2010・9・13
宮崎市郡東諸県郡薬剤師会
学校薬剤師 日高 華代子
フッ化物洗口剤は、薬剤師が販売・
授与・貯蔵・陳列できる医薬品であ
る。
(薬局が取り扱う医薬品)
フッ化物洗口剤を販売する際、歯科
医師の広義的な意味の指示書を特
に必要としない。
しかし・・・
フッ化物洗口剤は、う蝕予防の用途の
目的があるので、歯科医師に使用方
法等の指導を受けた方がよい。
(医薬品添付文書)
現在、う蝕予防を行うため、薬局等で取り扱い
が一般的ではないので、歯科診療所で、
患者へフッ化物洗口剤を処方するという目的
でおいていることになる。
しかし・・・・
歯科診療所(歯科医師)は、フッ化物洗
口剤を販売できない。
本県では、医療用医薬品は、薬事上で処方・
指示がないと出さないよう指導しているため、
薬局で医療用医薬品であるフッ化物洗口剤の
販売は、歯科医師の指示がないと販売しない
こととしている。
(「ミラノール」「オラブリス」は医薬品の認可の
分類が医療用医薬品である。)
したがって、フッ化物洗口剤を円滑
に普及するために、薬事法改正後の
動向も踏まえ、薬局への指示書で
フッ化物洗口剤を販売(処方)する
ようにすることが望ましいといえる。
①歯科医院に保険外の処方箋を書いて
もらい、薬局で購入する。
②保険外で予防処置・指導をしてもらい
その時にミラノールを無料でもらう。
家庭で使用できるフッ化物について、
フッ化物洗口剤(顆粒の状態)は、劇薬
です。
フッ化物洗口剤が劇薬であるのは、製品
が取り扱いやすいように顆粒状にしてあ
るためであり、水で溶解しないと顆粒の
状態では濃度が高いからです。
不正な使用方法(水で溶解せず顆粒の
まま経口するなど)では、作用が強く
人体に影響を及ぼすことがあるので、
顆粒状のままの取り扱いに管理が必要
であるという意味で、用法・用量を正
しく理解し使用を行えば安全です。
また、劇薬・毒薬ということばで危険な
薬品と受けがちですが、医療(治療や予
防)で必要な場合に使われる薬に関して
、薬事法で規定された分類なので、適正
な使用(用法・分量など)をしている限
り、病気に対して有益な作用をもたらし
ます。
なお、フッ化物洗口剤を用法通り
水で溶解した「フッ化物洗口液」は
、「劇薬」といいません。
(濃度が低くなるので、劇薬の範囲
からはずれます。)
医薬品の規制
医療用医薬品
医療で使用する医薬品
一般医薬品
一般への販売ができる医薬品
医薬品
分類
規定
劇薬
医薬品の作用で分類され、管理方法が規定されている
毒薬
要指示医薬品
習慣性医薬品
処方・販売等の方法や管理方法を規定されている。
指定医薬品
現在は外れて
いる
また、劇薬(または毒薬)の中に麻薬・向精神薬取り締まり法
、覚せい剤取り締まり法で規制されているものもあります。
ダウンロード

fnasenkou