「県民歯の健康プラン」
富山県厚生部健康課母子・歯科保健係
和 田 康 志
1.「県民歯の健康プラン」と
は?
…県民の生涯を通じた歯と歯ぐきの健康づく
りを推進するための中長期的な歯科保健
計画。平成7年に策定した「富山県歯の健
康プラン」に基づく成果や社会情勢の変化
を踏まえ、新たな課題に対応した歯と歯ぐ
きの健康づくりの目指すべき方向を提示。
「県民歯の健康プラン」と「富山県歯の健康プラ
ン」
計画期間
重点
ライフステージ
重点事業
富山県歯の健康プラン
県民歯の健康プラン
平成7年~12年度
平成13年~22年度
妊婦、乳幼児
小中学生
妊婦、乳幼児
小中学生、高校生
成人、高齢者
障害(児)者
要介護者等
むし歯予防を目的とした むし歯予防だけでなく、
「むし歯予防パーフェクト 歯周病、かむ機能など
作戦事業を展開
を含め総合的に歯科
保健対策事業を展開
「県民歯の健康プラン」
①計画の趣旨、計画期間と目標値
②各ライフステージ別の行動指針
③各ライフステージ別の歯科保健事業
④各関係機関の役割、連携方法等
⑤歯科保健関係者の役割
2.プランを策定する意義
人々を取り巻く環境が激しく変化している
↓
健康でゆとりのある生活を送るということが
重要になってきた
↓
個人個人が努力して健康づくりを実践する(理想)
↓
相互補完的な関係
行政や健康づくり関連団体・グループが取組み
を支援していくことが必要
3.目標値の設定と進捗状況
<目標値>
①むし歯や歯周病の有病者率など健康状態に関する指標
②歯と歯ぐきの健康づくりに役立つ行動に関する指標
③歯科保健関係の知識に関する指標
④歯と歯ぐきの健康づくりを支援するための行政や関係機関の
事 業など環境に関する指標
以上の4つの視点から20項目の目標値を設定
計画の目標値(抜粋)
<重点目標>
・3歳児でむし歯のない子の増加
・6歳児の永久歯一人平均むし歯本数の減少
・12歳児での永久歯一人平均むし歯本数の減少
・中学生(12~14歳児)で歯ぐきに症状のある人の減少
・成人(35~54歳)で進行した歯周病の減少
・55~64歳で自分の歯を24本以上もつひとの増加
・80歳で自分の歯を20本以上もつ人の増加
<フッ化物応用に関する目標>
・3歳児でフッ素塗布を受けたことのある子の増加
・5~14歳児でフッ素配合歯磨剤を使用している人の増加
・フッ素塗布事業を実施している市町村の増加
・フッ素洗口を実施している学校等施設の増加
重点目標の進捗状況
重点目標項目
3歳児でむし歯のない子
現 状
H13年度
61.9%
63.5%
H22年度
70%以上
6歳児の永久歯一人平均むし歯
本数
0.14本
0.11本
0本
12歳児の永久歯一人平均むし歯
本数
2.6本
2.2本
1本
中学生(12~14歳児)で歯ぐきに
症状のある人
(35.9%)
21.3%
20%以下
成人(35~54歳)で進行した歯周
病の人
55~64歳で自分の歯を24本以上
もつ人
36.9%
80歳で自分の歯を20本以上もつ
人
23.3%
56.3%
H16調査 30%以下
予定
H16調査 60%以上
予定
H16調査 30%以上
予定
「3歳児でむし歯のない子」の達成予測
(%)
100
80.3
71.2
80
60
48.5 51.5
51.9 54.4
63.5
61.9
62
57.8
y = 2.2726x + 32.575
R 2 = 0.9656
40
20
0
6
7
8
9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
「12歳児の永久歯一人平均むし歯本数」の
達成予測
(本)
4
3.68
3
3.52
3.35
3.12
2.75 2.62
2
2.41 2.26
y = -0.2040x + 5.1184
R 2 = 0.9846
2.16
1
0.83
0
6
7
8
9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
フッ化物に関する目標の進捗状況
目標
3歳児でフッ素塗布を
受けた子
H13年度
(41.4%)
現状
H22年度
H16調査予 50%以上
定
5~14歳でフッ素配合歯磨
剤を使用している人
-
69.2%
90%以上
フッ素塗布事業を実施して
いる市町村数
25市町村
28市町村
全市町村
フッ素洗口を実施している
学校等施設の増加
12.2%
19.4%
100%
フッ化物洗口実施施設内訳(149施設)
6 .7 %
0 .0 %
3 6 .9 %
4 5 .0 %
1 1 .4 %
保育所
幼稚園
小学校
中学校
養護学校等
参考:フッ化物洗口実態調査2004
フッ化物洗口実施人数(施設別)
1 5 ,2 6 6
1 6 ,0 0 0
1 4 ,0 0 0
1 2 ,1 3 2
1 2 ,0 0 0
1 0 ,0 0 0
2002
2004
8 ,0 0 0
6 ,0 0 0
4 ,0 0 0
761
2 ,0 0 0
-
1 ,4 8 1
1 ,5 4 1 1 ,6 9 0
保育所
幼稚園
647
2 ,2 9 4
0
小学校
中学校
0
養護学校等
参考:フッ化物洗口実態調査2004
フッ化物洗口実施人数(対100人比)
(人)
50
45
40
35
2 5 .0
30
25
20
15
10
6 .0
7 .2
7 .2
0 .0
5
0
保育所
幼稚園
小学校
中学校
養護学校等
参考:フッ化物洗口実態調査2004
4.フッ化物を応用した県の事業について
「むし歯予防パーフェクト作戦事業」
…フッ化物応用を含めた歯科保健事業を実施した市町村に
対する補助事業
1.基本事業
①歯科保健推進協議会の運営
②歯科管理指導事業
③乳歯むし歯予防事業(1.6~3.6歳児)
2.選択事業
①保育所・幼稚園永久歯むし歯予防事業
②小中学校永久歯むし歯予防事業
③妊婦歯科健診事業
むし歯予防パーフェクト作戦事業実施市町
村
35
30
25
23
20
19
15
5
0
14
12
6
7
3
4
H7
H8
H9
26
乳歯むし歯
予防事業
20
15
10
24
26
8
9
9
H10
H11
H12
H13
15
16
H14
H15
小中学校永
久歯むし歯
予防事業
むし歯予防パーフェクト作戦事業の評
価
6 .0 0
5歳児
5歳児
4歳児
4歳児
3歳児
3歳児
5 .3 6
5 .0 0
一
人
平 4 .0 0
均
む
し 3 .0 0
歯
数
(
2 .0 0
本
)
4 .6 7
4 .2 2
実施群
未実施群
実施群
未実施群
実施群
未実施群
3 .2 4
3 .6 7
3 .2 0
2 .6 4
2 .3 9
2 .3 6
2 .2 4
1 .3 5
1 .0 0
1 .3 0
0 .0 0
H8
H9
H10
H11
H12
H13
H14
※実施群:H9年度以前から事業実施、未実施群:H15年度現在事業未実施
最後に…
○鳴かぬなら殺してしまえホトトギス
(織田信長)
○鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス
(豊臣秀吉)
○鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス
(徳川家康)
ダウンロード

基調講演「県民歯の健康プラン」