「アジアの歴史」第5回
孫文・宮崎滔天・梅屋庄吉:
辛亥革命と日本
孫文:「国父」、「革命の先駆者」

孫文(1866―1925)号は逸仙、中山。広東省香山
県貧しい農家の次男として生まれ。1897年(明治
30)アメリカを経て来日し、宮崎寅蔵らと交わり、
1905年東京で中国同盟会を結成し、三民主義や革
命方略を定めた。11年10月にアメリカにいて辛亥
革命の勃発を知り、西欧を巡り帰国。臨時大総統
に推されて、12年1月1日中華民国を発足。24年1月、
中国国民党を改組して、中国共産党と提携し、労
働者、農民の結集を図って、国民革命を推進する
こととした。11月、北上宣言を発して北上の途に、
日本に立ち寄って「大アジア主義」と題された講
演を行い、25年3月12日「革命いまだならず」と遺
嘱して北京に客死。
「孫大砲」:アジアの連帯、アジア
共同体建設の理想
 「私の友人の中に、貴国の方が最も多い
ので、中国の革命事業に対して、日本人
のほうはほかの国の人より関心を持って
いるのであり、われわれを喜ばせる処も
もっと深いものである。将来の唇歯輔車
の間柄は、これに基づくものであろうと
信じている。」
日本は第二のふるさと、革命運
動の大本営
 生涯来日は十数回、延べ滞在時間は十年
以上、日本は第二のふるさと
 知り合いの日本人は300余人
 「中山ちゅうざん」は「中山なかやま」だっ
た?!
孫文をめぐる日本人:宮崎滔天

「孫逸仙の如きは、実にすでに天真の境に近き
ものなり。彼、何ぞその識見の卓抜なる、彼、何
ぞその抱負の遠大なる、しかして彼、何ぞその
情念の切実なる。我が国人士中、彼の如きもの
果たして幾人かある、誠にこれ東亜の珍宝なり、
と。余は実にこの時を以って彼に許せり。」(『三
十三年の夢』)
孫文をめぐる日本人:梅屋庄吉
 「君は革命の兵を
挙げよ。我は財を
挙げて支援す」
孫文をめぐる日本人:三つのグ
ループ
 自由民権主義派:宮崎滔天、萱野長
知、梅屋庄吉グループ
 国権主義派:頭山満、内田良平グ
ループ
 政界、財界人物グループ:犬養毅、
大隈重信など
孫文:日本に対する愛と恨み
 「あなたがた日本民族は、欧米の覇道
の文化を取り入れていると同時に、ア
ジアの王道文化の本質ももっています。
日本がこれからのち、世界の文化の前
途に対して、いったい西洋の覇道の番
犬となるのか、東洋の王道の干城とな
るのか、あなたがた日本国民がよく考
え、慎重に選ぶことにかかっているの
です」。
真の日中友好を求めて
宮崎滔天家の子孫たちと
梅屋家の子孫たちと

2006年11月14日南京中山陵にて
ダウンロード

第5回授業資料(簡易版)