ハワイに接近するハリケーンが将来増加すると予測
筑波大学生命環境系では、平成 24 年度から 5 年間の予定で、文部科学省「気候変動リスク情
報創生プログラム」
(略称:創生プロ)に参画し、気象庁気象研究所ほかと共同で、
「気候変動リ
スク情報の基盤技術開発」を実施しています。
これまで、地球温暖化が進むと全球の熱帯低気圧(ハリケーンや台風)の数や強度がどう変化
するかの研究は世界の研究機関で数多くなされてきましたが、
地域的な熱帯低気圧活動の将来予
測は不確実性が大きいためあまり議論されてきませんでした。今回、筑波大学生命環境系、気象
庁気象研究所、ハワイ大学国際太平洋研究センターのグループは、地球温暖化が進んだ 21 世紀
末における熱帯低気圧活動の将来予測に取り組みました。モデルの予測結果から 21 世紀末にハ
ワイ付近に接近するハリケーンの頻度が、現在に比べて 2〜3 倍程度増加することが分かりまし
た。温暖化により、ハリケーンを流す指向流がより東風偏差となり、東太平洋で発生したハリケ
ーンがハワイ付近まで達しやすくなること、が効いています。今回の研究は、高解像度気候モデ
ルを用いた複数の将来実験設定による予測実験の結果で、どのような実験設定でもハワイ付近に
接近するハリケーンの頻度が増えることを示しており、
将来予測の不確実性が小さいと評価され
ました。
ハリケーンのような小さなスケールの予測には水平方向に非常に高解像な気候モデルを
用いることが必要で、複数の実験を行うには莫大な計算資源が必要です。今回の数値実験は地球
シミュレータによって実行されました。
この成果は英国の国際的な科学誌「ネイチャー・クライメート・チェンジ」のオンライン版に
2013 年 5 月 5 日に掲載されました。*
創生プロでは、従前の超高解像度大気モデルのさらなる高度化を行うとともに、統計学的手法
と気候変動予測モデルに基づき、日本を含むアジアモンスーン域における気候変動予測確率分布
情報を創出すべく、研究を進めていきます。
*
Murakami, H., B. Wang, T. Li and A. Kitoh, 2013: Projected increase in tropical cyclones
near Hawaii. Nature Climate Change, doi:10.1038/nclimate1890.
生命環境系主幹研究員 鬼頭昭雄
プロフィール
1953 年、大阪市生まれ。京都大学理学部卒。同大学院理学研究科博士課程中退。理学博士。1978
年、気象庁入庁。1980 年、気象庁気象研究所予報研究部。2007 年、気象庁気象研究所気候研究
部長。2013 年 5 月から筑波大学生命環境系主幹研究員。日本学術会議連携会員。気候変動に関
する政府間パネル(IPCC)第 1 作業部会(WGI)の第 2 次〜第 5 次評価報告書の執筆代表者。
主な原著論文等
Kitoh, A., H. Endo, K. Krishna Kumar, I.F.A. Cavalcanti, P. Goswami, T. Zhou, 2013: Monsoons
in a changing world: a regional perspective in a global context. J. Geophys. Res.
Atmos., 118, doi:10.1002/jgrd.50258.
Endo, H., A. Kitoh, T. Ose, R. Mizuta and S. Kusunoki, 2012: Future changes and
uncertainties in Asian precipitation simulated by multiphysics and multi-sea surface
temperature ensemble experiments with high-resolution Meteorological Research
Institute atmospheric general circulation models (MRI-AGCMs). J. Geophys. Res., 117,
D16118, doi:10.1029/2012JD017874.
Murakami, H., Y. Wang, M. Sugi, H. Yoshimura, R. Mizuta, E. Shindo, Y. Adachi, S. Yukimoto,
M. Hosaka, A. Kitoh, T. Ose and S. Kusunoki, 2012: Future changes in tropical cyclone
activity projected by the new high-resolution MRI-AGCM. J. Climate, 25, 3237-3260.
Kitoh. A, 2011: Impact of Climate Change on Asian Monsoon Characteristics. In: C.-P. Chang,
Y. Ding, N.-C. Lau, R.H. Johnson, B. Wang and T. Yasunari (eds.) The Global Monsoon
System: Research and Forecast, 2nd Edition, World Scientific Series on Asia-Pacific
Weather and Climate - Vol. 5, World Scientific Publication Company, 557-568.
Kitoh, A., S. Kusunoki and T. Nakaegawa, 2011: Climate change projections over South
America in the late 21st century with the 20 and 60 km mesh Meteorological Researcg
Institute atmospheric general circulation model (MRI-AGCM). J. Geophys. Res., 116,
D06105, doi:10.1029/2010JD014920.
Kitoh, A., S. Kusunoki, Y. Sato, N. Ferdousi, M. Rahman, E.E.S. Makmur, A.L.S. Solis, W.
Chaowiwat and T.D. Trong, 2011: Climate Change Projections in Some Asian Countries.
In: Climate Change Adaptation and International Development, (R. Fujikura and M.
Kawanishi), Earthscan, London, 19-62.
Kitoh, A., T. Motoi and O. Arakawa, 2010: Climate modelling study on mountain uplift and
Asian monsoon evolution. In: Monsoon Evolution and Tectonics - Climate Linkage in
Asia. [Clift, P.D., R. Tada and H. Zheng (eds.)], Geological Society, London, Special
Publications, 342, 293-301.
Kitoh, A., T. Ose, K. Kurihara, S. Kusunoki, M. Sugi and KAKUSHIN Team-3 Modeling Group,
2009: Projection of changes in future weather extremes using super-high-resolution
global and regional atmospheric models in the KAKUSHIN Program: Results of preliminary
experiments. Hydrological Research Letters, 3, 49-53.
鬼頭昭雄, 2009: 地球システムモデルによる気候研究〜温暖化研究と古気候研究の接点〜. 日
本地球惑星科学連合ニュースレター, Vol.5, No.4, 1-3.
Kitoh, A. and T. Mukano, 2009: Changes in daily and monthly surface air temperature
variability by multi-model global warming experiments. J. Meteor. Soc. Japan, 87,
513-524.
Kitoh, A. and S. Kusunoki, 2008: East Asian summer monsoon simulation by a 20-km mesh AGCM.
Clim. Dyn., 31, 389-401.
Kitoh, A., A. Yatagai and P. Alpert, 2008: First super-high-resolution model projection
that the ancient "Fertile Crescent" will disappear in this century. Hydrological
Research Letters, 2, 1-4.
Meehl, G.A., T.F. Stocker, W.D. Collins, P. Friedlingstein, A.T. Gaye, J.M. Gregory, A.
Kitoh, R. Knutti, J.M. Murphy, A. Noda, S.C.B. Raper, I.G. Watterson, A.J. Weaver
and Z.-C. Zhao, 2007: Global Climate Projections. In: Climate Change 2007: The
Physical Science Basis. Contribution of Working Group I to the Fourth Assessment
Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change [Solomon S., D. Qin, M. Manning,
Z. Chen, M. Marquis, K.B. Averyt, M. Tignor and H.L. Miller (eds.)], Cambridge
University Press, Cambridge, United Kingdom and New York, NY, USA, 747-845.
ダウンロード

ハワイに接近するハリケーンが将来増加すると予測