長崎バイオパーク研修スポット①
長崎バイオパークでは、約200種2,000点もの動物が
飼育されています。当園での展示方法の最も魅力的
な点は、従来の動物園とは大きく異なる「生態展示方
式」を採用しているということです。
その一部をご紹介しますと、園内の各シーンで展示し
ている動物たちほとんどが、檻に入っておらず、自然
に近い状態で、彼らの思うがままに暮らしています。
私たちは園内を散策する中で、このような動物たちと
思わぬ所で出くわす事になるでしょうし、近寄って手
から直接エサを与えることもできるのです。
一方、うっそうと茂る園内の林や藪、沼地の至る所に
は、飼育点数として把握されていないあらゆる種類の
動物たち(ハ虫類、両生類、魚類、昆虫など)も自然そ
のままの生態系を形造っています。
このように、恵まれた自然環境を背景として、のびの
びと生きる動植物と身近にふれあい、ゆっくりと流れ
る楽しい時間に心の針をあわせてみてください。
以下、バイオパークでより楽しく学び、お過ごしいただ
くためのポイントをご案内いたします。
(社)長崎県観光連盟
長崎バイオパーク研修スポット②
【フラワードーム】
1,200平方メートルの広大な
フラワードーム
【アマゾン館】
アマゾン河の自然を再現
した館内
【アンデス館】
小動物を直に抱いて、ふれあ
うことができます。
(社)長崎県観光連盟
【昆虫館】
珍しい昆虫標本(約200種1,200
点)と生きた昆虫を観察
ダウンロード

ダウンロード