アクセスログ解析
専修大学 ネットワーク情報学部
■分析・データ概要
最終目標
<概要>
アクセス解析ツール「シビラ」のアクセスログデー
タ
売上向上
達成条件
成約件数向上
<期間>
2006年1月~6月までの6ヶ月間
<総PV数>
56,535
方法
訪問者数向上
コンバージョン率向上
<総セッション数>
22,276

「訪問者数向上」、「コンバージョン率向上」の2つ
の観点から分析を進める
<総ユーザー数>
18,132

コンバージョン率・・・「サイトに訪問した人」に対し
て「実際に購入・申し込み等をした人」の割合
<属性>
ホスト、リクエスト日時分秒、リクエストURL、リファ
ラURL、ユーザID、セッションID、検索キーワード
etc
©Ehara Project All Rights Recerved.
2
■コンバージョン率向上

データの加工
1ページしか見ていないユーザを除外
分析の精度を高めるため
18,132ユーザ→6735ユーザ
ページ番号
p1
p2
p3
p4
URL
http://w w w .sibulla.com /
http://w w w .sibulla.com /_com pany.htm l
http://w w w .sibulla.com /adv/
http://w w w .sibulla.com /adv/adw ords.htm l
概要
トップページ
リンク切れ
広告効果測定
アドワーズ広告効果測定
各ページに番号をつける(全105ページ)
うち8ページはトップページからたどりつけないページ
「_company.html」などサイトを変更するために一時的に用いられたアドレスがあるため

コンバージョン
シビラにおけるコンバージョンとは
コンテンツ
入口ページ
コンテンツ
コンバージョン
申込フォーム
入力内容確認
送信完了
実際にシビラを購入
申込の定義
コンテンツ
「申込フォーム」→「入力内容の確認・入力エラー(申込・
問合せ・パートナー問合せ・メルマガ購読解除)」→「送信
完了(申込・問合せ・メルマガ登録)」の順でページを見て
いるユーザを申込ユーザとみなす
申込フォーム
入力内容確認
送信完了
キャンペーン申込の定義
「キャンペーン申込フォーム」→「入力内容の確認・入力エラー
(キャンペーン申込)」→「送信完了(キャンペーン申込)」の順で
キャンペーン申込フォーム
ページを見ているユーザをキャンペーン申込ユーザとみなす
©Ehara Project All Rights Recerved.
入力内容確認
送信完了
3
■コンバージョン率向上

ユーザ分類
ユーザーを2つに分類する
「申込んだユーザ(成約ユーザ:132人)」と「申込まないユーザ(一般ユーザ:6603人)」に分類する
それぞれのユーザのサイト内の動きを分析し、申し込みにいたる経路やサイトの問題点を見つけ出す

ページ分類
17のグループに分類する
サイトマップを参考に全ページを17のグループに分ける
トップページからたどり着けないものは除外
トップページ ニュース(最新情報) シビラとは シビラの機能
シビラ導入
申込
送信完了
オプション
会社概要
Q&A
その他サービス
用語集
キャンペーン申込 キャンペーン 問合せ関連 入力内容確認・エラー
解約
©Ehara Project All Rights Recerved.
4
■コンバージョン率向上

入口・出口ページ分析
セッション
お気に入り
入口・出口ページ
入口
ページ
成約・一般ごとに「入口となっているページ」と「出口となってい
るページ」を分析し、サイト内の問題点を見つけだす
セッションごとの入口・出口ページを調べる


成約ユーザの主な入口・出口ページ
入口ページ



出口
ページ
検索サイト

入口・出口ともに申し込みに関する
ページが目立つ
「キャンペーントップ」、「価格表」、「申し込みの流れ」、「導入事例」
「会社概要」、「価格表」、「申し込みの流れ」、「製品概要」
一般ユーザの主な入口・出口ページ
入口ページ


ページ
出口ページ


ページ
「レポート作成サービス」、「用語集」、「SEO効果測定」、「経路解析」
出口ページ

「用語集」、「価格表」、「会社概要」、「製品概要」
©Ehara Project All Rights Recerved.
用語集からの離脱が多い(サイ
トを辞書的に使っている)

申込に関係のないページから訪問
する傾向がある
⇒ 「用語集」に製品をアピールする項
目を設けて、ユーザに製品の興味
を持たせる
5

■コンバージョン率向上

ページ遷移図
FromTo行列
成約ユーザ・一般ユーザそれぞれのFromTo行列を作成する
遷移の構造を簡素化するため分類した17のページグループで作成
FromTo行列からページ遷移図を作成する
ページ遷移図
FromTo行列
トップページ
ニュース(最新情報)
シビラとは
シビラの機能
その他サービス
シビラ導入
オプション
会社概要
Q&A
用語集
申し込みフォーム
キャンペーン申し込みフォーム
キャンペーントップ
問い合わせ関連
入力内容の確認・エラー
送信完了
解約
外部サイト(google、お気に入り等)
p1
p2
p3
p4
p5
p6
p7
p8
p9
p10
p11
p12
p13
p14
p15
p16
p17
外部
p1 p2 p3 p4 p5 p6 p7 p8 p9
28 3 28 112 18 85 14 20 16
2
1
2
1
2
3
79 61
29
5
7
3
20
48 540
96 29 15
7
8
2
4 3
5
3
12
18
28 59 6 78 27
9 15
4
9 16 7 23 21
1
8
3
4
8 4
7
4 10
3
6
3
6 4 10
4
3 123
2
3
5 1
1
3
2
10
8 5 36
3
5
7
7
1
101 15
2
4
4 8
6
3
5
2
1
2
1
49
1
4
5
10
2
1
4
1
280 6
5 38 3 40
4
3
7
オプション
導入事例
トップページ
製品概要
申し込みフォーム
入力内容の確認
機能紹介
キャンペーン
申し込みフォーム
キャンペーントップ
©Ehara Project All Rights Recerved.
送信完了
その他のサービス
問い合わせ関連
Q&A
6
■コンバージョン率向上

成約ユーザのページ遷移図

一般ユーザのページ遷移図
オプション
オプション
シビラ導入
トップページ
シビラとは
トップページ
シビラ導入
申し込みフォーム
シビラとは
入力内容の確認
シビラの機能
離脱
シビラの機能
キャンペーン
申し込みフォーム
キャンペーントップ
申し込みフォーム
キャンペーン
申し込みフォーム
キャンペーントップ
送信完了
Q&A
その他のサービス
問い合わせ関連
離脱
Q&A
⇒「トップページ→シビラ導入→申し込み」、「キャン
ペーントップ→申し込み」など申し込みにいたる
経路が確立されている
用語集
同じコンテンツしか見ていないユーザが多い
⇒複数のコンテンツを移動させるようなサイト構成

「用語集」などサイトを辞書的に使っているユーザが多い
⇒「用語集」や「Q&A」にキャンペーンへのリンクを設置する

©Ehara Project All Rights Recerved.
7
■訪問者数向上

法人ユーザ分析
法人ユーザの抽出
ホストが「***.co.jp」のログを抽出する
669社の法人ユーザを抽出
抽出した企業の業種を調べ、「どのような競合他社がいるか」、「パートナーになりうる企業はないか」などを調べる
ドメインサーチ「Whois」を使い、ホストから企業を調べる
業種を分類する
抽出した法人ユーザの業種を調べ、それぞれの業種にあったアプローチをかける
社名
(株)総合システムサービス
AOLジャパン株式会社
C.S.D株式会社
h.m.p 株式会社
KVH株式会社
TBCグループ株式会社
アイシン・エイ・ダブリュ 株式会社
アイシン精機 株式会社
アイティメディア株式会社
アクセルテクノロジー株式会社
アサカ理研工業株式会社
アビリティーセンター株式会社
アラ商事株式会社
アルテック株式会社
URL
競合 パートナー その他
業種
http://www.sgs.co.jp/
ソフトウェア開発
http://www.jp.aol.com/
1
ポータル
http://www.csdaizu.co.jp/
ソリューション
http://www.hmpjiki.co.jp/
印刷
http://www.kvh.co.jp/
通信
http://www.tbc.co.jp/mens/
サロン
http://www.aisin-aw.co.jp/
製造
http://www.aisin.co.jp/
製造
http://corp.itmedia.co.jp/
システム開発
http://www.acceltech.co.jp/
製造
http://www.asaka.co.jp/mr-hp/top.html
ソフトウェア開発
http://www.abi.co.jp/
人材派遣
http://www.aranet.co.jp/
アパレル
http://www.ultec.co.jp/
システム開発
©Ehara Project All Rights Recerved.
⇒業種ごとに分類し、最適なアプロ
ーチをかける
8
■訪問者数向上

時間帯別キーワード分析
時間帯ごとにキーワードを調べる
「9~17時(勤務時間)」、「17~1時(在宅時間)」、「1~9時(深夜・早朝)」
それぞれの時間帯でどのようなキーワードが使われているのか調べる

9時~17時(勤務時間)の主な訪問キーワード




⇒一般的なキーワードが目立つ
17時~1時(在宅時間)の主な訪問キーワード




「アクセスログ」+「解析」
「サイト解析」
「経路」+「アクセス解析」
⇒「社名」や「製品名」と組み合わせた
キーワードが目立つ
「製品名」+「アクセス解析」
「「アクセス解析」
「社名」+「解析ツール」
1時~9時(深夜・早朝)の主な訪問キーワード



「IPアドレス」+「アクセス解析」
「アクセス解析」+「cgi」
「広告」+「コンバージョン率」
⇒「コンバージョン率」など専門的な言
葉が目立つ
©Ehara Project All Rights Recerved.
9
ダウンロード

web企業サイトのアクセスログ分析 - 専修大学ネットワーク情報学部