200
11
117,555,200
9
15.63
16
2
仙台市
1,025,098
11
62,880,000
7
37,728,000
7
121,568,000
7
29.65
8
1,176,314
9
53,697,600
19
26,848,000
16
98,445,600
19
20.92
15
3 さいたま市
4年間の給与合計
1期の退職金
市民一人当た
りの負担・年間
政令市
4年間の総額
順位
4
千葉市
924,319
13
57,120,000
14
33,129,600
13
109,289,600
12
29.56
9
5
横浜市
3,579,628
1
74,064,000
1
44,438,400
2
143,190,400
1
10.00
19
6
川崎市
1,327,011
8
60,000,000
12
36,000,000
9
116,000,000
10
21.85
12
701,630
18
54,816,000
18
26,311,680
17
99,399,680
17
35.42
3
7 相模原市
8
新潟市
813,847
15
55,824,000
17
35,727,360
10
110,177,360
11
33.85
4
9
静岡市
713,723
17
60,000,000
11
24,000,000
18
104,000,000
16
36.43
2
10
浜松市
804,032
16
61,296,000
9
20,000,000
19
101,728,000
18
31.63
5
2,215,062
3
56,332,800
15
33,799,800
12
108,910,200
13
12.29
18
11 名古屋市
12
京都市
1,474,811
6
66,720,000
4
40,692,000
5
129,652,000
4
21.98
11
13
大阪市
2,628,811
2
72,000,000
2
46,080,000
1
142,000,000
2
13.50
17
14
堺市
830,966
14
57,120,000
13
28,560,000
15
104,720,000
15
31.51
6
15
神戸市
1,525,393
5
67,680,000
3
41,961,600
3
132,201,600
3
21.67
13
16
岡山市
696,172
19
55,680,000
16
30,624,000
14
104,864,000
14
37.66
1
17
広島市
1,154,391
10
62,880,000
6
40,872,000
4
124,712,000
5
27.01
10
993,525
12
64,320,000
5
38,592,000
6
124,352,000
6
31.29
7
1,401,279
7
62,400,000
8
37,440,000
8
120,640,000
8
21.52
14
18 北九州市
19
福岡市
42
県議会議員報酬(神奈川県)

議長 月額 120万円

期末手当
副議長 月額 108万円 議員月額97万円
在職期間に応じた割合により、6月30日、12月10日の2回支給する。

費用弁償

(1) 登庁に要する旅費
議長、副議長及び議員が本会議及び委員会等に出席したときは、費用弁償として住所地から県庁
までに要した交通費の実費額を支給する。
(2) 公務旅行旅費
議長、副議長及び議員が公務のため旅行したときは、住所地から用務地までに要した旅費を支給
する。


政務調査費

議員の調査研究に資するため必要な経費の一部として、「神奈川県議会政務調査費の交付等に関
する条例」に基づき、議員1人当たり月額530,000円を①会派に交付する方法、②議員に交付す
る方法、③会派及び議員に交付する方法のいずれかにより交付する。
政務調査費の交付の対象となる経費は、調査研究費、研修費、会議費等とする。
収支報告書及び領収書等証拠書類の写しを翌年度5月15日までに議長へ提出する。
43
岡山県議会
開催日数は3ヶ月で20日間
3日間
8日間
9日間
13
25
26
金
水
木
6
15
16
17
21
月
水
木
金
火
24
金
28
火
29
水
6
7
8
9
12
火
水
木
金
月
13
火
14
16
19
水
金
月
平成24年1月予定表
常任委員会(10時00分)
常任委員会(10時00分)
特別委員会
平成24年2月予定表
常任委員会(10時00分)
常任委員会(10時00分)
特別委員会
議会運営委員会(10時00分)
常任委員会(10時00分)
開会
常任委員会
代表質問
議会運営委員会
代表質問
平成24年3月予定表
一般質問
一般質問
一般質問
一般質問
行財政改革・夢づくり等特別委員会(10時00分)
地域振興・観光・金融・雇用対策特別委員会(13時00分)
子ども応援・学力向上対策等特別委員会(10時00分)
防災・環境対策・新エネルギー特別委員会(13時00分)
常任委員会(10時00分)
議会運営委員会(10時00分)
閉会
44
岡山市議会
常任委員会・特別委員会開催日数
常任・特別委員会は、どちらも一つに所属
年
次
平成20年
21
22
23
24
会
期開
総 日 数日
98
98
81
90
93
議
数
43
39
38
42
40
開 催 日 数
開 催 日 数
総数
27
ワークライフバランス調査
3
防災・危機管理等調査
4
にぎわい創出調査
2
13
豊かな循環型社会構築調査
2
経済
12
一般会計決算等審査
8
建設
10
特別会計決算審査
4
市民文教
14
企業会計決算等審査
4
総数
82
総務
14
保健福祉
19
環境消防水道
45
岡山市議は年間
13,500,400円
推計人口
議長
副議長
議員
年間の政務
旅費
年間
海外
議員
報酬月額
報酬月額
調査費
費用弁償
期末手当
視察費
年間合計
定数
2012年1月 報酬月額
岡山県
1,939,506
900,000
810,000
756,000
4,200,000
3,000+1K37円
200,000
3,593,100
0
17,065,100
56
岡山市
704,189
800,000
730,000
670,000
1,620,000
350,000
3,365,400
125,000
13,500,400
52
倉敷市
473,983
780,000
720,000
670,000
1,800,000
300,000
3,175,800
125,000
13,440,800
43
津山市
107,732
555,000
515,000
465,000
696,000
150,000
1,925,099
0
8,351,099
28
玉野市
64,790
535,000
475,000
450,000
420,000
200,000
1,733,624
0
7,753,624
21
笠岡市
54,724
520,000
460,000
420,000
540,000
100,000
1,690,000
0
7,370,000
24
井原市
43,786
455,000
380,000
350,000
360,000
100,000
1,328,250
0
5,988,250
22
総社市
66,370
500,000
440,000
400,000
300,000
220,000
1,518,000
0
6,838,000
24
高梁市
36,710
404,000
339,000
325,000
360,000
180,000
1,233,375
0
5,673,375
22
新見市
34,128
425,000
355,000
330,000
240,000
120,000
1,138,500
0
5,458,500
22
備前市
37,872
455,000
385,000
355,000
300,000
80,000
1,112,925
0
5,752,925
22
瀬戸内市
38,062
450,000
380,000
350,000
240,000
48,600
1,227,625
0
5,716,225
22
赤磐市
43,455
455,000
380,000
350,000
360,000
1,348,375
0
5,908,375
22
真庭市
49,288
450,000
400,000
300,000
360,000
1,138,800
0
5,148,800
26
美作市
30,770
410,000
345,000
320,000
360,000
1,214,400
0
5,414,400
22
浅口市
36,365
450,000
380,000
350,000
360,000
1,328,250
0
5,888,250
20
50,000
0
2012年3月調べ
46
平成20年度 東京23区
課税標準段階別納税義務者数
課税標準額の段階
200万円以下
人数
構成比
2,373,612
53.8%
200万円~300万円
750,007
17.0%
300万円~400万円
416,579
9.4%
400万円~550万円
346,248
7.8%
550万円~700万円
173,284
3.9%
700万円~1000万円
161,565
3.7%
1000万円超
191,984
4.4%
4,413,279
100.0%
合計
47
岡山県
課税標準額段階別納税義務者数
課税標準額の段階
人数
構成比
200万円以下
594,585
70.9%
200万円~300万円
114,507
13.6%
300万円~400万円
57,680
6.9%
400万円~550万円
39,836
4.7%
550万円~700万円
13,386
1.6%
700万円~1000万円
9,693
1.2%
1000万円超
9,479
1.1%
合計
839,166
48
一人当たりの県民所得ランキングの推移
30
35
40
45
50
55
60
2
7
12
17
21
1955
1960
1965
1970
1975
1980
1985
1990
1995
2000
2005
2009
北海道
7
13
17
23
23
22
29
32
27
32
33
32
青森県
42
41
39
40
40
42
45
39
41
42
43
33
岩手県
44
45
44
41
41
41
41
41
34
34
39
40
宮城県
31
30
29
31
31
26
27
29
30
29
32
29
秋田県
29
35
28
35
35
37
39
42
43
40
40
34
山形県
34
36
34
36
36
40
33
34
36
36
36
39
福島県
36
38
41
37
37
31
30
30
28
21
21
21
茨城県
33
29
35
29
29
9
6
9
11
14
18
16
栃木県
30
28
26
27
27
7
9
13
10
12
7
9
群馬県
32
33
25
22
22
25
17
19
13
16
17
25
埼玉県
19
18
11
10
10
10
8
5
7
13
12
8
千葉県
27
20
8
9
9
16
13
7
5
10
13
6
東京都
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
神奈川県
6
4
3
4
4
4
4
4
3
3
4
2
新潟県
16
19
20
25
25
27
23
30
26
25
20
27
富山県
11
13
13
17
17
5
12
6
9
6
6
17
石川県
18
10
15
15
15
21
20
22
19
11
15
22
福井県
22
27
30
28
28
24
22
23
23
18
19
15
山梨県
43
30
32
32
32
29
10
14
21
20
28
24
長野県
21
21
18
16
16
18
14
20
19
8
16
13
岐阜県
14
11
12
14
14
19
18
15
18
24
24
28
静岡県
17
8
10
8
8
12
5
10
8
4
3
5
愛知県
4
3
5
3
3
3
2
3
2
2
2
3
三重県
20
17
16
11
11
15
21
21
17
15
8
11
滋賀県
15
12
19
13
13
13
7
8
6
5
5
4
京都府
5
6
6
5
5
8
11
11
15
17
14
10
大阪府
2
2
2
2
2
2
3
2
4
7
10
7
兵庫県
3
5
4
6
6
14
16
18
12
19
23
20
奈良県
9
15
9
20
20
23
25
17
22
23
30
30
和歌山県
12
24
23
24
24
30
31
35
38
39
27
31
鳥取県
28
32
37
34
34
36
35
27
33
35
38
42
島根県
40
39
45
45
45
46
42
38
39
37
37
38
岡山県
22
23
24
12
12
20
19
16
16
30
22
26
広島県
8
7
7
7
7
6
15
12
14
9
9
14
山口県
10
9
14
19
19
28
24
24
24
22
11
12
徳島県
39
34
33
30
30
34
34
28
29
28
25
19
香川県
25
22
22
18
18
17
26
26
25
26
29
23
愛媛県
22
26
27
26
26
39
36
36
35
33
35
35
高知県
36
37
36
33
33
35
40
43
40
41
46
47
福岡県
12
16
21
21
21
11
28
25
31
31
26
18
佐賀県
26
25
31
38
38
33
37
40
37
38
34
37
長崎県
35
43
43
43
43
45
44
46
45
46
45
44
熊本県
38
44
38
42
42
32
32
37
42
44
41
43
大分県
41
40
40
39
39
38
38
33
32
27
31
36
宮崎県
45
42
42
44
44
43
47
44
44
45
44
45
鹿児島県
46
46
46
46
46
44
43
45
46
43
42
41
47
46
47
47
47
47
46
沖縄県
49
都道府県別一人当り雇用者報酬ランキング (単位:千円)
順
都道府県
1
東京都
3,093
3,131
3,043
2,988
2,961
2,829
2,884
2,793
2,760
2,657
2
神奈川県
2,662
2,666
2,579
2,546
2,557
2,513
2,502
2,475
2,450
2,472
3
愛知県
2,605
2,654
2,580
2,491
2,491
2,435
2,390
2,334
2,349
2,371
4
埼玉県
2,516
2,501
2,468
2,337
2,370
2,298
2,281
2,228
2,235
2,214
5
大阪府
2,525
2,527
2,593
2,521
2,494
2,418
2,402
2,306
2,304
2,197
6
静岡県
2,305
2,346
2,328
2,255
2,268
2,246
2,190
2,145
2,135
2,157
7
千葉県
2,274
2,350
2,297
2,239
2,274
2,209
2,223
2,149
2,166
2,150
8
富山県
2,314
2,389
2,373
2,240
2,260
2,228
2,182
2,163
2,138
2,136
9
栃木県
2,189
2,180
2,145
2,161
2,192
2,178
2,125
2,129
2,171
2,121
10
広島県
2,234
2,297
2,285
2,271
2,268
2,259
2,194
2,114
2,077
2,075
11
奈良県
2,062
2,092
2,112
2,150
2,230
2,179
2,143
2,122
2,089
2,074
12
三重県
2,107
2,168
2,148
2,064
2,023
1,973
2,036
2,066
2,040
2,053
13
全県計
2,244
2,271
2,236
2,192
2,204
2,159
2,135
2,085
2,068
2,049
14
長野県
2,133
2,040
1,986
2,030
2,092
2,055
1,940
1,938
1,958
1,967
15
群馬県
2,114
2,133
2,096
2,079
2,079
2,051
2,027
2,007
1,990
1,951
16
滋賀県
2,084
2,119
2,089
2,048
2,078
2,073
1,989
1,946
1,939
1,943
17
香川県
2,035
2,066
2,073
2,045
2,015
1,981
1,942
1,891
1,930
1,918
18
兵庫県
2,181
2,217
2,104
2,018
2,073
2,031
2,007
1,974
1,894
1,905
19
茨城県
2,055
2,097
2,072
2,030
2,061
2,033
1,977
1,932
1,907
1,898
20
山梨県
2,003
2,066
2,103
2,072
2,117
2,018
1,995
1,946
1,888
1,887
21
宮城県
2,051
2,073
2,032
2,007
1,990
1,988
1,935
1,887
1,868
1,882
22
京都府
2,092
2,138
2,095
2,019
1,995
1,963
1,908
1,885
1,874
1,872
23
北海道
2,039
2,047
2,022
2,020
2,037
2,015
1,971
1,927
1,892
1,866
24
石川県
1,910
1,965
1,960
1,954
2,022
1,993
1,927
1,845
1,828
1,854
25
福井県
1,963
2,014
2,024
1,966
2,006
1,967
1,949
1,887
1,862
1,843
26
岡山県
2,061
2,047
2,043
1,972
1,985
1,978
1,882
1,869
1,842
1,832
27
新潟県
1,946
2,006
1,998
1,978
1,973
1,973
1,910
1,852
1,839
1,828
28
福岡県
1,962
1,999
1,966
1,936
1,944
1,936
1,928
1,886
1,835
1,828
29
山口県
1,979
2,017
1,985
1,978
1,971
1,901
1,888
1,826
1,785
1,792
30
福島県
1,872
1,907
1,845
1,810
1,826
1,811
1,776
1,727
1,761
1,783
31
岐阜県
2,035
2,047
2,021
2,017
2,016
1,959
1,929
1,890
1,819
1,773
32
佐賀県
1,834
1,892
1,884
1,838
1,839
1,840
1,839
1,784
1,771
1,764
33
島根県
1,852
1,899
1,895
1,927
1,904
1,864
1,837
1,801
1,774
1,734
34
鳥取県
1,865
1,898
1,876
1,863
1,858
1,835
1,752
1,747
1,704
1,690
35
大分県
1,808
1,813
1,823
1,783
1,802
1,773
1,755
1,688
1,673
1,677
36
山形県
1,799
1,798
1,736
1,738
1,759
1,731
1,707
1,693
1,690
1,665
37
和歌山県
1,801
1,798
1,792
1,720
1,706
1,695
1,723
1,656
1,617
1,635
38
鹿児島県
1,674
1,712
1,720
1,662
1,699
1,675
1,663
1,623
1,620
1,631
39
岩手県
1,747
1,776
1,787
1,779
1,809
1,769
1,707
1,665
1,623
1,607
40
愛媛県
1,757
1,701
1,639
1,617
1,668
1,708
1,641
1,627
1,618
1,603
41
徳島県
1,707
1,723
1,715
1,675
1,705
1,674
1,630
1,596
1,647
1,593
42
高知県
1,757
1,745
1,744
1,715
1,739
1,677
1,631
1,556
1,584
1,563
43
宮崎県
1,733
1,764
1,758
1,722
1,756
1,728
1,692
1,652
1,607
1,555
44
熊本県
1,663
1,704
1,694
1,686
1,717
1,683
1,660
1,570
1,533
1,540
45
青森県
1,608
1,626
1,592
1,636
1,659
1,670
1,622
1,542
1,550
1,523
46
長崎県
1,624
1,663
1,636
1,636
1,671
1,662
1,590
1,555
1,530
1,516
47
秋田県
1,641
1,671
1,653
1,610
1,650
1,613
1,595
1,524
1,473
1,486
48
沖縄県
1,295
1,363
1,354
1,372
1,403
1,379
1,349
1,299
1,247
1,247
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
2003
2004
2005
50
数字は嘘をつかないが、
数字に騙されるな










犯罪認知件数が減少していますが、これは、治安が良くなったのですか?それとも警
察が認知していないだけですか?
これは犯罪認知件数です。認知件数ですから、認知してないものは・・・
私が、振込詐欺だと確信して、警察に届け出ようとしたが、日時が明確にないと言う理
由で、被害届を受け取らない警察。
食料自給率は1960年に80%、2010年40%です。もう日本の農業がダメになった、
農業再生のために予算を多く出せ、と農水省は発信する。
でもこれはカロリーベースで、生産額ベースでは69%の自給率です。
農業者は1960年の1200万人から、今は200万人に減少。農業が崩壊するかの如
く発信する農水省。
でも一人当たりの生産量は、1960年の4.3トンから26トンに上昇。
そして総生産額は、1960年に1兆9148億円でしたが、2010年は、8兆1214億円
に上昇。
生産額では、世界第5位?とも言われる農業大国日本。
数字は嘘をつかないが、表現には大きな意味があることを認識しよう。
51
民意と政意
 政治家は、民意の代表として選ばれ、
職業として政治を行う人。
民意を大前提として政治活動することが原点。
 政治が民意に従うだけなら、政治家は不要。
世論調査で政治をすれば良い。
だが、民意が正しいとは限らない。
大衆は目的地も道筋も教えてはくれない。
 民意を正しく理解し、政意を出すのが政治家。
52
政治権力=強制力



諸集団の利害の調整をする権力。
法の制定・軍隊・警察・政府。
行政・立法・司法は、三権を分立させることで、権力の均衡と抑制が図る。

社会で承認されたもの、そして公共の為には権力に服従しなくてはならない。

権力を悪用し、恐怖・腐敗・無能政治をする権力者は、市民が排除せねばな
らない。

権力に群がり、全体の利益を排除し、特定の利益を優先するものは、罰せね
ばならない。
 権力の中に身を潜めている悪魔に心を奪われないようにしろ。
あの政治家のように・・・
53
政策の3つの視点
 地域の持つ個性と魅力を伸ばし、物の豊
かさを実現する。
 安全・安心の基本責任を果たし、心の豊か
さを実現する。
 無駄を削除し、未来に投資する。
目的地に到達する道筋以外は全て無駄。


国家の上部を伸ばして、中間層を引き上げ、下部の社会的弱者を救う。
中間層に対する迎合政策は、国家が破綻する。
54
無駄・無駄・無駄







目的と責任の所在が無い政策。
目的と責任の所在がない予算。
目的と責任感の無い政治家。
目的と責任の所在がない外郭団体。
目的の無い施設。
目的と責任感の無い自治体。
在外公館の5万本のワイン。

どのような国家や地域を創るか、の判断基準がないままの事業仕分けは、あ
まりにも馬鹿げている。そんな無知な議員を仕分けしよう!
市役所の幹部が「巨額の借金があるから改革して無駄を無くす」、と講演。
私は、「借金の原因は何ですか?原因を取り除かなくては、同じ過ちを繰り返
す」と言うと、「原因は市民です」と答えた。私は、怒鳴りあげた。奴が無駄。


55
全長36km
総額1100億円




岡山美作間の高規格道路開通による短縮時間は27分。
県庁に、「目的は何ですか?」と質問した。
すると「高速道路を結ぶこと」、との答え。
「高速道路を結ぶのは手段でしょう、私が質問したのは目的です」、と
申し上げた。
 すると、「岡山と美作と沿線の振興をはかる」との返事。
 27分間の短縮で、地域が振興するのだろうか???
 この道路を作る知事、反対しない議員。無関心な県民。
 目的が達成されなかったら、誰が無駄遣いの責任を取るのだろうか
??
56
私は単純







私は、一歩外に出ると自分を守るのは自己責任だと思っている。
私の家庭は、家族で力を合わせて守る。問題が起これば、家族の責任として処理する
。東京の親戚や友人に責任はない。
企業や団体は、社員や構成員が力を合わせて守る、創る、責任を持つ。取引先に責
任はない。
私たちの国は、私たち日本人が力を合わせて守る。自分達で責任を持つ。日本の未
来は、日本人の責任で創る。
戦争の脅威から国民の生命と財産を守るのは、国家でなくてはならない。日本は戦争
を放棄しても、戦争は日本を放棄していない。
他国に戦争の脅威から守ってもらうという考えは理解できない。国家が、自己責任を否
定・放棄してはならない。
国家が、政治家が自己責任を放棄するから、自己責任を理解しない国民ばかりとなり
、あれもこれも政治や行政の責任だと言い放つ人が増える、と私は単純にしか考えら
れない。
57
地球上で一番の無駄は軍事
費







人間が富を奪い合い、殺し合う。
だから国民の生命と財産を守る為に一番必要な軍事費。
人間同士の殺し合いが無くなれば軍事費は無くなる。
15世紀末、日本は戦国時代に突入した。この時代に生をうけた人々は、日本から富の
奪い合いによる殺し合いが無くなると予想しただろうか・・・
荒れ果てたアフガンの荒野を緑の大地に変えることが出来たら、地球上から戦争はな
くならないだろうか?
いや世界の軍事費を毎年1%ずつ、世界中の荒れ果てた大地を緑に埋め尽くすため
に使い始めたら100年後、荒野は緑におおわれる。緑に埋め尽くされたら、食い物が
豊富になる。人間が生きるための富が生まれる。100年後軍事費をゼロにできないだ
ろうか???
将来、平和な世界を創造する目的で、100年後の軍事費ゼロという目標を持って、今
年度の予算なら理解できる。GDP比で予算額を決めるのは馬鹿。
前例を踏襲せず、未来のために、今、やるべきことを始めよう。
人類は、戦争に終止符を打たなければならない。
さもなくば、戦争が、人類に終止符を打つだろう。
58
国会議員の歳費・・・多々











日本の国会議員の年収は、約2106万円。
米1,357万円、独947万円、仏877万円、英802万円。
別途、「文書通信交通滞在費」が年1,200万円。
議員1人当たり3人の公設秘書の雇用手当は、衆院議員は年2,512万円、
さらに、「立法事務費」として議員1人につき年780万円。
また、議員会館の部屋は無料で、電気・ガス・水道・電話は使い放題。
議員宿舎は格安。
JR・飛行機は無料で、年160万円。
公用車は、衆議院136台、参議院100台で、人件費の予算は年14億円。
議員一人当たり、年間140万円。
政党交付金、一人年間1000万円。
ごめん、頭が悪い私には計算できません。足し算をして下さい。
59
ゼロベースから考える
 国家とは、
個性と魅力に溢れる地域と
光り輝く個人の集合体でなくてはならない。
福武總一郎氏
 悪は必要である。悪が存在しなければ、善は存在しない。
 悪こそ、善の唯一の存在理由だ。
 法は善人のためのものではない。
 政策・戦略・手段は、過去の常識や価値観を捨て、
前例を踏襲せず、ゼロから考える。
60
価値観の違いを訴えろ!



生活保護受給者は216万人。仕事が無い人が30万人。
仕事が無い人は、政府が雇って第一次産業に従事させる。
太陽の下で、野菜・果物を、動物などの生き物を育むと
人間は幸福になる。


知事は、月に数日、市区町村長との会議を開催して、直接話を聞く。
議会で議員とのやり取りだけでなく、知事と首長が直接議論する。



政治に対する国民一人当たりの負担を年間1000円と決める。
国政に500円。地方政治に500円。人口が減ると収入が減る。
定数を削減するか、報酬を減らすかは議員の選択。
61
間違えるな!視点を大切
に
 自由と責任
 負担と給付
 善と悪
 手段と目的
 大義と動機
 民意と政意
 政治と選挙
62


63

自
由
は
無
い
。
責
任
の
な
い
と
こ
ろ
に
、
自
由
の
な
い
と
こ
ろ
に
、
自
由
と
責
任
は
表
裏
一
体
。
責
任
は
無
い
。
間違っていますか?
 父母に孝行し、兄弟仲良くし、夫婦は調和よく協力しあい、友
人は互いに信じ合い、慎み深く行動し、皆に博愛の手を広げ、
学問を学び手に職を付け、知能を啓発し徳と才能を磨き上げ、
世のため人のため進んで尽くし、いつも憲法を重んじ法律に従
い、もし非常事態となったなら、公のため勇敢に仕え、このよう
にして天下に比類なき皇国の繁栄に尽くしていくべきです。
 これらは、ただあなた方が我が忠実で良き臣民であるというだ
けのことではなく、あなた方の祖先の遺した良き伝統を反映し
ていくものでもあります。
教育勅語の現代語訳
64
情けない現実





ある日、一人の婦人が訪ねてきた。夫は高校の教師だと言う。教師の夫が17歳の少女を買春し、発覚したので助けて
欲しい、夫はあと半年で定年だ。半年たてば退職金がもらえる。しかし今、懲戒免職になれば退職金がもらえないから
なんとかして欲しいと訴えてきた。でも、悪い事をしたのでしょう・・と言うと「だって今の娘は発育が良いから、裸にした
ら17歳か18歳かの区別はつかない。あなたは区別がつきますか?」と迫ってきた。そんなことじゃーねぇだろー私は
相手にしなかった。
すると、同僚の教師たちが、彼を助けて欲しいと署名活動を始めた。県教育委員会は、その教師を懲戒免職を取り下
げ休職処分とし、退職金を支払った。岡山県民が胸を張って、世界に自慢できる県知事・県議・教育委員だからこその
判断。
国民年金は25年以上支払わないと受け取れない。ある日、7ヶ月不足して年金が受け取れないと言う相談があった。
年金機構の窓口は、相談を受けていないと言い張る。24年以上支払った年金をタダ取りする日本。
一人の男性がイギリスで行方不明となった。警察は、事件ではない、本人が連絡をしないだけだと言う。色々と動いた
ら事件扱いとなり、警察庁の管轄となり、国際手配された。
明らかに振り込め詐欺と思われることで、警察に被害届を出しに行った。これは振り込め詐欺ではない、事件ではない
と言う。別方向から話をすると、事件です。捜査を開始すると言う。仕事をしたくない警察。仲間を守る教育委員会。数
え上げれば限りない。私たちは、断じて許してはならない。

我々市民は、犯罪者から被害を受けないように自らの責任で身を守らねばならない。問題は、被害者になった時に警
察と戦わねば、捜査をしてくれないと言う情けない現実・・・・

大学教授の給与は1000万円余り。市長の運転手の給与は1000万円余り。小中学校の給食料理員の平均給与は8
00万円程度。学校は年間180日程度。一日一食。東京の平均給与は、600万円程度。岡山は470万円程度。沖縄
は320万円程度。俺がピンクのミニスカートをはくから、給食のおばさんとして雇って欲しいとお願いしたら、何故か断
られた。
65
選挙の悲しい現実







地方選で、対面恐怖症で戸別訪問が出来ない奴、不勉強で政策が一行も書けない奴が支離滅裂の街頭演説で当
選。郵政選挙と政権交代選挙は、社会人として通用しないような人がマニフェストを片手に街頭演説したら当選。こ
れが日本の政治・選挙の現実だ。
県知事選に出馬すると、幹部会でスピーチ、「総理に言われて帰ってきた。総理に恥をかかせない為に全力を尽くす
」と。数日後、私は彼に、「総理に恥をかかせないために頑張るとは何事だ。県民の為に、岡山の未来の為に尽くす
、と何故言えない。お前の政治理念は何だ。お前の政治哲学を言え!」と怒鳴った。何も答えられない、政治哲学・
政治理念の無い無能者がそこにいた。
「何故出馬するの?」と聞いたら「1万2千の出馬要請の署名が集まったから」と。私は唖然として「署名が1万1千だ
ったら出馬しないの?」と聞いた。出馬の動機はあっても大義がない。目的がない。市民のためとの言葉が皆無。10
の約束と称して施策を書いているが、目的地が書かれてない。政治の原点が無い。
2期目の市長選に出馬しようとしていた人に、「何故、2期目の市長選に出馬するの?」と出馬の大義を聞いた。する
と「みんなが出ろ、と言うから」と動機を答えた。唖然。「衆議院を解散する」と小泉首相。郵政民営化に反対した奴に
対して、市長が刺客として出馬。「今、何故、市長の座を投げて衆議院なの?」と問われ、『総理に言われたから』と
またまた動機を答えた。彼は政治生命が無くなった。
ある選挙で、対立候補を誹謗中傷するビラが大量に配布された。事実と異なることを書いている。私は、この怪文書
の配布を止めないなら、私が対立候補の選対に入り、この選対を訴えて落選させてやる、と怒鳴った。隣には、黙し
て語らない東大・ハーバートを首席で卒業した候補がいた。私は、次の選対会議から呼ばれなくなった。記憶力が良
くて、良い大学に入って、エリートを自認していても、哲学・理念が無い奴は、選挙に勝っても政治は出来ない。
ある知事選の指導をして欲しいとの要請が来た。現地に出向いたら、候補予定者のビラが山積みしていた。そこに
は、生い立ちから今日までのプロフィールだけが書かれていた。東大法学部教授の経歴を自慢げに記しているが、
政策は一行も書かれていない。これで知事候補。しかも、当選。
今の日本の政治を前進させるためには、理念と政策のある政治家を輩出することが急務だ。
66
あなたの出馬する選挙は










①【どの選挙】=『国政』・『首長』・『地方議員』
②【立場で】=『現職』・『新人』・『後継者』
③【有権者数は】=『多い』・『中間』・『少ない』
④【土地柄】=『田舎型』・『中間』・『都市型』
⑤【性別】=『男』・『女』・『えっっ?』
⑥【地盤】=『生まれ育った』・『少し住んでいる』・『落下傘』
⑦【時間】=『十分ある』・『少しある』・『全くない』
⑧【経験】=『政治経験がある』・『行政経験がある』・『何もない』
⑨【知名度】=『ある』・『少しある』・『無い』
⑩【有権者の意識】=『政治に不満が充満』・『信頼されている』
選挙区の過去3回の投票・得票を分析せよ。
67
民意を調査
 街頭や戸別訪問で世論調査を実施し、民意を知る。
 政治に期待する政策、取り組んで欲しい課題や悩みを聞く。
 1000サンプル以上取る。希望は3000~10,000サンプル。
 性別・年代・職業・地区に分類。
 未来政策に反映させる。3,000人~10,000に聞いた政策は
重い。
 3,000人~10,000人に聞いた結果を原点に、政意・政策に
反映する。
68
 夢や希望を実現する第一歩は、
「目標を決めること」
 目標を達成する唯一の方法は、
「今を変えること」
 今を変えるに必要なものは、
「変える勇気」
69
決意文を書く
 決意文を書いて下さい。
 冒頭の100文字から120文字で、訴えたいことの全てを表現しろ。
 この120文字が読み手の心を捕まえられなかったら、誰もそのあとに
続く文章を読んでくれない。
 心に響く言葉は、心から出た言葉だけ。
 ある奴が、決意文で私はゲイです、とカミングアウトした。決意文は、
政治理念・政治姿勢・目的地を訴えるもので、断じてゲイであるか、
否かを訴えるものではない。勿論、プロフィールに書く必要もない。
 ゲイです、と書くと、このゲイと書く価値観が有権者に評価される。
 私は決意文に、コギャルが好きですとは書かない。古ギャルや枯ギャ
ルは嫌いですとも書かない。
70
もう生きられへん ここで終わりやで
71
い
ご政
理治
解の
と課
御題
支と
援解
、決
そ策
し
てを
ご現
鞭場
撻に
を求
賜め
りる
ま姿
す勢
よを
う貫
伏き
し、
全
て力
お
願で
い戦
申っ
て
し参
上り
げま
ます
す。
。何
卒
、
温
か
。は
情、私
熱日は
と本、
行は松
動良下
力く政
とな経
覚ら塾
悟なで
はい国
誰」
と家
にの経
も想営
負いの
けを要
な胸諦
いにを
と秘学
自めび
負、、
し志故
てを松
い磨下
まき幸
す、之
。情助
熱塾
を主
燃の
や「
し政
続治
けを
て正
きさ
まな
しく
たて
え。
る今政
新こ治
しその
い、
日目
政本的
治のは
へ政、
の 国
転治民
換をの
が官生
急僚命
務主と
で導財
すか産
。らを
、守
政
治り
主、
幸
導福
へが
、
権実
力感
ので
たき
める
で社
は会
なを
く実
、現
声
なす
きる
声こ
と
にで
応す
歩せ少し
踏ん子よ私
み。高うは
出政齢と、
す治化覚日
勇を、悟本
気変地しの
をえ球ま現
持れ環し状
てば境たを
。憂
ば、
地の
い
破
変域 今
の
壊
えが 日、
国
る変等本民
こわ々は一
と の 人
がり山、
長
でま積引ひ
きすすくと
り
ま。
暮る経の
すら課済幸
。し題の福
がに低の
変対迷実
わし、現
りて社、
未
ま、
政会
保
す治 来
。が障に
政 の責
治責崩任
は任壊あ
私を、る
た果急政
ちた速治
がしにを
進実
、て
一いむ現
ま
のてけ
未はな政
来ない治
をら社は
託な会結
すいに果
し責
こ。
と一て任
は票、
誰と
でのも言
た
き
い
なめ責な
任
いに
が
は
。 をら
奔取
走ら、
次
すな世
るい代
が政に
、治巨
政の
策根額
の幹の
実が借
現こ金
にこを
命に押
をあし
かり付
けまけ
なす、
未
い。来
政政
治治に
夢
家をや
に変希
、え
私な望
たくを
ち 描
をを
越合悲
えわ鳴
、せが
未て聞
遂一こ
者〇え
は〇る
そ〇。
の兆日
十円本
倍を中
。越か
自 ら
殺え、
率る政
は借治
米金の
の大怠
二国慢
倍日に
、本よ
英。る
の自国
三殺民
倍者の
。数悲
は鳴
一が
四聞
年こ
連え
続ま
です
年。
間国
三と
万地
人方
人受え
、けて「
親たく熱
子子る湯
心供子を
中たがか
をち豹け
入で変て
れ溢しや
る
るれて・
とてし・
そいま」
あ
のるうる
二。・
・児
倍虐子童
。待ど養
平にも
成よは護
二っ親施
設
三て
、をの
年命写女
のをす児
児落鏡
童と。が
私
虐し児に
待た童投
相子養げ
談ど護た
件も施言
数は設葉
は平は。
、成、普
一一親段
〇七かは
万年ら優
件にのし
。八虐く
六待、
を甘
生
活
保
護
や
雇
用
の
あ
り
方
の
見
直
し
を
せ
ず
し
て
、
問
題
は
解
決
し
な
い
。
警委犯
一済
。」
「
わとも
備員行「
角
的
勤
母
強長予死
。にめ しがう
ぬ
行先 が答生
化に告ま
きを やえき
だ対をで
ら
詰退 っ
け応し一
たたれ
。策た人
ま職 る。
を無・
っし 」「へ
た、 とすん
指差死
。認 。ま、
示別ん
介知 こんこ
こ
、殺で
護症 のなで
し傷も
殺の 言」終
か事一
人母 葉とわ
し 人
涙
件
・
実 」
を ををり
介
。
聞
行同、
護介 い流や
さ様「
生
心護 てしで
」
れのき
中す 、な、
た事て
と
息
る
・
介た 子が
の件い
ら息
ははて
護め は謝子
、一も
戦に 母るが
ナ 意
死生 の息言
イ〇味
は活 殺子う
年
フ が
年保 害 と
間
販 な
間護 をを、
で
売 い
「
一を 決抱
一
の六、
き
〇申 意寄緒
規七秋
〇請 しせや
制件葉
件し た、で
、。原
歩 で
。た 。「、
おお
でが
行首人
も
前ま
者相を
受
こ
はえ
天は殺
理
れ
わと
国国し
さ
は
し一
の家ま
れ
氷
の緒
中公す
ず
子や
山
止安」
経
やで
の
と
、

二
〇
一
二
年
春
風
に
抱
か
れ
て
何
卒
、
ご
理
解
を
賜
り
ま
す
よ
う
、
伏
し
て
お
願
い
申
し
上
げ
ま
す
。
72
県
民
の
た
め
の
政
治
に
向
か
っ
て
困
難
に
怯
む
こ
と
な
く
、
決
し
て
驕
る
こ
と
な
く
愚
直
に
ま
い
進
す
る
覚
悟
で
す
。
男
前
・
五
六
歳
、
心
の
良
心
に
従
い
、
大
好
き
な
岡
山
の
未
来
の
た
め
に
、
私
心
な
き
政
治
、
今
を
変
え
る
に
は
リ
ス
ク
が
伴
う
。
変
え
な
け
れ
ば
、
未
来
に
よ
り
大
き
な
リ
ス
ク
が
伴
う
。
今
は
、
過
去
が
原
因
。
今
は
、
未
来
の
原
因
。
原
因
は
我
が
身
に
あ
り
。
崩
壊
、
全
国
一
二
位
か
ら
二
六
位
ま
で
下
落
し
た
一
人
当
た
り
の
県
民
所
得
な
ど
に
大
き
く
関
係
し
て
い
ま
す
。
そ
し
て
、
「
教
育
県
岡
山
」
と
称
す
る
が
現
実
に
は
全
国
最
悪
の
不
登
校
・
暴
力
行
為
、
さ
ら
に
学
力
低
下
や
学
級
日
本
の
原
点
で
あ
る
「
礼
節
」
・
「
和
」
・
「
道
徳
」
の
精
神
が
す
た
れ
、
日
本
語
が
乱
れ
て
し
ま
い
ま
し
た
。
せ
い
に
し
、
自
己
責
任
を
放
棄
す
る
人
や
未
来
に
夢
や
希
望
が
描
け
ず
、
不
平
・
不
満
を
言
う
若
者
が
増
大
し
て
い
ま
す
。
現
在
、
国
と
地
方
の
活
力
が
失
わ
れ
、
岡
山
県
民
は
自
信
を
失
っ
て
い
ま
す
。
問
題
に
直
面
す
る
と
、
原
因
を
他
者
の
さ
え
も
奪
わ
れ
、
し
だ
い
に
日
本
の
国
力
は
失
わ
れ
て
き
ま
し
た
。
の
原
点
で
あ
る
「
自
由
」
・
「
責
任
」
の
本
質
を
理
解
し
て
い
な
い
政
治
家
た
ち
に
よ
っ
て
、
自
立
心
や
努
力
す
る
気
概
の
た
め
に
で
は
な
く
、
今
が
、
自
分
だ
け
が
良
け
れ
ば
と
言
う
短
絡
的
な
発
想
が
蔓
延
し
て
き
ま
し
た
。
自
由
主
義
社
会
主
張
す
る
風
潮
が
生
ま
れ
ま
し
た
。
教
育
現
場
で
は
「
ゆ
と
り
」
と
称
し
て
真
摯
に
学
ぶ
姿
勢
を
教
え
な
く
な
り
、
未
来
て
い
た
社
会
か
ら
、
「
個
の
利
益
」
や
「
利
便
性
」
だ
け
を
求
め
る
よ
う
に
な
り
、
「
義
務
」
を
果
た
さ
ず
「
権
利
」
を
ば
ら
撒
き
始
め
ま
し
た
。
す
る
と
互
い
に
知
恵
を
出
し
合
い
、
互
い
に
支
え
合
う
こ
と
で
生
き
る
喜
び
を
分
か
ち
合
っ
し
か
し
、
国
や
地
方
が
豊
か
に
な
る
一
方
で
、
理
念
無
き
政
治
家
に
よ
っ
て
権
力
が
行
使
さ
れ
、
国
民
や
県
民
の
富
を
考
え
て
い
ま
す
。
づ
い
た
学
校
教
育
を
重
視
し
た
か
ら
こ
そ
技
術
力
や
職
人
技
を
発
揮
し
て
、
も
の
づ
く
り
日
本
の
発
展
に
つ
な
が
っ
た
と
家
族
や
地
域
の
「
和
」
・
「
絆
」
を
大
切
に
す
る
こ
と
に
よ
っ
て
安
心
・
安
全
な
地
域
社
会
が
構
築
さ
れ
、
理
念
に
基
の
尽
力
に
よ
っ
て
、
世
界
か
ら
奇
跡
と
ま
で
評
価
さ
れ
る
戦
後
復
興
を
果
た
し
、
先
進
国
の
仲
間
入
り
を
し
ま
し
た
。
即
ち
日
本
の
哲
学
が
源
泉
と
な
り
、
政
治
の
責
任
は
富
の
分
配
だ
け
で
は
な
く
、
富
の
創
造
に
も
あ
る
と
考
え
た
先
人
そ
の
時
代
を
生
き
る
人
た
ち
の
努
力
だ
け
で
は
な
く
、
県
民
が
代
々
受
け
継
い
で
き
た
教
育
と
道
徳
の
基
盤
、
つ
元
来
の
勤
勉
さ
、
誠
実
さ
を
持
っ
た
郷
土
に
誇
り
を
持
っ
て
い
ま
し
た
。
農
林
水
産
業
や
製
造
業
や
医
療
・
福
祉
は
、
二
十
世
紀
の
岡
山
は
活
力
に
溢
れ
、
誰
も
が
未
来
に
夢
や
希
望
を
描
き
、
恵
ま
れ
た
美
し
い
自
然
と
岡
山
県
民
が
持
っ
芸
術
の
香
り
高
き
岡
山
を
創
る
決
意
し
ま
し
た
。
そ
し
て
、
未
来
に
投
資
す
る
た
め
に
徹
底
し
て
無
駄
を
削
減
し
て
、
未
来
の
若
者
が
希
望
の
持
て
る
岡
山
、
文
化
・
か
さ
を
実
現
す
る
こ
と
に
よ
っ
て
、
誰
も
が
幸
福
を
実
感
で
き
る
岡
山
を
創
造
し
ま
す
。
大
切
に
す
る
社
会
、
そ
し
て
、
大
き
な
可
能
性
を
秘
め
て
い
る
岡
山
の
個
性
と
魅
力
を
伸
ば
し
、
物
の
豊
か
さ
と
心
の
豊
私
は
、
民
主
主
義
の
原
点
に
立
ち
、
声
な
き
声
に
耳
を
研
ぎ
澄
ま
し
、
真
の
弱
者
に
手
厚
い
政
治
、
心
の
つ
な
が
り
を
責
任
を
果
た
す
た
め
に
、
今
こ
そ
理
念
に
基
づ
く
政
治
、
未
来
に
責
任
を
持
つ
県
政
へ
の
転
換
が
急
務
で
あ
り
ま
す
。
政
治
は
、
理
想
と
現
実
を
つ
な
ぐ
夢
の
架
け
橋
。
今
を
生
き
る
私
た
ち
が
、
希
望
に
溢
れ
る
岡
山
を
次
世
代
に
残
す
心
の
キ
ャ
ン
パ
ス
に
、
大
き
な
夢
を
描
い
て
73
り治
ま、 私
す未 は
よ来 、
うに 美
伏投 咲
し資 町
てす の
おる 安
願政 全
い治 と
申を 安
し推 心
上進 を
げし 確
まて 保
すま す
。い る
り政
ま治
す、
。地
何域
卒の
、個
ご性
理と
解魅
と力
ごを
協生
力か
をす
賜政
子
ど
も
か
ら
お
年
寄
り
ま
で
、
情
の
あ
る
、
心
温
ま
る
政
治
を
目
指
し
ま
す
。
私
は
信
じ
て
い
ま
す
。
美
咲
町
は
、
必
ず
飛
躍
す
る
町
に
変
わ
る
こ
と
が
で
き
る
と
。
改い
革。 今
を私 こ
断が そ
行改 、
さ革 美
せの 咲
よ先 町
う頭 民
、に の
と立 心
決ち を
意、 一
を町 つ
し内 に
まの し
し隅 て
た々 、
。ま ま
でち
足づ
をく
運り
んを
で展
対開
話し
をな
重く
ねて
なは
がな
らら
、な
民超
にえ 二
対る 〇
し。 三
て介 五
責護 年
任施 、
を設 美
果の 咲
た待 町
し機 の
て者 人
い数 口
るは は
と、 一
言今 万
えで 人
るも と
だ八 予
ろ〇 想
う〇 さ
か人 れ
。近 る
い。
。老
今年
の人
美口
咲は
町、
政四
は〇
、%
町を
し
た地
。方
「自
ど治
のの
地研
域修
にを
もし
未て
来い
はる
あと
るき
。に
美、
咲心
町に
に焼
無き
いつ
のい
はた
戦言
略葉
とを
ビふ
ジと
ョ思
ンい
だ出
」し
ま
欲県 り と が ク
し内 前 だ 美 に 昨
い外 の け 味 頼 秋
。の 風 嬉 し ま 、
そ多 景 し い れ 黄
しく だ そ で て 金
ての が う す カ に
、人 、 に ね メ 色
こた 都 笑 』 ラ づ
のち 会 っ と の い
町に か て 言 シ た
に訪 ら い わ ャ 段
移れ 見 る れ ッ 々
住て れ よ 、 タ 畑
しい ば う た ー の
てた 素 に わ を 稲
欲だ 晴 見 わ 押 穂
しき ら え に し と
いた し ま 実 ま 真
」い い し っ し っ
と。 魅 た た た 赤
の農 力 。 稲 。 な
想産 と 「 穂 『 彼
い物 人 こ は 陽 岸
をや 情 こ 、 の 花
強様 味 で 肩 光 の
く々 に 暮 を が 前
しな 溢 ら 震 眩 で
ま魅 れ す わ し 、
し力 た 人 せ く 若
たを 美 に て て い
。知 咲 は ち 、 ア
っ町当ょ空ベ
て。たっ気ッ
取く 守 変
りて る 革 時
組は 』 の 代
んな 政 時 の
でり 治 に 転
まま へ こ 換
いせ と そ 期
るん 舵 、 に
覚。 を 政 は
悟私 取 治 、
では り が 政
ご、 、 先 治
ざ町 次 頭 も
い民 世 に 、
まの 代 立 行
す皆 に ち 政
。様 素 、 も
方晴地、
とら方町
スし自民
クい治も
ラ美の変
ム咲原わ
を町点ら
組をでな
ん送あく
でるるて
、使『は
新命命な
しをとり
い果暮ま
政たらせ
治さしん
になを。
いン や
し念
まス 補 政 たと 私
す感 助 府 。し は
。覚 金 の
、、
を削『
『『
欠減三
美ク
きに位
咲リ
、よ一
町ー
町り体
のン
民、改
均政
の地革
衡治
声方』
あ』
にには
る・
耳負、
発『
を担私
展公
傾をた
』平
け強ち
を・
ずいの
目公
、て愛
指正
町いす
し』
内まる
て・
にす美
、『
大。咲
町民
き同町
政意
な時に
に反
も
ひに
挑映
ず美押
戦』
み咲し
すの
を町寄
る三
も政せ
決つ
たは、
意を
ら、交
を基
付
しバ
し本
てラ税
ま理
政策は、時間軸で描け
 100年後の日本・地域の目指す目的地を描く。
あれやる、これやると言う奴は多いが、目的地の無い政策は無意味。







目的地に到達するための手段を示す。
現状を数字で表現する。
目的地に到達するための課題を明確に示す。
今、直ぐにやること。
10年でやるとこ。
30年でやること。
100年でやることを書け。
74
トップを目指せ
議員選挙
 47都道府県と1719の基礎自治体と23区。
 選挙で一番を目指さない奴に、1719の市町村・23区の
中で地域間競争に勝ち抜き、どの街よりも個性と魅力と存
在感に溢れる街を創ることは出来ない。
 トップを目指さない政治家に未来を託せない。

私は、転職した時、誰からも相手にしてもらえなかった。そこで、業界で一番になってや
ろうと決意した。直ぐに業界で一番にはなれないが、まずは業界で一番努力する人間
になろうと決意した。決意したら努力が苦にならない。
75
得 票 は
候補者の大義と有権者の大義が、
一致した分だけが得票となる。
この2つを紐解くと
戦略と戦術が生まれる。
76
戦略を描く3つの視点
 自分の現在地と投票日の位置
 対立候補の現在地と投票日の位置
 有権者の意識・投票行動
 今やること。次にやること。選挙直前にやること。時間軸で戦略を描け
 自分がやること。選対幹部がやること。地区選対がやること。組織軸
で戦略と戦術を描け。
 理念と政策とイメージ、有権者のレベル軸で戦略を描け。
 票読みが出来ない奴は、選挙を語る資格は無い。
77
組 織
 目的と目標と期限と責任を明確にすると、
やる気と能力のある奴が残り、
無能者が去る。
 目的と目標と期限と責任を不明確にすると
やる気と能力のある奴が去り
無能者が残る。
78
組織の信頼・責任




組織は、信頼の上にのみ成り立つ。
政治家としての責任を果たさねば、信頼は得られない。
理念と政策がなくては、期待感は得られない。
支援者が集まり、効果的・効率的に後援会活動を展開し
ようとするなら、そこに組織が生まれる。
 責任感のあるあいつは、手段を見つけ、創意と工夫で前
進する。
 何もする意思の無い奴は、言い訳を見つけ、ぐじゃぐじゃ
言う。将来の到達点は、明らかに違う。
 支援者は、候補者に魅力があれば集まる。
79
選挙の組織





企業の組織は、報酬がある。
上から指示を下せば、一定の人は動く。
しかし、選挙の組織は報酬が無い。
店頭の販売員は、求めて来た客に応ずれば良い。
でも有権者は、選対本部に何も求めて来ない。
 では、選対には何を目的に行動のエネルギーを・・・
 有権者には、選対からアプローチするしかないから。
80
嫌われる指揮官





選挙は、企業や団体組織の運営とは異なる。
報酬が無いから、厳しくやれば、人から嫌われる。
しかし、限られた時間で、絶対に勝たねばならない。
選挙哲学を持つ、強力なリーダーがいないと戦えない。
強く指示したら、不平・不満を言う人は、努力して目的を達
成する意思の無い人。
 やる気のある人は、どうしたら良いかを相談してくる。
 合議制は、落選の近道。嫌われる指揮官になれ。
81
100人の仲間をつくれ
 一人で見る夢は、夢にしか過ぎない。
しかし、みんなで見る夢は現実となる。
前に進む時、立ち止まった時、困った時、
嬉しいとき、悲しいとき、未来に夢を描くとき、
夢を実現する時、当選したとき、
ともに涙する仲間が要る。
 本質を捕らえる力。戦略を描く力。他者を感じる力。
 今と未来を読む力。行動力。先頭に立つ勇気が必要。
82
組織図
出納責任者
候補者
後援会長
戦略本部・有権者の心に届ける
陣営を固め・対立陣営に切り込む
無党派層を取り込む
選対本部長代理
選対本部長
選対本部長代理
戦略会議
10名まで
幹部会議
30名まで
事務長代理
選対事務長
事務長代理
選対副本部長
選対副本部長
選対副本部長
選対副本部長
選対副本部長
地区青年組織
女性組織
団体組織
全中学校区
支援企業組織
選対幹事
選対幹事
選対幹事
選対幹事
選対幹事
事務長補佐
事務長補佐
事務長補佐
事務長補佐
事務長補佐
事務局
電話作戦
ボランティア
届出・法律
街頭・選挙カー
個人演説会
会議
拡大選対
会議
83
色々と組織する











小・中・高・大学の同窓生による組織
スポーツ仲間による組織
茶道・華道・踊り・カラオケの仲間による組織
様々な勉強会による組織
自治会・婦人会・老人会・ママさんバレーの仲間による組織
所属団体による組織
所属企業による組織
美人ばかりの女性の組織
地域に住んでいる人たちによる組織
とにかく、知っている人を集めて組織する。
親族による組織

それぞれの組織が目標得票数を決め、目標後援会員数を決め、知人宅を候
補者を連れ歩き、仲間とミニ集会を開催して、組織の輪を広げて責任を果た
す。
84
チームで合意し、当選する
。




事務所スタッフの合意。
幹部の合意。
後援会全体の合意。
スケジュールとシナリオと責任分野と目標数と期
日を合意して、行動に移す。
 選対会議・ミニ集会は選挙勉強会だ。徹底しろ。
 逆風に勝ち抜く選対であるために。
85
後援会活動とは
 投票日に、男前と書く約束を取り付ける運動。
(この表現は選挙違反)
 約束したら署名を頂く。その署名が後援会名簿。
 目標得票数の120%~150%の署名を集める。
(急用で投票に行けない人・署名したが投票しない人・他候補に投票する人がいる)
86
努力と結果









目的と目標が伴わない行動は、時間の経過に過ぎない。
行動の伴わない目標は、単なる願望。
何をしてきたか、ではなく、これから何をするかだ。
努力した人が成功するとは限らないが、成功した人は全て努力している。
努力は、報われるとは限らないが、良い仕事は報われる。
何もする意思の無い奴は「頑張ります。出来ることを全力でやります」と言う。
やる意思のある奴は、「今やらねばならないことをやります」という。
「やれ」と言うと「努力します」と言うが、人から言われてやることは「努力」と
は言わない。「努力」とは、自らの目標に向かってまい進することのみを言う。
責任感のある奴は、手段を見つけ前進するのに忙しい。
何もする意思の無い奴は、言い訳を見つけるのに忙しい。
俺は、コギャルとのデートに忙しい。
87
世の中には
「勝ち組」も「負け組」も無い。
あるのは
「やる組」と「やらない組」だけ。
88
集票の3つの視点
陣営票を固める。
対立陣営に切り込む。
無党派層を狙う。
 女性票を制した陣営が勝つ。
89
約束を取り付ける活動は4つ
 戸別訪問
為政者の原点。課題と解決策を現場に求める。
 集
会
参加者を運動員化することが目的。宿題を出せ。
 街
頭
顔見せ。スピーチの練習。頑張っている姿をアピールするだけ。
でも、街頭個人演説会にすれば、話は別。
 広
報(メッセージ戦略).
P I で理想的な候補者像を創り、理念・政策を訴える。
90
現状は・・・
 組織を構築して、陣営の力を十二分に発揮して、
集票出来ない選対が多い。
 対立陣営に切り込まない選対が多い。
獲得できる票を放置しては、勝てない。
 街頭演説ばかりの民主党。風に左右される。
逆風で勝ち抜かねばならない。
 選対会議では男性ばかり。個人演説会も大半が男性だ。だから、女
性票にターゲットを当てた選対を組み、活動する視点が大切。
91
有権者は、女性が多い。
投票者も女性が多い
第46回衆院選 有権者数、投票者数、投票率(小選挙区)
選挙当日有権者数
区分
男
女
投
計
票
男
者
投票率
数
女
計
男
女
計
50,204,503 53,755,363 103,959,866 30,193,955 31,475,518 61,669,473 60.1% 58.6%
計
59.3%
第32回参院選 有権者数、 投票者数、 投票率 (選挙区)
当日有権者数
投
票
者
投票率
数
区
分
全
国 50,294,250 53,858,340 104,152,590 26,906,629 27,892,298 54,798,927 53.5%
男
女
計
男
女
計
男
女
計
51.8% 52.6%
平成23年 統一地方選挙 県議選 有権者数 投票者数 投票率
当日有権者数
区
分
全
国 34,193,747 36,846,537
男
女
投
計
男
票
者
女
投票率
数
計
男
女
71,040,284 16,353,604 17,848,945 34,202,549 47.8% 48.4%
計
48.1%
92
メッセージ戦略の視点




オピニオンリーダー=理念で訴える=決意文
政治意識の高い層=政策で訴える=パンフ
政治意識が・・・・・・=イメージで訴える=広報物
利権に群がる人=過去の実績で選ぶ
 政治意識の低い層=投票に行かない
93
対立候補に攻め込む
94
無党派層を取り込め




時代は変化している。変化に応じて変わらなければ、時代に取り残される。

09年に民主政権発足で、無党派層は40%台。民主支持率は30%。無党派層の一部
が民主支持に動いた。



無党派層は昨年、再び60%台。既成政党は合計で30%台の支持。
選挙では、無党派層はどこかの政党に投票せざるを得ない。
昨年末 『次期衆院選でどの党に投票するか』と聞くと、自民党の支持率は13%で、投票
先では25%、民主党は支持率10%で、投票先では17%。


どの政党が無党派層の受け皿になるかで、当落が決まる。政権が決まる。
いや違う。どの政党が、どのようにして無党派層を取り込むかで、当落が決まる。政権
が決まる。未来が決まる。
1962-70年=10%台。1971-75年=20%台。1976-94年=30%台
1994年、自・社・さ政権に国民が失望=50%台。
小泉政権の2002年-03年は60%台。自民支持は20%前後、民主支持は1桁
95
無党派
 政治への関心が強いからこそ、無党派の人。
 政治に対して全く無関心で、投票に行かない層。
 知ったかぶりして政治や選挙を語るが、全く的外
れのあいつ。
 私は、今の無党派層は良識派と見る。いや、投票に行く、良識ある無
党派層をターゲットにして戦略を組む。攻撃をしかける。
 閉塞感に溢れ、未来に夢や希望が描けない日本。

自民党や民主党を支持しないで、第三局に期待を寄せるのは理解できる。しかし、小
選挙区制度では、第三局は存在しない。
96
問われる質と量
 【過 去】・【現 在】・【未 来】
(生き様・人間性)
(活動の量と質)
(理念・政策)
 【戸別訪問】・【集会】・【街頭演説】・【広報】
 【目的】・【手段】・【目標】・【期限】・【責任】
97
擁 立








ある人を候補者として擁立しようと決意した。
最初は、シンポジゥムを開催。地域の中心人物に参加を要請した。
開催後、参加者の若者の一人が私に、「彼に県議になって欲しい、口説いて欲しい」と言って来た。
心の中で、しめしめと思った私は、「口説くのは有権者である貴方が適任者だ、有権者でない俺が
口説くのは筋違いだ」と言ったら、「どのように口説いたら良いか」と質問してきた。私は「県議選に
勝利するには、1千万円程度のお金か票が必要だ。1千万円を用意して出馬して欲しいと要請する
か、全ての有権者を私たちの仲間で全戸を歩いて口説いて、票の責任を持つから出馬して欲しいと
要請するか、二者択一だ」と話した。彼は、後者を選択した。
選挙区は、ド田舎。長老がまちを取り仕切っている。私は、全ての町長と地域の長老を訪問して、彼
を擁立することを伝え、理解を求めた。
地域の有力者を集めての最初の会合の前に、再度長老を訪問して、候補者は若い、さらに擁立し
たのは地域の若者だ。この地域の選挙は、皆さん方が取り仕切ってきたことは十分承知しているが
、今回の選挙は若者にやらして欲しい。みなさんは陰で支えて欲しい、と頭を下げて回った。
会合で、若者が手を挙げ、「この選挙は、候補者を担いだ私たちにやらせて欲しい」と、その若者は
、声を震わせて想いを述べたら、長老たちは快く受け入れてくれた。
人・物・金・票が集まり、現職をダブルスコアーで破って勝利した。あれから20年、彼の選対の中心
は、今、地域の中心の人たちだ。まだ、10年は安泰だ。
98
土 俵
政策は、同じ土俵で相撲を取るな。
 こちらの土俵に引きずり込め。
 対立候補の弱点を狙え。
99
集票活動
後援会名簿
戸別
集会
全市
街頭
広報
戸別
集会
A区
街頭
広報
戸別
集会
B区
街頭
広報
戸別
C区
集会
街頭
広報
100
告示までの目標
責任
地区別
戸別全体
本人
本人
本人
幹部
A
集会全体
B
主 催
C
社員集会
D
参加集会
E
街頭全体
F
朝の駅頭
G
夕刻街頭
H
配布全体
Ⅰ
街
頭
集会配布
J
K
投げ込み
L
戸別全体
本人
本人
本人
幹部
A
集会全体
B
主 催
C
社員集会
D
参加集会
E
街頭全体
F
朝の駅頭
G
夕刻街頭
H
配布全体
Ⅰ
街
頭
集会配布
J
K
投げ込み
L
戸別全体
本人
本人
本人
幹部
A
集会全体
B
主 催
C
社員集会
D
参加集会
E
街頭全体
F
朝の駅頭
G
夕刻街頭
H
配布全体
Ⅰ
街
頭
集会配布
J
K
投げ込み
L
戸別全体
本人
本人
本人
幹部
A
集会全体
B
主 催
C
社員集会
D
参加集会
E
街頭全体
F
朝の駅頭
G
夕刻街頭
H
配布全体
Ⅰ
街
頭
J
集会配布
K
投げ込み
L
2012/1月末日
目標数
達成数
達率
100,000
100,000
100%
目標数
達成数
2012/2月末日
達率
目標数
達成数
2012/3月末日
達率
目標数
達成数
2012/4月末日
達率
目標数
達成数
2012/5月末日
達率
目標数
達成数
達率
成功と失敗
 成功する人は、
失敗の経験を成功に生かす人
。
 絶対に失敗しない方法は一つだけ、
挑戦しないこと。
 失敗は、挑戦者だけに与えられる勲章。

101
俺は、何度もコギャルにアタックして失敗したが、その経験を成功に生かし切れていない。反省。あるのは勲章だけ。
姫の虎退治で







姫の虎退治・参院選で、私は票読みをした。投票日まで残り一週間のある日、うどん屋で虎の政策
秘書に出くわした。
私は、「票を読んだら貴方の陣営は落選するのが明確になった。直ちに3つの点を方向転換しない
と落選する。方向転換して国会議員と政策秘書を続けるか、このままで投票日に国会議員はただ
の人となり、お前は無職になる道を選択するかだ」、と忠告した。
翌日、秘書は「方向転換は無理です。できません」と言って来た。
私は理由は聞かず、「どの道を選択するかは自由だ。あなたの陣営が、落選を選ぶならそれ
も良し」と返した。投票日、自民党候補は落選した。
選挙が・票が読めない選対、勝つために何が必要か、戦略が解らない人が、選対の中心に位置し
てはならない。
過去、数えきれないほどの候補から選挙の相談を受けた。また、多くの人に変えなければ落選する
と指摘し、方向転換すべき道をアドバイスしたが・・・最後は、自分の価値観で方向転換するどうかを
決めている。今までの選挙に対する価値観や方向が間違っているのだから、自分の価値観で決め
ると同じ間違いを犯し、負ける。
特に、首長連中は、政治と選挙の違いを理解していない。政治が出来ても選挙は別物だから勝てる
とは限らない。政治が出来ても選挙には勝てない。
敵を知り、己を知れば、百戦危うからず。
102
有権者
投率
当日
有権者
投率
片山虎之助
予測
結果
差
姫井由美子
予測
結果
差
植本かんじ
予測
他の二人
結果
予測
無効票
予測
結果
合計
結果
予測
結果
岡山市
554,457 57.2%
549,967 56.98% 124,635 39.3% 125,228 40.0% 100.5% 154,842
48.8% 158,386 50.5% 102.3% 22,130 7.0% 17,417 5.6%
4,384
4,963
11,089
3.5%
7,383
2.4%
317,080
313,377
倉敷市
379,609 53.1%
377,745 55.40%
74,460 36.9%
86,004 41.1% 115.5% 104,381
51.8% 103,119 49.3%
9,741 4.7%
2,499
3,764
7,592
3.8%
6,635
3.2%
201,650
209,263
津山市
88,258 59.2%
87,746 57.18%
22,255 42.6%
21,560 43.0%
96.9%
24,153
46.2%
24,416 48.7% 101.1%
3,057 5.8%
2,008 4.0%
606
774
2,206
4.2%
1,413
2.8%
52,277
50,171
玉野市
56,602 65.0%
56,586 61.64%
15,760 42.9%
13,346 38.3%
84.7%
17,402
47.3%
17,968 51.5% 103.3%
2,301 6.3%
1,743 5.0%
455
660
849
2.3%
1,160
3.3%
36,767
34,877
笠岡市
46,853 62.2%
46,647 62.36%
14,905 51.1%
14,795 50.9%
99.3%
12,096
41.5%
12,236 42.1% 101.2%
1,398 4.8%
927 3.2%
277
412
469
1.6%
718
2.5%
29,145
29,088
井原市
37,933 57.4%
37,779 59.72%
11,220 51.5%
11,595 51.4% 103.3%
8,878
40.8%
9,436 41.8% 106.3%
923 4.2%
675 3.0%
183
334
569
2.6%
520
2.3%
21,773
22,560
総社市
53,755 57.4%
53,557 61.26%
12,500 40.5%
13,402 40.8% 107.2%
15,694
50.9%
17,300 52.7% 110.2%
1,527 5.0%
1,030 3.1%
303
589
806
2.6%
490
1.5%
30,830
32,811
高梁市
30,935 66.5%
30,756 64.16%
10,788 52.4%
10,162 51.5%
94.2%
7,978
38.8%
8,226 41.7% 103.1%
1,127 5.5%
767 3.9%
224
187
464
2.3%
392
2.0%
20,581
19,734
新見市
30,072 71.0%
30,060 69.29%
10,284 48.1%
9,845 47.3%
95.7%
9,050
42.4%
9,487 45.5% 104.8%
1,317 6.2%
834 4.0%
261
263
451
2.1%
401
1.9%
21,363
20,830
備前市
33,916 67.3%
33,754 63.65%
9,956 43.6%
10,772 50.1% 108.2%
10,692
46.8%
9,224 42.9%
86.3%
1,110 4.9%
736 3.4%
220
368
848
3.7%
383
1.8%
22,826
21,483
瀬戸内市
32,742 63.8%
32,701 64.20%
8,392 40.2%
9,130 43.5% 108.8%
10,532
50.4%
10,065 47.9%
95.6%
1,235 5.9%
917 4.4%
244
324
491
2.3%
558
2.7%
20,894
20,994
赤磐市
36,765 62.5%
36,628 64.35%
9,457 41.1%
10,310 43.7% 109.0%
11,061
48.1%
11,336 48.1% 102.5%
1,298 5.6%
997 4.2%
257
474
919
4.0%
452
1.9%
22,992
23,569
真庭市
43,862 66.3%
43,657 66.94%
13,425 46.2%
15,019 51.4% 111.9%
12,894
44.3%
12,179 41.7%
94.5%
1,393 4.8%
889 3.0%
276
365
1,097
3.8%
771
2.6%
29,085
29,223
美作市
27,823 66.4%
27,710 66.73%
8,879 48.1%
8,889 48.1% 100.1%
7,758
42.0%
7,865 42.5% 101.4%
949 5.1%
834 4.5%
189
285
696
3.8%
619
3.3%
18,471
18,492
浅口市
31,969 67.7%
31,820 63.07%
8,932 41.3%
8,944 44.6% 100.1%
11,120
51.4%
9,771 48.7%
87.9%
929 4.3%
618 3.1%
185
280
480
2.2%
455
2.3%
21,646
20,068
和気町
13,825 68.7%
13,739 66.70%
4,278 45.0%
4,282 46.7% 100.1%
4,276
45.0%
4,135 45.1%
96.7%
501 5.3%
381 4.2%
99
158
346
3.6%
208
2.3%
9,500
9,164
早島町
9,924 58.7%
9,817 62.07%
2,084 35.8%
2,353 38.6% 112.9%
3,174
54.5%
3,184 52.3% 100.3%
348 6.0%
285 4.7%
69
174
149
2.6%
97
1.6%
5,824
6,093
里庄町
9,003 66.2%
8,994 66.63%
2,637 44.2%
2,893 48.3% 109.7%
2,861
48.0%
2,724 45.5%
95.2%
276 4.6%
174 2.9%
55
84
135
2.3%
118
2.0%
5,964
5,993
矢掛町
13,530 64.3%
13,524 64.81%
4,523 52.0%
5,025 57.3% 111.1%
3,541
40.7%
3,239 37.0%
91.5%
363 4.2%
278 3.2%
72
80
203
2.3%
143
1.6%
8,702
8,765
新庄村
906 86.2%
898 80.51%
471 60.2%
414 57.3%
87.9%
247
31.6%
272 37.6% 110.1%
34 4.3%
22 3.0%
7
8
23
2.9%
7
1.0%
782
723
鏡野町
12,288 68.9%
12,267 66.33%
4,125 48.7%
3,935 48.4%
95.4%
3,578
42.3%
3,627 44.6% 101.4%
378 4.5%
234 2.9%
75
143
307
3.6%
198
2.4%
8,463
8,137
勝央町
9,341 64.0%
9,277 63.05%
2,841 46.8%
2,844 48.6% 100.1%
2,666
43.9%
2,610 44.6%
97.9%
280 4.6%
151 2.6%
55
124
234
3.9%
120
2.1%
6,076
5,849
奈義町
5,462 71.2%
5,454 71.43%
2,035 52.3%
2,117 54.4% 104.0%
1,368
35.2%
1,335 34.3%
97.6%
292 7.5%
220 5.7%
59
97
137
3.5%
124
3.2%
3,891
3,893
西粟倉村
1,390 78.0%
1,384 76.95%
605 55.8%
593 55.7%
98.0%
400
36.9%
397 37.3%
99.3%
37 3.4%
26 2.4%
8
22
35
3.2%
27
2.5%
1,085
1,065
久米南町
4,981 71.9%
4,965 67.55%
1,613 45.0%
1,487 44.3%
92.2%
1,527
42.6%
1,519 45.3%
99.5%
265 7.4%
257 7.7%
52
36
125
3.5%
55
1.6%
3,582
3,354
美咲町
14,350 72.9%
14,261 69.28%
5,261 50.3%
5,001 50.6%
95.1%
4,039
38.6%
4,129 41.8% 102.2%
666 6.4%
431 4.4%
133
128
359
3.4%
190
1.9%
10,458
9,879
吉備中央町
11,706 64.9%
11,664 63.68%
4,093 53.9%
3,838 51.7%
93.8%
2,766
36.4%
3,000 40.4% 108.5%
371 4.9%
337 4.5%
74
90
293
3.9%
163
2.2%
7,597
7,428
47.8% 451,185 48.2% 100.5% 57,223 6.1% 42,929 4.6%
11,321
15,186
31,372
3.3%
23,800
2.5%
939,304
936,883
103
県計
1,592,257 59.0% 1,583,357 59.17% 390,414 41.6% 403,783 43.1% 103.4% 448,974
98.8% 12,718 6.3%
困難に直面したとき
原因を他者のせいにすれば、
解決の道はない。
原因を自らに求めると、
解決の道が開ける。

自らに原因があると言いながら、何が未熟かを述べない奴は、一番の無能者。
奴は、解決策が解らないのではなく、問題が解っていないのに、
解っている振りをする偽装者だ。
104
方向転換






勝てないと判断すれば方向転換しろ。自らを方向転換して選挙如きに勝てない奴に、
難局の時を迎えている国家や自治体を方向転換など出来ない。
方向転換しなければならないとき、それを自覚できない奴は政治家の資質は無い。
ある日、ある政党の党本部に招かれた。党首と代表幹事に、大きく方向転換せねば惨
敗する、とアドバイスした。すると、いや、絶対に500万票取れます、とほざいた。私は
、それなら何故を俺を東京まで呼んだのだ。勝てるなら俺にアドバイスを求める必要は
無い、と私は席に着くこともなく立ち去った。全員法定得票に達せず、供託金没収。残
ったのは巨額の借金。
ある日、慶応大学の教授の要請を受けて、都知事選に出る奴の党本部に出向いた。
そこには、幹部が10数人。こんな政策で、こんな選対では負ける。方向転換しろ、と怒
鳴ったが・・・・彼は供託金没収。
ある日、首長選挙に出馬する奴からSOSが入った。彼は2期目の選挙だから一番楽
勝の選挙のはずだ。苦戦の原因を聞くと、「マスコミのネガティブキャンペーンにやられ
ている」と言う。彼は落選した。
ある人は、この問題に対して、どのように考えたら良いかと質問してくる。だから私は、
どのように考えたら良いかを話す。彼が、この状況を打破するために、どのように考え
たら良いかを聞いてきていたら、私は原因を自らに求めろ、とアドバイスしただろう。
105
反省とは
 反省は毎日すること。理想や目的と、結果とを検
証し、改める点を明確にすること。
 理想が描かれていたか、理想に到達するための
戦略・数値・責任が明確化されていたか、理想と
結果とを数字で検証せよ。
 問題のある結果なら、改める点を洗い出し、
直ちに改善するのが反省。
 同じ過ちを繰り返さないために。
106
道に迷う
 人間は、無知によって道に迷うことはない。
 自分が知っていると過信することによって迷うのだ。
 どこに行こうとしているのか解っていなければ、どの道を
通ってもどこにも行けない。
 自分こそ正しい、という考えが、あらゆる進歩の過程で
 最も頑強な障害となる。
 これほどばかげていて根拠のない考え方はない。
107
政治活動・選挙運動
 【政治活動】
政治上の目的をもって行われる一切の活動、政治上の主義
施策を推進し、支持し、若しくはこれに反対し、又は公職の候
補者を推薦し、支持し、若しくは反対することを目的として行
う直接間接の一切の行為を総称するもの。
 【選挙運動】
特定の選挙について、特定の候補者の当選を目的として、
投票を得又は得させるために直接又は間接に必要かつ有利
な行為。
108
個別訪問
目標得票と同数の戸別訪問
.
目









的 後援会員集め 知人の紹介・集会・資金等々の依頼
誰 が 本人・親族・秘書・支援者。
誰 と
地域なら自治会長、企業なら取引先の管理者と歩く
計 画 何処を・何軒・いつまでに・誰が責任を持つ。
聞 く
不満・要望・提言を聞き、政治に反映する。
伝える 紙と口頭で、目を見て、手を握って、肩を抱いて、笑顔で。
留守宅 留守宅には、玄関でしっかり頭を下げる。
ア ポ
逢わなくてはならない人にはアポを取って行く。
成 果 毎月の集計 達成率を出す。会議で報告する。
選挙中 戸別訪問が禁止されているので、選挙カーからマイクで個別に訴える。

訪 問
個別訪問をしない奴は政治家になる資格は無い。
一日100軒で年間3万軒訪問せよ。
109
あなたの訪問は








一度訪問すると「そうか、挨拶に来たか」と有権者は受け取る。
二度目に訪問すると「えっ、本気なの」と思う。
三度訪問すると「俺を頼りにしているなら、力になってやろう」と思う。
訪問は、目的を明確に伝えることが必要。「宜しくお願いします」は意味不明。「何度も
宜しくお願いされたが、何をお願いされたか解らない。具体的に何も言われなかった」
と有権者が言っていることをご存知ですか?
目的を明確に伝えるには、「言葉」と「具体的に何をお願いするかの要旨を書いたペー
パー」を持参する。
ある人は留守宅のポストに資料を入れ、玄関に向って腰を90度に折り、頭を下げて、
立ち去っていた。その態度は、その人の心を表したものだ。本気でお願いしたかったの
だろう。頭を下げる姿を目撃した多くの人は、その候補に投票した。
私は、市民が主権者だから、あなたの政治に対する不満や提案、何をどのようにして
欲しいかを聞かせて下さい。あなた方の想いや願いを政治家の立場になって実現する
のが、私の役割です。即ち、民意を原点に政意を出します。と言って訪問する。
貴方の戸別訪問は、どんな戸別訪問ですか?えっ、「ちぇ、留守かよ」とつぶ
やいて帰るって!
110
集 会

目 的


目 標
種 類

会 議
選挙勉強会・活動報告・意見を聞く・会員集め・資金協力。
優しく伝えると批判は受けないが、動いてくれる人は少数となる。
強くお願いして、より協力して下さる方だけを味方につける。



聞 く
伝える
成 果
対話重視。政治と選挙に生かす。
ペーパーと口頭 必ず宿題を出す。
毎月の集計・達成率を出す。会議で報告する。

選挙中
参加者を運動員化すること。
集票の具体策を学習し、目的地と参加者自らの責任を自覚する。
個別訪問で訴えるには時間の制約があるから、一堂に会して頂く。
目標得票の20%~30%の動員。(含・社員集会)
選対会議・社員集会・シンポジューム・懇談会・報告会・語る会・
決起大会・個人演説会・政党演説会
個人演説会は、朝・昼・夜・場所は、有権者の都合で開催せよ。
111
集会の準備
 全体で何を訴える会にするかシナリオを描け。
 訴えるべきことの役割分担を決める。
 スタッフの準備:お迎え体制・受付・撮影。
 次第・弁士・参加者を運動員化するためのス
ピーチ・配布物の準備と指導が不可欠。
 お礼状は事前に準備しておく。
112
集会での訴え
 理念と政策を訴える=候補者
 政策に対する意見を求める=候補者






以下は、選対事務局のお願い。
集票へのご協力と理解。
後援会名簿を集める。
集会の開催・朝礼やイベントへのお招き、知人の紹介等々具体例と
目標数と期限を提示する。
個々の目標に対してのご理解とご協力のお願いをする。
資金援助のお願いをする。
事務所でのボランティアのお願いをする。
113
候補者の訴え
 未来を訴えること。目的地を目指して、
何を変え、何を実現するかを訴える。
 現状は、数字で訴える。
 過去の報告、過去の言い訳は、最低。
 対立政党・対立候補への批判は、最悪。
114
otokomae 総決起大会

⑤ 開会挨拶
選対本部長
参加のお礼と具体的な協力を的確にお願いする。

⑤ 挨
拶
選対本部長代理
県議会議員
何故、男前が当選して、課題を解決しなくてはならないかを話す

⑤ 挨
拶
選対本部長代理
市議会議員
山積している政治課題と解決のために男前が必要だと訴える。

⑤ 挨
拶
選対本部長代理
女性会
代表者
女性の視点で、女性のための政策を実現してくれる候補だ。

⑩ 青年代表
20歳を迎え、初の投票権を得た美人の女子大生
政治の課題と未来への責任を持って、夢や希望に溢れる地域を・・

⑮ 著名人を弁士として招く
未来を託すに相応しい、素晴らしい人材だ。

⑳ 決意表明
候
補
者
理念と政策を訴える。出馬の大義・政治姿勢、未来政策を訴える。

⑮ 事務連絡
選 対 事 務 長
現状分析、戦略・戦術の具体策を指示し、目標数字・期限を示す。


③ ガンバロー三唱
終了
壇上で青年部
115
これを配布したら違反???
○○○○後援会討議資料
暮らしに安心・未来に希望
政治の力で暮らしが変わる。未来が変わる。政治は、私たちの一歩踏み出す勇気で変えることができます。
1
得票は、後援会員数と集会の出席者数に必ず比例します。
● 後援会活動の目的は、○○○○の政治活動に理解を示して頂く後援会員の獲得です。
● この選挙区は、有権者が50万人で、目標投票率は60%ですから、約30万人が投票されます。
勝利するためには、15万0001票を獲得することが絶対条件です。そのためには、18万人の後援会員が必要です。
● ちなみに投票に行かない人の一番の理由は【誰からも声がかからないから】です。まずは、多くの方に声をしよう。
2
政治活動の柱は、戸別訪問・集会・街頭演説・広報です。
● 後援会員になって頂くには、まずは本人に直接会って頂くことです。「本人に会いたい」「本人の話を聞きたい」という方々
への対応が大切です。本人の時間が許す限りお伺いし、有権者の方々のご意見をお伺いすると共に、本人の政治理念や未来政策
を議論させて頂きたいと思います。是非、このような機会をセッティングして下さい。
● ミニ集会を積極的に開催します。企業や団体の朝礼と同時に、ご町内やご友人等々で○○と語る会を計画して下さい。
● 月曜日と木曜日の朝は駅頭で、土日はスーパーや商店街で街頭演説をしています。見かけたら、声をかけて下さいね。
● ○○○○のパンフレットがあります。会社や団体内の皆様は勿論のこと、ご町内やご友人の皆様に配って下さい。
3
地域や企業・団体の様々な情報をお寄せ下さい。
● 地域や企業・団体の総会、運動会・お祭り・カラオケ大会・慶弔ごとなとの様々な情報をお寄せ下さい。本人が時間の許す限り
お伺いさせていただきます。先約がある場合には、夫人や代理がお伺いします。
● また、他候補の情報についてもお寄せ下さい。
○○○○後援会事務所
住所・電話・アドレス
今は、過去が原因。今は、未来の原因。原因は、我が身にあり。
116
今を変えるにはリスクが伴う。変えなければ、未来により大きなリスクが伴う。
森は海の恋人
私は大学3年生になったばかりの20歳、まだほやほやの成人です。こんなところでお話しするのは初めてのことで、もう胸がどきど
きしていて、上手にお話することはできませんが、私の率直な想いをお話させて頂きたいと考えています。
昨年の誕生日に、両親から春に市長選があると聞いて、初めての選挙、初めての投票にドキドキ・ワクワクしました。でも正直、実際
に、誰に投票したら良いか、私に判断は出来ませんでした。20歳になったのだから、誰に投票するかを両親の意思に従がうのではなく
、自分の意思で、誰に投票するかを決めよう、と心密かに決意しました。
私は、まず、どんな基準で政治家を選べばよいのかを知りたくて、大学教授に相談しました。教授は、「政治とは未来へのビジョンを
描いて、そのビジョンを実現するためのシナリオを描いて、実行することだ。現在、市が抱えている課題を把握して、その課題を解決す
るのが政治の責任だ」と教えて下さいました。その時の私には教授の言葉がピンと来なかったというのが正直なところでした。同時に、
宿題が出されました。それは、今、住んでいる街の素晴らしいところや自慢できる魅力、そして自分自身が生活する中で困っていること
、家族や親族の中で、不自由に感じていることをノートに書きなさい、という宿題でした。それまでの私は、そんなことを考えたこともあり
ませんでした。ただ、与えられた現状を素直に受け入れて、従うだけ、と受身の姿勢で世の中を見ていました。でも、教授のところに繰
り返してお話をお聞きしに通っているうちに、政治というのは私たちが生活する上で困っていることを解決してくれたり、住民の将来の
夢や希望をかなえてくれるものだということが分かってきました。私の一冊のノートは色々なことについて書いて、一杯になりました。
今日は、そのノートの中で、私が大切にしているふたつのことをお話したいと思います。みなさん、「森は海の恋人」という言葉をご存
知ですか?これは宮城県の気仙沼のことです。気仙沼湾は古くから良湾として知られ、近海、遠洋漁業の基地として栄えていたそうで
す。私たちの街と同じような、波静かな養殖漁場としても優れていて、江戸時代からノリ・カキ、近頃はワカメやホタテなどの養殖も盛ん
な港です。その気仙沼湾は、昭和40年~50年代にかけて環境が悪化し、赤潮が発生して湾内はまるで醤油を流したような茶色の海
となったそうです。赤潮プランクトンを吸ったカキの身は、全く売り物にならず全てが廃棄されたそうです。大変、悲しい出来事です。牡
蠣の漁場は、川が運ぶ森の養分がカキの餌となる植物プランクトンを育んでいます。
そこで、川の流域に暮らす人々と、価値観を共有しなければ、きれいな海は帰ってこないことを悟った住民の方たちは、川の上流に自
然界の母である落葉広葉樹の森を創ろう。と立ち上がった。平成元年から植樹をスタートして、これまで約3万本余の落葉広葉樹が植
えられました。そして住民の方々は、子供たちへ環境の大切さを伝えようと、体験学習を開始しました。今まで招いた子供たちは10,0
00人を超え、小・中学校の教科書でも取り上げられ、今、全国に拡がっています。
117
応援弁士は、20歳の美女
今、気仙沼の海は、素晴らしく綺麗な海に生まれ変わり、養殖されている牡蠣は高値で売れています。この活
動が「森は海の恋人」です。とてもいい言葉だと思いませんか。私は、この「森は海の恋人」の精神に学んで生きて
行きたいと考えるようになりました。自分達は、大変な想いをして樹を植えることになりますが、それはきっと私たち
の、次の世代の浅口市に住む人たちに、素晴らしい街を送り届けることができる。そんな人生を送っていきたいと
誓いました。
もう1つ、親戚の人が介護施設を探したけれど施設はどこも一杯で、順番待ちで入れないことをノートに書いたら
、9月の末、「介護に疲れた、母親の首を絞めた」との事件が隣の倉敷市で起こりました。88歳の母親を59歳の
無職の次男が首をしめて殺した事件です。
介護に疲れた、との事ですが、無職の人が介護をしなくてはならない、こんな状況に置かれた人たちに手を差し
伸べるのが政治のあるべき姿、福祉のあるべき姿ではないか、と思いました。
私たちの暮らしを守ってくれるはずの政治は何をしているのだ、とまだまだ未熟な私ですが、いや未熟だからこそ
の怒りが込み上げてきました。
そんな思いをもっていた頃、私の家に市長選に出馬する2人のパンフレットが置いてあり、すっかり政治に関心を
持った私はそれをじっくりと読み比べました。すると誰に投票したら良いか、直ぐに判断ができました。そして、パン
フレットに挟んであった「私の新しい決意」も読んでみました。読み終えた時、私の、いや私たちの暮らしに責任をも
った政治を実現してくれるのは、「男前」さんだと直感しました。そして将来、父や母が老いた時、その暮らしに責任
を持ってくれるのも「男前」さんだと確信もしました。今、私が市民として責任をもって選挙権を行使する人は、「男
前」さんです。
○○○○20歳。人生最初の選挙で私の未来を託す人は男前さんと決め、私の考えを友達にも話をしました。
でも、もう1人、私自身の未来を託す男性を見つけるのは、もう少し時間がかかりそうです。
118
色々な集会











選対会議・拡大選対会議
総決起集会・女性総決起集会
団体選対会議・団体総決起集会
社員集会・企業選対会議・企業総決起集会
地区選対会議・地区集会・地区総決起集会
親族選対会議・親族決起集会
ミニ集会・報告会・語る会
団体・企業・地域の人から政治課題を聞く会
テーマ毎のシンポジゥム
資金集めのセミナー
個人演説会は、一日最低3会場で可能。昼・夜やれば5会場可能。
119
ちょっと横道







ある新人の選対に入った時、情勢は、現職が優勢で、政策の訴えも明らかに
現職が良かった。
選挙前に、5000人の決起大会を開催した。
私は、この決起大会で県議に耳打ちした。「現職はこの8年間に何もしてこな
かった。閉塞感漂う街になったのは、現職のせいだ」、とスピーチして欲しいと
お願いした。
すると翌日から現職のスピーチが変わった。未来政策を正々堂々と訴えてい
た現職は、過去の成果ばかりを強調して未来を語らなくなった。
私は、「これで勝った」と呟いた。選挙は、未来の選択である。決して過去を問
うものではない。
決起大会の様子を見に来ていたであろう現職選対の人が、当方の批判を聞
いて、過去の成果を強調するスピーチに変えたのだ。
私たちは、勝利した。
120
色々な選挙









ある市長選に知人が出ると言う。彼は人間的な魅力を持ち合わせている。
その彼は毎日数百件の戸別訪問をした。有権者との対話、不平・不満、要望、夢や希望を聞き、政
策を訴えて歩いた。
対立候補は、管直人の奥さん(管の従妹)の兄貴で医師、元民主党岡山県連の幹事長だ。
この地区の県議会議員は一人区で自民党県議。この県議は民主党の管直人の従兄弟を応援。自
民と民主が一緒になって、一人の候補を担いでいる、という構図が出来上がった。
普通なら管の従兄弟が圧勝だが、何故か私が支援した候補が圧勝した。
ある候補の選対会議で、チームでの取り組みが出来ていないので、幹部を集めるよう指示した。集
まったのは60~70人。会議をしたら、またやろう、と話が参加者から出て、次は300~400人が
集まった。そこで決起大会を提案したら1000人もの人が集まった。集会の目的は、参加者を運動
員化すること。どのように訴えたら人が集まるか、集めることができるかが問題だ。訴え方次第で、
人を集めることが可能となる。
そして、大切なお金の問題。私は集会の度に、ワンコインカンパ袋を配布してお願いした。すると、1
人平均1000円のカンパが集まるようになった。
川崎市長選挙では、現職が引退表明し、後継者を指名した。知事も推薦し、自民党と公明党と何故
か民主党と連合が推薦した。
対立候補は、無所属で手を挙げた。で・・・この無所属候補が勝利した。
121
集会の終了時に書いて頂くと翌日から多忙
書かないで帰る人は、やる意思の無い人
受
ご
芳
名
ご
住
所
勤
務
先
付
票
電
話
電
話
勤 務 先 ご 住 所
ご理解とご協力をお願いします。ご希望の欄に○印をお願いします。
男前を囲んで、対話集会を計画したい。
友人や知人、親しい企業やグループを紹介したい。
献金をしたいので、申し込み用紙が欲しい。
ボランティアで事務所のお手伝いをしたい。
122
街頭演説
 目的
演説の練習・顔見世・知名度アップ。
 毎日
駅頭又は企業・団体の朝礼で、一日をスタートする。
ターゲットはサラリーマン層。
 土日
夕刻は、商店街・スーパーなどの人の集う場所で演説。
ターゲットは主婦層。
 毎月又は毎週、流し街宣を行う。(確認団体)
 成果
 選挙中
毎月の集計
達成率を出す。 会議で報告する。
街頭に、支援者や有権者に集まって頂く、
「街頭個人演説会」は絶大な効果がある。
123
少しだけ工夫







街頭演説で、立ち止まって聞いてくれない。
街頭演説で、後援会員は集まらない。
街頭演説で、組織は作れない。
街頭演説で、有権者の意見は聞けない。
広場で、応援弁士と一緒にトークショーをやる。
街角で、紙芝居をやる。
必ずビラを配布する。ビラは、政策・政策に対する意見をお聞きする
欄と後援会入会申込書を入れて配布する。

衆院選で松下塾出身の候補が街頭で「マツケンサンバ」を踊っているとの情報を得、私は慌てて、
知人に「止めさせろ」と進言した。
彼は驚き、「明日応援に入る予定なので絶対に止めさせます」、と断言。翌日連絡があり 『いゃ~、
俺も一緒にマツケンサンバを踊っちゃいました~』と楽しそうだった。
バカは大差で落選。えっ、選挙区?政経塾のある茅ケ崎だよ。俺の教え子ではないぞ


124
広報・メッセージ戦略

目 的
理念と政策、出馬の大義を全ての有権者に訴える。



伝える
ツール
届ける
言葉・文章・写真・映像で伝える。
集会・訪問・街頭・HP・ポスター・ビラ・人から人へ。
手を握って、肩を叩いて、笑顔で全有権者に届ける。


選挙中
確認団体
限られた広報物を効果的に・効率よく活用せよ。
首長選では、選挙カー・新聞広告・ポスター・ビラを活用。
 メッセージ戦略とは、有権者の求める候補者の人間像と
候補者の理念と政策を、全ての有権者に伝えること。
125
プロフィールを書く








学歴の高い人が、最初に学歴を記載すると、読んだ人は引く。
年齢・身長・体重・星座・好きな食べ物・休日の過ごし方を書くと良い。
好きな食べ物の中に、アンパンと書いたら、事務所に多くのアンパンが届い
た。ラーメンが好物だと書き、大きな口を開けてラーメンを食べている写真を
入れた。
パンフレットの写真で、どの写真が一番良いですか、と質問したら、多くの人
がラーメンを食べている写真と答えた。
親しみやすい人柄、優しさに溢れる写真で表現すること。
いや、何を、どのような順番で記載するかで、人柄が見える。
好きな物は読書、と書く奴は私は馬鹿ですとの表明。学ぶことは生きる事。
生きる事は学ぶこと。身体に食が必要なように、心と頭にも栄養素が必要。
人間として生きる上で、読書・学ぶことはしなくてはならぬこと。
さて、あなたは何を書かれますか?あの政治家のプロフィールは・・・
126
判断される
 候補者のスピーチは、理念と政策が心に響くか、否かが
問われる。
 あなたのスピーチは、聴衆に鳥肌を立たせられますか、
涙を流させることができますか・・・
 候補者から発信される文章は、論理性と解り易さと具体
性が問われる。
 候補者の人間性が評価されないと、
誰も聞かない、誰も読まない、誰も振り向かない。
127
P I (personal identity)
 有権者が求める最高の候補者像を描く。理念・政策・イメージ
 その下に、候補者の名前を書く。
 候補者は、有権者が理想とする候補者像に近づく努力をする。
 きれいなべべ着て、素敵に化粧して、清楚な服を着て、少し胸
を開けて、有権者を誘惑せよ.
 有権者は、清潔感に溢れ、情熱的で、セクシーで、若々しく、エ
ネルギッシュで、人間味豊かで、いつも私のことを気にしてくれ
て、頼りがいがあり、将来に期待できる美人や男前が大好き。
128
候補者像を創る。
はい。同一人物です。修正なし
129
コーディネイトすると
130
陽の光の中で
 太陽の下で撮れ。陽の光は、エネルギー・情熱・パワー・
若さ・挑戦などを表現してくれる。
 目線は正面。決して、有権者を見下ろす写真を使うな。
 街頭演説・集会でのスピーチなどの動きのある写真なら、
目線が少し横になっていても良い。
 商店街などの人ごみの中での写真も良い。有権者と同じ
目線を表現するのが良い。望遠で撮影すれば、本人だけ
に焦点が当たり、他はボケる。
俺もボケている。
131
選挙葉書
 あなたは選挙の時、法定葉書を受け取ったことがありますか?
 あなたは選挙の時、法定葉書を書いたことがありますか?
 あなたは選挙の時、法定葉書を受け取り、心を動かされて、誰に投票
するかを決めたことがありますか?
 あなたは、A候補に投票することを決めていたのに、B候補を推薦す
る葉書が届いて、B候補に投票したことがありますか?
 私は皆無です。
 で・・・・新しい法定葉書は、直筆で書きました。
 だって、昔から手紙や葉書は直筆のものですから。
132
直筆の法定葉書
す
よ
う
、
心
か
ら
お
願
い
申
し
上
げ
ま
す
。
133
ど
う
か
、
一
人
で
も
多
く
の
方
に
ご
支
援
の
輪
を
広
げ
て
下
さ
い
ま
取
り
組
む
覚
悟
で
す
。
原
点
と
し
て
、
市
民
の
幸
福
を
実
現
す
る
政
治
に
命
を
か
け
て
『
金
で
政
治
を
動
か
さ
な
い
、
政
治
で
金
を
受
け
取
ら
な
い
』
を
権
力
の
た
め
で
は
な
く
、
声
な
き
声
に
耳
を
研
ぎ
澄
ま
し
、
心
の
良
心
に
し
た
が
い
、
民
意
を
政
治
の
原
点
と
し
て
、
推
進
が
急
務
で
あ
り
ま
す
。
未
来
を
担
う
子
供
た
ち
へ
の
教
育
に
重
点
を
置
い
た
施
策
の
断
行
し
、
医
療
・
福
祉
・
環
境
・
治
安
・
産
業
の
活
性
化
や
こ
の
目
的
を
成
し
遂
げ
る
に
は
、
徹
底
し
た
無
駄
の
削
減
を
し
か
し
、
ま
だ
ま
だ
道
半
ば
。
政
治
に
挑
戦
し
て
ま
い
り
ま
し
た
。
社
会
弱
者
を
生
み
出
さ
な
い
政
治
、
次
世
代
に
責
任
を
果
た
す
私
は
こ
の
十
六
年
間
、
地
域
の
個
性
と
魅
力
を
伸
ば
す
政
治
、
香
り
が
漂
い
、
大
好
き
で
す
。
私
を
慈
し
み
、
育
て
て
く
れ
た
岡
山
、
豊
か
な
自
然
と
文
化
の
大
好
き
な
岡
山
の
皆
様
へ
直筆で新聞に全面広告
今
、
あ
な
た
が
必
要
で
す
。
134
岡
山
県
の
未
来
の
た
め
に
、
一
〇
月
二
六
日
、
と
信
じ
て
い
ま
す
。
必
ず
夢
や
希
望
に
溢
れ
る
岡
山
県
に
変
え
る
こ
と
が
で
き
る
、
そ
し
て
勤
勉
で
努
力
家
の
県
民
性
に
よ
っ
て
、
私
た
ち
は
信
じ
て
い
ま
す
。
岡
山
県
の
素
晴
ら
し
い
個
性
と
魅
力
、
新
し
い
岡
山
県
を
創
っ
て
行
き
ま
し
ょ
う
。
み
な
さ
ん
の
ご
意
見
と
お
知
恵
を
重
ね
合
わ
せ
て
、
あ
な
た
の
将
来
の
夢
や
希
望
を
教
え
て
く
だ
さ
い
ま
せ
ん
か
。
あ
な
た
の
県
政
に
対
す
る
不
満
や
提
言
、
「
新
し
い
一
歩
を
踏
み
出
す
勇
気
」
で
は
な
い
で
し
ょ
う
か
。
今
、
私
た
ち
に
求
め
ら
れ
て
い
る
の
は
、
我
慢
で
は
な
く
、
県
政
史
上
、
過
去
に
例
を
見
な
い
状
況
に
あ
り
ま
す
。
岡
山
県
は
財
政
危
機
宣
言
が
出
さ
れ
、
大
好
き
な
岡
山
県
の
皆
様
へ
言 葉
 理念の無い具体策より、
 具体策の無い理念を訴える。






教育政策=子供は未来の宝もの
福祉政策=あなたの笑顔が見たいから
中心市街地活性化策=笑顔が溢れる中心市街地
治安=今日の安全・明日の安心
支援・補助政策=やる気と能力を支援します
愛・勇気・幸福・挑戦・未来・夢・希望・政治理念・未来政
策・努力・正々堂々・真正面・愚直
135
愚直に・真正面から
 正々堂々と真正面から、理念と政策を訴えて、有権者に信を問え。
 街頭演説会を徹底しろ。毎日、1日10ヶ所から20ヶ所に支援者を集



めて『街頭個人演説会』を開催する。
一日1,000人から10,000人は可能。
事前に選対幹部・支援者に連絡し、有権者を路地に集めて頂く。
企業や団体は玄関に。商店街は勿論のこと、地域でも集まって頂く。
集める。候補者が直接訴えて、手を握って支援をお願いする。
弁士は、主体となって有権者を集めて下さった方とする。
目を見て、手を握って、肩を抱いて口説けば、美女も落ちる。


 選挙カーは、選挙期間中の戸別訪問。限られた時間しかない選挙期
間だから、今までに訪問した家庭・企業・団体・地域の全てを、全ての
後援会員を、有権者を訪問する。選挙カーに乗ってね。
136
政治に対して
1.
そう思う
2.
どちら
かと言
えば、
そう思う
4.6
14.5
35.3
45.0
0.6
3.0
16.0
38.8
41.4
0.8
国民が国の政治について何か言っても、政治が変
わるとは思えない。
20.8
36.6
26.6
15.2
0.8
国民の生活や国の将来を真剣に考えている政治家
が少ない。
39.0
37.3
18.4
4.8
0.6
自分一人ぐらい投票しなくても、選挙の結果に大き
な影響は無い。
10.1
24.0
29.2
35.9
0.8
政治家に問題があるのは、選んだ有権者にも問題
がある。
36.5
38.3
16.5
8.3
0.5
政治は自分の生活に関係ない。
政治は、政治家や専門家に任せておけば良い。
3.
4.
5.
無回答
どちらか そう思
と言えば、 わない。
そう思わ
ない。
137
選挙事務所
 ある日、ある選挙の事務所を訪問して、数分後に「この候
補は落選する」と発言した。やはり落選。
 ある日、ある候補の事務所を訪問して、落選を確信した。
こんな経験は、数多くある。
 来客には、全員が起立して挨拶。
 お帰りになる時は、全員で頭を下げてお見送り。
 こんな単純な礼儀作法が解らない奴は、立候補するな。
138
企業・団体の推薦
 支援団体や企業に推薦依頼をしたら、推薦状が届く。
数十の場合、数百の場合がある。
 で・・・私は、推薦して下さったのだから、票を何票獲得し
て下さるのですか?目標とする獲得票は?とお聞きする。
 そして、その目標数を達成するための手段は??とお聞
きする。
 それは、推薦状を出すだけで、何もする意思の無い企業・
団体が多いからです。
 いや多くの選対が、このような取り組みをしていないから。
 しっかりと何をすべきか、何をして頂きたいかを話し合え。
139
選挙の関心度
衆院選
41.8%
市区町村長選
40.8%
参院選
11.4%
都道府県議選
13.6%

関心がなくても投票に行く。ならば、アプローチ次第で票が獲得できる。
140
資 金
 みんなで資金を出し合わねば、
金持ちだけが政治家になる。
 資金パーティーで集める。
 ワンコインカンパ袋でお願いする。
 定額の献金者を募る。
 資金集めの責任者を決める。
 薄く、広く集め、利権による献金は集めない。
 多くの人は、政治資金パーティー券を買って下さい、とお願いに歩く。
 私は、パーティー券を売って下さいとお願いする。結果は、明らかに
異なる。
141
投票理由
知 事 選 都道府県議選 市 区 町 村 長 選 市 区 町 村 議 選
当選させたい候補者がいた
11.8
24.6
24.3
31.7
盛り立てたい政党があった
4.6
5.4
2.4
6.7
い
13.0
7.5
11.7
7.1
政 治 を 良 く す る た め
31.3
22.7
24.3
20.0
投 票 は 義 務 だ か ら
35.3
31.6
33.0
25.2
2.3
6.0
2.4
7.1
政
頼
治
ま
を
れ
改
め
た
た
か
ら
142
投票行動
認識違い
所属組織が支援する候補への投票依頼をした場合の社員や組合員の意識。
候補者
有権者
 依頼に応える
4.2
 依頼に応える
8.1
 なるべく応える
16.4
 なるべく応える
29.0
 政策で判断する
42.0
 政策で判断する
37.1
 依頼に左右されない 34.2
 依頼に左右されない
 分からない
 分からない
2.3
1.6
24.2
143
政党か候補者か
衆院選
政党
候補者
昭和44年
48.8
33.0
昭和47年
47.5
38.1
昭和51年
45.8
40.1
昭和54年
40.9
45.9
昭和55年
40.4
38.3
昭和58年
46.9
42.0
昭和61年
45.1
42.5
平成2年
51.2
37.3
平成5年
40.6
40.6
平成8年
43.8
43.8
平成12年
46.1
42.8
平成15年
47.0
36.5
平成17年
50.3
35.0
平成21年
61.2
29.0
都道府県議選
政党
候補者
平成11年
14.8
74.9
平成15年
19.6
68.6
平成19年
24.3
63.9
平成23年
37.0
49.5
144
有権者が選ぶ基準
03
年
有権者








人柄
候補者
25.4
所属政党
12.5
政策や政治姿勢
45.0
経歴
1.4
会社/組合/知人の依頼 7.6
地域の評判
6.4
その他
0.2
無回答
1.5








人柄
5.6
所属政党
12.5
政策や政治姿勢
58.3
経歴
0.0
会社/組合/知人の依頼 6.9
地域の評判
1.4
その他
11.1
無回答
4.2
最後は顔
145
独断と偏見の基準
 政策=必ず上位に位置する。でも、人間性が
評価されていないと政策には目を向けない。
 政党=国政選挙は上位に位置し、地方選挙は
下位に位置する。
 人柄=地方選挙は上位に位置する。
146
選挙は未来の選択
 これからの期待を重視する=76%。
 これまでの実績を評価する=20%。
 どちらでもない=4%。
147
有権者の選定時期
元年=
選挙前 43.0%
終 盤 16.3%
序 盤 16.8%
投票日 5.6%
中 盤 17.7%.
☆最後の数日で、22%が決めた。
17年=
選挙前 26.0%
終 盤 23.5%
序 盤 15.1%
投票日 14.1%
中 盤 9.3%.
☆最後の数日で、38%が決めた。
19年=
選挙前 23.5%
終 盤 24.2%
序 盤 14.7%
投票日 16.9%
中 盤 16.0%.
☆最後の数日で、41%が決めた。
148
棄権を決めた時期
39
26
10
不
明
投
票
日
当
日
3
投
票
の
2~
3日
前
前
以
上
4日
票
の
投
6
6
投
票
の
前
日
10
公
示
日
選
挙
前
45
40
35
30
25
20
15
10
5
0
19回参院
149
棄権理由









忙しく、時間が無かった
適当な候補が居なかった
体調が悪かった
旅行に出かけた
選挙で、政治や暮らしが良くならない
候補者の政策や人柄が解らなかった
その他
適当な候補者が居なかった
投票所に行くのが面倒だった
 誰からも声がかからなかったから
19年参院選
27.9%
16.3%
11.8%
9.3%
7.6%
6.4%
6.4%
4.3%
4.3%
99.9%
150
最後の数日で決める






20代
30代
40代
50代
60代
70代以上

活動のスタートは高齢者。中盤は働き盛りの層。終盤は若者。
64.3%
55.3%
54.1%
42.5%
28.9%
22.4%
151
候補者情報が不足
誰を選んで良いか解らな
い
H19
42.8
H15
45.3
H11
44.0
H7
42.3
H3
33.8
S62
31.3
S58
33.1
S54
31.6
S50
34.7
S46
26.3
0
10
20
30
40
50
152
敗者の勘違い
120.0
100
100.0
91.7
87.3
82.9
75.0
80.0
60.0
93.9
63.2
60.1
34.2
40.0
20.0
4.0
13.2
3.2
54.7
50.0
48.7
16.7
30.2
26.8
25.2
27.3
9.0
5.4
28.6
3.2
街
宣
車
葉
書
ー
ポ
ス
タ
街
頭
演
説
個
別
面
談
合
同
演
説
会
テ
レ
ビ
放
送
個
人
の
H
P
0.0
(候補)行った
(有権)見た・聞いた
(有権)参考になった
153
勝者と敗者
勝者は、








敗者は、
間違った時「私が間違っていた」と言う。
勝因は「運が良かった」と言う。
例え運ではなかったとしても。
敗者よりも勤勉に働く。
しかも時間は敗者より多い。
問題を真っ直ぐ通り抜ける。
戦うべきところと妥協すべきところを心
得ている。
自分より勝るものに敬意を払い学び取
ろうとする。


職務に誇りを持っている。
「もっと良い方法があるはずだ」と言う。






間違っても「私のせいではない」と言う。
敗因を「運が悪かった」と言う。
でも、運が原因ではない。
いつでも忙しい。
文句を言うに忙しい。
問題の周りをグルグル回る。
妥協すべきでないところで妥協し、戦う
価値がない所で戦う。
自分より勝るものを不快に思い、アラ捜
しをする
「雇われているだけです」と言う。
「何故変える必要があるんだ?」と言う
154
敗








因
政治理念・未来政策が無く、人間性に問題がある候補
目的・目標・期限・責任の無い候補
感謝と誠意・信念の無い候補
勝利戦略の描けない候補
物事の本質が解らない候補。
苦境に立たされた時、原因を他者のせいにする候補
対面恐怖症で、戸別訪問や交渉ごとの出来ない候補
民意を原点に、政意を出さない候補。
155
浮気心
 支持政党自民党=自民党に投票は68%
 支持政党民主党=民主党に投票は81%
 投票者を直前に変更した=12%

投票箱のふたが閉まるまであきらめるな。
参院選(NHK)
156
期待外れだったら
ある調査
別の政党に投票する=59%
あっっっ、2009年の民主党票3347万票は、2012年に1360万
票に激減。対前回比40.6%だ。世論調査はぴったり。
同じ政党に投票する=24%
どちらでもない=17%
157
次回の選挙では
 前回は投票した候補に、次回は投票する意志がない人1/3。
支援者に感謝の気持ちを持たない変態、説明責任を果たさない無能
者、住民の意見や要望・提案を聞かない変人の得票は、前回票比の
65%~70%となる。
 大きな不祥事があっても、次回に投票してくれる人1/3。
新聞沙汰になるような不祥事があると、前回票の30~35%の得票と
なり、政治生命が終わる。
 こつこつと歩いて、住民の意見を聞き、説明責任を果たし、声なき声
に耳を研ぎ澄まし、目的に向かって前進したら票は増える。
 選挙は、1+1+1+1+1+1+1の積み重ねでしかない。
 投票日の翌日から、新たに1+1+1+1+1+1のスタートを切ること。
158
選挙を読み、風を吹か
す
 選挙は一つひとつ異なる。対立候補も違えば、民意も各地によって異
なる。
 民意を読まないと票が読めない、選挙が読めない、戦略が描けない
、選挙に勝てない。
 追い風だから勝てると言う馬鹿。
 逆風だから、負けそうだと言う無能者。
 原因を他のせいにするな。風は、自分で吹かせるもの。
 選挙は、自らの責任で戦うもの。勝利するもの。
 自己責任という原点に立たない奴に、国や地方を転換できない。
政治は出来ない。言い訳したら、国や地域が良くなりますか?
159
時代は変化している
変化に応じて変わらなくては、時代に取り残されてしまう。
 幸いにも、人間はミスを進化につなげる力を授かっている
。

転んだら起き上がればいい、
 失敗したら反省すればいい。

 夢は逃げない、逃げるのは自分の心
。
160
知人からの投票依頼
 投票したくなる
 そう想わない




⇒ 7%
⇒83%。
有権者の多くは、自分の意志で誰に投票するかを決める。
頼まれて投票する時代は終わった。
個々の判断が多いなら、個々にあたるしかない。
全ての有権者にお願いする活動は事実上不可能だが、個
別訪問・広報物・集会・街頭で個々に訴える。
 でも、話し合いは一番重要な情報源となる。
2007年6月18日・朝日
161
他者からの勧めの実態
勧められていない
47.3
上司や有力者の勧め
1.2
労働組合の推薦
3.9
宗教・文化団体の推薦
4.4
近所の勧め
4.9
選挙熱心な人の勧誘
仕事関係団体の推薦
5.3
6.3
後援会の依頼や推薦
6.4
8.1
職場の推薦
10.1
家族の勧め
13.3
電話による勧誘
22.7
知人・友人・親戚の勧め
0
5
10
15
20
25
30
35
40
45
50
162
名簿管理
 戦略・戦術を描き、それに合わせた名簿管理ソフトを導入
する。多くの名簿管理ソフトは、ソフトは作れるが、選挙を
知らない奴が作ったソフトは使えない。
 有権者は、世帯で管理し、地区・ランク(選対での役割)・
所属・性別毎に管理する。
 有権者ではない、企業・団体も、地区・ランク・所属毎に管
理する。
 それぞれのランクに応じた、役割・責任分担を明確にし、
後援会全体で合意する。
163
選挙違反をするな






買収
戸別訪問
飲食物の提供
署名運動
気勢を張る行為
選挙後のあいさつ行為
選挙後に当選祝賀会を開催することはできない。
164
連 座 制










選挙運動の総括主宰者や候補者・親族等が買収等の一定の選挙違反を犯して刑に処せられた場
合、たとえ候補者や立候補予定者が関わっていなくても、当選が無効。
連座制の対象者
★選挙運動の総括主宰者
★出納責任者
★選挙運動の地域主宰者
★候補者または立候補予定者の秘書
★候補者または立候補予定者の親族(父母、配偶者、子、兄弟姉妹)
★組織的選挙運動管理者(組織によって行われている選挙運動で、その計画立案や調整、指揮監
督など運動の管理を行う者)
ある選挙を手伝ったら、親族がお礼に来て菓子箱を置いて行った。帰ってから菓子箱を見たら、1万
円の商品券が入っていた。明らかに事後買収だ。私は、その人の自宅を訪問し、ポストに投げ込ん
で返した。私が警察に通報したら、連座制でその人は当選が無効になっていた。
彼は、民主党に蹴られて私の所に来た。私は当選まで導いた。それをお金に換算したら1万円とい
う評価に唖然とした。私は、断じて金のために選挙指導をしない。だからこのメモも本にして印税を
目的にしない。売名にしない。
でも、私のお手伝いが一万円という評価に・・・彼の価値観に唖然・・・・・・・・・・・・・・・・・
165
選挙運動を禁止されている者
 選挙事務関係者
投開票管理者は、その関係区域内において選挙運動することができない。
 特定公務員
中央選挙管理会の委員及びその庶務に従事する総務省職員、選挙管理委員及び職員、裁
判館、検察官、会計検査官、公安委員会の委員、警察官、収税官史・徴税の吏員。






未成年者
選挙権及び被選挙権を有しない者
地位を利用して選挙運動を行うことを禁止されている者
不在者投票管理者
公務員等
教育者
166
自由に行える選挙運動
 選挙運動期間外に行えば事前運動として処罰される。
 個々面接
戸別訪問は禁止だが、街頭でたまたま会った人に投票を呼びかけること
は可能。後援会員宅を事務連絡で訪問することは可能。
 電話による選挙運動
対価を支払って、電話による選挙運動をさせることは買収にあたる。
ならば、支援者がそれぞれに自分で電話すれば良い。
 幕間演説
選挙運動を目的としない職場や各種団体での集会・映画・演劇などの
幕間に選挙のための演説をすることは自由にできる。
167
選挙期間中の戸別訪問
 政治活動で、理念と政策を訴えることを目的とし
た政治活動、即ち戸別訪問は違法ではない。
 選挙期間中、事務連絡で後援会員宅を訪問する
ことは、違法ではない。
 だから、後援会員数を多く獲得すべき。
 有権者の在宅時間を狙え。
168
電話作戦










あなたは無差別電話を受けて、誰に投票するかを決めたことがありますか?
誰に投票するかを決めていたが、無差別電話を受けて誰に投票するかを変え
たことがありますか?
私はありません。
有効なのは、後援会員へ個人演説会・街頭演説のお知らせ電話。
決起大会や個人演説会の翌日、お礼ではなく、当日訴えた「取り組んで欲しい
事」を再度、電話で依頼する。
有効なのは、あなたからあなたの知人・友人への電話。
有効なのは、あなたの会社の社員へあなたからの電話。
有効なのは、あなたの取引先へあなたからの電話。
有効なのは、あなたの所属団体の会員へあなたからの電話。
有効なのは、候補者と同姓の人への電話。(意外に有効でした)
169
街頭で訴える
 勝っても、負けても、翌日は街頭に立て。
 勝者が街頭に立ち、お礼を言った、との報道が散見される
が、お礼を言うのは違反だ。マスコミは、違反をしていると
報道していることになる。
 改めて、政治家としての決意や目的を訴えろ。
 お陰様で政治家という手段を得ました、これでやっと仕事
ができます。お礼は、しっかり仕事をすることでお返しさせ
て頂きます。未来のために、目的に向かって全力で取り組
みます、とさ。
170
笑顔で
笑顔は世界の共通語
笑顔に勝るメッセージなし
笑顔に勝る化粧なし。
171
公選法の問題点







選挙期間中、理念と政策を訴えて、有権者に信を問うことを禁ずる公選法。
地方議員選で、理念と政策を記したビラを配布すれば逮捕される。
首長選のマニフェストは、有権者38万人の倉敷市で1万6千枚、有権者56万人の岡
山市で7万枚。全ての有権者に理念と政策を届けることを禁ずる公選法。
理念と政策で選ばれたくない政治家が作った公職選挙法。変えようとしない今の政治家。文句を言
わない有権者。公職選挙法には理念がない。
同時に選挙管理委員会も無能。事前審査を済ませた届出の資料の一部を封筒に入れずに封印し、
告示日に届出が受理されないようにした岡山市選挙管理委員会。
本番用ポスターを横使いにしたら、違法だ、許可できないと言った某選挙管理委員会。
一票の権利の不具合を指摘したら、「間違っています」と認めておきながら、
「勘弁してください」と口封じをした総務省選挙課。
立候補者のスローガンを看板にして事務所に掲示することは違反だから掲示しないように、と警告
したが、掲示した者は誰も違反に問われなかった。
確認団体のポスターを許可申請に行ったら、過去に例が無いと許可しなかった某選挙管理
委員会。公職選挙法を知らない選管の職員。バカバカしくて、話にならない。
172
修羅場・土壇場・正念場








ある人は、落選してからの4年間、選挙区内を毎日200軒歩き、市民と対話した。当時の副
知事が共産党を除く全ての政党の推薦を得て出馬したがあの人が圧勝した。
ある奴は、選挙期間中の全ての行程を歩いた。顔を見せた。週刊誌の当落予想では無印な
のに勝った。あんな顔でも見せたら勝った。
ある陣営は、地元の支援者の玄関に黄色のハンカチを貼った。70%以上の玄関に貼ったハ
ンカチで街中が黄色に染まり、高投票率、高得票率につなげ僅差で勝利。
ある人を擁立しょうとフォーラム開催。是非彼に出て欲しいと参加した若者が言ってきた。「1
千万費用が必要だから出すか、それとも全戸訪問して彼が必要だと訴えるか」と問いかける
と後者を選択。現職をダブルスコアーで圧倒して勝利。
出馬したい、街を良くしたいと。意味不明の奴に残ったのは、惨敗と巨額の借金。
政治家になったが、酒と男に溺れ、次回は出馬断念せざるを得なかった痴女。
解散直後の集会で、危機感を持った候補者は涙ながらに訴えた。でも、その涙を見て集会の
参加者は白けた。候補者や選対幹部の意識と、有権者の意識は大きく異なる。
「伊勢乞食」と称される伊勢市民。自分達の努力や知恵で街を良くしようとせず、観光客の落
とすお金だけを目当てにしてきた。えっ「伊勢っ子 正直」だって!
新人は負けたが、当選した現職は、90日後に裏山で自らの命を絶った。
173
文書違反
 選挙期間中に、文章にて投票依頼をしてはならない。
(後援会員に事務連絡はOK)
 選挙告示前に、文章で投票依頼をしてはならない。
 選挙後、お礼状を出してはならない。
 年賀状や暑中見舞いを印刷して出してはならない。
(手書きはOK・返信はOK。私の3500字の年賀状は?)
174
無知が故に

ある事務所は選挙期間中にバイトを集票に使った。事務員として人を雇うことが出来ても集票に使ってはならない。またある事
務所は、未成年を集票に使って違反に問われた。公職選挙法を知らなのに国家議員だと威張っている奴。

若くしてバッチをつけると勘違いする。自分の思い通りにするためにイエスマンの無能秘書を使うが、政治と選挙には全く役に
立たない。
市長選で確認団体を申請したら、選管はダメだと言った。私は選管に乗り込んで怒鳴った。選管は了解した。


選挙公報に使う写真は「上半身」と定義してある。しかし、上半身の写真だが頭の上と後ろがカットしてある写真を使ったら選管
はダメだと言ってきた。私は告示の前夜選管に乗り込み、「これは上半身の写真ではないですか、ではこの写真は、下半身で
すか???」と詰め寄った。「この写真が違法なら、選挙公報は有権者に配布しないで結構です。勿論、選管のご意見は文章
でお返事下さい。私はお返事をもとに明朝、知事を選挙妨害で訴えます」、と丁寧に申し上げた。すると「前例が無い事は許可
できない」、と切り替えしてきた。私は「明日という日は誰も経験したことがない前例の無い日が訪れる。前例踏襲主義は、未来
を否定することになる」、と呟いた。
翌朝、県選管はあの写真でOKです、と連絡してきた。





選挙前は当然個別訪問、選挙期間中も後援会員宅を事務連絡で訪問するよう指示した。選挙前から数人の警察官が事務所
を見張り、行動を付回された。ある日、事務所に警察から「選挙違反だから止めろ」と電話が入った。
私は、直ちに警察署に出向いた。「何が選挙違反ですか、具体的に、どの行動が、公職選挙法のどの部分に抵触しているのか
をご指導下さい。ご指導がないと改めることが出来ない。女房から浮気を辞めろ、と言われても、俺は相手の数が多いから、誰
との浮気かを特定されないと、誰との浮気を辞めれば良いか判断できない」と詰め寄った。
すると「警察署の捜査は警視庁に報告する。警視庁は、警察庁に報告する。今回、警察庁からの指示で、警告した。詳細は、
私には解らない」、と言われた。私は「話にならん、バカバカしい」と言って席を立った。
運動員は、「逮捕される覚悟は出来ている。当選させるためには、警察の指示よりも小山の指示に従たがう。でも、逮捕された
らかつ丼の差し入れを忘れないで欲しい」、と言ってきた。
投開票日から数日経っても、警察は事務所を張っている。すると1人の運動員から「今から、連行されます」とメールが入った。
その後、数人が警察に連行されて事情聴衆されたが、誰も逮捕に至らなかった。警察官の無知の結果。
175
禁止される寄附
 政治家は、選挙区内の人に対して寄附をすること(政治団体や親族
に対するもの及び政治教育集会などに関する必要やむを得ない実費
の補償を除く。なお、この場合であっても、食事は提供できない)は禁
止されている。
 また、第三者が政治家を名義人とし、選挙区内の人達に対する寄附
をすることも禁止。
 ただし、政治家本人が自ら出席する結婚披露宴における祝儀や、葬
式や通夜における香典(花輪、供花等はできない。)で、通常一般の
社交の程度を超えないものであれば出すことができる。
 また、政治家の後援団体が選挙区内の人たちに対し行う寄附も、同
様に禁止されている。
 もちろん、選挙人も候補者等に対し、寄附を求めることはできない。
176
私が公認する人






政治理念を持っている人。
目的と目標と期限と責任を明確にしている人。
民意を原点に政意を出す、即ち未来を描いている人。
人間性が豊かである人。
愛と感謝の気持ちを持っている人。
4つの活動(戸別訪問・街頭・集会・広報)の毎月の目標
数を策定して、活動報告書を提出する人。
 私は、このような人だけを支援します。
177
私が支援しない人














一票のためには奔走するが、政策の実現に命をかけない奴。
金で政治を動かし、政治で金を受け取る奴。
個の利益のために働き、全体の利益を無視する奴。
目的と目標と期限と責任が不明確な、あの選対。
民意に迎合して、政意の無い奴。
有権者の意見を聞かない、思いあがっているあいつ。
民主主義の原点を理解していない奴。
議員で、トップ当選を目指さないヘナチョコ野郎。
議会の質問を役人に書かせる奴、答弁やスピーチ原稿を役人に書かせる無能首長。
知ったかぶりした雄弁に語るが、物事の本質を知らないあの勘違い者。
困難に直面した時、問題を他者のせいにして、逃げるあいつ。
市民の苦悩より役人に迎合し、官僚・役人の意見を重視する議員
感謝の心が無いあいつ・素直な心の無いあの人・人間失格のあいつ。
言動不一致。平気で嘘をつく人。

ごめんなさい書ききれません。政治を良くしたいと挑戦した数十年でしたが、私の能力では無理でし
た。これからは政治家として無能な奴を落選させることに余命を使います。
あいつとこいつとあいつとこいつとあいつとこいつとあいつとこいつとあいつとこいつ。

178
選挙で勝つことは簡単
 全ての活動で対立候補を上まわれ。





顔で負けても理念で負けるな。
活動の量で負けても、質で負けるな。
金で負けても、政策と人間性で負けるな。
政治の原点を民意に置き、政意を出せ。
感謝の気持ちが無い奴は、立候補するな。
179
「礼」と「節」

『礼節』を知って初めて一人前の人間である。

相手を尊敬し、自らを謙遜し、行いをすることが『礼』である。

『礼』を時と場合に応じてわきまえ、行動することが『節』である。

自分の心が自分の行動を見つめ、
礼法を自分のものとすることで自らの品位を高めることになる。

自分だけがこの広い宇宙で、
たった一人の自分を判断できる人間であるとの自覚こそ自立である。

『礼』と『節』を学び、品位と判断力のある人間になる夢を持ち続けたい。
180
岡 山 政 経 塾
地
球
と
人
類
を
未
来
永
劫
に
存
続
さ
せ
る
た
め
に
18
1
次
の
世
代
を
生
き
る
人
た
ち
の
た
め
に
日
本
と
世
界
の
人
々
の
た
め
に
自
分
と
家
族
と
隣
人
の
た
め
に
今
を
生
き
る
私
た
ち
の
責
任
を
果
し
ま
す
。
道
筋
を
定
め
て
、
行
動
を
起
こ
し
、
私
た
ち
は
、
目
的
を
明
確
に
し
、
目
標
を
掲
げ
、
幸
福
が
実
感
で
き
て
、
笑
顔
の
溢
れ
る
未
来
を
描
き
ま
す
。
課
題
と
解
決
策
を
現
場
に
求
め
、
私
た
ち
は
、
歴
史
と
先
人
に
学
び
、
物
事
の
本
質
を
見
極
め
て
、
理
念
を
培
い
ま
す
。
競
い
合
っ
て
、
感
性
を
磨
き
、
私
た
ち
は
、
互
い
に
支
え
合
い
、
変
え
よ
う
と
岡
山
政
経
塾
に
集
い
ま
し
た
。
私
た
ち
は
、
愛
す
る
郷
土
・
岡
山
か
ら
日
本
を
未
来
に
大
き
な
夢
を
描
い
て
申
し
上
げ
ま
す
。
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
。
二
〇
一
二
年
182
O
T
O
K
O
初 M
A
春 E
今
日
ま
で
ご
指
導
下
さ
い
ま
し
た
皆
様
方
に
、
心
よ
り
感
謝
と
お
礼
を
育
っ
て
頂
き
た
い
と
密
か
に
願
っ
て
い
ま
す
。
政
治
を
志
す
人
、
選
挙
に
関
心
が
あ
る
方
の
心
の
中
で
、
少
し
ず
つ
借
用
さ
せ
て
頂
き
、
多
く
の
H
P
か
ら
デ
ー
タ
ー
を
拝
借
し
ま
し
た
。
ヒ
ン
ト
を
与
え
て
下
さ
っ
た
尊
敬
す
る
方
の
言
葉
や
先
人
の
教
え
を
ま
た
、
私
が
困
難
に
直
面
し
た
時
に
、
ど
の
よ
う
に
考
え
る
べ
き
か
の
民
主
主
義
を
前
進
さ
せ
る
た
め
の
想
い
を
メ
モ
に
し
ま
し
た
。
多
く
の
方
に
ご
指
導
頂
い
た
事
、
実
践
し
た
事
、
そ
し
て
政
治
と
選
挙
、
四
十
五
年
間
に
渡
る
選
挙
屋
か
ら
静
か
に
身
を
引
き
ま
す
。
六
十
五
歳
に
な
り
ま
し
た
の
で
、
ダウンロード

政治・選挙の参考資料