(様式6
第3回全体会議資料)
○○市△△町□□地区
津波避難計画作成
ワークショップ
日時:平成●年●月●日( ● )
午後7時~9時
場所:□□□□□□
本日のスケジュール
19:00 1.開会
2.あいさつ
19:10 3.これまでの振り返り
4.Myまっぷランの集計と課題整理
(津波避難場所、経路、課題)
19:50 5.津波避難に関して地域で共有する
ことを話し合う
6.避難訓練で確認することを話し合う
20:20 7.グループごとに発表
20:50 8.講評
(▲▲大学 ■■先生)
21:00 9.閉会
これまでのふりかえりと今後の進め方
日時・場所
①
タウン
ウォッチオ
ング
(前回)
【日時】
●月●日(●)
朝9時~
12時30分
【場所】
□□□□□□
内容
●タウンウォッチング(まち歩
き)し、津波避難経路を確認し
ました
・■■先生の講義
・タウンウォッチング
・防災マップの作成
●一人ひとりの避難計画を作成
(「Myまっぷラン」への記入)
日時・場所
【日時】
②
一 人 ひ と ●月●日(●)
り の 津 波 19時~21時
避難計画
の集計
【場所】
(本日) □□□□□□
内容
●一人ひとりの津波避難計画を集
計し、課題を話し合います
・事前に作成した一人ひとりの津
波避難計画の集計
・災害時要援護者の避難、自動車
による避難の話し合い
日時・場所
③
【日時】
津 波 避 難 ●月●日(●)
訓 練 の 実 朝9時~12時
施
【場所】
□□□□□□
内容
●避難訓練に参加し、評価します
・一人ひとりの避難計画どおりに
できたかどうか評価
・今後の取組について話し合い
作業1 避難場所・避難経路を集計し
課題を整理しよう
グループで「Myまっぷラン」を集計し、避難場所と避難経路ごとの
人数、課題を整理します。
①「Myまっぷラン」を避難場所(優先順位①)ごとに仕分け
② 「Myまっぷラン」を、避難場所ごとに避難経路で仕分け
③避難場所、避難経路ごとの枚数を数える
④の1・図面に避難場所と避難経路をマジックで図化
(山の方面:ピンク、地区内:青 など)
・一人ひとりのルートをマジックで書く。
④の2 (④の1と並行して行う)
「Myまっぷラン」に書かれている「危険個所」「不安に思っていること
等」を付箋に記入し、図面に貼り付ける
集計終了
●図面をみて、気が付いたことを付箋に記入し、図面に貼りつける
・例えば、道路が混雑しないか、国道を横断できるか、道路が通行
できなくなったらどうするか、避難時間はどうか 等
○ 発表のときに整理してほしいこと
・避難場所、避難経路ごとの人数(どのルートが多いか)
・避難時の危険個所、心配なこと、対応方法 等
(参考)H23三重県津波避難予測(M9.0) 防潮堤等の施設がないとした場合
○○市△△町
50cm津波到達時間 ●分
最大津波到達時間 ●分
最大津波高
●m
※あくまで予測です。これ以上もこれ以下もあり得ます。
津波浸水予測図
(防潮堤等の施設がないとした場合等)
作業に係る前にグループ内で役割を決める
①リーダー(1人):
時間配分を考えて、作業や議論の進め方をリードします。
◆「Myまっぷラン」の仕分けと図面への記入
②仕分け係(全員)
「Myまっぷラン」を避難場所、避難経路別に仕分けします。
仕分けした山ごとに担当をきめます。
○図面への記入
避難経路等の記入(仕分けした山の担当ごと):
集計した避難経路を大きな図面にマジックで書きます。
○危険個所等の記録(その他の方):
「Myまっぷラン」に書かれた危険個所等を付箋に記入し、
貼り付けます。
◆集計後の話し合い
③記録係(2人) :
テーブルで出た意見を付箋に記入します。
④発表者(1人):
グループの発表を担当します。
● 避難場所ごとに「Myまっぷラン」を仕分けし、
枚数を数えます。 例えば
○○小学校
△△町の鉄塔
3枚
5枚
● 避難場所に丸印をつけます
● 避難場所として設定している人の数を記入します
3
5
● 一人ひとりの避難経路を記入します
3
5
● 一人ひとりの避難経路を記入します
3
5
● 一人ひとりの避難経路を記入します
3
5
● 人が集中している主要な道に、人数を記入します
3
②
②
③
⑤
5
● 「Myまっぷラン」に書かれている「危険な場所」「不安な
こと」等を付箋に書いて図面に貼ります
3
②
②
橋が渡れる
か心配
道幅が狭い
③
⑤
5
●皆さんで気が付いたこと、問題と思うこと等を話し合い、
付箋に書いて貼ってください
3
②
②
橋が渡れる
か心配
道幅が狭い
山まで歩け
るか
③
⑤
5
たくさんの人が
集中しても歩け
るか
作業2 地域で共有することを話し合う
●これまでに実施したコアメンバー会議、前回の検討会において、
課題として出された事項について、課題の内容、解決方法を話し
合います。
●出された意見は、付箋に書いて、模造紙に貼りつけます。出さ
れた意見全てを書くようにしましょう。
●答えが出なくても、課題として残しましょう。
①災害時要援護者の避難はどうするか
・昼間は人がいない
・誰がどういう方法で避難を支援するのか
②自動車による避難は、どうするか
・徒歩が原則となっているが、自動車は認めるのか?
・どのような場合に認めるのか
作業3 次回の津波避難訓練で行うこと
を話し合う
●次回は、津波避難訓練(●月●日( ● ))
●津波避難訓練のときに実施したいこと、アイデア等を
話し合ってください。
例えば、
・避難場所までの所要時間の測定
・非常時の持ち出し品のチェック 等
グループごとに発表
■グループで話し合ったことを発表します
①避難場所と避難経路の人数
②避難経路の危険個所、不安なこと、対応方策 等
③地域で共有すること(課題と対応策)
・災害時要援護者の避難について
・自動車による避難について
④避難訓練で実施したいこと
次回の予定
■津波避難訓練( ●月●日( ● ))
詳細は、後日ご連絡します
避難場所までの所要時間の測定
非常時の持ち出し品をもって参加 等
ダウンロード

様式6 第3回全体会議資料