特別支援教育について
「今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)」
(2003.3 文部科学省 答申)
<特別支援教育の在り方の基本的考え方>
特別支援教育とは、従来の特殊教育の対象の障害だけ
でなく、LD、ADHD、高機能自閉症を含めて障害のある
児童生徒の自立や社会参加に向けて、その一人一人の
教育的ニーズを把握して、その持てる力を高め、生活や
学習上の困難を改善又は克服するために、適切な教育
や指導を通じて必要な支援を行うものである。
特殊教育
特別支援教育
視覚障害
聴覚障害
知的障害
肢体不自由
病虚弱
視覚障害
聴覚障害
知的障害
肢体不自由
病虚弱
弱視
難聴
言語障害
情緒障害
弱視
難聴
言語障害
情緒障害
LD
ADHD
高機能自閉症
特殊学校・特殊学級
通常学校・通常学級
特定された対象
専門の教員
LD、ADHD、高機能自閉症
などの子どもが在籍。
障害による言動・行動への
対応経験のない教員多数。
LD、ADHD、高機能自閉症にも対応できるように!!
LD (Learning Disability)
学習障害。
基本的に、全般的な知的発達に遅れはみられな
い。しかし、聞く、話す、読む、書く、計算する、推
論する能力のうち、特定の能力の習得と使用に
著しい困難を示す。
中枢神経系になんらかの異常があるためと考え
られている。
ADHD(Attention Deficit/Hyperactivity Disorder )
注意欠陥/多動性障害。
年齢あるいは発達に不釣合いな注意力、衝動性、
多動性がみられ、社会的な活動や学業の機能に
支障をきたす。
高機能自閉症
高
知
的
レ
ベ
ル
レット
症候群
高機能 アスペルガー
自閉症
自閉性障害
重度
低機能
低
適応能力(言語・社会性・・・)
高
ダウンロード

講義スライド資料(PPT:284KB