中
島
敦
な
か
山
月
記
さ
ん
げ
つ
き
じ
ま
あ
つ
し
ISOCA LAYOUT
1
ねく 穎 隴
、し 、 西
て天の
名寶李
をの徴
虎末は
榜年博
に、學
連若才
え
い
ろ
う
せ
い
て
ん
な
ぽ
う
こ
ま
つ
ぼ
う
ね
ん
つ
ら
ISOCA LAYOUT
わ
か
り
ち
ょ
う
は
く
が
く
さ
い
2
し賤 自 ら つ
と吏 ら れ い
しに 恃 た で
な甘 む が 江
かん 所 、 南
つず 頗 性 尉
たる る 、 に
。を 厚 狷 補
潔く介せ
、、
せ
ん
み
ず
か
り
た
の
あ
ま
と
こ
ろ
い
さ
ぎ
よ
こ
う
な
ん
す
こ
ぶ
せ
い
い
あ
つ
け
ん
ほ
ISOCA LAYOUT
か
い
3
虢 退い
略 いく
に たば
歸 後く
臥 はも
し 、な
、 故く
山官
、を
か
く
し
り
ぞ
り
ゃ
く
き
の
ち
が
こ
ざ
ん
ISOCA LAYOUT
か
ん
4
た人
すと
ら交
詩を
作絶
につ
耽て
つ、
たひ
。
ひ
と
ま
じ
わ
り
し
さ
く
た
ふ
け
ISOCA LAYOUT
5
屈を 下
す俗 吏
る惡 と
よな な
り大 つ
は官 て
、の 長
前く
に膝
く
っ
ぞ
く
か
り
あ
く
た
い
か
ん
な
が
ま
え
ISOCA LAYOUT
ひ
ざ
6
た後 詩
の百 家
で年 と
あに し
る遺 て
。さ の
う名
とを
し死
ご
し
ひ
ゃ
く
か
ね
ん
の
こ
ISOCA LAYOUT
な
し
7
をに し
逐揚 か
うら し
てず 、
苦、 文
し生 名
く活 は
なは 容
る日 易
。
お
あ
が
く
る
せ
い
ぶ
ん
め
い
か
つ
ひ
ISOCA LAYOUT
よ
う
い
8
ら李
れ徴
ては
來漸
たく
。焦
躁
に
驅
き
ISOCA LAYOUT
り
ち
ょ
う
よ
う
や
し
ょ
う
そ
う
か
9
徒ち も こ
ら骨 峭 の
に秀 刻 頃
烱で と か
々、 な ら
と眼 り 其
し光 、 の
ての 肉 容
、み 落 貌
い
た
ず
ほ
ね
し
ょ
う
ひ
い
こ
く
こ
ろ
け
い
け
い
が
ん
そ
こ
う
ISOCA LAYOUT
に
く
よ
う
お
ぼ
う
10
う俤 頃 曾
もは の て
な、 豐 進
い何 頬 士
。處 の に
に美登
求少第
め年し
やのた
お
も
か
げ
ど
こ
ろ
か
つ
ほ
う
し
ん
き
ょ
う
し
び
と
し
ょ
う
だ
い
こ
も
と
ね
ん
ISOCA LAYOUT
11
てた へ 數
、め ず 年
に、の
遂妻後
に子、
節の貧
を衣窮
屈食に
しの堪
つ
い
さ
い
す
う
ね
ん
の
ち
し
せ
つ
い
く
っ
ISOCA LAYOUT
ひ
ん
き
ゅ
う
し
ょ
く
た
12
こ方 再
と官 び
に吏 東
なの へ
つ職 赴
たを き
。奉 、
ず一
る地
ほ
う
ふ
た
た
か
ん
り
ひ
が
し
し
ょ
く
お
も
む
ほ
う
い
ち
ち
ISOCA LAYOUT
13
め業 一
でに 方
も半 、
あば 之
る絶 は
。望 、
し己
たの
た詩
ぎ
ょ
う
い
っ
ぽ
う
な
か
こ
れ
ぜ
つ
ぼ
う
ISOCA LAYOUT
お
の
れ
し
14
のに 昔 か 曾
連も 、 高 て
中か 鈍 位 の
のけ 物 に 同
なと進輩
かしみは
つて、既
た齒彼に
其牙が遙
む
か
し
れ
ん
か
つ
こ
う
ち
ゅ
う
ど
ん
い
ぶ
つ
す
す
し
そ
が
ISOCA LAYOUT
ど
う
は
い
す
で
か
れ
は
る
15
想何 才 ぬ 下
像に 李 こ 命
に傷 徴 と を
難つ の が 拜
くけ 自 、 さ
なた 尊 往 ね
いか 心 年 ば
。は を の な
、如秀ら
そ
う
か
ぞ
う
さ
い
り
き
ず
か
め
い
ち
ょ
う
か
た
は
い
じ
そ
ん
し
ん
い
ISOCA LAYOUT
お
う
ね
ん
し
ゅ
う
16
愈ま 彼
抑ず は
へ、 怏
難狂 々
く悖 と
なの し
つ性 て
たは 樂
。愈 し
い
よ
か
れ
お
さ
が
た
き
ょ
う
お
う
お
う
は
い
さ
が
た
の
い
よ
ISOCA LAYOUT
17
狂に に 一
し宿 出 年
たつ 、 の
。た 汝 後
時水、
、の公
遂ほ用
にとで
發り旅
き
ょ
う
や
ど
で
じ
ょ
と
き
い
ち
ね
ん
の
ち
す
い
こ
う
つ
い
よ
う
は
っ
た
び
ISOCA LAYOUT
18
ぬる 變 或
こと へ 夜
と、 て 半
を何 寢 、
叫か 床 急
び譯 か に
つの ら 顏
つ分 起 色
ら上を
か
あ
る
や
は
ん
な
に
ね
ど
こ
さ
け
き
ゅ
う
わ
け
か
お
お
き
い
ろ
あ
が
ISOCA LAYOUT
19
てた て 其
來。 、 の
な彼 闇 儘
かは の 下
つ二 中 に
た度 へ と
。と 駈 び
戻出下
つしり
そ
こ
か
れ
や
み
ま
ま
し
た
に
な
か
ど
か
け
も
ど
っ
ISOCA LAYOUT
だ
お
20
者ど な て 附
はう い も 近
、な 。 、 の
誰つ そ 何 山
もた の の 野
なか 後 手 を
かを 李 掛 搜
つ知 徴 り 索
たる が も し
。
も
の
な
ん
だ
れ
し
の
ち
て
り
が
か
ち
ょ
う
ISOCA LAYOUT
ふ
き
ん
さ
ん
や
そ
う
さ
く
21
に使 勅 郡 翌
宿し 命 の 年
つ、 を 袁 、
た途 奉 参 監
。に じ 、 察
商てと御
於嶺い史
の南ふ、
地に者陳
、
や
ど
つ
か
い
ち
ょ
く
ぐ
ん
め
い
よ
く
ね
ん
え
ん
み
ち
ほ
う
さ
ん
し
ょ
う
お
れ
い
か
ん
さ
つ
ぎ
ょ
し
な
ん
ち
ISOCA LAYOUT
も
の
ち
ん
22
驛出 次
吏發 の
がし 朝
言よ 未
ふう だ
こと 暗
とし い
にた 中
、所 に
、
え
き
し
ゅ
っ
り
ぱ
つ
い
つ
ぎ
あ
さ
い
ま
く
ら
う
ち
と
こ
ろ
ISOCA LAYOUT
23
通は 喰 こ
れ白 虎 れ
な晝 が か
いで 出 ら
。な る 先
け故の
れ、道
ば旅に
、人人
と
お
く
い
び
ゃ
く
ち
ゅ
う
ど
ら
で
さ
き
ゆ
え
み
ち
た
び
び
と
ISOCA LAYOUT
ひ
と
24
がら 今
宜、 は
し今 ま
い少 だ
でし 朝
せ待 が
うた 早
とれ い
。た か
い
ま
よ
ろ
い
ま
す
こ
あ
さ
ま
は
や
ISOCA LAYOUT
25
けみ 廻 袁
て、 り 参
、驛 の は
出吏 多 、
發の 勢 し
し言 な か
た葉 の し
。を を 、
斥恃供
ま
わ
え
ん
さ
ん
え
き
し
ゅ
っ
ぱ
つ
り
た
ぜ
い
こ
と
ば
し
り
ぞ
ISOCA LAYOUT
た
の
と
も
26
ら匹 行 林 殘
躍の つ 中 月
り猛 た の の
出虎 時 草 光
たが 、 地 を
。叢 果 を た
のし通よ
中てつり
か一てに
ぴ
き
い
お
ど
り
ん
ざ
ん
ち
ゅ
う
げ
つ
く
さ
ひ
か
り
も
う
で
こ
と
き
ち
く
さ
む
ら
は
た
と
お
な
か
い
っ
ISOCA LAYOUT
27
てた 躍 虎
、が り は
元、 か 、
の忽 か あ
叢ち る は
に身 か や
隱を と 袁
れ飜 見 参
たし え に
。
お
ど
と
ら
も
と
く
さ
む
ら
た
ち
ま
み
え
ん
か
く
ひ
る
が
え
ISOCA LAYOUT
み
さ
ん
28
がた で 叢
聞」 「 の
えと あ 中
た繰 ぶ か
。返 な ら
しい人
呟所間
くだの
のつ聲
く
さ
む
ら
き
な
か
く
り
か
え
つ
ぶ
や
く
ISOCA LAYOUT
と
こ
ろ
に
ん
げ
ん
こ
え
29
憶其
えの
が聲
あに
つ袁
た参
。は
聞
き
お
ぼ
そ
こ
え
え
ん
さ
ん
き
ISOCA LAYOUT
30
叫咄 驚
ん嗟 懼
だに の
。思 中
ひに
あも
た、
つ彼
ては
、
さ
け
と
っ
き
ょ
う
さ
く
お
も
な
か
か
れ
ISOCA LAYOUT
31
か李 「
?徴 其
」子 の
で聲
はは
な、
い我
が
友
、
り
ち
ょ
う
そ
し
ISOCA LAYOUT
こ
え
わ
と
も
32
いと 人 進 袁
友つ の 士 参
でて 少 の は
あは か 第 李
つ、 つ に 徴
た最 た 登 と
。も 李 り 同
親徴、年
しに友に
じ
ん
と
も
し
ん
え
ん
し
さ
ん
す
く
な
だ
い
ち
ょ
う
の
ぼ
も
っ
と
し
た
り
り
ど
う
ち
ょ
う
ね
ん
ゆ
う
ISOCA LAYOUT
33
で衝 峻 温
あ突 峭 和
らし な な
うな 李 袁
。か 徴 参
つのの
た性性
た情格
めとが
、
し
ょ
う
し
ゅ
ん
お
ん
と
つ
し
ょ
う
わ
ISOCA LAYOUT
り
え
ん
ち
ょ
う
さ
ん
せ
い
せ
い
じ
ょ
う
か
く
34
返叢
辭の
が中
無か
から
つは
た、
。暫
く
へ
ん
く
さ
む
ら
じ
な
か
な
ISOCA LAYOUT
し
ば
ら
35
洩れ し
れる の
る微 び
ばか 泣
かな き
り聲 か
でが と
あ時 思
る々 は
。
も
か
す
な
こ
え
と
き
お
も
ど
き
ISOCA LAYOUT
36
でも が や
あ自 答 や
る分 へ あ
」は た つ
と隴 。 て
。西 「 、
の如低
李何い
徴に聲
じ
こ
た
ぶ
ん
ろ
う
せ
い
い
り
ち
ょ
う
ISOCA LAYOUT
ひ
く
か
こ
え
37
濶づ 馬 袁
をき か 参
叙、 ら は
し懷 下 恐
たか り 怖
。し て を
げ叢忘
ににれ
久近、
か
つ
う
ま
じ
ょ
な
つ
お
く
さ
む
ら
き
ゅ
う
ISOCA LAYOUT
え
ん
さ
ん
き
ょ
う
ふ
わ
す
ち
か
38
う出 そ
たて し
。來 て
な、
い何
の故
か叢
とか
問ら
で
こ
な
ぜ
く
さ
む
ら
と
ISOCA LAYOUT
39
のふ 李
身。 徴
と自 の
な分 聲
つは が
て今 答
ゐや へ
る異 て
。類 言
み
り
ち
ょ
う
じ
ぶ
ん
こ
え
い
ま
こ
た
い
る
い
ISOCA LAYOUT
い
40
かし と ど
。い 故 う
姿人し
をのて
さ前、
らにお
せあめ
よさお
うまめ
と
す
が
た
も
ま
え
ISOCA LAYOUT
41
だる 怖 現 且
。に 嫌 せ つ
決厭ば又
つの、、
て情必自
ゐをず分
る起君が
かさに姿
らせ畏を
ふ
あ
ら
わ
か
け
ん
き
え
ん
じ
ょ
う
お
か
な
ら
ま
た
じ
ぶ
ん
き
み
す
が
た
い
ISOCA LAYOUT
42
忘得 も し
れて 故 か
る、 人 し
程愧 に 、
に赧 遇 今
懷の ふ 、
か念 こ 圖
しを と ら
いも を ず
。
わ
す
え
と
も
ほ
ど
き
た
ん
あ
い
ま
な
つ
ね
ん
ISOCA LAYOUT
は
か
43
ず惡 で ど
、な い う
今いか
のか、
外らほ
形、ん
を我の
厭が暫
は醜く
あ
く
い
ま
が
い
け
い
わ
し
ば
ら
い
と
し
ゅ
う
ISOCA LAYOUT
44
う交 つ 曾
かし た て
。て 此 君
呉のの
れ自友
な分李
いと徴
だ話で
らをあ
か
つ
か
わ
こ
き
み
じ
と
も
く
れ
ぶ
ん
り
ち
ょ
う
は
な
し
ISOCA LAYOUT
45
袁だ 後
参つ で
はた 考
、が へ
、れ
其ば
の不
時思
、議
え
ん
あ
と
さ
ん
か
ん
が
そ
と
き
ISOCA LAYOUT
ふ
し
ぎ
46
か少 實 こ
つし に の
たも 素 超
。怪 直 自
まに然
う受の
と容怪
しれ異
なてを
、、
す
こ
あ
や
し
じ
つ
す
ち
ょ
う
な
お
し
ぜ
ん
う
け
い
か
い
い
ISOCA LAYOUT
47
た見 分 列 彼
。え は の は
ざ叢進部
るの行下
聲傍をに
とに停命
對立めじ
談つ、て
して自行
、
み
こ
え
ぶ
ん
れ
つ
か
れ
く
さ
む
ら
し
ん
ぶ
こ
う
か
と
ど
め
い
じ
ぎ
ょ
う
か
た
わ
ら
た
い
だ
ん
ISOCA LAYOUT
48
祝そ 袁 都
辭れ 参 の
。に が 噂
對現、
す在舊
るの友
李地の
徴位消
の、息
、
し
ゅ
く
え
ん
じ
さ
ん
み
や
こ
う
わ
さ
た
い
げ
ん
ざ
い
き
ゅ
う
ゆ
う
り
ち
ょ
う
ち
い
し
ょ
う
そ
く
ISOCA LAYOUT
49
れて た 青
等の 者 年
がな 同 時
語い 志 代
ら語 の に
れ調 、 親
たで あ し
後、 の か
、そ 隔 つ
な
ど
も
の
ど
う
か
た
し
せ
い
ね
ん
じ
だ
い
ご
ち
ょ
う
し
た
の
ち
へ
だ
ISOCA LAYOUT
50
に草 至 し 袁
語中 つ て 参
つの た 今 は
た聲 か の 、
。は を 身 李
次訊と徴
のねなが
やたるど
う。にう
そ
う
か
た
い
た
ち
ゅ
う
え
ん
さ
ん
い
ま
こ
え
み
つ
ぎ
た
ず
ISOCA LAYOUT
り
ち
ょ
う
51
こほ 分 今
とと が か
、り 旅 ら
にに一
泊出年
つて程
た汝前
夜水、
のの自
ぶ
ん
い
ま
た
び
と
ま
で
じ
ょ
よ
る
ISOCA LAYOUT
い
ち
ね
ん
ほ
ど
ま
え
す
い
じ
52
んで 眼 一
で誰 を 睡
ゐか 覺 し
るが ま て
。我 す か
がとら
名、、
を戸ふ
呼外と
め
だ
れ
い
っ
す
い
さ
ま
わ
な
こ
よ
ISOCA LAYOUT
が
い
53
くか 見 聲
。ら る に
頻と應
り、じ
に聲て
自は外
分闇へ
をの出
招中て
み
こ
え
お
う
し
き
こ
え
そ
と
じ
ぶ
ん
や
み
で
ま
ね
ISOCA LAYOUT
な
か
54
追覺
うえ
てず
走、
り自
出分
しは
た聲
。を
お
お
ぼ
は
し
だ
ISOCA LAYOUT
じ
ぶ
ん
こ
え
55
もは く 無
、山 中 我
林に夢
に、中
入何で
り時駈
、しけ
しかて
か途行
さ
ん
な
か
り
ん
い
ISOCA LAYOUT
む
が
む
ち
ゅ
う
い
つ
か
み
ち
い
56
走右 知
つの ら
て手 ぬ
ゐで 間
た地 に
。を 自
攫分
んは
で左
は
し
ゆ
う
し
て
ま
ち
じ
つ
か
ぶ
ん
さ
ISOCA LAYOUT
57
びで ち 何
越、 滿 か
え輕 ち 身
て々 た 體
行と や 中
つ岩 う に
た石 な 力
。を 感 が
跳じ充
こ
な
に
み
か
る
が
る
い
か
ら
だ
じ
ゅ
う
が
ん
せ
き
ち
か
ら
か
ん
と
ISOCA LAYOUT
み
58
じ肱 氣
ての が
ゐあ 付
るた く
らり と
しに 、
い毛 手
。を 先
生や
ひ
じ
け
き
つ
て
さ
き
し
ょ
う
ISOCA LAYOUT
59
にを ら 少
虎映 、 し
とし 谷 明
なて 川 る
つ見 に く
てる 臨 な
ゐと ん つ
た、 で て
。既 姿 か
と
ら
す
こ
う
つ
た
に
あ
か
が
わ
み
の
ぞ
す
で
ISOCA LAYOUT
す
が
た
60
へは な 自
た夢 か 分
。に つ は
違た初
ひ。め
な次眼
いにを
と、信
考之じ
ゆ
め
ち
が
つ
ぎ
か
ん
が
ISOCA LAYOUT
じ
ぶ
ん
は
じ
め
し
ん
こ
れ
61
た迄 な ぞ 夢
かに 夢 と の
ら見 を 知 中
。た 、 つ で
こ自て、
と分ゐ之
がはるは
あそや夢
つれうだ
ま
で
ゆ
め
ゆ
め
み
し
な
か
じ
ぶ
ん
こ
れ
ゆ
め
ISOCA LAYOUT
62
とつ と ど
した 悟 う
た時 ら し
。、 ね て
自ばも
分な夢
はらで
茫なな
然かい
さ
と
と
き
じ
ぶ
ん
ゆ
め
ぼ
う
ぜ
ん
ISOCA LAYOUT
63
て起 全 さ
、り く う
深得 、 し
くる ど て
懼の ん 、
れだ な 懼
たと 事 れ
思でた
うも。
お
こ
ふ
か
ま
っ
た
う
お
そ
お
そ
こ
と
お
も
ISOCA LAYOUT
64
我分 事 し
々ら に か
にぬ な し
は。 つ 、
判全 た 何
らく の 故
ぬ何 だ こ
。事 ら ん
もうな
。
わ
れ
わ
か
こ
と
わ
れ
わ
か
ま
っ
た
な
ぜ
な
に
ご
と
ISOCA LAYOUT
65
くも し け 理
の分 く ら 由
がら 受 れ も
、ず 取 た 分
につもら
生てのず
き、をに
て理大押
行由人付
り
わ
か
ゆ
う
う
け
と
わ
か
い
り
い
ゆ
う
ISOCA LAYOUT
お
と
な
お
し
つ
66
其死 め 我
のを だ 々
時想 。 生
、う 自 き
た分も
。はの
し直の
かぐさ
しにだ
、
そ
と
き
し
お
も
わ
れ
わ
れ
い
じ
ぶ
ん
す
ISOCA LAYOUT
67
た人 途 駈 眼
。間 端 け の
はに過前
忽、ぎを
ち自る一
姿分の匹
をのをの
消中見兎
しのたが
に
ん
と
げ
ん
た
ん
か
め
す
ま
え
た
ち
ま
じ
い
っ
す
が
た
ぶ
ん
ぴ
き
け
な
か
う
さ
ぎ
ISOCA LAYOUT
み
68
塗自 が 再
れ分 目 び
、の を 自
口覺分
はまの
兎し中
のたの
血時人
に、間
ま
み
ふ
た
た
じ
ぶ
ん
め
じ
く
ち
さ
ま
う
さ
ぎ
ち
ぶ
ん
な
か
と
き
に
ん
げ
ん
ISOCA LAYOUT
69
經が 散 あ
驗虎 ら た
でと ば り
あし つ に
つて て は
たの ゐ 兎
。最 た の
初。毛
の之が
け
い
け
ん
ち
ら
と
ら
う
さ
ぎ
さ
い
し
ょ
け
こ
れ
ISOCA LAYOUT
70
るた な そ
にか 所 れ
忍、 行 以
びそ を 來
なれ し 今
いは 續 迄
。到 け に
底てど
語來ん
し
ょ
し
の
ぎ
ょ
う
い
ら
い
い
ま
つ
づ
ま
で
と
う
て
い
か
た
ISOCA LAYOUT
き
71
のう 心 ず た
日い が 數 だ
とふ 還 時 、
同時 つ 間 一
じに て は 日
くは 來 、 の
、、 る 人 中
曾。間に
てさの必
こ
こ
ろ
ひ
か
え
お
な
と
き
す
う
じ
か
ん
い
ち
に
ち
く
に
ん
か
つ
ISOCA LAYOUT
げ
ん
う
ち
か
な
ら
72
るも る 雜 人
。誦 し な 語
ず、思も
る經考操
こ書にれ
とのもれ
も章堪ば
出句へ、
來を得複
ざ
つ
し
ょ
う
じ
ん
ご
し
き
ょ
う
こ
う
あ
や
つ
し
ょ
し
ょ
う
で
た
く
き
ISOCA LAYOUT
う
ふ
く
73
行と そ
のし の
あて 人
との 間
を己 の
見の 心
、殘 で
虐、
な虎
お
こ
な
い
お
の
れ
み
に
ん
げ
ん
こ
こ
ろ
ざ
ん
ぎ
ゃ
く
ISOCA LAYOUT
と
ら
74
恐る 己
し時 の
くが 運
、、 命
憤最 を
ろも ふ
し情 り
いな か
。く へ
、
お
の
れ
お
そ
ろ
と
き
う
ん
め
い
い
き
ど
お
も
っ
と
な
さ
け
ISOCA LAYOUT
75
第日 に し
にを か か
短經 へ し
くる る 、
なに 數 そ
つ從 時 の
てつ 間 、
行て も 人
く次 、 間
。
だ
い
ひ
み
じ
か
ふ
す
う
し
た
が
じ
か
ん
い
に
ん
し
ISOCA LAYOUT
げ
ん
76
いの し な 今
て間 ん ど 迄
見ひ で に は
たよ ゐ な 、
らい た つ ど
、と の た う
氣にかし
が、とて
付此怪虎
あ
い
だ
い
ま
ま
で
み
き
つ
こ
ISOCA LAYOUT
あ
や
と
ら
77
いへ 人 己
こて 間 は
とゐ だ ど
だた つ う
。。 た し
之のて
はか以
恐と前
し考、
に
ん
お
れ
げ
ん
こ
れ
お
そ
ろ
い
ぜ
ん
か
ん
が
ISOCA LAYOUT
78
てす と 中 今
了つ し の 少
ふか て 人 し
だり の 間 經
ら埋 習 の て
うれ 慣 心 ば
。て の は 、
消中、己
えに獸の
な
か
し
ま
い
ま
す
こ
に
ん
げ
ん
う
も
し
ゅ
う
か
ん
き
た
こ
こ
ろ
な
か
お
れ
け
も
の
ISOCA LAYOUT
79
すが 恰
る次 度
や第 、
うに 古
に土 い
。砂 宮
に殿
埋の
沒礎
し
ち
ょ
う
ど
だ
い
ふ
る
ど
し
ゃ
き
ゅ
う
で
ん
ま
い
ぼ
つ
ISOCA LAYOUT
い
し
づ
え
80
と忘 に さ
しれ 己 う
て果 は す
狂て 自 れ
ひ、 分 ば
廻一 の 、
り匹 過 し
、の 去 ま
虎をひ
わ
す
お
れ
は
く
る
じ
ぶ
ん
ま
わ
い
っ
ぴ
き
か
こ
と
ら
ISOCA LAYOUT
81
感裂 め 出 今
じき る 會 日
な喰 こ つ の
いう と て 樣
だて な も に
ら何 く 故 途
うの 、 人 で
。悔 君 と 君
もを認と
か
ん
さ
で
き
ょ
あ
う
く
ろ
よ
う
な
ん
と
み
ち
も
く
い
き
み
き
み
み
と
ISOCA LAYOUT
82
もも 一
の、 體
だも 、
つと 獸
たは で
ん何 も
だか 人
ら他 間
うの で
。
い
っ
た
い
け
も
の
な
に
に
ん
ほ
か
ISOCA LAYOUT
げ
ん
83
てゐ 初
了た め
ひが は
、、 そ
次れ
第を
に憶
忘え
れて
は
じ
し
ま
し
だ
い
お
ぼ
わ
す
ISOCA LAYOUT
84
かで の 初
?ゐ だ め
るつか
のたら
でと今
は思の
なひ形
い込の
んも
は
じ
い
ま
お
も
か
た
ち
こ
ISOCA LAYOUT
85
らり の う い
く消 人 で や
、え 間 も 、
そて の い そ
の了 心 い ん
方へ が 。 な
がば す 己 事
、、 つ の は
恐か中ど
き
に
ん
げ
ん
し
ま
こ
こ
ろ
ほ
う
お
れ
お
そ
ISOCA LAYOUT
こ
と
な
か
86
己る 己
のだ は
中ら し
のう あ
人。 は
間だ せ
はの に
、に な
、れ
お
れ
お
れ
な
か
に
ん
げ
ん
ISOCA LAYOUT
87
のく そ
だ恐 の
。し 事
くを
感、
じ此
ての
ゐ上
るな
お
そ
こ
と
か
ん
こ
う
え
ISOCA LAYOUT
88
ら切 に あ
うな 、 あ
!く 恐 、
思し全
つくく
て、、
ゐ哀ど
るしん
だくな
、
せ
つ
お
そ
お
も
ま
っ
た
か
な
ISOCA LAYOUT
89
の己
なが
く人
な間
るだ
こつ
とた
を記
。憶
ISOCA LAYOUT
お
れ
に
ん
げ
ん
き
お
く
90
なら こ
いな の
。い 氣
。持
誰は
に誰
もに
分も
ら分
き
も
ち
だ
れ
だ
れ
わ
ISOCA LAYOUT
91
所つ 己
でた と
、者 同
さで じ
うな 身
だけ の
。れ 上
ばに
。成
と
こ
ろ
お
れ
も
の
お
な
み
う
え
な
ISOCA LAYOUT
92
こ一 な 己
とつ く が
が頼 な す
あん つ つ
るで て か
。置 了 り
きふ人
度前間
いにで
、
ひ
と
つ
お
れ
た
の
お
し
ま
に
ん
た
ISOCA LAYOUT
ま
え
げ
ん
93
け入 聲 息 袁
てつ の を 参
言て 語 の は
ふゐ る ん じ
。た 不 で め
。思、一
聲議叢行
はに中は
續聞の、
い
こ
え
い
き
え
ん
さ
ん
か
た
い
ふ
い
っ
し
こ
え
ぎ
そ
う
こ
う
ち
ゅ
う
つ
づ
き
き
ISOCA LAYOUT
94
成元 他
す來 で
積詩 も
り人 な
でと い
ゐし 。
たて 自
。名 分
をは
な
が
ん
ほ
か
ら
い
つ
も
し
じ
ん
な
ISOCA LAYOUT
じ
ぶ
ん
95
立ざ し
至る か
つに も
た、 、
。こ 業
の未
運だ
命成
にら
た
ち
い
た
わ
ざ
い
ま
う
ん
め
い
ISOCA LAYOUT
な
96
に篇 曾
行、 て
は固 作
れよ る
てり 所
を、 の
らま 詩
ぬだ 數
。世 百
ぺ
ん
か
つ
も
と
つ
く
お
こ
と
こ
ろ
し
す
う
よ
ISOCA LAYOUT
ひ
ゃ
っ
97
ら遺
な稿
くの
な所
つ在
ても
ゐ最
よ早
う判
。
い
こ
う
し
ょ
ざ
い
も
は
や
わ
か
ISOCA LAYOUT
98
のに 十 尚 所
だ傳 あ 記 で
。録 る 誦 、
し。せそ
て之るの
戴をも中
き我の、
度がが今
い爲數も
じ
ゅ
う
で
ん
な
お
と
こ
ろ
き
し
ょ
う
ろ
く
こ
れ
い
た
だ
う
ち
わ
た
た
め
ISOCA LAYOUT
い
ま
す
う
99
い人 何
の前 も
での 、
は詩 之
な人 に
い面 仍
。を つ
して
た一
に
ん
な
に
ま
え
し
こ
れ
じ
ん
づ
ら
ISOCA LAYOUT
よ
い
ち
100
たが 心 と 作
所生 を に の
の涯 狂 か 巧
もそ は く 拙
のれ せ 、 は
をに て 産 知
、執 迄 を ら
著自破ず
し分り、
と
こ
ろ
こ
こ
ろ
さ
く
く
る
こ
う
し
ょ
う
が
い
さ
ん
し
ゅ
う
ま
で
ち
ゃ
く
じ
せ
つ
し
や
ぶ
ぶ
ん
ISOCA LAYOUT
101
だで 傳 一
。も へ 部
死なな
にいり
切でと
れはも
な、後
い死代
のんに
つ
た
い
ち
ぶ
し
き
し
ISOCA LAYOUT
こ
う
だ
い
102
たに 筆 袁
。隨 を 参
つ執は
てつ部
書て下
き叢に
と中命
らのじ
せ聲、
ふ
で
し
た
が
え
ん
さ
ん
と
か
ぶ
か
そ
う
ち
ゅ
う
め
い
こ
え
ISOCA LAYOUT
103
ら李
朗徴
々の
と聲
響は
い叢
たの
。中
か
り
ろ
う
ち
ょ
う
ろ
う
こ
え
ひ
び
く
さ
む
ら
な
か
ISOCA LAYOUT
104
ば非 一 調 長
か凡 讀 高 短
りを し 雅 凡
で思 て 、 そ
あは 作 意 三
るせ 者 趣 十
。る の 卓 篇
も才逸、
のの、格
ひ
い
ち
ち
ょ
う
ち
ょ
う
ぼ
ん
ど
く
こ
う
た
ん
が
お
よ
い
さ
ん
し
ゅ
じ
ゅ
っ
た
く
ぺ
ん
お
も
さ
く
し
ゃ
さ
い
ISOCA LAYOUT
い
つ
か
く
105
のし し
樣な か
にが し
感ら 、
じも 袁
て漠 参
ゐ然 は
たと 感
。次 嘆
よ
う
か
ん
え
ん
ば
く
さ
ん
ぜ
ん
か
ん
つ
ぎ
ISOCA LAYOUT
た
ん
106
いで 第 成
。あ 一 程
る流、
こに作
と屬者
はすの
疑る素
ひも質
なのが
だ
い
な
る
い
ち
ほ
ど
り
ゅ
う
ぞ
く
う
た
が
ISOCA LAYOUT
さ
く
し
ゃ
そ
し
つ
107
の第 し
に一 か
は流 し
、の 、
作こ
品の
と儘
なで
るは
、
だ
い
い
ち
り
ゅ
う
さ
く
ひ
ん
ま
ま
ISOCA LAYOUT
108
か所 な 何
、が 點 處
とあ に か
。る 於 (
のて非
で)常
は缺に
なけ微
いる妙
と
こ
ろ
ど
て
ん
こ
お
い
ひ
じ
ょ
う
か
び
み
ょ
う
ISOCA LAYOUT
109
がを 徴 舊
如變 の 詩
くへ 聲 を
に、 は 吐
言自 、 き
つら 突 終
たを 然 つ
。嘲 調 た
る子李
ち
ょ
う
ご
と
か
き
ゅ
う
し
こ
え
は
い
み
ず
か
と
つ
お
わ
ぜ
ん
あ
ざ
け
ち
ょ
う
し
ISOCA LAYOUT
り
110
今し で 羞
でい も し
も身 、 い
、と こ こ
己成 ん と
はり な だ
、果 あ が
てさ、
たま今
は
ず
か
い
ま
み
お
れ
な
は
い
ま
ISOCA LAYOUT
111
見れ 人 己
るて 士 の
こゐ の 詩
とる 机 集
が樣 の が
あを 上 長
る、 に 安
の夢 置 風
だに か 流
。
み
じ
ん
お
れ
し
し
つ
く
え
し
ゅ
う
う
え
ち
ょ
う
さ
ま
ゆ
め
ISOCA LAYOUT
お
あ
ん
ふ
う
り
ゅ
う
112
つり つ て 岩
たそ て 見 窟
哀こ 呉 る の
れな れ 夢 中
なつ 。 に に
男て 詩 だ 横
を虎 人 よ た
。に に 。 は
な成嗤つ
み
あ
わ
が
ん
く
つ
く
ゆ
め
お
と
こ
し
と
ら
な
か
よ
こ
じ
ん
な
ISOCA LAYOUT
わ
ら
113
てな 徴 (
ゐが の 袁
たら 自 参
。、 嘲 は
)哀 癖 昔
しをの
く思青
聞出年
いし李
ち
ょ
う
え
ん
じ
ち
ょ
う
か
な
き
さ
ん
ぐ
せ
む
か
し
お
も
い
せ
い
だ
ね
ん
り
ISOCA LAYOUT
114
う席 い さ
かの で う
。詩 に だ
に、。
述今お
べの笑
て懷ひ
見を草
よ即つ
せ
き
し
の
い
ま
わ
ら
お
も
い
ぐ
さ
み
そ
く
ISOCA LAYOUT
115
ゐ曾 こ
るて の
しの 虎
る李 の
し徴 中
にが に
。生 、
きま
てだ
、
か
つ
と
ら
り
ち
ょ
う
な
か
い
ISOCA LAYOUT
116
そて 袁
の之 参
詩を は
に書 又
言き 下
ふと 吏
。ら に
せ命
たじ
。
え
ん
こ
れ
さ
ん
し
か
い
ま
た
か
り
め
い
ISOCA LAYOUT
117
災■
■
患
■
相
■
仍
■
不
■
可
■
逃
さ
い
か
ん
あ
い
よ
り
て
、
の
が
る
べ
か
ら
ず
ISOCA LAYOUT
偶
因
狂
疾
成
殊
類
た
ま
た
ま
き
ょ
う
し
つ
に
よ
っ
て
、
し
ゅ
る
い
と
な
る
118
當■
■
時
■
聲
■
跡
■
共
■
相
■
高
と
う
じ
は
、
と
も
に
せ
い
せ
き
た
か
か
り
し
ISOCA LAYOUT
今
日
爪
牙
誰
敢
敵
き
ょ
う
は
、
そ
う
が
、
だ
れ
か
、
あ
え
て
て
き
せ
ん
や
119
君■
■
已
■
乘
■
軺
■
氣
■
勢
■
豪
き
み
は
、
よ
う
に
の
り
て
、
き
せ
い
、
ご
う
な
り
ISOCA LAYOUT
我
爲
異
物
蓬
茅
下
わ
れ
は
、
い
ぶ
つ
と
な
り
て
、
ほ
う
ぼ
う
の
も
と
に
あ
れ
ど
120
■
不
■
成
■
長
■
嘯
■
但
■
成
■
ち
ょ
う
し
ょ
う
を
な
さ
ず
し
て
、
た
だ
、
こ
う
を
な
す
の
み
嘷
ISOCA LAYOUT
此
夕
溪
山
對
明
月
こ
の
ゆ
う
べ
、
け
い
ざ
ん
、
め
い
げ
つ
に
た
い
し
、
121
げは く か 時
て既 、 に に
ゐに 樹 、 、
た曉 間 白 殘
。の を 露 月
近渡は、
きる地光
を冷に冷
告風滋や
と
き
す
で
じ
ゅ
あ
か
つ
き
ち
か
か
ん
は
く
ろ
げ
つ
ち
ひ
か
り
わ
た
れ
い
つ
ざ
ん
ふ
う
ISOCA LAYOUT
ひ
し
げ
122
はを て 異 人
再嘆 、 を 々
びじ こ 忘 は
續た の れ 最
け。 詩 、 早
る李 人 肅 、
。徴 の 然 事
の薄との
聲倖し奇
い
ふ
た
た
た
ん
ひ
と
び
と
わ
す
つ
づ
し
り
じ
ん
ち
ょ
う
し
ゅ
く
ぜ
ん
も
は
や
こ
と
は
っ
こ
え
こ
う
ISOCA LAYOUT
き
123
し刻 つ 何
、は た 故
言かこ
つ判ん
たらな
がぬ運
、と命
し、に
か先な
ご
く
な
ぜ
い
わ
か
う
ん
め
い
せ
ん
ISOCA LAYOUT
124
な思 考
いひ へ
で當 や
もる う
なこ に
いと 依
。が れ
全ば
然、
お
も
か
ん
が
あ
た
よ
ぜ
ん
ぜ
ん
ISOCA LAYOUT
125
つ倨 避 は 人
た傲 け 努 間
。だ た め で
、。てあ
尊人人つ
大々とた
だはの時
と己交、
いをを己
ご
う
さ
ま
ん
つ
と
そ
ん
ひ
と
だ
い
び
と
お
れ
ISOCA LAYOUT
に
ん
げ
ん
ひ
と
ま
じ
わ
り
と
き
お
れ
126
らる 恥 實
なこ 心 は
かと に 、
つを 近 そ
た、 い れ
。人 も が
々の殆
はでど
知あ羞
ち
じ
つ
し
ん
ち
か
ひ
と
び
と
ほ
と
ん
し
し
ゅ
う
ISOCA LAYOUT
127
は自 秀 勿
云尊 才 論
は心 だ 、
なが つ 曾
い無 た て
。か 自 の
つ分郷
たに黨
と、の
い
じ
し
ゅ
う
も
ち
そ
ん
さ
い
ろ
ん
し
ん
か
つ
な
じ
ぶ
ん
ISOCA LAYOUT
き
ょ
う
と
う
128
べな し
き自 か
も尊 し
の心 、
でと そ
あで れ
つも は
たい 臆
。ふ 病
じ
そ
ん
し
ん
お
く
び
ょ
う
ISOCA LAYOUT
129
進成 己
んさ は
でう 詩
師と に
に思 よ
就ひ つ
いな て
たが 名
りら を
、、
す
す
な
お
れ
し
し
お
も
つ
ISOCA LAYOUT
な
130
たす 切 求
。る 磋 め
こ琢て
と磨詩
をに友
し努と
なめ交
かたつ
つりて
せ
っ
も
と
さ
た
く
ま
し
ゆ
う
つ
と
ISOCA LAYOUT
ま
じ
わ
131
つこ は か
たと 俗 と
。も 物 い
潔のつ
し間て
とに、
し伍又
なす、
かる己
ぞ
く
ぶ
つ
い
さ
ぎ
よ
あ
い
だ
ご
ISOCA LAYOUT
ま
た
お
れ
132
心尊 共
と心 に
のと 、
所、 我
爲尊 が
で大 臆
あな 病
る羞 な
。恥 自
し
ん
そ
ん
と
も
し
ん
せ
い
わ
そ
ん
だ
い
お
く
び
ょ
う
し
ゅ
う
ち
ISOCA LAYOUT
じ
133
もて を 己
せ刻 惧 の
ず苦 れ 珠
、し る に
てが非
磨故ざ
かにる
う、こ
と敢と
こ
っ
お
そ
く
み
が
お
の
れ
た
め
あ
ら
ゆ
え
あ
え
ISOCA LAYOUT
134
たる 碌 を 又
。こ 々 半 、
ととば己
もし信の
出てず珠
來瓦るな
なにがる
か伍故べ
つすにき
、
ろ
く
ろ
く
ま
た
な
か
お
の
れ
し
ん
で
き
た
ま
か
わ
ら
ご
ISOCA LAYOUT
ゆ
え
135
と人 己
慙と は
恚遠 次
とざ 第
にか に
より 世
つ、 と
て憤 離
悶れ
、
ひ
と
お
れ
ざ
ん
い
と
お
ふ
ん
し
だ
い
よ
は
な
も
ん
ISOCA LAYOUT
136
らな 益
せ自 益
る尊 己
結心 の
果を 内
に飼 な
なひ る
つふ 臆
たと 病
。
け
っ
ま
す
じ
ま
す
そ
ん
お
の
れ
し
ん
か
う
ち
か
ISOCA LAYOUT
お
く
び
ょ
う
137
情當 で 人
だる あ 間
との り は
いが 、 誰
ふ、 そ で
。各 の も
人猛猛
の獸獸
性に使
じ
ょ
う
あ
に
に
ん
げ
ん
だ
れ
か
く
じ
ん
せ
い
ISOCA LAYOUT
も
う
も
う
じ
ゅ
う
じ
ゅ
う
つ
か
い
138
たな 己
。羞 の
虎恥 場
だ心 合
つが 、
た猛 こ
の獸 の
だだ 尊
。つ 大
お
れ
し
ゅ
う
と
ら
ち
ば
し
ん
あ
い
も
う
じ
ゅ
う
そ
ん
だ
い
ISOCA LAYOUT
139
つを 之
け苦 が
、し 己
果め を
て、 損
は友 ひ
、人 、
を妻
傷子
こ
れ
く
る
お
れ
は
そ
こ
な
ゆ
う
じ
ん
き
ず
ISOCA LAYOUT
さ
い
し
140
たい く 己
のも 、 の
だの 内 外
。に 心 形
變にを
へふ斯
てさく
了はの
つし如
お
れ
な
い
が
い
し
ん
け
い
か
か
し
ま
ISOCA LAYOUT
ご
と
141
空僅 は 今
費か 、 思
しば 己 へ
てか の ば
了り 有 、
つの つ 全
た才 て く
譯能 ゐ 、
だを た 己
。
く
う
わ
ず
ひ
い
ま
お
も
お
れ
し
ま
も
ま
っ
た
さ
い
わ
け
の
う
ISOCA LAYOUT
お
れ
142
ぬ人
に生
はは
餘何
り事
にを
長も
い爲
がさ
、
じ
ん
せ
い
あ
ま
な
に
ご
と
な
が
な
ISOCA LAYOUT
143
なば り 何
がか に 事
らり 短 か
、の い を
警な爲
句どす
をとに
弄口は
し先餘
な
に
ご
と
み
じ
か
け
い
な
く
ろ
う
く
ち
さ
き
ISOCA LAYOUT
あ
ま
144
なを 事
い暴 實
と露 は
のす 、
る才
か能
もの
知不
れ足
ば
く
じ
じ
つ
ろ
さ
い
の
う
し
ISOCA LAYOUT
ふ
そ
く
145
凡を 卑
て厭 怯
だふ な
つ怠 危
た惰 惧
のと と
だが 、
。己 刻
の苦
す
べ
ひ
い
と
き
ょ
う
た
い
き
だ
ぐ
お
れ
こ
っ
く
ISOCA LAYOUT
146
がそ い 己
たれ 才 よ
めを 能 り
に專 で も
、一 あ 遙
にりか
磨なに
いが乏
たらし
、
お
れ
さ
い
の
う
せ
ん
い
つ
は
る
み
が
ISOCA LAYOUT
ま
ず
147
者堂
が々
幾た
らる
で詩
も家
ゐと
るな
のつ
だた
。
も
の
ど
う
ど
う
い
く
ISOCA LAYOUT
し
か
148
付己 虎
いは と
た漸 成
。く り
そ果
れて
にた
氣今
が、
つ
お
れ
と
ら
よ
う
や
な
き
ISOCA LAYOUT
は
い
ま
149
う今 そ
なも れ
悔胸 を
をを 思
感灼 ふ
じか と
るれ 、
、る 己
やは
い
ま
く
い
む
ね
お
も
か
ん
や
お
れ
ISOCA LAYOUT
150
て己
のに
生は
活最
は早
出人
來間
なと
いし
。
お
れ
せ
い
か
つ
も
は
や
で
に
ん
き
げ
ん
ISOCA LAYOUT
151
で所 た の た
發で 詩 中 と
表、 を で へ
でど 作 、 、
きう つ ど 今
よい た ん 、
うふ に な 己
。手 し 優 が
段たれ頭
と
こ
ろ
は
っ
し
な
か
ぴ
ょ
う
つ
く
し
ゅ
だ
ん
ISOCA LAYOUT
い
ま
お
れ
す
ぐ
あ
た
ま
152
く毎 ま
。に し
虎て
に、
近己
づの
い頭
ては
行日
ご
と
と
ら
ち
か
お
れ
あ
た
ま
い
ISOCA LAYOUT
ひ
153
なは 己 ど
る? の う
。 空す
己費れ
はさば
堪れい
らたい
な過の
く去だ
。
お
れ
く
う
お
れ
ひ
た
ま
か
こ
ISOCA LAYOUT
154
吼上 向 さ
えり う う
る、 の い
。空 山 ふ
谷の時
に頂、
向の己
つ巖は
てに、
ほ
の
ぼ
む
く
う
や
ま
と
き
こ
く
い
た
だ
き
む
か
お
れ
い
わ
お
ISOCA LAYOUT
155
た處 だ を こ
。で 。 誰 の
月己か胸
にはにを
向昨訴灼
つ夕へく
てもた悲
咆、いし
え彼のみ
こ
だ
れ
つ
き
む
か
お
れ
ゆ
う
う
っ
た
む
ね
や
べ
か
な
ほ
そ
ISOCA LAYOUT
156
分誰
つか
てに
貰此
への
な苦
いし
かみ
とが
。
わ
か
だ
れ
も
ら
こ
く
る
ISOCA LAYOUT
157
り懼 の し
。れ 聲 か
、をし
ひ聞、
れい獸
伏てど
す、も
ば唯は
か、己
お
そ
こ
え
き
け
も
の
た
だ
お
れ
ISOCA LAYOUT
158
かて 一 山
考、 匹 も
へ哮 の 樹
なつ 虎 も
いて が 月
。ゐ 怒 も
るり露
と狂も
しつ、
い
っ
か
ん
が
や
ま
ぴ
き
た
け
き
と
ら
つ
き
い
か
つ
ゆ
く
る
ISOCA LAYOUT
159
るの 嘆 天
者氣 い に
は持 て 躍
なを も り
い分 、 地
。つ 誰 に
て一伏
呉人し
れ己て
な
げ
も
の
て
ん
き
も
ち
お
ど
わ
か
ち
だ
れ
ふ
ひ
く
と
り
お
れ
ISOCA LAYOUT
160
なを 己 恰
か誰 の 度
つも 傷 、
た理 つ 人
や解 き 間
うし 易 だ
にて い つ
。呉 内 た
れ心頃
、
お
れ
だ
れ
ち
ょ
う
ど
き
ず
り
に
ん
か
い
げ
ん
や
す
く
な
い
し
ん
ISOCA LAYOUT
こ
ろ
161
りは 己
で、 の
は夜 毛
な露 皮
いの の
。た 濡
めれ
ばた
かの
よ
つ
ゆ
ISOCA LAYOUT
お
れ
け
が
わ
ぬ
162
ら漸
いく
で四
來邊
たの
。暗
さ
が
薄
よ
う
や
あ
た
き
り
く
ら
う
す
ISOCA LAYOUT
163
し處 木
げか の
にら 間
響か を
き、 傳
始曉 つ
め角 て
たが 、
。哀 何
こ
こ
ま
ひ
び
つ
た
は
じ
ぎ
ょ
う
か
く
か
な
ISOCA LAYOUT
ど
164
なば 最
らな 早
ぬら 、
時ぬ 別
が。 れ
、醉 を
は告
ねげ
ばね
と
き
も
は
や
わ
か
よ
ISOCA LAYOUT
つ
165
言ら ぬ (
つ、 時 虎
たと が に
。、 ) 還
李近ら
徴づね
のいば
聲たな
がから
い
と
き
り
と
ら
か
え
ち
か
ち
ょ
う
こ
え
ISOCA LAYOUT
166
のる に だ
こ。 も が
とそ う 、
だれ 一 お
。は つ 別
我頼れ
がみす
妻がる
子あ前
ひ
と
わ
わ
か
た
の
さ
い
し
ISOCA LAYOUT
ま
え
167
が命 る 彼
なに 。 等
い就 固 は
。い よ 未
てりだ
は、虢
知己略
るのに
筈運ゐ
め
い
つ
ら
も
と
し
お
れ
は
ず
う
ん
ISOCA LAYOUT
か
れ
い
ま
か
く
り
ゃ
く
168
だ等 己 君
らに は が
う告 既 南
かげ に か
。て 死 ら
貰ん歸
へだつ
なとた
い彼ら
、
ら
お
れ
き
み
つ
す
で
み
な
み
し
も
ら
か
え
か
れ
ISOCA LAYOUT
169
しけ 決
いは し
。明 て
か今
さ日
なの
いこ
でと
欲だ
け
っ
あ
か
き
ょ
う
ほ
ISOCA LAYOUT
170
や飢 で 彼 厚
う凍 、 等 か
にす 今 の ま
る後孤し
こと弱い
ともをお
の道憐願
な塗れだ
いにんが
、
き
か
れ
と
う
ら
あ
つ
こ
ん
ご
こ
じ
ゃ
く
ど
う
あ
わ
ね
が
い
と
ISOCA LAYOUT
171
は恩 ら は
莫倖 ば か
い、 、 ら
。之 自 つ
に分て
過に戴
ぎとけ
たつる
るてな
、
お
ん
な
こ
う
こ
れ
じ
ぶ
ん
す
ISOCA LAYOUT
い
た
だ
172
慟言
哭終
のつ
聲て
が、
聞叢
え中
たか
。ら
ど
う
こ
く
い
い
お
わ
こ
え
き
こ
そ
う
ち
ゅ
う
ISOCA LAYOUT
173
ひ欣 袁
度ん 参
いで も
旨李 亦
を徴 涙
答の を
へ意 泛
たに べ
。副 、
よ
ろ
こ
た
む
ね
え
ん
さ
ん
り
ま
た
ち
ょ
う
な
み
だ
い
う
か
こ
た
そ
ISOCA LAYOUT
174
子又 李
に先 徴
戻刻 の
つの 聲
て自 は
、嘲 併
言的 し
つな 忽
た調 ち
。
し
も
ど
ま
た
り
せ
ん
ち
ょ
う
ご
く
こ
え
じ
ち
ょ
う
い
し
か
て
き
ち
ょ
う
ISOCA LAYOUT
た
ち
ま
175
す事 本
べの 當
き方 は
だを 、
つ先 先
たに づ
のお 、
だ願 こ
、ひ の
こ
と
ほ
ん
と
う
ほ
う
さ
き
ま
ね
が
ISOCA LAYOUT
176
妻飢 己
子ゑ が
の凍 人
こえ 間
とよ だ
よう つ
りと た
もす な
、る ら
。
さ
い
う
お
れ
し
こ
ご
ISOCA LAYOUT
に
ん
げ
ん
177
獸な を 己
に男 氣 の
身だ に 乏
をか か し
墮ら け い
す、 て 詩
のこ ゐ 業
だん る の
。な 樣 方
お
の
れ
け
も
の
お
と
こ
き
ま
ず
み
お
と
し
ぎ
ょ
う
よ
う
ISOCA LAYOUT
ほ
う
178
らは が 言さ
な決 嶺 ふう
いし 南 こし
でて か とて
欲此 ら に、
しの の 、附
い途 歸 袁加
、を 途 参へ
通に て
い
け
っ
れ
い
な
ん
ほ
こ
み
ち
き
え
ん
と
さ
ん
つ
け
く
わ
と
お
ISOCA LAYOUT
179
知ず つ 其
れに て の
な襲 ゐ 時
いひ て に
かか 故 は
らか 人 自
。る を 分
か認が
もめ醉
し
そ
お
そ
と
き
と
も
じ
ぶ
ん
み
と
よ
ISOCA LAYOUT
180
見此 あ 前 又
て方 の 方 、
貰を 丘 百 今
ひ振 に 歩 別
度り 上 の れ
いか つ 所 て
。へ た に か
つらあら
て、る、
、
み
こ
ぜ
ん
ち
ぽ
う
ら
も
ら
お
か
ふ
た
ま
た
ひ
ゃ
っ
い
ま
ぽ
わ
か
の
ぼ
と
こ
ろ
ISOCA LAYOUT
181
は勇 一 自
なに 度 分
い誇 お は
。ら 目 今
うにの
と掛姿
しけを
てよも
でうう
。
ゆ
う
い
ち
じ
ど
ぶ
ん
め
い
ま
か
す
が
た
ほ
こ
ISOCA LAYOUT
182
さう を て 我
せと 過 、 が
なの ぎ 以 醜
い氣 て て 惡
爲持 自 、 な
でを 分 再 姿
あ君 に び を
るに 會 此 示
と起 は 處 し
。
わ
す
も
き
た
め
も
ち
し
ゅ
う
あ
く
じ
ぶ
ん
ふ
た
た
す
が
た
あ
こ
し
め
き
み
お
ISOCA LAYOUT
こ
183
述懇 袁
べろ 参
、に は
馬別 叢
にれ に
上の 向
つ言 つ
た葉 て
。を 、
の
う
ま
ね
ん
ご
わ
か
の
ぼ
え
ん
さ
ん
く
さ
む
ら
む
こ
と
ば
ISOCA LAYOUT
184
泣堪 叢
のへ の
聲得 中
がざ か
洩る ら
れが は
た如 、
。き 又
悲、
き
ゅ
う
こ
え
た
く
さ
む
ら
え
な
か
も
ご
と
ま
た
ひ
ISOCA LAYOUT
185
に返 袁
出り 参
發な も
しが 幾
たら 度
。、 か
涙叢
のを
中振
か
え
し
ゅ
っ
え
ん
さ
ん
ぱ
つ
い
く
ど
な
み
だ
く
さ
む
ら
う
ち
ふ
ISOCA LAYOUT
186
眺先 れ た 一
め程 た 時 行
たの 通 、 が
。林 り 彼 丘
間に等の
の振は上
草返、に
地つ言つ
をてはい
、
な
が
さ
き
い
っ
ほ
ど
こ
う
と
き
と
お
り
ん
か
れ
か
ん
ら
ふ
り
く
さ
お
か
う
え
か
え
ち
ISOCA LAYOUT
い
187
見躍 の 忽
たり 茂 ち
。出 み 、
たか一
のら匹
を道の
彼の虎
等上が
はに草
み
お
ど
た
ち
ま
し
げ
で
い
っ
ぴ
き
み
ち
か
れ
ら
と
ら
う
え
く
さ
ISOCA LAYOUT
188
と二 失 虎
思聲 つ は
ふ三 た 、
と聲 月 既
、咆 を に
哮仰白
しいく
たで光
か、を
ふ
た
お
も
う
し
な
と
ら
つ
き
す
で
あ
お
し
ろ
こ
え
み
こ
え
ほ
う
こ
う
ひ
か
り
ISOCA LAYOUT
189
見つ 又
なて 、
か、 元
つ再 の
たび 叢
。其 に
の躍
姿り
を入
み
ま
た
も
と
ふ
た
た
く
さ
む
ら
そ
お
ど
す
が
た
い
ISOCA LAYOUT
190
ダウンロード

山月記 中島 敦