Open eBook 仕様
イースト株式会社
渋谷 誠
Open eBook 仕様
1
正式名称とバージョン
 Open eBook 1.0 Specification
Ver 0.6
Nuvo Media, Softbook, Microsoft が作成
‘99/1 第1回サンフランシスコ会議で提出
Ver 0.7
0.6 を元に Authoring Group で検討
‘99/3 第2回シカゴ会議に提出
Ver 0.95
‘99/5 第3回ニューヨーク会議に提出
Draft Recommendationに
Ver 1.0
7月に投票、可決、公開予定
Open eBook 仕様
2
目的
電子書籍コンテンツの表現方法(?)の仕様
“presentation of electronic content for
eBook”
コンテンツ/ツール提供者のための
コンテンツ表現のガイドライン
W3Cなど既存規格に準拠した標準仕様の提供
コンテンツ提供者間での互換性のある
フォーマットの提供
Open eBook 仕様
3
仕様の範囲
出版社や著者が発行する時の
フォーマットを規定
エンドユーザの “Reading System” 上での
フォーマットは規定しない
配布、販売経路での中間フォーマットも
規定しない
各社独自の暗号化や圧縮が必要
Open eBook 仕様
4
準拠する標準規格
XML 1.0 と XML name space
HTML 3.2 + 4.0の一部
CSS1 + CSS2 の一部
Dublin Core メタデータ
Unicode 文字セット
Open eBook 仕様
5
基本方針
基本はHTML 3.2+CSS1
必要最小限のものを選択しただけ
目次項目は HTML3.2 そのまま
一部HTML 4.0/CSS2 の仕様も採用
Microsoft,Netscapeの両ブラウザでサポートのもの
新たに定義する機能
どうしても必要なものだけ
XML準拠で定義する
今のところCSSの2つの定義のみ
Open eBook 仕様
6
HTMLとの互換性
必要性
既存のHTMLコンテンツのサポート
Webブラウザでも読みたい
問題点
実装するのに複雑すぎる
ひとつの表現に複数のやり方がある
不正なHTML文書/ツールが世に氾濫している
Open eBook 仕様
7
XMLへの準拠
必要性
HTML -> XML という世の動向
HTML 自身の XML化の動き
http://www.w3.org/TR/WD-html-in-xml/
HTMLのように混乱した状況にない
問題点
既存のHTML文書をどうやって救うか
まだHTMLほどにはツールがない
Open eBook 仕様
8
理想とされるOEB文書
検証済みXML文書である
Open eBook DTD に適合している
Netscape3.0, IE3.0で表示できる
Open eBook 仕様
9
通常のHTML文書との違い
well-formed XMLの書き方
空要素タグの書き方
DOCTYPE宣言に制限
Open eBook 仕様
10
well-formed XMLの条件
開始、終了タグの一致
タグのオーバーラップの禁止
attribute は “ ” で括る
attribute は短縮形を使えない
“<“ や ”&” は必ず “&lt;” や “&amp;”
と書く
XML宣言 “<?xml version=“1.0” ?>” が先頭
に必要
タグやattributeは全て小文字
Open eBook 仕様
11
空要素タグの違い
HTMLでは <hr> <br>
XMLでは <hr /> <br />
XML 形式は HTML で正式には許されていない
が、ほとんどのブラウザでは問題ない
この仕様ではXML形式に統一
Open eBook 仕様
12
DOCTYPE宣言の制限
OEB DTD を参照するための宣言のみ許される
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//OEB//DTD OEB 1.0/EN">
他の参照や内部宣言は許されない
Open eBook 仕様
13
OEB文書の適合性レベル
acceptable
well-formed
valid
extended
Open eBook 仕様
14
acceptable
OEB規定のタグのみを使用
タグやアトリビュートは大文字で書いてもよい
文字コードはUTF-8 か UTF-16
well-formed XML文書である必要はない
XML予約の記号 “<?“ や ”<![” を使わない
本文中では &lt; や &amp; を使う
Open eBook 仕様
15
well-formed
OEB規定のタグのみを使用
well-formed XML文書である
タグやアトリビュートは小文字
XML宣言で始まる
<?xml version=“1.0” ?>
OEB独自の制約事項に従う
DOCTYPE宣言は OEB DTD の参照のみ
空要素は <br /> 形式で書く
Open eBook 仕様
16
valid
OEB DTD に対してvalid なXML文書である
OEB規定のタグしか許されない
タグやアトリビュートは小文字
XML宣言で始まる
<?xml version=“1.0” ?>
OEB独自の制約事項に従う
DOCTYPE宣言は OEB DTD の参照のみ
空要素は <br /> 形式で書く
Open eBook 仕様
17
extended
 well-formed XML文書である
タグやアトリビュートは小文字
 XML宣言で始まる
<?xml version=“1.0” ?>
 OEB独自の制約事項に従う
DOCTYPE宣言は OEB DTD の参照のみ
空要素は <br /> 形式で書く
 OEB規定以外の独自タグも使用してよい
ただし、そのタグ内容の表示方法を定義した
CSSスタイルシートを付属させる
Open eBook 仕様
18
独自タグの使用例
 oeb文書
<chapter>
<milestone n="257" />
<chapterhead>Chapter one</chapterhead>
<p>Now is the time… </p>
</chapter>
 付属のcss
chapter {page-break-before: always}
milestone { }
chapterhead {
font-weight: bold;
font-family: sans-serif;
text-align: center;
display: block;
margin-top: 4ex
}
Open eBook 仕様
19
DTDの定義
公開識別子はほぼ確定?
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//OEB//DTD OEB 1.0/EN">
実際の定義は、公式には未着手
Authoring Groupのメンバーが非公式に実験中
http://www.dibi.de/oeb/
Open eBook 仕様
20
エンコーディング
0.7仕様書では 「UTF-8 のみ」だった
0.95仕様では「UTF-8 または UTF-16」
に変更
Open eBook 仕様
21
2.0 へ向けての方針
最終的には XML+CSS を目指す
互換性のゴールは
ツールにより1.0から2.0にコンバートが可能
配布システムの途中でもコンバートが可能
リーダーは 1.0 と 2.0 の両方が読める
2.0 は 1.0 のスーパーセットとして定義
Open eBook 仕様
22
HTML要素
Open eBook 仕様
23
宣言など
<!DOCTYPE>
<HTML></HTML>
Open eBook 仕様
24
ヘッダー関連
 <HEAD></HEAD>
 <TITLE> </TITLE>
 <STYLE> </STYLE>
 <BASE />
 <SCRIPT> </SCRIPT> 特殊用途で使用
削除
<SINDEX />
<META />
<LINK />
Open eBook 仕様
25
文書構造定義
<BODY></BODY>
<H1> </H1> ~ <H6> </H6>
削除
<ADDRESS> </ADDRESS>
Open eBook 仕様
26
ブロック要素
<P> [</P>]
<PRE> </PRE>
<DIV> </DIV>
<CENTER> </CENTER> (HTML4.0では廃止)
<BLOCKQUOTE> </BLOCKQUOTE>
<HR />
Open eBook 仕様
27
リスト
<UL> </UL>
,
<LI> [</LI>]
<OL> </OL>

<LI> [</LI>]
<DL> </DL>

<DT> [</DT>], <DD> [</DD>]
Open eBook 仕様
28
テーブル
<TABLE> </TABLE>
<TR> [</TR>]
<TD> [</TD>]
<TH> [</TH>]
削除
<CAPTION> </CAPTION>
Open eBook 仕様
29
フォントスタイル
 <I> </I>
 <B> </B>
 <U> </U> (HTML4.0では廃止)
 <STRIKE> </STRIKE>
 <BIG> </BIG>, <SMALL> </SMALL>
 <SUB> </SUB>, <SUP> </SUP>
 削除
<TT> </TT>
Open eBook 仕様
30
フレーズ
<EM> </EM>
<STRONG> </STRONG>
削除
<DFN> </DFN>
<CODE> </CODE>
<SAMP> </SAMP>
<KBD> </KBD>
<VAR> </VAR>
<CITE> </CITE>
Open eBook 仕様
31
フォーム
すべて削除
<FORM> </FORM>
<INPUT />
<SELECT> </SELECT>
<TEXTAREA> </TEXTAREA>
Open eBook 仕様
32
その他
 <A> </A>
 <IMG />
 <FONT> </FONT> (HTML4.0では廃止)
 <BR />
 <MAP> </MAP>
<AREA />
 削除
<APPLET> </APPLET>
<BASEFONT />
Open eBook 仕様
33
HTML4.0からの採用
<SPAN> </SPAN>
CSSの範囲指定に使用するため
Open eBook 仕様
34
CSSの要素
Open eBook 仕様
35
セレクタの形式
サポートするセレクタの形式は3種
のみ
.classname {}
TAGNAME {}
TAGNAME.classname {}
Open eBook 仕様
36
指定値の単位
CSS1,CSS2のすべての単位が使用可
px
ex
em
pt
in
cm
mm
pc
Pixels
x-height of current font
m-width of current font
points
Inches
Centimeters
Millimeters
Picas
Open eBook 仕様
37
マージン
margin-top:
margin-bottom:
margin-left:
margin-right:
Open eBook 仕様
38
フォント
font-family:
serif, sans-serif, monospace のみ
cursive, fantasy は削除
font-size:
7段階で指定
xx-small, x-small, small, medium, large, xlarge, xx-large, smaller, larger
absolute sizeは推奨されない
Open eBook 仕様
39
フォント(続)
font-style:
normal, italic
obliqueは削除
font-weight:
normal, bold のみ
bolder, lighter, 100,…,900 は削除
Open eBook 仕様
40
テキスト配置
text-align:
left, right, center, justify
text-decoration:
none, underline のみ
overline, line thorough, blink, inherit は削除
text-indent:
line-height:
Open eBook 仕様
41
色
background-color:
color:
black, white のみ
Open eBook 仕様
42
リストタイプ
list-style-type:
decimal, lower-roman, upper-roman,
lower-alpha, upper-alphaのみ
disc, circle, square, none は削除
Open eBook 仕様
43
サイズ・位置指定
height:
width:
float:
left, right, none
<MG><TABLE>のみに適用
Open eBook 仕様
44
その他
clear:
vertical-align:
top, middle, bottom のみ
border:
none, solid以外はすべて solidとみなして
よい
Open eBook 仕様
45
CSS2からの採用
page-break-before:
page-break-inside:
caption-side:
Open eBook 仕様
46
OEB独自の定義
oeb-column-number:
auto, <カラム数>
マルチカラム表示
display=oeb-page-head
display=oeb-page-foot
ヘッダー、フッター表示
Open eBook 仕様
47
パッケージ
Open eBook 仕様
48
パッケージ定義ファイル
完全なXML仕様のファイル
OEB 1.0 Package DTD で定義
<metadata>
書誌情報(Dublin Core メタデータ)
<packing-list>
ファイル構成を定義
<order>
読書順序を定義
Open eBook 仕様
49
パッケージファイルの例
<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE package PUBLIC "+//ISBN ___//DTD OEB 1.0 Package//EN">
<package href="http://www.oeb.org/sample.pkg">
<metadata>
<dc xmlns="">
<dc:Title>...</dc:Title>...
</dc>
</metadata>
<packing-list>
<item href="...">
<html>...</html>
</packing-list>
<order>
<itemref id="...">
</order>
</package>
Open eBook 仕様
50
Dublin Core メタデータ
Dublin Core Metadata Initiative
書誌情報データの標準化団体
http://purl.oclc.org/dc/
XML namespace メカニズムを利用
<dc:XXXXXX> 形式のタグ
Open eBook 仕様
51
OEBで採用されたデータ











<dc:Title> </dc:Title>
<dc:Creator> </dc:Creator>
<dc:Subject> </dc:Subject>
<dc:Description> </dc:Description>
<dc:Publisher> </dc:Publisher>
<dc:Contributor> </dc:Contributor>
<dc:Date> </dc:Date>
<dc:Format> </dc:Format>
<dc:Identifier> </dc:Identifier>
<dc:Language> </dc:Language>
<dc:Rights> </dc:Rights>
Open eBook 仕様
52
<metadata>の例
<dc xmlns:dc="http://purl.org/metadata/dublin_core"
src="http://www.vanitypress.com/ebook/NamePain.html">
<dc:Title>The Uncommon Pain of Common Names</dc:Title>
<dc:Creator>Smith, John</dc:Creator>
<dc:Creator>Jones, Jack</dc:Creator>
<dc:Subject>Psychology</dc:Subject>
<dc:Subject>Names, Personal</dc:Subject>
<dc:Description>The authors, drawing from personal experience,
analyze the lifelong suffering which may result from giving a
child a forgettable name.
</dc:Description>
<dc:Publisher>Vanity Press</dc:Publisher>
<dc:Date>1998</dc:Date>
<dc:Format>text/html</dc:Format>
<dc:Language>en</dc:Language>
<dc:Rights>Copyright 1998 by John Smith and Jack Jones.
All rights reserved.
</dc:Rights>
</dc>
Open eBook 仕様
53
<packing-list><order>の例
<packing-list>
<item id="intro" href="introduction.html">
<item id="c1" href="chapter-1.html">
<item id="c2" href="chapter-2.html">
<item id="toc" href="contents.xml">
<item id="oview" href="architecture.png" mime="img/png">
<html id="sum">
…
<p>And so the conclusion is obvious.</p>
</html>
</packing-list>
<order type="tour" title="Beginners">
<itemref idref="intro">
<itemref idref="sum">
…
</order>
Open eBook 仕様
54
ダウンロード

Open eBook initiative の活動状況