画像の表現
画像も0と1の組み合わせで表現します。
教科書26ページ
色の表現
いろいろな色は、3つの色の組み合わせで表現できる。
3原色
赤(Red),緑(Green),青(Blue)
◎ 光の3原色
<特徴>混ぜると明るさが増す。 (加法混色)
〃 白に近づく。
◎ 色の3原色 シアン(青緑),マゼンタ(赤紫),イエロー
<特徴>混ぜると明るさが減る。
〃
(減法混色)
黒に近づく。
CRTの
しくみ
3原色
.EXE
画像のディジタル化
構成する最小単位の濃淡を光センサで読み取り整数化
(標本化)
画素
画素の明るさを整数化する。(量子化)
2進数にする。(符号化)
音声
画像
時間的な標本化
空間的な標本化
CCDの
はたらき
ディスプレイへ
の表示のしくみ
解像度
→音声における標本化周波数にあたる
ある一定範囲の総画素数のことを解像度という。
 ディスプレイ、ディジタルカメラ、画像ファイル
総画素数
横×縦
解像度 8×10

解像度16×20
プリンタ、スキャナ
1インチ中の画素数
解像度32×40
解像度96×120
dpi(ドット/インチ)
CASIO
携帯電話
階調
→量子化の数
画素の明暗を何段階に分けるかを示す。
2階調
4階調
8階調
256階調
① 「8色カラー 」の画像ファイル
1画素のRGB3色がそれぞれ2階調のもの。
21
各1ビットずつ必要で、8色を表現できる。
23
Rが1、Gが1、Bが0
Rが0、Gが0、Bが0
Rが1、Gが1、Bが1
Rが0、Gが1、Bが0
Rが1、Gが0、Bが0
Rが0、Gが1、Bが1
Rが1、Gが0、Bが1
Rが0、Gが0、Bが1
② 「フルカラー 」 の画像ファイル
1画素のRGB3色がそれぞれ256階調のもの。
28
各8ビットずつ必要で、 16777216色を
表現できる。
224
8色カラー
だと…
③ 「256色カラー 」 の画像ファイル
1つの画像では、さほど多くの色を使ってはいない。
フルカラーの16777216色から256色を選んで
表現する(記憶領域が少なく済む)
28
色の表現 (まとめ)
◎ 光の3原色
赤(Red),緑(Green),青(Blue)
<特徴>混ぜると明るさが増す。 (加法混色)
〃 白に近づく。
◎ 色の3原色 シアン(青緑),マゼンタ(赤紫),イエロー
<特徴>混ぜると明るさが減る。
〃
黒に近づく。
(減法混色)
画像のディジタル化 (まとめ)
〔1〕 標本化 (サンプリング)
 画像を一定の距離間隔に分割して数値化
 画像を構成する最小単位
画素
 ある一定範囲の総画素数
解像度
解像度が高いほどなめらかな画像になる。
〔2〕 量子化
 画素の明暗を何段階かに分ける。
〔3〕符号化
 整数にした数値を2進数にする
階調
② 「フルカラー 」 の画像ファイル
1画素のRGB3色がそれぞれ256階調のもの。
28
各8ビットずつ必要で、 16777216色を
表現できる。
224
ダウンロード

画像の表現(`04)