子どもたちの
笑顔のために
~「いじめ」のない学校をめざして~
いじめとは
P1
○ 当該児童生徒が、一定の人間関係のある者
から心理的・物理的な攻撃を受けたことにより、
精神的な苦痛を感じているもの
○ いじめか否かの判断は、表面的・形式的に行
うことなく、いじめられた子どもの立場に立って
行うもの
○ いじめの起こった場所は、学校の内外を問わ
ない
P21
いじめが起こったとき
『早期発見・早期対応』
→ 子どもの心の回復
『組織的対応』
→ 子どもの安心感、保護者の信頼
※ フロー図を参考に共通理解を!
P23
いじめられた子どもへの支援と対応
つらい気持ちを理解する、寄り添う教職員
の姿勢
子どもの安心感、希望につながる
P25
いじめている子どもへの対応と支援
○人間性の否定は厳禁
→ いじめという行為について指導
○内面や行為の背景に着目した関わりと支援
P28
周りの子どもへの対応
○学級(学校)全体の問題、一人ひとりの問
題として取り組む
○見て見ぬ振りをせざるを得なかった心理
に配慮
○「これまでのこと」より「これからのこと」
に力点を!
P24、26
保護者への対応と支援
○つらい気持ち、不安な気持ちを共感的に
受け止める
○迅速・誠実・組織的対応
「何でも相談できる学校」
「安心して子どもを通わせられる学校」
P10
いじめを予防するために
「思い当たることはありませんか?」
チェックしてみましょう!
P19
いじめの早期発見
子どもは訴えてこない、言い出しにくい
教職員が気付かなければいじめは表出
しない
チェックリストを活用しましょう!
※ アンケート調査の実施による実態把握を!
P7
教職員に求められるいじめの視点
○人権問題は教育活動の最重要点課題
○いじめの前兆を見逃さない
○いじめられる側にも問題があるという見方を
しない
○いじめを機に、様々な問題が二次的に発生
○子どもたちの人権意識を高め、いじめを生
じさせない力を育む
終わりに
子どもたちが笑顔で登校する学校を目
指して
※ 事例をもとに協議してみましょう!
ダウンロード

ダウンロード