連用中止(形)


て形で二つ以上の文をつなぐ形⇒「て形」接続
ます形でつなぐ形⇒「連用中止」接続
例:
(1) 本を読んで、しばらく考える。(て形接続)
(2) 本を読み、しばらく考える。(連用中止接続)
連用中止(形)
い形容詞
 な形容詞、「名詞+だ」
⇒ 「~で」 or 「~であり」
・・・ 主に書きことばで使われる。
例:
(1) 街中は人も少なく、たまに車が通り過ぎる
だけであった。
(2) 東北地方では大きな地震があったにも
かかわらず、広島市はにぎやかで(あり)、
いつもと変わりがなかった。

作り方・接続の仕方




V ⇒ ます形の語幹
い形容詞 ⇒ ~く
な形容詞 ⇒ ~で or ~であり
S ⇒ Sで or Sであり
V 「いる・見る・寝る」、「来る」
いる: ?い → おり
見る:?見
寝る:?寝
来る:?来(き)

*あまり使われない。
いつ使われるか
1.会話の中で
例:
A:今晩のパーティーに出られますか。
B:ええ、今からうちに戻り、着替えてきます。
A:会場に直接行かれますか。
B:ええ、そのほうが早いと思いますので。
*動作が引き続いて起こる「継起(けいき)」
→会話の中では、ややかたい、改まった言い方
例:
A1:今日はチリにおける日本語教育についてお話
したいと思います。まず、私が通っているサン
ティアゴ大学についてお話しし、次にほかの日本
語学校について話したいと思います。
A2:チリでは高校で日本語を教えるところは少なく、
ほとんどの人は大学に入ってから 勉強を始め
ます。
司会:今日は話し合いに参加していただきありがと
うございました。今日の話し合いを通じ、いろい
ろな情報交換ができました。
→ 改まったスピーチや司会
物事の手順(機械操作、料理の説明など)
例:
(1)まずここにカードを差しこみ、画面が明るくなる
のを待ってください。画面が明るくなってきたら、
右下の赤いボタンを押してください。画面に何枚
かの写真が出ますから、必要な写真をクリックし、
写真の下に希望枚数を入れてください。
(2)まずフライパンに油をひき、煙が出るくらい熱し
てください。フライパンが熱くなったら、にんにくと
しょうがを入れ、焦がさないようにいためてくださ
い。
次に冷蔵庫からえびを取り出し、フライパンに
静かに入れてください。
例:
A:今度の演奏会はご兄弟で出演ですか。
B:ええ、弟がギターを弾き、私がドラムをたたき
ます。
A:そうですか。わたしもぜひ伺います。
⇒ 並列表現
2.文章の中で(文のつながりの例)

例1 事態変化の文
[~なり、~なって、(結局は)~]。
「なる」を「連用中止(形)」と「て形」を混ぜて表す形。
例1: システムが複雑になり、その修正も困難に
なって、結局手におえないという状態になっ
ている。
例2: 日常の接触が少なくなり、親子意識も希薄
になって、そこに断絶が生まれる。
2.文章の中で(文のつながりの例)

例2 事態・状況の文
ただし書きの文[しかし、~連用中止、~]。
「連用中止(形)」・・・「(問題・限界が)あり」の形が多い。
例1: ウィルスソフトが次々に作成されている。
しかし、現在、その有効性にも限界があり、ソフ
ト開発自体がいくつもの問題を抱えている。
例2: 毎年多くの医学生が世に輩出される。しか
し、個々の技術には問題があり、中には水準に
達していない者もいるようだ。
2.文章の中で(文のつながりの例)

例3 ~とき/場合、~連用中止、~。
ある問題に対して、どのように対処するかについての
考えを並べるときの「連用中止(形)」
例1: ルールの数や採点方法が複雑なとき、どこ
に基準を置き、どう判定するかが問題である。
例2: 子どもを持つ女性が海外出張を命じられた
とき、誰に子どもを預け、どう家庭を維持するか
という問題が起こってくる。
2.文章の中で(文のつながりの例)

例4 比較の文
[~と比べて/比べても]、~連用中止、~。
あるものをほかのものと比較し、それについて評価を
述べる言い方。
例1: このDVDレコーダーは他の機種と比べて
はるかに録画が簡単であり、画像が鮮明だ。
例2: この大学は、他校と比較しても、教育方針
がわかりやすく、信頼できる。
「連用中止(形)」 と 「~て」の比較

「継起」「付帯状況」「原因・理由」「並列」
1)動作が続いて起こる継起の場合
例: 保育園に子どもを迎えに行って、スーパーで
買い物をして、家に帰る。
保育園に子どもを迎えに行き、スーパーで買
い物をし、家に帰る。 ???
a.
保育園に子どもを迎えに行き、スーパーで
買い物をして、家に帰る。
b. 保育園に子どもを迎えに行って、スーパー
で買い物をし、家に帰る。
⇒
「連用中止(形)」 と 「~て」 を
組み合わせて使う。
2) 付帯状況を表す場合
ヘッドフォンをして音楽を聞く。 シートベルトをして運転する。
例: 座って話す。
めがねをかけて運転した。
× 座り、話す。
× めがねをかけ、運転した。
3) 原因・理由を表す場合
「~て」・・・後節に無意志動詞や状態動詞が来ると理由を表しや
すくなるが「連用中止(形)」では継起を表しているのか、理由を表し
ているのか区別がつかなくなる。
a. アイスクリームを食べ過ぎて、おなかが痛い。
b. アイスクリームを食べ過ぎ、おなかが痛い。
a. ゆうべは寒くて、寝られなかった。
b. ゆうべは寒く、寝られなかった。
4) 並列を表す場合
前件、後件で対比的、対照的な事柄を表す場合
「連用中止(形)」 「~て」 両方可能
a.姉がピアノを弾いて、弟がドラムをたたく。
b.姉がピアノを弾き、弟がドラムをたたく。
a.このテレビは画面が明るくて、色がきれいだ。
b.このテレビは画面が明るく、色がきれいだ。
まとめ
~て
連用中止(形)
継起
◎
○
付帯状況
○
×
原因・理由
○
?
並列
○
○
ダウンロード

1. 連用中止(PPT - Nihongo E