●「program」というフォルダ/ファイルが存在する場合の問題について
PowerChute Business Edition および、
ESMPRO/AutomaticRunningController、SigmaSystemCenter/電源管理基本パックの場合について、
記載します。
=======================================
1. PowerChute Business Edition の場合
=======================================
[現象]
「program」というフォルダ/ファイルが存在する場合、
PowerChute Business Edition (APC PBE Agent、APC PBE Server) サービスが起動
できない現象が発生します。
本現象が発生すると、電源制御やスケジュール運転が出来なくなります。
また、ESMPRO/AutomaticRunningController と連携を行っている場合、
ESMPRO/AutomaticRunningController の起動時、連携が正常に行えないことによるエラーが
発生したり、スケジュールなどによるシャットダウン時、連携用に使用している
UPSSleep.exe の起動に失敗し、自動運転が出来なくなる現象が発生します。
これは、Program Files フォルダ配下に PowerChute Business Edition がインストールされ
ている環境で、同じドライブ直下に「program」という名前のフォルダ/ファイルが存在する場
合、上記サービスや実行ファイルが起動できなくなるために起こります。
本現象発生時、下記のようなログが記録されます。
(xxx は、サービス名)
〇PowerChute Business Edition の起動失敗ログ
エラー ID:7000
ServiceControlManager
xxx サービスは次のエラーのため開始できませんでした:
xxx サービスは有効な Win32 アプリケーションではありません。
〇ESMPRO/AutomaticRunningController との連携時のエラーログ
エラー ID:1102
ESMPRO/AC
運用中に、自動電源装置との通信に失敗しました。自動電源制御を中断します。
原因として、自動電源制御装置の構成情報が間違っているか、接続状態を含む
ハードウェア異常が考えられます。設定および接続状態を確認してください。
エラー情報
Command: PowerChute Business Edition
ErrorNo.:not working
1
もしくは、
エラー情報
Command: V00
ErrorNo.:F
[解決策]
下記のいずれかの手段を行うことにより、本現象を解決することができます。
・同じドライブ直下の「program」というフォルダ/ファイルを削除する。
・同じドライブ直下の「program」というフォルダ/ファイルの名前を変更する。
・Program Files フォルダ以外のフォルダに PowerChute Business Edition をインストール
する。
2
================================================================================
2.ESMPRO/AutomaticRunningController、SigmaSystemCenter/電源管理基本パックの場合
================================================================================
[現象]
ESMPRO/AutomaticRunningController、SigmaSystemCenter/電源管理基本パック、
マルチサーバ構成データ編集を Program Files フォルダ配下にインストールした環境で、
同じドライブ直下に「program」というファイルが存在する場合、
AC Management Console 関連の GUI の起動に失敗したり、ESMPRO/AC サービスが起動できない
現象が発生します。
本現象が発生すると、電源制御やスケジュール運転が出来なくなります。
〇AC Management Console 関連の GUI の起動に失敗した場合、下記のようなメッセージが
表示されます。
ライセンス登録画面の起動に失敗しました。
エラー:%1 は有効な Win32 アプリケーションではありません。
C:\Program Files\AUTORC\ac_license.exe -silent
※%1:ESMPRO/AC 製品内の実行ファイル名
〇ESMPRO/AC サービスの起動時、下記のようなログが記録されます。
エラー ID:7000
ServiceControlManager
ESMPRO/ARC Service サービスは次のエラーのため開始できませんでした:
ESMPRO/ARC Service は有効な Win32 アプリケーションではありません。
[解決策]
下記のいずれかの手段を行うことにより、本現象を解決することができます。
・同じドライブ直下の「program」というファイルを削除する。
・同じドライブ直下の「program」というファイルの名前を変更する。
3
ダウンロード

「program」というフォルダ/ファイルが存在する場合の問題について