知能情報工学演習I
第10回(C言語第4回)
岩村雅一
[email protected]
C言語の予定
7.
8.
9.
5月31日
6月 7日
6月14日
12.
6月21日
6月28日
7月 5日
13.
7月12日
10.
11.
プログラミング環境(テキスト1,2章)
変数とデータ型(3章) 、演算子(4章)
コンソール入出力(6章) 、配列(3章)、
数学処理の標準ライブラリ(11章)
制御文1 (テキスト5章)
制御文2(テキスト5章)
関数1(テキスト7章) 、
プリプロセッサ(テキスト10章)
応用プログラム
本日のメニュー

制御文
 条件分岐
 if文
 switch文
 繰り返し
 for文
 while文
 do-while文
 ループの終了
 break
 continue
if文

条件を満たすときに命令を実行する
int a;
a=10;
if (a==10)
printf(“aは10です。\n ”);
命令
 条件の書き方(関係・等価演算子、テキストP.78)
==
 !=

等しい
等しくない
>
 <
 >=
 <=

大なり
小なり
等号を含む大なり(≧)
等号を含む小なり(≦)
if-else文

条件を満たすと命令Aを実行し、満たさないと
きは命令Bを実行する
int a;
scanf(“%d”, &a);
if (a==10)
printf(“aは10です。\n ”);
else
printf(“aは10ではありません。\n ”);
命令A
命令B
複合文(ブロック)

2行以上の文を実行したいとき
int a;
scanf(“%d”, &a);
if (a==10) {
printf(“aは10です。\n ”);
printf(“へへーん。\n ”);
} else {
printf(“aは10ではありません。\n ”);
printf(“ほほーん。\n ”);
}
ブロック
if文の入れ子

if文の中にif文
int a;
scanf(“%d”, &a);
if (a==10)
printf(“aは10です。\n ”);
else {
if (a==11)
printf(“aは11です。\n ”);
else
printf(“aは10でも11でもありません。\n ”);
}
if文のサンプルプログラム
#include <stdio.h>
if (a==10) {
printf("Bingo!!\n");
} else {
if (a<10) {
printf("もっと大きい。\n");
} else {
printf("もっと小さい。\n");
}
}
int main(void) {
int a;
scanf("%d", &a);
return 0;
}
switch文
int a;
scanf(“%d”, &a);
switch(a) {
case 10:
printf("aは10です。\n");
break;
case 11:
printf("aは11です。\n");
break;
default:
printf("aは10でも11でもありません。\n");
}
for文

条件を満たす間繰り返す
#include <stdio.h>
int main(void) {
int i;
for (i=0; i<3; i++) {
printf("i=%d\n", i);
}
return 0;
}
初期化式
条件式
再設定式(増分)
for文
実行 for (i=0; i<3; i++) {
i=0 printf("i=%d\n", i);
}
出力
i=0
i=1
i=2
for文
i++を実行
for (i=0; i<3; i++) {
printf("i=%d\n", i);
}
出力
i=0
i=1
i=2
i=1
i=0
for文
条件のチェック  条件を満たす
for (i=0; i<3; i++) {
printf("i=%d\n", i);
}
出力
i=0
i=1
i=2
i=1
for文
実行 for (i=0; i<3; i++) {
i=1 printf("i=%d\n", i);
}
出力
i=0
i=1
i=2
for文
i++を実行
for (i=0; i<3; i++) {
printf("i=%d\n", i);
}
出力
i=0
i=1
i=2
i=2
i=1
for文
条件のチェック  条件を満たす
for (i=0; i<3; i++) {
printf("i=%d\n", i);
}
出力
i=0
i=1
i=2
i=2
for文
実行 for (i=0; i<3; i++) {
i=2 printf("i=%d\n", i);
}
出力
i=0
i=1
i=2
for文
i++を実行
for (i=0; i<3; i++) {
printf("i=%d\n", i);
}
出力
i=0
i=1
i=2
i=3
i=2
for文
条件を満たさないので
条件のチェック  for文のループを終了
for (i=0; i<3; i++) {
次の
printf("i=%d\n", i);
処理へ
}
出力
i=0
i=1
i=2
i=3
while文

条件を満たす間繰り返す
 条件式のみ
 下の例はさっきのfor文と等価
int i;
条件式
i=0;
while (i<3) {
printf("i=%d\n", i);
i++;
}
do-while文

条件を満たす間繰り返す
 基本的にwhile文と同じ
 ただし、条件判定は後なので、必ず1回は実行する
 下の例はさっきのfor文、while文と等価
int i;
i=0;
do {
printf("i=%d\n", i);
i++;
} while(i<3);
条件式
セミコロンが必要
ループを抜け出す方法

break
 switch文で出てきた
 一番内側のループを抜ける

continue
 処理を1回だけスキップする
ループを抜け出す方法のサンプルプ
ログラム
#include<stdio.h>
int main(void){
int i;
printf("continue文の場合¥n");
for(i=0; i<10; i++) {
if (i==5) {
continue;
}
printf("i = %d¥n", i);
}
printf("break文の場合¥n");
for(i=0; i<10; i++) {
if (i==5) {
break;
}
printf("i = %d¥n", i);
}
return 0;
}
サンプルプログラムの出力結果
break文の場合
i=0
i=1
i=2
i=3
i=4

i = 5以降
表示されない
continue文の場合
i=0
i=1
i=2
i=3
i = 5だけ
i=4
表示されない
i=6
i=7
i=8
i=9

ダウンロード

授業内容(PowerPoint)