第4回「試す」applim
キックオフイベント基調講演
ブレークスルーパートナーズ株式会社
マネージングディレクター
赤羽 雄二
[email protected]
www.b-t-partners.com
2012年9月30日
最初に自己紹介 . . .
1
スタンフォード大学大学院で機械工学修士を取得
シリコンバレーの空気に初めて触れる
1986~2000年、マッキンゼーにて日本企
業、韓国企業の経営改革、新事業創造に
パートナーとして14年間取り組む
10年間500週、ソウル往復
世界二十数カ国からコンサルタントを動員
2000年以降、日本発の世界的ベンチャーを1
社でも多く生み出すべく、ブレークスルー
パートナーズを創業
ベンチャー共同創業、経営支援
ブレークスルーキャンプ主催、applim、
TRIGGER、OVAL等深く関わる
ソーシャルゲーム
5
すべての特許、技術、技術者を一発検索、つなぐ。パテントベースソーシャルグラフ
圧倒的な手軽さで、体系的な企業・業界情報の収集、分析
スマホでYouTubeがきれいに見れる
Jin-Magic
による帯域
安定化
6
感動コレクションlog
世界のみんなと歌える音楽
コラボiPhoneアプリ nana
http://www.lo-g.me/
ソーシャル婚活サイトfrigg
言葉で瞬時につながる
http://board-i.com/
画像でつながるコラボ
コミュニケーション
http://frigg.lv/
http://look.lc/
7
23チーム100名が参加した、2ヶ月間の開発合宿
8
applimも企画の最初から
9
1ヶ月で最大の成果を
出すためには
10
企画の出し方、まとめ方
11
(お勧めの) 4週間のステップ
9/30(日)-10/6(土)
企画案を各
20個ずつ出
し、評価。上位
2個ずつをチー
ム全員で議論
し決定
次ページ
10/7(日)-10/13(土) 10/15(日)-10/20(土) 10/22(日)-10/27(土)
絞った企画案
に対し、最終
プレゼン資料
を完成させる
ターゲット
ユーザー、
アプリ案、プロ
モーション等を
見直し、資料
修正
10/13(土):フィード
バックイベント
10/18(木):最終課
題提出
プレゼン練習
をしながらプレ
ゼン資料を無
限に修正
12
大: 4点
中: 2点
小: 1点
企画案の立案と評価
企画案
アイ
デア
性
実現
可能
性
行動
誘発
性
感性
誘発
性
デバ
イス
活用
度
マーケ
ティング
達成
度
総合点
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
13
大: 4点
中: 2点
小: 1点
企画案の立案と評価
企画案
アイ
デア
性
実現
可能
性
行動
誘発
性
感性
誘発
性
デバ
イス
活用
度
マーケ
ティング
達成
度
総合点
11.
12.
13.
14.
15.
16.
17.
18.
19.
20.
14
大: 4点
中: 2点
小: 1点
企画案の立案と評価
アイ
デア
性
実現
可能
性
行動
誘発
性
感性
誘発
性
デバ
イス
活用
度
マーケ
ティング
達成
度
総合点
1.
大
大
中
大
中
大
20
2.
中
中
大
大
大
小
17
企画案
3.
①
②
③
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
15
独りよがり、思い込みを避けるには
 独りよがり、思い込みを避けることは、実は簡単
 現実を直視するかどうか、耳の痛い話を聞くかどうか
 知らない人に話して、すぐ感心してくれるかどうか。す
ぐ感心してくれないものは、多分だめ
 長々と説明したくなるものは、多分だめ
 いつも相手の話を真剣に聞き、今何を話しているのか、
何を伝えたいと思っているのかを全力で理解するよう
努める
 「ビジョン、信念」と「独りよがり、思い込み」は別
16
ユーザーインタビューの方法(1/2)
 ①ターゲットユーザーを2人インタビューし、共通点、相違
点からセグメント仮説を出す、②3人目で仮説検証、③こ
こまででこれはという予感がなければまずだめ。後で苦
労する。インタビュー相手の選択ミスではなく、詰まらない
アイデアを追求していると思うべき
 10人以上インタビューをしようとすると、疲れるし、時間が
かかり逆に感度が鈍る。思考停止になりがち。最初の2
~3人で結論を出す方がむしろ精度が高い。そこで相手
が夢中になって話してくれれば、可能性大
17
ユーザーインタビューの方法(2/2)
 ユーザーインタビュー時には、何で困っているかを徹底
的に聞く。ひたすら聞く。全部聞く。もちろん、目を輝かせ
て、相づちを打ちながら。大事なポイントはすべて書き留
める。その姿勢がユーザーをさらに元気づけ、もっと話し
てくれる
 特に女性ターゲットの場合は、仲のよい友達2~3人集め
てもらい、わいわい話してもらうのが一番。セグメントはあ
まり気にせず、まずは爆発的に盛り上がるガールズトー
クを聞く
 ユーザーインタビューを効果的に行うには、普段からアン
テナを高くし、感度を上げ、何事も深掘りする力をつける
ような努力が必要。最も簡単かつ効果的なのは、毎日10
枚以上メモを書くこと。感度が低いとユーザーの発言に
惑わされる
18
仮説思考
ステップ
でいうと
仮説
立案
検証
仮説
修正
検証
結 論
方向修正
方向修正
イメージ的
には
結論
方向修正
ポイント  「いい加減にエイヤ!」ではなく、常に感度を高く保ち、何に対しても
自分なりの考え、仮説を持っていることが大前提
 インタビュー、データの分析などの検証作業を始めると、新たな仮説
がどんどん湧き、仮説が修正される
 このプロセスのスピードとダイナミックさについていけない人にとって
は大きなとまどいが生じる。飲みに行って話を聞いてあげる、背景を
説明してあげるなど、フォローアップとマッサージが必要
19
真実の探求 . . . 深堀りの重要性
納得するまで、「なぜ」を問い続ける . . . これがほぼ「分析力」と「独創性」のすべて
なぜそうなの?
な ぜ?
なぜ?
どんどん
掘っていく
なぜ?
なぜ?
ポイント
「岩盤」に達し
たらストップ
いやがられても、無理矢理にでも「なぜ」を5回続ける
簡単そうだが、相当の努力が必要 . . . 問題意識がき
わめて強くないと、質問が続かない
考える訓練として格好の場となる
20
考えの整理のしかた:
メモ書き
21
考えを整理するメモ書き
メモを書くねらい
– 頭に浮かんだことをすべてメモに書き留めることにより、考えを整理
する、頭がすっきりする
– 自分が何を悩んでいるのか、はっきり見える。悩みが大幅に減る
– メモが外部メモリになるため、頭の働きがよくなる
– 暗黙知を形式知化する
– インタビューメモ、人から聞いたお話、ミーティング議事録など、すべて一
元管理できる
方法
– 思いついたこと、気になること、疑問点、次にやるべきこと、自分の
成長課題など、頭に浮かんだことはすべてメモに書きとめる
– メモはすべてA4コピーの裏紙に
– 必ず、1件1葉で。必ず横置きで、左上にタイトル、右上に日付を書く
– 頭に浮かんだことをすべて書く、ということで、毎日10ページ
• 真剣に考えていれば、毎日10ページ程度にはなる
• 1枚1分で素早く書く。毎日20分もかからない
– 夜まとめてではなく、思いついたその瞬間に書き留める、という習慣づけ
22
メモの深掘りとは?
重要な課題に関して、徹底的に深掘りすることが重要
例えば、「だめだと思っていることをずばっと言いきれないのは?」というタイトルのメモを書
いたとすると、それに加えて
・なぜずばっと言いきれないのか?
・ずばっと言いきらないと何がまずいのか?
・ずばっと言われると相手はどう思うのか?
・ずばっと言わない自分を相手はどう思うのか?
・ずばっと言わないのは、具体的に何を指摘し、どう変えるべきかわからないからでは?
・○○さんにずばっと言うべきことは? (4~5人を具体的に)
・そもそもコーチングとは?
・ずばっと言いきるのがいい時とまずい時は?
をそれぞれメモに書くと効果的
多面的に、こちら側からあちら側から、中から外から、上から下から書くことで
1.今まで見えなかった側面がはっきり見える
2.十分考えていなかったことをしっかり考えることができる
3.理解不能と思っていた相手の行動、絶対いやだと思っていた相手・自分の行動への
理解が深まる。別の見方ができる
4.全体としてもやもやが整理でき、新しい自分としての取り組みができる
23
メモ見本
24
クリアフォルダによるメモ整理
25
クリアフォルダの重ね方
26
ホワイトボードの効果的な
使い方
27
ホワイトボードの効果的な使い方
一般の会議・ミーティングで見られる問題点
 テーマによっては話がぶれやすい。それ




ぞれが言いたいことを言って終わる
時間はかかるものの実際は何も決まら
ず、誰が何をいつまでに実行すべきか
はっきりしない。決めたと思っても漏れが
ある
論点のすれ違いを明確にできず、平行線
のまま議論が続く
報告はでき、結論は出せても、本質的な
問題解決につながらない
リーダーはいいミーティングだったと思っ
ても、チームメンバーは今ひとつ何が何だ
かわからない。情報共有したようでいてし
ていない、方針を出したようでいて、出し
ていない
ホワイトボードを使う時起きる現象、むずかしさ
 ホワイトボードに書こうとしても、発言者の
内容がよく理解できない(実際何を言いた
いかわからないことが多い)
 ホワイトボードの前に立つと、何をどう進
めたらよいか、よくわからなくなってくる
 議論が発散するのでまとめようとしても、
皆がついてきてくれない。皆言いたいこと
を言う
ホワイトボードの効果的な使い方
 リーダーが書く(書記を使うことはあまり効果的でない)
 その時、何を話す時間なのかをはっきりさせる。すなわ
ち、議事進行をきちんとおこなう。ブレーンストーミング
であっても、結論を確認する時間を作る
 最初はまとめようとせず、話を聞いて書く . . . わかり
にくい時は躊躇せず、また恥ずかしがらず聞きなお
し、簡潔に言い直してもらう
 書いたものを指差して、言いたいことが表現されている
か本人に確認する。他の人が話し始めていてもやんわ
り制止して確認し、積み上げていく方が効果的
 論点がすれ違いの時は、それを整理し、どこに
ギャップがあるかできるだけ図示する(ここでフレー
ムワーク、ロジックツリーが生きる)
 誰が何をいつまでにやるか、明確に決め、確認し、書く。
検討すべきリスク項目なども明確にする
 ざわついた時は注意を促す。大きめの声で
 左上に会議のタイトルと出席者、右上に日付を書く
 複数の議題、トピックがあるときは、左上に小さく箇条書
きしてから始める(場合によって時間配分も明記する)
 印刷したときにはっきり読めるように、字の大きさ、読み
やすさなど留意する
 下半分は椅子にすわって書く方が早い、きれい、落ち着
いて判断できる
 最初は誰でもあがる。思っていることの半分も書けな
い。場数が必要(20回程度)
28
チームのまとめ方
29
チームのまとめ方
 最初に明確にし、合意する


– チームで何をやりたいのか、達成したいのか
– コミュニケーションの手段、時間、頻度等
進捗状況等、常にチーム全員で共有
時間、アウトプット等ずさんなメンバーには全員でプッシュ
 チームリーダーをメンバー全員でサポート
 チームリーダーは、途中でより適切な人に交代するとまとまる
 メンターを積極的に活用(チームのもめ事対策にも)
30
プレゼン準備
31
プレゼンテーション
プレゼンテーションの巧拙で、チームの印
象が劇的に変わる
 プレゼンテーション練習を通じて、メッセージをど
んどんクリアにしていく。ギャップを埋めていく
 初めての人に聞いてもらい、メッセージが伝わっ
ているのか、伝え残しがないのか、何度も確認
 オーディエンス(審査員)を不安にしない。頭にす
るする入るように、理解しやすいように伝える
 例えば . . .
32
チーム紹介
写真、名前、大学、学部、
学年、役割
何だか面白そうなチームだな!
33
誰がどんなことに困って
いるのか?
なるほどね! 確かに!
そうだよね。何とかならないかなあ
34
困っている背景は?
本質的な問題点は?
なるほど! 確かに!
35
我々はこんな答えを
考えた!
お、すごいぞ! 面白い!
36
こんなにすごいんだぜ!
おおぉお~~~、このチームは賢い!!
ここまで考えているのか!
37
スマホだからね。
スマホをうまく使ったなあ!
そういう使い方があるんだね!
38
他のアイデアとは全然
違うよ!
確かに! 今までこんなこと
は誰も考えなかった!
すごいな。このチームは!
39
どんどん広がっていくね!
止まらないね。
確かにな。これなら、すご
い勢いで広まるよな
40
こうやって売れていくよ!
確かに!。これだったら
喜ばれそうだね!
41
もっと成長するために
42
もっと成長するために、今すぐ強化に
取り組みたいこと
 問題解決力、深く考える力
–効果的な問題解決のための考え方・スタンス
–どうリラックスし、かつトップスピードで走るか
–考えの整理のしかた、メモの書き方
 聞く力、相手の心情を心から理解できる感受性
 リーダーシップ
 やる気、向上心を維持、強化する工夫
 ソーシャルメディア活用力
43
相手の話を聞く力、相手の心情を心から
理解できる感受性
相手の話を聞く力が何よりも重要
 聞くふりをして聞き流すのではなく、本気で聞く
 相手に好奇心を持って聞く。うわの空は即死
 「~~いうことですね?」と確認する
 聞く力というよりも、真剣に聞く姿勢がすべて
リーダーシップの大前提
44
リーダーシップ
 リーダーシップとは、人に命令することではない
 周りが慕って、自然についてくること
 人の話を聞くことがすべての出発点
 ビジョンを示し、困難に立ち向かう勇気を生み出す
 沈着冷静に指示を出せること。危機に際して、常
に平常心でいられること . . 優先順位付けが鍵
 同時に複数のことを処理できること。並行処理
45
向上心を維持、強化する工夫
 誰もが常に高いわけではない。ただ、高く維持しよ
うとする努力は可能
 意欲、向上心、エネルギーは伝染する。強い人に
折りにふれて接し、エネルギーを注入する
 力みをなくし、トップスピードで走る
 人より半歩でも一歩でも先に行く
 同年齢、3歳上、10歳上の相談相手を数名確保
 土日の過ごし方が重要
シリコンバレーに一度行ってみる
46
ソーシャルメディア活用力
Facebook、Twitterはもとより . . .
最近は、LinkedInも必須(世界とつながる)
ブログで意見を発信する(何を食べたより)
どういうソーシャルメディアが出てこようと、総
合的な情報発信力、自分の考えを持ち発信
する力があるのとないので、決定的な違い
47
根本は、
48
熱意
49
+ 向上心
50
+ 柔軟性
51
熱意・向上心・柔軟性があれ
ば、いくらでも成長できる。な
りたい自分になれる!
52
今後の1ヶ月でも、applim
で大きな成果を出せる
53
日本発の世界的ベンチャーを
!
ブレークスルーパートナーズ株式会社
マネージングディレクター
赤羽 雄二
[email protected]
www.b-t-partners.com
54
[email protected].com までお送りください
1.
今日の感想、発見
2.
この講演を聞いて、applimにどう取り組むか
3.
今日の講演でわかりにくかったこと
すべてすぐお返事し、キャリア、起業等いつでも相
談に乗ります
55
主な講演資料、ブログ
事業計画作成とベンチャー経営の手引き: http://www.slideshare.net/yujiakaba/ss-7021997
ブレークスルーキャンプ by IMJ キックオフイベント: http://www.slideshare.net/yujiakaba/by-imj
ブレークスルーキャンプ決勝プレゼン大会: http://www.slideshare.net/yujiakaba/2011-9466238
Social Media Weekでの講演: http://www.slideshare.net/yujiakaba/web-11542736
全国VBLフォーラム第5回基調講演: http://www.slideshare.net/yujiakaba/5vbl
クリーンテックベンチャー: http://www.slideshare.net/yujiakaba/ss-8973633
ベンチャー人材確保ガイドライン: http://www.slideshare.net/yujiakaba/ss-8854374
現代ビジネス「ソーシャライズ!」でのブログ
– 日本が変わった: http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31677
– 大企業が変われない理由: http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31888
– リーンスタートアップの最新事情: http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32038
– SXSWが世界を動かす: http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32138
56
略歴: 赤羽 雄二
東京大学工学部を1978年3月に卒業後、コマツで建設現場用の超大型ダンプト
ラックの設計・開発に従事
1983~1985年、スタンフォード大学 大学院に留学(機械工学修士)
1986年、マッキンゼー入社。経営戦略、組織設計、マーケティング、新事業立ち上
げなどのプロジェクト多数を14年間にわたりリード。うち、1990~2000年の10年間、
マッキンゼーソウルオフィスを立ち上げ、韓国のトップグループの経営改革を推進
シリコンバレーのベンチャーキャピタルをへて、2002年、創業前、創業当初からの
非常にきめ細かな支援を特徴とするブレークスルーパートナーズ株式会社を森廣
弘司と共同創業し、「日本発の世界的ベンチャー」を生み出すべく活動。ベンチャー
の共同創業、経営支援に取り組んでいる
ブレークスルーキャンプ企画・運営
ブレークスルーキャンプ by IMJ 企画・運営統括
経済産業省「産業競争力と知的財産を考える研究会」、総務省「ITベンチャー研究
会」委員、「ICTベンチャーの人材確保の在り方に関する研究会」委員、 「事業計画
作成支援コース」の企画立案および講師、「事業計画作成とベンチャー経営の手
引き」著者
東京大学工学部「産業総論」講師、北陸先端科学技術大学、電気通信大学講師
ソーシャルアプリ、ソーシャルメディア、電気自動車等への取り組み
57
ダウンロード

PowerPoint版 - ブレークスルーパートナーズ