演習:使いにくい
ユーザー・インターフェース
~効果的なプレゼンテーションために~
Copyright © the University of Tokyo
演習の概要
目的
•
人工物インタフェースのユーザビリティについての考察を題材
にパワーポイントの使い方を学ぶ
課題の種類
•
グループ向け課題:3-5
人のグループを作り集団で
取り組む
•
個人向け課題:指定された
HPに関して考察する
Copyright © the University of Tokyo
PowerPointの起動と初期画面

DockにあるPowerPointのアイコンをクリック
メニューバー
ツールバー
タイトルバー
この画面がプレゼンテーションのためのスライド
Copyright © the University of Tokyo
ファイルの設定/保存:その1

保存したファイルを格納するフォルダを作成する

ファインダーを
開き,書類をク
リック

右図の位置で
右クリックし,
新規フォルダ
を作成する

フォルダ名は
「kadai」とで
もしておこう
Copyright © the University of Tokyo
ファイルの設定/保存:その2

メニューバーの「ファイル」から「保存」をクリック

保存先
が”kadai”フォ
ルダであることを
確認し名前欄に
“presentatio
n”と入力して「保
存」をクリック

以後はツール
バーの
をク
リックすると上
書きされる
フォーマットに注意!
デフォルトはpptxになっています.最新のoffice環
境でない場合,pptで保存するのが良いでしょう.
Copyright © the University of Tokyo
PPTの画面

タイトル部分と本文部分の2つで構成されている
 タイトル部分:発表全体を通しての表題を書く
 本文部分:タイトルに合った内容を書いていく
• 本文スライドにもタイトルを書く部分がある
→当該スライドのためのタイトルを書く
Copyright © the University of Tokyo
スライドを作成する:タイトルページの作成

一番初めに表示されるスライドは,そのプレゼンテー
ションのタイトルを書くためのもの
 実際の内容はスライドを追加してから書く

右図は,このプレゼン
テーションが以下である
ことを示す
 「学校にある使いにく
いもの」というタイトル
 「東大太郎」が報告者・
作成者
Copyright © the University of Tokyo
スライドを作成する:新しいスライドの挿入

メニューバーの「挿入」から「新しいスライド」をクリック
 先ほど書いたタ
イトルに合わせ
て内容を書き込
んでいく
 以後,スライドを
どんどん追加し
たい時には同じ
作業を繰り返す
Copyright © the University of Tokyo
スライドを作成する:内容を作成する

使いにくいインターフェースの例として“iMac端末”を
挙げてみた
 上のスライドはiMac端末について報告することを示し,
具体的にその使いにくいものを説明しようとしている
Copyright © the University of Tokyo
入力に関する補足(1)

箇条書きで書くのが一般的
 簡潔な表現で,同じ文体(体言止めなど)を用いる
 文字書式(太字・イタリック,色,大きさ)も変更可能
 スライド1ページに含まれる行数が多くなると,自動的
に文字の大きさが変更され小さくなることがある
 行数を多くしすぎないことが望ましい
 画面左の「アウトライン」ウィンドウからも入力できる

タブキーでインデントを操作することができる
 インデントごとに文字の大きさが小さくなる(逆も可能)
Copyright © the University of Tokyo
入力に関する補足(2)

スライドのデザインを選択・変更することもできる
 テンプレートを適用させてみるのも良い
Copyright © the University of Tokyo
スライドを作成する:画像を挿入する(1)

報告者が視覚に訴えたい時
 画像を貼り付けることが有効(著作権に注意)

画像を取り込む
 ウェブサイトの画像を保存する場合は対象を
右クリックし「イメージを別名で保存」をクリック
 画面上のものを好きにコピーしたい時は
「スクリーンショット機能」を使う
Copyright © the University of Tokyo
スクリーンショットのやり方
Macによるスクリーンショットのやり方
シフトとコマンドと「3」を同時に
押すと,ピクチャファイルがデ
スクトップに表れる.
-「3」のところを「4」にすると領域指
定のスクリーンショットができる
Copyright © the University of Tokyo
スライドを作成する:画像を挿入する(2)

画像がファイルとして保存されていることが前提
 コピーしてそのまま貼り付けることも可能

メニューバーから「挿入」,「図」を選択,ファイルを選ぶ
Copyright © the University of Tokyo
スライドを作成する:画像挿入後

画像を入れることで,CD/DVD挿入口がいかにわか
りにくいかということの説得力が増した

効果的に画像を配
置しよう
 “わかりやすい”プ
レゼンテーションに
つながる
 文字情報よりも好
まれる場合が多い
Copyright © the University of Tokyo
スライドを作成する:テキストボックスの追加

スライドに自由に文字を
書き加えたい
 テキストボックスを追加
し文字を書く(下図)
右図のように選択後,テキ
ストの領域をドラッグして設
定し,できた領域に文字を書
き込む
Copyright © the University of Tokyo
スライドを作成する:テキストボックス挿入後

右図はテキスト
ボックス内に文字
を加えた状態を示
している
 右図のように,図
に対してコメント
したい,説明した
い場合に使うと
有効
Copyright © the University of Tokyo
より効果的なプレゼンテーションに向けて(1)

アニメーション機能を使おう
 スライド内の文字や画像の表示にスパイスを加える

メニューバーの「ス
ライドショー」から
「アニメーションの
設定」をクリック
Copyright © the University of Tokyo
より効果的なプレゼンテーションに向けて(2)

対象をフェードイン表示させるようにする

右図のようにアニメーショ
ンを施したい対象を選び,
「フェード」を設定する
 いろいろな効果があるの
で遊びながら試すと良い

効果の確認は「再生ボタ
ン」でも,スライドショー
(後述)でもすることがで
きる
Copyright © the University of Tokyo
より効果的なプレゼンテーションに向けて(3)

発表において,一度表示させた情報が消えるような効
果を持たせたい
 先ほど追加したテキス
トボックスの内容は,
場を和ませるためのも
のとして使いたい

「詳細な効果オプショ
ン」を選択
 ここをクリック
 発表のときにクリック
すれば消える
Copyright © the University of Tokyo
作成したスライドを発表する:スライドショーの実行

メニューバーより「スライドショー」を選択

その後「実行」をクリック

画面左下のアイコンでもスライドショーができる

スライドショーが始まる.
Copyright © the University of Tokyo
プレゼンテーション時の注意事項

1スライドは50秒から1分かけて説明する
 スライドがコロコロ変わると聞き手は疲れる

スライドは簡潔な表現を用いよう
 不要な文字情報が多いと聞き手は疲れる

「場を和ませるスライド・効果」をどこかに忍ばせる
 1つでもあると聞き手は集中する

アニメーションは適度に
 アニメーションがくどすぎても聞き手は疲れる

自信ある態度で発表しよう!
Copyright © the University of Tokyo
その他:スライドショーの設定

スライドショーをすると勝手にスライドが切り替わっ
てしまう
 スライドショーの設定で「保存済みのタイミング」から
「クリック時」に変更する
Copyright © the University of Tokyo
課題1:グループ課題
課題
➀ 使いにくいユーザー・インターフェース(UI)を見つける
➁ 「UIのどの部分」が,「なぜ使いにくいのか」を考える
➂ どのようにすれば使いやすくなるのかを考える
➃ ➀~➂までの結果をパワーポイントで5枚までにまとめる
ポイント!
図やアニメーションを駆使して,いかにそのUIが使いにくいかをアピールしよう!
Copyright © the University of Tokyo
課題2:個人課題
■下記のWebサイトどちらかにアクセスし,使いにくい部分を1つ見つけ,「なぜ
使いにくいのか」,「どうすれば使いやすくなるか」をスライド1枚にまとめよ
ITC-LMS
https://itc-lms.ecc.utokyo.ac.jp/portal/login
UTask-Web
http://www.c.utokyo.ac.jp/zenki/
Copyright © the University of Tokyo
ダウンロード

使いにくいインターフェース