6月22日-2
4 分国法⑵ 戦国家法の制定と機能
4 分国法⑵
戦国家法の制定と機能
1 個々の分国法典
⑴ 相良氏法度 江戸時代にも効力
1 個々の分国法典
⑵ 塵芥集
伊達稙宗(天文5 =1536年制定)
全171?条。法文は仮名まじり・
方言まじりで、神事・仏事から
民事・刑事などにいたるまで
広範囲の規定。殺害や強盗・窃盗など刑罰
関係の条文70カ条を含む。家臣の裁判権を
吸収、大名の絶対的な権力
を確立した立法の好例。
小林宏『塵芥集の研究』(創文社)
青葉城(再建)
1 個々の分国法典 ⑶
義治式目(近江・六角氏)
吉川氏法度
結城氏新法度
大内氏壁書
教弘・政弘・義興3代にわ
たる1459~95年(長禄3~明
応4) の立法 家訓
甲州法度
新加制式(阿波・三好氏)
今川仮名目録
朝倉敏影十七ケ条
長宗我部元親百ケ条
早雲寺殿廿一箇条
4 分国法⑵
戦国家法の制定と機能
2 法典の性格(内容)
殖産興業
知行宛行
徴税規制
(指出検地)
裁判権
(喧嘩両成敗)
家
臣
の
統
制
主 勝手な
君 上知
の
拘
束 依怙贔屓
領
民
の
支
配
↓
富
国
強
兵
↑
楽市・楽座
4 分国法⑵
戦国家法の制定と機能
3 法圏の分裂と幕府法(幕府法を補充法)
室町幕府法(←御成敗式目) + 公家法・本所法
建武式目+建武式目追加
⇩
⇧
幕府法の克服
領国支配の問題を自主的に制定
⇨独自性・自己完結性あり
今川仮名目録
氏
親
木
像
一喧嘩に及輩、不論理非、
両方共に可行死罪也(略)
喧嘩両成敗法
⇩ ⇧
天下の法度は自力救済?
法治
義
元
画
像
18 分国法⑵
戦国家法の制定と機能
4 近世領主法への展望
① 分国法自体が近世幕藩の領主に承継さ
れることは稀
⇦ 制定権者の淘汰+分国法の機能低下
② 分国法は(実質上)近世幕藩法の祖型
18 分国法⑵
戦国家法の制定と機能
4 近世領主法への展望(続き)
③ 分国法 ⇨ 近世幕藩法への発展方向
1) 支配・政務機構が成立、制定法の作成に
→領主自身の立法関与は減少
制定法の増大
→法と道徳、家法と家訓の分離
2) 政務官と軍務官の分化
→裁判に関与する法曹的事務吏員によって法曹法が発達
3) 制定法・法曹法の発展
→民間の慣習的民衆法が弱化、領主法に代えられていく
4) 身分秩序の確立
家臣・領民に対する領主権力の相互不可侵が保障
⇨法は〔領域的支配(=領主法)→対人的規制(=対人法)〕を志向
本日のテーマ
法の生まれる(れた)とき
ダウンロード

06/22-2 - 法制史研究会ホームページ