㈱日立製作所「日立総合技術研修所」の
H26公開カリキュラムで技術力を高めよう!!
平成26年2月
(公財)日立地区産業支援センター
理事長
小川 春樹
’14/上【日立総合技術研修所】公開講座の内容(全21講座)
*一昨年10月より組織改正のため名称が「モノづくり技術研修所」から「日立総合技術研修所」に変更となっております。
*本講座は日立製作所の社内研修を日立地区の中小企業に開放してもらっているものです。 是非、活用ください。
No
区分
コース
No
1
改善
3030 実践的問題解決技法
講座名
会
場
回
次
開始~
終了
日
数
勝田 39
4/2~
4/4
3
費 定
用 員
(k\)
60 20
募集 相互
枠 研修
4
○
宿泊
研修のねらい
研修内容
○
職場の問題を発見し、自ら解決していく
「主体的な人材」を養成します。
受講対象
問題の発見・掘り下げ・優先順位決定、原因の追
求・真因把握、解決案の検討・評価をグループ討 製造、品証、設計のリーダークラス
議を通して総合的に体験
2
改善
3030 実践的問題解決技法
勝田 40
8/19~
8/21
3
60
20
4
○
3
改善
3105 作業改善技法研修
勝田 100
4/7~
4/11
5
100 48
5
○
・IEと改善 / 創造性概論 ・アイデア発想技法 ・
発想技法を習得し、作業改善をどんどん進められるよう
現場のリーダー、指導的立場の人
○ (終了22時
作業観測と分析 ・発想技法の活かし方とポイン
になります。
(経験3~10年)
以降Gr別)
ト ・改善実習 / 発表会
4
改善
3115 新QC手法
勝田 81
4/2~
4/4
3
60
30
5
○
5
改善
3121 若手技術者のための基礎IE研修
勝田 30
6/17~
6/20
4
80
20
5
○
時間、動作、工程の問題を発見、解決できる人材を、講 ・IE概論 ・時間分析と演習 ・動作分析と演習
○ (終了22時 義と演習を交えて養成します。IE初心者がIEの基礎を理 ・発表会
以降Gr別) 解することができます。
・工程分析と実習
6
改善
3135 作業改善のための治工具・雇の作り方研修
勝田 51
4/21~
4/25
5
100 24
5
○
冶具、雇の作り方の基本、図面の書き方の基
図面が読めて書ける人材、冶具や雇を発案し具体化で
生産技術者、製造技術者
○ (終了22時
本、CAD実習、冶具、雇製作図の実技演習、ビデ
きる現場マンを養成します。
(経験3~10年)
以降Gr別)
オによる冶具、雇の発案演習
7 人間関係 3201 やる気を引き出すコミュニケーション
勝田 19
4/17~
4/18
2
45
20
5
○
○
相手のやる気を引き出し、職場の活性化を図る。
8 人間関係 3203 現場のためのコミュニケーションの基礎
勝田 3
9/16~
9/19
4
80
12
4
○
○
心のふれあうコミュニケーションの大切さを理解し、具体 人間関係の基本、コミュニケーションの基本、部下
職場リーダークラス
的な接し方が身につきます
を理解し指導するための講話
=45,929÷4,742=
6/24~
9 人間関係 3207 現場のための人間関係と自己管理【上期のみ】 勝田 2
4
6/27
80
30
5
○
○
人間関係の基礎、職場問題の処理、欲求不満と
人間が本来もっている感情、考え方を学び、職場におけ
その処理、誤解を避けるには、グループの扱い、 監督者、職場リーダークラス
る人間関係をコントロールする力が得られます
監督者としての自己管理
60
10
2
○
○
海外出張、赴任時の現地サイトでの技術説明から海外
海外出張、赴任時の現地サイトでの現地指導、
生活まで、場面場面を想定した簡単な会話、海外での
技術説明および海外生活の簡単な会話の実施
注意点を習得できます。
○
・NC概論 / 座標計算の仕方 ・ノーズRと形状精
NCプログラミングの内容を理解し、NCデータの修正・改
NC旋盤のプログラミングを初めて学ぶ方
度 / 補正計算 ・プログラミング演習 ・NC旋盤
善ができる人材を育成します。
技能検定予定者
操作・加工実習
国家技能検定2級合格水準の実力を養成します。
(新人でも可)
・CAMの概要(ESPRIT2005演習)
10
11
生産
加工
勝田 10
7/23~
7/25
3450 NCプログラミング入門研修(旋盤系) 日立 39
5/12~
5/16
3360 海外出張者のための現場で使える英語
3
5
100 12
1
○
○
小集団活動で必要な実践的手法を学び小集団のリー
ダーが務まる人を養成します
新QC手法とは、親和図法、連関図法、系統図
法、マトリックス図法、グループ別討論
・自分を知る ・コミュニケーションの本質 ・やる
気を引き出すコミュニケーション のポイント
・ロールプレイ
現場のリーダーとして育てたい方
設計技術者、生産技術者、製造技術者
(新人でも可)
職場の人間関係の円滑化とやる気の向
上を図りたい方
生産、技術系の海外出張、海外赴任予定
者
★ 2012年度より、会場が日立と勝田の2ヶ所になっておりますのでご注意ください。
★ 受講費用(単位:千円)には別途、消費税がかかります。
受講申込は別紙の申込書により 3月12日(水)までにお願いします。
送付先:(公財)日立地区産業支援センター FAX0294-25-6125
【相互研修、宿泊、テキストについて】
1.相互研修・・・No, 3、5、6 の「相互研修」終了は22時、以降Gr別あり。
2.宿泊・・・全て宿泊研修(但し、No, 20を除く)
3.テキストは持ち帰り可(但し、No, 9は一部不可)
㈱日立製作所「日立総合技術研修所」の
H26公開カリキュラムで技術力を高めよう!!
「日立総合技術研修所」の研修はここが違います!!
1.経験豊富な講師陣 ⇒現役技術者が工場から派遣されてきます
2.豊富な実習 ⇒ 座学だけでは現場力は身に付かない⇒「実習を重視」
受講申込は別紙の申込書により、3月12日(水)までにお願いします。
3.宿泊型研修 ⇒ 研修生間で理解力・対応力を高める ⇒「 宿泊してグループ討議」
送付先:(公財)日立地区産業支援センター FAX0294-25-6125
4.受講料は、地域限定価格!しかも、宿泊費と食事代(3食分/日)が含まれている!!
’14/上【日立総合技術研修所】公開講座の内容(全21講座)
※本研修は、お申し込み後のキャンセルは原則としてできません。お気を付けください。
*一昨年10月より組織改正のため名称が「モノづくり技術研修所」から「日立総合技術研修所」に変更となっております。
*本講座は日立製作所の社内研修を日立地区の中小企業に開放してもらっているものです。 是非、活用ください。
No
区分
コース
No
講座名
設備保
12 全
電気
3541 実験・実習で学ぶ電子回路基礎
設備保
13 全
電気
3550 初心者のための電気・電子入門研修
回 開始年月 日 費 定
日
次
数 用 員
終了年月
(k\)
4/14~
勝田 4
5 100 8
4/18
会
場
募集 相互
枠 研修
2
宿泊
研修のねらい
研修内容
実習を中心に理論と自らの確認を行うことにより理解を 実習を中心に理論と実際の確認、PCによるシ
深めます。
ミュレーションを実施
○
電気・電子の基礎知識を必要とする方に、分かりやすく ・電気の基礎と安全 ・電気回路と磁気の基礎
基本的な電気的知識を身に付けたい方
演習・実習を中心に初歩から学習します。実験・実習を ・テスタ・オシロスコープの使い方 ・電子回路の (新人でも可) 、電気の世界から遠ざかっ
織り交ぜ広く浅く学習します。
基礎と実習 ・電動機運転制御盤の配線実習
ていたため基礎を復習したい方
4/21~
4/25
10 200 16
4
○
○
自動化設備等を扱う人が知っておくべき基本的な事項
を初心者にも分かりやすく基礎から体験、楽しみながら
習得します。実習を通じ実際の機械への応用力を身に
付けます
100 10
1
○
電気の基礎を理解している方で実践的な
電子回路の理解を深めたい方、若手の設
計初心者、生産技術、品質保証の技術者
○
勝田 62
5
受講対象
No.3760、No.3550、No.3601の主要内容
・リレーシーケンス/回路設計入門 ・トラブル
シューティング基礎と実習 ・自動機に見立てた
作品をグループ毎に考案/製作する総合実習
設備保
14 全
電気
3600 自動機修理(制御系初級)
日立 96
6/30~
7/11
設備保
15 全
電気
3606 トラブルシューティング(制御系レベルアップ)
日立 23
4/14~
4/18
5
100 12
4
○
○
メカトロニクスを駆使した生産設備の代表的な技術分野 メカトロニクスの基礎、空気圧制御機器の基礎、 「シーケンスコントローラ活用入門」と「トラブルシュー
の基礎知識を総合的に理解しトラブルに対応できるよう 制御実習(インバータ、電動シリンダ)、センサの ティング(制御系基礎)」両研修の修了者、ま
実習します。
基礎と実習
たは「自動機修理(制御系初級)」修了者
設備保
16 全
電気
3635 設備稼働率向上(初級)(TPM入門)
日立 73
9/8~
9/12
5
100 10
2
○
○
設備効率向上のため何をすべきかをTPM手法により
清掃点検を通じて修得できます
17
3740 簡易CAD製図入門研修
日立 26
7/8~
7/10
3
60
12
1
○
JIS機械製図法、CAD製図法を学ぶとともに、応用演習 JIS機械製図法
を通じてCADによる図面作成法をマスターする。使用ソ ・CAD製図の基礎
フトはAutoCAD LT2004/2009。
・CAD製図、応用演習
CAD製図をマスターして冶工具、雇の設
計に活用したい方 (新人でも可)
18 自動化
3612 ロボットを中心にしたシステム構築技術
日立 20
4/14~
4/18
5
100
6
1
○
○
・光電センサ、接触センサ、視覚センサの活用
ロボットとセンサ、ハンドリング機器等の周辺装置との
・コンベア、ポジショナとの連携
連携、複数ロボットの協調動作を実習中心に学びます。
・シーケンサの活用
ロボットの合理化、操作、運転、保守の担当
者 (経験3~10年)
19 自動化
3760 シーケンスコントローラ活用入門
日立 64
6/16~
6/20
5
100
8
3
○
○
生産設備をはじめ、試験装置や実験設備などの制御に シーケンス制御の基礎
PLCの基本操作・基礎知識を必要とする
使用されるPLCの概要を実機を用いて基礎から習得で ・PLCの構成と配線、基本操作 ・基本回路要素
初心者 (新人でも可)
きます。
の働き ・プログラミング演習、課題実習
-
・順序回路標準パターンと3要素への対応
No.3779の構築法部分を抜き出し、実施実習をすべて
・複雑な制御仕様の表現 ・条件型制御回路の
割愛したダイジェスト版。(PLCメーカや機種に依存しま
設計
せん)
・全制御階層の視覚化
メーカ・機種・個人に依存しない信頼性を
確保したい人 (PLCの経験者)
○
暴走型のトラブルを起こさない、あらゆる規模と内容の PLC基礎テスト/プログラミング
制御を高い信頼性で実現する、個人差の出ない回路構 ・制御回路の構築法(順序型回路、制御仕様表
成法を実習にて習得します。
現、条件型回路、他) ・総合実習
自動化設備の開発・保守・改善をする方で
PLC経験者
製図
20 自動化
3777 PLC回路構築法と標準化
勝田 7
9/10
1
20
16
4
21 自動化
3779 PLCプログラミング応用
日立 28
8/25~
8/29
5
100
6
2
○
=45,929÷4,742=
★ 2012年度より、会場が日立と勝田の2ヶ所になっておりますのでご注意ください。
★ 受講費用(単位:千円)には別途、消費税がかかります。
制御系を含む設備トラブルに迅速かつ的
確に対応できるようになりたい方(非電気
系の方、新人でも可)
TPMの基礎と社内外事例、潤滑・油圧・駆動系・
製造設備を使用している全技能者でTPM
電装系の点検と実習、チョコ停・故障ゼロの進め
活動についてグループの中核となる方
方
【お問い合わせ先】
申し込み窓口: 公益財団法人日立地区産業支援センター 担当: 原 ・ 日紫喜
【相互研修、宿泊、テキストについて】
1.相互研修・・・No, 3、5、6 の「相互研修」終了は22時、以降Gr別あり。
2.宿泊・・・全て宿泊研修(但し、No, 20を除く)
=45,929÷4,742=
3.テキストは持ち帰り可(但し、No, 9は一部不可)
=45,929÷4,742=
Tel0294‐25‐6121 / Fax 0294‐25‐6125
研修内容等に関すること: (株)日立製作所 総合教育センタ 日立総合技術研修所勝田研修センタ 担当:川崎
Tel029‐353‐3098(代表) / Fax 029‐353‐3222
補助金に関すること:日立市産業経済部商工振興課経営支援係
Tel 0294‐22‐3111(内)471/ Fax 0294‐24‐1713
ダウンロード

「日立総合技術研修所」 日立製作所「日立総合技術研修所」の