都市計画マスタープラン策定実習
第1回中間発表
6班
班長
副班長
班員
TA
矢内 諒
小林史嗣
今村昌幸
小野田竜巳
中村浩介
海老島彩
1
2-1人口
• 134997人
• 平成27年をピークに減少
傾向にある
• 1世帯あたりの平均人員は
減少している
→核家族化
• 年少人口が減少し老年人
口が増加している
→少子高齢化
• 昼間人口が夜間人口を上
回っている
土浦市の将来人口推移
昼・夜間人口の推移
人口・世帯数・1世帯あたりの平均人員の推移
年齢別(3階級)人口割合の推移
139,000
180000
80.00%
160000
138,000
160000
70.00%
137,000
140000
129236
140000
121300
60.00%
136,000
120000
120000
137053 141862
144106
4
3.5
人口
3
135,000
50.00%
100000
100000
世帯数
2.5
134,000
人
40.00%80000
80000
133,000
老年人口(65歳以上)
昼間人口
土浦市
生産年齢人口(15~64歳)
夜間人口
1世帯あたりの平均人員
年少人口(0~14歳)
2
の推移
48228 51738 1.5
43502
38923
131,000
20.00%4000034208
40000
1
30.00%60000
132,000
60000
130,000
20000
10.00%
20000
129,000
0.00%0
0
H12
S55
S55
0.5
H17
S60
S60
S60
H22 H2 H27
H2
H2
H7
H7
年度
H12
H32
0
H7
H37
H12
H42
H12
2
2-2交通
現況道路網
広域骨格道路
南北方向:
常磐自動車道
国道6号
東西方向:
国道125号
国道354号
主要地方道
土浦笠間線
土浦竜ヶ崎線
土浦稲敷線
土浦境線
土浦つくば線
つくば千代田線
3
2-2交通
自動車交通の実態
混雑度
常磐自動車道
土浦駅周辺で混雑度が高く
県道125号で混雑が目立つ
国道6 号
国道6号では混雑度が1.0を超
える箇所が部分的に見られる
国道125 号
国道354 号
国道125 号
南北方向の混雑が激しい
⇒通過交通が多い
国道354 号
平均速度
常磐自動車道以外では、
平均速度が低い
国道6 号
国道6 号
4
2-2交通
1900
1850
交通事故発生状況
1808
1800
近年再び増加傾向
0~14歳:幹線道路以外で事故多発
事故発生件数
1750
1725
1700
1673
1650
1600
65歳以上:事故発生が各市街地に集中
1550
市民の声:生活道路への不満
1450
1648
1599
1505
1502
1500
1598
1473
1455
1400
平成7
(都市計画MPより)
8
9
10
11
12
13
14
15
16
(平成17年度土浦市総合交通体系調査)
土浦市(新治村を含む)における事故発生件数の推移
県内でも交通事故死傷者率が上位
(人)
茨城県
境署
取手署
古河署
結城署
水海道署
真壁署
下妻署
下館署
つくば北署
石岡署
つくば中央署
土浦署
20
江戸崎署
40
0
麻生署
60
20
竜ヶ崎署
40
鹿嶋署
80
鉾田署
60
高萩署
100
日立署
80
大子署
120
太田署
100
大宮署
140
那珂署
120
ひたちなか西署
160
笠間署
140
ひたちなか東署
(人)
水戸署
160
0
茨城県
土浦署
土浦市
阿見町
茨城県統計年鑑(平成17年)
新治村
霞ヶ浦町
5
茨城県統計年鑑(平成17年)
人口1万人当たりの死傷者数
人口1万人当たりの死傷者数
2-2交通
公共交通
鉄道
(人/日)
30000
25000
20000
15000
10000
5000
0
平成6
7
市内鉄道駅利用者数は減少傾向
要因3:モータリゼーションの影響
9
10
11
土浦駅
12
13
荒川沖
14
15
16
17年
神立駅
資料:土浦市「統計つちうら(平成16年度版)」
(平成17年度土浦市総合交通体系調査)
要因1:中心市街地衰退の影響
要因2:TX開業による影響
8
土浦市内各駅の1日平均乗客数
(千人)
(人)
12000
7000
6000
11219
11000
5000
4000
バス
10000
3000
9820
2000
9121
9000
1000
8590
0
JRバス、関東鉄道バスともに減少傾向
8000
要因1:不十分な便数
7000
平成11
7978
季節定期航路
利用率は十数%にとどまり資源を
活用できていない。
夏に需要が集中
14
15
関東鉄道
16
17年度
関東鉄道観光バス
注)JRバスの平成13年度までは、古河出張所分を含む
3月
4月
5月
土浦市「統計つちうら(平成17年度
6月
7月
8月
版)」
平成17年度土浦市総合交通体系調査
資料:各バス会社
資料:土浦市提供
平成17年度土浦市総合交通体系調査
まちづくり活性化バス「キララちゃん」乗客人員数(平成17年)
土浦市内路線バス年間乗客人員数
一方、「キララちゃん」乗客数は増加傾向
遊覧船のみの水上交通
8444
13
JRバス
要因2:モータリゼーションの影響
水上交通
12
(%)
18
16
(人)
3000
15.6 16.2
2500
13.1
2000
1500
14.3
14
12
11.4 10.8
10
8
8.8
8.2
6.8
1000
5.8
6.4 6
4
4.0
500
2
0
0
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
利用者数(人)
利用率(%)
6
平成17年度土浦市総合交通体系調査
資料:株式会社京成マリーナ
水上交通利用状況(平成16年度定期遊覧利用者数)
2-2交通
交通のまとめ
道路
主要幹線道路の多く、中心市街地で道路混雑が激しい
南北方向の幹線道路で混雑度が高い
公共交通
常磐線、JRバス、関東鉄道バスの利用者減少
街づくりバス「キララちゃん」の利用者増加
水上交通の低利用率
安全性
市街地等での歩行環境の安全性欠如
交通事故死傷者率が高い
7
農業人口(人)
2-3-1産業:農業
14000
12000
10000
8000
6000
農家数、農業人口、経営耕地面積ともに減少
4000
2000
0
S60
300a以上の農家は増加
S61
S63
S2
H7
H10
H12
H17
経営耕地面積(a)
300000
250000
200000
小規模農家は撤退、大規模農家だけが
経営を存続していると考えられる
150000
100000
50000
0
S60
300a以上
S61
S63
S2
H7
H10
H12
H17
農家数の推移
140
3000
120
2500
100
2000
総数
専業
第一兼業
第二兼業
80
1500
60
1000
40
500
20
0
0
S60
H2
H7
H10
H12
H17
S60
S61
S63
S2
H7
H10
H12
H17
8
2-3-1産業:農業
土浦の特産品
レンコン
作付面積496ha
生産量8430t
加工
全国1位の生産量!
全国で3割、東京市場では9割
のシェアを誇る!
レンコン麺
レンコンパウダー
レンコンサブレ
9
2-3-1産業:農業
花卉
露地栽培:グラジオラス・菊・ヤナギなど中心
施設栽培:アルストロメリア・バラ
チューリップ
その他, 4.1
蓄産類, 16.0
果実, 5.9
米, 21.9
麦, 0.2
花卉, 10.3
野菜, 41.6
グラジオラス:県銘柄産地指定(平成2年)
アルストロメリア:県銘柄推進産地指定(平成3年)
10
2-3-2産業:工業
茨城県は県外企業の工場立地が1002件
外資系企業の工場立地が43件
全国1位
全国1位
この数字は、コストパフォーマンスや交通アクセス、物流、研究支
援、関連企業の立地など、さまざまなアドバンテージとバランスの
良さが認められたため。
交通アクセス・物流の優位性
•4本の高速道路:常磐、北関東、東関東、圏央道
•4つの港湾:日立、常陸那珂、大洗、鹿島
•つくばエクスプレス
•常磐線
•百里空港
•成田へも近い
11
2-3-2産業:工業
テクノパーク土浦北
東筑波新治工業団地
土浦おおつのヒルズ
製造品出荷額(単位)
従業者(単位)
500000
400000
300000
200000
100000
0
80
60
40
20
0
H11
H12
H13
H14
•食料品製造業
•非鉄金属製造業
•一般機械器具製造業
•電気機械器具製造業
•精密機械器具製造業
H15
H16
H11
H12
H13
H14
H15
H16
この5項目で製品出荷額が増加
12
2-3-3産業:観光
• 土浦市の観光資源は豊富にある
日本第2の湖沼、霞ヶ浦
関東の名産、筑波山
に代表される
自然
亀城公園のような土浦城址や
土浦市花火大会に代表される
歴史的町並みなどの
様々なイベント
歴史的遺産
13
2-3-3産業:観光
• その中でも自然が観光産業を支
えている!
→茨城県内でも霞ヶ浦周辺の観
光客数が第1位
→筑波山周辺は第4位
• 土浦市は10月に70万人集客し
ている。
→土浦全国花火大会の影響と
考えられる。
• 4月には桜の花見、8月は霞ヶ浦
のマリンスポーツがあるため、観
光客数が10万人を超えている。
• 10月以外の観光客数がつくばに
比べると非常に少ない。
• 新治村の観光は盛んではない。
地域別観光客の構成比
月別観光客数(H16)
水戸周辺地域
14%
800,000
県南・県西地
700,000域
13%
600,000
北茨城・日立
周辺地域
11% 土浦市
500,000
人 霞ヶ浦周辺地
400,000
域
300,000
18%
つくば市
新治村
奥久慈周辺地
域
6%
200,000
筑波山周辺地
100,000
域
0 13%
4 5
大洗・那珂湊
6
7笠間周辺地域
8 9 10 11 12 1 海岸周辺
2 3
17%
8% 月
14
2-3-3産業:観光
課題
• 少子高齢化、団塊の世代の退職にともなう観
光客層の変化
→高齢者をターゲットとするべき
• つくばエクスプレス開通にともなうつくば市へ
の観光客増加
→土浦市への観光客増加へ導けないだろうか
• 観光地の更なる魅力アップ!!
→霞ヶ浦~歴史的町並み~筑波山の一体的活用
15
2-4自然
桜の名所
桜川沿いの桜並木、新川・亀城公園・乙戸沼公園・真鍋小学校など他多数
桜川
新川
真鍋小の天然記念物
霞ヶ浦
日本二番目の大きさを誇る湖で、ヨットハーバーや土浦港プロムナードを設け、
霞ヶ浦自体には、年間150種の野鳥が訪れ、野鳥の宝庫として知られている。
また、ウォータースポーツのメッカにもなっている。ウィンドサーフィンやヨットを
はじめ、モーターボートやジェットスキー など。
朝日峠
スカイスポーツのメッカ。パラグライダーで週末にはあふれる。
フルーツライン
県道199号小野土浦線、石岡市の大型農道。
16
2-4 自然
☆亀城公園・・・土浦市の歴史のシンボル、かつての土浦城の本丸と二の丸の
一部を整備した公園
☆霞ヶ浦総合公園・・・多くの施設を持つスポーツレクリエーション公園。公園内
には公園のシンボルでもある風車がそびえる。
☆乙戸沼公園・・・沼の周りに桜が植えられており、春には多くの花見客で賑う。
また、この沼では渡り鳥も見ることができる。
亀城公園
霞ヶ浦総合公園
乙戸沼公園
17
2-4 自然
☆桜の名所
市の花が桜になっているように、市内には桜の名所が数多く存在する。
また、天然記念物になっている桜の木もある。(西の吉野、東の桜川)
竜ヶ峰
真鍋小
桜川堤
新川堤
亀城公園
乙戸沼公園
18
商業
相次ぐ、中心市街地の大型店舗の撤退
増加する空き店舗
3000
80
2500
70
60
2000
50
1500
40
1000
30
20
500
10
0
年間商品販売額(百万円)
シャッター通り化するアーケード商店街
事業所数(商業事業所)
土浦市内商業事業所数も減少傾向
0
平成6年
平成9年
平成11年
事業所数
平成14年
平成16年
年間商品販売額
(統計つちうら)
商業事業所と年間商品販売額の経年変化
上高津地区へのイオン建設計画
郊外型大型店
新治ショッピングセンター「さん・あぴお」
「ジョイフル本田荒川沖店」
「ドン・キホーテパウつちうらきた店」
ロードサイドショップ
19
(土浦駅前北地区市街地意開発事業-まちづくり調査推進計画)
2-5社会福祉
児童福祉
高齢者福祉
• 土浦市子育て
支援総合計画
• 土浦市母子保健計画
• つちうら新こどもプラン
• 土浦市老人
保健福祉計画
• 土浦市ふれあい
ネットワークプラン
20
第6次土浦市総合計画
概要
1、心豊かな市民生活の創出
2、うるおいとやすらぎのある環境の創造
3、活力あふれる「まち」の実現
生き生きと輝く
人と環境にやさしいまち 土浦
21
第6次土浦市総合計画
問題点の抽出
1、少子高齢化と人口問題
2、中心市街地の衰退
3、周辺都市との連携
22
1、少子高齢化と人口問題
• 平成35年の人口フ
レームを15万人、将来
展望を20万人に設定
• 過去5年間の人口増
加率は小さい
• 現在、土浦市において
も少子高齢化問題が
進行
• 平成7年を境に、流
入人口は減少
20年間で人口
約2万人の増加
を見込むが、
見直しが必要な
のでは・・・
23
2、中心市街地の衰退
• 総合計画では中心地、
すなわち駅周辺の開
発を第一に目指す
• 土浦は車社会化して
おり、駅前でなくロード
サイドの大型店利用
者が増加
• TX完成に伴い、常磐
線の利用者の減少
駅前にこだわ
らず、郊外の商
業地・商店街の
活性化も視野に
入れるべきで
は・・・
24
3、周辺都市との連携
• つくば市・牛久市と
共に広域連携拠点
に指定されている
• 周辺都市との連携
強化への具体的手
法の欠如
現状ではまだ周
辺主要都市との
連携は不十分
であり、新たな
取り組みが必要
25
今後の展望
26
・安心して暮らせる
防犯・防災性の高いまち
・気安く来られる
観光・商業地
・住みやすいと感じるまち
・自動車も歩行者も
動きやすいまち
・高齢者も健康的に
過ごせるまち
27
今後の展望
• 交通:より効果的な交通体
系を整備し、また安全性に
も配慮する
• 農業:新治地区を中心とし
た農業の促進を図る
• 工業:更なる物流の増加を
図る
• 観光:高齢者をターゲットに
更なる観光客増加を図る
• 商業:中心地・郊外大型店
舗の均衡ある発展を図る
地区ごとに重点
的な方針・政策
を定め、地区同
士の連携・協力
を促進する
28
ダウンロード

PPT - 都市計画DocumentSV