卒業研究進捗報告
2009年
研究題目:
学生番号:
氏名:
月
日
背景と目的
実験方法
PCR反応条件
プライマーの配列
鋳型DNAの由来生物種・調製法
菌の培養条件
など
実験結果
プライマーの
組み合わせ
5’-3
と
3’-2
5’-2
と
3’-2
5’-1
と
3’-2
5’-3
と
3’-1
5’-2
と
3’-1
分子量
マーカー
23,130 bp
9,416 bp
6,555 bp
4,361 bp
2,322 bp
2,027 bp
564 bp
図1 1%電気泳動による増幅断片の確認
5’-1
と
3’-1
図2 決定した塩基配列のホモロジー検索(BLAST)の結果
→目的の遺伝子ではなく,リン酸結合蛋白質の遺伝子であった
考察
結果の解釈・結論・考察,解決すべき主な問題点を書く
例:プライマーが目的以外の部分に結合してしまったようだ。
→プライマーが短く,目的遺伝子とのTmが低いことが原因と考えられる。
今後の展望
問題点を解決する手法,今後検討すべき実験などの提案を書く
例:プライマーの配列を20塩基から25塩基に変えて,再度PCRを行う。
目的遺伝子が取得できれば,発現ベクターに挿入して,蛋白質の発現を行う。
ダウンロード

卒業研究進捗報告雛形