MEITETSU NEWS RELEASE
12-03-21
4 月 21 日(土)から manaca 連絡定期券の発売範囲を拡大します
名古屋鉄道では、4 月 21 日(土)から始まる、manaca と JR 東海の
「TOICA」との相互利用サービス開始に合わせ、地下鉄線と名鉄・瀬戸線との
連絡定期券に大曽根駅接続を、また、あおなみ線と名鉄線の連絡定期券を新
規追加するなど、発売範囲の拡大を行います。これは、より多くのお客さまが 1
枚の manaca 定期券で電車をご利用いただけるように実施するものです。
これに伴い、発売範囲拡大に該当する 2 枚の通用期間終了日が異なる定期
券をお持ちのお客さまに対し、通用期間の残った名鉄線定期券を無手数料で
払いもどす、特例払いもどしを同日から実施します。
詳細は下記のとおりです。
記
1. 開
始
日
4 月 21 日(土)
*定期券の通用期間終了後、名鉄出札係員配置駅(赤池駅・蒲郡駅を
除く)または名鉄名古屋駅サービスセンターで連絡定期券(manaca 定
期券)をご購入ください。
2. 連絡定期券発売範囲の拡大
①地下鉄線との連絡定期券の接続駅に『大曽根駅』を追加
名鉄線
接続駅
地下鉄線
名鉄線 全線
*蒲郡線(三河鳥羽~蒲郡間)
広見線(明智~御嵩間)
瀬戸線の各駅を除く
瀬戸線の各駅
名古屋
金山
赤池
上小田井
上飯田
栄町
大曽根(追加)
全線
*名鉄線内及び地下鉄線内の経路には一部制限があります。
②あおなみ線との連絡定期券を新規に追加
名鉄線
接続駅
あおなみ線
名古屋
全線
名鉄線 全線
*蒲郡線(三河鳥羽~蒲郡間)
広見線(明智~御嵩間)
瀬戸線の各駅を除く
*当社のみの発売となります。あおなみ線では、連絡定期券の発売は行
いません。
*名鉄線の経路には一部制限があります。
3. 特例払いもどし
①大曽根駅を発着とする地下鉄線と名鉄・瀬戸線
②名古屋駅を発着とするあおなみ線と名鉄線
それぞれ 2 枚別々にお持ちの定期券の通用期間終了日が
異なる場合、通用期間の残った名鉄線定期券を無手数料
で残存日数分払いもどしします。
■実施期間
4 月 21 日(土)~11 月 30 日(金)
特例払いもどしの
特例払いもどしの計算方
いもどしの計算方
定期券券面金額×申出日の翌日から通用期間終了日までの
日数÷総日数〔1 箇月(30 日)、3 箇月(90 日)、6 箇月(180
・
日)〕=払いもどし金額(10 円未満のは数は切り上げして、10円単位にします)
*manaca 連絡定期券をあらたにお買い求めいただく場合に限ります。
*発売範囲拡大に伴う変更に限ります。
*払いもどし金額は、発売金額を上限とします。
*払いもどしの際は、公的証明書をご持参ください。(運転免許証など)
以上
ダウンロード

(土)からmanaca 連絡定期券の発売範囲を拡大します[77KB]